Hatena::ブログ(Diary)

end0tknrのkipple - web写経開発 RSSフィード

2013-12-06

perlのStatistics::Basicでピアソンの相関係数を算出

ピアソンの相関係数( Pearson correlation coefficient )とは

¥frac{ ¥sum_{i=1}^n(x_i- ¥overline{x})(y_i-¥overline{y}) } { ¥sqrt{¥sum_{i=1}^n(x_i-¥overline{x})^2} ¥sqrt{¥sum_{i=1}^n(y_i-¥overline{y})^2}}

※はてなtex記法(mimeTeX)で数式を記載しています

数式を表示する(tex記法) - はてなダイアリーのヘルプ

no title

perlなら、Statistics::Basic::Correlation で相関係数を算出

http://search.cpan.org/dist/Statistics-Basic/

 use Statistics::Basic qw(:all);

↑こちらのdocumentに記載されている通りです。

Statistics::Basic には、他にも関数があるので、主要なものを記載しておきます。

中央値my $median = median( 1,2,3 );
平均 my $mean = mean( [1,2,3]);
分散 my $variance = variance( 1,2,3 );
標準偏差my $stddev = stddev( 1,2,3 );
分散my $covariance = covariance( [1 .. 3], [1 .. 3] );
相関 my $correlation = correlation( [1 .. 3], [1 .. 3] );

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/end0tknr/20131206/1386283015
リンク元