Hatena::ブログ(Diary)

クライン孝子の日記

2014-11-21

■15 年前の『ベルリンの壁』撤廃10周年目における拙文です

weekly business SAPIO 99/11/18号
□■□■□■□ デジタル時代の「情報参謀」 
■weekly business SAPIO
□■□■□■□
クライン孝子 TAKAKO KLEIN
                                         =============================    



《「ベルリンの壁撤廃10周年へのドイツと日本のそれぞれの視点》


1961年より28年間にわたって、
冷戦及び東西ドイツ分断の象徴として東西ベルリン東西ドイツ
横たわっていた「ベルリンの壁」が撤廃されたのは
1989年11月9日のこと。
今年はちょうど10周年に当たり、新首都ベルリンで盛大な式典が開催された。
このような記念すべき日、本来ならベルリンにいる私だが、
実はこの日私は日本にいたのだ。
 そのため、日本のテレビニュースでこの様子は取り上げられると聞いて、
一体どうゆう取り上げ方をするのか参考にしようと見るつもりでいた
ところが残念なことに見損なってしまったのだ。
 最後の仕上げとでもいうか、ようやく2週間にわたる仕事を
サピオ」のインタビューで締めくくり、
ホッとして部屋に戻った途端、気がゆるんだらしく、
一気に疲れがでてそのままベットに倒れ込むように眠り込んでしまったからである。
 というわけでこの式典の様子は、ドイツへ帰ってから知ることとなった。

 その式典だが、結論を先にいうと、
この式典は20世紀の最後を飾るにふさわしい、
しかもベルリンを世界に知らしめる絶好のイベント事業とあって、
スポンサーも事足り、
ドイツの出版王「アクゼル・シュプリンガー」社やコカコーラ社がつき、
ドイツ統一達成に貢献したコール元首相が中心となって、
当時統一に力を貸し功績のあったソ連書記長ゴルバチョフ
米元大統領ブッシュを呼び込むことに成功した。
 その様子を記述してみるとこうだ。

 まずベルリンでは
新装なったベルリンの帝国議事堂=ライヒスタークに彼らを招聘して、
連邦議員が見守るなか盛大な記念式典が挙行された。
その後ベルリン市でも市主催の祝典を開催し、
そこでは、「ベルリンの壁」崩壊とドイツ統一
とく に貢献のあった米ブッシュ大統領名誉市民として迎えいれた。
 その一方で暗い話もある。
なぜならこの日を「待っていました」といわんばかりに、
連邦最高裁判所では、
当時東ドイツ最後の首長だったエゴン・クレンツをはじめ他の2名に対し、
ベルリンの壁」構築の責任を問うとして、
エゴン・クレンツには懲役刑6年半、
他の2人にはそれぞれ3年の最終判決を言い渡したからである。
これを不服とするクレンツは、即刻欧州裁判所に上告するとの意向を
明しているものの、これにはこの判決を妥当とするグループと、
明らかに見せしめで政治的判断が加味されているとするグループ
両派に分かれている。
 とくにここで前者の言い分を取り上げると、
この「ベルリンの壁」では

1. 壁を越えて西へ逃げようとした東ドイツ人約300人近くが
東の国境警備隊によって射殺されたこと。

2. 事前に発覚され投獄された者は10万人近くに上ること。
うち数万人を東ドイツ政府は、外貨不足でのどから手のでるように
ほしがった外貨と引き換えに、まるで牛や馬のように西側
売り渡してきたこと。

3. 中には運良く、西への逃亡に成功した東ドイツ人もいるが、
その行為は命がけだったこと。例を幾つか挙げよう。

イ) 1人は西ベルリンへ出稼ぎに出ている最中に「壁」が
構築されてしまい家族と生き別れになった。
身体障害のこどもを抱えていた妻を案じたその男性は、
家族を東から連れ出したい一心で、壁の下にトンネルを掘り、
家族救出に乗りだした。
そのトンネル作りが危うく東の国境警備隊に発覚されそうになったときは、
警備隊員を殺害して救出している。
彼はその心境を「打たれて死ぬか、打って助かるかという瀬戸際にあって、
自分と家族が無事に西へ逃げるには相手を打つ手段しか残されていなかった」
と告白している。

