Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2011-02-28-Mon 哀れ、リバプール

かっかっか、左団扇で、今度の週末を迎えられるというモノよ。

(先ず、目先の大問題はミッドウィークに来てしまったチェルスキーatスタンフォード・ブリッジ

週末は、本当なら最大の目の敵で、ライバル関係として不快と言われる、リバプール戦なのであるが、あの負けは、笑いがとまりません。

[][] を含むブックマーク

  • 考えろ。古いんだよ。だから10年以上も優勝できないだよ。

何故、あのケニー・ダルグリッシュのチームは見事に最下位ハマーズことウエストハムに負けたのかということについて。

彼のチームは、イングランドプレミアリーグで唯一のスリーバックのチームなのであるが、このスリーバックがまず問題で

21世紀に入って、スリーバック(もしくはスリーバックっぽいスタイル)で成功したチームは、全てフォーバック前提のスリーバックであり、バックスのうちの誰かが中盤に上がったりすることで、攻撃参加の数を補うもしくは守備においての数の余り(中盤で数的不利にならない)ことを考慮されたチームであるダルグリッシュの頭は20年古い。(多分、最初に実行して成功した監督ヨハン・クライフから

有名なのはワールドカップを制したフェリポンルイス・フェリペ・スコラーリ)のブラジル代表で、セレソンラテラルのカフーロベルト・カルロスの攻撃力を活かすためもあってスリーバック。攻撃は3Rが中心となり、中盤にはジウベウトシウバクレーベルソン(最終的にこうなった、エメルソンは残念ながら大会前に離脱、ヴァンペッタやジュニーニョ・パウリスタとか大会序盤は使われたが、守備の上手い働き者が担うことになった)がいて、さてスリーバックの面子。

ルッシオ、エヂミルソン、ホッキ・ジュニオールという3名で、この中で攻撃に於いては中盤の底のポジションに上がって活躍したのがエジミウソンである。この後彼がバルセロナでも同様に中盤の4番役を担い守備に貢献したことも有名であるが、それに比較して昨日のリバプールの哀れな面子は何事よ。前半で軌道修正していたわけだが、それまでパーカー、ノーブル、ヒツルスペルガーという3名に対して2名しか中盤がいなかったら誰がどう守りでカバーするのかということを悩まないでいられない。そしてバックラインは上がらないと。

その次の問題がハーフライン。色々と考えられる理由との中の一つとして、ウィングおよびフルバックに適任者がいないかスリーバックにウィングバックの陣形にしたと考えられている面子だが、あのウィングバック両名ともに相手のゴールラインまで切れ込んでクロスを入れるという攻撃が希薄で、ある一定のポジションまでしか攻撃に出られません、あとは前の3名(リバウド神もいない、怪物ロナウドもいない、ロナウジーニョもいない)でお願いします、状態の攻撃では守る側は楽である。中盤に一人上がれば、どこかパスを回す際にも数的有利ができそうであるが、あの布陣陣形からどうにか起きる打開策がまぁ見えない。個人の力や技量を除いて。(それでも何とかしちゃいそうなのはスアレスジェラードだけだ)

結論として、左団扇じゃ。週末は左団扇じゃ。絶対負けるなよ、負けは許さん。

2011-02-27-Sun 多分計算したんだ このエントリーを含むブックマーク

ドイツフットボールリーグ、DFLという、ブンデスリーガを頂点とするフットボールリーグを管轄する全国組織エラいところが

12-13シーズンの欧州最高峰の戦い(つまり世界最高レベル)のチャンピオンズリーグ出場枠が3から4に増えたと発表したわけですが

問題は、そのタイミング。シーズン真っ盛りで、まだ確定じゃないところで、どうしてこんな話が出たのかと。

考えられることはただ一つ。彼ら、計算したんだと。イタリア勢が残り全試合勝ってボーナスついても、ドイツが全部負けたとしても、5シーズン合計の11.000以上の差は埋まらないと。

とりあえず、そんな楽しみは、終わりの方まで取っておきたいモノですが

(ちなみに昨季は最後最後インテルの勝利でイタリアが辛うじて3位を死守)

