聖書のラノベ文学賞なるものがあるらしい

 

 キャラクター会話主体の小説が中心の投稿サイト「トークメーカー」で、キリスト教ラノベ文学賞なんて企画があるらしい。

 

『聖書 × トークメーカー ライトノベル新人賞』|トークメーカー

http://talkmaker.com/info/303.html

 

 なんか「やる夫キリスト」みたいなノリで書いたら良さげな感じではある。

 ちなみに、大昔に俺が書いたやる夫キリストの紹介文はこちら。

 

やる夫がキリストになるようです。 | やる夫 Wiki | FANDOM powered by Wikia

 

 聖書でラノベの主人公っぽい人物といえば、旧約「エレミヤ書」に出てくるゼデキヤ。最後の正統メシヤだが、その言動がヘタレすぎて共感できる。

 資料が少ないので、けっこうやりたい放題できるし。

 ただし、ゼテキヤのたどる運命はラノベにするには悲惨できるので、そこらへんが難しいところ。

 個人的に神の信仰とは何かを問うには「エレミヤ書」ほど魅力的なものは書物はないと考えるけれど。

esu-kei
esu-kei

esu-keiによるブログ