Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2007-02-17-Sat 大掃除

工房にはまた、大掃除の時期が来たみたいです。手狭になると色々物が置かれるようになってしまって踏む、壊す、嘆く、反省する、そうだ片付けよう、掃除をしよう、要らないものは処分しないと。でも処分しない、簡単にモノは捨てるな、売るな、うんたら親は五月蠅かった。モノは大事にしましょうということだが、本がやたら多く溜まっているわけだが、実家に帰ると突然ヒモで縛られているからね。「たまに見たくなるのにやめてよね」と言うのだが理解されない。雑誌バックナンバーは理解を得られないと大変ですね。昔、過去雑誌をずっと溜めていたら(20年分だったかな)が抜けたってニュース有りましたよね。そうならないためには倉庫か紙の情報デジタル管理なんだろうけど、デジタル書籍って見る気が弱いのは何故だろう。年代の違いかな。

[] を含むブックマーク

とりあえず行ってきた。ポール・ボキューズを約1時間半待ってランチを食べたり、ウェイターにキレたり、行ってきた。黒川紀章の建物は見た目は良いんだが、メシ食っていたらカーテンがないので陽光を直に受けて暑かったよ、隣の夫婦の「沖縄でフレンチを食べてるみたい」って言葉がそのままだよ。大変だったよ。

ぶっちゃけ本音はサントリー美術館出来てから行くべきだったとか、ランチ六本木ヒルズでしようとか思ったが、それよりもあの建物と場所の雰囲気のおかしさは有り得ないわ。六本木上野に並ぶ新たな芸術の地区になるとは思えません。(確かにサントリー国立森美術館と回って1日は過ごせそうだが、単体が)

それから、出来たばかりなのでただ見に来たという人がちらほら。修学旅行らしい高校生もちらほら。

企画展は、そんな人のために最初の方がメインで、最後はあれで良いのかと思うほどの内容でしたね。パリモダンアートじゃニューヨーク東京に負けているという印象を得てしまった。パリに関連する外国人の作品ばかりを集めすぎ、フランス人の作品がない(例えばデュシャンであり、ユトリロであり)ものだからまとまっていない印象を強く受け、とても残念と。展示の仕方もヘタクソで。

ただワシリー・カンディンスキーの作品は良かった。カンディンスキーはイイなぁ。カンディンスキーは彼の作品名もそうだけれど見ていて色彩から音色を感じるから好き。抽象芸術の中でモンドリアンのように透徹した感じじゃなくて色がある。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/article/702160120

想像が付かないな。ショスタコーヴィチ交響曲第15番をピアノデュオだなんて。それを考えついたフィリップ・アントルモンが偉いのかどうなのか。(ピアニストとして彼は凄いよね。NHKスーパーピアノレッスン―モーツァルト

曲の冒頭の鐘の音色から始まって、ロッシーニウィリアム・テル」序曲のラッパの場面とか、ワーグナーの「ニーベルングの指環」や「トリスタンとイゾルデ」の引用の音がピアノって想像が付かない。勿論、この曲の最後の場面についても。まぁピアノ打楽器だが。

Haydn: Symphony No.82 / Shostakovich: No.15

Haydn: Symphony No.82 / Shostakovich: No.15

[] を含むブックマーク

ちょ、栗山千明、雰囲気に合ってないorzニュース原稿の滑舌が・・。(テレ朝アナウンサーやっている三浦理恵子みたいな)NHKの予告で流れまくっていたシーンは良かったけれど。あと会社で寝るシーン。

NHKドラマってちょっと本格的になると俳優女優を選ぶからねぇ。ロケ地もイイ所を使っているし。

で、ちゃっかりハルカ・オースエンディングクレディットはハルカ)が出ているのは面白いな。

このドラマ、一番興奮したのはエンディングロールの曲である。タイトルをしっかり確認出来なかった(作詞作曲を見逃したが、見たこと有る名前だった)が、tomo the tomoって名前。声も気になって調べた結果、やっぱりFleming PieのTOMOでした。(選手、こういうとき耳がよいのが助かるね)どうもありがとうございます。(HP見たら、「フジ番組も気になる」って正直なコメントが好き)見て良かった。tomo the tomo名義でもCDって出ないのかな。

[][] を含むブックマーク

LOSCリールメトロポール対オランピック・リヨネーの上位好カードなんだけれども、チャンピオンズ直前と言うことでそれなりにメンバーを落としていて、前半の0-0の結果が妥当かなと思ったら、後半になって何とも甘い守備からリヨンが失点。このまま、交替も功を奏せず負ける。リールは3人の交替も巧くいってユナイテッド戦と思いきや、フリーキック2発でリール逆転負けと。何が何だかねぇ。試合内容の甘さから、引き分け妥当だった試合が結果はいやはや。ただリヨンは相性の悪いスタジアムの勝利良かったですね。リールは次の試合、会場違うから。

  • Freitagabend

VfBシュツットガルトは前半早々、リーグアン放送が始まる前に2点決まって快勝。逆に負けたフランクフルトは残留厳しいチームになりそうな感じ。後半戦、まだ勝利がないということで、監督更迭も近そうな雰囲気。

[][] を含むブックマーク

  • Ligue 1  Lille - Lyonnais

D

毎度恒例canal+。日本の放送も副音声、仏語にならねぇかな。ただ実況の野村明弘は英語音声チェックしながら実況しているんだよね。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない

Connection: close