Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |
2018 | 04 | 07 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2011-06-28-Tue このエントリーを含むブックマーク

本屋で何か面白い本はないかと物色していたのだけれど、

東日本大震災関連本および福島原子力発電所問題関連の書籍はですね

多すぎて、どれを取ろうかと悩んでしまった次第。

帯にでも強調して

この本による収益は、義援金寄付します

ってあったら、それが一番手に取りやすいんだけど・・って思ったりもした。(そうやって、長谷部誠長友佑都の本は売れている)

岩波新書が無かったから結局、全然違うモノを買って帰ってきたんだけどねぇ。

もう一つ、今買ったとしても、決定的な何か要因が再発見されたり、今後も予断を許さない状況で今買うのは中間発表をみるだけのようなモノだという事実

いやねぇ、皆様、

平成最悪の首相菅直人

って本を書きたいと思うはずですし。

2011-06-27-Mon このエントリーを含むブックマーク

テレ朝、その内容の薄さは、特集と言ってはダメでしょ。

っていうほど酷い、マネー・ボール特集だった。テレビ欄に釣られた私がバカだった。

マネー・ボール (RHブックス・プラス)

マネー・ボール (RHブックス・プラス)

映画宣伝でした。主役がブラッド・ピットで、制作しようとした矢先に突然の中止をしたことまでは知っていたけれど、作ったんだね。今更知った出来事。

2011-06-26-Sun アンカー

丸山真男の「日本の思想」ではないですが

日本の思想 (岩波新書)

日本の思想 (岩波新書)

日本の思想界においては、欧州から言葉が無自覚に輸入するされてしまったときに、その言葉歴史とか情況とか環境とかまで理解されずに使われてしまうという、ことがあるわけです。

そんな一端のご紹介

[][] を含むブックマーク

「ペペがアンカー」という表現は、何が恥ずかしいの?twitterにて書いた中身のEの人、個人的な見解

-

まずこのアンカー(AnchormanもしくはAnchor Roll)という言葉が実際問題、市民権を得ている言葉ではないということが挙げられます。加えて言葉の理解においての、様々な人によっての解釈の違いが存在し、どのような選手アンカーなのか?ということも誰も判定できていないというのが現実です。

私が初めてこの言葉を知ったのが2005年UEFA Champions League Magazine で、この中でアンカーという選手にあげられていたのは、クロード・マケレレから始まってマッシモ・アンブロジーニやら色々と選手が列記されていって、役割としては

  1. 中盤での守備
  2. バックラインからボールを中盤より前に運ぶ(この中で取り上げられていたのが5mしかパスできないと言われたマケレレだが、その5m先にジネディーヌ・ジダンがいたのだという事実で、これによってレアル・マドリードフランス代表が強かったという評価)、攻撃の基点であるということ

以上のようなことからアンドレア・ピルロのような選手新世紀のアンカーであるかもしれないと占められていた文章でした。彼は長いパス供給も上手なことから、攻撃の基点としての役割が今後大きな意味をなすと。

またこの記事で、アンカーの先駆けと呼べる選手が、1966年ワールドカップ優勝メンバーで背番号4をつけていたノビースタイルズだという紹介があります。実際スタイルズの文献および映像を見ると、彼が「パーフェクトな仕事をして」勝利したポルトガル戦のエウゼビオに対する役割ボールを出せば前にはチャールトンがいるというのがアンカーなのかと言われるとなるほどとも思います

-

ところで、マケレレという選手英国メディアが表したときに使う言葉は、アンカーではありません。Holding RollもしくはHolding Midfielder という言葉で、文字通り中盤の底で相手の攻撃を塞いでしまうという言葉です。中盤の守備を担う選手という意味合いで使われている言葉で、試合中に現地実況にて使われたのが分かっているのはこのHoldingか、本当にDefensive Midfielder しかありません。マケレレアンカーが組み合わさって使われた記事というのは、Fifa.comにあった2008年欧州選手権における「Makelele ready to anchor midfield」という記事くらい、この記事はヴィエラが欠場する代役にマケレレが「引き継ぐ」という意味です。(ダブルミーニングの主の意味が「アンカー役割」ではないのです)

