Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2009-12-30-Wed

ボルチモアオークランドシンシナティニューヨーク

レイヴンズジェッツブロンコススティーラーズテキサンズの中から選べと言われたら、今季の早々に騒がせたトレードもあってブロンコスに頑張って欲しいような気もしないでもない。

テキサンズ初のプレーオフが見たいような。ただ個人的にはマイアミ・ドルフィンズ、大逆転進出を希望したいんだが。まぁムリだな。ジェッツコルツプレゼントだからなぁ、それはチョット。

[][] を含むブックマーク

ご存じの通り、セルビア代表の正GK。彼が名前を上げたのが2006年のU-21。そしてそのままW杯でも代表入り(ただし出場したのはモンテネグロ人のイェブリッチ

2006年の後から代表の正GK五輪にも出たし、W杯予選もしっかりと活躍していたのだが、クラブレベルではレッドスターから移籍してナントでもダメスポルティングでもルイ・パトリシオに後塵を拝し、ヘタフェに飛ばされていた(ウスタリがケガしたから)選手。今回のローン先は、ちょうどアフリカネーションズカップガーナ代表のキングストンがいなくなる故の、カークランドのバックアップ。どうなるやら。試合に出ないとやはりオルロビ心配だよなぁ。何せ激戦区ですから。グループD。

[][] を含むブックマーク

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)

世論の曲解 なぜ自民党は大敗したのか (光文社新書)

良い内容の本だった。

読んでいて思うのは、なんやかんやで、郵政解散以来の体系的な本を作ることがいつぞや求められるということかな。政治学的、歴史的、経済史的、等々色々。

パッと思いつくのは月並みですが福田歓一

政治学史

政治学史

丸山真男の時代よりも複雑になった昨今、政治思想から考える分析はおそらく難しいだろうなぁ。印象。

政治過程とか政策分析から考えるにしても、根がこんがらがりすぎ。

2009-12-29-Tue

やるとは分かっていても、反響は凄まじいことになっております。

さかなぁ、勝っているにしても5点差という場面で

ペイトンを下げてしまうかね。他にも主力を下げて連勝はストップ。

勿論、パーフェクトシーズンの希望もナシ。

この結果に対しての非難については、

コルツスーパーボウルを制する以外にはありますまい。

ただ、私はAFCチャージャーズの方が可能性があるような気も

しないではない。

そんなことより、何で負けたのよ、同じニューヨークでもジャイアンツの方。

(これにより、NFCプレーオフ進出チームがWeek17を待たずして決定、GAORAAFCを放送しろ)

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/fl/12/587/1/

やっぱりか。オットー・クレンペラー御大のマーラーブルックナーシリーズ発売。生誕125周年。

そりゃ、マーラー交響曲7番を売り捌くわけだよ。

ちなみにクレンペラーマーラーで非常に素晴らしいのは、復活と4番。

特に私は復活が非常に気に入ってます。(4番が曲としてあまり好きじゃない)

ちなみにこの中における、最も異色なCDは、マーラーの7番とブルックナーの8番。

前者はフィナーレが他に比べて異様(1楽章、3楽章は非常に素晴らしい)のに対し、後者でやった凄惨カットはねぇ。あまり褒められませんね。

2009-12-28-Mon このエントリーを含むブックマーク

地区首位戦線が、非常に厳しいまっただ中のホームの試合で

ブラックアウトの可能性があったというのは

やっぱり相手が相手ということだったのかな、KC。

ロサンゼルス移転するならチーフスラムズかなという話がありましてですね。

元々の本拠地の関係なんだけれど

アメリカは各スポーツ毎に、カンファレンスの分け方が違うところが大変だ。

2009-12-27-Sun

田原総一朗がいなくなるサンデープロジェクト想像つかん。

大橋巨泉がいなくなったクイズダービーみたいなモノか?

それにしても、昨今の司会者の変更による効果が

下がるのであれば、本当にアンカーマンアンカーウーマン需要の時代となるのだが

問題は、人一人に対しての価値の対価という問題。

それにしても、NHKABCニュースキャスター変更を大きなニュースに取り上げるのは

何というか不思議だ。(まぁBSで放送しているからなんだけれど)

[][] を含むブックマーク

やっぱり試合が面白くなかったのか、副音声の人も

過去リバプールにいて現在活躍している選手を列挙してみたり

まぁそれくらい面白くない試合だった。(ロンドンダービーが面白かったようだな、BBCみた限りでは)

ランチタイムキックオフの試合は、ハートの素晴らしいセーブ連発もあったのだが

どうにもこうにもチェルスキーの流れが良くなくて、こういうときに控えにもう一人か二人

パンチの効いた選手が欲しいと思ってしまう次第。

空気の読めないフローラン・マルーダは毎度のこと。

[] を含むブックマーク

今更ですが、久々にショスタコーヴィチジャズ組曲を聴きたくなってしまう。

有名なスタンリー・キューブリックアイズ・ワイド・シャットに使われた曲で御座いますね。

劇中で最も印象的に使われるのは、ジャルジ・リゲティの曲だけど。

それにしても、今回のレコードアカデミー賞。参考にすらならん。

2009-12-26-Sat このエントリーを含むブックマーク

FA杯放送のチョイス、中々なのであるが

降格してしまったチームで一番見たいのは

やっぱり何と言っても、ニューカッスルである。

残念ながら相手がプリマスでしかもアウェー

セントジェームズパークでないので消されるのは然り。

降格して分かるのだが、あの北部の雰囲気、懐かしい。

(放送が少なすぎるんだよ、サンダランド1本では)

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/26 14:56 新城はチャンピオンシップで二位にかなりの差をつけての独走態勢なので来期はまたプレミアで観られる筈。戦力的にも流出が少なかったのと、疫病神をマンUが引き取ってくれたおかげで前線はアメオビさんを軸にロベンクランズ、キャロル、ヘアウッド辺りを使い分ければ良い、中盤はプレミアでも中位ぐらいの質と層はある、問題の最終ラインも若手を育てながら使える機会を得たと思えば悪くない。それよりも問題は俺のボロが目下チャンピオンシップで中位に沈んでいて来期の昇格が難しくなっているという状況。

2009-12-25-Fri このエントリーを含むブックマーク

今更、生誕200周年メンデルスゾーンの特集の番組がやっていたそうですが。

しかも山口智子を起用。

メンデルスゾーンといえば、モーツァルトを超えるほどの神童といわれたけれど

(17歳で作った夏の夜の夢序曲と交響曲25番を比較すればなんとやら)

年末に今更やることかと。彼の誕生日2月である。

クラシック音楽の関係で言えば

来年ショパン生誕200周年の年なのでショパンCDが色々出るでしょうね。(年初早々、エフゲニー・キーシンの箱が)

そして同年生まれの大物といえばロベルトシューマン鬱病持ちの天才。

ついでに私の好きなサミュエル・バーバーの生誕100周年。(チェロ協奏曲の良い録音待ってます)

そして次の年は、グスタフ・マーラー生誕100周年およびフランツ・リスト生誕200周年。

大きな箱を作ろうと思ったら、もう録音せねば間に合いますまい。

2009-12-24-Thu このエントリーを含むブックマーク

クリスマスは中止だってねぇ。

何せインフルエンザは怖いし、事業仕分けで反論できる理由が無かったし。

明石家サンタを録画して週末見る楽しみと。

ああ、それにしてもユーロ高と円安orz

2009-12-23-Wed

マンチーニイタリア人。

でも、イタリアフットボール、レガ・カルチョセリエは気づけば欧州の頂点からずっ転げて

もしかしたら来年2月3月には、欧州で4番目のリーグになる可能性が・・・

個人的には、もうね、落ちて然りと思っている節もあるんですよ。

それでもカルチョの凄かった名残なのか、イタリアから招聘してしまったシティー。

欲しい人リストを見たら、まぁ笑うだけ。(バックラインはオールド・イタリアスタイルにしたいのかよ!)

