Have a better one !

2018-04-14 スヌーカ05

f:id:evolution1:20180414174135j:image:left

スヌーカの補器類のデータを作っていくと、大分それらしくなってきたような、そうでないような・・。

ここで分かってきたのは、自分のデータを作るクセとして「パッチモード」と「スカルプトモード」を使い分けて進めるのが良いように感じる。

しかし現時点で不明なのが、機体の表面にパネルラインをどうやって作ればいいのか分からないこと・・。これって結構重要な問題で、ライノのような「曲線を投影」らしきコマンドが、FUSION360では現時点では見つけられていない。

多分全く別のアプローチでトライ、というのが本筋のようなのでネットで検索をかけてみようとも思うが、手っ取り早くライノで作成という最終手段もあるにはあるのだが・・。

2018-04-12 スヌーカ04

f:id:evolution1:20180412221718j:image:left

アプリ機能として40パーセント余りを使いこなすことができる状況になってきたように思う。それもあえてモデルやスカルプトモードではなくてパッチ(サーフェイス)モードを駆使して作図。

案外ネット上やマニュアルでも触れていない傾向が多いのでトライしてみる。そうするとその理由が何となくわかってきた、あまり使い勝手が良くないのではないか、と。

決して悪いわけではないのだけれど、キチンとお膳立てをしてあげないといけないのが残念な点でもある。ライノのようにコマンドが沢山用意されていないので頭の中で段取りを構築しておかないといけないのが、敬遠されている所以かもしれない。

自分としてもサーフェイスとサーフェイスの交差したラインを、そのままスケッチの線分として流用できれば・・。と思う事多々。

しかし、それをも凌駕するシンプルなインターフェイスと、形状の微調整が後々にも可能なシステムの設計の新しさに感心する次第。

2018-03-30 FUSION360

f:id:evolution1:20180330230524j:image:left

今進めている形状は、1からFUSION360でデータを構築中。

そのデータは理由があってアップできないため、左図は便宜上FJ20型エンジンを添付。やっとこの段階になってストレスなくデータを構築できるようになり、かなりその良さを痛感する次第。

やはり「ブラウザ」と「タイムライン」の機能の凄さを改めて認識すると同時に、その機能がある故にちょっとした形状の変更がライノのようにしっちゃかめっちゃかにならずに済むのが有難い。

でも裏を返せばそんなふたつの機能に束縛される場面もあり、「何で」と思うもののその恩恵はそれを凌駕するとも言える。

一方、バージョン6が発売されているライノ、一応4月に購入予定ですが既にアップ済みのお方にコメントを頂戴すると、「何気に良くなっている」「気づけば良くなっている」とのことなので、早く操作してみたいものです。

2018-03-24 マック基地09

f:id:evolution1:20180324223247j:image

マック基地本体もパテ埋めのサフ吹きを実行するものの、花粉と瞬間パテの薬剤の刺激でクシャミと鼻水が・・。

ダヴィンチの出力品に比べれば雲泥の差ですが、やはり綺麗に均すには忍耐と繰り返しの作業が続くわけで、そこは楽しいような辛いような・・。でもこうして仮組をしてみると俄然ヤル気が!

いや、冷静に我に返って仕事をしよう・・。

2018-03-12 ポーリン・ウィルソンさん

D

この3週間ほど、お仕事で土日もない状況で四分五裂・・。が、やっとこさ日曜日に方が付いてひと息。

そんな中、YouTube を彷徨っていると添付の「Gran Turismo 1 - Like the Wind (Vocal: Pauline Wilson)」が目にとまり再生。ポーリン・ウィルソンさんはシーウィンドーのボーカリストというのは知っていたけれど、この曲ってあったっけ?というのが率直な感想。

ほぼゲームをすることのなかった自分だけれど、唯一20代の頃にプレイしていたのが「リッジレーサー」「レイジレーサー」そして自然な流れとして「グランツーリズモ」だった。

が、この曲は聴いた覚えがない・・。けど良いじゃん。まぁ安藤正容さんなんで当然なわけね。というか、ポーリン・ウィルソンさんを起用するセンスに脱帽です。

ポーリン・ウィルソンさんと言えば自分の中では、「Whatcha Doin」。Seawind Whatcha Doin 1980 HQ - YouTube

こちらは7年前のライブ動画のようですが、悲しみや苦しみそして喜びを歳を重ねる中で歌声の厚みとして表現されているようで、何だか胸熱です・・。Pauline Wilson - Follow Your Road - YouTube