Hatena::ブログ(Diary)

私の旅行日記〜海外旅行編

 

こちらは ”新・海外旅行編” です。

その他のページは ↓ です

    

/

★旧「私の旅行日記」[2006年(平成18年)1月〜2011年(平成23年)8月]

★新「私の旅行日記」TOP   ★新”国内旅行”    ★新”小さなお出かけ”    

 

コメント欄を設けていませんので

何かありましたらコチラからメールでお願いします。

 

2013-06-27 プリンスエドワード島 1日目

 1日目 エアカナダ エグゼクティブファーストクラス

| 14:45



17:10

さて、いよいよエアカナダ002便に搭乗です。

わくわくドキドキ♪
ワタシ、ホントにこれから外国へひとり旅するんだわ。。。。

と、その前に
カテゴリーで書いたトロントへのビジネスクラス格安方法ですが・・・
大阪からどうせ直通はないのだからと
アジア経由を調べていたらあったのです。

キャセイ航空
関空から香港へ飛び、香港からトロントへ
最後はエアカナダでシャーロットタウンに着くというフライトが
税・サ込みで36〜37万円代と出ました。
シートも新しいコレです。
もう一つ、
飛行時間が短く、シートにあまり格差のないエアカナダの
トロント〜シャーロットタウン間をエコノミーにすれば
もっと安くなります。


これがなぜか
香港→トロント〜シャーロットタウンで出すと
ふつーにお高いので、不思議なのですが。。。

私の今回のエアカナダの航空運賃(大阪⇔シャーロットタウン)が
エコノミーにプラスする代金だけで37万円
(これはビジネスクラスキャンペーン中のお値段・通常ならプラス45万円
クロスロードの良心的なお値段。大手旅行会社だともっと高い設定でした。)
だったので
このキャセイのお値段はとても魅力的でした。
それに、全日空の大阪⇔成田はエコノミーですが
(大手だとトロント⇔シャーロットタウンもエコノミー)
キャセイのこの場合は全フライトがビジネスです。

が、しかしですね、
トランジットの時間が10時間以上だったりしていました。
うーん、これはちょっと今回は無理ね。
もしも次があるのなら(多分無理)このチケットをとって
トロントで往復時1泊ずつして
ナイアガラと市内観光をしましょうか。。。

航空券のお値段と言うのは
まだよくわかっていませんが
各航空会社によって、または発券の仕方で
いろいろあるのだな、と
今回学習した次第です。


ではいよいよエアカナダビジネスクラスのお話です。
エアカナダではビジネスクラスの事を
「エグゼクティブファーストクラス」というのですね。
「ファースト」というだけあって
なかなかの雰囲気です。
機材は ボーイング777-300ER (77W) です。
Cクラスは優先搭乗できたので早々に機内に入って
ちょっと遠慮しながら撮影。
と言っても↓の2枚はトロント到着時に撮った写真です。
f:id:europe58:20130722092307j:image:w640

座席が斜め前に向かって並んでいるという
斬新な(!?)デザイン。
f:id:europe58:20130722092300j:image:w640

実は搭乗時はなぜか窓のシェードが閉められていて
薄暗い感じでした。
まさにこんな感じ(←クリックしてね)です。
ブルーの照明が高級感というか、
普通とは違うぞ感を醸し出していました。

私の座席は変更なく
通路側の4Gでした。
f:id:europe58:20130722142312p:image
350人ぐらい乗れる大型の機材だったんですね。

大きな手荷物(着替えなどが入ったかばん)を
上の荷物入れに入れようとしたら
どうしても開きません。
そしたらね、ちゃーんと紳士がさっと開けてくれて
荷物も持ち上げて入れて下さったのよ。
ここで初めて私は英語をしゃべったのです。
ドキドキ。。。。
つ・・通じたかしら。。。

そんなこともあり
座席をパチパチ撮るへんなおばさんに見られたくないという
小心者の私が出てきたので
あまりうまく撮れませんでしたが
すこしだけ。
座席の両脇にちょっとした小物入れがあり、
ペットボトルのお水が置いてありました。
f:id:europe58:20130722092925j:image:w360
私はここにいつでも取り出せるように
ipadや雑誌を置いておきました。

前方にはフットレスト
足の長い紳士たちはそこに足を置いていましたが
私にはただの荷物置き場。
本来は荷物はその下に置きます。
f:id:europe58:20130722092916j:image:w360
180度のリクライニングベッドになった時には
その部分とつながりフラットになります。
全ての動きはリモコンで自由自在に調節可能です。
f:id:europe58:20130727084147j:image:w360

離陸前のドリンクサービス、
私はオレンジジュースをいただきました。
f:id:europe58:20130723144254j:image:w360
実はとくにのどが渇いていることもないし、
後でトイレに立つのも面倒だとは思ったけど
ここは貧乏症の私ですので
しっかりいただきました。
水分補給は大切です。

さて、このポーチの中に、
f:id:europe58:20130723154849j:image:medium
ESCENTSというブランドのもので
ボディローション(?)、ミントタブレット
リフレッシュシート、ボディローション(?)、リップクリーム、
のアロマグッズ。
他はアイマスク耳栓
歯磨きセット、糸楊枝、
それから靴下が入っていました。

f:id:europe58:20130723154839j:image:w200
あれ?スリッパは?

ないみたい。
この後カナダのホテルに行ってもそうだったのですが
スリッパってないのよね。
(ANA国内線でもプレミアムならあったのに)
知りませんでした。
これならANAのラウンジでもらってくればよかった。

18:53
まずはおつまみとお飲物。
f:id:europe58:20130723172559j:image:w360
このナッツ類がとても美味しかったです。
あたたかくて塩味がちょうどよい。
飲み物はクランベリーにリキュールを少し入れてもらいました。
いい感じ♪
おかわりを勧められたのでナッツだけいただきました。

19:21
いよいよお食事タイムです。

メニューはこの冊子で
f:id:europe58:20130728143722j:image:w200
食事の内容はこちら↓
f:id:europe58:20130724152053j:image:w280

アペタイザーは英語(APPETIZER)で
フランス語がオードブル(HORS D'OEUVRE )なんですって。
知らなかった。。(無知><)
f:id:europe58:20130723172551j:image:w360
これは美味しかったよ。
完食^^v

メインは
和食にしようか迷ったけど
こんな感じですと見せてもらった写真が
どれもあまり美味しそうに写っていなく(笑)
(これもダウンライトのせいでよくないけど)
鯛ならいいかな、とこれ=的鯛(マトウダイ)にしました。
f:id:europe58:20130723172546j:image:w360
味付けはハーブが効いてよかったけど
なんていうのか、繊細さがないというか、
大味なのよね、盛り付けとかも。。

「チーズはお好き?」ってCAさんが声をかけてくれました。
このCAさんがとてもフレンドリーで
日本人ではないけど見た目は東洋系で
フランス語も堪能のようで
日本語はわりとフランクな話し方をする人でした。
だから
「これ、日本ではあまり馴染みがないけど、
チーズにとってもあうポートワインだから飲んでみて。」
なんてウインクをしながら勧めてくれました。
f:id:europe58:20130723172541j:image:w360
そしたら本当においしいこと!
でも私にはアルコールがかなりきつく、
チビチビと頂くことにしました。
チーズもこんなに食べられなく
果物だけは全部いただきました。

デザートはチョコレートケーキか
フルーツ盛り合わせのチョイスでしたが
正直、もう入らないよ〜
でもせっかくだから
f:id:europe58:20130723172536j:image:w360
フルーツで。

次はエンターテイメントです。
あれ?プログラムの冊子ってないのね。。。
詳しい説明があるのは日本の飛行機だけなのかしら。。
すべてこの画面で操作です。
f:id:europe58:20130727091706j:image:w360

といってもぜーんぶ外国語
日本語の映画が一つだけありました。
東京家族」でした。
f:id:europe58:20130727091806j:image:w300
とりあえずこれを見ました。

そしてなるべく早く眠ってしまうことにしました。
お陰様で180度のフルフラットシートは
さすがによく眠れました。
f:id:europe58:20130727091432j:image
↑あ、これは私ではないですよん。
おわかりですね^^;)

3:50
↑これは日本時間
つまり飛行機に乗って11時間が経ちました。

目覚めのジュース
f:id:europe58:20130727093832j:image:w360

マフィン、ヨーグルト、フルーツ、
右奥には魚、卵巻、お浸しなど。
オムレツとお粥のチョイスは
お粥で。
f:id:europe58:20130727093823j:image:w360
お味はよかったけれど
やはりこんなに食べられませんでした。

さすがにこのシートのお蔭で体は楽でしたが
お腹が、、、、
運動もしていないのに食べてばかりで
苦しい。。。。ふぅ