このようにAnchorとHoldingという言葉が両立してしまっている状況に、何が何やらと思われるかもしれませんが、この状況で見た面白い内容の問答が、uk.yahooにあった「アンカーホールディングミッドフィールダーとはどう違うのですか?」という質問にあった回答は明快で分かりやすい。

http://uk.answers.yahoo.com/question/index?qid=20090713212424AAKiRsW

A.ザビ・アロンソアンカーマスチェラーノホールディングミッドフィールダー

(ちなみにそんな風に見ることを否定するような意見がその後続いています。やはりそういう風に見るのは英国気質に合わないようですね)

-

さて、その後に見たAnchormanという言葉が出てきた主要な文章というのは、2007年タイムズの記事で、「Schuster sees Fabregas as perfect anchorman」というモノ。(マドリーの新監督になったベルント・シュスターがアーセナルのフランセスク・ファブレガスを欲しがっていた内容)

ところがこの記事の中では、そんなAnchorってどういう役割かがまったく書かれていません。これはAnchormanという職業とのダブルミーニングで、ボックストゥボックスボールを運ぶ選手でありもさることながら、チームの顔となる選手という意味合いを強く出した言い方なのです。

実際、英語アンカーマンおよびアンカーウーマンというのはテレビニュースの顔となる人、例えば現在で言えばダイアン・ソイヤー、ケーティー・クーリッチを指します

では、あのレアル・マドリーにおいて、ペペは顔と言える選手なのでしょうか?クリスチアーノ・ロナウド以下豪華な攻撃陣をさしおいて。

-

そして、もう一つの大きな疑問が残っていますアンカーというポジション日本では、4-5-1の中盤の底の守備役で、「錨の底」の位置という説明が、どこから出てきたのか不明なのです。(先ほどまでに使った意味合いは「リレーアンカー」のような「引き継ぐ役」という意味です、これはイビチャ・オシムの「水を運ぶ」というのに近い、となれば尚更アロンソピルロが近い)

考えられる可能性は、南アフリカワールドカップにて、阿部勇樹スタメンに入った時に、岡田大木、もしくはそれに追随していた記者の誰かが4-「1」-4-1の「1」に対して「アンカー」と言った、しかもその時に役割云々に附加して「錨」描写を加えてしまった。そして、日本全国の初めてサッカーを見る人にも説明しやすい故にNHKから発信してしまった。誰もその言葉の確認しないまま現在に至ると。

例えば、Footballイングリッシュ とか。

これはちょっと前の「中盤の守備的にポジション所謂ボランチ」という紋切り型と類似している気がします。で、一体ボランチって何?ピボーテって何?ってそもそもの由来やネイティブな発想に立つと違ってしまっていると。

-

というわけで、「ペペがアンカー」って表現意味合いがむちゃくちゃになるから、恥ずかしいし見ていられない(英語に訳して外に出せない文だ!)ということだったのです。ドイツ人バスティアン・シュヴァインシュタイガーバイエルンミュンヒェン所属)にインタビューした記事で「僕が本当にやりたいポジションは6番なんだ」という記事とは違うのです。(尚、6番= Sechser がどういう役割かを注で説明してありました)

追記、管見の限り、日本語書籍アンカーという言葉が出てくるのは、これが最初

[] を含むブックマーク

言葉の誤解はともかく

は大変面白い内容の本だった。特に1章と2章が良い。

サッカーに使うことの出来るデータとは何ぞや?から入ってくるあたりの切り口は読んでいてスリルがある。

ただ、時期が時期だけに、そのデータ分析は見て思ったことを肉付けしてくれるだけだった感は否めない。また紙面の都合で俯瞰した視点からデータのみだったわけで、試合の中に存在する個人の1対1の優劣がどう勝敗に結びついたかとか、どの局面および場所の支配が効果的だったとか、なかったのがデータ分析としては少々の残念感があったりもした。

2011-06-24-Fri 移籍よりも先に入籍を決めた このエントリーを含むブックマーク

加藤ローサが、結婚および妊娠という、おめでたいニュースだったのですが

相手が、松井大輔ということで、

移籍よりも先に入籍を決めた、って突っ込みたくなったのは、私もです。

少し前に、何でだったか松井選手の移籍の不手際ぶりに感心し、

代理人は誰なんだと調べ、この代理人の仕事はどれだけ酷いのかというを確認した1週間も経たないうちのこのニュースと。

ちなみに、婚姻届を代理が出すのは、非常に簡単なお仕事です。

それにしてもフモフモコラム、面白いなぁ。

2011-06-23-Thu ジャンさん このエントリーを含むブックマーク

ついつい適度なおヒマ加減で調べたのだが

ちょっとか前に、サンダランド会長ナイアル・クインが

「適頃のお値段でセールいたします」と各クラブに打診を図ってしまったというエースで、ガーナ代表。

先頃の南アフリカで行われたワールドカップでは、「オレは世界一幸せ選手だ」とアメリカ戦の決勝点語にコメントをし、準々決勝のウルグアイ試合終了間際のPKを失敗してしまったことで一躍悲劇の男になった、あのアサモアー・ギャン。1500万£というクラブ最高額で入った選手なのに。

で、そのギャンという読み方が、日本以外ではありません。オランダでの日本代表との試合でも「ジャン」に聞こえたし、プレミアシップのイングリッシュコメンタリーも総じて「ジャン」だったので、さて何故かと。

「Gyan」というスペルから過去エラい人がいないのである。というわけで当然の事ながらy→i変換で、ジャンなんたらとイタリア人が出てきたので、やっぱりジャンというのが通例の欧州での読みなんだなぁと。

ところが、日本語でジャンといえばフランス人によくあるお名前で「Jean」ってのがありまして、ネイティブな発音では全く違うこの2つ、ところがカタカナだと全く一緒というわけで、そんな語弊が出ないためにも、日本からは「ギャン」で統一してあげたらとうかと思うのがオチ

というか、日本では彼が出てくる前からガンダムで、ギャン、ってモビルスーツがあってだな、しかもスペルが同じなんだぞ、NHKから全てギャンにしてやれよと。

さて、ブラックキャッツはそんなことより、ギャンを除いて計算できるアタッカーフレイザーキャンベルだけという状態を早く打開しないと、来季の降格候補ですよ。本当に。

2011-06-22-Wed このエントリーを含むブックマーク

70日間の会期延長とか言ってますけれど

イギリスとかだと常に通年国会だし、任期中全て通常国会の国(たしかドイツだったはず)だってのもあります

とりあえず、この意味の分からない状態のまま政治が動いていることだけはやめてほしい。

それから、3ヶ月も経って復興構想会議はやっと答申出すとかいうこのお粗末なお話を見るという現実が悲しい。

2011-06-21-Tue 乖離 このエントリーを含むブックマーク

テレビ報道で気になるのは、国内の捉え方と海外の捉え方に大きな乖離がある場合です。

例えば、シアトル・マリナーズイチロー外野手

マリナーズの勝ち数の割にチームの総年俸のかなり多い部分を彼一人が占めていて、その上安打にだけ注目される、即ち得点に貢献している部分が少ないんじゃないの?って批判が常に言われていることを見ることは少ないです。(むしろ、だからこそ彼がメジャーリーグのパワー一辺倒思考を変えたとかいう楽天的発想も見たことがある)

じゃあ、彼がアメリカに於いても賞賛されている部分は何か?まず10年連続ゴールドグラブ賞を取り、刺殺の数が常に高いレベルをキープしていること、それから10年連続200本安打を打っていることと続きます(10年連続常に、大きな離脱がないことが大きい)。

私も好きなセイバーメトリクスの俎上に上げると、彼の数値は年俸に比して高くない(昨季彼よりも叩かれるべきはデレック・ジーターなんだろうけれど)、けれどセイバーでは非常に数値化しにくい守備という面での彼の貢献度とか、大きく取り上げたスポーツニュースとか見たことがない。どういうこと?

そして、もう一人、頑張れどころじゃない選手がいます。それが最近無免許運転では話題になったゴルファー石川遼選手

彼の場合、常に付きまとうようになってしまったギネス記録のゴルフ最少打数58。この記録が作られる原因はカップの位置を楽な方にレイアウトしたということが言われていますが結果的に作られてしまったモノを認めざるを得ないのです。しかも彼が日本を代表する選手として海外メジャー大会に出る、そして好いところ無く終わるという、日本ゴルフ界の評判を落とし続けていることをメディアで大きく見たことがない。ロリー・マキロイの優勝で彼に対してタイガー・ウッズが「将来彼は活躍する」と言ったことは各海外メディア報じましたが、石川選手場合タイガーから何か賞賛されたことも日本以外のメディアで見ることはあるのかしら?

2011-06-20-Mon このエントリーを含むブックマーク

経団連会長の発言が未だに趣旨というか意図がワカラン

「若い人たちの教育上も具合が悪い」

って部分、オッサン達が上から色々、無理難題を押しつけたくても、こんな上の姿を見たら下があっさりと放棄するって考えた方が納得いくんだけど、どうなんですかね。

それにしても教育上って言葉もこれまた、経済界産業界から出る言葉なのか?って思ったのも事実

からも、言えるのは菅直人は早く辞めるべきだ。ということくらいか。

2011-06-19-Sun このエントリーを含むブックマーク

人に曲を薦める時、たとえばそれがオペラだとしたら、一気に全曲を薦めるべきなのだろうか?

と、ふと思ったので残念ながら躊躇したのである

知っての通り、リヒャルト・ワーグナーの代表作は、ニーベルングの指環であるが、これが全曲入れると16時間という大作なのであります

最新のクリスティアンティーレマンバイロイトだってCDの枚数がエラいこっちゃ。

だからといって、

Wagner: Der Ring des Nibelungen

Wagner: Der Ring des Nibelungen

を短くした1枚のハイライト盤にすると

え、これだけ?って少なさを感じてしまうのでありますワーグナーライトモチーフを見事に使った重なり合う素晴らしい旋律は、この場面じゃないところであるだろうと思うのです。どれが要らないかということと対位法を為して。それにラインの黄金前奏曲およびラインの乙女がアルベリヒに黄金が奪われる場面がないのも気にくわない。(大抵ない)

モーツァルトオペラバッハ宗教楽曲場合は若干違うのかもしれないけれど、やっぱり有名な曲もあるということを含めて全曲を知って貰いたいんだよなぁ。でも16時間はな。

2011-06-17-Fri 平和論2 このエントリーを含むブックマーク

前日に、なんか胡散臭い平和論とか書いたのでその続き。

つまり、何が「平和」なの?って問いがまず大事なのである

で、本を取り出したら

平和研究講義 (岩波テキストブックス)

平和研究講義 (岩波テキストブックス)

まず平和って何から書いてあって、消極的平和論と積極的平和論があるよ、って書いてあったので安心した。(作者の故高畠通敏先生日本を代表する政治学者です)

というわけで、戦争放棄=平和で、事がスタートするのが毎度の事ながら論理破綻を来す理由なのであるよ。

ちなみに、もう一冊、今年になって読んだ本ですが、この文を読んで色々考えさせられたのだよ。

リベラリズム本質について

1. 人類歴史は、自己保存のために、自由、平等平和などの普遍価値を求め続けている人民の意志によって突き動かされている

2. 政治集団や政治指導者達は、しょせんは、この人民の意志を代表しており、もしこの意志に逆らう時には必ず消失していく運命にある

3. 近代以降登場したリベラリズムの内容としては、自由権参政権社会権のほかに、平和権を加えなければ思想的に完成しない

2011-06-16-Thu 胡散臭い平和論 このエントリーを含むブックマーク

こういう本をぱらっと見ただけで、

どうしてこう胡散臭いのかとか思う今日この頃。

ちなみに、本の内容よりもレビューが更に胡散臭い

試しに、内容紹介の部分を叩いてみます

これからの「正義」を日本人は、どうとらえ、展開させるべきか。→楽しみです

戦争の惨禍をくぐり抜け、戦争を放棄した国家を選択したはずの日本人の思想の根底にある共通認識とは何か。→戦争を放棄したのは国家であって世界戦争状態はまだ残っている。国家は選択できるモノではないはずだろ社会契約論を読んでもどうしてそうなるのかが理解できん。

あいかわらず戦争をやめられない世界に向けて平和の思想をどのように発信していくのか。→戦争が止められない事実に思想というものだけで通用するとは思えない

具体的に書いていけば、どこが穴かは見えてきますね、というわけで数頁めくって胡散臭い

マイケル・ザンデル正義論が出てきての便乗商品だと考えましょう。結局、この胡散臭さも仕方ないね。

そんなことよりも、思想や歴史根底にあるものは何かだけを徹底的に書いてくれる本って無いの?

平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去

日本国憲法前文は、文法的に色々問題があると言いますが、この部分は過去西洋思想史から得られた英知が結集した素晴らしい部分なのであります。ちなみに平和論を唱える人は、「平和を維持」しか考えていないだろう?って思う節もあるんだよ。

専制からの自由、隷従からの自由、圧迫と偏狭からの自由、ってそれぞれ時代を経て得られてきた自由権だよ。

2011-06-15-Wed このエントリーを含むブックマーク

2011-06-14-Tue このエントリーを含むブックマーク

フットボールオフシーズンのお楽しみ、移籍市場でございますが

マンUも、ファン・デル・サールの後釜が決まらないものの、フィル・ジョーンズは決まったと。

今のところ、私の楽しみは、果たしてガナーズが今回はGKを取るのか?という点。

本線のファブレガスとナスリ、クリシの対談よりも、そっちの方が大いに楽しみだわ。

後で色々現段階の寸評を忘れないうちに。

2011-06-13-Mon このエントリーを含むブックマーク

久しぶりに酷い文章を見たというお話

http://number.bunshun.jp/articles/-/130574

色々酷いので、ピックしてツッコみたいが、そんなことも2つほどやったらもう吐き気がする、そんなレベルのお話

numberって、こんな文章でOKなんでしょうかね?

2011-06-11-Sat このエントリーを含むブックマーク

個人的なお話なんですが、

ボディビルディングが未だに理解できません、関係者の皆様ゴメンナサイ。謝っておきます。

体を鍛える、美しい肉体、という考えは理解できるのですが、だからといってあのカラダになるのが理解できません。いや本当にゴメンナサイ。

ボディをビルドして、何の実益?という観点が大変に自分の理解が不十分です、ゴメンナサイ。

毎度毎度NHKBSでやっている、アイアンマン選手権は大好きなんですが、あっちの方向なら理解できるんですが。ゴメンナサイ。

美しい肉体ってのが大変な問題で、美しいって何よ?彫刻で喩えるなら誰よ?という感じ。ミロのヴィーナスが好きだった場合筋骨隆々じゃないし、流線型あっての話だから通用しなくなるわけでございますね。

とりあえず、その根底をぶっ潰すこと言ったら人間否定に成りかねないので、平行線平行線のまま、そんな人もいるって感じですが、理解できない世界って、色々存在しているから困る。

ちなみに、話の後に、AKB48は理解できんは共通見解で話が進むから、これまた困る。愚痴聞きは私の得意分野だよ。

2011-06-10-Fri バロック このエントリーを含むブックマーク

何だか知らないけれど、時々発生する、回帰タイム

バロックを漁り中。買うにもあんまり良いモノを発掘できなかったので

今回は、クープランビーバー

クープラン:諸国の人々

クープラン:諸国の人々

世の中、新しい音楽なんてものはそうそう存在しないので、

時代的にも漁るならこの時代の珍しい旋律を漁った方が面白かったりすると個人的な偏見から

演奏作曲が同居していた時代だから、毎度毎度新しいワクワクさせる興味を持ったモノを作らないといけない(生活できない)時代だしね。これが残っているのは、残念ながらモーツァルトまで。

そういうことだからヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト音楽長調音楽が多く、その中で作曲家としての彼が如何に超時代的に凄いかという中身があって、彼の単に長調で明るいだけじゃない音楽がある。

日本人にはそれでも短調音楽を好まれるという現象ですが、私も好きです。彼がベートーヴェン以降の時代にいたらどうなっていたやらと思うと、ピアノ協奏曲24番とか聴いたら毎度思うこと。

2011-06-09-Thu このエントリーを含むブックマーク

AKB選挙ということよりも

何故に、日テレの9時前のニュース

AKB選抜総選挙速報だったのか

ということは、彼らの報道する放送局としての立場を問いたい。

お兄さん、昔AKBヲタに恐ろしく怖い目に遭ったから、あれは近づきたくもないんだ。

近づきたくもない人たちの集まり、だから感心もその取り巻きにまでよ。

2011-06-08-Wed がんばれや このエントリーを含むブックマーク

未だに、自分の中でしっくり来ない言葉

がんばろう日本

今回の東日本大震災(当初は東北関東大震災と言われていました)において、英国インディペンデント紙が「がんばれ、日本。がんばれ、東北」と書いたことが発端と思われるのですが

この合い言葉日本東北に住んでいない自分として、どう受け止めていいのかがワカラナイのです。

阪神淡路大震災の時のフレーズ

がんばろう神戸

であって、明確に地名があり、その地に済んでいない人間は「第三者の目から」見守る、応援する気持ちを維持できるのでありますが、日本が頑張る場合日本に住んでいる私は「はて何を頑張れ?と」とふと冷徹になった場合が悲しくなってくるのです。それに東北に住んでいる人間と他所の人間では頑張る内容度合等違うわけで、同じ方向に向けないはずなのです。

(ついでに現在社会で、むやみやたらに「頑張ろう」なんて言うもんじゃないよ。鬱病人間に「頑張れ」は禁句だぞ)

できたら、「がんばろう東北」の方がフレーズとして的確だったと思いたい。

イギリスからしたら、日本だろうと東北だろうと、離れた場所なのですが、日本人の私には明確な紛うこと無き差異がある。この理解の無さは、どうしたらと。官民で「勝手に作った」フレーズに対しての文句でありますが、こうなった理由の非常に大きな理由は「福島県が、東北に入るのを拒否したから」という暗黙の認識があるのだから困る。

この前も復興庁宮城福島岩手が主導権争いで引っ張り合いしてましたよね。要らんことで頑張るな。

ちなみに阪神大震災と言われていたあの直下型の地震淡路島も相当の被害だったから名称に「淡路」が入った経緯があります。今回も「三陸」に戻せよ。東日本って「東京からしか発想できないんだ。

2011-06-07-Tue 酔っぱらい以外使わない

3-4-3、ザックを除いたら、酔っぱらいのアウゲンターラー以外で、21世紀で見たこと無いぞ。

[][] を含むブックマーク

アルベルト・ザッケローニって人が

ウディネーゼを率いていた時に、当時王者だったユベントス

退場者を出してしまったところで、通常は守備の選手を補填すると思われていたところ

バックラインの人数を3名のまま戦い、勝ってしまったことでイタリア中、てんやわんや

作戦的に色々考えられた結論として、ザッケローニさんは3-4-3でウディネーゼを3位だったか上位にまで押し上げ、ミランに引き抜かれても3-4-3乃至3-4-1-2というスタイルで一時代を築いたわけです。

お陰様でセリエの大半が3バック、カルチョは見事に中盤での野獣ばかりのつぶし合いもしくはロングボール一辺倒(前線スターボールがいったときだけが魅力)という内容になって、欧州戦での活躍がパタりと落ちる期間が発生。

21世紀に入ってから3-4-3というシステムを使って魅力的なフットボールをしたのは、唯一上げるとしてもバイエル・レバークーゼンくらいしか見なくなりました。

クラウス・アウゲンターラーの04-05の前半までの、あの魅力的なサッカー。中盤のホブソン・ポンチが攻撃のタクトを揮い、トップにいるディミタール・ベルバトフボールを収めることができ且つシュートを決められる、何より大きな魅力はサイドアタッカーが充実していて中への供給も見事だったところに尽きるのです。

それに比べて、この日本代表のガッカリ具合は何故かと言えば、

センターフォワードにガッカリ、サイドアタックにガッカリ、シュートの少なさにガッカリと、ガッカリのスリートップなのであります。残念すぎる。

とっととフォーバックスのオーソドックスな戦いで、まずシンプルな内容でも結果が残せそうな魅力を見せて、その上で3-4-3はオプション(あくまで付属品)としてしておくべきなのであります

2011-06-06-Mon このエントリーを含むブックマーク

がっかりするくらい、本および論文、論評、批判、等書物が読み終わらない。

いやねぇ。興味が湧いたら脇道に逸れる性格が非常にイケナイんだけどね。

当初の、発端から離れまくりの、この有様に加え、

外国人の難解な文章は読みにくい。

日本人の体の為していない文章は読んでいてキツい。

2011-06-05-Sun 死んだ・・故に

まだやっているのかと、思いたいくらいに

時々思い出させられる嫌なニュース、それが宮城県石巻市大川小学校の事件でありますNHK昨日から何度もやりすぎだ。

[] を含むブックマーク

この事件の概略はというと

東日本大震災の大きな地震の後に、全校生徒を集めてグラウンドに集合した

40分グラウンドにいた後、高台に非難するために一度さらに道路に行ったところ

真っ正面から津波が来て殆どの児童教職員が死亡

生き残ったのは、列の後ろにいて自主的に逃げた教師とそれについていった上級生数名

そしてその日休んでいた校長は生き残ることが出来た

というお話でありますが、今回の大震災における津波に死者に占める小学生児童の割合が非常に少ないのですが、そのうちの死者の大半が此処という大事件なのであります。(4月27日ソースで536人でそのうちの74人となると1割以上がここということになる)

で、ニュースになった当初からマニュアルの不備があったのは当然だろうという見方をしていましたが、問題は責任追及されても、死んだ人間がやったことなので、現場責任判断とかどうやってもムリということ。

言い方が冷酷になってしまいますが、「死人に口なし」だから「死なせた輩が悪い」とすればイイと思ったりしています。そして代理でいいから責任があるとして謝罪する。(全ての責任あるやつは死んだから追求しようにもできない)勿論、それでも子供が死ぬことになったとするのはその教員のせいですからね、感情的に収まるものではないでしょうが

まぁ生き残った校長とか教育委員会が昇進とか保身とかあるからゴネているって思ったら嫌な気分だけどな。

こんなことニュースにするくらいなら、町長や役場で津波のアナウンスしながら死んだ職員のいる大槌町でいつになったら選挙するのかとか行政がどうなってしまっているのかを報道しろよ。私はそっちのほうが心配だ。

2011-06-04-Sat 超・・・・ このエントリーを含むブックマーク

未だに理解できない言葉、それがスーパークールビズであります

クールビズという言葉、定着するのに、かなり言葉を考えて作ったよなぁと思ったりしています(ちなみに公募グンゼが提案した造語採用ということらしい)が、問題はそこに「超」という意味スーパーが付くことである。

古来よりウルトラとかズーパーとか付く言葉は、既存の考えの範疇を超えた「有り得ない」からこその接頭語なのであり、「有り得ないことを実践しろ」と環境省がやっているのは、やはり頂けない。(ついでに言えば、あのNHKニュースにも出てきた赤いアロハシャツの職員を見ると、彼が着たいから実施したんじゃねぇか?とか)

私も、100点満点のテストで120点の答えが出てきたとか、「良い」の上の言葉が見つからない時等、枠を超えるモノに「超」と付けて文を書きます故に、そういう言葉が出てきて定着させようなんざ、ちゃんちゃらおかしい。(悪い意味の有名な言葉は、まず筆頭にあげるなら超国家主義だろう、丸山真男超国家主義論理と心理をあげるまでもなく)

丸山眞男セレクション (平凡社ライブラリー)

丸山眞男セレクション (平凡社ライブラリー)

ネーミングセンスって、施策にも大変重要だと思いますが、例えば国民総背番号制度なんて、最悪の部類ですよね。地方自治体および行政インフラとしてのメリットを訴えていないとか。

今回のこの言葉子供が作ったとしか思えないくらい幼稚なセンス。

2011-06-03-Fri 人間の条件の新訳はいつ出るんですか? このエントリーを含むブックマーク

大義名分とかどうのこうのもあるけれど

日本政治場合、そこに政治哲学存在しているかどうかが疑わしい。

論理とか正当性云々もないから

日本政治思想史をちょっと読んだ時に思ったことである。

戦後政治史の本はあるけれど、政治思想史、特に現代に関する本ってあるのかしら?と疑問が湧いた。

NHKで大変人気を博したハーバード大学マイケル・ザンデルのおかげで、

コミュニタリアニズムの思想を筆頭として

新しい話がいろいろ入ってきて面白いんだけれど、日本からの着想って今存在するのかしら?

今更amazonで知りましたが

新訳出ていたんですね。ただこの仲正昌樹さんの本、好きになれなかった記憶がありますが。

今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)

今こそアーレントを読み直す (講談社現代新書)

が出ていたのもそういうわけね。

ネットで書いている人として、未だにハンナアーレントの複数性の概念発見は凄いことだと思っています現在でいえば、タグを付ける文化、がこれに見事にマッチしていますから

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

人間の条件 (ちくま学芸文庫)

ただ読んでいて、「観想」って訳語だけは辛かった。

2011-06-02-Thu 評価基準

http://www.plus-blog.sportsnavi.com/premierleaguewriter/tb_ping/21

なんか、読んでて腹がたつ内容だったので、取り上げます

このワーストイレブンで気になる点は、

1. 出場していない人が入る

2. 出場していて「過去より」悪かったから入る

3. 出場していて「誰よりも」悪かったから入る

という、評価対象および評価基準があまりにもバラバラで、読んでいて「何を以て」書いたと怒り、なんかいろいろ感情が吹き飛ぶと、その後・・・・ となります

別に個人の好き勝手に書くのがこういうブログメディアのイイところなんですが、勝手故に突っ込みたい材料に溢れていると、なんかね。

というわけで、自分でもワーストイレブンを書いてみたくなったのだ。そもそもシーズンレビューを忘れている。

[][] を含むブックマーク

実際問題、多くみているリーグプレミアシップなので、プレミアワーストを。(ついでに言えば英国はこういう記事を付くのが大好きだ。Guardianだったか、今年のを既に作ってあるが真面目に目を通してないので、手持ちの資料を見ながら。

続きを読む

[][] を含むブックマーク

  • 不信任

今回の内閣不信任案ですが、提出の前に菅直人のアホが「目処が立ったら辞める」と言ったので否決されましたが、彼は外国新聞に対して「任期が終わるまで辞める理由はない」って言ってた人ですよ、いきなりの手のひら返し、どうなんでしょうね。信頼に欠ける人だ。

ただ、それよりも気になったのは、毎度毎度テレビに目立つ民主党松木謙公ってどんな人かなと、初めて略歴に目を通したら、支持母体が違うし、元々自民党員だったりとか、目立ってナンボだったんだなぁと。態度がコロコロ変わるのが玉虫色政治ってものだと思っていたので空気を読めない人だなぁって思ったが。(とはいネタになっている原口一博のも、すごいよな)

2011-06-01-Wed 4-4-2じゃないから このエントリーを含むブックマーク

実に酷い内容の試合だった。

アルベルト・ザッケローニさん、それでも3-4-3を続けようと思うのですか?

確かに、アジアカップで、3-4-3というオプション決勝戦で見事に機能しました、素晴らしい優勝でした。

しかし、オプションはしょせんオプションであって、最初から使って機能するモノではないのです。

選手が等間隔に広がって、ボールサイドに相手を引き寄せて展開することがないので、相手守備は待てば対処できる為、シュート数が少ない残念な内容は、

相手が常に引いて掛かってくるアジア予選で通用するとお思いですか?

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない

Connection: close