Hatena::ブログ(Diary)

enkuuの日記

2011-02-22 粘菌日誌

(Z)培養

(ZS)酒培養

 10%よりも濃い焼酎入りでも変形体が成長することがわかったので、細かな区別は抜きにして、10%オートミール+10%焼酎寒天培地粘菌培養して、この変形体の性質を調べることにしました。

 ZS110220(Z110116a, SR110217a); ZS110220では4%オートミールで50%焼酎、10%焼酎、2%焼酎寒天培地で実験しましたが、ここで成長した変形体を合体して、10%オートミール+10%焼酎寒天培地に統一します。

f:id:enkuu:20110222204558j:image 写真の縦が約5cmです。

 変形体は10%焼酎寒天の表面に、きれいな黄色で濃密に広がり、下部の無栄養寒天培地に枝を伸ばし始めています。これからしばらくの間、これまでのオートミール培養玄米培養と同じやりかたで培養を続けます。

 ということで、培養が「オートミール培養」、「玄米培養」、「光(明所)培養」に加えて「酒培養」となりました。嬉しい悲鳴です。

ちなみに「光培養; ZP110216」は6日になりますが、下の写真のように元気に成長しています。菌核材料も2回提供してくれています。

f:id:enkuu:20110222213553j:image

(SR)好き嫌い:比較実験;

 SR110222a(Z110123b); 玄米培養からオートミール培養に変えて30日の変形体です。結果は、

  オートミールに対して、 成功=3、 失敗=6、 採択確率=9%(2−25%)、

  玄米に対して、     成功=6、 失敗=3、 採択確率=75%(50−91%)。

 最初の成長は極めて等方的でした。結果は有意ではありませんが、これまでの傾向に反して「玄米好み」と出ました。「迷い」があったのでないでしょうか?

SR110222b(Z110129); 無栄養寒天培地で24日です。これまでに出発試料として使ってきたので残りが僅少となってきました。栄養を与えて増やすわけにいきませんので減るばかりなのがつらいところです。試料をけちったので、10体中の5体しか成長しませんでした。結果は、

  オートミールに対して、 成功=0、 失敗=5、 採択確率=0%(0−3%)、

  玄米に対して、     成功=5、 失敗=0、 採択確率=97%(81−100%)。

 数が少ないですが、飢餓状態の変形体を玄米をより好む性質が出ています。

SR110222c(Z101222b); 玄米培養69日の変形体です。結果は、

  オートミールに対して、 成功=7、 失敗=3、 採択確率=83%(62−95%)、

  玄米に対して、     成功=7、 失敗=3、 採択確率=83%(62−95%)。

 これも最初の成長が等方的でかなり迷った形跡があります。しかも結果も双方に伸長した個体が4体もあります。玄米培養なのにオートミールを選んだ個体がかなりあったのは意外ですが、「迷い」のせいでしょう。

SR110222d(Z110123a); オートミール培養から玄米培養に変えて30日の変形体です。結果は、

  オートミールに対して、 成功=1、 失敗=8、 採択確率=0%(0−2%)、

  玄米に対して、     成功=8、 失敗=1、 採択確率=98%(91−100%)。

 30日も経っていますので、「玄米好き」に変わっています。

以上の結果を加えて、明日に実験(SR)のまとめを書くつもりです。