Hatena::ブログ(Diary)

クライン孝子の日記

2014-10-01

■第4と第5の権力について

安倍晋三首相夫人昭恵夫人、“友人にしたい”など海外で好評 
安倍首相のイメージアップにも貢献
http://www.youtube.com/watch?v=5S3-ahy5fo4

慰安婦碑設置反対で8000人署名、日本人団体が提出 
米フラトン、韓国側も対抗
http://www.sankei.com/world/news/141002/wor1410020002-n1.html


仲良しの松岡道世さんより貴重なメールが久しぶりに届きました
のでご紹介いたします。
<<「第4と第5の権力について」

孝子さま

長い間、ご無沙汰しておりました。
歯ごたえある、生きの良い記事配信有難うございます。
はっきりと、躊躇なく、書かれて、度胸のある、文章に加え
書き手の責任をきちんと押し出した文面に、誠意を感じます。

ある記事で、立法司法行政が第一権力、第二の権力、第3の権力、
マスコミが第4の権力、第5がネットの力であると書いてありました。
第4のマスコミが第5の力に、押されているのを最近、感じています。
お上の権力に対して、カウンター側に立つべきマスコミ凋落が目立つ感じです。
マスゴミと揶揄されている様に、重要な真実の記事は少ないです。

今まで、独占企業的の上、免許制で、何を書こうと、抗するものがいなく、反対意見や耳触りの
悪い事はは隠ぺいし、排除し、ご都合主義記事や、提灯記事、文化人と称するお花畑か、
ある種の楽園にいるかの如き、人達を擁して、書かせたり、発言させたりしてきました。
功罪論から、見ると、功は少なく、弊害の効果が大だった気がします。
本当に国民に必要な事、知らせるべき事は、スルーされてきました。その為に、世界で
起っている事や、日本人に為になる事、誇りに思う事、世界が日本、日本人を称賛している事、
日本の凄い技術、世界がどう考えているかなど、無視されてきました。
一部に於いて日本人の尊厳を疎かにする事、自信を失わせる事に主眼が置かれて来た
印象があり残念な思いでした。

私は、TVも新聞もここ、数年、ほんの数える位しか、見ないし、読みません。
たまにTVを視ますと、どこか外国のTVを視ている気がします。
ネットで、信頼出来ると感じた自分の感性に近いブログを購読しています。
おかげで、新聞、TV、学校教育で、影響を受けた戦後の日本、日本人に対する
プロガンダ的刷り込みから、冷静にニュートラルな視点で、評価する様になりました。
孝子さまのブログからも、多大な影響を受けました。
個人が、正直に一生懸命に、調べて、責任をもってブログ等に公開する記事には、
真摯なものがあります。
ネットで、歴史を勉強した感じです。ネット記事がなければ、反日的、自虐史観
刷り込まれて、それを正しいと信じて、等身大の日本を知ることはなかったと思います。

慰安婦問題を見ても、ネットの力が強力な力を発揮し、何もしない政府よりも、
一人一人のネットユーザのバックでホワイトハウスや慰安婦像の地元紙、市長
記者、議員にも、働きかけができました。
ネットの拡散を通じて、日本の元軍人、英霊たちの名誉回復にまがりなりにも、
貢献できたと、多くのユーザと共に安堵しました。
これは、女性、若い人達のいてもいられね気持ちと
祖国愛が発露されて、一致団結となって出来た事でした。
従来のマスコミでは、実現不可能で、相手にしてもらえないものでした。
ネットは、自前の放送局、新聞社を持つ感覚に近い物があります。

「ペンは剣よりも強し」で、マスコミは力をけん制する力と役目だと、爾来、
考えられて来ましたが、昨今は、当てはまらなくなりました。
自らの独占的地位に胡坐をかいて、魅力を失い、停滞を招いた上に、リアル
タイムのネットには、時間的ラグで敵わないと感じます。
第5の権力と呼ばれるネットが躍進し、マスコミが遅れをとる時代です。
しかし、ネットは、玉石混合で、精査する面や詐欺、出会い系サイトとか多くの
問題を抱えている、両刃の刃の面をもっています。

旧来のマスコミは、ある意味、加工された食品で、美味だが新鮮味に乏しく、一方、
ネットの声は、粗削り乍も未精製か、土の付いた新鮮な食品の味わいがある感じがします。
マスコミにも、良いところもあるし、個人として、誠実で良質な記事を書く人は、自己の
良心を賭して、取り組んでこられた方も多数おられると思います。
全てを一刀両断に切り捨てているわけではありません。
生命の危険を冒して、職責を果たそうとする言論人は多い筈です。
なぜなら、好きな仕事、天命と感じて、この仕事に打ち込んでおられる尊敬すべき人が
頑張って下さっていることを読者の一人として、敬意を感じます。
つたない文ですが、、最近のマスコミに関しての一言です。
読者の為に真実、事実を書かれて下さっている孝子さまのご苦労様に感謝
申し上げます。素晴らしい1日であります様に10.2>>



