Hatena::ブログ(Diary)

ettemのタコログ

2009-01-16

LWUITを使ってみた〜スケジュール管理ソフトをS!アプリで作ってみよう(その37)

Lightweight UI Toolkit(LWUIT)を使ってみた。

使い方は以下の通り。

  1. LUWITのソースコードへのアクセスに記載してある方法でソースコードをダウンロードして、Eclipseのソースコードのフォルダに保存する。
  2. いくつかのクラスでエラーになるので、そのクラスは削除する。
  3. 後は、普段どおりS!アプリを作成する。

Hello, World!を表示するだけのアプリは以下のクラスを作成するだけ。

package com.example;

import javax.microedition.midlet.*;

import com.sun.lwuit.*;
import com.sun.lwuit.events.*;

public class HelloLWUITMidlet extends MIDlet implements ActionListener {
    public void startApp() {
      Display.init(this);

      Form f = new Form("Hello, LWUIT!");
      f.show();
      
      Command exitCommand = new Command("Exit");
      f.addCommand(exitCommand);
      f.setCommandListener(this);
    }

    public void pauseApp() {}

    public void destroyApp(boolean unconditional) {}

    public void actionPerformed(ActionEvent ae) {
      notifyDestroyed();
    }
}

この程度の内容だと、LWUITを使うメリットはあまり実感できないが、少しでも凝った画面を表示する場合は、この便利さをすごく実感できる。

Java2 MEを使ってみて、普段仕事で使っているSwingのありがたさを実感した。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/ettem/20090116/1232115662
Connection: close