ロ) 2人目は、1度も乗ったことのない小型飛行機を作って、
西への逃亡に成功した
彼は「西へ逃げると決心してから夢中で飛行機を作った。
2度失敗したが、3度目に西へ向けて飛んだら、
あっというまに『壁』を越えていた」とその喜びを語って見せる。

ハ) 3人目は18歳の少年で、
真夜中チェコの国境にたどりつき、
チェコ国境警備隊を失神するまで殴ったうえ、
その制服に着替えてまんまと国境警備隊になりすまし、
オーストリアの国境にたどりついた。
このような話は当時枚挙にいとまがなかった。

 その法の番人であり責任者に重罪は当然だというのである。
 残念ながら、こうした「ベルリンの壁」にまつわる悲劇は、
日新聞の特派員には理解できないらしい。
例えば11月14日付朝刊に目を通すと
「壁崩れて10年のベルリン 旧東への冷遇、祝典に影」
という見出しで
「ボンに首都を置いた西独への吸収合併に過ぎなかった。
夢はしぼみ、東西の経済格差など厳しい現実が横たわる。
首都移転を完了した『ベルリン共和国』の重い課題になる」
という記事を掲載している。
確かに記者のいうように東ドイツでは旧共産党の勢力が
今も衰えていないことは事実だ。
しかしその理由を即冷戦中のイデオロギーと結びつけ、
をとらないまま記事にしてしまうところがいかにも朝日の新聞記者らしい。
 ではその真相とは何か。
答えは簡単である。
彼らはただやみくもに西側にたてつくことで、
少しでも西側から有利な条件を引き出そうとしているのだ
どうやらイデオロギーに凝り固まった記者の目には、
その辺の微妙な旧東ドイツ人の「壁」崩
壊前と崩壊後10年の心境は見通せないらしい。

 それはさておき、日本では、天皇皇后陛下在位10年を祝う
政府の記念式典が12日に開かれるにあたって、記者会見が行なわれたという。
その席上、記者団の質問
即位以来の外国訪問で最も印象深い思い出」のお答えとして、
 
 天皇陛下
「今朝はちょうどベルリンの壁が壊されてから10年に当たりますが、
壁が壊されて4年後、私はドイツを訪問し、
時のワイツゼッカー大統領、デイープゲン・ベルリン市長両ご夫妻とともに、
皇后と西ベルリンから東ベルリンへ、
壁のないブランデンブルク門を通って歩き、
そこでベートーベンの『歓びの歌』の合唱を聞いたことは、
忘れ得ない思い出となっています」
 
 皇后さまは
「それぞれの旅に思い出があり、その中から最も印象深い1つを選ぶことは
難しいのですが、
いま陛下もお触れになりましたように、
も『壁』崩壊後のベルリン訪問は、とりわけ深い印象と共に思い出します。
今から10年前のちょうど今ごろ、
テレビのニュースで朝の光をいっぱいに受けたブランデンブルク門
群がる人々の笑顔を見、その明るい光景に強く心を打たれてから4年後、
陛下のおともをしてベルリンを訪れ、
ワイツゼッカー大統領ご夫妻とベルリンのデイープゲン市長ご夫妻とともに
ブランデンブルク門を通りました。
その後、壁の周辺を歩き、そこで亡くなった幾人かの方々のお墓を見、
この壁とともにあった30年近くに及ぶ世界の歴史とその壁のために
命を失った人々と、また運命を違えた多くの人々のうえに
いをいたしました。忘れることのできない旅の1日でした」
 と語られたとある。

 その両陛下ドイツ人への心やさしい思いが
ドイツ人にも届いたのであろうか。
ドイツの主要紙の1つ「デイ・ウエルト」紙13日付朝刊の第1面は
陛下即位10周年記念式典をカラー写真入りで掲載し、
日本国民がその式典を心からお祝いしたと報じていたことを
付け加えておきたい。