2014-09-23

■【言いたい放談】安倍外交と戦後保守

◆言いたい放談】安倍外交と戦後保守[桜H26/9/26]
http://www.youtube.com/watch?v=D7iwdG5FcwE&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
◆国内では、【草莽崛起】9.20 朝日新聞解体! 山手線一周マラソンラリー
◆触発されたかのように翌日、自然発生的に若者たちによるデモが
http://www.youtube.com/watch?v=nCU8-SMxjm8&feature=youtube_gdata
◆なお、従軍慰安婦問題では、菊池正氏より下記のようなレポートが
◆*<米国共和党議員「日本は悪行を自白せよ」「慰安婦は20万人」
◆仲良しのベッラさんによると9月28日「たかじんのそこまで言って委員会」
◆さっそくその感想がベッラさんのブログに掲載されました
◆その1)ひとことww 桜井女史の消費税引き上げ論には賛成しかねます。
安倍さんや国民まで愚弄してませんか?
消費税引き上げは、純然たるその国の内政問題です
◆かなり人をなめていますね。真面目なジャーナリストでなく、タレントのよう
◆彼女の「迷わない」という本を読んで、この女性の考え方に大きな疑問
◆番組での櫻井さん、発言の直後に踊るような恰好
◆これが青山さんだったら、または有本香さんだったら、
ポピュリズムにひたると、やがて信用を失う
◆それはそうと最後になりましたが、
◆最近の週刊新潮 9月26日号 グラビア(139ページ)によると
米国の友人(米国の大学に籍を置いていた)からさっそく、
◆現時点においても原稿は手書きということは、
=========================================================
◆言いたい放談】安倍外交と戦後保守[桜H26/9/26]
http://www.youtube.com/watch?v=D7iwdG5FcwE&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
<<2014/09/26 に公開
就任以来、目覚ましい成果を挙げている安倍総理外交戦略であるが、
安倍昭恵夫人も総¬理大臣たる夫を良く支えているようである。
良い意味で昭恵夫人の活躍と、
¬それとは対照的に変化が見られない「戦後保守」のアメリカ観について
批判しておきます¬。>>
(参照
米紙首相の秘密兵器」 昭恵夫人ワシントンで講演
http://www.asahi.com/articles/ASG9S2CLRG9SUHBI00J.html?iref=comtop_6_04
昭恵夫人、女性の自立訴え=「男性は不満無視できず」−米
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014092400088
*男性は今までの女性の不満考えて…昭恵夫人講演
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140925-OYT1T50030.html
安倍首相常任理事国入りへ意欲表明…国連演説
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140926-OYT1T50009.html?from=ytop_top
安倍首相ヒラリー氏と対談 「女性活躍で日本もっと成長」
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014092401002070.html
ヒラリー氏、安倍首相評価有言実行の人」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140925-OYT1T50064.html?from=ytop_ylist
政府テロ資産凍結新法提出へ
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2014092401001572
オバマ氏、エボラで「特に日本には感謝したい」
http://www.yomiuri.co.jp/world/20140927-OYT1T50054.html?from=ytop_ylist

そうした外務省と一体になっての安倍地球儀外交における
国連版大成功のニュースが、日本国内に次々と入ってくる中,
◆国内では、【草莽崛起】9.20 朝日新聞解体! 山手線一周マラソンラリー
http://www.youtube.com/watch?v=IZUdUumVzU0&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg

◆触発されたかのように翌日、自然発生的に若者たちによるデモが
銀座界隈で挙行されました。皆様 お疲れ様でございました!
◆*朝日追撃】9.21 朝日新聞を許さないデモ!in銀座[桜H26/9/24]
http://www.youtube.com/watch?v=nCU8-SMxjm8&feature=youtube_gdata

◆なお、従軍慰安婦問題では、菊池正氏より下記のようなレポートが
送られてきました。こうした米国の真実にはほおかむりをして、
やみくもに日本攻撃を行ってくることに関しては、日本側も
即、毅然として対応することが、重要と思います。
◆*<米国共和党議員「日本は悪行を自白せよ」「慰安婦は20万人」
「日本の謝罪と補償だけが韓日改善の近道」 : 厳選!韓国情報
http://gensen2ch.com/archives/13331185.html >>

◆さても、仲良しのベッラさんによると9月28日「たかじんのそこまで言って委員会」が
放映されたとのこと。
(ベッラのブログより)
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/637e63ddb78b10b7b0fbd97377f28370

◆さっそくその感想がベッラさんのブログに掲載されましたので、転載させて
いただきます。
視聴者からのコメント
◆その1)ひとこと (gannriki)2014-09-29 06:00:15
<<桜井女史の消費税引き上げ論には賛成しかねます。
先ず安倍首相が引き上げると思う理由を3つ挙げていますが。
一番目に安倍首相は上げる気で女性登用の内閣改造をした。
二番目、3党合意がある。
3番目、国際社会に対する約束。

別に消費税引上げの人気取りに女性登用だった?なんて、
◆桜井さん、安倍さんや国民まで愚弄してませんか?
次の3党合意、これが一番消費税引き上げを止める妨げになって
いることは確かです。
これがある為に安倍内閣は上げざるを得ない状況であることは
事実なんでしょうからね。

最後の“国際社会に対する約束”こんなもの通用しませんから。
桜井さんへ勝手なこと言ってるんじゃありませんと注意したい(わらい
消費税引き上げは、純然たるその国の内政問題です。
日本政府国際社会消費税引き上げますと発言するのは、
日本政府の勝手ですが、
そんなこと、どこの国も約束などとは思いませんからね。
勝手に政府が放言しただけで、上げたければ勝手にどうぞ、
上げなかったからといって文句言われる筋合いのもので
ありませんしね。
それを桜井氏や引き上げ派は、引き上げなくてはいけない理由に、
国際社会との約束を持ち出しますが、根拠ある論理じゃありませんよ。
消費税引き上げれば、景気が悪くなることは明らかで、
そんなことは経済学のいろはで説明つくことです。
あまりに幼稚な議論に導き過ぎです。
進行役は、もう少しまじめに議論して欲しいですね。

◆その2)さすが「眼力」の威力!! (Gannrikiさまへ)-09-29 11:59:51
<<櫻井よしこさん、かなり人をなめていますね。
◆真面目なジャーナリストでなく、タレントのような
ポピュリズムが彼女の「知性」を疑わせます。

◆彼女の「迷わない」という本を読んで、この女性の
考え方に対し、大きな疑問を持ちました。
それは音楽のことです。
ピアノ三枝成彰氏に学び、作家の林真理子氏と
3人でかなり「知性」とはほど遠い考えがわかります。
クラシックの世界では三枝氏を軽く見ているようです。
林真理子氏はそのポピュリズムを看板にエッセイを
書き、まっとうな作家活動でなく、その時その時に
合わせて、たとえばルーピー夫人との交流も
得々と書かれていますが、尊敬に値する作家ではない、
最近人気だった「柳原白蓮」の書き方も、薄汚い
ものでした。

◆番組での櫻井さん、発言の直後に踊るような恰好を
されたり、とてもまともな司会ではありません。
「タレント」としてでなく「ジャーナリスト」または
「助言者」としての立場であれば、変な色気は示さず、
きちっと対応すべきと存じます。
見ていて恥ずかしく思いました。

消費税は日本の内政問題である、その通りです。
それが言えないのか、櫻井さんに「配慮」して言って
いないのか、◆これが青山さんだったら、または有本香
さんだったら、このような次元にはならないと存じます。

浮足立っているのがよく見えます。
彼女の弱さなんでしょうね。
ポピュリズムにひたると、やがて信用を失うでしょう。
しかし、最初から世間で絶賛されているような内容は
もしかしたら?ないのかもしれません。
実像と虚像・・・左右どちらでもありますね。>>