それにしても、この発表のタイミングは、大本営発表的には、

イタリアはもう頑張らなくてイイ、だからインテルは速やかにバイエルンに勝ちを譲りなさい

という感じがする。なんて計算高いんだ。

今季、ドルトムントが勝ち残っていたら更に楽だったんだろうけれどなぁ。逆転。あのチーム、リーグで首位なのにヨーロッパリーグの組み合わせ、最激戦区に吹っ飛ばされたからなぁ。(逆がリーグダメでも頑張ってたシュツットガルト

毎度書きますが、ドイツは2004頃はもうどん底で、

ルディー・フェラー(当時代表監督)の「リーグ外国人が多すぎる、国内選手が育たない」と言われた上に、欧州の戦いで不甲斐なく敗れるチームが続発してUEFAランキングフランスに抜かれたりしてた国が

、気づけばランキング3位。世界大リーグとしてはイングランド=プレミアリーグスペイン=ラ・リーガドイツ=ブンデスと。(ちなみにスペインは06/07の係数が消えるとドイツに抜かれます

それにしても、ドイツフットボール関係者、ヤルな。相手の戦意喪失を図るとは。

2011-02-26-Sat このエントリーを含むブックマーク

本当かよと、日本韓国アメリカンフットボール試合結果。

とりあえず、これが驚きすぎて終わり。

2011-02-25-Fri このエントリーを含むブックマーク

最近お話ですが

現象学の根本問題

現象学の根本問題

を本屋で見つけたので

ハイデガー『存在と時間』の構築 (岩波現代文庫―学術)

ハイデガー『存在と時間』の構築 (岩波現代文庫―学術)

を、まず読み直し中。やっぱり面白いですね。

ハイデガー存在と時間を読んでいる時の感想ですが、ハイデガー存在の設定の仕方ってのは非常に三次元的で(実際は時間性もあって四次元以上の多次元かもしれん)、見つめる視点の面白さがあって、面白いなぁって思うんですよ。書き方の難解さも、何回か読むと、そうでも書かないと語弊をと思いつつも、編に晦渋で。

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈上〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

存在と時間〈下〉 (ちくま学芸文庫)

やっぱり面白い。本当言うとハードカバー欲しいんだけど、値が張るおよび置き場に困る。(ついでに売ってない。神保町古書店では見かけるが、遠い)

東大教授渡邊二郎先生の著作集も販売始まったし、ブームなの?とか少し疑った。

そういえば、ハイデッガー全集日本語訳)って、完成したんでしたっけ?

2011-02-24-Thu 学級崩壊 このエントリーを含むブックマーク

民主党の現状を表現する言葉

学級崩壊

だと、NHKキャスターが人の言葉として伝えていたのだが

正直、そんな感じで、過去歴史でこんな状態がないのである。最適語がないというのは何とも残念な気分であるが、何年かはたまた何十年か後、あの頃の「菅直人政権ほどの酷さじゃない」という言葉ニュースキャスターアンカーマン、もしくは政治家政治学者、評論家が話しているかとも思うと何というか、そんな気分。

どうして菅しかいなかったんだと言えばそれまでのお話ドイツがどうしてヒトラーしかいなかったんだといえばそれまでのお話。代償を払うのは国民ですから。さて、問題は、民衆が打倒するか否かとかねぇ。

現在、大変な状況になっている地中海沿岸の北アフリカチュニジアエジプト、そしてまさかまさかのリビアetc中東アジアアラブ諸国バーレーンオマーン)の方々と日本が違うのは、歴史的にそんなことが成功した試しがないってことと、

明治維新は周到な準備と当時の徳川政権が起きた状況が特殊すぎて参考にならない。鎌倉幕府なんて遡るわけにもいかない)

日本過去歴史の中で、侵略と紛争ということを経験してないから、はっきり言ってワケワカランのである。どうしていいか平和ボケの人(特に福島瑞穂社会党なんか典型だが)は、武器のない仮定海外なんかじゃ絶対理解されない思想、「勝ち取らない平和」とでも言おうか)で放すのが大好きだが、武器のある仮定ってのも、日本場合のみ考えられんのだよ。平和主義戦争および武器のない理想は理解できるのであっても、その過程が遠すぎる。

その証左が、日本国憲法の原文で、理想を掲げ、承認だったり確認だったりしているが、実際問題、それは可能かという照合作業がない。社会党護憲に走る理由は、照合されなければ自分たちの不思議平和主義を観察される理由がないからなのだろう。今更思った。

