Hatena::ブログ(Diary)

クライン孝子の日記

2016-02-06

◆【言いたい放談】ドイツも日本も、自らの善意によって国難を招く

【言いたい放談】ドイツも日本も、自らの善意によって国難を招く[桜H28/2/5]
https://www.youtube.com/watch?v=1SiWvc8IhLA
<<2016/02/05 に公開
難民の大量流入で政権基盤が揺らぎ始めたドイツメルケル政権と、
日韓関係の“正常化­”で外交失点を犯した安倍政権
共に善意と譲歩につけ込まれて国難を招き寄せる形にな­った敗戦国の類似性と、
日独両国に謀略を仕掛けているアメリカの暗躍について指摘して­おきます>>

2016-02-05

◆[敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか]を読んで(4)+安倍さんなら北方領土問題、決断可能!

敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか』を読んで(4)
+安倍さんなら「北方領土問題」 決断ができる!

横浜野村でございます。
◆御著の第1章34ページ、領土請求権ですが
◆このことに関連して、日本のロシアソ連時代から)との
◆筆者註;ご指摘のとおり、この項に関して実は・・・
◆というわけで、一部、その部分を再現します。
◆日本は2009年7月3日、北方4島を「わが国固有の領土」と
◆ ロシアにすれば、「日本は第二次世界大戦で負けた国
ゴルバチョフ・エリツイン時代こそ日本にとって絶好のチャンスだった。
◆さっそくドイツでは当時コール首相が、このチャンスを捕え、
◆そういえば当時の日本はバブルの絶頂期だった!
◆ そのお金を北方領土返還に回していたなら・・・
◆2013年2月22日、森元首相プーチン大統領と会談
朝日新聞ですら・・・・、“
産経新聞に至っては、・・・
◆私は日本が「四島一括返還」を固持する限り、
◆私は、中立条約を一方的に破って攻め込んだソ連が非道なのだから、
◆「情勢ノ推移ニ伴フ帝國國策要綱」
◆出典:國立公文書館 アジア歴史資料センター
ドイツソ連へ攻め込んだ10日後に、
◆要するに「対ソ武力準備し」「独ソ戦争でソ連が弱まったら」
◆次回書かせて頂きたい瀬島龍三論でも触れる『沈黙のファイル』
◆日本はドイツの同盟国だというところから出発すべきだ。
◆お互い様、なのです。
◆ただ政治家はそれをいうと袋叩きに遭う
小泉さん北朝鮮から拉致被害者を奪回した時も、
櫻井よしこなどという人が非難急先鋒でしたね。
ソ連条約破りをいいますけど、日本もソ連側に攻め込む検討は
◆全島一括して取り返したかったら、もう一度戦争するしかないでしょう。
◆安倍さんなら決断ができるでしょう。
◆安倍さんの決断は、産経のみならず朝日ですら非難するでしょうね。
◆それにたじろがぬ人物が出て、物事は次へ進む
========================

横浜野村でございます。
人の目にほとんどふれることのない拙文を掲載して頂いて、
感謝致しております。
〈筆者註:こちらこそ貴重なお時間を割かれて、
論文をお送りくださり、心から感謝いたしております)
==========================
◆御著の第1章34ページ、
第二次世界大戦後にポーランド領とされた東プロイセン
シュレジエンなど(東プロイセン北部
ソ連カリーニングラード州として併合)のオーデル・ナイセ線
以東における領土請求権を再統一ドイツは完全放棄。」

◆このことに関連して、日本のロシアソ連時代から)との
北方領土」交渉の稚拙を、クラインさんは指摘されたと思いました。
御本の中にそのことが記されていたと思いましたが見つかりません。
あるいは東京でお目に掛かったとき、お話し頂いたか、私の誤解、
思い込みかも知れません。そうであれば、お許し下さい。

◆筆者註;ご指摘のとおり、この項に関しては、実は
拙著「大計なき国家・日本の末路」第8章にて、以下のように
書き記しております。きっと野村さんにはこの第8章をお読みいただいた
のだと思います。
◆というわけで、一部、その部分を大雑把で申し訳にありませんが
再現させていただきます。。

◆==日本は2009年7月3日、北方4島を「わが国固有の領土」と
法的に明記した「改正北方領土問題か生ける促進特別措置法」を
参院本会議似おいて全会一致で可決、成立させた。これでロシア側が
反発を強めるのは必至で、・・・・・
私はまたも日本外交の底の浅さを知らされてがっかりした。
  中略
◆ ロシアにすれば、「日本は第二次世界大戦で負けた国なのでしょ。
その国が、戦争勝利国ロシアから自国の領土を返してほしいって?
冗談も休み休み言ってほしいモノ。もしどうしても北方領土ロシアから
取り返したいのなら、次なる戦争を日本が起こして勝つこと。そんな
度胸も覚悟もないくせに、北方領土全島返還要求? ご冗談もほどほどに
すべき」ということになる。
  略
◆ 実はゴルバチョフ・エリツイン時代こそ日本にとって、北方領土返還実現
の絶好のチャンスだったのだ。何しろこの時代のソ連ロシアは政治、
というよりも経済が崩壊寸前、ピンチの状況にあったからで、この時期を
狙って北方領土を、ソ連の足下を見て二束三文で取り返すことができたからだ。
 
◆さっそくドイツでは当時コール首相が、このチャンスを捕え、
大物二人ゴルバチョフ・エリツインに接近してプライベートな
関係を築き、「ベルリンの壁」崩壊後一年にしてドイツ統一達成、それに
東ドイツ駐屯ソ連兵役30万人全員本国引揚を実現してみせた。
その時のコールの科白がふるっている。
「カネで解決できるならこれほど安いものはない」と・・・・・

◆そういえば当時の日本はバブルの絶頂期にあってアメリカ
三菱地所によるロックフェラー・センター
ソニーによるコロムビア映画買収が行われ、アメリカ人のハートを傷つけ
恨みを買ったものだ。
◆ そのお金を北方領土返還に回していたなら・・・
今一つ、ドイツのコールのような才覚ある政治家が日本のトップ
であったなら・・・、
と思うと残念でならない。  以下略==
==================
◆ というわけで野村氏ですが、、