◆それはそうと最後になりましたが、
その櫻井氏ですが、ハワイ大学歴史科を卒業後、し、
英字新聞クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局に勤務された
才媛であることは皆さんも、既にご存知のことと思います。
ところが、、
◆最近の週刊新潮 9月26日号 グラビア(139ページ)によると
「今でも、原稿は手書きである"アナログ派"の櫻井よしこさんが
『多くの人達と問題意識を共有したい』
と、立ち上げたネット放送の言論テレビ」
とありました。。
これっておかしいのでは?
だって、これでは桜井さん、英文タイプが打てないと
という意味合いになるからです。
米国の友人(米国の大学に籍を置いていた)からさっそく、
「そんな経歴の持ち主が、英文タイプが打てないなんてあり得ない。。
手書きということは、
英文タイプが打てないからこそ
ワープロインターネットを使って原稿が書けないと誤解されかねないからです。
その彼女が手書きで、
400字詰原稿用紙に向かってこつこつ原稿を書いて、
一字ずつマスを埋めて、短期間大量の原稿を書きこなす????
ありえないないのではないか?
しかも櫻井氏ともあろう方が、
◆現時点においても原稿は手書きということは、英文タイプは打てないことに
なる。
ワープロなどは英文タイプが打てれば、最初は戸惑っても
やがて慣れて打てるるはず。
それなのに、手書きで、ものを書いているって?
一体、そんなことがあるのだろうか?。いやオドロイタ>>って。
私も同感です。
〈参照:■言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い+櫻井よしこ氏の不可解な言動 http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140921/1411324219
■【言いたい放談】日本のジャーナリズム知識人の幼さ+"ジャーナリストの堕落=櫻井よしこ論"
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140917/1410938669 )

◆◆◆トピック!!
【言志】復刊第二号は書店流通へ[桜H26/9/4]
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
拙文のタイトルは
「敏腕・安倍総理長期政権維持こそ日本を"普通の国"により近付ける」

========================
◆◆◆新著ご紹介  日本人はなぜ成熟できないのか  
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1386-4.html
◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)もお手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90
============================
◆◆水島総】「言志」ついに復刊![桜H26/4/21]
http://www.youtube.com/watch?v=-e8_8svJ6w0&feature=youtube_gdata
「言志」18号 
http://ch.nicovideo.jp/ch132/blomaga/ar418736?cc_referrer=ch
欧州におけるドイツの「完全復活」に続くは日本である=
クライン孝子
◆◆「表現者」57号予告
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/?gclid=CKLAhd74uLYCFYLwzAodWm8A4A
連載 「情報戦略ー余りにも大きな日独間の隔たり」
シュタージイ崩壊の顛末」
クライン孝子
◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆









2014-09-21

■言いたい放談】朝日とテロと国連との戦い+櫻井よしこ氏の不可解な言動

◆【言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い[桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=2hf0kaLUpMc&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
◆ 安倍外交は、今回も順調のようです。
◆さても朝日新聞による従軍慰安婦捏造問題ですが、
◆【草莽崛起】9.20 朝日新聞解体! 山手線一周マラソンラリー[桜H26/9/22]
http://www.youtube.com/watch?v=IZUdUumVzU0&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
◆ このデモンストレーが起爆剤となって 〈真相は他にもあり〉
◆これを受けてジャーナリスト櫻井よしこ氏は8月15日
産経読売、朝日、毎日、日経意見広告を行っています。
◆日本メデイア界の「世渡り名人」とはまさに櫻井氏だと感服
◆そこで思い出したのが、2002年5月25日(土)「しんぶん赤旗
◆この集会には櫻井氏も参加
◆そんな背景など全く無視して、ただ野党と手を組んで櫻井氏は
◆■2002/06/21 (金) 日本のメデイアはフシ穴か?
◆利用度の高い作家や評論家(城山三郎氏や櫻井よしこ氏など)を前面に
北朝鮮と直結している朝銀問題で、「救う会」荒木さんから
◆こういう問題を大々的にと取り上げないで目をつぶっているなんて
◆どうも、個人情報保護法は当初の形とは違うようです。
◆今回の櫻井氏の動きは、当時とは異なり、的を得ていた、
◆ここまで明確に朝日を窮地に追い詰める断定的な発言をする限り、
◆二つは、朝日に広告を出さないこと。
◆さてここからは櫻井氏の意見広告に対するクレーム
◆1)「外務省にはより重い責任があります?
櫻井よしこ氏の泣き言、中国ににみごと、巧妙にはめられたhttp://d.hatena.ne.jp/eschborn/20111210/1323512846 
◆2)「徹底した反論が必要な今?、これがカムフラージュになることを櫻井氏は
◆3)日本の名誉を守る首相直轄の対策本部。既にこうした対策本部は官邸
◆【新潮流】新創刊「言志」第1号発売![桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=x4f_1ySSW5o&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
◆【ズバリ!文化批評】人は何のために死ぬべきか[
============================
◆【言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い[桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=2hf0kaLUpMc&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
<<2014/09/19 に公開
明日の『朝日新聞解体!山手線一周マラソンラリー』
を前に、改めて草莽崛起による戦後¬レジーム脱却の必要性と、
その可能性について論じていきます。>>
◆ 安倍外交は、今回も順調のようです。
これ全て、官邸及び外務省のトップクラスの的確な超一情報収集と
情報分析の結果によるものと思われます。
〈参照:
安倍首相ニューヨーク到着 
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2014092201002326
*23日に日米外相会談
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2014092201002338
*米同時テロ犠牲者悼み献花 NYで岸田外相
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014092201001287.html
政府プーチン氏の秋来日断念
http://jp.reuters.com/article/kyodoPoliticsNews/idJP2014092201002160

◆さても朝日新聞による従軍慰安婦捏造問題ですが、
さっそく9月20日「頑張れ日本」の草の根グループによる
◆【草莽崛起】9.20 朝日新聞解体! 山手線一周マラソンラリー[桜H26/9/22]
http://www.youtube.com/watch?v=IZUdUumVzU0&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
行われ、大成功だったようです。
この山手線一周マラソンラリーは今回が2回目です
初回は7月26日に行われました。
http://www.youtube.com/watch?v=Hz4ed6j60o4
◆ このデモンストレーが起爆剤となって 
8月5・6日、朝日新聞は朝刊にて慰安婦問題の特集記事
掲載し、吉田証言誤報を謝罪なしではりますが、報じました。
◆これを受けてジャーナリスト櫻井よしこ氏は8月15日
自民党議員連盟
「日本の前途と歴史教育を考えるえ議員の会」
の会合で講演し「朝日新聞は廃刊すべき。
メディアと呼べないプロパガンダ新聞」と指弾しました。
http://www.youtube.com/watch?v=MDm4g95dYCQ
そして、何と
産経読売、朝日、毎日、日経意見広告を行っています。
http://jinf.jp/wp-content/uploads/2014/09/14.09.17.pdf