===========================

2014-11-20

2014-11-19

■【新潮流】「言志」第2号、「安倍政権の本当の姿」発売!+「美しくしなやかな国 日本」中山恭子先生

■【新潮流】「言志」第2号、「安倍政権の本当の姿」発売!+「美しくしなやかな国 日本」中山恭子先生
編集
しばらくおやすみし、、命の洗濯をいたしました!
その辺の事情は、明日の水島社長との『言いたい放談』でお話いたしますので
よろしくお願いいたします。。
というわけで、今日は、お知らせその他に関して、お送りいたします。
◆その1)
新潮流】「言志」第2号、「安倍政権の本当の姿」発売
http://www.youtube.com/watch?v=YhP3MdeVlqo&feature=youtube_gdata
◆その2)NPO法人百人の会より★☆★☆美し国特別講演会★☆★☆ 
◆その3)小林幹雄氏より
◆昨日は、農水産庁前の抗議に参加致しました。
日本国民を守ると言う外交を世界は、そっと見てると思います。
===========================
◆その1)
新潮流】「言志」第2号、「安倍政権の本当の姿」発売
http://www.youtube.com/watch?v=YhP3MdeVlqo&feature=youtube_gdata
<<2014/11/19 に公開
日本を主語とした言論マガジン「言志」が、
書店流通にリニューアルされて発売されまし¬た!
書店の他、amazonなどのネット通販、チャンネル桜でも
送料無料でお買い求め¬頂けます。是非ご購読下さい。

◆その2)
NPO法人百人の会より
★☆★☆美し国特別講演会★☆★☆ 

「美しくしなやかな国 日本」

特別講師:参議院議員 中山恭子先生 × 美し国代表 菅家一比古


財務官僚から外交官、そして国会議員国務大臣として
国際経験を積まれてきた参議院議員中山恭子先生が、
誇りある日本人の姿、日本女性の「たおやかさ」「しなやかさ」「美しさ」
について美し国代表の菅家一比古とともに語ります。
日本が本来の姿を取り戻し、世界の文化が交流する「場」
(文化のプラットホーム)としての使命を果たすこと。
これこそが「日本蘇り」です。
中山恭子先生のたおやかでしなやかなお人柄、そして職務に
全力を尽くされるお姿にだれもが感銘を受けることでしょう。
ぜひお誘い合わせのうえ、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

【日時】平成26年11月14日(金) 18:30〜21:00(受付18:00〜)

【会場】快・決いい会議室 HALL-A 
     東京都新宿区歌舞伎町2丁目4-10 KDX東新宿ビル3F 
(バトゥールトーキョーの3階)
    (地下鉄副都心線?大江戸線東新宿駅」A1出口より徒歩0分)


【参加費】前売り●美し国会員2,000円  5枚???で招待券1枚進呈
           ●一般申込 3,000円  

     ★ 当日券●一律4,000円

【申込期限】11月10日(月)まで   以降当日扱いになります。

参加申込・お問い合わせ先
03-3311-7810 杉並区議会議員 松浦芳子

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
       
■ 平成26年度会費納入のお願い
平成26年度の会費未納の方は、よろしくご協力ください。情報交換、メール
受信は弊会の会員であることが原則です。入会の手続きがお済でない方は速や
かに下記入会フォームより手続きを賜りますようお願い申し上げます。
◎1〜2ケ月は試用期間。ご自由にご覧ください。
平成26年4月1日    NPO法人百人の会 事務局
入会、会費納入案内フォーム http://www1.ocn.ne.jp/~h100prs/nyuukai.html

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【御案内】
(1) 当会では、ニュース(主に教育関係)、みなさまからの情報、ご意見等を
  転送配信、(全国約9000名;うち地方議員1/3)または機関紙等に掲載(文字
  数制限等のため編集する場合があります)します。
  但し、第3者を誹謗中傷、人格攻撃、または乱暴な内容、表現。根拠の希薄な
  情報等は発信できません。また、個人のご意見へは原則反論1回のみ配信。
  特に礼節ある文言の使用を厳守ください。
  ※1 皆様からのメールを転送するに関し、その内容は弊会は一切責任
    を負えませんのでご了承ください。
  ※2 当会発信の情報はご自由に転送、貼り付け拡散下さい。ただし、「N
    PO法人百人の会」が発信元であることを明示してください。発信元
    表示の消去、部分的転写は固くお断りいたします。
(2) 皆様よりいただいた情報は原則公開いたします。非公開希望の情報、事
  務局への親書、連絡には【秘】のマークを。
  また、当会が発信する個人宛のメールは原則件名に【私信】と記されています。
(3)もし貴方がHPをお持ちでしたらURLをお教えださい。NPO法人百人の
  会HP参加者名簿とリンクしたいと思います。

