アンカテ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-07

ストリートビューが僕らの街/国/星にやって来た

グーグルのストリートビューが日本でも公開されて、ちょっとした騒ぎになっているようだけど、まず「何で今?」と思った。

これが公開されアメリカでスタートしたのは昨年の6月で、私はその時に「こりゃあ大変な時代になったもんだ」と思って、この記事を書いている。

グーグルマップに標準的に装備される機能なので、いずれは日本でも同じことを行うだろうと誰にでも予想できた。騒ぐなら、この時に騒ぐべきではなかったかと思う。

現在でも、日本の全ての都市がサポートされているわけではないけど、サポート範囲外でも「自分の街には来てなくてもいずれ来るだろう」と思って問題にしている人もいるだろう。

つまり、多くの人にとって、自分の国に来てないうちは他人事で、自分の街には来てなくても自分の国に来たら一大事ということだ。

国という区分と街という区分には、根本的に違いがあるということだろうか。

  • グーグルとアップルが僕らの星にやってきた
  • グーグルとアップルが僕らの国にやってきた
  • グーグルとアップルが僕らの街にやってきた

グーグルとアップルが僕らの星にやってきた時に事はもう既に起こっているのであって、国と街はサポート時期の違いでしかない。「自分らの街に来るまでは関係ない」というのは一つの見識であるけど、「自分らの国に来るまでは関係ない」というのはちょっと違う気がする。

一日一チベットリンクチベット・ラサ:中共軍派遣増加、五輪直前の制圧を強化 -- 大紀元時報−日本

lylycolylyco 2008/08/07 13:06 日本って国に暮らす人間としては、とても共感できる話です。
が、以前話題になった中国とグーグル検索の話なんかを思うと、まだまだ「国」という単位は結構強固で、上陸してくるまでは他人事という感覚も故なきことでもないかな、という気はします。
そもそも、グローバルだなんだって感覚は、未開の土地やなんかを視野の外において初めて成り立つものだとも思いますし。どこかの奥地に住む未開部族の人たちなんかは、「自分らの国に来るまでは関係ない」どころか、グーグルなんか知らないしグーグルもそこを自分がカバーする世界だとは認識してないんじゃないかと。
すみません、飛躍しすぎですね。

trshugutrshugu 2008/08/07 14:25 >根本的に違いがあるということだろうか。
これはもうカテゴリごとに違いがあるんじゃないすかね。
自社と他社とか、隣の部屋とか。自分に影響がある範囲の認識意識の違いってやつですかね。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。