その後の氏のアッピール〈働きかけ?)もそれは見事なものでした。、
月刊誌「Will」正論」「文芸春秋」はむろん。「週刊新潮」でも
喋りまくり書きまくる!
その上、テレビ出演のお声も掛かり、まさにスター的
存在で脚光を浴びています。 
◆日本メデイア界の「世渡り名人」とはまさに櫻井氏だと感服いたしました。
 そういえば例の意見広告の書き出しも、
実に大衆受けのする内容でしたね。
なにしろ
<<「慰安婦」国際中傷を跳ね返せ
日本軍朝鮮人女性二十万人を強制連行し性奴隷とした」−。
国際社会ではこのような作り話が信じられています。
根拠は、吉田清治氏の虚偽証言でした。
吉田氏を「良心的日本人」としてもてはやした朝日新聞は、
三十二年後に虚報と認めて記事を取り消しました。
この間、日本はどれだけ辱めを受けてきたでしょうか。>>
 というのですから。
◆そこでふと思い出したのが、
<<2002年5月25日(土)「しんぶん赤旗
個人情報保護法案を廃案に
志位委員長あいさつ
野党が緊急集会
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-05-25/03_0201.html
 ◆この集会には櫻井氏も参加し
二十一世紀にはいり、メディアを規制しようとする法案を
出す国はない」と訴えていました。
 当時、海外では例の2001年9月11日に発生した
アメリカ同時多発テロ事件を教訓にテロを取り締まる法律作成
を急いでいました。
日本政府もその動きに習って新しく法律を作ろうと模索していました。

◆そんな背景など全く無視して、ただ野党と手を組んで櫻井氏は
反対の声をヒステリックに挙げていました。
 そこで、私は当時の拙日記にこう書いたものです。

<< ■■■■■■■■        発行者:クライン孝子
   クライン孝子日記
   ■■■■■■■■    URL: http://www.takakoklein.de

在独30年余のジャーナリストによる日欧比較辛口政治コラム           
第36 号 発行日:2002/06/21
◆■2002/06/21 (金) 日本のメデイアはフシ穴か?
昨日の日記で、
評論家かつ拓殖大学教授=日本文化研究所所長井尻千男氏も
メデイアが目の敵にしている「個人情報保護法」成立に
賛成だということを書きました。
井尻さんとはその後、電話でお話し、二人で意気投合、!
早速「日本文化」誌でも一筆書く事になりました。

メデイア界ではわが身可愛さに、この法案を矮小化して、
◆利用度の高い作家や評論家(城山三郎氏や櫻井よしこ氏など)を
前面に押し出しうまく操作しては反対大合唱!

これでニヤリとして大喜びしているのは中国北朝鮮であることに
は1行も触れない。日本のメデイアはいつから、中国北朝鮮国の
広報担当化したのだろう。

鈴木宗男氏逮捕、田中真紀子氏への自民党の処分。二人ともどうみ
ても国の代表としては資格がないだけに当然のこと、相討ちして良
かった!
と思う中で、実はメデイアがこのスキャンダルに目を取られている
間に重大な事が見落とされ、密かにヤミ取引がなされようとしてい
ます。

北朝鮮と直結している朝銀問題で、「救う会」荒木さんから
次のような資料が届きました。
ちなみにこれについて産経新聞だけは報道したそうです。

朝鮮総連金融機関である朝銀信組への公的資金投入問題に注目
が集まっていますが、金融庁朝銀関東および近畿の受け皿となる
信組に合計7800億円という巨額の公的資金を投入しようとしている
ことが明らかになりました。
 ◆内訳は朝銀関東の受け皿となるハナ信組に贈与3700億円、買い取
り600億円の合計4300億円、朝銀近畿の受け皿となる3信組に合計
贈与2700億円、買い取り800億円で、これに関しては自民党民主党
の幹部クラスの議員からの金融庁への働きかけもあったと言われて
います。また、公的資金投入にあたって金融庁側は理事長及び常任
理事は日本人とすることを条件としており、近畿側は了解している
が関東は認めていないとのことです。
 
なお直接拉致問題では、サミットパウエル・米国務長官も米朝
議の場で拉致問題を取り上げると発言しており、難民問題などで
国際的にも北朝鮮に対する包囲網ができつつある今、当初予測され
た金額をはるかに上回る公的資金が投入されれば政治的意味から言
っても問題化することは明らかであると思われます。”

こんなことを許していいのかしら?
◆こういう問題を大々的にと取り上げないで目をつぶっているなんて
日本のメデイアって、ホントおかしい!
一体何を恐がっているのかしら? それともフシ穴?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(Fのコメント)
◆どうも、個人情報保護法は当初の形とは違うようです。この面では
日本内部の問題があったと思うが、世界的にはテロ防止のために、
やるべきでしょうね。北朝鮮系の信組への公的資金投入は事実でし
ょうね。日本のマスコミは100万人の朝鮮系の読者であるユーザ
を意識しすぎだと思います。サンケイは、その人たちがユーザにな
ると思っていないのでえしょうね。>>