それよりも、気になるのは選手が解任に納得していなくて怪しいところだよな。GK。「」

[][] を含むブックマーク

何と、私も忘れていたのですが、今季はワールドカップということでブンデスリーガのシーズン再開がかなり早いんですね。寒いぞ。ドイツ

そんな中でドイツサッカーを振り返ると、まずロベルト・エンケ選手のご冥福をお祈りいたします。鬱病を隠していて最後の最後には電車に飛び込んで自殺という悲しい人生。代表のGK争いの中で、ヨアヒム・レーフは「彼を背番号1と思っていたのに」ということで。

ハノーファーは正GKを守っているフロムヴィッツには頑張って欲しいのですが、最近の彼を襲ったオウンゴールで3失点ってのはなぁ。

以下は09-10シーズンを振り返り

続きを読む

2009-12-22-Tue このエントリーを含むブックマーク

やはりというかなんというか

今回から新設されたプスカシュ賞(年間最優秀ゴール賞)はチャンピオンズリーグの準々決勝、英国勢初のオポルトでの勝利を決めた、FCポルト戦でのゴラッソ。まぁ順当かと。

それから来年ですが、コカコーラスポンサーとなってゴールパフォーマンス賞も新設されます。

個人的にはこの前のブラー選手の例のアレは賞になっても良いかなと思ってしまっておりますが。

2009-12-21-Mon このエントリーを含むブックマーク

BS見たけれど、あの守備はダメだな。

毎度書いているが、不幸中の幸い、

チェルスキーにはデサイールブフの英才教育を受けたテリーがいたけれど

シティーには、それに値する選手がいない(ダンは役不足だったよ)

で、マンチーニになった途端に、ベラミー先生仕事が無くなってしまうかどうかが最大の懸念事項だ。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/21 19:23 べラミーはインテル時代のスアソのような扱いにされそうですな。マンチーニは就任早々から恒例の欲しい欲しい病が始まったみたいで、彼の脳内妄想で編成したら現有戦力でレギュラーとして残りそうなのはギブンとコロ・トゥーレぐらいで他は新戦力に挿げ替えたいとでも思っているかのようなリスト(表に出ただけで15名強)が出来上がっていそうでシティーのオーナー(ガラクタコの馬鹿オーナーならやってくれそうだが、補強大好きなインテルのモラッティさんでも辟易したぐらいだから・・・。)でも流石に彼の望みの多くを叶えるのは無理なんじゃなかろうかと。守備に関しては、シティーはラインを高めに押し上げたがるくせにCBは鈍足突撃厨しか居ないから拙く見え安定しない(カバーリングやスペースを埋めるのが巧い選手が居ない)のであって、個々のレベルに関しては悪くは無いと思うけどね。我輩はプレミアよりもイタリアの縞馬さんの方が心配であるよ・・・。選手の大幅な入れ替えは要らない(前線、中盤、最終ラインに各一名で十分)というのは賛同するが、その他の部分の入れ替えは必要なんじゃないかと・・・。カターニア相手にあの内容と結果では流石に擁護しがたい。

encyclopectorencyclopector 2009/12/23 16:55 縞馬、もうダメかも。
ブッフォン手術。カンナバロ年齢が。キエリーニ怪我。チアゴ、ダメなコ。金のバケツ、論外。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/23 18:03 ブッフォンの代役はマニンガーさんが埋めてくれるが、カンナ復帰は失敗(ゴディン獲得失敗したが故の緊急補強、ついでにクリシート売却)、キエッリー二は怪我に加えてマンチーニが欲しがっている、チアゴはフランス勢は勿論、ドイツやイングランド勢相手には及第点以上のパフォを出すけれど国内で活躍できないのが痛い部分、ポウルセン王子も起用法次第(金バケツと一緒ではサッパリだがシソコと並べると丁寧な組立とハードチャージが光る)、金バケツは論外(パフォーマンスで値踏みするなら3000万ユーロの選手ではなく300万ユーロの選手という紙評)。監督含めた現場の人間の去就は年始の二戦後に先延ばしになったそうだけれど、遅かれ早かれ挿げ替えするなら新監督を据えて冬市場で意向を汲み取って動いてくれた方が安心できるけどねぇ・・・。

2009-12-20-Sun

日テレアナウンサーって自分持ちネタしか話せないし、ボキャブラリーがないよな。

明石家さんまに「アナウンサーの方が最後の力を振り絞ってを5回」と言っていたが

私もザッピングの度に何か聞いたことのあるような言い回ししかしていなくて、其れが気になった。

まぁ、よりによって決勝の実況が売国実況こと藤井ではな。

藤井、河村、鈴木とか、大丈夫か?デンマーク戦。

試合内容が大丈夫かと問う前に実況の頭が大丈夫か問いたい。(もしこれが局のスタンスなら、それこそ日テレという局に問題がありすぎる)

一昨年の鬱陶しい実況を都並が無視したのが記憶に新しい。今回も城と都並のほんわか実況解説なら楽しめたのにと少し思う。

[][] を含むブックマーク

  • ついに解任

スパーキーことマーク・ヒューズがついに解任されて、しかもよりによって公認がロベルト・マンチーニ

マンチーニの功績と言えば、戦力を引き抜かれたなかでラツィオをそれなりに頑張ったこと。インテルで面白状態を継続したこと以外に考えられず、采配で素晴らしい人かといえばさにあらず、どちらかといえば大声で檄を飛ばしている印象しかない。

現在のシティーに必要なモノというのは戦力を上手い方向に推進していく能力だと思うのだが、なんかなぁ。

ただエリクソンマンチーニというのは、師匠弟子の道筋として正しくも感じるから困る。

問題はエリクソンから始まった4-3-3と4-4-2を上手に併用するシステムがどうかというところ。(残念ながらアデバヨールテベスロビーニョの連動がまだまだという印象を残している)

こういうのが上手いのが実はオランダ人だったりしてねぇ。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/20 20:24 クレイジー・ヒューズがやっとクビになったと思ったら、後任がマンチーニというのはネタにしか思えないね。マンチーニは兎にも角にも金のかかる監督(ラツィオ時代には編成面で上層部と大揉め、インテル時代はあれも欲しいこれも欲しいと望み、フロントや上層部もそれに応えたがスクデット止まりにて解任)というイメージしかないのだけれど、そういう面からすればシティーの監督という職(その面で最もお似合いの椅子はガラクタコの監督の椅子だと思うが)は似合っている。シティーもエリクソン、ヒューズ、マンチーニとCPの悪い監督を続けて起用し失敗するというのならフロントが無能ってことですな。噂のオランダ人監督はイタリアの白黒ユニのクラブのオーナー会社派(現副会長)が現会長派一掃のクーデターに成功したら監督職もしくは編成担当に据えるって話があるけれど、豊富な運動量と泥臭い献身的なプレー、そして一閃の創造性が光るクラブの系譜には相応しい人材かもね。

encyclopectorencyclopector 2009/12/20 21:02 シティーのCEOは、元フラムの経営に関わっていた人間だからねぇ。
油様のような成功例にならうなら、ケニオン、デ・フィッセル、アルネセンのように有名クラブの優秀な人材を引き抜くなりしないとねぇ。

2009-12-19-Sat

見ていたNHKニュースの中で

CDが売れない現状及び個人の中だけで消費される(ダウンロードのような)音楽

ということだったのであるが、別に個人の中だけで消費されることを別に否定はしない。

ヒット曲が出ないのは、ヒットする要因がなくなった(タイアップしなくなった)からというのが大きな原因だと思うが、別に誰もが同じ曲に志向する理由はないと思うんだけど。

