Hatena::ブログ(Diary)

えすぱリーゼ

清水エスパルスをほんのり応援しています

17/10/15(Sun)

残り試合は減るばかり

こんなムナシク思いながら観たダービーも、キオクない。

砂を噛む思い。


清水 0−3 磐田


たとえこの試合がダービーだとて 今はそんなことにかまっていられる状況ではなかった。

私がここに望んだモノは勝ち点の獲得。

みっともない試合だったとしても 勝ち点さえ積み上げられれば、それでいい。

今必要なのは来年もJ1で闘うための勝ち点。

それだけ。


f:id:esuparieze:20171015120810j:image


あの大宮戦はなんだったのか。


あんなにいろんなモノをかなぐり捨ててまで獲得した勝ち点『1』を

この試合ですっかりナイガシロにしてしまった、ということが悔しい。


f:id:esuparieze:20171015120748j:image


大宮や甲府を相手に闘った戦術で なぜ上位と闘わない?


f:id:esuparieze:20171015120845j:image


前日の夜に放送された某番組のホワイトボード上で繰り広げられた通りの闘い方で

うかうかと負けたことに絶望してる。


f:id:esuparieze:20171015120914j:image


確かにアクシデントもあった。


f:id:esuparieze:20171015120934j:image


若さと勢いと熱さと粗削りなところを気に入っていたけれど

それが間違った方向に発揮されちゃったよね。


f:id:esuparieze:20171015121002j:image


でも敗因はそこじゃない。


f:id:esuparieze:20171015121027j:image


だって 10人になる前の段階で勝機、って見えてた?


ボールを保持して攻撃を繰り出してはいたけれど

鋭いカウンターで何度もDFラインを破られて、正直時間のモンダイにも感じてたよ。


f:id:esuparieze:20171015121058j:image


今、18チームのなかで一番イキヲイの無いチーム。

そこを自覚しなくちゃ。

そのうえでできることをしなくちゃ。


f:id:esuparieze:20171015121128j:image


この2年間はいったいなんだったんだろう、だなんて 思いたくない。

ムダになんてしたくない。


残り、あと5試合。

死に物狂いで。

17/10/14(Sat)

ダービー

暑くないけど、熱い試合に。


f:id:esuparieze:20171014130321j:image

17/10/09(Mon)

白帝城

一年も前から「この日はお義父さんの七回忌だから、空けておいてね」と言われていた三連休。

土曜日に名古屋で法要、そのまま皆で移動して犬山に一泊してきました。


f:id:esuparieze:20171009073505j:image


法要のあとの有難い説法に 思わずナミダぐみながら聞き入り

もう6年も経つことに改めて、いろんな感情が湧いてでてくる。

お義父さん、ミィがそちらにいきましたのでよろしくお願いしますね、と何度も祈りながら。

(義父は蘭丸のことを『ミィ』と呼ぶのですよ。

 てか義父にとって、にゃんこはみんな『ミィ』)


f:id:esuparieze:20171009081046j:image


ホテルに向かう途中

次の日に立ち寄ろうと考えてた城下町をまさにいま通過していることに気付き

せっかくだしと慌てて空いてた駐車場に車を停めて、急遽の散策。


f:id:esuparieze:20171009074029j:image


なんとか映えのお団子にも まんまと食いついてきましたよ。


f:id:esuparieze:20171009074847j:image


ゆらゆらと目的を持たずに散策するのに、丁度よい距離と人ごみ。

これぐらいの雑踏と雑音が今の癒し。

静かすぎる時間では平静を保てない。


f:id:esuparieze:20171009081930j:image


ホテルに荷物を置いて『温泉に浸かってくる』という義母を残し

再び車で隣にある犬山城に向かう。

(歩いてももちろん行ける距離なんですが ほらそこは歩かないヒトがいるので)

まずは三光稲荷神社へ。


f:id:esuparieze:20171009082935j:image


こちらでもまたたくさんお願いして。


f:id:esuparieze:20171009074015j:image


f:id:esuparieze:20171009073714j:image


参道が近道だというお城への道は 途中なかなかの坂道。


f:id:esuparieze:20171009081157j:image


へろへろになりながら到着した、国宝犬山城。

別名『白帝城』。

信長ゆかりのお城でもあり 小牧長久手の戦のきっかけにもなったお城でもあり。


f:id:esuparieze:20171009081408j:image


彦根、松本、松江、犬山。

これで あとは姫路城で国宝のお城コンプ。

(主人は姫路城ではなく彦根城でコンプ)


f:id:esuparieze:20171009081550j:image


ホテルに再び戻り、温泉に浸かり、彩り綺麗なお食事をいただく。


f:id:esuparieze:20171009081701j:image


季節柄、松茸尽くし。


f:id:esuparieze:20171009081431j:image


朝は6時半から始まっているという木曽川沿いの朝市を散歩がてらのぞき

お野菜やら焼き立てパンやら大量に購入したりとか。


f:id:esuparieze:20171009074810j:image


早めにチェックアウトして 敷地内の有楽苑へ。


f:id:esuparieze:20171009074904j:image


朝の光を浴びている庭園は 静かで眩しい。


f:id:esuparieze:20171009074023j:image


本当はお抹茶をいただこうと思っていたけど

朝ご飯食べ過ぎてて、断念。


f:id:esuparieze:20171009074831j:image


まだ人が少ない朝のお庭を見ながらいただくお抹茶は格別だっただろな。


f:id:esuparieze:20171009074008j:image


すぐ近くに成田山大聖寺があると知って 最後にお詣りしていくことに。


f:id:esuparieze:20171009074823j:image


見晴らし良くて 犬山城や泊まったホテルや城下町が一望。

10月にしては汗ばむくらいの陽気で 心地よい風がよく渡る。


f:id:esuparieze:20171009081321j:image


大仏さんにもお詣り。


f:id:esuparieze:20171009081236j:image


久しぶりに御朱印も増えました。


f:id:esuparieze:20171009074840j:image


せっかく御朱印帳を忘れず旅行バッグのなかに入れて持っていったのに

いざ神社で出そうとしてホテルに御朱印帳入れたままのバッグ預けてたことに気付くとか。

ま、よくありますけどね。


f:id:esuparieze:20171009083010j:image


バタバタと過ごしたこの数日が良かったのかどうなのか。

時間が確実に経っているようにも思うし止まったままのような気もする。


猫は元気でやっているかね?と義母に問われて「はい」と一呼吸おいて答えるのも

まだ誰かにきちんと説明できる自信がなくて。


f:id:esuparieze:20171009095626j:image


今年の金木犀の香りはいつもよりも甘くて優しい。

それがまた私の涙腺を刺激する。

17/10/06(Fri)

無題

今、愛猫がお星さまになりました。

17/10/01(Sun)

必死に守ったモノ

最低限のミッション完了。

久しぶりの完封も。


大宮 0−0 清水


たとえ無様に見えたとしてもいい。

第三者にしてみたら見どころのない内容だったとしてもいい。


今いちばん大事なのは 直接対決で相手に『余分』な勝ち点を与えないこと。


前節の負けがもたらしてくれた勝ち点『1』だった、とも 思う。


もちろん、思うところはある。

でも。

そんな贅沢は残留が決まってから言うことにする。


先月当たりまでの降格ラインの予想数値は『30』だったけれども

どうやらもっと上がってきそうなヨカン。

エスパ的には 残り6試合で

あとふたつ勝ったうえに、得失差も考慮した闘い方をしなくちゃならない。


とにもかくにも、残留。

死に物狂いの闘い方で、残留。


そうやってJ1にしがみついて・・・その先にあるものは、なにかなぁ。

今はまだワカラナイ。


現地まで駆けつけてくださった皆さん、お疲れさまでした。

ありがとうございました。