 ◆今回の櫻井氏の動きは、当時とは異なり、的を得ていて、
大衆への働きかけも満点で、完璧だったと思います。
 だが待てよ!
 櫻井氏は、8月15日自民党議員連盟の会での講演で
朝日新聞は廃刊すべき」と述べています。
そこで私はいいたいのです。
◆ここまで明確に朝日を窮地に追い詰める断定的な発言をする限り、
言葉に責任を持ってほしいと・・・・。
『廃刊』にするための効果的な方法とは、
一つは読者に朝日離れをしてもらうこと。
◆二つは、朝日に広告を出さないこと。
ところがあれだけはっきりと『廃刊』すべきと言われたはずの櫻井氏!
もし私が櫻井氏だったらどうするか。、
例の意見広告ですが、発言に責任を持つために「朝日」だけは
外していたと思います。
◆さてここからは櫻井氏の意見広告に対するクレームです。
◆1)「外務省にはより重い責任があります。
日本政府は平成五年(一九九三年)八月に河野談話を発表し、
国際社会慰安婦は強制連行されたという誤解を広げてしまいました。
にもかかわらず、外務省は今日まで明確な反論を一切していません」
この情報ですが、櫻井氏はどこから得られたのでしょうか?
そういえば櫻井氏に関しては、念のために
櫻井よしこ氏の泣き言、中国ににみごと、巧妙にはめられたhttp://d.hatena.ne.jp/eschborn/20111210/1323512846 
ことがありましたよね。
◆2)「徹底した反論が必要な今、
外務省は世界各地にジャパンハウスを建てて、
戦略的対外発信の柱としてアニメや料理を宣伝するという。
優先順位はこれでよいのでしょうか」。
(筆者註:これがカムフラージュになることを櫻井氏は
どうやらご存知ないらしい。残念であります)
◆3)日本の名誉を守る首相直轄の対策本部を置き、
担当大臣と専属事務局を設け、政府を挙げて取り組むことが急務です。
〈筆者註:既にこうした対策本部は官邸設立されているはず。
むろん現時点ではドイツ連邦情報局とは比較にならないほど小規模ですが。
【言志】復刊第二号は書店流通の
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
拙文
「敏腕・安倍総理長期政権維持こそ日本を"普通の国"により近付ける」
に、私、その点について書きました!)

最後に
◆【新潮流】新創刊「言志」第1号発売![桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=x4f_1ySSW5o&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
<<日本を主語とした言論マガジン
「言志」が、
書店流通にリニューアルされて発売されました!
書店の他
amazonなどのネット通販、
チャンネル桜でも送料無料でお買い求め¬頂けます。是非ご購読下さい。>>

◆悪友奥山氏の新著について、
【ズバリ!文化批評】人は何のために死ぬべきか[桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=ZDwxoH9rEmA&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
(参照:■隠れたベストセラー
悪友奥山篤信氏の新著「人は何のために死ぬべきか」感想+書評
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140905/1409895896 )

◆◆◆トピック!!
【言志】復刊第二号は書店流通へ[桜H26/9/4]
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
拙文のタイトルは
「敏腕・安倍総理長期政権維持こそ日本を"普通の国"により近付ける」

========================
◆◆◆新著ご紹介  日本人はなぜ成熟できないのか  
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1386-4.html
◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)もお手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90
============================
◆◆水島総】「言志」ついに復刊![桜H26/4/21]
http://www.youtube.com/watch?v=-e8_8svJ6w0&feature=youtube_gdata
「言志」18号 
http://ch.nicovideo.jp/ch132/blomaga/ar418736?cc_referrer=ch
欧州におけるドイツの「完全復活」に続くは日本である=
クライン孝子
◆◆「表現者」57号予告
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/?gclid=CKLAhd74uLYCFYLwzAodWm8A4A
連載 「情報戦略ー余りにも大きな日独間の隔たり」
シュタージイ崩壊の顛末」
クライン孝子
◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■誤解を呼ぶ防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛氏の『正論』! 

■誤解を呼ぶ防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛氏の『正論』! 
編集
防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛氏に関しては私も一言・・・、
◆氏の最近の『正論』における朝日を庇い弁護?するかのごとき論調?
◆私のゴーストライター糾弾意見では、覚悟はしておりましたが、
◆朝日は確かに悪いが、まあ、そんなにコウフンして追求することもない?
◆というわけで、さっそく盟友野村かつよし氏より
◆「朝日新聞」批判に関し産經新聞『正論』欄にちょっと気になる意見
◆日本のプレスはやはり多彩でなければならない?。
◆どの新聞を読んでも論調が同じというのであってはなるまい。
◆この一節は誤解を呼ぶと思います。
◆為された報道に故意の「編集=強調と消去&貼り合せ」
◆「誤報」「虚報」は、疑念が生じた直後に検証し必用な訂正をしなければ、
◆「捏造」「プロパガンダ」に変質する。今回問題にされているのはそのこと!
◆『事実』の部分に「個性と独自色」があっては困るということです
◆虚偽もしくは不正確な報道を放置すれば、それは「捏造」に質を変える。
水間政憲南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![
◆◆◆トピック!!
【言志】復刊第二号は書店流通へ[桜H26/9/4]
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
拙文のタイトルは
「敏腕・安倍総理長期政権維持こそ日本を"普通の国"により近付ける」
=============================

防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛氏に関しては
私も一言、言わせていただきたいことがありますが、それは次の機会に
先送りするとして、、
◆氏の最近の『正論』における朝日を庇い弁護?するかのごとき論調に
私は、これぞ、論点を摩り替えて物知り顔で大衆をある方向に誘導する
典型的な戦後保守の一人ではないかと違和感を感じました。
単刀直入に言わせて貰うと、こういう権威主義で塗り固められた評論家の
ご意見こそ、国民にとってはた迷惑で始末の悪いものはないと・・・
◆つい最近、私がゴーストライターに関し糾弾する意見を拙日記にて
記述しましたところ、覚悟はしておりましたが、
さっそく、「保守を分断する困ったヤツ。
こんなことをしていると私クラインは
フアンを失って孤立してしまう、それでもいいのか」という
メールを頂戴いたしました。
〈参照:http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140917/1410938669 〉
 これとかなり似通っており、今回の佐瀬氏の『正論』ですが、
◆「朝日は確かに悪いが、まあ、そんなにコウフンして追求することもない
ではないか。」という風にも解釈できるからです。
◆というわけで、さっそく盟友野村かつよし氏より
<<横浜野村でございます。

◆今回の「朝日新聞」批判に関して、産經新聞『正論』欄に、
ちょっと気になる意見が出たので、感想を述べさせて頂きます。
防衛大学校名誉教授・佐瀬昌盛氏の言葉です。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140917/plc14091707210004-n1.htm
から、一部を抜粋します。

−−引用−−
8月5日以降、朝日は袋叩きである。身から出た錆だろう。
朝日は萎縮するかもしれない。
その結果として、同紙は産経新聞読売新聞の論調に近づくことも
ないとはいえまい。
それをどう思うか。
今まではそんなことはあり得ないと考えていた私だが、
今回の事態を契機にこの問題で自問自答している。
得られた答えはこうだ。
◆日本のプレスはやはり多彩でなければならない。
われわれは全体主義国家に住もうとは思わない。
複数主義的民主主義(プルーラリスティック・デモクラシー)にとり、
多様性は断念不能である。
ゴム印を押し続けているような全体主義的プレスは真っ平御免。
新聞にはそれぞれの個性と独自色が不可欠である。
◆どの新聞を読んでも論調が同じというのであってはなるまい。
どこを切っても図柄は同じ「金太郎アメ」は願い下げだ。
−−引用、終−−

◆この一節は誤解を呼ぶと思います。
今回、朝日を批判する陣営は、
朝日の「個性と独自色」を非難しているのではありません。
「論調」の同じを求めているのではありません。
◆今回問題になったのは、為された報道に故意の
「編集=強調と消去&貼り合せ」があったのではないか、
裏付け調査をせず虚偽情報に飛びついたのではないか、
ということです。
最初期であれは“誤報”の言い訳も可能でしょう。
私は“虚報”と思いますが。

◆「誤報」もしくは「虚報」は、
疑念が生じた直後に検証し必用な訂正をしなければ、
放置することによって「意図的」なものとなります。
ごく普通の、私たちの生活の常識です。
「うっかり」が「故意」になるのです。
つまりその『質』が、放置(「時」)という意志・意図を
与えることによって、
◆「捏造」「プロパガンダ」に変質するのです。
今回問題にされているのはそのことであって、
朝日の「個性と独自色」「論調」ではありません。
そんなことは何処も問題にしていません。
◆『事実』の部分に「個性と独自色」があっては困るということです。

朝日は検証を行った理由について8月5日付の紙面で、
「一部の論壇やネット上には、
慰安婦問題朝日新聞の捏造だ』
といういわれなき批判が起きています。」
と書いています。
◆虚偽もしくは不正確な報道を放置すれば、
それは「捏造」に質を変えるのです。
それを分からなければ、朝日は再生しないでしょう。

野村かつよし=
http://www.nomusan.com/jiji/140921.html
p.s.
今日は、李登輝先生の御講演を拝聴に、
大手町サンケイプラザへ参ります。>>
〈参照:
水間政憲南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18]
―「ベッラのブログ」よりー
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/e0d1999908e8290a348018ee847f10e0
=========================
◆◆◆トピック!!
【言志】復刊第二号は書店流通へ[桜H26/9/4]
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
拙文のタイトルは
「敏腕・安倍総理長期政権維持こそ日本を"普通の国"により近付ける」

========================
◆◆◆新著ご紹介  日本はなぜ成熟できないのか  
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1386-4.html
◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)もお手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90
============================
◆◆水島総】「言志」ついに復刊![桜H26/4/21]
http://www.youtube.com/watch?v=-e8_8svJ6w0&feature=youtube_gdata
「言志」18号 
http://ch.nicovideo.jp/ch132/blomaga/ar418736?cc_referrer=ch
欧州におけるドイツの「完全復活」に続くは日本である=
クライン孝子
◆◆「表現者」57号予告
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/?gclid=CKLAhd74uLYCFYLwzAodWm8A4A
連載 「情報戦略ー余りにも大きな日独間の隔たり」
−情報機関の作成にノロマの限りであった日本−
クライン孝子
◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2014-09-19

■言いたい放談】朝日とテロと国連との戦い

【言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い[桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=2hf0kaLUpMc&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
<<2014/09/19 に公開
明日の『朝日新聞解体!山手線一周マラソンラリー』
を前に、改めて草莽崛起による戦後­レジーム脱却の必要性と、
その可能性について論じていきます。>>


【言志】いよいよ,書店店頭に![桜H26/9/18]
http://www.youtube.com/watch?v=x4f_1ySSW5o&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg


【ズバリ!文化批評】人は何のために死ぬべきか[桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=ZDwxoH9rEmA&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
(参照:■隠れたベストセラー
悪友奥山篤信氏の新著「人は何のために死ぬべきか」感想+書評
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140905/1409895896 )

2014-09-17

■【言いたい放談】日本のジャーナリズムと知識人の幼さ+"ジャーナリストの堕落=櫻井よしこ論"

■【言いたい放談】日本のジャーナリズム知識人の幼さ
編集

◆言いたい放談】日本のジャーナリズム知識人の幼さ[桜H26/9/12]
http://www.youtube.com/watch?v=UZ85ki2hl4I&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
朝日新聞は『身から出たさび』、そのつけはトップが謝罪したくらいでは、
◆「頑張れ日本」が中心となって、「朝日解体」百万人署名運動を展開
/http://www.asahi-tadasukai.jp/
◆草の根の一人として、私も、この呼びかけに署名
◆【青山繁晴】氏「ゴーストライターについて」読者の質問に実に赤裸々に、
◆「ドイツにもそういうことがあるか」と聞いたところ、
◆ 出版社〈特に大手〉や、雑誌社、新聞社までもが物書きとぐるになって、
◆そのような『すねに傷持つ』彼らが、もっか、朝日を非難
◆そういえば、私もかれこれ10年前
◆ご本人は心当たりがあり、例え落書きといえど、その責任は取っていただく!
◆断わっておきますが、私が公けに発表する文章は正真正銘、私クラインの文章
◆すでに10年前2004年の段階で野村かつよし氏「先見の明」
◆その野村氏からですが、つい最近、以下のようなメール
◆彼女は、人を褒めない、と思います。必ずクサシテイルと思います。
司馬遼太郎氏が『台湾紀行』で李登輝先生を惚れぬいた感じで
ゴーストライターの件に関して、次のようなブログを発見
◆このまま黙って見過ごしてよろしいものでしょうか?
◆ 物書きでありながらゴーストライターを使って意見を述べるなど、
読者に対する背信かつ冒涜行為
=============================
◆言いたい放談】日本のジャーナリズム知識人の幼さ[桜H26/9/12]
http://www.youtube.com/watch?v=UZ85ki2hl4I&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
<<2014/09/12 に公開
民主党政権下で失墜した日本の存在感が、ようやく回復の兆しを
見せている。
欧州でも注¬目されている安倍外交報道と、
それと比してレベルが低すぎる日本ジャーナリズムの問題¬について
触れながら、まだまだ幼い「知識人」の意識レベルと、
目指すべき国民運動につ¬いて話し合っていきます。>>

朝日新聞は『身から出たさび』、そのつけはトップが謝罪したくらいでは、
納まらないと思います。
何しろ、『慰安婦問題=性奴隷』なる捏造を世界中に広め、日本を貶めたその
真犯人=元締めなのですから。
◆「頑張れ日本」が中心となって、「朝日解体」百万人署名運動を展開する
ことにしたのは、これ、当然の成り行きで、これこそ、国民の希求といって
いいのでは?
“「朝日新聞を糺す(ただす)国民会議」結成への呼びかけ”
http://www.asahi-tadasukai.jp/
◆草の根の一人として、私も、この呼びかけに署名いたしました。
以下はその返信メールです。
<<クライン孝子
────────────────────────────────────
このたびは、「朝日新聞を糺す国民会議」参加登録いただきありがとうございました。
─内容の確認─────────────────────────
[ email ] mail@takakoklein.de
[ お名前 ] クライン孝子
[ フリガナ ] クラインタカコ
[ 郵便番号 ] 65760
[ 都道府県 ] その他
 以下略
───────────────────────────────

今後、訴訟等の詳細が決まり次第、随時御連絡させていただきます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 〒150-0002
 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
 頑張れ日本!全国行動委員会内「朝日新聞を糺す国民会議
 TEL 03-5468-9222 / FAX 03-6419-3826
 info@asahi-tadasukai.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京都渋谷区渋谷1-1-16 若草ビル
 頑張れ日本!全国行動委員会内「朝日新聞を糺す国民会議
 TEL 03-5468-9222 / FAX 03-6419-3826
 info@asahi-tadasukai.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━>>

さても今回のわが「言いたい放談」では、日本では著名なジャーナリスト
評論家がゴーストライターを使うことはむろん、盗用についても、
日常茶飯事として、平然と横行しているという噂話を指摘しました。、
そうした著名人の名前をちらちらと、
雑誌や出版社の編集者から小耳に挟むことがあるからです。
きっかけは、
◆【青山繁晴】氏「ゴーストライターについて」
チャンネル桜の番組で、読者からの質問で、具体的というか、
実に赤裸々に、ご自身の体験を通して、丁寧に答えておられたからです。
これはとても参考になりました。青山さん、ありがとうございます!
青山繁晴高杉晋作硫黄島ゴーストライターについて[桜H25/4/19]
http://www.youtube.com/watch?v=iH7Qpv5fNYw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=2
〈参照“作家・溝口敦氏『佐野眞一140件の盗用』を告発【詫び状も公開】
http://nikkan-spa.jp/426207
https://www.youtube.com/watch?v=f0giNHua6bI
ゴーストライター騒動!百田尚樹は大丈夫! 永遠の0かもしれない?
https://www.youtube.com/watch?v=f0giNHua6bI
盗用はジャーナリズム業界の常識?」
山形浩生(評論家兼業サラリーマン
《『Voice』2013年7月号より》
http://shuchi.php.co.jp/article/1475 〉
そこで、最近ドイツジャーナリストたちとの集会ががありましたので、
◆「ドイツにもそういうことがあるか」と聞いたところ、
政治家や企業家、スターなどのゴーストライターを依頼されることはあっても
ジャーナリストと言えば、物を書くことを職業としている。従って
そのもの書きの世界にいるジャーナリストや評論家が
ゴーストライターを使うなど、聞いたことがないし、考えられない。」
とのことでした。、
 それなのに日本では、こういう風潮が当たり前になっているというのですから、
唖然としてしまいます。
◆ これって、要するに、出版社〈特に大手〉や、雑誌社、新聞社までもが
物書きとぐるになって、我ら民衆に向かって、上からの目線で、
したり顔でご立派なご意見を述べ、説教することで、ビジネス〈金もうけ〉を
していることではありませんか?
◆そのような『すねに傷持つ』彼らが、もっか、朝日を非難しているのです。
滑稽と言うしかありません。

 ◆そういえば、私もかれこれ10年前(2004年から2005年に掛けて)
2ちゃんねるにて、クライン孝子を攻撃する
クライン孝子 について語るスレ」が立ち上げられ、
クライン孝子ゴーストライターを使っていると書かれたことが
あり、思いもよらない嫌疑を掛けられ、一瞬頭に血が上った記憶があります。
◆念のため、当時(2005年)の拙日記の一部、ご紹介いたします。
クライン孝子の日記(さるさる日記より)
<<小さなコラムだけど、連載3つ抱え、それに突然原稿依頼が
入ったりすることもあるものだから、締め切りちかくになると、一種、
脅迫的観念に捕らわれ、ときどき不眠症にかかることがある。

テーマがわが日記に思いつくままに書いているのと(失礼!)違って、
経済界】【サンラ】【自由民主】、産経新聞【正論】
に書くものはどれも、資料を集めた上で、念入りに取捨選択して取り掛かる厄介な
ものだから、結構時間を取られてしまうからだ。

そういえば、誰か想像豊かないたずら人間が、日記以外の私の文章は、
ゴーストライターがいて、その人に代筆して貰っているらしいと
ご丁寧に元特派員の名前まで出して、まことしやかに
根も葉もない捏造落書きを書き殴っているのを今日、どこかで見た事があります。
よくいうわ! 何を根拠に、このような行為で人を貶めようとするのか。
一体、何を企んでいるのか。
匿名だから何を書いてもいいというものではないはず!

◆ご本人は心当たりがあり、例え落書きといえど、
その責任は取っていただかなくてはなりません。
即実名と住所、職業、年齢、それにご本人の写真を添えて
わがメール mail@takakoklein.de
宛送って来て下さい。。(公安関係の方、チェックお願い致します)

◆断わっておきますが、私が公けに発表する文章は
正真正銘、私クラインの文章でありますので、あえて、
読者の皆さまには
誤解のないよう、その旨お伝えしておきます。>>と・・・・
 
◆盗用=剽窃に関しては、らしい被害にあったことはかぞえきれないほどで、
ある時は拙著「自由買い」からまるまる1ページ、丸写しの
被害に遭いました。
 著者に抗議しても、逆に居直って、ヤクザまがいの文章を
書いて寄こし食って掛かる始末。
さっそく出版社のえらい人に、このことを告げたところ、『目をつむって、
おとなしくしていた方が賢い』と逆に諭されて、またまたビックリ!
こんなことをしていては、いずれ日本のジャーナリズムの世界はむろん、
出版界も読者から見放されて堕ちるだけだろうなと、
そんな予感がしたものでした。

