Hatena::ブログ(Diary)

クライン孝子の日記

2015-03-27

◆【言いたい放談】情報戦と歴史戦、航空機事故と抗日史観の怪奇

【言いたい放談】情報戦と歴史戦、航空機事故と抗日史観の怪奇[桜H27/3/27]
https://www.youtube.com/watch?v=87WaQg3leZU
<<2015/03/27 に公開
今回は、ドイツが当事者となっているジャーマンウイングス
墜落事故について話し合っ­ていくとともに、
中共の画策している「戦勝国詐欺」や、朝日新聞に対する集団訴訟など­、
歴史認識を巡る戦いについても論評していきます。>>


中国「戦勝」式典、安倍首相を招待…欠席へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150325-OYT1T50017.html?from=ytop_ylist
メルケル首相:露の戦勝70周年記念式典に欠席へ
http://mainichi.jp/select/news/m20150312k0000e030161000c.html
NATO海上訓練、自衛隊がオブザーバー参加へ
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150327-OYT1T50124.html?from=ytop_ylist


首相「わが軍」答弁に菅氏「まったく問題ない」 民主枝野氏は批判
http://www.sankei.com/politics/news/150325/plt1503250036-n1.html
産経前支局長起訴、菅氏「国連でしっかり主張」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150325-OYT1T50117.html?from=ytop_ylist

◆ある女性の方から「櫻井よしこ氏の危うさを感じたのは・・・」

◆昨日、キンドンさんから以下のメールを頂戴いたしました。
◆ロバート・スティネット「真珠湾の真実」に対する櫻井氏のスタンスに「?」
http://yoshiko-sakurai.jp/2001/08/02/3769
◆最近、いわゆる従軍慰安婦問題でご活躍の秦郁彦先生が
◆だから、櫻井氏はこの本を読んだ海自関係者からは軽蔑されています
◆なお、京都大の中西輝政先生は、
◆(筆者註:私クラインは一介の雑文屋であり、そのような資格なし)
◆*スティネット「真珠湾の真実」をめぐって(1)(2)
中西輝政秦郁彦論争を中心に―
米国ではほとんど無視された形でしたが、、早速これに飛びついてしまったのが、
◆*秦郁彦『スティネット『欺瞞の日』の欺瞞』
◆びっくりしたのはルーズベルト陰謀説・反陰謀説にあきあきしていたはずの中西氏が
◆※ただし後述するように、

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================
◆昨日、キンドンさんから以下のメールを頂戴いたしました。
<<こんばんは(日本時間)。キンドンと申します。
クライン孝子さんの櫻井よしこ氏に対する批判に対し、
いちいち納得している者であります。(ちなみに女です)
私が櫻井よしこ氏の危うさを感じたのはもう15年も前のことです。
それは、世紀のトンデモ本とされた
◆ロバート・スティネットの「真珠湾の真実」に対する
彼女のスタンスでした。

http://yoshiko-sakurai.jp/2001/08/02/3769

◆最近、いわゆる従軍慰安婦問題でご活躍の秦郁彦先生が
トンデモ本と断じたこの書籍を絶賛している訳です。
帝国海軍に対する冒涜であって、旧海軍海上自衛隊OBの親睦団体たる
水交社の幹部連中はえらく激怒していました。
◆だから、櫻井氏はこの本を読んだ海自関係者からはたいへん、
軽蔑されています。

なお、京都大の中西輝政先生は、すっかり櫻井派です。
籠絡されたんでしょうか。まともな研究もあったのに、
極めて残念です。

産経新聞社内にも、櫻井氏を重用したがる勢力が残念ながら
存在します。
クラインさんにおかれては、上記問題について、産経社内の真の保守派
警告して頂けますようお願い申し上げます。
◆(筆者註:私は一介の雑文屋であり、そのような資格はありませんので、
その辺ご理解いただければ嬉しく思います)>>


◆*スティネット「真珠湾の真実」をめぐって(1)
中西輝政秦郁彦論争を中心に―
http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/nitibeikaisen/Stinnett1.html
(2)
http://www.geocities.jp/yu77799/worldwar2/nitibeikaisen/Stinnett2.html
<<さて、1999年12月、スティネット『真珠湾の真実』
という本が出版されました(邦訳は2001年6月発売)。

スティネットは、「狭義の陰謀論」「広義の陰謀論
それぞれについて「決定的証拠」を入手した、と主張します。
米国ではほとんど無視された形でしたが、
早速これに飛びついてしまったのが、京大教授(当時)、中西輝政氏です。

しかしまもなくスティネットの「新発見」は、
秦郁彦氏、須藤眞志氏、左近允 尚敏氏、
またサンケイ新聞社『ルーズベルト秘録』取材班などの、
どちらかといえば保守派論客によって、 ボロボロにされてしまうことに
なります。

本コンテンツでは、この間の論争を振り返ってみることにしましょう。

※余談ですが、中西氏は、自分に都合のよい「説」が出ると、
見境なくそれに飛びついてしまう、という悪いクセがあるようです。
張作霖爆殺事件」でも、全くの専門外の分野であるにもかかわらず、
コミンテルン陰謀説」の旗振り役を果たした
記憶に新しいところです。

ー中略ー

スティネット本によって「本来の歴史が始まる」のだそうです。
何とも大仰な、手放しの礼賛ぶりには恐れ入りますが、
こんな中西氏の「はしゃぎぶり」に呆れて見せたのが、秦郁彦氏です。

◆*秦郁彦『スティネット『欺瞞の日』の欺瞞』
<<略)月刊誌『正論』二〇〇〇年十月号の「日本の、覚悟を問う」
と題した中西輝政京都大学教授の論稿
(「ゆう」注 のち、全文がスティネット本の「解説」として再録)
に接して仰天した。

タイトルは何やら物々しいが、ほぼ全篇が『欺瞞の日』の要約と
讃美に終始し、 「情報なき日本」は"新冷戦"に勝てないとの御託宣
に堕ちつく。
つまりスティネットが暴露し、証明したルーズベルトの陰謀に
手王にとられた日本は今も同じように……といういささか単純な
勧善懲悪論なのである。

この論文が昨今のスティネット人気の引き金になったと私は断定したいが、
それだけの迫力と説得力を発揮したのは、
たとえば次のようにセンセーショナルな断定や思い入れのせいではないか。

「ぼう大な史料を示して事実を確定してゆく。その精緻をきわめた
手法には圧倒される思いだ」

「ぼう大な新資料の発掘によってこの論争にピリオドを打つものだと
感じさせた」

「無惨な敗戦しかあり得ないことを一切予見することなく、
アメリカのシナリオ通りに坂道をころげ落ちていったことが明らか」

「誤った歴史観・価値観によって成立していた戦後日本という社会が
全面にわたって自然発生的に崩壊してゆく」

まだまだあるが、くどくなるので省略するが、
◆私がびっくりしたのは、ルーズベルト陰謀説も反陰謀説も
「耳にタコができる」ほど聞かされ、
あきあきしていたというベテラン歴史家の中西氏が
「どうせこれまでの焼き直しだろうが、一応読んでみるか」
というスタンスでスティネット本を読みはじめたところ、
一冊だけで世界観や人生観まで変るほどの衝撃を受けてしまった
らしいことだった。

それも、ごく初歩的なトリック本によってとなると、
別の歴史家として「こりゃ何だ」との思いを禁じえなかった。(P231-P232)

(『検証・真珠湾の謎と真実』所収)      

ー中略ー

 中西氏は「ごく初歩的なトリック本」に引っ掛かっている。
「こりゃ何だ」とまで酷評されてしまいました。

◆※ただし後述するように、
中西氏は、「戦後解読された電文をあたかもリアルタイムで
解読されたかのように見せかける」
というスティネットの「初歩的なトリック」
には引っ掛かっていないようですので、
この表現は秦氏の勇み足かもしれません。いずれにしても、
「こりゃ何だ」との「感想」には、私も共感します。>>

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================
◆◆「「朝日新聞を糺す国民会議
http://www.asahi-tadasukai.jp/

◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015-03-23

◆桜特捜班】田母神事務所の告訴状は不受理に+櫻井よしこ氏のメルケル発言解釈こそ不用意!

◆【言いたい放談】欧州中央銀行本部ビルの周りから見えた景色[桜H27/3/20]
https://www.youtube.com/watch?v=WxOhoKoTfcY&feature=youtube_gdata

水島さんのかつては同志として心を一つにして
◆*【桜特捜班】田母神事務所の告訴状は不受理に、
子供染みたアリバイ工作はもう沢山だ[桜H27/3/23]
https://www.youtube.com/watch?v=BBs6h2LM3OQ&feature=youtube_gdata
◆Will 編集長花田氏はこの問題を、まるで保守同士の仲間割れのドロ試合として
◆ さても既にかれこれ2週間前の話になりますが、
◆この時の記者会見に関して櫻井よしこ氏は
◆そこで気になった2点に関して指摘いたします。
◆27年3月9日-独共同記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0309kaiken.html
◆(記者) 時事通信社の高橋と申します。
◆(メルケル首相
 私は、日本に対して、アドバイスを申し上げるために参ったわけでは
ありません。私には、戦後、ドイツが何をしたかということについて、
お話することしかできません。
◆独政府メルケル首相慰安婦問題発言を否定 大使館通じ外務省に連絡
◆櫻井氏はそのことをご存知なかったのでしょうか。
◆そういえば、浅沼さんという女性の方から
ドイツでも韓国中国の反日プロパガンダが行われているのでしょうか
◆もちろん、中韓両国には、諜報機関がありますので、
◆私は、既に4分の1世紀前から、このことを日本に警告

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================
水島さんのかつては同志として心を一つにして、日本再生のために
戦おうと誓ったはずの田母神氏の今回の不正疑惑追及は、だからこそ、
見逃してはならない。その真意は、当地ドイツでこのいきさつを静かに
見守っている私にも痛いほど伝わってまいります。
水島さん、頑張ってください!
◆*【桜特捜班】田母神事務所の告訴状は不受理に、
子供染みたアリバイ工作はもう沢山だ[桜H27/3/23]
https://www.youtube.com/watch?v=BBs6h2LM3OQ&feature=youtube_gdata
 しかしそれにしても、いくら出版社と著者というビジネスで
利害関係がつながっているからとはいえ、
◆Will 編集長花田氏はこの問題を、まるで保守同士の仲間割れのドロ試合で
あるかのように視聴者に対して
印象操作を仕掛けて茶化しているのには唖然としてしまいます。
これが保守を名乗る雑誌の編集長の発言かと・・・
保守同士の泥仕合は止めたほうが…なんて言ったら、
また怒られちゃうかな?…(笑)
http://www.nicovideo.jp/watch/1426845304?ref=search_tag_video
(参照:■ジャーナリズムのあり方について問う=たかじん夫人感涙手記?
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150101/1420119657 )

◆ さても既にかれこれ2週間前の話になりますが、3月9・10日、
メルケル首相が訪日しました。
(参照:日独首脳会談
http://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/c_see/de/page18_000410.html )
◆この時の記者会見に関して櫻井よしこ氏は
「 不用意だと言わざるを得ない独メルケル首相の歴史問題発言 」
http://yoshiko-sakurai.jp/2015/03/21/5861
としてメルケル批判を行っています。
 ところがこれがかなり食い違っている。
◆そこで気になった2点に関して指摘いたします。
1点目)
櫻井氏:<<氏の日本の歴史に関する発言は不用意だと言わざるを得ない
3月9日メルケル首相安倍晋三首相と臨んだ記者会見で、
ホロコーストに言及し、「過去の総括は和解のための前提だ」と語った。
日本と韓国中国との関係に直接言及したわけではなかったが、
日本とナチスドイツを同一視するかのような歴史観を披露したのは、
一国の宰相としては軽率ではないか。>>
* 以下がこれに関してのメルケル氏による答えです。
◆27年3月9日-独共同記者会見
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0309kaiken.html
<<◆(記者)
 時事通信社の高橋と申します。
メルケル首相に質問いたします。
 今年は、戦後70年の節目に当たります。
日本もドイツも、第二次大戦敗戦国というところでは共通して
おります。両国とも、周辺の国々との和解にこれまで取り組んで
きておりまして、ドイツが周辺の国々と和解に努力されてきたことは、
日本人には広く知られております。
 現在、日本は中国それから韓国との間で、歴史認識などをめぐりまして
対立点も残っております。ドイツの御経験、御教訓に照らして、
日本が今後、中国韓国とどのように関係を改善していったらいいの
でしょうか。その辺のお考えをお聞かせください。

◆(メルケル首相
 私は、日本に対して、アドバイスを申し上げるために参ったわけでは
ありません。私には、戦後、ドイツが何をしたかということについて、
お話することしかできません。
戦後、ドイツではどのように過去の総括を行うのか、どのように恐ろし
所業に対応するのかについて、非常につっこんだ議論が行われてきました
ナチスホロコーストは、我々が担わなければならない重い罪です。
その意味で、この過去の総括というのは、やはり和解のための前提の
一部分でした。
一方で、和解には2つの側面があります。
ドイツの場合は、例えばフランスが、第二次世界大戦後、ドイツ
歩み寄る用意がありました。ですからEUがあるわけです。
今日、EUがあるのは、こうした和解の仕事があったからですが、
その背景として、ヨーロッパの人々は、数百年にわたって戦争
経験した後、一つになることを求めたという事実があります
本当に幸運なことに、我々は、こうした統合を行うことができ、
安定した平和的秩序を得ることができました。
ウクライナの領土の一体性に対して厳しく対応しなければならないのは、
そうした背景もあるのです。
一方で、進む道については、各国がそれぞれ自ら見つけなければならない
と思っています。先程述べたとおり、自分にできることは、
ドイツの場合についてお話しすることだけであり、今、短く、
それをいたしました。>>

◆2点目)「 不用意だと言わざるを得ない独メルケル首相の歴史問題発言 」
http://yoshiko-sakurai.jp/2015/03/21/5861
櫻井氏<<メルケル首相岡田克也民主党代表との会談で
自ら慰安婦問題を持ち出し、「きちんと解決した方がいい。
和解することが重要だ」と語ったそうだ。>>
これに関しての回答は、
◆独政府メルケル首相慰安婦問題発言を否定 大使館通じ外務省に連絡
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150313/plt1503132140003-n1.htm
*独政府メルケル氏「慰安婦発言」否定=菅長官が紹介、岡田氏反論
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015031300811&g=pol
(筆者註: 岡田氏は反論したそうですが、中に通訳が入っておりその通訳の主観が
そのまま伝えられたかもしれないし、もしくは岡田氏の思い込みによる解釈が
その後、一人歩きしたこともありえないわけではない。だからこそ、
さっそくドイツ政府(随行していたザイバート広報担当官)、より
誤解を招いてはならぬと、その旨、通達があったのでしょう。

◆櫻井氏はそのことをご存知なかったのでしょうか。

日本もそうですがドイツのメデイアも思い込みで記事にしてしまうケースが
少なくありません。以下もその例外ではありません。
メルケル首相の訪日レポート(南ドイツ新聞
([長坂道子「ときどき日記]より)
http://mnagasaka.exblog.jp/21619371/
◆そういえば、浅沼さんという女性の方から以下のような
メールを頂戴しました。
<<クライン様、こんにちは。
いつもメールマガジンを楽しみに読ませていただいております。
産経新聞のネット版に次のように記事がありました。
「20万人の婦女子が売春強いられた」 ドイツの歴史教科書に記述
http://www.sankei.com/politics/news/150312/plt1503120067-n1.html
ドイツでも韓国中国の反日プロパガンダが行われているのでしょうか。>>
そこで私は以下のような返事を浅沼さんにお送りしました。
<<ご丁寧なメールありがとうございます。
心からお礼、申し上げます。
さてお尋ねの件ですが、
◆もちろん、中韓両国には、諜報機関がありますので、
いろんな欧州政府機関にドイツも含めて、両国のベテランスパイが多く
潜入していて、 反日活動を活発に行っています。
残念ながら、日本はこれまで、いや今日でさえ、彼らを通しておおくのデマ=
プロパガンダ情報がヨーロッパ各国の各機関に持ち込まれています。
◆私は、既に4分の1世紀前から、このことを日本に警告して来ました。
けれども多くは無視、もしくは嘲笑し、逆にクライン孝子攻撃に手を貸し、
2ちゃんねるなどで、誹謗中傷されました。。
ようやく、安倍政権になりましてから少しずつ、変わって来たようです。
ありがたいと思っています。
お互いに今後とも日本の名誉回復のためにがんばりましょう!
クライン孝子 >>

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================
◆◆「「朝日新聞を糺す国民会議
http://www.asahi-tadasukai.jp/

◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015-03-18

◆【言いたい放談】欧州中央銀行本部ビルの周りから見えた景色+私が見聞きしたその真相の1部

◆【言いたい放談】欧州中央銀行本部ビルの周りから見えた景色[桜H27/3/20]
https://www.youtube.com/watch?v=WxOhoKoTfcY&feature=youtube_gdata
◆というわけで私のコメント:
ジャーナリストはほんの一部を除いて、あとはシャットアウト
◆ 案の定、ECB落成式当日の早朝、フランクフルト市内で、
◆警察側の発表によりますと騒乱の火蓋を切ったのは午前6時5分
◆結果、拘束された犯人の数は一時500人近くに登り、うち5人が逮捕
◆そもそもこのECB落成式当日のデモを呼びかけたのは「ブロキュパイ」
◆もっとも、今回の一部暴徒化したテロ的破壊活動については
ドイツではこの事態を重く見て、翌19日、独内務大臣
◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================


◆【言いたい放談】欧州中央銀行本部ビルの周りから見えた景色[桜H27/3/20]
https://www.youtube.com/watch?v=WxOhoKoTfcY&feature=youtube_gdata
<</03/20 に公開
ドイツフランクフルトで落成した、欧州中央銀行新本部ビル前で
行われた「反緊縮デモ¬」。一部が暴徒化したその騒動を実見してきた
クライン孝子と共に、ギリシャ韓国など¬、歴史カードを使う国の共通性について
話し合っていきます。>>
(参照:欧州中銀新本部で反緊縮デモ、90人超負傷 独
http://www.cnn.co.jp/business/35061970.html
ECB本部ビル近くで反緊縮デモ、一部が暴徒化し警官隊と衝突
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0MF04O20150319
欧州中銀で衝突、88人負傷 独西部、約1万人がデモ
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015031801001870.html
フランクフルトで反緊縮デモ、ECB新本部の落成式に合わせ
http://jp.wsj.com/articles/SB11871187576556893798304580525681878026918 )

◆というわけで私のコメント:
私が住むフランクフルト欧州中央銀行=EDBの新本部の落成式が
行われたのは3月18日(水曜日)でした。この落成式ですが、
出来るだけ質素に済ませようと、ベルリンからの大物政治家出席はなく、
主客はヘッセン州首相(もっともこの日は、州首相は別の予定が入って
いたので代理が出席)とフランクフルト市長のみで、招待客も総勢百人、
ジャーナリストはほんの一部を除いて、あとはシャットアウトされて
しまいました。しかも祝典は予定より30分遅れて10時半に
開始されています。
 ◆その理由ですが、私が当日、事件後、現場近く(市内やECB近辺)にて
得た情報によりますと、
この落成式を目指し不穏な動きが発生するという情報は警察では既に把握して
いたとのことで、このため2日前の16日からECB 周辺の警備を強固に
するため、建物周辺に有刺鉄線を張り巡らせ、フランクフルト市内でも
要所には警察車とを警察官を配置し、警護を固めているとのことでした。
当日、不穏な動きを見張るため2台のヘリコプターも飛ばしていましたし。
◆ 案の定、ECB落成式当日の早朝、フランクフルト市内で、
70年代の「ドイツ赤軍」を想起させる大規模な暴力行為が発生して
しまいました。
◆警察側の発表によりますと騒乱の火蓋を切ったのは午前6時5分で、
暴徒たちは、市内の警察署などビルのガラス窓や看板を鉄棒で叩き割り、
数十台の警察車(運転台に警察官が乗っていた)、市民の自動車やゴミ箱を
焼き討ちにしたばかりか、駆けつけた消防隊員や怪我人の救助にあたった
救助隊員までも襲撃し、投石して重軽傷を負わせたばかりか、
襲撃を阻止しようとした警察官に向かって毒性を含んだとスプレーを噴射し、
そのため呼吸器系や目の異常を訴え病院へ運び込まれるという事態が
生じてしまいました。
 ◆結果、拘束された犯人の数は一時500人近くに登り、うち5人が逮捕
されました。
その大部分がテロばりの重装備武装をしていた上、攻撃用の道具も隠し
持っていたといいますから、この無差別破壊行為は単なる自然発生的なもの
ではなく、既に長期にわたって緻密に計画された組織犯行であることです。
主犯はイタリア人で、デンマークドイツの各地から、この日、
フランクフルトに集結しました。
 ◆そもそもこのECB落成式当日のデモを呼びかけたのは「ブロキュパイ」
というネットワークを通し活動している欧州各国にある90を超える連合体で、
彼らは今に至っても共産主義に固執し、「反資本主義」、その象徴「反銀行権力」
標榜しています。
ドイツにおいては、旧東ドイツ共産党の生まれ変わりともいわれ、
現在、連邦議会においても政治活動を行っている「左党」が主導し、
これに極左グループや一部労働組合だけでなく、目下ユーロの厄介者である
ギリシャの現与党急進左翼進歩連合(SYRIZA)もその名
連ねています。
 ◆もっとも、今回の一部暴徒化したテロ的破壊活動については
「ブロキュパイ」側は「われわれは明確に暴力に反対している」と広言し、
しらを切って巧みに逃げ切ろうとしています。とはいえ、この騒じょうの責任の一端は
「ブロキュパイ」側にもあるとの見方が強まってきています。
ドイツではこの事態を重く見て、翌19日、独内務大臣が「左党」の議員
前に連邦議会でその真相を厳しく追及すると通告しているのがその何よりもの証拠です。
 いずれにしろECBを巡る問題は、予想以上に根が深いように思われます。

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20150316/1426523028
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
====================
◆◆「「朝日新聞を糺す国民会議
http://www.asahi-tadasukai.jp/

◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015-03-17

◆ミシェル夫人、18日から来日 少女教育で連携呼び掛け

ミシェル夫人、18日から来日 少女教育で連携呼び掛け
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015031701001064.html
日米ファーストレディーに共通点 夫に直言、食に関心…
http://www.asahi.com/articles/ASH3N03P2H3MUHBI012.html?iref=comtop_list_pol_n05
ドラギ総裁QE延長示唆 統一地方選前の株価2万円に現実味 (1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150317/dms1503170830006-n1.htm
中韓経済“底割れ”寸前 見る影もないリコノ&クネノミクス…デフレ阻止失敗
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150313/frn1503131830007-n1.htm
〔ECBフォーカス〕量的緩和に「成功し過ぎ」リスク、ちらつくドイツバブル
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0WI26V20150316?rpc=223
日経平均、1万9500円台を回復 約15年ぶりの高値
http://www.asahi.com/articles/ASH3K443CH3KULFA00T.html?iref=comtop_6_01


メルケル首相の訪日レポート(南ドイツ新聞
([長坂道子「ときどき日記]より)
http://mnagasaka.exblog.jp/21619371/
「 不用意だと言わざるを得ない独メルケル首相の歴史問題発言 」
http://yoshiko-sakurai.jp/2015/03/21/5861

2015-03-16

◆表現者 58号連載 「あまりにも大きな日独間の隔たり」櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」

表現者」編集部の了解を得ましたので、以下転載いたします。

表現者 58号連載 「あまりにも大きな日独間の隔たり」
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
<< 今回は、私がここ数十年、「物書き」として、好むと好まずとに
かかわらず、関わってきた日本の世論印象操作に一役買って暗躍
日本のマスコミ、しかもこのマスコミタイアップし、
ひたずらゴマをすって生き延びてきたとみられる一部の不可解な
保守論客について、私の立ち位置を今一度確認するためにも、
思いのたけをぶつけて書いて見たくなった(というのがテーマである)。

朝日新聞にて吉田証言の捏造を認める慰安婦問題の特集記事が
掲載されたのは、8月5・6日のことだった。これを受けて8月15日
櫻井よしこ氏は自民党議員連盟日本の前途と歴史教育を考える議員の会
会合で講演し「朝日新聞は廃刊すべき。メディアと呼べないプロパガンダ新聞」と
舌鋒鋭く糾弾した。返す刀で、ここぞとばかり、
ジャーナリストとしての知名度をフルに生かして主要雑誌やテレビに再三、
登場して見せた。
この一連の「機を見るに敏」な彼女の行為には舌を巻く一方
「又、得意の世渡り術を発揮し、彼女特有の印象操作を始めたな」と
苦笑してしまった。
というのも、実は今から約12年前、彼女特有の手法で、一時、
日本中を騒然とさせた事件が、今も鮮やかに記憶に残っているからだ、

正確には2002年5月24日というべきか。
この日、国会内にて日本共産党民主党自由党社民党の四野党議員
と共に、日本弁護士連合会など個人、団体代表を含め、約百五十人が参加して
個人情報保護法案の廃案を求める「緊急集会」が開催された。
そこで、共産党志位委員長はこう挨拶して見せたものだ。
自民党という政党は、プライバシーという国民の切実な願いを、
“悪魔の一振り”で、別物に変えてしまう。
この法案は『疑惑政治家保護法案』だ。従って、廃案に追い込むため、
力を合わせて頑張りぬく」。
実はこの会合に、作家城山三郎氏と共に櫻井氏も参列していたのだ
城山氏が「(報道・言論に)大きな網をかけられたら物が書けなくなる」と
法案の危険性を告発したのに対し、彼女は、「二十一世紀にはいり、
メディアを規制しようとする法案を出す国はない」とさも深刻そうに説き、
気勢を挙げてみせた。

このニュースに接した私は、一瞬、これには、何かカラクリがある
と睨んだ。なぜなら一つは、当時、私が住むドイツを含め海外では例の
2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件を教訓に
テロを取り締まる法律作成を急いでいたからで、日本政府もその国際社会
動向に足並みを揃え新法律の作成に取り組んでいた。
二つは北朝鮮情報で、「救う会」荒木和博氏から2002年2月中旬、
ある情報を入手した矢先だったからだ。
それによると「朝鮮総連系金融機関である朝銀信組への公的資金投入問題に
注目が集まっているが、金融庁朝銀関東および近畿の受け皿となる
信組に合計7800億円という巨額の公的資金を投入しようとしていることが
明らかになった。」という。

私は咄嗟に、例の法案を意図的に矮小化し巧みに操作している何者かがいる。
その仕掛け人とは、恐らく、北朝鮮と結託して日本を貶めようとしている
反日外国勢力であること。その彼らだが、この時点で日本のメデイアを
まき込んで、世論を意図的に操作することで、目に見えない巧妙な情報戦
仕組んでいる
その道ずれに世間でその名を知られている著名人、つまり利用価値の高い
作家や評論家城山三郎氏や櫻井よしこ氏などを担ぎ出ししている。
しかも、より長けているのは、これを住基ネットとワンセットにして、
世論を煽り立てていることだ。
さすがに!見るに見かねた経済評論家池田信夫氏に至っては、
自身のコラムで「民間でも感情的な反対論が横行し、櫻井よしこ氏などは
『私は番号になりたくない』とか『住基ネットは国民を裸で立たせるものだ』
などの常軌を逸した主張を、さまざまなメディアで繰り返した」
と批判したものだ。
 
今回の朝日たたきにしてもそうで、かくも、朝日以外のメデイアを通して、
朝日廃刊をを声高に叫び、
朝日新聞記者に問う!君たちは本当にジャーナリストか」と
勇ましく啖呵を切ってみせたにもかかわらず、筋の通らない不可解な行動が
つい目についてしまう。たとえば国家基本問題研究所の理事長として出した
意見広告がまさにそうで、産経読売、毎日、日経と共に、朝日にも広告を
出している。
「それはないだろう。彼女が指弾して止まない朝日廃刊発言と
著しく矛盾しているからで、少なくとも朝日廃刊をの最短距離とは、
一つは読者に朝日離れをしてもらうこと。
二つは、朝日に広告を出さないことにあるからで、
一連の朝日廃刊発言に責任を持つためにも、朝日への広告掲載は
ごめん被むるのが常道ではないか」。そう、私は思ったからだ。
にもかかわらず、彼女はしれーっと朝日にも広告を出している
なぜか。恐らく、この時点で、彼女は、メデイアのために意図的に
逃げ道を作って恩に着せようとしたのではなかろうか。
それらしい証拠がある。あれだけ、新聞をふくめありとあらゆる
活字媒体が、朝日の吉田証言捏造で非難の矢を投げつけておきながら、
その後1ヶ月経った頃には下火にな始めたからだ。
それに取って代わり、女性大臣の政治と金スキャンダルが大々的に
報道されるようになった
その根底に隠されているものは何か。
いうまでもない。一皮向けば何のことはない。朝日非難が、
次に自らのメデイアに跳ね返ってくるのを恐れたのだ。それを恐れて、
メデイア同士の暗黙の了解で、早々に幕引きを謀った(のではあるまいか)。
彼女は一足先にそのメデイアを慮り、庇おうとしたと言われても致し方あるまい。
メデイアに担がれメデイアの宣伝力を通して、知名度を挙げてきた
櫻井氏である。その彼女にして、こうしたメデイアによるカラクリを
見抜けないはずがない。

そもそも、彼女に目をかけたのは、マスコミフィクサーとして鳴らし、
政財界ににらみが利くうえ、米国はじめ世界的にも顔が広い
読売新聞社主「ナベツネ」だといわれている。そのようにして
メデイアの道に入った幸運な人物、それが彼女なのだ。
何しろ「ナベツネ」の息がかかっているという売り込みは、
彼女にとって、マスコミを制するトレードマークになったのだから。

その彼女だが、、やがて2007年には保守カラーの強い
国家基本問題研究所なるシンクタンク設立し理事長に収まっている。
そしてまたたく間に、「保守のマドンナ」としてのゆるぎない地位を
築き上げた。保守陣営といえば論客もふくめ大半は一見、近寄りがたい
男性の権威の牙城である。。
しかしそれにしてもだ。
その「城」の主である彼らに敢然と挑み、
いとも簡単に彼らの心を捕らえて屈服させて見せた女の秘密兵器とは
何だったのか。
彼女は美貌で女っぽい。しかもお上品な語り口ときている。
その口から次々と男性をくすぐる辛口が飛び出し、これがすっかり
保守層人をシビレさせてしまった。
まだある。
一体いかなる人物による演出=振り付けによるものか。
彼女はそれまでと異なり、着物姿で頻繁に彼らの前に姿を現すようになった。
これがまた、保守層に受けた
「何と、奥ゆかしいそそとした日本女性であろうか。彼女こそ、
日本伝統にふさわしい保守を代表する真の女性である」と・・・
日本の保守層の、といって悪ければ「戦後保守」の御しがたい
ウイークポイントである。
これで腹を抱えて大笑いしているのは誰か。
いわずと知れた外国の反日活動に精魂を傾ける情報機関であることは
まちがいあるまい。>>

◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第3号は目下発売中!!!
http://www.genshi-net.com/
◆◆ 表現者60号予告
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
=ある東ドイツのスパイの思い出=
表現者] 58号 (タイトルは西部先生がつけてくださいました! ダンケ!)
クライン孝子情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
(参照:■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483 
(参照:【勝谷誠彦】 神山典士 
その2_と_3養老孟司ゴーストライター使ってるんだぜ 2015/02/28
その3)に養老孟司氏もゴーストライターを使っていると・・・https://www.youtube.com/watch?v=j46LC4OGbAY
その2)https://www.youtube.com/watch?v=usCTFGB88IE
====================
◆◆「「朝日新聞を糺す国民会議
http://www.asahi-tadasukai.jp/

◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