まぁそうでもしないと困るのが、日本では年末だけに集中する音楽の祭典かな。

日本レコード大賞が、基準が一番ヒドいのでお話になりませんね。

私が売れないCDについて思うことは、CDを手に取りたいのに見つからない状況を作るCDショップが多すぎることのほうが問題かと。(amazonに対抗する手段があまりにもなさすぎ、本屋はその点努力はしてるよね、今回の一個人然り)

一個人 (いっこじん) 2010年 01月号 [雑誌]

一個人 (いっこじん) 2010年 01月号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2010年 1/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2010年 1/15号 [雑誌]

誰か私に速読および記憶術を教えてたもう。

[][] を含むブックマーク

私、日程を勘違いしておりました。前例に従って考えていたのだが、サン・シーロ重複はなかったのね。

    • 前半組
VfBシュツットガルトドイツvs FCバルセロナスペイン
オリンピアコスCFPギリシャvs FCジロンダン・ボルドーフランス
FCインテル・ミラノイタリアvs チェルシーFCイングランド
FCバイエルン・ミュンヘンドイツvs ACFフィオレンティーナイタリア
    • 後半組
PFC CSKAモスクワロシアvs セビージャFCスペイン
オリンピック・リヨンフランスvs レアル・マドリーCFスペイン
FCポルトポルトガルvs アーセナルFCイングランド
ACミランイタリアvs マンチェスター・ユナイテッドFCイングランド

イタリア勢はまた1回戦で全て散るのか、冬休み後どうなっているのかワカラン、バイエルンの試合はさておき。ミラノの2チームは、現在最強のリーグであるイングランドプレミアシップが相手。地力に勝るチェルスキーモウリーニョさんの奇跡的采配があるのか。はたまたマンUが非常に相性の悪いミラノで(勝ったことありません)やられてしまうのか。(よりによってミランには、元ユナイテッドデビッド・ベッカムさんがいらっしゃるとな)

とりあえず、決勝がサンチャゴ・ベルナベウだからメレンゲスには頑張ってほしいのだが、リヨンとの相性は悪いんだな、これが。よりによってベンゼマも移籍した年に当たるとは縁起が良いな。

[][] を含むブックマーク

ホームアウェイホームアウェイ
ハンブルガーSVドイツPSVアイントホーフェンオランダアスレティッククラブビルバオスペインRSCアンデルレヒトベルギー
FCルビン・カザニロシアハポエル・テルアビブFCイスラエルビジャレアルCFスペインVfLボルフスブルクドイツ
クラブアトレティコ・マドリースペインガラタサライASトルコエバートンFCイングランドスポルティング・リスボンポルトガル
ヘルタBSCベルリンドイツSLベンフィカポルトガルFCコペンハーゲンデンマークオリンピック・マルセイユフランス
パナシナイコスFCギリシャASローマイタリアRスタンダール・リエージュベルギーFCザルツブルクオーストリア
LOSCリールメトロポールフランスフェネルバフチェSK (トルコリーガプールFCエスパーニャ)FCウニレア・ウルジチェニ (ルーマニア
AFCアヤックスオランダユベントスイタリアフラムFCイングランドFCシャフタール・ドネツクウクライナ
クラブ・ブリュージュKV (ベルギーバレンシアCFスペインFCトウェンテ (オランダベルダー・ブレーメンドイツ

ああ、フラムがキツいところに。

それにしても並べると多種多様という感じがします。6戦全勝のザルツブルグの実力や如何に。個人的にはリールが上がってくれると面白いかな。ヨーロッパの大舞台では未だにホームスタジアムが使えない残念なクラブなんですけどね。今大会はホームスタジアム使えますからww

嘗てはル・マンを率いていたルディ・ガルシアで、毎度のフットボールをしていて、そこに才能ある選手がしっかりとピースとしてハマっている。(お兄さんも大好きな、ポーランド選んじゃったルドビク・オブラニアクとか)

ああ、松井大輔もここに移籍しねぇかな。そんな風に思うほど、グルノーブルにいるのが不憫でならない。モヒカンのリュボヤはパリの頃の才能が残っているのか?

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/19 13:52 ジンクス抜きでドローの結果だけ観た感じでは、ミランは今年もノックアウト・ラウンド一回戦で消えていく気がする。(同国同士が初戦からぶつかるというのは稀有という)前提条件を踏まえると、ボルドーかセビージャ辺りがタイプ的には比較的組みし易い相手で、バルサを引くのはほぼ全チーム共通の外れくじとして、プレミア勢とドイツ勢は避けたかった。プレミアの縦ポンにはスピードとフィジカルで対処出来そうに無く、ブンデスの露骨なまでのサイド抉り攻撃には陣容的(若手SBに過度な守備貢献は期待できず、中盤は相変わらずのアンブロさん頼り)に分が悪い。しかも、マンUは縦ポン+サイド抉りのコンボであるのに加えて、ミランは冬に「決勝点男」(マンU戦には貴重なカード)をスペインに貸し出すとかアホな話も出ていたりで・・・、目先の利益(保身)しか考えないレオが劇的に変化を加えるということも考えにくいので、現行編成でそのまま臨めば大方の予想通り(英ブックメーカーでもこのカードに関しては、ビッグ4と降格圏のチームぐらいに配当が割れてましたね)に圧死するのは目に見えているんだよね・・・。今冬に加入する二名は期待の超有望株とパス砲台で前者は現政権だと起用されること自体がなさそうで、後者は押し気味な展開で均衡を破る一手にはなるだろうけど、押され気味な流れを持ち直せる選手には思えないんだよね・・・。

encyclopectorencyclopector 2009/12/19 17:15 昔なら、ドイツを引いてサヨウナラだったのになぁ。バルサも強くなったもんだなw
個人的見解はミラン勝てそうな可能性が最も高い(とはいえ2戦合計だと20%くらい)のところに当たったと思っているぞww

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/19 18:52 バルサも3トップの真ん中がエトーならドン引きで守ってひたすらカウンター狙い一択のブロビンチャ・スタイルで臨めば、各ポジにある程度の質の選手が揃っているクラブなら何とかなったんだけど、前線中央ににゼビラヒモビッチが入ったものだから困ったもの。相変わらず裏狙いに徹すれば幾つかの決定機は作れそうだけど、ピケが入ったことで従来までの縦へのロングボールと軽い浮き球クロスが使いにくくなってしまったのだからやり難い。ミランは贔屓目にみても、一回戦勝ち抜けの確立は5%ぐらいだと思っている。それ以前にそろそろ酷使し続けた選手(特に元来怪我しがちなボッリエッロやネスタ辺りがね・・・。)が続々と戦線離脱していきそうで、初戦にフルメンバーで臨めるのかも疑問。編成と采配から察するに、レオは目先のことしか考えていないので、目先の一勝の為にシーズンの何割かを失いそうで毎週毎週のリーグ戦には冷や冷やさせられます。

2009-12-18-Fri

入団会見の生中継

通訳レベルが違ったとか言っていたので

私も見たのですが、松井秀喜選手は専属通訳を連れてきたみたいですね。

それよりも、ゲレーロどうなるんだろうとか

デーモンも厳しいとか、ホリデーは残留しそうとか

ボストンのベイはレッドソックスからメッツかなぁとか

レッドソックスエイドリアンゴンザレス欲しいかもねぇとか

(交換条件がバックホルツだろうなという補足付き)