◆そういえば、すでに10年前2004年の段階で
櫻井よしこジャーナリストの堕落2004.11.28」
http://www.nomusan.com/archive2012.07.08/~essay/essay_18_sakurai-yoshiko.html
という論文をまとめ健筆を振るって下さり、
多くの読者の皆様から賛意のメールを頂戴した野村かつよし氏論文には!
まさに天晴れ、先見の明あり!と今も感服しております。
◆その野村氏からですが、
つい最近、以下のようなメールを頂戴いたしましたので、
ご紹介いたします。。
<<櫻井よしこさんについては、
ジャーナリストの堕落』を書いた時点で私は彼女を見限ったので、
以後、彼女の文章をほとんど読んでいません。
しかし結構、多くの月刊誌週刊誌に登場するので、
目に入ることがあります。
そういうことで精読していませんので、無責任な感覚だけの評ですが、
◆彼女は、人を褒めない、と思います。
必ずクサシテイルと思います。
理由は簡単で、人を褒めることは、責任が生じます。
褒めた相手がそれに値せず馬脚を表したら、眼力が疑われます。
褒めるには自分の基準(尺度)を明らかにしなければなりません。
しかしどのように立派な人間・行為にも、
見方によっては何とでも言えるもので、何を言おうと間違いは無いのです。
見解の相違で逃げることが出来るのです。

◆その意味で、
司馬遼太郎氏が『台湾紀行』で李登輝先生を、
惚れぬいた感じで書いたことは、
司馬氏にとってご自分の他の全著作を掛けるほどの勝負
思います。
政治家ほど得体の知れぬ(得体が知れては役に立たぬ)
生き物はありません。
私は台湾のある夫人から、司馬先生から
「私は『台湾紀行』を書くために文筆家になった」
という意味の手紙を頂いた、と聞いたことがあります。
http://www.nomusan.com/taiwan/index-kuo.html
その手紙の現物を拝見した訳ではありませんが、私は事実と思います。
言葉、人を評するということは、
(私のような素人でなく、それを職業とする者には)、
それほど重いものと思います。
司馬さんは李登輝先生が唯一で、他にこの種の文章を残していないと
思います。
司馬さんが語ったのは常に歴史上の人物でした。

とりとめないことを書きました。
今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

野村かつよし=>>

 というわけで、目下、日本の保守言論界でもっともその名を知られている
ジャーナリスト櫻井よしこ氏!ですが、実は、
ゴーストライターの件に関して、次のようなブログを発見しました。
*その1)
週刊新潮は、記事によって読者を増」( 2011年6月26日日曜日)
(「たそがれ:歌詞翻訳成田悦子」より)
http://wasure71.blogspot.de/2011/06/blog-post_26.html
<<週刊新潮週刊文春を追い抜けと私は書いた。
週刊新潮も同じ体質であることは知っている。
表紙の猫と櫻井よし子、来週から小説を始める林真理子等は、
そのシンボルである。
これは文部科学省脳科学研究戦略推進プログラムに則った、
国民の覗き見と情報の盗用を意味している。
櫻井よし子は私がコメントを書いた途端、
コメント欄を閉じ、猫をブログから外した。
彼女は、喋れはするが、書くことは出来ない。
ブログを何度か読んだことのある人には分かる。
櫻井よし子は、ゴーストライターを使っている。>>
*その2)
櫻井よしこ氏の論文は本人が書いているのだろうか?」
([異端の猿]より)
http://awake-z.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-c2cf.html
<<本年1月6日、産経ニュースに掲載された櫻井よしこ氏の論文
『美しき勁き国へ・米への失望禁じ得ず』
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140106/plc14010603160002-n2.htm
を読んだのであるが、一読して違和感を覚える記述があるのに
気がついた。
ー中略ー
 安倍総理靖国神社参拝の意図を説明しているのであるが、
気になるのは
侵略戦争」の部分である。
「平和を守り二度と侵略戦争はしないとの誓いである」
と書いているが、
櫻井よしこ氏は日本が侵略戦争をしたと認識.
何やら変な話である。
確か、櫻井よしこ氏は、日本は侵略戦争をしたわけではないと
いう認識を持っているはずである。
だから保守派論客として存在しているのではないのだろうか。

なぜ、こういう書き方をするのだろうか。
この書き方だと日本が侵略戦争をしたと肯定していることになる。
そういう認識が前提になければ、こういう書き方はしないはずだ。
何か変である。
この文章は櫻井よしこ氏、本人が書いた文章なのだろうか。
なぜ、そういう疑問を抱くかというと、
日本にはゴーストライターが書いた書籍または文章が大量に
存在しているためである。
この文章もゴーストライターが書いたものなのではないだろうか。>>

このような嫌疑を掛けられている保守の言論界大御所であり
公益財団法人 国家基本問題研究所理事長として活躍しておられる
ジャーナリスト櫻井よしこさん!、
◆このまま黙って見過ごしてよろしいものでしょうか?

小者の私ですら、2004年か2005年のころ、
ゴーストライターがいると「2ちゃん」に書かれて、即、抗議し
反論したのは、上記で記したとおりです。
◆ 物書きでありながらゴーストライターを使って意見を述べるなど、
読者に対する背信かつ冒涜行為だと私は思っているおり、、
それゆえ、かつても今も、タブーとしているからです。

以上

◆◆◆トピック!!
【言志】復刊第二号は書店流通へ[桜H26/9/4]
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
=========================
◆◆◆トピック!!
【言志】復刊第二号は書店流通へ[桜H26/9/4]
https://www.youtube.com/watch?v=getZoWqZjlw&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
拙文のタイトルは
「敏腕・安倍総理長期政権維持こそ日本を"普通の国"により近付ける」

========================
◆◆◆新著ご紹介  日本はなぜ成熟できないのか  
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1386-4.html
◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)もお手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90
============================
◆◆水島総】「言志」ついに復刊![桜H26/4/21]
http://www.youtube.com/watch?v=-e8_8svJ6w0&feature=youtube_gdata
「言志」18号 
http://ch.nicovideo.jp/ch132/blomaga/ar418736?cc_referrer=ch
欧州におけるドイツの「完全復活」に続くは日本である=
クライン孝子
◆◆「表現者」57号予告
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/?gclid=CKLAhd74uLYCFYLwzAodWm8A4A
連載 「情報戦略ー余りにも大きな日独間の隔たり」
−情報機関の作成にノロマの限りであった日本−
クライン孝子
◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