2011-02-23-Wed 主義主張→結果 このエントリーを含むブックマーク

原理主義という言葉に、なんか尾鰭がついてあまりよろしくない言葉になって数年。

「原則理念に基づいて、行動は行いましょう」と言うことであります

現在、その原理主義と戦っているのが、本当に民主党

小沢一郎の、ここ数日の党員資格停止処分に対しての、彼の反論は、非常に論理的には納得がいく。(別に論理だけであって、休んで欲しいと思う党員の気持ちは理解する)

それに対しての、菅直人民主党代表であり、内閣総理大臣言葉で驚いたのは

丁寧な手続き

という言葉である。確か、彼の処遇に対しての民主党の役員やら幹部やらの話し合いは、何回か行われたにもかかわらず「結論に至らず」が続いたはずで、何が「丁寧」と言えるのだろうか?(ついでに言えば、党の最高責任者は菅本人であるのに、非常に他人事な言い方だ)

おい、本当に、こんなヤツに首相を任せるべきだったのか?という反論だけ、原理原則に基づいて反論できないから、悲しいよな。(彼を選んだのは、民主党党員および民主党所属国会議員から

これで、一番悲惨な思いをしたのが、アドルフ・ヒトラーを国の最高指導者に選んでしまったドイツである

さて、このような民主党の内部のゴタゴタした状況を、表現する日本語は何なのだろう?というのが最近の私の考え事であり、過去歴史鑑みるに「五胡十六国」あたりが良いのかとも思いながらも、なんともしっくりこないので。誰かエラい人教えてください。

そう考えると、明治時代の柔構造って凄いなぁ。

明治維新 1858-1881 (講談社現代新書)

明治維新 1858-1881 (講談社現代新書)

この本は、本当に勉強になる。役に立つ。絶対読んで損のない。

2011-02-22-Tue パンダ>ネコ そしてその他 このエントリーを含むブックマーク

情報の取捨選択が大事な時代に

リビア情勢も気になるってのに、持っている情報が少ないことから諦めて

人名の安否のニュースだけを、やけに多めに時間を取って放送したNHKニューススタンス

非常に残念で仕方ない。

勿論、原因は分かっている。世界ニュースに比べると明らかにcorrespondent(適訳が見つからないのでこの言葉を使わせてください)が少なすぎるのである

それにしても残念だ。残念だよ。地震について質問している青山アナのお馬鹿な「前にもマグニチュード7.0がありましたが」なんて質問よりも、残念だよ。

さて、本日2月22日で、猫の日なのに、パンダが来日したお陰で、ネコ愛する人は大変苦渋な思いをしたのでしょうか?

2011-02-21-Mon キューレートされる このエントリーを含むブックマーク

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

キュレーションの時代 「つながり」の情報革命が始まる (ちくま新書)

面白い本だなぁと読んでいるわけですがまだ読み終わってません。

とりあえず、面白い。そしてこの内容を後付けする思想だったり、情報を整理すると、面白いだろうなぁと、思って読んでます

社会学とか、哲学とか、社会思想や政治思想ってのも、現実と付き合わせる方が面白いはず。

2011-02-20-Sun スポーツアンカー、山岸舞彩を応援しよう このエントリーを含むブックマーク

さて、Jリーグがそろそろ開幕するとかいうことで、そんなCMも始まりましたが

今季のJリーグスタートから躓かせるお話が、NHK番組の顔、山岸舞彩さん(アナウンサーではない、杉崎美香中田有紀様がいるセントフォース所属)がBSから総合テレビスポーツ番組に移動しちゃったことであります

彼女の経歴といえば、中学時代にはゴルフでは上田桃子としのぎを削っていて、水泳競泳)でもジュニアオリンピックで都大会出場、GTレポーターやって、WRCスタジオMCをこなす。ついでに書道でも凄いし、大学主席だとか、なにこの才能と。

これは、NHKで起用するスポーツアンカーとして(前提だけの判断だが)優秀だと思わずにいられない。ミニスカートを履いてキャンプレポートに行ってインタビューする、もしくは泣きそうな甘え声でナレーションするだけの女子アナウンサー、なんて手に及ばないクラスのことが成し遂げられるのかどうかが注目と。NHKは違うんだと。(起用法が天気読ませるだけだった某局とは違うんだよと)