【ご参考】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会(百人の会)』 http://www1.ocn.ne.jp/~h100prs/
参加地方議員http://www1.ocn.ne.jp/~h100prs/party/sanka-top.htm
『MASUKI情報デスク』関与の諸会 http://mid.parfe.jp/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
【発信責任者】
『NPO法人教育再生地方議員百人と市民の会』 事務局長 増木重夫
〒565-0874  大阪府吹田市古江台2-10-13 阪口ビル3F
 TEL 090-3710-4815 / FAX06-6835-0974

◆その3)
小林幹雄氏より
<<益々御健勝の事と、お慶び申し上げます。
 独逸の秋は如何でしょうか。枯葉舞う季節には日本は
至っておりませんが、そちらは幾分日本より肌寒い日々
御察しいたします。
どうか、御身体を大切にされ、お風邪など召されぬ様ご留意くださいませ。
本日のFBにおきまして、遅ればせながら11月2日の浦和におきましての、
大高 未貴女史の講演会に先立つ浦和駅前の、街宣活動の写真をUPしました。
大高 未貴女史のご講演会の模様はわたしの拙文より
チャンネル桜様で動画公開されている、御発言をFB上に挙げさせて頂きました。
既存メディア・教育界・嘘捏造し歴史を冒涜する「朝日新聞
を我々日本人は歳月を出来るだけ短縮し先人の名誉、尊厳を回復するのは
使命であり子子孫孫、日本国民の歴史的屈辱や国家観の正常化の為にも
立ち上がわなければと強く思う所存です。
その為にも朝日新聞解体は必要なことでもあると確信致します。

以下 チャンネル桜様で放映されました動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=RnYRnLs5mqY&feature=youtube_gdata 

https://www.youtube.com/watch?v=LZn7hnJ5LKc&feature=youtube_gdata 

https://www.youtube.com/watch?v=YqUSJwR86So&feature=youtube_gdata 

梅澤元少佐様の動画もありました。

https://www.youtube.com/watch?v=3KRreGxUHCE 

https://www.youtube.com/watch?v=Pn3MqD_9Fdk 

https://www.youtube.com/watch?v=zX-e62BF0c4 

https://www.youtube.com/watch?v=Fb72d8HuNtA 

◆昨日は、農水産庁前の抗議に参加致しました。
APECの際の障壁になるのか、日本国民が日本領海での漁業活動、
尖閣に、御眠りになる御霊に哀悼の誠を奉げる鎮魂を霞が関が阻止
したのであります。

一方、中共の組織的(金銭的採算を含め)な小笠原珊瑚乱獲には
手を拱く日本政府の離島防衛の軟弱さを露呈しました。
200隻を遥かに超える船団は「密猟」と表現するマスメディア
愚かしさには日本国民をも騙しているとしか思えません。
指揮する船舶は船名を隠し、乱獲する船舶は新調の網で活動し、
それは中央の指揮する国、中共が日本の出方を観察・威嚇しております。
APECが成功か非か賛否両論がありますが、日本国は不法船を
拿捕し船舶を取り上げる対処もすべきであったかと思います。

何れにせよ、「政府全体の意見・・云々」で頑張れ
日本の漁業活動≒実効支配意志ならび漁師さんを妨害したのは
不当であり不法であると感じます。
単に、尖閣の棚上げ論に終止する事なく、日本人が日本領海で漁業できる
至極当然な事を望み、離島防衛や日本の領土・領海・領空を断固守る
姿勢であって頂きたく存じ、
強かな外交を望みます。
日本国民を守ると言う外交を世界は、そっと見てると思います。

長々、拙文にて誠に失礼致しました。

これから寒くなりますが、どうか、御身体を大切にお過ごしくださいませ。
何時も、祖国日本を見守ってくださり、ありがとうございます。

 敬具>>
==============================
◆◆◆[表現者] 58号連載予告 
ー情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
(参照:その1)■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483
その2)■言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い
櫻井よしこ氏の不可解な言動
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140921/1411324219 
その3)■櫻井よしこ氏の歴史観ですが・・・・・
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20141016/1413505279 )

◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)も
お手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90
◆◆【新潮流】新創刊「言志」第2号予告![桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=x4f_1ySSW5o&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
メインタイトル「安倍政権の女性政策移民問題
拙稿のタイトル「子育て先進国ドイツから安倍総理の女性政策を激励する」
(第一号は諸般憂い切れで増刷!)

