Hatena::ブログ(Diary)

★断捨離ズム☆ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-02-09 信用期日前の不自然な値動き

 制度信用取引では6ヶ月というポジションの保持期間が定められています。私のような大損投資家は、含み損のまま期日が来るまで返済できないものです。

 そして期日直前になると決まって、売建の時は株価が値上がりを、買建の時は値下がりをします。神様がどこかで見てて嫌がらせをしているのかと思いたくなります。

 これは、実際に嫌がらせに近いことが行われているからです。期日の迫った建玉が多い時、別の大口投資家が、投げが投げを呼ぶよう仕掛けるからです。ルール上問題ありませんし、勝負の世界なのですからこういうことは当然あって然るべしです。

 本来、個人投資家が別の投資家と市場の中でがっぷり四つになることは稀ですが、信用期日目前というのは標的にされることでがっぷり四つ状態に陥る事でもありますので、さっさと損切りするのが本当に一番なのですが。。