なぜかドライバーニュース

2017-11-24 大阪出張、そして京都へ。

21、22日は、大阪に出張でした。

しかも祝日の前日。

これは遊んで帰るしかない!!と、ウキウキしながら準備を続けていました。

そしていよいよ当日!


今回の出張のミッションは、大阪の子会社での改善事例発表会に招待されてモデル発表を行うことでした。

グループの若手男子社員二人と共に臨み、他の同行者は課長だの部長だのお偉いさん。

発表は好評に終わり、出向先の会社様の歓待もあり、美味しく楽しい夜になりました。



翌22日は、まず出向先の会社で工場見学。

工場見学って、ホント楽しい。モノづくりの現場は素晴らしい…!


昼過ぎには解散となったので、私は京都に移動。

宿泊するホテルで着替えて荷物を預け、さあ!京都の町へ!!

向かったのは二条城

f:id:esasaki:20171124182145j:image:w360

実は二条城は初めて。豪奢な造りに圧倒されました。

17:00、二条城の閉門の時間と同時に始まったのが、目当てにしていた「アートアクアリウム城」。

二条城内の一般非公開エリアで開催される、8000匹もの金魚の展示です。

開場とともに入り口に向かうと、平日にも関わらず、長蛇の列!

でも案ずることはない。私は日時指定の優先入場券購入済みだもんね〜。

入場を待つ人々を横目にさっさと入場。

f:id:esasaki:20171124182149j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182153j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182201j:image:w360

中では、荘厳な建物を背景に大小さまざまの水槽での金魚が、光を浴びて輝いていました。

大掛かりな水槽での金魚ももちろん美しいけど、目を奪われたのは小さな水槽での金魚たち。

こんなにも多様な種類がいるのかとびっくりしました。

人間の手により作り出された金魚たち。

生き物としてはいびつだけど、それも人間と金魚の歩んできた歴史。命の輝きには違いない。

一匹一匹に見入りました。


特設ステージでは、荒城蘭太郎さんによる「金魚の舞」が上演されていました。

これがもう、女性としか思えない美しさ、可愛らしさ。うっとりしました。

f:id:esasaki:20171124182327j:image:w360

会場内では日本酒や京風おでん販売もあり、一杯やりながら、これらを見ることが出来ます。

途中降り出した雨にも負けず、堪能し尽くし京都の夜は更けていきました。

比叡山 18:15

23日朝、7:30にホテルをチェックアウト。

チェックアウト後も荷物を預かってくれるという親切なホテルで助かりました。


それから地下鉄ケーブルカー&ロープウェイを使って向かったのは、比叡山山頂!

ちょっと紅葉の時期には遅かったけど、東塔、西塔、横川の全てをバスを使って周り、歴史ある建物群を堪能しました。

国宝の根本中堂が改修工事中で全容が見れなかったのが残念だったけど、次回の楽しみにします。

f:id:esasaki:20171124182331j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182337j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182341j:image:w360

この日の比叡山山頂は晴れたり曇ったりの繰り返しで、時折ザッと雨も降りました。

でもそのおかげで、琵琶湖にかかる虹が見えたりして、大感激!!

f:id:esasaki:20171124182344j:image:w360

天気の神様、ありがとう!

山頂からの下りは、日本一長いという坂本ケーブルを利用し、日吉大社へ。

山頂より標高が低いせいか、日吉大社紅葉は真っ盛り!

コレよ、コレが見たかったのよ!

f:id:esasaki:20171124182528j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182531j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182536j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182540j:image:w360

比叡山エリアに別れを告げ、夕方京都駅周辺に舞い戻りました。

そこからは紅葉ライトアップのハシゴです。


まずは梅小路公園

f:id:esasaki:20171124182543j:image:w360

朱雀の庭で紅葉ライトアップをしているので、観に行きました。

キレイだけど、なんかちょっと照明強過ぎ。



さらに梅小路公園から歩いて東寺へ。

東寺でもライトアップをやっているので行ってみたのですが、こちらは18:30の開場前からとんでもない長蛇の列!!

一体入場までにどれだけかかるのか心配になりましたが、開場してからは列はスムーズに進み、30分弱で入場することができました。

そうして入場した人間たちの目の前に現れた、紅葉を纏って輝く東寺五重塔の美しさと言ったら…!!