◆◆「「朝日新聞を糺す国民会議
http://www.asahi-tadasukai.jp/

◆◆「表現者」57号発売中
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/?gclid=CKLAhd74uLYCFYLwzAodWm8A4A
連載 「情報戦略ー余りにも大きな日独間の隔たり
「シュタージイ崩壊の顛末」
クライン孝子
◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆














2014-11-09

■【言いたい放談】中国の浸透と多極化の流れを甘く見るな+ベルリンの壁崩壊25周年祝典

■【言いたい放談】中国の浸透と多極化の流れを甘く見るな+ベルリンの壁崩壊25周年祝典
編集
◆【言いたい放談】中国の浸透と多極化の流れを甘く見るな[桜H26/11/7]
http://www.youtube.com/watch?v=6pSR85EbS9Y&feature=youtube_gdata
◆今日からふたたび安倍地球儀外交が開始
◆その『ベルリンの壁』とは、私は深い関係があります。、
◆ところが今度は東の警察官が、鏡のついた捜査機を持込んで・・・
◆というのは『自由買い』というテーマで本を書き始めたからです。
◆そして政治犯を初め弁護士政治家などにインタビューを申し込み、
◆1989年11月9日、『ベルリンの壁』崩壊のニュースを知るや、
◆よじ登って初めて知ったのですが、その壁の厚さ(=幅)たるや、
◆で、連邦議会の近くにある白い十字架の前に立ち、私は十字を
◆そんなわけで、今日の『ベルリンの壁』25周年記念式は、私にとって
◆悪友奥山篤信氏より「ベルリンの壁が崩れてから早25年だ!」
プーチンよ、ソ連の責任をちょっとは後継者として考えたことはあるのか!
◆よりにもよって、そんなドイツにとって歴史的意義深い日に
◆他にも中国との会談も用意されているとか
◆ さらに日米豪首脳会談では

=============================

◆【言いたい放談】中国の浸透と多極化の流れを甘く見るな[桜H26/11/7]
http://www.youtube.com/watch?v=6pSR85EbS9Y&feature=youtube_gdata
<<2014/11/07 に公開
第二列島線で好き勝手する中国漁船に手を拱く日本。
これを諸外国がどう見ているのか警¬鐘を鳴らしておくと共に、
民主党が大敗した中間選挙の歴史的意味などについて
話し合¬っていきます。>>