アメリカ筆頭に、スポーツアンカーやれる人間は、得意のスポーツに関しては競技実績もそこそこある上に、記憶量および分析が半端なく、選手は得意分野で100名以上(積み重なって1000人くらいもさもありなん)、他分野に於いても名前と顔が苦もなく一致して、競技のダイナミズム言葉で伝えられる、そんな存在には、ただの「アナウンサー(読むだけの人)」じゃダメなのよと。で、この起用。

さぁ、どうなるでしょうかねぇ。肩さん、もとい舞彩さんを普通に応援したい気分です。ただの女子アナウンサープロアスリートインタビューする場合、肩幅および身長の関係でとっても小さく見えてしまいがちですからね。本当の「戦場」のような雰囲気に合わないことがちらほら。その点で肩さんの場合、それはないだろうと。期待が。

たださぁ、彼女は、この短期間の間に、野球関係者名前およびプレーを膨大に覚えて、ついでに数字を咀嚼できる力を養わないと悲しいことになりますな。特にNHKメジャーリーグという抜群のコンテンツで、味をきかせられるアンカーマンもしくはアンカーウーマンがいませんでしたから

他局と比較した場合でも、NHKアナウンサー使うより、絶対素晴らしい選択だと思うなぁ。それにしても。

2011-02-19-Sat 時間帯売買 このエントリーを含むブックマーク

さて、本日の奇妙なラグビー日和

NHKが日本選手権を2試合とも放送したおかげで、地上波しかない方々はラグビーを2試合観戦できる幸運な日を味わうことができたわけですが、(おそらくそんな日は1年で2日しかない、残すは大学選手権準決勝トップリーグプレーオフですらテレ朝が録画だとか、そんな悲しい8年後ワールドカップを開く国)

その2試合、同じ時刻に、秩父宮花園キックオフしたという(NHKに合わせたために若干前者が遅かった)、ステキマッチメイキング。(つまり後者は録画である

ついでに、地球の南側では、昨日開幕したスーパーラグビー(今年から名称スーパー14からスーパー15になった)というとびきり上級なモノが放送開始という、とんでも困った時間帯になってしまったという。

どれ見る、何見る、誰を見る、ってお話にもなってしまうわけですが、とりあえず時間帯調整は何とかならんのかと。ニュージーランドでお昼過ぎだと、欧州では朝だから、ちょうど穴の時間帯で見てもらえると踏んだんだろうなぁ。何せ欧州欧州シックスネーションズおよびクラブレベルがやっているわけだし。

とか考えてもとにかく、何故、花園秩父宮は、同じ時間キックオフしたのだろうか?やっぱりスポーツは録画よりライブタイムの方が面白いだろと。思った次第。せめてディレイスタートとかねぇ。考えられなかったのかしら?と。

まさかの、同じ時間で始めないと、平等じゃないとか、変な平等主義者がしゃしゃり出たんじゃないよな。

2011-02-18-Fri そんなあなたはマイノリティー このエントリーを含むブックマーク

まさかの、クリーブランド・キャバリアーズロサンゼルス・レイカーズに勝ってしまったというお話

レギュラーシーズンの1試合であるわけですが、

その前提は、ステイプル・センターでの試合の結果が凄まじすぎて、50点以上の差で負けたキャブス

クリーブランドの、レブロン・ジェームズさんもツイッター上で「有り得ない、神様が・・・云々」(具体的な中身は忘れた)、なんて言ってしまった試合の相手に、同じシーズンでやりかえすとな。

それだけ、レイカーズが今年は強くないのか、とも思えるわけですが。(現にフィル・ジャクソン過去に指揮した中で最悪の試合とか言った試合もあったはず)

で、そんなお話は、アメリカ関係のニュースを見ている人もしくはNBAフリークには通じるお話ですが、一般的に話の中身が合う人が少ない。

世界的なスポーツ現在の一番の懸念は、バーレーンF1は果たして行われるの?ってお話かなぁとも思いつつも、これも日本スポーツニュースではこれっぽっちも中身にならないとか、取捨選択は自由ですが、野球のシーズンも始まってもいないのに、毎日毎日キャンプいかけるより重大だろと思う私はマイノリティー。

