アンカテ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-11-05

Degica に入社しました

11/2付けで 株式会社デジカに入社しました。

2013年秋から2年間、フリーランスのプログラマをやって、うち後半の1年間はデジカで契約社員として仕事していましたが、この度、社員としてデジカに join することになりました。ご挨拶を兼ねてちょっとこの会社の宣伝をしてみようと思います。

契約社員として外から見ていて、次のようなところで、私はデジカに魅力を感じました。

  • リモート勤務を積極的に進めている
  • 意思決定がシンプルでスピーディ
  • 地に足がついたアジャイル
  • 普通に毎日の仕事をしていることがそのまま勉強になる

リモート勤務を積極的に進めている

私は家庭の事情で10年以上前からリモート主体の勤務をしてきましたが、他の人が face to face で仕事をしている中で自分だけがリモートで仕事をするという形態に限界を感じてきました。

もちろん、リモートで仕事をして給料をもらえるというのは、それだけでも十分ありがたいことなのですが、自分が関わっている仕事そのものが face to face で動いていると、リモートでは仕事の流れが見えなかったり、担当できる仕事内容が限られてきてしまいます。

デジカでは、仕事そのものが github や slack などのツールの上で動いているので、リモートで仕事をしていてもそういうギャップを感じることがあまりありません。

他のメンバーも週一回はリモートで作業をしているし、語学研修制度を利用してスペインやカナダで仕事してる人がいたりします。

リモート勤務を認められれても、仕事がそれで回る基盤がなければ、結局、自分だけが「浮いた」存在になってしまい、チームの一員としての仕事はできません。一時はそれを考えて、ずっとフリーランスでやっていこうとも考えたのですが、こういう会社であれば、十分チームとしての仕事をしていけると思って、今回、join することにしました。

意思決定がシンプルでスピーディ

これは、デジカの特色というより、日本の会社と外資系の違いかもしれませんが、余計な神経を使わないで仕事が進められるので楽です。

デジカでは、誰が何を決めているか、何かを聞いたり頼んだりする時誰に言えばいいか、そういうことがわかりやすい。会議に関係ない人は来ないし、自分がなぜ呼ばれたのかわからない会議に呼ばれることもありません。最初は、逆にそれがちょっとカルチャーショックで戸惑いました。

別にすごいことではないし、当たり前のことなんですが、私の過去のキャリアではその当たり前があまりなくて、仕事を進める時に「関係ないけど口を出してくる人」って普通にいるもんだと私は思っていました。だから、自分が直接話をしている担当者に理解してもらうのは最初のステップで、大抵は、その人と一緒に別の人を説得する方法を考えたりそのための資料を作って、ようやく仕事が始まる、という感じです。

仕事の障害がないのではなくて、仕事の障害をクリアした時の徒労感がないという言い方がいいのかもしれません。誰かを説得する必要があるとしたら、必ず明解な理由があって何故その人なのかもよくわかる、だから、説得するための努力が無駄に感じられないし、仮にこちらの意向通りにならなくても納得できます。

感覚的にしか説明できませんが、「誰もいいとは思ってないけど、そうなって変えられないルールがあって、それを変えるコストよりそのルールを回避するためのコストの方が低くて、そのために神経や頭を使う」というようなことですね。そういうことがあるのが当然と思っていたけど、そうでない会社があって、そこでは大事なことだけに神経や頭や体力を投入できる、私にとってデジカはそういう会社に思えました。

地に足がついたアジャイル

デジカでは決済ゲートウェイサービスやecシステムをRailsベースで開発し、自社運用しています。普通にアジャイルです。

特別なプロセスやプラクティスがあるわけではないんですが、開発のスピードが速く、ついていくのはなかなか大変です。

契約社員として働いている間に、私は、Blue Green Deployment のシステムを構築したのですが ( これについては後日、デジカの技術ブログで紹介します)、これもすぐに活用して、さらに deploy のスピードが上がっているように感じます。

普通に毎日の仕事をしていることがそのまま勉強になる

あと、デジカでは開発のコミュニケーションは、Slackやgithubの上で、英語で行っています。

「普通にアジャイル」で「普通に英語」の会社で仕事をしていると、あまり無理しなくても、自分のエンジニアとしてのスキルが日々向上している感覚があります。

これも過去の経験ではあまりなかったことです。今までは、自分が身につけるべきスキルはわかっていても、それを仕事とリンクさせるのが大変だったのですが、今の環境では、目の前の仕事をこなしていくことが自然にスキルアップにつながっている感じがします。

まとめ:力を入れずにそのままでそこそこいい会社

まとめると、私にとってのデジカの魅力は「自然体で(そこそこ)いい会社であり(そこそこ)いい仕事の環境である」ということですね。

無理をしてない、全力疾走ではないということは重要で、振り返り改善していく余地はそこから生まれます。背伸びをしてたり誰か一人のスーパーマンが引っ張っている会社では、つまずいた時の反動が怖いですが、自然体であれば、おそらく少しづつですがさらに良くなっていくと思います。

興味を持たれた方は、下記のページをみてください。