◆2013年2月22日、森元首相プーチン大統領と会談しました。
翌日の主要紙の社説から、それぞれ一部を切り抜きます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆[読売新聞 2013年2月23日(土)]
 森氏はプーチン氏との会談で、北方領土問題について
昨年3月「引き分け」を目指すと発言したことの意味を質(ただ)した。
プーチン氏は「勝ち負けなしの解決だ」と述べるにとどめたという。

 森氏が先月、テレビ番組で択捉島以外の3島の先行返還に言及したのは、
現実的な解決を急ぐべきだと考えるからだろう。
 麻生副総理外相時代に4島全体の面積を2等分する
「面積等分論」に言及したことがある。
 だが、安倍、プーチン政権による交渉はこれからである。
交渉前から譲歩姿勢を示せば一層つけこまれかねない。
従来通り4島返還を掲げて交渉に臨むべきだ。
◆[毎日新聞社 2013年2月23日(土)]
 領土問題の解決にあたって日露間の認識に依然隔たりがあるのも事実だ。
しかし、中国などと緊張要因を抱えた日本にとって、
地域の安定やエネルギー資源の確保という広い視点からも対露関係を
とらえ直す必要がある。その中で領土問題打開への道筋を
探っていくために、今回の会談を足がかりに、首脳同士の活発な相互交流に
ぜひつなげてほしい。
◆[産経新聞 2013年2月23日(土)]
 平和条約を結べない理由が北方領土への不法占拠にあり、
原因を作ったのがロシア自身であることは言うまでもない。
 北方四島は先の大戦の終戦時の混乱に乗じてソ連
中立条約を破棄し、武力占領した。
プーチン氏はその後継国家の元首として歴史の不正を正す責任がある。

 日本政府も「3島返還」「面積折半」といった異論に
流されてはならない。原則を堅持して対露協議に臨む必要がある。
◆[朝日新聞 2013年2月23日(土)]
 歯舞、色丹の二島返還から踏み出す姿勢は見せていない。
国後、択捉を含む四島の帰属問題解決をめざす日本側との隔たりは、
なお大きい。
◆[日本経済新聞 2013年2月23日(土)]
 問題はプーチン大統領が「引き分け」による決着を表明し
四島の日本への帰属を求める日本側の主張とかけ離れていることだ。
大統領は今回、「双方が受け入れ可能な解決策」が「引き分け」の
意味だと森氏に語ったという。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
朝日新聞ですら、“国後、択捉を含む四島の帰属問題解決をめざす
日本側との隔たりは、なお大きい。”と言い、
産経新聞に至っては、“日本政府も「3島返還」「面積折半」といった
異論に流されてはならない。原則を堅持して対露協議に臨む必要がある。”と、
一直線です。
産経のその前提が、“平和条約を結べない理由が北方領土への不法占拠にあり、
原因を作ったのがロシア自身であることは言うまでもない。”
ということです。

◆私は日本が「四島一括返還」を固持する限り、これから更に50年交渉しても
北方領土は、(「四島一括」で)、帰って来ないと思います。
これは交渉ごとの当然で、100%を求める相手ほど、
妥結を先送りし易い交渉相手なのです。
100%を求める者は、何も求めない者と、多くの場合結果は同じになります。

更に産経新聞の前提、
「平和条約を結べない理由が北方領土への不法占拠にあり、
原因を作ったのがロシア自身」というのが、その通り正しいか、
ということです。

◆私は、中立条約を一方的に破って攻め込んだソ連が非道なのだから、
四島一括、全面返還が当然だと思っていました。
しかしそうでもなかったようです。

◆「情勢ノ推移ニ伴フ帝國國策要綱」
という、御前会議を経て決定された国策文書があります。
ソ連には筒抜けだったでしょう)。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆出典:國立公文書館 アジア歴史資料センター
レファレンスコード:C12120183800
(誤字脱字は転記者・野村の責任です。
資料に使われる場合は原典を参照して下さい)

情勢ノ推移ニ伴フ帝國國策要綱

昭和十六年七月二日
御前會議決定

第一 方針

一、帝國ハ世界情勢變轉ノ如何ニ拘ラス大東亜共榮圏ヲ建設シ
  以テ世界平和ノ確立ニ寄与セントスル方針ヲ堅持ス
二、帝國ハ依然支那事變處理ニ邁進シ且自存自衛ノ基礎ヲ確立
  スル為南方進出ノ歩ヲ進メ又情勢ノ推移ニ應シ
  北方問題ヲ解決ス
三、帝國ハ右目的達成ノ為如何ナル障害ヲモ之ヲ排除ス

第二 要綱

一、蒋政權屈服促進ノ為更ニ南方諸域ヨリノ壓力ヲ强化ス
  情勢ノ推移ニ應シ適時重慶政權ニ對スル交戦權ヲ行使
支那ニ於ケル敵性租界ヲ接収ス
二、帝國ハ其ノ自存自衛上南方要域ニ對スル必要ナル外交交渉
  ヲ続行シ其ノ他各般ノ施策ヲ促進ス
  之カ為對英米戦準備ヲ整ヘ先ツ「對佛印泰施策要綱」及
  「南方施策促進ニ關スル件」ニ遽リ佛印及泰ニ對スル諸方
  策ヲ完遂シ以テ南方進出ノ態勢ヲ强化ス
  帝國ハ本號目的達成ノ為對英米戦ヲ辞セス
三、獨「ソ」戦ニ對シテハ三國樞軸ノ精奪魎霙乾肇好襯盪奪
  之ニ介入スルコトナク密カニ對「ソ」武力的準備ヲ整ヘ
  自主的ニ對處ス
  此ノ間固ヨリ周密ナル用意ヲ以テ外交交渉ヲ行フ
  獨「ソ」戦争ノ推移帝國ノ為有利ニ進展セハ武力ヲ行使
  シテ北方問題ヲ解決シ北邊ノ安定ヲ確保ス
四、前號遂行ニ方リ各種ノ施策就中武力行使ノ決定ニ際シ
  テハ對英米戦争ノ基本態勢ノ保持ニ大ナル支障ナカラシム
五、米國ノ参戦ハ既定方針ニ従ヒ外交手段其ノ他有ユル方法ニ
  依リ極力之ヲ防止スヘキモ萬一米國カ参戦シタル場合ニハ
  帝國ハ三國条約ニ基キ行動ス但シ武力行使ノ時機及方法ハ
  自主的ニ之ヲ定ム
六、速ニ國内戦時體制ノ徹底的强化ニ移行ス特ニ國土防衛ノ
  强化ニ勉ム
七、具体的措置ニ關シテハ別ニ之ヲ定ム
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