ラッキーボストンに出してしまったから先発が欲しいアナハイムはどうするとか

まぁ松井ネタにならねぇ。アメリカ5に日本が70以上の記者会見

いや、それが怖いんだよ。

[][] を含むブックマーク

モウリーニョダービー、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

それよか何で、よりによって最も相性の悪いクラブと当たってしまったのでしょう、ユナイテッド

ヨーロッパリーグは早すぎる、バレンシアブレーメンにガッカリです。

決勝の会場であるハンブルクは近いアイントホーフェンで良かったですね。

2009-12-17-Thu

ニワカなので、変な推測

関塚隆監督辞任→解説者

W杯を現地で観戦IYH

なんてことはないよな。

[][] を含むブックマーク

サッカーW杯イングランド開催計画、都市および球技場が発表された

日本語で書くと何とも面白いので(ちなみにアルファベット順で)

バーミンガム

ストンビラのビラ・パーク

収容人数47300

ブリストル

ブリストル・シティーのニュー・アシュトン・ヴェイル=新築

収容人数44000

リーズ

リーズ・ユナイテッドエランド・ロード

収容人数51200

リバプール

リーガプールアンフィールド=現行または新築

収容人数44000、新築なら72334

ロンドン

ウェンブリー

収容人数84700

アーセナルエミレーツスタジアム

収容人数60000

トットナム・ホットスパーの新しいホワイトハートレーンかオリンピックスタジアム

収容人数58000もしくは66995

マンチェスター

マンチェスター・ユナイテッドオールド・トラフォード

収容人数75979

マンチェスター・シティのシティー・オブ・マンチェスター

収容人数47717

ミルトン・キーンズ

MKドンズスタジアムMK

収容人数44000

ニューカッスル・ゲーツヘッド

ニューカッスルFCセントジェームズ・パーク

収容人数52409

ノッティンガム

ノッティンガム・フォレストの新しいスタジアム

収容人数45300

プリマス

プリマス・アーガイルのホーム・パーク

収容人数43874

シェフィールド

シェフィールド・ウェンズデーのヒルズボロ

収容人数43946

サンダランド

サンダランドAFCスタジアム・オブ・ライト

収容人数48707

1箇所、場所だけOK、スタジアムどうなるやらってところが非常に気になるな。ノーザンバーランドもまだ未定だからって保険かけるなよ。

まぁそれもかなり先の話だからということか。対抗する極東の島国日本ですが、対抗できる付加価値が弱いよなぁ。

世界ビックリしたスタジアムって、札幌ドームの芝育成システムくらい。

2009-12-16-Wed

非常に素晴らしい

ロベルト・ロセッティ劇場

オフサイドだろ、どう見ても。(カードに関してはあれは実力差だよな。最後も赤で良かったはず)

そんなことより、日本版はもう諦めた方が良いかなと思いまして

Championsの英字を読んでいたら今回の特集にベロンおよびエストゥディアンテスがいたw

[] を含むブックマーク

MLB松井秀喜選手の移籍のネタ日本国内では盛り上がっておりますが

あちらでは、ロイ・ハラデーとクリフ・リーを含んだ三角トレードの方が大ニュースです。

松井の移籍=ゲレーロの放出という観点で見る方が自然なんだけどねぇ。

何かニュースで見るMLB情報ほど奇異に感じるモノはないね。

それより、ロスマンがオークランドに入ったニュースの方がネタ的に好きだ(NFL

2009-12-15-Tue

民放連W杯放送カードを見たところ、

テレ朝の2連チャンが非常に気になる。

これはどちらかがカクザワマシーンになる可能性が非常に高い。

角澤照治の実況がマズいのは、プレーに対する感度が悪いという事と彼が目標にする実況スタイルが何なのかを聴く側に理解させてくれない事に起因する。

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0907/24/news005.html

から始まる一連のシリーズを見ると、叩けば埃が出るような話です。ああなるほど。

とりあえずだな、今日NHK-BSアナウンサーアメフト実況)も酷いので、一言でまとめると。

現地語だけを耳にして、自分言葉をどう出すかをトレーニングしたらイイと思う。1年くらい。

私はYoutube趣味ついでに現地実況をよく載せるが、各国の実況スタイルは顕著に違う。

ただ共通していることは「プレーへの感度は非常に高い」ということ。NFLはついでに言うとスタッフが物凄く優秀なんだ。何せ、相当の金が。

ああ、それにしても大事な試合で負けてるじゃねぇか、ニューヨーク。メドウランズ最終年だし、優勝を期待しているんだが、おいおい。これでダラスには2勝もフィラデルフィアには2敗か。ワイルドカード濃厚。

[][] を含むブックマーク

木村和司の言動は本当にアレでいいのかと疑いたい。

イタリアでは監督経験のない輩が就任した某クラブチーム欧州最大の大会から敗退を余儀なくされましたけれどね。そんな彼でもリッピの下で名目は「テクニカルスタッフ」として働き、その後クラブチームの「若手部門責任者」になっていたわけなんだが、それでもダメ

やはり監督として名を残すなら、下の部門からでも監督経験がないとねぇ。

そういうことで有名な人としてミヒェエル・ヘンケさんを挙げておきます。日本で最も知られているのは人間力で間違いない。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/16 19:26 某クラブも今夏の段階では、逆オファーしてきた何名かを「ビッククラブの監督をやるのとブロビンチャの監督をやるのとでは全く別物」という理由で、有名所ではアッレグッリ、デリオ・ロッシといった辺りを(会長派の)独断で跳ね除けた結果の人選が全くの素人なんだからフィアット(副会長派)も怒るし、コアなユベンティーノも怒るのは仕方ない。デリオ・ロッシなんかラツィオでトップ下を配した中盤ダイヤモンド型で良い采配していたし、泥臭さと巧さをミックスさせてくれるのでチームカラーにもピッタリだと思うんだけどね。我がミランもそうだけど、選手の使い回しが下手で局面や編成に応じた柔軟な戦い方が出来ないようではトップクラブの監督は無理だし、馬鹿ハゲも強襲されるわけですよ。

2009-12-14-Mon

ああいう状況の相手に逆転負け食らうって本当に重症だよな。

まぁ問題点は明らかに質の落ちたセンターバック

ちなみにリーガプールが昨季、実力が落ちたという理由でB登録に回した

キャプテンフィンランド代表、サミー・ヒューピア選手現在ドイツで大活躍です。

変な話、移籍させる選手を間違えたんじゃないのか?

[][][] を含むブックマーク

予言者の再来であられるフローラン・ダバディさんの楽観予測(あれくらい日本サッカーの解説者にやってくれる人間がいなかったのが残念だよ)を見ての週末。

さすがダバディさんである。やってくれました、トーマス・ソーレンセン

セーレンセン、ポカします。ただ神懸かりもありますから。

D

ええ、どうせ消えますから消します。この記事。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/14 19:37 リガポはトーレス1トップの対処法(ラインは無理に押し上げずに低く保って兎にも角にもスペースを消す)を熟知していれば全く攻撃に関しては怖くないんだから問題だ。ガナーズのボスが素晴らしい発言をしてますので是非とも賛辞を贈りたい。「シーズン中の国際親善試合は金儲け以外の何ものでもないのだから止めれ」というのは的を得ている。それに付随して、かつて彼が獲得を切望していた代表合宿中に選手生命を脅かす重大な故障を負った某選手というのは、どうもディーン・アシュトンのようで、こっちはつい先日(シーズン前には来年から軽いランニングが出来るぐらいまでは回復する見込みもあり進退を明言していなかったけど)に公式に引退宣言してしまったのが残念である。あの強靭なガタイ(テリーを吹っ飛ばすぐらいで)と柔らかいボールタッチ(トラップかしながらクルっと向きを変えてのシュートまでの一連の動作はベルカンプを髣髴とさせる。ついでに髪型も・・・。)がピッチ上で観れなくなるのは残念ですな・・・。

encyclopectorencyclopector 2009/12/14 21:52 アシュトンは代表合宿中にショーン・ライト・フィリップスのタックルで大怪我負ったからね。昔の話だが、イングランドのセンターフォワード、クラウチさんとヘスキーしかおらんからな。どうしようもないね。(ヘスキーがヴィラで役立たないから問題だ)

