財政危機に国民が取るべき選択 Twitter

 

2010-04-03

主要銀行(メガバンク) 国債保有残高

| 05:36

※後日追記:2010年9月末時点のデータはこちらにあります。http://d.hatena.ne.jp/etsuyoshi/20101206

 

今現在、主要銀行がどれ位の国債を保有しているか参考までに以下の通り調べてみた。※参考「主要銀行(メガバンク)国債保有残高.pdf 直

ゆうちょ銀行157.9兆円(2009年9月末現在):総資産196.9兆円のうち国債の占める割合:【80.2%】、有価証券177.8兆円のうち国債の占める割合:【88.8%】、預金残高176.4兆のうち国債の占める割合:【89.5%】、純資産8.6兆円に対する国債の割合:【1826%(18.3倍)】、昨年同期比:1.9兆円の増加 主な参照先:http://www.jp-bank.japanpost.jp/aboutus/financial/pdf/2009m_06.pdf P53(25/30)

三菱UFJファイナンシャルグループ33.0兆円(2009年9月末現在):総資産202.8兆円のうち国債の占める割合:16.3%、有価証券57.4兆円のうち国債の占める割合:57.5%、預金残高122.0兆のうち国債の占める割合:27.0%、純資産9.9兆円に対する国債の割合:332%(3.3倍)、昨年同期比:【15.5兆円の増加】 主な参照先:http://www.mufg.jp/ir/disclosure/2010mufg-half/pdffile/data_all.pdf P26(28/230)

みずほファイナンシャルグループ26.6兆円(2009年12月末現在):総資産154.3兆円のうち国債の占める割合:17.2%、有価証券40.0兆円のうち国債の占める割合:【66.4%】、預金残高74.4兆のうち国債の占める割合35.7%、純資産5.6兆円に対する国債の割合:474%(4.7倍)、昨年同期比:【8.0兆円の増加】 主な参照先:http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/report/pdf/8411-200912-60.pdf P15(18/75)

三井住友ファイナンシャルグループ16.3兆円(2009年9月末現在):総資産117.5兆円のうち国債の占める割合:13.9%、有価証券28.4兆円のうち国債の占める割合:【57.5%】、預金残高76.0兆のうち国債の占める割合21.5%、純資産6.1兆円に対する国債の割合:267%(2.7倍)。昨年同期比:【7.8兆円の増加】 主な参照先:http://www.smfg.co.jp/investor/financial/disclosure/h2203_c_disc_pdf/h2203c_00.pdf P47(49/208)

上記の通り、ゆうちょ銀行は預金残高に対して「約9割」が国債投資に回っている。(ゆうちょ銀行の預金のうち、約8割が国債運用されているという記事をよく目にしますが、預金残高が多かった以前の話で今は約9割が正解です。)預金がそっくりそのまま国債に掏り替わっていると思って良い。国債暴落すれば国民が預けている預金も大打撃を受けることは間違いない。

ゆうちょ銀行以外の大手銀行も軒並み多額の国債を保有しているのがお分かり頂けると思う。また昨年同期比でみると増え方が半端ではない。三菱UFJファイナンシャルグループにいたっては国債の保有額をほぼ倍増させており、1年間で15.5兆円も増加させている。

これは「世界金融危機」に伴う経済不況で安全資産である預金の増加があった一方、企業や個人への貸出が伸びず、国債で運用せざるを得ないという側面があったとは思うが、リスクが高い運用になっていないか心配だ。

また大手銀行だけではなく、先日3月14日の日経新聞朝刊1面に「アウトライヤー基準」20%を超える地銀が出始めた、という記事があった。

「アウトライヤー(Outlier)基準」とは、バーゼル供平BIS規制)において、一定の金利変動シナリオ(ex.金利が2%上下に移動)のもとで発生する損失額が、広義の自己資本資本金法定準備金剰余金、土地再評価差額、一般貸倒引当金、偶発損失引当金など)の20%を超える場合、その金融機関を「アウトライヤー銀行」と定義し、自己資本の積み増しやリスクの削減などが求められる可能性があるというものだ。

アウトライヤー基準に該当する場合であっても、経営が不健全であると自動的にみなされるものではないようだが、これに抵触する地銀が出始めたということは今後発行される国債の買い余地に影響が出始める、ということであろう。大手銀行は2009年9月末の時点で10%を下回っているようであるが、これ程巨額の国債を保有しているとなると、先日指摘をした通り、http://d.hatena.ne.jp/etsuyoshi/20100401/1270072460 わずか1%、2%長期金利が上昇しただけで巨額の損失を生み経営危機に陥るであろう。

P.S. 先日、郵政改革法案について、閣僚懇親会でゆうちょの預入限度額を2000万円に上げる方向で決着しました。「民業圧迫」「改革後退」につながる決定で極めて残念ですが、加えて民間企業を審査し資金を貸し出す能力もないゆうちょ銀行が新たな預金も結局国債で運用をすることは明白であり、政府も結局国債での運用を期待しているのでしょうから暗澹たる思いです。「郵政民営化」で自民党が圧勝した2005年の衆議院選挙は何だったのでしょうか。

giriogirio 2010/04/07 01:59 あれまー。書いてんじゃないかよ。中実濃いよ〜。これは時間じっくり読みたいシリーズですな。本一冊分の知識がつきそうだ。