世界での競技人口は多いながらも、日本での競技人口が非常に少ないスポーツ、それはクリケットです。CNNBBCは毎度盛り上がるけど、私はルールすら知らん。翻訳家の人は、訳を作るためにまずルールを覚えるんだよなぁ。って。アメリカンフットボール同時通訳を聴いている限り思います。あれも難しい。サッカーでも一つ間違えたら何が何だか訳ですからね。

2011-02-14-Mon 悲しき知識

さて、グラミー賞が発表されたわけですが

日本のお昼のニュースでも、日本人が受賞した受賞しただけ話題になったけれども

肝心要の、レコード・オブ・ジ・イヤー等の主要部門については一切何も放さないとか

グラミーって何?状態のお話次元ニュースにされたり

内田光子の受賞した部門についての、説明も、間違っている内容が散見されたりと

なんだか悲しい気分になってしまうわけですが、そんなこんなでグラミーです。

私は、ネットで確認してビックリしたのは、BTやGrooveArmadaがLa Rouxに負けたことです。

それにしても、知らんアーティストが主要部門に出るのは由々しきことだ。TVKのBillboardTop40待ち

ただ、あのNeed You Nowって曲は好きだが、アルバム誰?(不見識でスミマセヌ)

ニード・ユー・ナウ ~いま君を愛してる

ニード・ユー・ナウ ~いま君を愛してる

誰だよ、この不要な日本語訳付けたヤツは。

あと、ジャスティン・ビーバーがBrand New Artistで負けてますなww

[][] を含むブックマーク

毎度注目の[Best Electronic/Dance Album]でございます

ジーズ・ホープフル・マシーンズ~未来永劫

ジーズ・ホープフル・マシーンズ~未来永劫

Black Light

Black Light

Head First

Head First

を押しのけてのラルーであります。まぁそんなもんだ。グラミーなんてな。

ラ・ルー

ラ・ルー

[Best Dance Recording]のリアーナは納得できるが。

[Best Remixed Recording, Non-Classical]はネタ切れ感が満載。

[][] を含むブックマーク

今年もグラミー賞クラシック部門の受賞CDをチェックしましょう。

昔はfmfanって雑誌グラミー総評したんだけどな、廃刊だよ。

今回の受賞の中では内田光子は良い演奏だし、カイヤサーリアホオペラは少し聴いたけど面白いとかそんな印象。ノミネート含む全て聴けませんから、あくまで個人の感想です。あとはアーノンクールバッハカンタータ集が負けてます

続きを読む

2011-02-13-Sun このエントリーを含むブックマーク

いやぁ、一夜明けたわけですが、

マンチェスター・ユナイテッドウェイン・ルーニー選手

ダービーマッチであるマンチェスター・シティー戦の

オーバーヘッドのゴールは非常に素晴らしかったですね。

大変大事な叩きたい相手。無敗記録が途切れた直後のゲーム

先制しながらも追いつかれ、あまり状況が好転しない場面で

ああも綺麗に決まりますかと言わんばかりで。はっきり言って呆気にとられた感じ。

歴代のオーバーヘッドのゴールでも指折りです。(残念ながら1位は、未だに状況が状況でヒヴァウド神)

で、毎度思うことですが、こういう時に重要なのは、その取った得点はどんな場面でどんな状況で、取ったかはスタッツに加味されず同じ1点になるから記者は美しい文体で我々に伝えることが重要だったり、解説者は選手に賞賛を与えたりするわけですが、ルーニーってまだ得点一桁なんだよな。ベストイレブンに入るのだろうか?

年間ベストゴールおよび、フェレンツ・プスカシュ賞の最有力なのは確かだが。

2011-02-11-Fri スタジアムを爆破しろ ブーレーズっぽく このエントリーを含むブックマーク

作ったとしても、その後の採算の目途が立つわけないだろ

国内から全く応援されない日本五輪招致だったり、ワールドカップ招致だったりであります

本日は、ロンドン五輪スタジアムは、どうするよ?の決定がなされるわけであります

こういう時に思うのは、スタジアム建築美を考えるより、政治的な役割であります

たとえばアメリカ場合は、市に借金をさせて作らせる。そして安い賃料でクラブ所有にするとか。

イタリアは、公営だからサッカー専用の素晴らしい現代的なスタジアムに建て替えられんとか

ドイツワールドカップで大成功。各クラブ財政的な問題が少ないので投資として金を集めて建て替えラッシュとか

では、日本は?と鑑みる

大変な問題は、スタジアムで困るのは。野球場です。野球という競技は他の競技との兼用が難しいのでありまして

アメリカの古いスタジアム場合は、アメリカンフットボールもやっていた名残があるわけですが、野球専門を作ることが出来る国土の広いアメリカと違って、狭い日本。その割に野球って豪華に野球専用ですよね。