f:id:esasaki:20171124182709j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182727j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182730j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182719j:image:w360

f:id:esasaki:20171124182713j:image:w360

ライティングも上品で、池に映り込む塔や紅葉がいちいちキレイで、写真を撮っても撮っても終われない気がして困りました。

しかもこのライトアップの期間は、金堂と講堂の夜間特別拝観もセットになっています。

講堂のイケメン、帝釈天さまに久々にお会いすることが出来て、心が沸き立ちました。


こうして京都紅葉を目一杯満喫して、21:00過ぎの新幹線で帰ってきました。

翌日24日は平日だけど、会社の計画有休日でお休みだったので、ゆっくり帰ることが出来ました。

本当にラッキーな出張となりました♪

ありがとう、京都

ちなみに同行の若い男の子二人は、大阪USJを堪能しております。

みんな、よかったね♪

さちさち 2017/11/26 11:29 出張、お疲れ様でした!
紅葉の一番きれいな時で、時期的には最高でしたね。
アートアクアリウムは、私も一度は見てみたい!と、ずっと思っているの。
本当に綺麗だね〜〜☆彡(*^_^*)
特設ステージで舞まで見られるなんて、ますます興味が湧きました!
ゆっくり観光出来て、良かったね♪

2017-11-22

宮古へ。 02:43

初めてボランティアに参加した、かわいキャンプ

その時、宮古被災されたNさんご夫婦と知り合いました。

ご夫婦は、津波によって何もなくなってしまった土地に花を植えようと、二人きりで頑張っていました。

お二人を手伝うべく、かわいキャンプの面々が関わり始めました。

お二人はやがて仮設住宅を出て、中古の家に移り住みました。

荒れていた家の片付けを手伝ったのも、かわいキャンプの仲間たち。

お二人は自宅にボランティアを泊めて下さるようになりました。

かわいキャンプが閉所した後も、その交流は続いていました。

しかし…。


先月、ご主人が亡くなってしまいました。


奥さんに会うために、そしてご主人にお別れを言うために、18日、宮古に行ってきました。


奥さんは、お元気そうでした。

ご主人はあっという間に亡くなってしまったとかで、まだ実感がないと言っていました。

そうだろうな…。


夜は一緒に訪問した仲間たちと、夕食を作って食べて、たくさんおしゃべりしました。


朝、海辺を散歩しました。

奥さんが大事にしている海が、キラキラしていてすごくキレイでした。

f:id:esasaki:20171123024610j:image:w360

f:id:esasaki:20171123024614j:image:w360

f:id:esasaki:20171123024619j:image:w360

時には恐ろしくなるけど、こんなにも穏やかで豊かな海。

もうあんまり、荒れないでね。


19日、宮古からの帰りは、山田線を利用してみました。

2015年の土砂崩れからずっと一部区間運休が続いてた山田線

今月5日に盛岡宮古の運行が再開したとのこと、これは乗らねば!!

f:id:esasaki:20171123024623j:image:w360

さすがに紅葉の時期には遅かったけど、テーブル付き2人掛け対面シートに座り、車窓の景色を楽しみながら2時間かけて盛岡へ。

途中では、お世話にななったかわいキャンプも見えて、一人で写真撮りまくってました(笑)いや〜、このアングルでかわいを見るのは初めて!

f:id:esasaki:20171123024627j:image:w360

f:id:esasaki:20171123024631j:image:w360

f:id:esasaki:20171123024636j:image:w360

途中雪が降り始めたけど、標高の高いところでは、積雪もありました。

車ならビクビクだけど、電車なら雪ものんびり眺められます。

2時間かけて岩手県内を移動し、盛岡から埼玉までは新幹線で1時間48分で戻ってきました。

いい再会だった。

また、会いに行こう。

2017-10-22 栄光よ、再び

20日、浦和で「QCサークル関東支部埼玉地区 改善事例選抜大会」が行われました。

自職場で行った改善の、内容と成果をパワーポイントと発表者による説明で発表する大会の、埼玉大会です。


私の所属するサークルは、6月に行われた全社大会で最優秀賞を獲得し、この埼玉大会の出場権を得ました。

それから数か月、若いリーダーが中心となって準備を重ねてきました。

私の役割は、21歳の男の子とペアを組んでの発表者役。

15分という枠の中で膨大な情報を伝えるため、ここ二週間はほとんど毎日練習してきました。

さて、その成果は?!


・・・実は、私がこの埼玉大会に出るのは、三度目です。

その時は別のサークルに所属していて、2009年と2010年に出場しました。

2009年には上位4サークルに贈られる金賞を会社史上初めて受賞し、2010年には最優秀賞の県知事賞を獲得しました。

そのことはなんとわが社のことを書いたWikipediaにも載っています(笑)

その時も私は発表者を務めていました。

あの栄光を再び!

二つのサークルを股にかけて県知事賞を獲る!

ひそかな野望を胸に、大舞台に挑みました。


でもまあ、物事はそれほどうまくいきません。

県知事賞は他のサークルに見事奪われました。

でも仕方ない。そのサークルの出来は、ウチなんて太刀打ちできないほど素晴らしいものでした。

とりあえず金賞だけは獲得できたので、ほっとしました。

f:id:esasaki:20171022151110j:image:w360

大会終了後はお約束の、慰労会。

偉い人たちに美味しいお酒を飲ませていただきました。


今回一番頑張ったのは、通常業務の傍らパワーポイント等の準備を進めていたリーダーとサブリーダー。

本当にお疲れさまでした。

そして、ありがとう!!

2017-10-18 ラルフ君受難

事の起こりは10月2日。

我が家の愛車、ラルフ君が故障してしまいました。


現在ラルフ君は、夫がほぼ毎日通勤で使っています。

この日もいつものように夫はラルフ君に乗って帰宅し、車庫にラルフ君を入れようとしたのですが・・・。

なぜかバックできない。ギアをバックにしてアクセルを踏んでも、空ぶかしするだけ。

しかもニュートラルに入れても、前進してしまう。

どうにもならない!

とにかく邪魔にならない場所にラルフ君を停めました。

幸いだったのは、家に着いてから症状が出たこと。

途中コンビニやなんかでバックできなくなっていたらと思うと、ぞっとします。

f:id:esasaki:20171018220726j:image:w360

f:id:esasaki:20171018220730j:image:w360


翌日、ロードサービスを呼んでレッカーでラルフ君をディーラーに搬送しました。

ラルフ君は購入して間もなく8年。走行距離は12万キロ超。

まだまだ頑張ってもらいたい・・・!


そして昨日、二週間の入院の末、ラルフ君は無事帰ってきました。

f:id:esasaki:20171018220737j:image:w360

ミッションの故障とのこと、ミッション入れ替えでラルフ君は生き返りました。

ただし修理の費用は245000円・・・。

痛、イタタタ・・・。


でも今回の修理は2年or3万キロの保証がついているそうです。

新車並みになっているとのこと、それを思えばまあいいか・・・。

命を預けている車のこと、万全にしておくに越したことはないもんね。

2017-10-15 ろくバス&植樹祭

14日、ボランティア仲間のTさんのお誘いに乗っかり、ろくバスツアーで南相馬市鎮魂復興市民植樹祭に行きました。

いつもは車で行く南相馬だけど、ろくバスはいわき発なので、いわきまでは常磐線特急で行きました。

初めて乗る常磐線特急「ひたち」、快適♪


ろくバスとは?

今回初めて企画されたというツアーバスです。

いわきから南相馬までの国道6号を走り、現在の浜通りの現状を解説していただけるというもの。

私は縁あって2013年に同ルートを辿ったことがありますが、それ以来です。


バスはいわきを出発し、国道6号を北上します。

広野町楢葉町富岡町、人が戻りつつある町には新しい店や施設が増え、4年前とは明らかに違いましたが…。


大熊町に入ると、そこはまだ時間が止まったままでした。

旺盛な草木だけが生き生きと、家や店を飲み込もうとしていました。

やるせなかった…。


ガイドさんは震災当時と現在の様子を交えながら、車窓の風景を解説してくれました。用意された資料も充実していて、「浜通りの今を見て欲しい」という気持ちが伝わって来ました。



バスは昼に南相馬市原町に到着。

f:id:esasaki:20171015170036j:image:w360

バスツアー参加者はそのまま、この日に行われる「南相馬市鎮魂復興市民植樹祭」に参加します。

海沿いの地域に「鎮守の森」を築こうというプロジェクト、この日は3万本の苗木を植えるとのこと、気合いを入れて参加しました。

f:id:esasaki:20171015170040j:image:w360

会場には「なすび」さんもいましたよ。

しかしこの日の南相馬はザーザー降りの雨。

あれ〜?天気予報では曇りだったよね?それ信じてヤッケ程度しか持って来てないけど?

そんなおバカさんを嘲笑うように雨は降り続き、瞬く間に全身びしょ濡れ。

それでも植樹は続く・・・。

f:id:esasaki:20171015170044j:image:w360

植樹は苗木を植えるだけではありません。

苗木の保護のため、周りに大量の藁を敷き詰め、さらにその藁が飛ばないように縄を張り巡らせなくてはなりません。

びしょ濡れ、泥だらけ、そして藁まみれになって植樹終了!!

f:id:esasaki:20171015170047j:image:w360

元気に育てよ〜!!


植樹祭後はろくバスで、常磐道使っていわきまで戻ってもらいました。


ろくバス、初回お試便のせいか、今回はなんと無料でした。

でもきちんとお金取っていいと思います。

福島で起きていることは、日本に住む私たちみんなのこと。知るべきこと。

今後もこの試みが続き、一人でも多くの人が6号を通ってくれればと思います。


そんなことを考えながら、ずぶ濡れの衣服を南相馬いわき駅前でほぼ買い替え、快適な気分で「居酒屋常磐線」を満喫しながら帰ってきました。

f:id:esasaki:20171015170050j:image:w360

濡れていない服と、今回お誘いしてくれたTさんに感謝です♪