時系列でみると、

1940.09.27 日独伊、三国同盟締結
1941.04.13 日ソ中立条約締結(4月30日公布)
1941.06.22 独ソ戦開戦
1941.07.02 「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」決定
1941.07.07〜08.09 関東軍特別大演習(関特演)

ということになります。
ドイツソ連へ攻め込んだ10日後に、
「情勢ノ推移ニ伴フ帝国国策要綱」を決定しています。
その要項三項は、

獨「ソ」戦ニ對シテハ三國極軸ノ精奪魎霙乾肇好襯盪奪之ニ
介入スルコトナク密カニ對「ソ」武力的準備ヲ整エ自主的ニ對處ス
此ノ間固ヨリ周密ナル用意ヲ以テ外交交渉ヲ行フ獨「ソ」戦争ノ
推移帝國ノ為有利ニ進展セハ武力ヲ行使シテ北方問題ヲ解決シ北邊ノ
安定ヲ確保ス

◆要するに「対ソ武力準備し」「独ソ戦争でソ連が弱まったら」
「(対ソ)武力を行使して」北方問題を解決する、というのです。
(私の読解力ではそうなります)
そして直後、7月7日に「関東軍特種演習」(関特演)が下令されます
ソ連国境に70万人以上を動員した大演習であったそうです。

◆次回書かせて頂きたい瀬島龍三論でも触れる
『沈黙のファイル』(共同通信社)末尾のイワン・コワレンコ証言において
コワレンコ氏は次のように述べています。(p.354)

>>>>>
◆日本はドイツの同盟国だというところから出発すべきだ。
日ソ中立条約があったにもかかわらず日本はドイツと協力した。
北太平洋日本軍は戦争物資や民需品を乗せたソ連の民間輸送船を沈めた。
ソ連についてのスパイ情報もドイツに送った。
ソ連国境に関東軍を集結した。
そのためソ連はソ満国境に四十個師団を配置しなければならず、
これらの師団ドイツとの戦争に投入できなかった。
直接の敵ではなかったが、敵と同じだった。
>>>>>

◆お互い様、なのです。

日本が四島一括返還を呪文のように唱えている限り、
島は永久に還って来ないでしょう。
日本は自縄自縛でタイミングを失したと思います。
一切を求めても、得るのは無です。
◆ただ政治家はそれをいうと袋叩きに遭うので、
おそろしくて口にしないのです。
橋本・エリツィンの時もチャンスはあったと思います。
森元首相の2013年1月9日夜BSフジ番組での
“「3島返還」選択肢”発言もそうでした。
産経などでは特に批判されていました。

小泉さん北朝鮮から拉致被害者を奪回した時も、
それが「全員でない」という理由で、
他ならぬ拉致被害者支援者サイドから非難されました。
櫻井よしこなどという人が非難急先鋒でしたね。
http://www.nomusan.com/archive2012.07.08/~essay/essay_18_sakurai-yoshiko.html

一切を求める者は、外見は立派に見えて、何も求めていないのです。
ソ連条約破りをいいますけど、日本もソ連側に攻め込む検討は
十分にしていたのです。
南へ向かったのは「選択」の問題に過ぎません。
お互い様と思います。
竹島尖閣とは意味が違うのです。北方四島は、「戦争」で取られたのです。

◆全島一括して取り返したかったら、もう一度戦争するしかないでしょう。

◆安倍さんなら決断ができるでしょう。
◆安倍さんの決断は、産経のみならず朝日ですら非難するでしょうね。
日本共産党は当然非難します。
共産党千島列島まで日本固有の領土だと言っています。
もっとも国後・択捉は北方領土“外”のようですが
左右から袋叩きされる安倍さんが見えるようです。
◆安倍さんはそれを覚悟できる政治家と思います。
出来もしないことを要求して出来ないと非難する。
政治も報道もそういうものと思います。
◆それにたじろがぬ人物が出て、物事は次へ進むのです。

野村かつよし=
=======================
安倍昭恵氏よりご丁寧なお礼のお手紙を頂戴しました拙著
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==
ドイツ在住45年余のノンフィクション作家、渾身の直言。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
=======================
表現者64号
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー 
=壮絶!『難民助け屋』の歴史=
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/
*次号予告65号
=日本嫌いとドイツ嫌いを煽る国際謀略=
=============================
◆「どうする日本の女性政策」クライン孝子著 海竜社 
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1431-1.html
◆【言いたい放談】クライン孝子の女性政策と安倍総理存在感
https://www.youtube.com/watch?v=RjFm55eSzvY
安倍昭恵著 =「私」を生きる
http://books.rakuten.co.jp/rb/13492330/
===========================
◆仲良しの永冶ベックマン啓子さんよりお知らせです。
ドイツ 最新栄養学の無料メール・講座の案内です。

正しい情報に出会えば、今まで不可能と思われていた事が起きたり、出来
るようになり、健康な日常生活を取り戻すことが可能です。
http://german-sup.com/mail/
===============================================
◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第5号発売!!!
http://www.genshi-net.com/
安倍政権の超長期化なくして憲法達成は達成できない クライン孝子
◆◆ーテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが大キャンペーン
雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html
他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/
曽野綾子著「国家の徳」
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5786320
クライン孝子の著書紹介
http://www.takakoklein.de/buch.htm
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
45余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016-01-29

