最初から6番目のスズ木 このページをアンテナに追加 RSSフィード

そろそろサイト名を変えるかもしれない(しないかもしれない)、ややアンテナが低めの雑記だとか備忘録だとか。

2007-12-11 今日の絶望放送、タイトルは醜美+ナムカプか

[]保守=京アニ、革新=シャフトというまとめ方

WebLab.ota - 京都アニメーションのアニメは見ない…と言うのコメント欄、

『新・アニメ・批評』2007/12/11 01:10

保守主義」を突き詰めれば京都アニメーション(一部除く)。

「革新主義」を突き詰めればシャフト(一部除く)。

概括的ではありますが、いずれもテレビアニメにおいて無視はできないのではないでしょうか。

納得がいった。まぁ私は(見れば分かるとおり)シャフト派な訳だけど。まぁ大体語られるのこの2つのスタジオだもんなー(んでもって、趨勢は京都アニメーションにある)。


(あまり関係ない話するけど、シャフトというか新房筋の人たちの評価があまりちゃんとなされてない気がするんだよなぁ。大沼さんは「動かしてないように見えるけど、静止画に印象付ける演出がそう見せてる」というけど、実際あまり動いてないんだよなぁ、こと『ef』に関しては。でも、これには違う側面もあって、『動けばそれで良い』というか、『動かなきゃ駄目』という先入観から出てくる意見なのだと思うけれど、動きというのは表現の一手段でしかなくて、静止画+コンピュータグラフィックス、例えばみやこの電話の表現とか、『作画の節約』とか云われてるけど、そこでその表現をせずに普通のアニメーションでやらない、その表現に価値を感じたからそうしたまでで、コンテマンがそれよりもよい表現手段があると有ると感じたならそうしているだろう。まぁ、確かに作画班の負担の軽減という側面がないとは云えないが、『その表現から感じ取ったこと』よりも『作画で表現しなかったこと』で語るのはいかがなものかと思うのである。でも、今の時代『絵がキャラ表どおりにグリグリ動く』という事の評価に偏重してる部分があるから、『シャフトは動かないから駄目』みたいに云われる訳で。作画班の範囲外の労力というのを考えてない気がする。先に述べたみやこのカットも、文字の出し方、重ね方、声優演技のコントロールとか結構気を配ってる気がするのだが……。それでも『絵がない』という一言で切り捨てられるのだ。)


あ、『ef』で云うなら、京アニが紘でシャフトが京介って所か。


# とゆか、原作から外れる事自体に批判されてるより、その外れ方に問題が有る場合が多いような。

# ぼくらのとかキミキスとか。

# うまくやれてれば、最悪でも原作派とアニメ派の対立という形になるから。


# あと……確かに『ef』だとかの演出は人を選ぶと思う。嫌いな人は嫌いだろうなぁ。それはそれで仕方がない。別に好きになられる必要もないのだから(売り上げを気にする『製作』側はそうも行かないだろうけど)


追記:

とは云うものの、アニメ的にぐりぐり動く事はそれ自体が楽しみである訳で、それが足りないと、確かに物足りなさを感じることはあろう。適材適所だけど。動かない演出が良いという訳ではなくて、それもこれも適材適所だろうということである。最終的に良いと感じられるものが、良いのである。

というか、まぁ、『ef』では阿部さんとかの活躍があまり見られないなぁ……と。

『新・アニメ・批評』『新・アニメ・批評』 2007/12/13 02:55 同意していただけて光栄です。
これは夢想ですが、京アニの石原さんがシャフトでアニメを作って、新房さんが京アニでアニメを作るようなことになると日本のアニメはこれからますます面白くなるかもしれませんね。
ちなみに佐藤順一さんを擁するハルフィルムメーカーは「スケッチブック」の第11話では既に山本寛さんが演出で起用されていますよね。
もしもexperim01さんが未見ならば、お試しあれ。

よすよす 2007/12/13 13:36 通りすがりの者ですが失礼します。
「シャフトの評価がきちんとなされていない現状」について述べられておられますが、
そんなに心配することはないと思います。
というのも、私は今年の初めまでアニメ等に全く興味がなかったのですが、
ある知人に薦められたことがきっかけで「ぱにぽに」「ひだまり」等のシャフト作品を観て、
多大な感銘を受けました。斬新な演出に目から鱗が落ちる思いでした。
私は趣味で音楽を作ったりバンドをしたりしている人間なんですけども、
思うにシャフト作品というのはいわゆる「アニオタ」ではない視聴者にこそ受ける作品なのではないかと。
実際、その後に「人気作品」といわれているハルヒ、らきすた等を観たのですが
シャフト作品を観た時の衝撃には足元にも及びませんでしたし。

確実にシャフト作品のようなアニメを好む感性の人々は存在するので、
もっと多くの人に(特に私のように)、いままでアニメに縁がなかったような人にこそ
観て欲しいなという気持ちはありますね。

tsx(=experim01)tsx(=experim01) 2007/12/14 01:14 > 『新・アニメ・批評』氏
こないだの『スケッチブック』については既に知っていましたが、この頃またノイズが酷くなりまして、『ef』ともども視聴意欲を出せずに居ます(先週から……『ef』の記事が無いのもその所為)。ヤマカン演出、結構好評なようなので見てみたいのは確かなのですが。
新房監督はスケジュール管理に難有りという事らしいので、京アニでやれるかどうか……。石原さんは、うまくやれるでしょうけれど、味が出てくるかどうか……。話には無いですが、ヤマカンがシャフトでやれるかというと……個性が(悪い意味で)ぶつかり合ってしまう気がします。シャフト時代の新房さんは『周りの意見を取り入れる』という感じなので衝突はあまり無いようですが。ヤマカンが新房作品でやってるのは観たいですけどね(笑
(らきすた3話の噂(録れなかったのです)によると、ヤマカンは新房さんを嫌ってそうですが)
>よす氏
まぁ、『ef』作中での堤京介みたいな、「コンクールでは受けが悪いが、一定のファン層が(少ないが、確実に)存在する」位置なのでしょうね(笑
それで、『コンクール受けする』のが京アニと。

アニオタ以外にこそ受けるということは、アニオタはアニメに対する概念を固定化しすぎているということになるのでしょうね。アニメに求めるものが固定され過ぎてると。実写を使う演出に対する一種のアレルギー的な反応とか、まさしくそんな感じかもしれません(他にも、例えば『The end of Evangelion』をアニオタとしての自覚が無かったときに友人に薦められて観ていたのですが、実写パートも違和感無く観ていましたし。あれも結構批判があった様な気がします。ちなみにそれが一番最初に観たエヴァだったりします)。

シャフト作品(のうちの新房監督作品)の評価については、この頃特集が組まれることが多くなった感があり、漸く認知されてきたような感じがします。
# アニメに縁のなかった人に観るように薦めるには、まだアニメ絵そのものとかへの偏見があるので、結構難しい気がします。

ふぐばふぐば 2008/05/07 00:22 efは良かったけど、動いてないとか静止画が多いとかじゃなくて、動きがぎこちない。

その点においては京アニには及ばない。

tsxtsx 2008/05/07 07:27 その辺りはたぶんスケジュール管理の問題なのでしょうねぇ。この間の絶望先生関連イベントでも宮本氏が京アニの組織作りを見習いたいという風な事をおっしゃってますし。新房監督的には、ぎりぎりまで詰めて作れる事がシャフトの気に入った点だという事もあるみたいですが……。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

――信じる それとも疑う
心は振子のよう――