Hatena::ブログ(Diary)

いぬの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009年7月12日(日)

紙copi Lite復活

紙copiの無償版であるLiteが再公開されるという案内が届いた。

ウェブページの取り込み機能が便利で、旧版は今でも常駐ソフトの一つだ。

今回の変更点として

・有償版「紙copi」をベースに「紙copi Lite」を開発。

Windows Vistaへの対応。

・取り込み精度の向上。

・検索機能の向上。

UTF-8など各種文字コードへの対応。

・ニュース・広告欄の追加。

・自動アップデート機能での更新確認間隔を1日1回確認のみに変更(AutoUp.exeによる更新確認)。

・「CoRich」連携機能を廃止。

・「見たまま印刷」連携機能を廃止。

といったことが書いてある。

Vistaは使ってないし、ユニコード対応はEmEditor freeで解決したしなあ。広告が表示されるというのが引っかかってインストールはとりあえず見送ったが、有償版では広告非表示にできるらしい。

ところで、この比較表を見ると「現在日時貼り付け機能」というのがあるんだが、これは定型文のTimeFormatとは別なのだろうか? Alt+1での貼り付けも便利に使ってるのでちょっと気になった。

あと有償版との大きな違いはサブフォルダの表示だが、前にもこの日記で書いたように右クリックから送るで一時的に表示できるので、けっこう用が足りている。

ブラウザを変えて気になったこと

今年になってIEからFirefoxに変えたところ、右クリックの「紙にページを取り込む」メニューが階層化されているのにちょっと戸惑った。慣れてしまえばどうということもないのだが、範囲を選択して文字だけ取り込むことがほとんどなのでワンアクションでできるほうが便利。

またこれは紙copiのせいではないけれど、タブや表組みの解釈が違うのでIEで取り込んだテキストとだいぶ違うページがあったりする。

それとFirefoxではAlt+1の貼り付けが一発でできないみたい。

案内メールで、紙copiを紹介すると抽選でライセンスキーがプレゼントされるとあったので書いてみたが、なんか取り留めない内容になってしまった。使い慣れたエディタはなかなか手放せないものの、サブとして常駐させていちばん使っているのは紙copiだ。もともと吾輩はエディタにオールインワンを求めていないので、grepや印刷には別のソフトを使っている。だから紙copiの全機能も把握していないが、こういう使い方があってもいいじゃないか。

ということで、おすすめポイントは

  • ウェブページの取り込み機能(これがなんといっても一番)
  • ファイル名順、更新日時順をタブで切り替えられる軽快なテキストブラウザ
  • とりあえず思いついたことから書きはじめられるメモ帳

といったところでしょうか。

Connection: close