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/14 22:21 へスキーもカリューに勝てると思って移籍したのなら自業自得としか言いようが無いよね。へスキーにあってカリューに欠けているものが何も無い(強いてあげればイングランド籍だけw)が、カリューにあってへスキーに欠けているものが多すぎる。へスキーもクラウチもどっちも電柱役以外の役に立たないのにサイドに流れたがるのだから頭が悪い。アシュトンはど真ん中にドンと突っ立ってパス受けて反転しながらパス出すなりシュート撃つなりに徹するがそもそもクオリティが高いからね。あまり長距離ダッシュするタイプではなかったけど(表舞台で脚光を浴びるきっかけになった国内かカップ戦(当時二部か三部所属だったかと)での対マンU戦では速い・巧い・強いイメージがあったけど)、ボールタッチが柔らかくトラップしながら一人二人かわしてしまうのだから短距離ダッシュは悪くなく、ベンゲルが過去(アレクサンドラ、ノーウィッチ時代には交渉失敗し、ハマーズ時代に交渉が順調に進んでいたらあの怪我で破綻)に獲得を希望したのも分からなくも無い。移籍ネタとして、ビラがカリューを格安(400万ユーロ程度)で放出するという話があるけれど、放出するならへスキーを真っ先に切らないのが不思議でならない。そもそもビラ最大の攻撃手段たるアグホンラホールの絶妙のワンツー抜け出しはカリューとのコンビで無いと厳しいと思うんだけどね。

encyclopectorencyclopector 2009/12/15 00:00 あと一人、ケガで忘れていたけれどカールトン・コールくらいだ。
オーウェン、得点率の高い優秀な選手だけどカペッロのチームには合いそうにないからねぇ。

2009-12-13-Sun

甲子園ボウル、面白かったですね。

あんなにキックが飛ばないのも珍しいし(ラグビーもそうだが蹴れない)

あんなにQBが走るのも珍しいし(まぁNFLと比較するとなぁ)

あんなにカメラワークが下手なのも珍しかったけれど

大変楽しい試合でした。

次のコルツジャガーズで解説:板井征人/実況:有馬隼人ですね。

ああ、それにしてもNHKアナウンサーと元TBSアナウンサーで並んだときの容姿が・・

NHKも若手のアメリカンフットボール上手なアナウンサーを作らねばと少し思った。

[][] を含むブックマーク

ザッピングも大変っすよ。ちなみにこの前見たネタニュースで「アディダスブンデスリーガボール供給するらしい、イングランドも対策とれよ」って記事がありましたが。(BBCのGossipから飛んだ記憶があるが探すのメンドい)

プレミアの公式球は全クラブナイキ製。(チャンピオンズリーグは全部アディダス製)

ドイツ記憶が正しければ試合球はホームチームサプライヤーによるわけで(GKは対応が大変)、今回のジャブラニですけれど、前回のチームガイストよりも更にエラい変化をするという話ですね。

ああ、試合?昨季みたいに感動的に逆転とはいかなかったな。ヴィラ相手に負けるのはリーグでは久々。

2009-12-12-Sat

今年のアメリカンフットボールネタ

ブラインドサイド」って言葉が出たりするものですが

この前の放送でのNHKアナウンサーの反応が鈍かったので

今度、サンドラ・ブロック主演で映画化されました。

タイトルと異なり、現在レイヴンズではライトタックルやってますが。

[][] を含むブックマーク

やっぱりということですけれど、ケガで26歳の若さで引退。(禿頭に関しては・・)

足首の負傷、その後復帰したら膝をやってしまって、いつか復活をと願っていましたが、残念です。

ハマーズカールトン・コールの離脱で、攻撃に中心がいなくなってしまっている惨状。どうにかしないと降格の危険性もあるだけにねぇ。冬の補強どうなるやら。(イタリア人ということで正直ルカ・トニ見たいんですが)

移籍のネタビーティーさん関連、ドノバンの話とか、面白系ではキャンベルユナイテッドとかねぇ。

2009-12-11-Fri このエントリーを含むブックマーク

今回のサッカー批評にとても面白い記事がありまして

サッカー批評(45) (双葉社スーパームック)

サッカー批評(45) (双葉社スーパームック)

「根性論を再考せよ」って表題なんですが、記事の中身はメンタルコーチングメンタルトレーニングに関する(メンタルコーチング第一人者への取材記事)内容。「日本ではまだ怒るコーチングを行っているのか?」「日本人メンタルが弱いという理由をつけたがるけれど、それはメンタルトレーニングをしてないから」とかいった内容。唸らされる部分が多いこの文章は為になる。

昔、読んだ本で

コーチ論 (光文社新書)

コーチ論 (光文社新書)

の中身もこういう話から入るんですけれど、サッカー以外スポーツを超えてどんな部分でもコーチングとか大変なんだけれど、日本の場合、「見て、盗め」の変な職人気質が残っている人間が一番困る。

できない人間は「見てない→盗めない」、「見るモノがない→盗むモノがない」ってことになりかねん。

日経文庫とかでもコーチングとかリーダーシップとかメンタルの本はありますが、スポーツの方が読んでいて論より証拠っぽいんだよな。(例が考えやすいのと、余計な要素を考える理由がないのが本当のところだろう)

2009-12-10-Thu

え、トヨタカップ始まったの?というくらいに、チャンピオンズに比べて

彼の大会への意気込みが感じられない。

アジア代表決定戦の決勝が東京で行われたことくらいの小さなニュースでしかなくて。

だって、UEFAチャンピオンズリーグの方が数倍面白いのだから。

[][] を含むブックマーク

まだ全て試合を観ていないので率直な感想だけ

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出チーム

グループ首位 グループ2位
FCジロンダン・ボルドーフランスFCバイエルン・ミュンヘンドイツ
マンチェスターユナイテッドFCイングランドPFC CSKAモスクワロシア
レアル・マドリーCFスペインACミランイタリア
チェルシーFCイングランドFCポルトポルトガル
ACFフィオレンティーナイタリアオリンピック・リヨンフランス
FCバルセロナスペインFCインテルミラノイタリア
セビージャFCスペインVfBシュツットガルトドイツ
アーセナルFCイングランドオリンピアコスCFPギリシャ

最多出場国はイングランドスペインイタリアの3、続いてフランスドイツが2、ポルトガルロシアギリシャと続く。

昨年と違うのは、まずイングランドから1チーム恥さらしなクラブが出たこと。言うまでもなく金額に見合わない成績で悲しい限りである。スペインで落ちたクラブは残念ながら財政に問題があるわけだが、この大舞台に見合わないGKだったのが一番の問題点イタリア・・・ああ

成績として立派に思えるのは何と言ってもボルドー。昨年の苦い経験を見事に転化させたのは評価に値する。ローラン・ブランなのだが、彼がフランス代表監督ならねぇ。

さて、今回の進出で困ったことにミラノの2チームがそろって2位なので開催日調整を必要とすることになった。これは久々。(前回は揃って1位だったのに)

そして首位通過チームが最もイヤなのは、モスクワ冬将軍だろう。(ミュンヘンシュツットガルト寒いけれど、そんな比では収まらない)、ついでに問題なのはルジニキは人工芝なのだ。

見たいカード?そりゃジョゼさんダービーだよ。あとは名勝負になりやすい、レアルバイエルンとか。

[] を含むブックマーク

http://www.hmv.co.jp/news/article/912090071/

ブーレーズシカゴ響によるストラヴィンスキー」って言葉だけ見るとピエール・ブーレーズがまた春の祭典の録音したのかと思ったけれど違った。

春の祭典って曲は、何度も聴きまくったので、スコアを見るよりも覚えてしまっている部分が多い。何回にスコアを読むよりも、全体的フレーズとしてこんな感じというような絵を見るように覚えてしまっている曲。

1913年当時は衝撃的な曲だったんだろうけれど、ということになってしまっていて。ブーレーズの旧盤はその点における決定盤ですから。

ちなみにそのパリの初演における批判は、いきなり冒頭のファゴットから問題視されます。ああ時代である。

加えて言えば、その後のマルケヴィッチやら論文で解析するブーレーズあって、今に至るんだけどね。

2009-12-09-Wed

昨季の冬の移籍市場、最も当たりだった補強がジェームズ・ビーティーだったのに

ビーティーさんww、こんな大事なときにネタ提供ww

[][] を含むブックマーク

録画で見たけれど、クリスティアーノ・ロナルドさんのフリーキックすげぇええええええ。

あれは可哀想だ。マンダンダ

生放送???何か見た記憶があるようなないような。ないようなあるような。)

それよりも、気になるのは、恐怖の極寒のロシアモスクワを引くクラブはどこになるのやら。

私の心配はそれである。

前回のモスクワでの、ロコモティフ・モスクワASモナコトンデモナイ環境の試合で、運が悪ければモナコのシーズンはナポレオンのように冬将軍で終わっていたところ。CSKAモスクワどうなるやら。

ミニ知識ですが、ブット選手チャンピオンズにおける得点は2002年のユーヴェ戦以来ですww

(そのシーズン、ブット所属のレヴァークーゼンは言わずもがな)

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/10 05:42 ユーべはドイツ勢相手ならドイツ仕様の布陣も組めたワケだが、総じて当たり負け、スピード負け(特に中央)していた感がある。トレゼゲの先制弾とその崩し方を観る限りは負ける相手には思えなかったのだが、同点にされて直後に引き分け狙いにシフトしたのが間違いだった。ミランも何とか分けた(敗戦濃厚だったのに)が、明らかにボッリエッロ、閣下、アンブロさん、ネスタ、チアゴ・シウバ、ザンブロッタ辺りの動きが鈍い(出ずっぱりで休養なし)のにスタメンで使い続けるのだからユーベに同じく監督の手腕の問題かもしれん。両クラブ共にネタや縁故で監督人事を決定するのは良いけれど、もう少しマシな選択肢はなかったのだろうか・・・・。

encyclopectorencyclopector 2009/12/10 19:35 やはりセリエAのトップクラブの監督たるモノ、実績なしで選んではイカンです。
ああ、それにしても先制点の取り方といい、勝つと思ったんだけどなぁ。
ミランはなんだかんだで残ってしまったな、マルセイユ残念だよ。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/10 20:32 現状のミランのスペックではCLよりもELの舞台の方が相応しいと思う。ミラン贔屓の我輩でさえ、トーナメント進出決定クラブの序列をつけたら下から数えた方が早い位置づけにしかできないのだ。リーグ戦の好調?そんなものは一過性の波に乗っかってるだけ(内容で評価できる試合が少なすぎる)に過ぎんのです。ユーベが敗退したのはリガポが敗退したのよりも数段ショックなんだ。あの先制点の崩しとフィニッシュを魅せられたら、そりゃ勝ち抜き決定は疑わない。前線で当たり負けしていたデルピエロを累積疲労も考慮して早々に下げたのは悪くないけれど、ただでさえスペースの与えられていない(バイエルンはラインが高く、前線も下がってきて全体がコンパクト)中盤に人数を増やしたのは解せない・・・。アマウリ(本当はイアクインタがベストなんだが)投入してデミチェリスのポカを引き出すとか前線で的にするとか術はあった筈なのに全くてこ入れせずに終えてしまったのはただただ残念。

2009-12-08-Tue

大阪梅田球技専用のスタジアムって

その前に赤字でどうしようもない大阪ドームをどうにかしろよと思いたい。

悪名高き大阪ドームはどう見たって、野球以外に使いづらい。まして野球専用球場としての質の悪さは最早筆舌し難い)

ああ、ところで大阪球技となるとアメリカンフットボールも可能な仕様でと願いたい。

甲子園ボウルってのもあるんだが、あのアンツーカー部分がなぁ。

まだマイアミオークランド野球兼業だが、サンフランシシスコミネソタやら分業する傾向にある。

お兄さん、知っている限り、ダラスのニュー・カウボーイズスタジアムのような感じがイイな。

でも、サッカー屋根付きじゃあなぁ。

アレーナ・アウフシャルケ屋根を締めてモニターの影が落ちないようにFIFAにやらされておったが。

サッカーアメフトニューヨーク来年から分離することになるけれど、日本のキャパなら、兼業しても何も悪く無かろう。芝以外。

となると参考にして貰いたいのはアムステルダムハンブルクといった辺りか。アメリカ本土における兼業となるとフォックスボロとかシアトルになるのね。

それにしても8万人かぁ、アメリカンフットボールで8万・・・・キツいな。まして日本Jリーグでもムリじゃね?

[] を含むブックマーク

さて、このニュースの話というのは

日本サッカー協会五輪招致失敗により、巨大スタジアム東京建設できないことから構想したモノ

で、大阪市要請を書ける前の構想段階なのだが、何故にこの発想に至るのかは大いなる疑問。

続きを読む

[][] を含むブックマーク

南アフリカW杯スタジアムをあんまり知らんけれど

建設中もあれば、トライネーション等ラグビーで見たスタジアムはある)

参考例、ダラスサッカーをやるとこうなります。

D

まぁそれよりも

D

HSVノルドアレーナを参考にして欲しいですね。(未だにAOLアレーナと書きたくなる私がいる)

2009-12-07-Mon

そこまで言って委員会を見ながら、私も普天間基地の問題の、何となく感じる論理矛盾が好きになれない。

沖縄県民=日本国民だけれども、どこか特別視のような発言がニュースではよく見る)

沖縄の負担を誰が背負うかで、日本の他の土地で手を挙げるところがあれば別なんだが

かといって日本の国土の現状で、沖縄以上の適任地を探すことも難題な気がする。

ただ、政治的な難題はそれより、連立が・・・

[][][] を含むブックマーク

  • 初戦が大事

毎度恒例、人間力のよく分からない「俺がよく調べたろ?」発言があったので

ちょっと自分でも調べてみた。

過去3大会フランス大会から、出場国が24から32に増えたので明確に上位2チーム進出のルールになりました)

初戦で負けたチームがグループラウンド突破したのは、48チーム中3チーム

2002年グループCトルコ

2006年グループEガーナグループHウクライナ

だけである。

この中で一番異色なのはガーナ

D

このイアクインタの狡猾なゴールでチーム力の差を見せつけられた感があったのだが、次のチェコ戦に勝利、アメリカにも勝利しての進出でしたね。

ウクライナは初戦にスペインに大敗後、サウジアラビアに大勝(ライトバックにミッドフィールダーのグセフを入れたのが大当たり)、チュニジアとの直接対決をシェフチェンコPKで勝利。

トルコは非常に良い入り方をして先制もしたけれど逆転負け、ついでにヒヴァウド神の名演技によって二人目の退場者まで出す後味悪い結末。そこで敗退させてたまるかと最終節、ブラジルコスタリカに大勝したおかげで勝ち点差は並んだが得失点差トルコが進出ということでしたね。(その後準決勝で再度対戦し、ホナウドの見事なゴールで勝利)

