Hatena::ブログ(Diary)

epicsweetの日記


工画堂スタジオ『白衣性愛情依存症』

主にゲームの感想を書いていきます。ごくまれに更新します。『白衣性愛情依存症』絶賛応援中です。

2014-01-02

1人殺すのも2人殺すのも同じことだと思うから 12月編

(※ネタバレをいろいろ含みます。)

2014年1月1日にサークル虹猫により公開の異能力×病み・猟奇ノベル(R15)(フリーゲーム)。

シリーズ完結編。陰暦3姉妹の過去エピソードを中心に、数々の謎が明らかになります。

終始ぶれることのないみすずはある種ダークヒーロー的で、当主としての貫録も実力も十分といえそうです。
待ちに待ったタイトルコールは1年前の12月31日に用意されていました。みすずが殺害を繰り返すようになるきっかけには、なかなか年相応な一面もあったようです。もっとも遊び感覚で実行する感性については、家系の存続を重視するあまり子供への対応に差が出すぎたみすず母の感性とも合わせて、やや病的であったと言わざるをえません。病的といえば、思い返せば大半の登場人物は1度は病んでいましたね。

ラスト付近に残された謎もありました。後に回答が示されるかは不明ですが……。
・みすずのいすずの行方
みすずのいすずはそのまま存続していそうですね。いすずが消えてしまうとみふゆの能力も使用できなくなるはずですので大幅な能力ダウンにつながるため、みすずが自ら消そうとすることはないでしょうし、いすずが自ら発動するような事態も確認されていませんので、そのまま健在でしょう。
・手紙は誰から誰宛てか
ありていに推測すれば、"更生して"大阪研究所の施設長となったみすずから、はるまとみふゆに宛てた手紙でしょう。はるまとみふゆの霊圧が消えていればみすずは気付いていそうなものですが、距離的な理由で気付いていないという可能性はあります。
・14年後の陰暦さん
4コマにありそうなフレーズですが、それは置いておいて。普通に考えて、はるの後追いで誕生したみすずの子でしょう。もうひとりの親はまつなと考えるのが妥当でしょうか。もしくは研究所で調達した未登場の人物でしょう。この場合、会話の様子からしてはるを養育したのは鷺沼家の残党なのではということにもなってきますけど。あとこっちみんなw

ここまで読んできましたが、ジャンル名の通り異能力×病み・猟奇要素がR15の範囲で各話に配され、伏線が多数用意されながらも先の読めない展開で最後まで楽しく読むことができました。個人的には、何がどうなるかわからないという物語は面白いと思えます。その点みすずはとても良いキャラをしていたわけですが、何をもって予想できるかできないかというのは難しいところです。しいて言えば、あらすじやコンセプトの部分から感じ取れるもの、ということになりますが、そこには被害の程度や対処方法の予想できない脅威の存在がメインに据えられているような気がします。

syokisyoki 2014/01/05 12:30 これは残された謎に対する個人的妄想です。
長文ですし、妄想満載なので読まなくてもいいです。

みすずのいすずの行方について。
・妄想その1。
三冬の能力が8月以降も使えている以上、いすずは残っている。ただ8月以降いすずと会話していないことからすると、関係が険悪、もしくは弥鈴が何かしらの理由でいすずを拒否しているのかもしれません。逆にいすずが拒否するとスペアの能力で、弥鈴のコピーした春待達の能力さえリセットされるかもしれません。
・妄想その2。
8月以降弥鈴が会話してない以上、いすずは消えている。例えば6月編で陽と神無から弥鈴を救うためスペアの能力を使い消えたとか。そもそも弥鈴がコピーできる能力は受信型限定ではなく、送信型も最初から出来て、いすずなんて存在は最初から必要じゃなかったとしたら。実際模倣能力は200年前のものですから弥鈴の場合、条件が違っているかもしれません。
・妄想その3。
6月編にいすずが何かしらの理由で弥鈴を拒否して、スペアの能力を使い弥鈴の能力をリセットし消えた。けれど弥鈴はその場にいた陽と神無の能力をコピーして元通りになった。でも弥鈴はいすずから拒否されたことで、8月以降1度もいすずの名前を出すことがなかったとか。

手紙は誰から誰宛てかについて。
・妄想その1。
弥鈴が春待達の死に気が付かずに出している。けれど弥鈴には春待の状態も三冬が何をするかも分かっていたはずで、これだとおかしい気がする。
・妄想その2。
春待達の死に耐え切れなかった弥鈴が、春待達が生きていると妄想して出した手紙とか。それならば更生すると言った弥鈴が、大阪研究所で再び実験を行なったのも春待達の死で狂った(元から?)という理由で説明できます。
・妄想その3。
更生すると言った弥鈴に失望した松奈が、弥鈴を殺し、弥鈴を演じるため出した手紙とか。

14年後の陰暦さんについて。
・妄想その1。
素直に弥鈴の子。
・妄想その2。
さっきの妄想その3と同じで、弥鈴に失望した松奈が弥鈴の生まれ変わりを期待して、生み出した子とか。

以上長文になりました、すみません。

epicsweetepicsweet 2014/01/07 00:32 コメントありがとうございます。
あれこれ予想できて、推理もののようなところがありますよね。

・みすずのいすずの行方
いすずに複数の能力があるという話は出ていませんので、みすずはみすず個人としてみふゆの能力を使えるとみていいのかもしれませんね。初期はいすずを媒介していたとしても、あくまでみすずの意思として能力を使っていたわけですので。
みすずのいすずが6月に消滅した説は、後にいすずが登場しないことと、いすずの名前が6月を意味することから信憑性は高いです。この場合、かんなのブラックロックを解除するためにいすずを発動したという推測ができそうです。仮にみすずがこれまでに模倣した能力がリセットされたとしても、記憶が失われることはありませんので、みすずであれば自己修復が短期間で可能な気がします。もしいすずすら復元していたとしたら、多少は拒否されることもあるかもしれません。

・手紙は誰から誰宛てか
確かにみすずが気付かないわけがないんですよね。はるまとみふゆの不在について、まつながみすずの短期記憶を操作しているというパターンもありえそうです。

・14年後の陰暦さん
まつなのみの意思で生まれた子、としてしまうとみすずがメインヒロインでなくなってしまいますので、みすずの意思もあった上での子であってほしいとは思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/epicsweet/20140102/1388663866
Cabbit 第三弾!「箱庭ロジック」応援中!      

SkyFish poco最新作『星空TeaPartyえくすとら〜「恋愛」はじまりました〜』を応援しています!!      

【はるるみなもに!】情報ページ公開中!      

          工画堂スタジオ『白衣性愛情依存症』

                            Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中!

                              Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!>

                           ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中!

働くオタクの恋愛事情 応援中!

こいのす☆イチャコライズ 応援中!!

Connection: close