Have a better one !

2018-02-11 マック基地07

f:id:evolution1:20180211232534j:image:left

前回の記事から2年の歳月が流れている現実、牛歩にもほどがあるけれど、そこが自分らしい・・。

出力品は昨年、シゴトバLAB 3Dコンテストで入賞した副賞として無償で出力いただいていたものの、多忙を理由に今まで放置していた次第・・。

でもいい加減組み立てなアカンでしょ。ということで、3連休を利用してガサゴソ。マッキー1号のみ多少パテを盛ってサフを吹き調整中。

マック基地はとりあえずサポートから外して仮組した状態なんだけれど案外良い。写真が下手っぴでその良さが伝わらないが、実物は良い。

しかし、これを原型として仕上げる道のりは遥なり・・。どうも素材がPLAっぽいので研磨性が悪くちょっと手こずりそうな案配。

でも何とかモノにしたいゾ・・。

2018-01-22 スヌーカ03

f:id:evolution1:20180122200525j:image:left

大きな流れとしては峠を越えることができたように思う。

まだ予断を許さない状況だけれど、FUSION360のクセ及び出来ることと出来ないことの分別を、自分自身が取得できた部分が大きいように感じる。

ここで一番悪戦苦闘をしたのが、主翼と尾翼部分の3次局面というのが想定外でお笑い種・・。当初「スカルプト」でトライしてみたものの、どうも思ったようなシャキっとした形状が再現ができない為にエッジを追加すると、今度は調整に難儀してくる悪循環。

で、結局大まかな形状をFUSION360で作製したものをライノにインポートして修正したものが添付画像也。

前回も言っていたように、そういった意味ではやはりライノの方が柔軟性があるように思えるのだけど、まだまだFUSION360を使いこなせていないのかもしれない現実にビビる次第・・。

というか、やはり良いとこ取りをしてデータを作製というのが、今後のスタンスになりそうだな。

2018-01-18 スヌーカ02

f:id:evolution1:20180118234645j:image:left

FUSION360の「スカルプト」のフィーリングが大分掴めてきた今日この頃。これは凄いなぁ・・、ライノで苦労していたことが何だったんだろう、と思えてしまう。

コマンドも必要最小限でありながら、感覚的に操作でき微妙な形状修正ができる機能に感心する次第。かといってライノが決して悪いわけでなく、突き詰めればライノの方が奥行きが深いわけなんだけれど、逆にそれが足かせになっているのが現実のように思えてくる。

なので、自分としてはFUSION360で大まかな形状を出して、細かな作り込みをライノで完成させる。という手もアリだと感じる。

ただ、「スカルプト」と「モデル」モードを行ったり来たりできないことに不満が・・。それはまだFUSION360を使いこなせていないわけで、最終的にはそんなことはしなくなって行くのだろうと思う。

2018-01-08 スヌーカ01

f:id:evolution1:20180108222611j:image:left

FUSION360でスヌーカを弄ってみる。

胴体はスカルプトでヌルヌルと形状が作成できたけれど、主翼と尾翼のトリムに苦戦する次第。FUSION360では「ボディを分割」を実行すると、ライノで言うところのトリムになるようで、それを理解するのにちょっと手間取ってしまった。

それより、機体下面のメインノズル部分が左右に2分割されている形状を、どういったコマンドを使って完成させれば良いのかにアップアップ。

ここで、プロセスを沢山知っている方が有利なんだけれど、まだFUSION360ではライノのように沢山持ち合わせていないので、そういった状況に追い込まれてしまうと正直キツイ。

でも、それも楽しんでやれば良いわけなんだけれど、明日からお仕事でまたまたお休みになってしまいます。

2018-01-06 今年最初の1本

D

多分普通の方より多く、マニア・オタクと呼ばれる方より少ないプラモデルのストックでしたが、昨年からヤフオクで処分しまくり、かなり身軽になってきた今日この頃。

そうなってくると、今後自分が選択するべき方向性が見えて来て、あれもこれもとコレクションをする必要が無くなってきて、とても気が楽になってきちゃうのが面白い。

ということで、プラモデルの購入についてはFJ20型エンジンを搭載しているスカイラインRSとシルビア/ガゼール系に絞られてくるわけで、それ以外は必要無し。凄く単純明快。

これはプラモデルだけではなく、その他の生き方にも応用できるわけで、あれもこれもが無くなりシンプルになるのが心地よい新年です。

が、マズいのは、実車スカイラインRSがちょっと欲しくなってきている自分が居ること、かな・・。