春になるまで待って このページをアンテナに追加 RSSフィード

[20080308]

「そらのひとひら」1巻(野々原ちき

狙い通り身につまされてしまった。時系列の並べ方についてとかキャラの可愛さについてとか書くべきことは色々あるんでしょうが、とりあえず2つだけ。

まず大隅君について言うと。この作品への批判として、大隅君についての設定が活かされていない、というのはまぁ分かるんですけれど、しかしこの設定たちが同じ向きを指し示していて、それは何かというと非モテの原則その1(全ての可能性を考慮すべし)と非モテの原則その2(自分自身をコントロールすべし)だったりするんじゃないかな、と思います。

あと、登場人物みんな他人に興味がない様子が、見ていて気持ちいいです。これは、連載がここで中止になってしまったからそう見えるのかもしれませんが。みんな幸せそうで、素敵です。

傑作。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/esorat/20080308/1204953916