Hatena::ブログ(Diary)

end0tknrのkipple - web写経開発 RSSフィード

2012-04-14

jdk1.7ではkeytoolによるデフォルトSHA1だけに(MD5は?)

http://code.google.com/intl/ja/android/add-ons/google-apis/maps-api-signup.html

jdk 1.7のkeytoolでは「あれ? MD5 MD5 finger printがない」

C:\>C:\"Program Files"\Java\jdk1.7.0_03\bin\keytool -list -keystore "C:\Users\endo\.android\debug.keystore"
キーストアのパスワードを入力してください:

*****************警告 警告 警告*****************
*キーストアに保存された情報の整合性は*
*検証されていません。整合性を検証するには*
*キーストアのパスワードを入力する必要があります。*
*****************警告 警告 警告*****************

キーストアのタイプ: JKS
キーストア・プロバイダ: SUN

キーストアには1エントリが含まれます

androiddebugkey,2012/03/18, PrivateKeyEntry,
証明書のフィンガプリント(SHA1): B6:61:46:CB:7E:8D:A1:0E:A0:21:75:FA:61:E5:FF:FA:20:5D:D0:89

ヘルプにもmd5に関する記載がない...

C:\>C:\"Program Files"\Java\jdk1.7.0_03\bin\keytool -help 
キーおよび証明書管理ツール

コマンド:

 -certreq            証明書リクエストを生成します
 -changealias        エントリの別名を変更します
 -delete             エントリを削除します
 -exportcert         証明書をエクスポートします
 -genkeypair         鍵ペアを生成します
 -genseckey          秘密鍵を生成します
 -gencert            証明書リクエストから証明書を生成します
 -importcert         証明書または証明書チェーンをインポートします
 -importkeystore     別のキーストアから1つまたはすべてのエントリをインポートしま
す
 -keypasswd          エントリの鍵パスワードを変更します
 -list               キーストア内のエントリをリストします
 -printcert          証明書の内容を出力します
 -printcertreq       証明書リクエストの内容を出力します
 -printcrl           CRLファイルの内容を出力します
 -storepasswd        キーストアのストア・パスワードを変更します

command_nameの使用方法については"keytool -command_name -help"を使用してください

-v をつけると、MD5も表示されます

C:\>C:\"Program Files"\Java\jdk1.7.0_03\bin\keytool -list -v -keystore "C:\Users\endo\.android\debug.keystore"
キーストアのパスワードを入力してください:

*****************警告 警告 警告*****************
*キーストアに保存された情報の整合性は*
*検証されていません。整合性を検証するには*
*キーストアのパスワードを入力する必要があります。*
*****************警告 警告 警告*****************

キーストアのタイプ: JKS
キーストア・プロバイダ: SUN

キーストアには1エントリが含まれます

別名: androiddebugkey
作成日: 2012/03/18
エントリ・タイプ: PrivateKeyEntry
証明書チェーンの長さ: 1
証明書[1]:
所有者: CN=Android Debug, O=Android, C=US
発行者: CN=Android Debug, O=Android, C=US
シリアル番号: 74bcb7af
有効期間の開始日: Sun Mar 18 20:53:09 JST 2012終了日: Tue Mar 11 20:53:09 JST 20
42
証明書のフィンガプリント:
         MD5:  3B:6F:BB:1C:F5:DE:4D:78:A6:3A:CF:77:70:18:6E:E1
         SHA1: B6:61:46:CB:7E:8D:A1:0E:A0:21:75:FA:61:E5:FF:FA:20:5D:D0:89
         SHA256: 0B:84:FD:FF:F1:C4:1F:89:6D:64:A0:97:89:69:F9:0A:BD:BA:38:AD:56:
2C:EF:67:DA:B6:96:33:BF:F4:3B:8C
         署名アルゴリズム名: SHA256withRSA
         バージョン: 3

「-v」オプションって、verbose だったのかな?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/20120414/1334365933
リンク元