◆【言いたい放談】天皇・皇后両陛下のフィリピン公式訪問に思うこと+蓮池透氏と北朝鮮

◆【言いたい放談】天皇皇后陛下フィリピン公式訪問に思うこと[桜H28/1/29]
https://www.youtube.com/watch?v=5BLuUUdsfKw
◆両陛下フィリピンで日本人戦没者を慰霊
◆悪友奥山篤信氏より
◆アキノ大統領様がわざわざ見送りに空港まで、
◆安倍さんが羽田空港に出迎えになりました。
◆ さてもその間、日本国内では、反日分子の間で
ドイツにおける諜報関係にことのほか関心のある私は、
◆さっそく「日本のこころを大切にする党」代表中山恭子
◆*中山恭子蓮池透北朝鮮に利用されている」
安倍総理 2016年1月19日【参議院 予算委員会 国会
https://www.youtube.com/watch?v=jdjgYrfjUU4
◆*蓮池透氏の著書「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!
◆ もっともその蓮池透氏ですが、
新潟県柏崎市生まれ。大学卒業後、東京電力入社し、
◆格好の貴重な情報提供者として
◆今一つ蓮池薫氏においても以下のような情報
◆元小学校教諭」の横井邦彦氏(55歳)は、
◆『あ、私を拉致しようとした男だ!』と思わず叫んでしまったのです」
◆*その横井氏はこの件をネット上で公表していました。
===============================
◆【言いたい放談】天皇皇后陛下フィリピン公式訪問に思うこと[桜H28/1/29]
https://www.youtube.com/watch?v=5BLuUUdsfKw
<</01/29 に公開
今回は、天皇皇后陛下フィリピン公式訪問に関連した思い出と、
反動が表面化した¬欧州難民問題について話しあっていきます。>>

天皇皇后陛下フィリピンにご到着(海外の反応)
http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/46665146.html
◆両陛下フィリピンで日本人戦没者を慰霊
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2690722.html

◆悪友奥山篤信氏より
<<お疲れ様でした 最高の感動でありました

◆アキノ大統領様がわざわざ見送りに空港まで、
これは極めて異例なプロトコルであって、
如何にアキノ大統領様が両陛下と気持ちが通じた証拠であります。
外交的にもこんな素晴らしい実績を果たして頂きました。
有り難う御座いました。

◆安倍さんが羽田空港に出迎えになりました。
国を愛する安倍さんの出迎える素晴らしい笑顔も印象的でした。
日本国臣民としてこれほど素晴らしい光景はありませんでした。
日本国万歳!>>

◆ さてもその間、日本国内では、反日分子の間で
あたかも口裏を合わせてかのように明らかに安倍内閣弱体を狙った
事件が一つは、週刊文春による甘利大臣事件
二つは講談社による蓮池透氏の新著事件が同時多発的に起こり、
ドイツにおける諜報関係にことのほか関心のある私は、一時はどうなることかと
心配したものでしたが、前者甘利大臣に関しては辞任という形で
一段落つき、一安心!
ところが今度は、蓮池氏のスキャンダラスな著書が上梓され、
国会でも取り上げられたとか。
◆さっそく「日本のこころを大切にする党」代表中山恭子
http://blogos.com/article/158022/
国会で次のように質問されこれに安倍総理が回答されました。
◆*中山恭子蓮池透北朝鮮に利用されている」
安倍総理 2016年1月19日【参議院 予算委員会 国会
https://www.youtube.com/watch?v=jdjgYrfjUU4
私も少なからずお手伝いさせていたきましたこともあり、
横田ご夫妻をはじめ有本ご夫妻のお怒りと悲しみが
ここドイツ在住のす私にもじーんと伝わってまいりました!
◆*蓮池透氏の著書「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!
「救出運動の邪魔しないで」「明らかにうそ。講談社も責任を!」
http://www.sankei.com/premium/news/160130/prm1601300031-n1.html

◆ もっともその蓮池透氏ですが、氏のご著書の
「私が愛した東京電力福島第一原発保守管理者
に紹介されていますように
<<著者について
新潟県柏崎市生まれ。大学卒業後、東京電力入社し、
福島第一原発保守管理などを担当。
一昨年の退社時は原子燃料サイクル部部長。北朝鮮による拉致問題では、
長く「家族会」の事務局長を務めたが、
「制裁より対話を」という考えを批判され、除名される。 >>
とありますように、これは私の推測ですが、既に彼は北朝鮮から
原発開発」=原爆製造のエキスパート、つまり
◆格好の貴重な情報提供者=スパイとして標的にされ
暗躍していたように思われます。
従って、2010年3月28日
被害者家族会側として、、蓮池透さんの退会をせまったのではないか
http://web.archive.org/web/20100331134627/www.yomiuri.co.jp/national/news/20100328-OYT1T00603.htm
 
◆今一つ蓮池薫氏においても以下のような情報が流れています
*【蓮池薫さんは私を拉致しようと日本に上陸していた】
この話、今更だけさ。このブログにも書かせてね。(不条理日記 2007.1.7)
http://himadesu.seesaa.net/article/31020740.html
<<「愛知県内で電力設備のメンテナンス会社に勤める
◆元小学校教諭」の横井邦彦氏(55歳)は、
「忘れもしない、02年10月15日のことです、
羽田空港に到着した政府チャーター機から、
拉致被害者5人が降りてきました。
その時、蓮池薫さん(49歳)を見て
◆『あ、私を拉致しようとした男だ!』と思わず叫んでしまったのです」

◆*その横井氏はこの件をネット上で公表していました。
http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/539.html
http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/580.html
http://www.asyura2.com/0610/asia6/msg/590.html >>
========================
安倍昭恵氏よりご丁寧なお礼のお手紙を頂戴しました拙著
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==
ドイツ在住45年余のノンフィクション作家、渾身の直言。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
=======================
表現者64号
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー 
=壮絶!『難民助け屋』の歴史=
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/
*次号予告65号
=日本嫌いとドイツ嫌いを煽る国際謀略=
=============================
◆「どうする日本の女性政策」クライン孝子著 海竜社 
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1431-1.html
◆【言いたい放談】クライン孝子の女性政策と安倍総理存在感
https://www.youtube.com/watch?v=RjFm55eSzvY
安倍昭恵著 =「私」を生きる
http://books.rakuten.co.jp/rb/13492330/
===========================
◆仲良しの永冶ベックマン啓子さんよりお知らせです。
ドイツ 最新栄養学の無料メール・講座の案内です。

正しい情報に出会えば、今まで不可能と思われていた事が起きたり、出来
るようになり、健康な日常生活を取り戻すことが可能です。
http://german-sup.com/mail/
===============================================
◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第5号発売!!!
http://www.genshi-net.com/
安倍政権の超長期化なくして憲法達成は達成できない クライン孝子
◆◆ーテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが大キャンペーン
雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html
他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/
曽野綾子著「国家の徳」
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5786320
クライン孝子の著書紹介
http://www.takakoklein.de/buch.htm
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
45余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

櫻井よしこ氏お得意のアジテーションがまたも開始?
http://www.sankei.com/premium/news/160201/prm1602010006-n1.html
(参照:櫻井よしこジャーナリストの堕落
.ノムラカツヨシ
http://www.nomusan.com/archive2012.07.08/~essay/essay_18_sakurai-yoshiko.html )
韓国工作指揮か…朝鮮大学校元副学部長を逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000301/20160202-OYT1T50160.html?from=yartcl_popin
2015.10.22 (木)
「 外務省無策で、記憶遺産登録 」
週刊新潮』 2015年10月22日号
日本ルネッサンス 第676回
http://yoshiko-sakurai.jp/2015/10/22/6160

櫻井よしこ日韓合意の安倍総理の決断で
世界の反日メディアが日本側に立った!」
「パククネは韓国の歴史をおかしいと思っている!」
https://www.youtube.com/watch?v=RJdHTrgybOg#t=205

◆3年間ありがとう…首相、「盟友」の労ねぎらう+間違っても「言論の自由」のおかげではない

◆3年間ありがとう…首相、「盟友」の労ねぎらう
編集
◆3年間ありがとう…首相、「盟友」の労ねぎらう
◆甘利氏に「今私が座っていられるのは甘利さんのおかげだ。
麻生太郎財務相「大変残念」 後任の石原伸晃氏には辛口エール
小泉進次郎氏、甘利大臣辞任に「大変残念」
◆「私を含めて、恐らく(TPP交渉に)関わっていた関係者も、
◆その1〉久しぶりだな文春VS新潮
◆その2)甘利大臣を嵌めた週刊文春はどこのスパイの片棒担ぎか?
◆その3)甘利スキャンダルと野党のていたらく
◆間違っても「言論の自由」のおかげなんかではない
◆所詮野党も『週刊文春』の掌の上で踊らされているにすぎない
◆さっそく悪友奥山篤信氏より
◆調印式に行って欲しかった。
◆今日の会見一部始終聞いたが、僕は<嘘はない>と判断した。
品性下劣な岡田フランケンシュタイン以下民主党や・・・
◆僕は舌ガンと戦い国際修羅場で活躍した甘利さんならいつでも
=============================
◆3年間ありがとう…首相、「盟友」の労ねぎらう
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160128-OYT1T50193.html?from=ytop_ylist
<<甘利氏は数日前から辞任を覚悟していたが、
安倍首相は「内閣支持率が10%落ちても辞める必要はない」
と励まし続けた。
中略
首相に返り咲くきっかけとなった2012年9月の自民党総裁選で、
甘利氏は首相の選対本部長を務めたこともある。
首相総裁選を「厳しい選挙だった」と振り返ると、
◆甘利氏に「今私が座っていられるのは甘利さんのおかげだ。
3年間ありがとうございました」と感謝の言葉も伝えた。>>

麻生太郎財務相「大変残念」 後任の石原伸晃氏には
「あまり得意じゃないかも…」と辛口エール
http://www.sankei.com/economy/news/160129/ecn1601290032-n1.html

小泉進次郎氏、甘利大臣辞任に「大変残念」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000086-nksports-pol
<<辞任は)政治家としてのご自身の判断」とした上で、
甘利氏が28日の辞任会見で、
来月4日のニュージーランドで行われるTPP署名式に
「出席したかった」と述べたことについて、
◆「私を含めて、恐らく(TPP交渉に)関わっていた関係者も、
甘利大臣に署名式に行ってもらいたいという思いは、あったと思う」と、
甘利氏の胸中を思いやる場面もあった。>>

◆ 一方で日本の国益を著しく貶めることになったこの事件、
私など一体誰が背後で糸を引いて、このような実に正確な時期を
選んで、安倍政権弱体を謀ったのか、犯人は一体誰なのか、
その一味を追求したいところです。
〈参照:◆その1〉久しぶりだな文春VS新潮
http://matome.naver.jp/odai/2145354217841227501
<<一色は、文春にも新潮にも記事を売り込んでるだろうしな
裏を読んで断った新潮と、承知の上で買った文春、こんな感じかな>>
◆その2)甘利大臣を嵌めた週刊文春はどこのスパイの片棒担ぎか?
http://sentaku.org/topics/59443223/
<<甘利大臣の政治と金の疑惑だが
・暴露した側が甘利大臣側とのやりとりをすべて録音している事
・暴露した側が口利き料の50万円の札の番号が分かるように写真に撮っている事
普通はこんなことやらないでしょう!
週刊文春はどこの差し金で動いたのでしょうか??>>
◆その3)甘利スキャンダルと野党のていたらく
http://zakkan.org/blog-entry-1136.html  )
<<国会論議のなかで「政権を追い詰める攻め手を欠いていた」野党は、
この記事で「攻勢を強めている」そうです。
一方、自民党内には、今回のスキャンダルは「はめられた」
という同情論も多いのだとか。
たしかに、『週刊文春』の記事ひとつで、”政局”が動いていく
このような構図は、どこか不自然な気がしてなりません。
◆間違っても「言論の自由」のおかげなんかではないでしょう。
つまり、「攻勢を強める」野党も、
◆所詮『週刊文春』の掌の上で踊らされているにすぎないのです。
政権を倒す展望もその気もない野党は、自分たちの力ではなく、
ただ週刊誌の記事を借りて、文字通り他力本願政権批判しているに
すぎないのです。
これほどのていたらくがあるでしょうか。>>

◆さっそく悪友奥山篤信氏より
<<甘利さんすばらしい! 安倍総理危機管理もすばらしい!
石原はあかんげが・・・

TPPで怒鳴り散らしながら国益を主張した日本に珍しいガンガンと
公舞台で主張する男と僕はそれまで気が付かなかったが、高く評価している。
今回のいわば交通事故的陰謀事件にひっかかったのは誠に残念だ.

◆調印式に行って欲しかった。
甘利さんじゃなければまず日本の政治家は無理だっただろう。

 (石原が後任だと あかんわ!コイツ 
根性ないし直ぐ切れる すぐ泣く 慎太郎親父DNAのひとかけらも血筋なし!)

◆今日の会見一部始終聞いたが、僕は<嘘はない>と判断した。
そして男らしい辞任 
秘書の責任は自分だと認め、
政治家の矜持と自分の美学を気持ちを堪えるように述べる甘利さん。
僕は今までに無い率直な政治家の古代武士のような責任の取り方だと思った。
ついでに議員も辞職したらよろしい。
そして次期選挙で出てくればよいのだ!
国民は甘利さんを見捨てないぞ!

品性下劣な岡田フランケンシュタイン以下民主党
大阪維新以外の下劣な野郎どものくだらないイチャモン
シャットアウトするためにも。
◆僕は舌ガンと戦い国際修羅場で活躍した甘利さんならいつでも
復活のチャンスあるのでここは議員辞職で純化しなさいっつ!>>
========================
安倍昭恵氏よりご丁寧なお礼のお手紙を頂戴しました拙著
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==
ドイツ在住45年余のノンフィクション作家、渾身の直言。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
=======================
表現者64号
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー 
=壮絶!『難民助け屋』の歴史=
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/
*次号予告65号
=日本嫌いとドイツ嫌いを煽る国際謀略=
=============================
◆「どうする日本の女性政策」クライン孝子著 海竜社 
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1431-1.html
◆【言いたい放談】クライン孝子の女性政策と安倍総理存在感
https://www.youtube.com/watch?v=RjFm55eSzvY
安倍昭恵著 =「私」を生きる
http://books.rakuten.co.jp/rb/13492330/
===========================
◆仲良しの永冶ベックマン啓子さんよりお知らせです。
ドイツ 最新栄養学の無料メール・講座の案内です。

正しい情報に出会えば、今まで不可能と思われていた事が起きたり、出来
るようになり、健康な日常生活を取り戻すことが可能です。
http://german-sup.com/mail/
===============================================
◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第5号発売!!!
http://www.genshi-net.com/
安倍政権の超長期化なくして憲法達成は達成できない クライン孝子
◆◆ーテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが大キャンペーン
雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html
他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/
曽野綾子著「国家の徳」
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5786320
クライン孝子の著書紹介
http://www.takakoklein.de/buch.htm
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
45余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

独国民の40%「メルケル首相辞任すべき」、難民政策に不満=調査
http://jp.reuters.com/article/europe-migrants-germany-merkel-idJPKCN0V719A
首相難民抑制に「修正」…州議選控え
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160201-OYT1T50056.html?from=yartcl_blist
難民の家族呼び寄せ制限へ
http://www.sankei.com/world/news/160129/wor1601290023-n1.html
【世界大乱】難民大量受け入れで欧州米国“治安崩壊” テロ、金品強奪、性犯罪
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160126/dms1601261550004-n1.htm
ドイツ難民申請する「シリア人」、3割が国籍偽装か
http://www.afpbb.com/articles/-/3061271
デンマーク難民の財産没収法を可決 欧州の強硬姿勢に拍車
http://www.cnn.co.jp/world/35076875.html
スウェーデン、最大8万人の難民申請者を国外退去へ
http://news.livedoor.com/article/detail/11115516/

ケキケテ@JYgctQ0V 2016-01-23 23:02:06 id11501881


週刊文春はほかの野党にも問題がありそうだから問題提起すべき。
反権力もいいが、足の引っ張り合いをするから日本はだめなんだ!!
週刊文春だってお金払っているんでしょ。
これだけ用意周到な嵌め込みを行っていて恥ずかしくないのかな?
一般の人でも嵌めるの? >>
 

2016-01-28

◆戦犯100人超を許した比大統領 孫娘と両陛下が面会へ

戦犯100人超を許した比大統領 孫娘と両陛下が面会へ

戦犯100人超を許した比大統領 孫娘と両陛下が面会へ
http://www.asahi.com/articles/ASJ1X34BRJ1XPTIL003.html?iref=comtop_list_nat_n01
========================
モンテンルパの夜は更けて(ベッラさんのブログより)
その1)https://www.youtube.com/watch?v=dgDpWBdDcJQ#t=10
◆今一つ、今年92歳になられ太平洋戦争における生き証人の伊佐先生
◆ 奇遇とはこのことをいうのでしょうか?
◆ちなみに伊佐先生ですが、
◆ その伊佐先生のメールですが、
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
 購入し拝読しました。
◆お願いですが熊本大学医学部の名誉教授で森岡亨先生に
◆そのお二人の先生に私の大好きな歌謡曲〈2曲〉を・・
===========================
モンテンルパの夜は更けて  (ベッラさんのブログより)
(筆者註“今もこの歌を聞くとつい涙ぐんでしまいます。
その1)https://www.youtube.com/watch?v=dgDpWBdDcJQ#t=10
その2)「モンテンルパの夜は更けて」〜BC級戦犯の命を救った人びと〜(最終回)
http://www.jinken-net.com/gozonji/information/1404-1.html

◆今一つ、今年92歳になられ太平洋戦争における生き証人でいらっしゃる
伊佐二久先生!から、久方ぶりにメールを頂戴いたしました。
氏を紹介してくださったのは、既に20年来の大の仲良し
ヴオイガート立子さんで、彼女は、ドイツでDR(博士号)を取得し
その後ザールブリュッケン大学(日本学科)の教壇に立って
多くの大学生に日本文化や歴史を、定年退職後の
今では、週に一度ボランテイアで今度は高校生に
教えています。
◆ 奇遇とはこのことをいうのでしょうか?
 実は、軍隊における伊佐先生の上司が立子さんのお父上だった
とのこと。
〈参照:
◆航空士官学校・小林中隊長、立山生徒隊長と御息女方の御活躍を紹介  伊佐二久(55期)
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140718/1405657607    )
 
◆ちなみに伊佐先生ですが、
1)伊佐先生のプロフイール
http://www.hmv.co.jp/artist_%E4%BC%8A%E4%BD%90%E4%B8%89%E4%BC%91_200000000183177/biography/
2)[サラ-ム!エジプト エジプト庶民生活点描] 伊佐二久
http://books.rakuten.co.jp/rb/8988133/

◆ その伊佐先生のメールですが、
<<かねてメール頂き楽しく拝見はしています。
◆御著書の
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
 購入し拝読しました。

同じ敗戦国でありながらドイツに学ぶべきところが多いと
痛感いたしました。
今後とも御活躍をお祈りしています。

◆お願いですが熊本大学医学部の名誉教授で森岡亨先生
〈参照:[西海のごまめの歯ぎしり] 熊本大学医学部名誉教授 森岡亨
http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/files/anesth/book/27/12.pdf?1368683232 〉

がいますが、この方に「クライン孝子の日記」をご紹介いたしたく
送っていただければ有り難く存じます。
アドレスは xxxxxです。

お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願い申し上げます。

 伊佐二久 >>
 
◆そのお二人の先生に以下の歌謡曲〈2曲〉を送りさせていただきます。
◆異国の丘
https://www.youtube.com/watch?v=9hkoI_r3MLM
異国の丘 吉田正
https://www.youtube.com/watch?v=DN3Kcl8Gs-I
吉田正シベリアで作った幻の4曲([nozawa22]より)
http://nozawa22.cocolog-nifty.com/nozawa22/2011/03/nozawa22.html

◆父よあなたは強かった
https://www.youtube.com/watch?v=5XXggeAttdw
[父よあなたは強かった ]の解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%B6%E3%82%88%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AF%E5%BC%B7%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F
========================
安倍昭恵氏よりご丁寧なお礼のお手紙を頂戴しました拙著
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==
ドイツ在住45年余のノンフィクション作家、渾身の直言。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
=======================
表現者64号
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー 
=壮絶!『難民助け屋』の歴史=
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/
*次号予告65号
=日本嫌いとドイツ嫌いを煽る国際謀略=
=============================
◆「どうする日本の女性政策」クライン孝子著 海竜社 
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1431-1.html
◆【言いたい放談】クライン孝子の女性政策と安倍総理存在感
https://www.youtube.com/watch?v=RjFm55eSzvY
安倍昭恵著 =「私」を生きる
http://books.rakuten.co.jp/rb/13492330/
===========================
◆仲良しの永冶ベックマン啓子さんよりお知らせです。
ドイツ 最新栄養学の無料メール・講座の案内です。

正しい情報に出会えば、今まで不可能と思われていた事が起きたり、出来
るようになり、健康な日常生活を取り戻すことが可能です。
http://german-sup.com/mail/
===============================================
◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第5号発売!!!
http://www.genshi-net.com/
安倍政権の超長期化なくして憲法達成は達成できない クライン孝子
◆◆ーテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが大キャンペーン
雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html
他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/
曽野綾子著「国家の徳」
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5786320
クライン孝子の著書紹介
http://www.takakoklein.de/buch.htm
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
45余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2016-01-26

◆[敗戦国・日本とドイツ、戦後70年でなぜ差が付いたのか]を読んで(3 ) 野村かつよし

========================

◆[敗戦国・日本とドイツ戦後70年でなぜ差が付いたのか]を読んで(3 ) 野村かつよし

安倍昭恵氏よりご丁寧なお礼のお手紙を頂戴しました拙著
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==
ドイツ在住45年余のノンフィクション作家、渾身の直言。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
=======================
◆筆者註;すばらしい野村論文に胸が熱くなりました。
◆第3章120-121ページ、
「忘れてならないのは、当時の空爆がいかに凄まじいものであったかを
2011年9月19日の『河北新報』によれば、
◆「保存を望まないご遺族の気持ちを尊重したい」と
◆又、「第18共徳丸
気仙沼市では、震災の記憶を伝えるモニュメント震災遺構」として
◆2001年6月8日「大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件」が発生
◆この現場校舎は今は解体され跡形もありません。
◆その翌年、ドイツエアフルト」において、
◆そこには次のように刻まれているようです。
◆私は事件発生の3ヶ月後、2002年夏、エアフルトを訪ねた。
◆人の世にはこのようなことも起こる、その現場は貴重な教材である
広島の『原爆ドーム』が残されたのは、奇跡と思います。
長崎浦上天主堂」は、消されてしまいました。
◆私は、如何に悲惨な現場であれ、悲惨であればあるほど・・・、
◆どのような悲惨なことも、「起こり得る」
◆それを見据えることの出来る、強い心が、その再発を防ぐ
======================
◆筆者註;野村論文に胸が熱くなりました。
そこで今回はその第3弾を掲載させていただきます。
<<横浜野村でございます。

◆第3章120-121ページ、
「忘れてならないのは、当時の空爆がいかに凄まじいものであったかを
後世に伝え、
当時の戦争の悲惨さを風化させないようにと、『聖母教会』の
外壁のところどころに古い瓦礫石材をはめ込んでいることだ。
周辺一帯のどっしりとした重々しい由緒あるバロック様式建造物の復旧では、
女神の立像は、空爆当時そのまま煙に巻かれ煤で真っ黒になった姿をとどめている。
ドイツ人は、こうして70余年前の傷跡をしっかり残すことで、
次のステップの土台にしようとしているのである。」

2011年9月19日の『河北新報』によれば、
防災庁舎解体の意向 南三陸町長「遺族の気持ち尊重」]
とあります。
宮城県南三陸町の佐藤仁町長は18日、東日本大震災津波で町職員33人が死亡、
行方不明となった町防災対策庁舎について、
◆「保存を望まないご遺族の気持ちを尊重したい」と述べ、
解体する意向を明らかにした。
職員の遺族宅を訪問して伝えた。佐藤町長によると、遺族から庁舎の保
存に関する質問が出て「見ると家族を失ったつらい思いがよみがえるので、
できれば壊してほしい」と要望があったという。(後略)”

◆又、
第18共徳丸は全長60メートル、総トン数は330トン。
東日本大震災津波によって、港から750メートルも離れた市街地まで
運ばれた。
ガレキや他の漁船が取り除かれて、周囲が更地になった今も、大きすぎて移動
できなかった第18共徳丸だけが残っていた。
気仙沼市では、震災の記憶を伝える
モニュメント震災遺構」として保存を目指していた。
しかし、気仙沼市が7月に行った市民アンケートで、
約7割が保存は必要ないと回答したこと
から、菅原茂市長も保存を断念したという。」
http://www.huffingtonpost.jp/2013/09/09/18th-kyoutokumaru_n_3891553.html
スクラップになってしまいました。


◆2001年6月8日、いわゆる「大阪教育大学附属池田小学校児童殺傷事件」
が発生しました
宅間守という男が校内に侵入、児童8人が殺され、教師を
含む15人が重軽傷を負った事件です。
◆この現場校舎は今は解体され跡形もありません。

◆その翌年、ドイツエアフルト」において、
エアフルト事件」というのが発生しました。
wikipediaでみますと、現場には事件について記された
プレートがあり、
◆そこには次のように刻まれているようです。

 場所:ドイツ連邦共和国テューリンゲン州エアフルト
 日付:2002年4月26日
 標的:教師
 攻撃手段:銃撃
 武器:リボルバー、短散弾銃
 死亡者:17人(犯人を含む)
 負傷者:6人
 犯人:元生徒
 動機:自分を退学にした教師への恨み

◆私は事件発生の3ヶ月後、2002年夏、エアフルトを訪ねました。
その事件のあった教室が、そのまま使われている、
と聞いたからです。
事件は悲惨なことではあるが「あり得ないこと」でなく、
◆人の世にはこのようなことも起こる、ならばその現場は貴重な教材である
というのがドイツ人の考えでした。

エアフルトでは、私の会話力ではその学校を探し当てることができませんでした。
勿論探し当てても、中へ入ることは不可能だったでしょう。

結局、大聖堂でミサに与り、昼食をとってエアフルトをあとにしました。
今は随分きれいな都市になったのでしょうが、
当時はまだ旧東ドイツの面影を残す、地味な町であったと思います。

南三陸町や池田小学校の、日本人の対応を見て、
広島の『原爆ドーム』が残されたのは、奇跡と思います。
これを残した被爆者、周辺の方々を、偉大と思います。

長崎浦上天主堂」は、消されてしまいました。
被爆直後の「浦上」の写真を見ると、これを消し去ったことが痛恨です。
正に『人類への遺産』であったと思います。

それでも外装をレンガ造りにする前の浦上には、正面壁際に、
傷ついた聖人使徒たちの大きな像が並んでいました
それらが正面から撤去されて、おそらく30年以上になるのでしょう。

◆私は、如何に悲惨な現場であれ、悲惨であればあるほど、
その現場は、被害者の手を離れ公共のものと思います。
将来の世代を含めて、公共のものと思います。
全部を残すことは勿論あり得ませんが、
防災対策庁舎」や「船」は、残すべきであったと思います。
東電福島第一水素爆発の遺構は、そのまま残すべきであったのです。

◆どのような悲惨なことも、「起こり得る」のです。
「あり得ない」はあり得ないのです。
◆それを見据えることの出来る、強い心が、その再発を防ぐのです。

野村かつよし= >>

安倍昭恵氏よりご丁寧なお礼のお手紙を頂戴しました拙著
==敗戦国・日本とドイツ 戦後70年でなぜ差がついたのか==
ドイツ在住45年余のノンフィクション作家、渾身の直言。
http://books.rakuten.co.jp/rb/13452098/
========================
表現者64号
クライン孝子の情報戦略「あまりにも大きな日独間の隔たり」ー 
=壮絶!『難民助け屋』の歴史=
http://www.fujisan.co.jp/product/1281687591/
*次号予告65号
=日本嫌いとドイツ嫌いを煽る国際謀略=
=============================
◆「どうする日本の女性政策」クライン孝子著 海竜社 
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1431-1.html
◆【言いたい放談】クライン孝子の女性政策と安倍総理存在感
https://www.youtube.com/watch?v=RjFm55eSzvY
安倍昭恵著 =「私」を生きる
http://books.rakuten.co.jp/rb/13492330/
===========================
◆仲良しの永冶ベックマン啓子さんよりお知らせです。
ドイツ 最新栄養学の無料メール・講座の案内です。

正しい情報に出会えば、今まで不可能と思われていた事が起きたり、出来
るようになり、健康な日常生活を取り戻すことが可能です。
http://german-sup.com/mail/
===============================================
◆◆既製の保守雑誌とは違う斬新な【新潮流】「言志」、第5号発売!!!
http://www.genshi-net.com/
安倍政権の超長期化なくして憲法達成は達成できない クライン孝子
◆◆ーテインメント株式会社 窪田哲学
携帯電話番号090-8485-6652
電話番号 03-5213-3985 FAX 03-5213-3947
〒102-0082 千代田区一番町27−2理工図書ビル6階
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/ 
===============================
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年のわが大キャンペーン
雑誌「言志」
http://www.genshi-net.com/
チャンネル桜二千人委員会入会のお薦め
http://www.ch-sakura.jp/579.html
他紙より面白い産経紙購読のお薦め
http://reader.sankei.co.jp/reader/
曽野綾子著「国家の徳」
http://www.bookservice.jp/ItemDetail?cmId=5786320
クライン孝子の著書紹介
http://www.takakoklein.de/buch.htm
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

_21世紀を迎えた今世界は混沌としています。日本もその渦て
政治経済ともに、国際的視点に立脚し欧州からの情報収集が不可欠に
なってきています。欧州の国際情勢を日記風にまとめドイツ滞在歴
45余年の経験を生かし、現地よりレポートします。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

・ 上記につきクライン孝子名抜きのメルマガの転載・発言は固く
 お断りいたします。
(なお「クライン孝子」および「クライン孝子の日記」
と明記されていれば、転載・発言は大いに結構! 歓迎いたします)
・このメルマガは下記のホームページからの登録も可能です。
・このメルマガは下記のホームページの孝子日記でもご覧になれます。
 「クライン孝子ホームページ」 http://www.takakoklein.de
 「はてな 」  http://d.hatena.ne.jp/eschborn/
メールはこちらへ  E-mail: takako.klein@gmail.com
メルマガ発行者クライン孝子 (フランクフルト在住 )
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■航空士官学校・小林中隊長、立山生徒隊長と御息女方の御活躍を紹介  伊佐二久(55期)
http://d.hatena.ne.jp/eschborn/20140718/1405657607
伊佐先生のプロフイール
http://www.hmv.co.jp/artist_%E4%BC%8A%E4%BD%90%E4%B8%89%E4%BC%91_200000000183177/biography/
[サラ-ム!エジプト エジプト庶民生活点描] 伊佐二久
http://books.rakuten.co.jp/rb/8988133/
[西海のごまめの歯ぎしり] 熊本大学医学部名誉教授 森岡亨
http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/files/anesth/book/27/12.pdf?1368683232