さて、逆に初戦で負けた有名な例は、まず1998年スペイン

D

これは有名ですね。衝撃的なサンディーオリセーのゴール。

(余談ですが、コーナーキックの時に聞こえるチャントを良識あるサッカーファンは絶対にしてはダメ。No to Racism)

スペインはその後パラグアイに引き分け、ブルガリアに大勝も勝ち点で及ばず敗退。ラウールの涙が懐かしい。

続いては2002年ポルトガル

D

試合内容を見ると、失点でパニックになっているのが分かりますが、このときのポルトガル代表の問題は、自国の政治的面子のためにマカオ合宿を行ったことと、ルイ・コスタジョアン・ピントを同時に投入してバランスを逸していたことですね。その後、ポーランド戦大勝利で、最後は・・・、書かせるな。

そして大トリ2002年フランス

D

もう、これはね、ジダン不在が痛すぎですよ。ジダン、最後にデンマーク戦出たけれど痛々しかった。

そういえば、予選のプレーオフ、ハンドで有名になったアンリさんは8年越しの因縁ですね。ウルグアイといえば。

2009-12-06-Sun

カメルーン人の選手を色々と調べ直していたんだが、大事なことを思い出してしまった。

ダビ・ンゴグって選手カメルーン代表に入るとか話があったな。

(彼の従兄弟に、フランス代表を選んでしまったジャン・アラン・ブームソンさんがいます)

それからデンマークの代表に最近選ばれないことが多かったソレン・ラーセンは

ブンデス・ツヴァイテのデュイスブルクにいたとか。

まぁとりあえず、アフリカサッカーに詳しいジャンルカ・トト・富樫こと富樫洋一氏が亡くなってしまったわけだし、見ることの出来ないリーグ(特にアフリカ本国中東リーグなら尚更)、アフリカネーションズカップは放送しないといかんな。

カメルーン代表も大体名前を見て、

カメニファインセーブ、ソング兄、ビケイ(美形ではない。バク転するDF)、アス・エコット帰化、バソング帰化、ジェレミ、マンジュック五輪、エノー、エマナ、エムバミ裏切り者2号、エンビア、ソング弟(実際は違います)、エングエモ(今季からセルチック)、ヌゴムコメ、マクン追跡者、江藤さん、ウェボ、メヨング・ゼ

くらいは見たことある。

今季知った選手に、ザルツブルクのチョイ。

現在の同行を知りたいのが、ジョブとアトゥーバだったりするんだが、この両名のポジションがアス・エコットとエンゴグで埋まるんだからなぁ。

代表で必ず入らないのがピエール・ウォメですね。彼はね、前回大会に、ヤってしまいまして。

適当に今後Youtubeで拾ってみませう。

[][] を含むブックマーク

PKセーブしたので、彼の動画を漁ったりしてみるが、彼が代表として素晴らしい活躍をしたといえば、記憶に残っているのが、2004年欧州選手権、第1節イタリア戦。残念ながら動画で良いモノが見つからないので、彼が初めて大舞台に上がった時の内容。

D

これにより、最初はあんまり良い印象じゃなかったんだ。

彼のクラブキャリアは、その後サンダーランド降格、アストン・ヴィラ移籍、2007年はローンでやってきたスコット・カーソンポジションを取られて出場叶わず、移籍志願もしたけれど行き場が無く、翌2008シーズンに昇格したストークへ移籍と。一時期前にバイエルンミュンヒェンが獲得ってウワサもありましたね。そういえば。

[] を含むブックマーク

岡田武史言葉は、どう突っ込んでイイのか悩むんですが、彼は精神でも病んでいるのか?とさえ思ってしまうほどである。

彼の言葉を信じて「ベスト4」だと思って、海外の有名な方にインタビューしている記事は、どれも秀逸な笑いをこちらにくれるんだが、冷静に見るとなぁ。

チームの内容「知らん、選手は知っていても中村俊輔くらい」

監督の采配「というか誰」

リーグ戦「かつて金の為に行こうかなと考えたこともなかったことはない」

くらいだよなぁ。

ところでデンマーク代表の長らく主力だったミカエル・ラウドルップは、昔Jリーグ(しかも当時J2)で働いていたんだぜ(キリッ)

2009-12-05-Sat

ちゃっかり、祖国対故国をチョイスできる、ベッカムさんは役者だと思う。

スライドしたコートジボワールブラジルポルトガルと。前回大会オランダアルゼンチンじゃなければ突破する実力があった国なだけに、クジ運が悪すぎ。(個人的に優勝候補本命と思っていたブラジルグループラウンドから強国2つってのは面白いと言えば面白いとも言えるが、エレファンツorz

ああ、それにしてもあれだな、こんな大事な場面で人間力を解説にするのは

理解ある人=日本はムリだろ

という思考に走ってしまうから、どうにか楽天的考える人(というか情報弱者)をという配慮だな。

オランダ=前に当たった相手だから良いという発想は、あの試合の面子および内容から考えたら、言うことの出来ない言葉ですよ。悲しい。

追記:

相手が決定したから、選手特化で放送となると

カメルーンの有名選手

ジェレミ・ヌジタップ=ニューカッスル放送しねぇかなという願いに加え

中盤の中心選手、ジャン・マクン(リヨン)、ステファン・エムビア(マルセイユ)って事でフランスリーグの放送再開しねぇかな。

そしてデンマーク守護神トーマス・ソーレンセンの所属のストーク・シティの放送を毎週してくんねぇかな。

ストークの相変わらずの男気サッカー(それとデラップ砲)を毎週楽しませてくれと。

[][] を含むブックマーク

デンマークオランダの親善試合の映像を思い出したので、まずはこれを見て戴きたい

D

続きを読む

[][] を含むブックマーク

  • かれこれ4年前

もうW杯かぁと思いながら

前回大会で名を挙げて移籍をした選手を何名か

続きを読む

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/05 23:35 今大会の組合せはほぼ三強(一位はほぼ確定、二位争いが読みにくい)一弱(勝ち点献上のボーナス・ステージ)だけど、強いてあげると、グループDがガーナの出来次第(決定力不足が改善出来れば化ける)で四つ巴の過酷な戦いになりそうなぐらいですな。俄や一部の楽観主義的な評論家の中にはハポンは一勝一敗一分(オランダは捨てても、カメルーンかデンマークには勝つか分けるか出来ると思っているらしい)でGL突破は可能と信じて疑わない人間が居るようだけれど、そもそも親善試合でレギュラーメンバー相手にガチ勝負したことが無いチームの実力をどうやったら評価できるのかと。

encyclopectorencyclopector 2009/12/06 15:52 この前見た論調に、日本代表はアフリカ勢との相性が良いってのがあって、それは
日本に来るメンバーが2軍もしくは予選明けコンディション不良
だから勝てているってだけなんだけどね。この前のガーナしかり。

2009-12-04-Fri このエントリーを含むブックマーク

どうも、NHKでも当たり外れがある。

それ以上にTBSはハズレがわかりやすくてだな。

あの毎度の酷い実況する土井敏之ってアナは、本当に苦手。

(いや、あんな実況でW杯開幕戦だったんですから、嘆きたい)

ブロードキャスターCM前の競馬予想滑舌だけ好きだった。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/04 19:11 NHKの試合と解説のチョイスにも困ったものですな・・・。好カードも放送するけれど、そういう時に限って「人間力」が起用されたりで煩わしい。いっそ実況や解説は副音声で行い、主音声は歓声とピッチから発せられる音や声だけでやってくれた方が良い。ちなみに、上で挙げているアナはスポーツ実況で割と見かけるけど、必ずといって良いほどに片方の陣営に肩入れする(この前のボクシングの試合は酷かったらしいw)という聴くに堪えないアナの一人ですな・・・。

encyclopectorencyclopector 2009/12/05 01:37 アメフトは解説者マシ、実況の経験が・・という問題だが、
サッカーの場合は人間力という時点でアウトだからな。(ちなみに今度のJリーグの最終節の鹿島の試合が人間力ww、終わったな)
毎度のことだがNHKのアメフトは何がイイって、余計なCMを全てカットするところだよ。

