アンカテ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-04-16

グーグルの閉店大セール=全てのサービスの有料化

グーグルの経営者が「閉店在庫処分大セール」をしようとしたらどうなるだろうか?つまり、店をたたんで明日から悠々自適の生活を送ろうと考えたらどうするだろうか。


もちろん彼らは、何もしなくても手持ちの資産だけで、一生、贅沢三昧で暮らしていけるだろう。だから、これを「会社の潜在的な資産を全て現金化する」と言いかえてみる。

普通の店だったら、全ての商品を値下げして、大安売りすることになる。ところがグーグルの場合は、全てのサービスの有料化になるだろう。検索エンジンからGMailから最近始まったカレンダーサービスから、何もかも有料化する。広告関係は仲介手数料の大幅値上げ。

有料化することで、ユーザは激減し、どのジャンルでも無料の対抗サービスが立ち上がり、企業イメージは最悪のものになる。インターネット自体が変質すると言ってもいいような大騒動になるだろう。

だが、どのサービスにも、「これがなくては何も始まらない」という人がたくさんいるはずだ。そういう人の何割かは、しぶしぶ金を払うだろう。もちろん、一刻も早く同等の無料サービスに移行しようとするが、これまでグーグルが溜めこんだデータと開発した情報発電所のレベルのサービスはすぐには出てこない。少し待てば似たものは出てくるが、良いものを作る所ほど便乗して有料化している。グーグルはものすごい怨念と同時に、かなりの金額を集めるはずだ。そして、現金と引き換えに集める怨念が一定量に達した時、グーグルという会社は消えてなくなる。グーグルを使う人は地球上からいなくなって資産の処分が完了する。

グーグルの「潜在的な資産を全て現金化する」とはそういうことになるだろう。

この思考実験で彼らが集めることになる怨念を反転したものが、グーグルの資産である。怨念を帳消しにしてゼロにできるものとは何だろう?感謝?

感謝ではもうひとつしっくりこないが、何かそれと似たプラスの感情を、グーグルは膨大に保有しており、それがグーグルの資産である。

普通の会社は、在庫を全て現金化するようなことはせず、それを運用して資産を増やそうとするが、その点ではグーグルも同じで、少なくとも今のところは、その資産をまともに運用して、それをさらに増やしている。

我々は知らないうちにグーグルに感謝していて、それが、グーグルから見て資産であれば、こちらから見たら負債であるはずだ。負債の処分を迫られて、グーグルを恨みながら金を払うと、それでイーブンになる。

普通の会社が在庫を全部処分することはあり得ないが、その総額はBSに記載され、それが会社の大きさとみなされる。同様に、グーグルが「閉店在庫処分大セール」をすることはあり得ないが、その総額をグーグルの大きさとみなすべきである。

いつでも現金化できる彼らのこの資産が見えてないとグーグルの大きさを見損なう。その資産には、感謝(のようなもの?)と負債という二つの顔がある。ありがたくもあり恐くもある。二つの顔を両方意識しておくべきだと思う。

DorablueDorablue 2006/04/16 18:42 いつも興味深く拝見しています。この記事、目から鱗でした。

ご参考:『「Google八分」騒ぎを見て思うこと』
http://dorablue.blog51.fc2.com/blog-entry-208.html

nene 2006/04/17 01:24 >何かそれと似たプラスの感情
「リスペクト」?

asekiaseki 2006/04/17 01:46 経営陣が引退したければ株式を売却するだけでは?
企業が精算をするのは「精算価値>継続価値」となった場合ですから、シナリオとしてはあり得ないですね。というか、こんなこと知らなくても、常識的に考えればわかるはず。

asekiaseki 2006/04/17 01:55 「圏外からのひとこと」を読む度に、優れた洞察力に感心するのですが、これはあまりにもとんちんかんすぎてびっくりです。企業が資金を調達できたり、株が市場で取引されるのは、その企業が将来にわたって収益を生むことが織り込まれているからです。Googleを最も高い価値で売却したければ、会社そのものを売却すればいい。

yktykt 2006/04/17 03:09 asekiさん>
「会社の潜在的な資産を全て現金化すると言いかえてみる。」
「思考実験」等の言葉にある通り、
現実的かそうでないかの問題ではないし、
「Googleを最も高い価値で売却したければ」
という話でもないのではないでしょうか。

mondmond 2006/04/17 03:33 いきなりで失礼なのですがこれはひどいです。
何が酷いかってタイトルから文末まですべて誤り、矛盾のオンパレードです。まずgoogleが株式会社という事をご存知でないのでしょう。じゃないと店をたたむなんて言葉は出てこない。会社は株主のものですよ?あなたの言う経営者がそんな事したら即刻首になりますよ。例えgoogleの大株主でも。

hubrishubris 2006/04/17 03:57 フランスの米国に対するフォートノックス「襲撃」ではドルと金との兌換が停止され、SCOのLinuxに対するパテント攻撃の際は、IBM等が親Linuxの特許政策で援護に出たように、落ち目の債権者がなけなしの持分の換金を試みても信用崩壊は起きないけれど、支配的な債権者が発狂して、自滅覚悟で(Googleの株価は即座に地に落ちます)信用崩壊を試みたら、という話ですよね。中東戦争の直前のアラブみたいに、経済外的な方法で報復される(一部の機能の国有化など)んじゃないかなぁ。

hubrishubris 2006/04/17 04:00 連投すみません、だから上でmond氏が示唆するような株主代表訴訟(≒戦争)とか、そういったコーポレートガバナンスによって「発狂」が阻止される、という話ではあるのです。

hubrishubris 2006/04/17 04:11 あとはそうだ、インフルエンザの大流行が懸念通り起きた場合にファイザーがタミフルを売らない、と宣言したら?なんらかの理由をつけて国家が強奪しにくるのは確実です。でもGoogleのサービス停止で直接には人死には出ないもんなぁ‥

ShingiShingi 2006/04/17 05:02 >何かそれと似たプラスの感情
これがいわゆる“ブランド”というやつでしょうかねぇ。

あかみあかみ 2006/04/17 12:42 この記事、特にgoogle閉店セールの下りは単なる思考実験として読むべき記事でしょう。
現実に起こりうることは「悠々自適」である、とこの記事内でも提示されているわけで、記事の本質を読むべきです。

ふつうの上場企業でも:
・儲かっているのに幹部が勝手に閉店セールをおっぱじめたら、おそらくその幹部は首になる
・でも、企業全体の価値の計算は閉店セールをやって全資産を現金化することを仮定して計算される

これのWeb2.0版の構造を指摘した記事、ではないんでしょうかね?

y-iweby-iweb 2006/04/20 15:50 いやあ、なんだか。
このコメント欄見ると、グーグルが熱狂的に好きな人が、思った以上にいっぱいいるんですなぁ。「グーグルがサービスを有料化するだなんて、冗談でもいわせない」って雰囲気がひしひしと。

posqctoposqcto 2006/07/11 05:44 グーグルは、もう既に、自分の用意した道を歩いているから、何も問題がないというだけの話?

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。