政治的とか経済的な発想はあったのかしらん?と広島とか仙台とか、心配してみる。

勿論、日本の有名な失敗例は、野球以外もできると思って人工芝ドーム大阪ドームですが。

大阪ドームの他の競技実施例を見たら、絶対使いたいと思わない内容だからねぇ。どういう輩が企画したのか、疑う内容です。

2011-02-10-Thu そういえば破産した このエントリーを含むブックマーク

Jリーグから海外移籍する選手が増えたのは

香川真司選手が、移籍金の安さ(実質フリー)に対して、素晴らしい活躍をしたことと

たまたま日本人スカウトできる環境にあるドイツの代理人がいてフリーで売って儲ける環境があること

日本クラブチームが長期契約を結べない上に、海外移籍ならOK

という願ってもない状況で、とかく失敗でもドイツに来ても問題ない状態になっているわけですが。

買われるだけの弱い立場は、残念無念でありますが、そんなリーグクラブはどうなるのでしょうと考えた場合

私は、ハンガリーの名門、フェレンツバロシュ財政難を理由に、降格させられたなぁとか思い出した次第。

イタリアフィオレンティーナとかパルマ場合よりも驚きだったのは、優勝回数も多いし国内では名門といえどもハンガリー選手は引き抜かれる側だろうし、そんな状態でサッカーに客が来るかなぁと思ったら、日本も近いのかもとか思ったり。

悪いのが、ドイツブンデスリーガとかオランダエールディビジだ、だって外国人規定(日本人場合)が

イングランド:EU外ですから労働許可証を取りなさい。代表で75%以上出場しないと出さない

スペインEU外だから、1クラブに3名まで(4だったか、出場は3だったはず)

イタリア:EU外だから、1クラブに3名まで、ただし1年に1名のみ加入しか許さない。(国内間の移籍には適用しない)

フランス:EU外、ACP外だから、1クラブに3名まで

ドイツ:自由 (多すぎると課徴金だったか発生したはずだけど)

と明らかに違いすぎる。日本人ドイツだけに狙われていますと言っても過言でない状況で、何も手を打たないほうがオカシイとも言い難いが、クラブ契約を見直す、経営方針を考え直すのは当然だと思います

破産とか資金難が目立つ東欧八百長審判買収に走った話が出るのもさもありなんですから特に。

それにしてもドイツも、凄いなぁ。EURO2004の余りにも惨い敗退において、当時監督ルディ・フェラー

外国人が多すぎて、ドイツ人選手レベルが低下したせいだ

って言った国ですよ。スマトラチャリティー国内選手外国人選抜の面子見たら、外国人の方が明らかに豪華だった国ですよ。それが2006年だったか外国人規定を廃止したんですから

2011-02-09-Wed 公正なる独立 このエントリーを含むブックマーク

さて、問題の渦中である大相撲八百長問題なのだが

NHKスペシャルを見ていて気がついたことは

そういえば、相撲場合審判という組織独立していないのである

プロスポーツにおいては、選手雇用主と共に、大事な組織の一つが審判であり

公正な判定を行い、スポーツ健全な運営実行に従事する非常に大事な役割なのだが

しか理事選においても、行事の票はたったの1票だったはずだし、相撲に於いては行事の判定に

審判部の親方が、審議をするのであって、審判であって、専門職審判ではないはずである

八百長相撲に関して、無気力相撲だどうだとか審議する中で、私は公正な判定を下す職務部門が必要なのではないだろうか?と思った。審判の役割は軽視されがちなだけに、特にねぇ。