2009-12-03-Thu このエントリーを含むブックマーク

ああ、そろそろW杯なんだなぁと思う内

前回大会優勝はイタリアだったと思い出す。

マルチェロ・リッピ率いるイタリアグループリーグ3戦目に主力温存ともいかない死の組からトーナメント進出、因縁のグース・ヒディンク率いるオーストラリアに試合終了直前PKで勝利し、準決勝の大激戦、そして優勝。

気づけば全試合フル出場したのは、GKジャンルイジ・ブッフォン主将ファビオ・カンナバーロだけだったり、ゴールを決めた人間が11名とか、戦術のやりくりが偉いものだと感心した大会だった。それから得点の度、飛び出して映るのがコーチのチーロ・フェッラーラと第3GKアンジェロ・ペルッツィ

感動したゴールは以下の3つ

1.ヴィンチェンツォ・イアクィンタ(グループリーグ1節 ガーナ戦)

2.フィリッポ・インザーギグループリーグ3節 チェコ戦)

3.アレッサンドロデル・ピエロ準決勝ドイツ戦)

カウンター一発、狡猾さとストライカーがしっかり決めるところは流石、毎度だったんだが

最後のデル・ピエロのゴール、リッピ曰く「カテナチオからの脱却」が本当に垣間見えた、生で見たときは早朝から叫んでしまった素晴らしいゴールだった。

今回、アズーリからステキゴールはあるんですかね。

2009-12-02-Wed このエントリーを含むブックマーク

33番枠、中々のアイデアなのにねぇ。

ランダムで選ばれた1カ国が、中立地一発勝負でアイルランドと勝負し

負けると南アフリカ寸前で進出できずに

替わりにアイルランドが出場。

そんな恐怖のくじ引きは如何かね。

--

ちなみに組み合わせに関して、私が密かに期待しているカード

イタリア北朝鮮

という組み合わせ。

これは1966年イングランド大会で起こったW杯歴史に残る大番狂わせであり

1994年サウジアラビアまでは、唯一のアジアの国による勝利だったわけである。

その2年後に汚名を雪ぐかのように欧州選手権を優勝、4年後のメキシコ大会準決勝歴史的な大熱戦。

政治的なあれこれ(核問題、人権問題独裁政治云々)言われる彼の国において、唯一政治以上の敵対心は、この組み合わせしかありますまい。

D

まぁ毎度ですが抽選スクリプト

http://www.mi-sha.com/program/html/fifa2010sim_3.htm

--

優勝予想は、組み合わせが決まってから。

一応W杯歴史として、欧州開催は1958年スウェーデン大会を除いて欧州の国が優勝(例外は17歳のペレが大活躍したブラジルです)しておりまして、その逆はウルグアイ(有名な1950年のマラカナンでの優勝以来決勝すらない)、ブラジルアルゼンチンと優勝しております。

南半球で、時差よりも気候も大変だよなぁ。移動も大変だしと考えるとある程度絞られるわけだが、何より組み合わせ、組み合わせ。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/02 21:19 その案は良いね。まだまだ本戦までは時間もあるのだから、いっそアジア辺りの強豪国と親善試合組むことさえ難しい国と、疑惑のフランス、アイルランドを含めた幾つかのプレーオフ敗退国で変則トーナメントなるものをオフに中立地短期集中日程開催で行って貰いたいものだ・・・。強豪と試合を組めない国も、本戦までに一線級の相手(一軍編成)と対戦できる良い機会を設けるという餌で釣れないかな・・・・。それで敗退したなら、結局は本戦に出ても一勝が目標の(他の国からすれば)「勝ち点」が計算できる国と見られても仕方ないと誰しもが納得するかと。

encyclopectorencyclopector 2009/12/02 22:05 今大会予選敗退で惜しい国は、タレントだけ考えたらロシアだけれど、アイルランドには同情するよ。チンタラ予選のアジアに比べれば強いはずだし。

2009-12-01-Tue このエントリーを含むブックマーク

俄には信じがたいが、俄の為の番組を見たら本当に

アーセナルチェルシーこそがロンドンダービーのように扱われていたので問題である。

ちなみに私の認識では

アーセナルライバルトットナム・ホットスパー

チェルシーライバルは一応フラム

ということになる。

言葉をもう少し丁寧に書けば「ロンドンクラブ同士が同ディヴィジョンで対決すればロンドンダービーと呼ばれるけれど、メジャーダービーマッチノースロンドンダービーイーストロンドンダービー、サウスロンドンダービーです」ということ。

特に有名なのは前者で、何故こここまで激しく敵対するようになったかという理由も存在し

1913年にウーリッジからハイバリー引っ越ししたアーセナル

1919年に2部6位(訂正されて現在は5位だったということになっている、何せ第一次世界大戦)だったアーセナルが昇格(1位と2位と6位が昇格した)し、リーグ拡張処置によって降格しないとされていたトットナムが降格したことが原因である。(この昇格に関し、FA側に当時会長ヘンリー・ノリスが工作したとかしないとかあるのだ)

それから、ここ最近ネタとしては、ソル・キャンベル移籍事件(まぁルイス・フィーゴがその後ねぇ。懐かしい)と私はこれこそ大問題だと思うラザニア事件。ピザは違う人だ。間違えた。

ということで、俄には信じがたいが、俄だろうと誰だろうと楽しめたのは

チェルスキーの特別な男の存在である。特別な男曰く

「ヤツは覗き魔」と言ったことから始まる、楽しいライバル意識がこの2クラブを面白くしてしまった。

偶然ながらラニエリさんのシーズン、無敗優勝したガナーズハイバリーで倒したのもチェルスキーだったしねぇ。

もう一つは、フラムが小さいからだな。ライバルにしては。

エバートンを小さいと言った人がいたわけだが、フラムトフィーズより小さいし。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/01 23:43 俄相手にはネタがネタにならないから困ったものですよ。フラムも超多国籍面白編成路線は、かつての専売特許のボルトンが堅実路線に走りつつあるものだから貴重なんです。ここもオーナー(アラブ系なので資産管理は個人ではなく一族)の資産だけはプレミアでも屈指だったりする。今では前線のチビ・ハゲさんの勇姿が観られるクラブ。トフィーズは地元でもやや劣勢らしいけれど、一般的には超ビッグクラブだと思う。

encyclopectorencyclopector 2009/12/02 00:02 メンツは面白いけれど、やってる内容は堅実だよ。フラム。オーナーに比してクラブの財政が弱いのを、新CEOが面白メンツで賄っているいると。
トフィーズは、ケンライトが最初から「上位に食い込むには金が・・」と嘆いております。確かにリーグ内で低いわけではないけれど、上がな。

winnie_the_poorwinnie_the_poor 2009/12/02 00:32 フラムとかつてのボルトンの決定的な違いは、ボルトンが元超一級技巧派タレントを中盤より前に加えたってことですな。安定感は無いけれど、稀に強豪を内容で飲む試合を作っていたりで楽しかった。フラムの楽しみといえば編成もそうだが、やはり元トフィーズのチビ・ハゲさんがプレミアのガチムチDF相手に直線的な単独突破を果敢に仕掛ける勇姿を観られることです。ネタついでに、昔セインツでビーティーとケビン・ディビスの2トップにスーパーサブでスコット・マクドナルドなんていうデカ頭が絶賛しそうな前線の組合せで挑んだシーズンもありましたな。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない