Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |
2018 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2011-09-19-Mon このエントリーを含むブックマーク

リバプールの哀れな結果を見た後に思った感想

ケニー・ダルグリッシュの采配力の無さである

まず、何故にライトバックにマルティン・シュクルテルなのかという謎采配。

そしてよりによって、プレミアリーグ随一の左ウィング、トットナム・ホットスパーガレス・ベイルに対して黄色2枚で退場という、割と考えられる帰結によって、チームは2名退場の9名という大変な惨状。

そして見事にスパーズ敗戦である

シュクルテルのみならず、チャーリー・アダムの退場以降のチームにも何とか立て直そうという雰囲気、意欲がまるで見られない。これは開幕戦サンダランド戦、セバスティアン・ラーションに同点ゴールを決められた後のチームが、前半と打って変わって弱いチームになったのと同様。

これではプレミアシップを取るとは思えません。

まぁ興味ないチームなんで、怪我人のことも知りませんが、グレン・ジョンソンマーティン・ケリーといったあたりが出てこないし、何故か左で活躍するスチュアート・ダウニングは右に回って威力半減とか、もう私だったらもっと勝ってるって思わせてくれるのは、このチームだけである

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない