esd-hの日記

2005-12-20 実行委員会12月19日

日時:2005年12月19日(月)19:00〜21:15

場所:高岡ウイングウイング6階

参加者:9名

内容的なものは会議資料として作成した「当日フロー」を基に行いましたので、

話し合った結果の変更・追加点を盛り込んだ添付資料をご覧ください。

話し合いとしては、

・「はじめに」で伊藤さんが実行委員長として話すので、その前のアナウンスに

あたる部分を本人がやるのはおかしい。→本田さんに変更(全体通して)

・昼食時の交流会→どう考えても時間が押していることと、外へ食べに行く人も

いるとのことで、昼食時には行えないであろう→様子を見て、できそうな雰囲気

であればまわりの人と30秒自己紹介をうながしても良いかもしれない。

・交流の意味での「自己紹介シート」の導入→記入時間(事前配布も今からでは

無理)および、分科会名前記入ボード前が混乱するので、今回はなし。→そのか

わり、時間があれば昼食後「住みなおし(巣見直し??)」を説明後、まわりの

人とちょっと意見交換してもらう。

・全体会で各分科会が発表した後、分科会ごとのQ&Aはやらず全体で行う。全ての

発表が出そろってから質問やまとめに関する提案を受けた方が効率が良いと思わ

れたため。

・担当や準備物の確認

朝比奈

2005-12-16 実行委員会の記録12月15日

実行委員会の記録12月15日

時間:19:00〜21:00場所:サンシップとやま3Fボランティア交流サロン        6名

以下 銑の内容を話し合いました。

〇臆端團▲鵐院璽箸砲弔い董

アンケート呼びかけは、事務局からの連絡の時にする。

問4の職業については、

  ・「主婦」→「主夫」に変更。

  ・「団体職員」の項目を追加。

  ・「無職」の項目は付け足さない。

問9については、

書くスペースをもっと広く取る。(そのかわりに問10のスペー

スを少し狭める)内容は、

  ・アンケート:講演会、分科会、ワークショップ、全体会

の4   つの分野で、それぞれ5段階評価のアンケートをとる

。    (仮:大変良かった、良かった、どちらでもない、

良くなか   った、全く良くなかったの5段階)

☆次回までにこの5段階の分け方は、MLで意見をもらう。

  ・感想:自由に書いてもらう。

当日資料について

  ・経歴の簡略化

  ・写真の大きさ、バランスの統一

プログラムについて(大きな変更事項)

<第一セッション>

1.あいさつ(9:30〜9:35)の5分間、主催者のあいさつとし

て  伊藤さんのあいさつを追加。

 (9:35〜9:50)が環境省渋谷さんのあいさつ

  会場内配置は、ステージ側を向いている。

2.講演(9:50〜10:20)

3.円卓討論会

  会場内配置は、中央の円卓に向きを変える。

4.事務局からの連絡事項

  ・午前中に帰る参加者にアンケート記入を呼びかける。

  ・会場番号については、午後に呼びかける。

<昼休み>

  お弁当はホールで食べられる(要確認)

  会場内配置は、昼食用にホールの後側にイスと机をセッテ

ィ  ング。

<第二セッション>

  変更なし。

  ファシリテーターにお任せ。

<第三セッション>

7.全体会

   会場内配置は、中央の円卓を無くし、全体がステージを

見   る。

  ・各分科会の話し合いの結果を模造紙に書き、ビデオに映

    す。ビデオで流しながら模造紙上で内容を修正してい

く。   (この時パソコンでも打っておく。) 

  ・宣言の読み上げ者は、当日の流れによってアドリブで人

数   調節する。

☆次回、宣言担当スタッフ(発表中、まとめの一枚の内容をPC

に打ち込む担当)を決める。

 

<機材部品>

受付

・10年のフロー図はホール内に貼っておく。

・分科会名前記入ボードはあらかじめホール内に貼っておく。

講演・円卓討論会

・マイク(5) サンシップ

・PC(1)伊藤さん

プロジェクター(1)元平さん

・スクリーン(1)サンシップ

ポインター(1)定村さん

・プリンター不必要

ホワイトボードセット必要(?)

磁石必要(?)伊藤さん、TIE

分科会

・裏移りしないマジックセット(?)TIE

・A4裏紙要確認

磁石(?)TIE

・模造紙(?)伊藤さん

全体会(ホール)

・筆記用具→参加者に各自持ってきてもらうよう連絡。連絡竹

中 さんにお願いする。 

田中氏より質問・検討事項

・村上氏の座る場所は、ファシリテーターの横

以上です。

記録:新田

2005-12-12 12月11日実行委員会

12月11日実行委員会

時間:9:00〜13:45

場所:サンシップとやま3Fボランティア交流サロン

参加者:9名

1.各セッションについて

 各セッションについては、

   田中さん:講演会・討論会

   本田さん:分科会

   山下さん:全体会

が、話し合いを受けてそれぞれの担当部分を完成させ、定村へ送付。定村がまと

めて全員に配布する。

(0) あいさつ

 環境省の人からもESDについてきちんと言及してもらうため、15分の時間を割く

。その分を休憩の時間を短縮して対応する。

(1) 池田さんの講演会

 池田さんの書籍販売は可能。実行委員から担当者を付ける必要あり。

   

(2) 円卓討論会

 伊藤さんのESD-Jに送付した図(別途伊藤さんより昨日付で配信済み)をもとに

、討論会で、分科会ね持ち帰るテーマの位置づけを明らかにする(図について、

ご意見をお聞かせください)。

 ESDの必要性については、改めて議論しない。

(3) 分科会(ワークショップ)

 分科会が始まる前に、全体で一度集まり、リ・インハビテイション(再定住)

について、共通認識をする。

 分科会にはESD-Jのメンバーがそれぞれ一人ずつ入り、ESDに関する知識などが

必要な場合に補う。

(4) 全体会

 分科会の話し合いを尊重し、追加程度の修正にとどめる。

 各分科会から、発表者、最後の宣言読み上げ人を決めておく。

2.次回の会議日程について

3.当日のこと

 8:00 集合・準備、パネリスト等打合せ

 9:00 受付開始

4.当日資料について

 日程と内容を分けて書いた方がわかりやすい。この件については、朝比奈さん

から橘さんへ連絡する。

 資料には、伊藤さんの描いた図を添付する。「ESDとは」は、紙幅に合わせて削

除も可。

定村 誠

2005-12-08 第7回目ESD-H実行委員会

<第7回目ESD-H実行委員会>                  記録 野尻浩史

日時:12月6日(水)19:00〜21:30

場所:高岡東部公民館

参加者:6名


☆7日現在の当日参加希望者

参加者―6名(実行委員はその中で竹中さんだけ)

――――みなさんは早く参加申し込みしましょう!!

1:広報について

1)チラシ(3000枚)

配布状況

・行政(各市町村へ)300枚・・・今日行政の方へ手渡し完了。

志摩さん(議員50枚)・・・・・完了。

各県担当の実行委員の方に今日全部配布完了。

福井(300枚)は手違いで配布が来週になる。

富山県内1950枚、県外1050枚

設置状況確認

・WW高岡(20)―完了

・サンフォルテ、サンシップとやま(20)―朝比奈さんが置きに行く。

・教文―竹中さんが明日置きに行く。

富山大学、旧医薬大学―野尻、新田が置く(人文学部だけ完了)

国際大学

高専―伊藤さんが置く。

・YMCA―朝比奈さんが置きに行く。

・TIC(20)―完了

・TCA(20)―朝比奈さんが置きに行く。

・グレーパリー(20)―完了

・ふぉるくろーれ―朝比奈さんが置きに行く。

図書館や公民館には設置しないことにした。


2)ポスター

富山―5枚、石川―20枚、新潟―15枚、長野―10枚

富山での設置場所)サンシップとやま、県庁、富山大(五福キャンパス)、高岡方面、WW

※石川に20枚もいってしまったので、余ったら富山に回す。

3)メディア

富山シティエフエム(朝比奈・橘)12月11日10時―11時 77.7Mhz

KNBと県庁記者クラブについては未確定なので、本田さんに伺う。

2:役割分担

役割( )人数 ボ:当日ボランティア人数

・受付(2+ボ1):竹中・新田・ボ1  

・記録・写真(2):谷口・山下 (デジカメ、録音機準備も)

 また、当日ビデオを回しておく(固定で) 

・昼食(1+ボ2):新田・ボ2

・託児:「スマイルキッズ」に任せる

マスコミ対応(2):辻・田中(3時まで)

・全体司会進行(1):伊藤(伊藤さんがいない場合、本田さん)

・第2セッション(分科会)ファシリテーター(4+1)

:定村・本田・森江・土肥・(田中)

・当日ボランティア(現在の有志希望は1人、でも増えそうである):野尻

・交流会(1):朝比奈

・担い手会議( )(24日午前):会場サンシップ 約30人の部屋(野尻予約)

3:昼食・懇親会

・ 昼食・・・平和通り食堂ランチ、又はパセリの森。金額や量などを考えてもう一度検討する。(参加者6人の内、4人が弁当の申し込み)

・ 懇親会・・JR富山駅近く「よしもり」に20名予約完了。当日30名までOK。

・ 託児・・・スマイルキッズで2名雇う。子供の人数によっては1名にする。

4:当日配布資料

・当日のプログラム作成

当日のタイムスケジュール、写真付きプロフィール(講演者・ファシリテーター・討論者)

メモ用余白。その中に振り返りシートを挟んでおく。・・・たちばなさん担当

・ ESDキックオフブック(ESDについての小冊子)・・ESD-Jから送られてきたものを当日配布。


5:その他、連絡事項

・ 分科会でのお茶、お菓子の購入・・・新田

・ 24日の担い手会議の予約・・・・・野尻

・ 領収書をお持ちの方は橘さんまで出してください。

・ 23日当日、実行委員会の方は朝8時にサンシップ富山1階ホール前に集合。


6:次回の議題

・当日運営について。第1セッションから第3セッションまでの、落としどころを考える。

・広報、予約などの確認。

2005-12-05 チラシ

Connection: close