◆今日からふたたび安倍地球儀外交が開始されました。
ところで今日はどういう皮下皆さんご存知でしょうか。
実は今日は
ベルリンの壁』崩壊25周年に当たる日で、従って
盛大なは記念式典がベルリンを中心にドイツ各地でも行われました。
◆その『ベルリンの壁』とは、私は深い関係があります。、
というのも、1968年、スイスチューリッヒに到着して
2ヶ月目に、さっそくベルリンへとび、東西ベルリンに構築された壁を見学し、
その後観光バスで東ベルリンへ入りました。
ニコリともしないいかめしい顔つきの東ベルリンから派遣されてきたガイドが
いきなり観光客全員のパスポートを取り上げしまったのを覚えています。
西ベルリンとちがって、
人通りの少ない東ベルリンへ入って、その薄気味の悪いこと!
緊張しながら、あちこち見学したあと、西ベルリンへ帰ってきたときはほっとしました。
◆ところが今度は東の警察官が、鏡のついた捜査機を持込んでバスに
乗り込んできました。何をするのかと思ったら、実は鏡つきの捜査機で、イスのしたなどの、東からの逃亡者が隠れていないかチェックしていたのです。。
その後、再び私はベルリンを再三訪れるようになりました。
◆というのは『自由買い』というテーマで本を書き始めたからです。
以後約3年半にわたって、東西ベルリンをうろうろしはじめました。
その内容ですが、東ドイツでは東から逃亡しようとして、未然に、たとえば、
国境などで発見されたばあい、例外なく投獄されました。
そこで、西ドイツでは、これら逃亡政治犯を何とかして助け出そうとして
外貨不足で困っている東ドイツに目を付け、東ドイツ政府と密かに交渉し、東西の教会を通すことで、あくまでもヒューマニズムという観点から彼らを一人いくらで買う
『自由買い』に手をつけることにしたのです。
この事実を知り、私は頻繁に東西ベルリンへ足を運んだものでした。
◆そして政治犯を初め弁護士政治家などにインタビューを申し込み、まとめ
『自由買い』というタイトルで、文芸春秋から1986年八月に上梓しました。
実はこの本ですが、世に出してして3年後に『ベルリンの壁』は崩壊しました。
◆1989年11月9日、『ベルリンの壁』崩壊のニュースを知るや、
さっそくベルリンへ飛びました。そして、『壁』のなかでは
もっとも頑丈で、高さ3メートルもあるブランデンブルグの壁に登りました。
一人ではとてものぼれなせんので、周囲の若者に手を貸してもらい、
よじ登った記憶があります。。。
◆登って初めて知ったのですが、
その壁の厚さ(=幅)たるや、1メートルぐらいあったことでした。
あれから25年経ってしまいました。
ときどきベルリンへ知人も多いので情報入手のために、足を運ぶのですが、
あの頃緊張した厳しい面影はすっかりなくなって、『ベルリンの壁』も
とうとう「歴史」になってしまいました。
◆で、連邦議会の近くにある白い十字架の前に立ち、私は十字を切っております。
そう、当時、東側の何百人もの、多くは若者が、『ベルリンの壁』を
超え西ベルリンへ逃げようとして、
国境警備隊に撃ち殺されたその犠牲者の十字架があるからです。
◆そんなわけで、今日の『ベルリンの壁』25周年記念式は、私にとってとても
感慨深いものとなでりました。
(参照:Gorbatschow ist vom Westen enttäuscht
http://www.msn.com/de-de/nachrichten/deutschland/gorbatschow-ist-vom-westen-entt%c3%a4uscht/ar-AA78EvP?ocid=UP97DHP
ベルリンの壁崩壊から25年 分断を光で再現、ゴルビー参加
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014110801001113.html
Krenz: Mauerfall hätte "in Katastrophe enden können"
http://www.msn.com/de-de/nachrichten/25-jahre-mauerfall?ocid=UP97DHP

◆悪友奥山篤信氏より
<<ベルリンの壁が崩れてから早25年だ!
Angela Merkel : "La chute du Mur est un signal d’espoir pour les peuples opprimés"
まさに暴政に喘ぐ人々、民族浄化に喘ぐ人々 
ベルリン壁崩壊は絶望のなかの希望として永遠に!
僕も商事時代1984年ごろだったか長期出張で
東西ベルリンを毎日(チャーリーポイントかフリードリッヒストラーセ)
朝夕往復していたがあの緊張感は忘れられない思い出だ。
24の特集見ていたらベルリンの壁の落書き芸術家
それに僕の尊敬するドイツの巨匠シュレンドルフ監督が出ているではないか!
ベルリンの壁ほど映画の題材文学の題材の格好の題材だった。
この間見たドイツ映画De L'autre cote du Murも例外ではない。
共産主義が人類にもたらした100年近い弊害、
プーチンソ連の責任をちょっとは後継者として考えたことはあるのか!
どれだけ日本を含めお前らが加害者となって人類へ悪徳の限りを尽くしたか!!>>


◆よりにもよって、そんなドイツにとって歴史的意義深い日に
安倍総理プーチンと会談されたとのこと。
プーチン氏訪日は来年 日ロ首脳、領土解決策議論を確認
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014110901001207.html
(参照:西部邁ゼミナール
プーチンヨーロッパをどう見ているか
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive_detail.php?show_date=20140615 )
◆他にも中国との会談も用意されているとか
(参照:4項目の日中合意文書の裏側を読む
*木村 正人 | 在英国際ジャーナリスト
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20141109-00040585/
*日中が対話再開へ、尖閣めぐり見解の相違認める
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0IR0PE20141107
サンゴ密漁:日本の赤サンゴ16万円でどうだ…中国・福建
http://mainichi.jp/select/news/20141109k0000m040065000c.html
中国漁船の領海侵犯、たかすぎしんさく氏が電凸3youtube(ベッラさんのブログより)
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/523877b291e708f00c8f93ec9eb0b5ff
*元海保一色正春氏が提言「自衛隊と連携して制圧を」 サンゴ強奪中国
http://news.infoseek.co.jp/article/07fujizak20141107003
◆ さらに日米豪首脳会談では
*日米豪首脳会談の開催発表 中国にらみ3カ国連携強化
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014110801001259.html
とか。
◆◆◆[表現者] 58号連載予告 
ー情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
(参照:その1)■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483
その2)■言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い
櫻井よしこ氏の不可解な言動
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140921/1411324219 
その3)■櫻井よしこ氏の歴史観ですが・・・・・
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20141016/1413505279 )

◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)も
お手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90
◆◆【新潮流】新創刊「言志」第2号予告![桜H26/9/19]
http://www.youtube.com/watch?v=x4f_1ySSW5o&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
メインタイトル「安倍政権の女性政策移民問題
拙稿のタイトル「子育て先進国ドイツから安倍総理の女性政策を激励する」
(第一号は諸般憂い切れで増刷!)

◆◆「「朝日新聞を糺す国民会議
http://www.asahi-tadasukai.jp/

◆◆「表現者」57号発売中
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/?gclid=CKLAhd74uLYCFYLwzAodWm8A4A
連載 「情報戦略ー余りにも大きな日独間の隔たり
「シュタージイ崩壊の顛末」
クライン孝子
◆◆◆◆「表現者」(偶数月16日発売)
MXエンターテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが4大キャンペーン
新電子雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html

他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/

曽野 綾子著「私を変えた聖書の言葉』
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1359-8.html
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
40余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: mail@takakoklein.de

メルマガ発行者: クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2014-11-07

■ベルリンの壁崩壊25周年祝典+[表現者] 58号連載予告 ー情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー

【言いたい放談】中国の浸透と多極化の流れを甘く見るな[桜H26/11/7]
http://www.youtube.com/watch?v=6pSR85EbS9Y&feature=youtube_gdata
<<2014/11/07 に公開
第二列島線で好き勝手する中国漁船に手を拱く日本。
これを諸外国がどう見ているのか警­鐘を鳴らしておくと共に、
民主党が大敗した中間選挙の歴史的意味などについて
話し合­っていきます。>>

プーチン氏訪日は来年 日ロ首脳、領土解決策議論を確認
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014110901001207.html

4項目の日中合意文書の裏側を読む
木村 正人 | 在英国際ジャーナリスト
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kimuramasato/20141109-00040585/
日中が対話再開へ、尖閣めぐり見解の相違認める
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPKBN0IR0PE20141107
サンゴ密漁:日本の赤サンゴ16万円でどうだ…中国・福建
http://mainichi.jp/select/news/20141109k0000m040065000c.html
中国漁船の領海侵犯、たかすぎしんさく氏が電凸3youtube(ベッラさんのブログより)
http://blog.goo.ne.jp/bellavoce3594/e/523877b291e708f00c8f93ec9eb0b5ff
海保一色正春氏が提言「自衛隊と連携して制圧を」 サンゴ強奪中国
http://news.infoseek.co.jp/article/07fujizak20141107003

◆◆◆[表現者] 58号連載予告 
ー情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー
櫻井よしこ氏の目に余る「媚態という醜態」=
(参照:その1)■日本はゴーストライター+盗用オンパレード。
著名ジャーナリストや評論家に要注意!
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140907/1410106483
その2)■言いたい放談】朝日とテロ国連との戦い
櫻井よしこ氏の不可解な言動
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140921/1411324219 
その3)■櫻井よしこ氏の歴史観ですが・・・・・
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20141016/1413505279 )

◆◆◆西部ゼミクライン孝子」の過去全出演記録(ビデオ)も
お手すきの折
クリックしてご覧下さると嬉しいです。
http://s.mxtv.jp/nishibe/archive.php?keyword=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AD%9D%E5%AD%90