Any given sunday このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2015 | 01 | 02 |
2016 | 04 | 05 | 06 |
2017 | 04 |


[ニュース記事] [音楽−クラシック] [音楽−テクノ] [サッカー] [美術館日記] [雑記] [NFL] [YouTube] [はてな]

2013-07-19-Fri 夏休みらしいし、上半期の良かった本を

[][][] を含むブックマーク

  • 良かった本。

ジャンルカ・ヴィアリガブリエルマルコッティ著「イタリアンジョブ

ちょっと訳の質が悪い、単語の表記がバラバラだったりする点のマイナスはありますが

サッカー本としての中身は、非常に面白く

著者がイタリア代表経験したスター選手サンプドリアであと一歩でビッグイヤー、その後ユヴェントス欧州を制覇し、その後イングランドチェルシープレーヤープレーイングマネージャーマネージャー経験もした、ヴィアリがイタリアカルチョイングランドフットボール比較も加えて書いた非常に濃密な内容。

元々、出た当初から英語による書評でも高い評価だった本だが、本当に中身が良かった。

何故か、今になって日本語版になったのが解せないが。

なお、日本語版にはヴィアリが日本代表およびアルベルト・ザッケローニ監督について書いている。


村松 尚登、小澤 一郎著 「日本バルサを超えられるか」

スペインから帰ってきた指導者記者の両名による

俯瞰した位置から、冷静に日本サッカーの側面を見て書いている好著

個人的には、その中でも「Jリーグの果たすべき役割考察する」という章が

非常に興味深かった。Jリーグ世界のトップレベルのリーグ戦になるにはと考える際に役に立つ。


マイケルグラント著 「マネジメント スコットランドの偉大なボス達」

スコットランドからどうして優秀な監督達が生まれてくるのか?という疑問を解決してくれる内容がしっかりと書かれている内容。

サー・マット・バスビー、ジョン・ジョックステイン、ビル・シャンクリー、サー・アレックス・ファーガソンだけでなく、アンディ・ロクスバラ、そしてジョゼ・モウリーニョについても、その何故の一端がわかる価値がある。


名無しさん著 「ザ・シークレットフットボーラー」

匿名プロ選手が書いた、イングランドフットボールを裏側から言及している本。

さまざまな分野について、客観的な目しっかりと、言及しているので

本のタイトルは「暴露」が中心かと思いきや

非常にしっかりとした内容であり、

特に、解説者に対しての選手側の評価の文句が非常に興味深かった。

青色の下線ははてなキーワード。緑色の下線はantiglapectre
空白を何かで埋めたいが、埋まらない