A few lines to end a day RSSフィード

2013-10-25 “Just Once”

Original Version

f:id:etranger3_01:20131024160629j:image


できることは全てしてきた

そのつもりだった


でも 決して十分ではなかった

また 同じことを繰り返しているから


まるで進歩がない 私たち

また 他人のように考え始めている

踏みとどまるべきか

気ままに 生きるべきかを


たった一度でいいから


いつも何を間違うのか

わかりあえないだろうか

なぜ 長続きしないのか

なぜ 間違ってしまうのか


たった一度でいいから


ともに過ちを正すことが

できないだろうか

瞬きのような 束の間ではなく

長く続く穏やかな日々を

ともに真剣に取り組めば

つくれるのではないだろうか


全てを捧げてきた

そう思っていた


でも やりすぎたのかもしれない


誰の目にも 結果は明らかだった

せっかくのチャンスを

自ら逃してしまっていた


どんなに力を尽くしても

心の祈りは届かないと

思い込んでしまっている


たった一度でいいから


いつも何を間違うのか

わかりあえないだろうか

なぜ 長く続かないのか

なぜ せっかくのチャンスを

いつも自ら潰してしまうのか


たった一度でいいから


ともに過ちを正すことが

できないだろうか

瞬きのような 束の間ではなく

長く続く穏やかな日々を

ともに真剣に取り組めば

つくれるのではないだろうか


たった一度でいいから


わかりあいたい

なぜ いつも物別れに終わるのか

なぜ 互いの過ちを認め

歩み寄れないのか

誰も 一人では生きられないのに


それぞれのよいところを

ともに伸ばしていって

ともに歩む道を 模索すべきなのに


たった一度でいいから


ともに過ちを正すことが

瞬きのような 束の間ではなく

やればできる そう思えれば

できると信じている


たった一度だけ

真剣に取り組めれば


たった一度だけ・・・


D

inspired by ”Just Once” by James Ingram

"2011 Hollywood Bowl Version"