皆様如何でしょうか。

2011-02-07-Mon このエントリーを含むブックマーク

とりあえず、NHKの解説者がヒドかったな。

大体プレーバイプレーの予想は外れ、試合全体の予想も・

ゲーム内容に関しては、気になった点が数点あるが、

そんなことより、結果により、とりあえずペリエは美味い。

2011-02-06-Sun このエントリーを含むブックマーク

サッカーが色々ありすぎですが

明日スーパーボウルなので、休ませていただきます

という、スーパーボウルを皆様見て、楽しみましょうと、

とにかくNFLを見る人を増やしたいのであります

アメリカンフットボールの話で盛り上がれる人を増やしたい。リアルで。

2011-02-05-Sat 特殊なポジション このエントリーを含むブックマーク

本日も大活躍だった、マヌエル・ノイアー選手

ドイツ代表の背番号1としてワールドカップに出ていた選手ですが

レーマン神代表引退後、彼は三番手だったのに、気づいたら南アフリカゴールマウスを守ることになっていた選手ですが

所属のクラブチームでは、20歳のデビューから、彼は凄まじい躍進を遂げているなぁと。毎度思う限りです。

彼のデビュー戦は、今でもはっきり覚えているコビアシビリの素晴らしいゴールがあったのに引き分けたバイエルン戦。

長谷川健太監督が、チームの不調故に批判したフランク・ロストを外しての起用。

その後、チームは立て直したけれども肝心要の最終節の一つ前のダービーで、ドルトムントに負けてしまって優勝を取り逃したシーズン。その次はどう頑張っても点が取れなくても失点しなければトーナメント勝ち抜けという荒技を完遂させたポルト戦の印象に残っていますが。

彼はロストを追い抜いたこと、彼の同年代ライバルであるアドラーも同じ06-07シーズンにハンス・イェルク・ブットを追い抜いての起用でレギュラー奪取と、若手の出てくるタイミングとチャンスを掴んだら放してはいけない特殊なポジションであるトルバートの難しさを毎度感じます

(ロストはGKに困っていたハンブルクに移籍してポジションを奪取、欧州戦の順位をしっかりと確保させる有益な活躍をしている選手ブットポルトガルでは失敗でしたが、現在バイエルンの正GKです)

そんなGKレベルが非常に高いドイツですが、前年度王者の正GKだけ、競争ってよりもなんか知らないけれどブットになってしまった経緯はやっぱりいただけないよな。来季はノイアーか、はたまた違う選手なのか、とりあえず移籍市場の興味の尽きないところ。

ああ、とりあえず、書いておきますが、ノイアーアドラーよりも期待されていたのが、当時バイエルンにいたレンズィンクで、彼も新天地に移籍して頑張って欲しいですね。彼を取り損ねたハマーズは守備大変ですが。

2011-02-03-Thu 潔く このエントリーを含むブックマーク

大相撲八百長問題ですが

13名の疑惑をもたれる人がいて、早速3名が認めるという事態になってしましたが

考えても見ると、過去にはなかったと協会が言っているわけですから

協会全体で、「今回だけです、これ以上あるわけないでしょ、あったら存続が」という答えが出るかと思ったら

あっさり認めて、まだありそう、となるこの軽さは、何ともいただけません。潔すぎるのです。

八百長は、刑事責任を追及できないのに、力士の死亡した問題や、野球賭博とかより動きが早かった気がするのも何というか不思議です。

日本会社行政組織の、黒いお話場合は、このような時に報道機関の鋭いメスが解決に、なんて時代もありましたが、それは黒い方が非常に狡猾に進めようとしているから起こるお話で、この軽さはなんなんだと。

この軽さ故に、過去の清算は勘弁、だったりするのかと。外国記者クラブで会見したりとか、八百長の記事が裁判になったお話とかねぇ。何だったんだと。

2011-02-02-Wed ザックさんごめんなさい このエントリーを含むブックマーク

NHKBS-1が、アジアカップリピート放送をやっているのを見てしまうと

アルベルト・ザッケローニというイタリア監督就任当初は

有り得ん、ふざけるな、と怒っていた自分が、いかに不見識だったかと思い知らされる所存ですが

何故怒っていたかと言えば

  1. ユヴェントス監督に途中就任し、3-1で勝ったフルアム相手に、アウェーで1-4とこの年一番のアップセットを喰らった
  2. インテル監督に途中就任し、3-4-3を施行するも、ホームでガナーズ相手に5失点くらい、2連勝からグループリーグ敗退という結果を残す
  3. ラツィオ最後最後で優勝できなかった
  4. ミランを優勝に導いたけれど1シーズンだけ、欧州ではサッパリだった

というような方でしたし、

日本サッカー協会スペイン路線を進むってのに、上がイタリア人でカルチョ大丈夫か?

という疑問があったし、まさか3-4-3なのかと疑ったりしてましたからね。とってもごめんなさい。

さて、ザッケローニ監督に就任してから、何が良くなったと言えば、単純に言えば

縦へのスピードが早くなりました。プレッシャーしかり、ボール奪取後動きといい

最初アルゼンチンから前任者よりも格段に上メガネ比較するのも失礼な話ですが、戦術采配がシンプルに良いのです。

で、国際大会でどうなるかというお話でした。イビチャ・オシムは確かにチームに色々もたらしてくれた人でしたが、彼は交代采配が遅かったり、PKで負けてしまった結果に終わってしまいましたが、それよりも上になったと。

明日放送される、オーストラリアとの決勝戦も、あの交代采配、長友のウィング起用、そしてクロスから決勝点と。

本当に良い勝利だったなぁと。前回アジア勝った時は、勝っても粗が目立つ守備と、何かしっくりこない得点といい勝ち方だったからなぁと。

2011-02-01-Tue 旧メディアの負ける日 このエントリーを含むブックマーク

現在読んでいる本の一つに

ってのもありますが、それはさておき(なかなか内容としては面白いです、再生はできないと思います経営的な面で)

昨日の移籍市場の所謂Deadline Dayの注目の中で

日本代表で、アジアカップでも非常によい活躍をした長友佑都選手の移籍がありました。

だいたいその話が出てきて、だいたい決まったのは11時過ぎくらい(11時半頃にはすぽるとを楽しみに待っていた)だったわけで。(具体的内容金銭および交換条件が決まったので、あとは書類を出すだけだった)

その後の時間に、フジテレビの「すぽると」という番組は始まり、優勝した代表の今野泰幸李忠成選手ゲスト出演の最後番組だったわけですが。長友の話は全くナシ。

すぽると、という番組については、現在民放スポーツニュース番組中では、早い段階で「野球、とそれ以外」という括りを取っ払って、情報を様々に供給してくれる、数少ない優秀な番組で、番組責任者である村社淳氏の文章もサッカー関係の雑誌で読んだことがあるので期待してのですが何もナシ

村社氏については http://www.fujitv.co.jp/laughrepo/04/hen.html

正直、ここで、聞いたら、情報伝達の速さと決断力に関して、評価して、真偽の如何の問題よりも、生放送ゲストに対して、スゴいことをやってのけてくれるかも、というワクワク感を以て見ていたのに、残念です。

フモフモコラム編集長

http://twitter.com/#!/fumofumocolumn/status/32103339936190464

すぽるとスタッフは絶対に長友インテル入り報道を知っているわけじゃないですか。番組中に言ってほしいよね。今野感想を求めたいよね。間違っててもいいじゃない。訂正すれば。「未確定の情報ですが・・・」って言えばいいじゃない。僕らも誤報に目くじら立てすぎたのを反省するから

という意見には私も賛成です。(はっきり言えば誤報になる確率の方が少ないってのにねぇ)

これでは、あの番組キャスターを減らして一人で、どっちかが記事を読むだけで充分じゃねぇかって。平井理央西武菊池に生足でインタビューしたのを皮切りに今後も生足でインタビューに駆け回る番組であるほうが、まだスタンダードな気がする。

twitterで、世界情報リアルタイムで入ってくる私たちに対して、「メディアは伝達力の点でも負けるよ」ってことを端的に示した形を見た気がする。ESPNのSportscenter(あの番組12時間ぶっ続け)や毎度恒例のSkysports Newsの移籍リアルタイム速報(サッカーのある週末はアンカーマン試合テレビで見ながら何か喋る)とかもできないわけだし。

----

それから、朝起きたらスポーツ関連の最初ニュース

まだプロになって、一球も投げていない選手キャンプに参加した、ってことでしたね。

視聴率になるからその人を最初に出しても、質のインパクトってあるの?選択する(編集する)ってのはメディアの役割だと旧メディアは(ブログなどの新しいメディアに対して)よく言いますが、その結果がコレか。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない