なぜかドライバーニュース

2011-07-22 やっぱり愛されていた

esasaki2011-07-22

今日、被災地でハルを保護した動物愛護団体、「地域猫応援団」から電話がありました。


ハルの飼い主さんから、

連絡があったんです!!

(正確には、飼い主さんの近くに住むお父さんから。ハルを一番可愛がってたとか)

飼い主さんは現在他県に避難し新たな生活に入っているとのこと、状況からハルを飼い続けることはできないとのこと、気が引けて連絡が出来ず、福島県内に避難しているお父さんに相談してきた・・・、等を説明されました。

死んだものと思っていたハルが無事に保護されていたことを、本当に感謝してくれていたとか・・・。


よかった。

飼い主さん一家は、全員無事だった。

そして、ハルは見捨てられたのではなかった。

ハルの心と体には、愛されて育った証拠があった。

それが本物だと信じたかった。人間として。


ハルの元の名前はキャンティでした(笑)


そ、そしてなんと、ハルの年齢は 10歳でした・・・!!



最初に連れて行った古い獣医で「9歳くらい」と言われて懐疑的になり、次に連れて行った最新式の設備のある獣医では「9歳であのパワーは有り得ない。5,6歳では?」と言われてそんなもんだろうと安心していましたが・・・。

ここではアナログ獣医に軍配が上がったようです。

それにしても、あんなに元気な10歳の大型犬がいるか・・・?!


んなことより、

これで正式に ハルは我が家の子になりました♪


譲渡の手続きは地域猫応援団さんがしてくれます。



ハル、これからもよろしくね♪

・・・キャンティじゃなくても、いいよね・・・?

空海空海 2011/07/22 23:55 祝!正式譲渡!!
なんか泣けた、けどキャンディではなくキャンティで笑えた。
被災された飼い主さんはまだまだこれからも大変だと思うけれど、ハル君も飼い主さんもこれで一安心だね。

esasakiesasaki 2011/07/23 21:24 空海さん、ありがとうございます!!
そう、なぜかキャンティ・・・男の子なのに(笑)
飼い主さんとお父さんは、お互い家を新築したばかりだったとか。
せっかくの新しい家にも住めず、残るのは住宅ローンだけ・・・。話を聞いて、本当に泣けました。
心の重荷のひとつを下ろす手伝いが出来たのなら、よかったと思います♪

さちさち 2011/07/28 23:47 飼い主さんが無事なのがわかって、良かったねーーっ!!
死んでいたと思っていたキャンティが、ハルくんとして大事にかわいがられていることを知って、どんなにうれしかったことでしょうっ!!
落ち着いたら、一度会わせてあげたいね。
ハルくんはきっと、置いてけぼりをくらったと思っているでしょうから、そうではなくて、今も遠くから愛されているのだということを教えてあげたいもんね(*^_^*)
ハルくんは10歳でしたか〜!
経験豊富な獣医師さんに軍配が上がりましたね♪

飼い主さんは新築だったのに住めなくなっちゃったのね・・(>_<)
これから思い出をたくさん作るはずだったのに、さぞお辛いでしょうね(泣)

esasakiesasaki 2011/08/02 07:27 さっちゃん、
昨夜(1日)飼い主さんから直接電話があって、ハルに会いに来てくれるって!
地域猫応援団さんが「犬のためにも、きちんとお別れをしたほうがいい」と説得してくれたらしい。
説得されたってのもあるだろうけど、わざわざ来てくれるってのは、本当に可愛がってたんだろうな〜と・・・。
今こそハルがそばにいてあげられたら、どんなにか心の支えになるだろうに・・。
飼い主さんからのはっきりした情報では、ハルは9歳で最初の獣医さんの言った年齢とドンピシャ!すごい!
さらに「キャンティ」ではなく「チャンティ」でした。

せっかくの新しい家、壊れたわけでもないのに住めない・・・。そんな人が、福島にはたくさんいるんだよね。
どうしてこんなことに。
過ちを繰り返してはならないと、強く思いました。

Connection: close