殺シ屋鬼司令 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2005 | 04 | 07 | 11 |
2006 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12 |
2011 | 02 | 03 | 06 | 07 | 08 |
2012 | 02 | 05 | 06 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 06 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2016 | 02 | 08 | 10 |
2017 | 02 | 03 |

2017-03-12 -(Sunday)- Mac新調 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

MacBook Pro, 13 inch, Touch Bar, late 2016を買った。

これまで使ってきたMacBook Air11 inch, mid 2011だったから、ほぼ6年間使い倒したことになる。特に渡米の3年半はほぼこれでやり通し、論文を書いてきた。よく頑張った。2014年に一度、一時帰国時にGenius Barでバッテリを交換した。それからも3年経っているのか。

新しいMacBook ProRetinaディスプレイになっている。自分としてははじめてのRetinaディスプレイMacだ。13 inchといってもこれまで使ってきたMacBook Air 11 inchに比べてディスプレイマージンが小さいから、逆に筐体の縦横はほとんど変わらない。

電源がマグセーフでないことは残念であるが、マグセーフは逆に私にとってはケーブル破断がネックであった。実際、MacBook Air電源ケーブルはちょうどバッテリ交換の直前に破断して交換した。その交換したものもまた破断しそうになっている。USB-Cで給電されるということは、ゆくゆくはケーブルが破断しても、アダプタに比べて相対的安価ケーブルだけ交換することができるという期待が高まる

移行はMacBook AirバックアップしたTime Machine用外付けHDDから情報転送を使っている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20170312

2017-03-02 -(Thursday)- あえて消耗品の節約を考えない一人暮らし このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

東京に戻ってきてしばらく、外食選択肢があるので自炊をしなくなってしまったが、ときどき自炊をする。

アメリカにいた頃もすこし自炊をした。

私は自炊によらず家事にニガテ意識がある。部屋も散らかりがちである。

そういう状態だと消耗品を使い切る前に引っ越し、などという状況が往々にして発生した。

ということは、消耗品はちゃんと消耗したほうがいいな、と思った。使い捨てのものはちゃんと使ったら捨て、次に使う時は新しいものを使うほうが、再使用にかかるコスト免除されて、いいのだろう。

ゴミ出しの日にあとちょっとはいからゴミ袋が節約できるなどと考えず、ゴミ出しの日は諦めてきちんとゴミを出す。そういうひとつひとつ判断を「しない」ようにすることが重要な気がする。

食材にしても、恥ずかしいことに使い切れないことが多い。で、そういうときは、使い切る努力もしてみてもいいが、それとは別に、「即捨てる」という選択肢をちゃんと持ち、時には行使してもいいのだという認識を持つことは精神的にラクになる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20170302

2017-03-01 -(Wednesday)-

[]2017年初頭の「次世代シーケンサー08:59 2017年初頭の「次世代シーケンサー」を含むブックマーク 2017年初頭の「次世代シーケンサー」のブックマークコメント

私はいわゆるNGS・次世代シーケンサー*1の「現場」の人間ではなく、技術の進展の速いこの領域現在個別の正確な数字名前・文献を挙げるのに適当人間ではないけれども、いち利用者としての生物学者で、おおづかみな印象を共有するのも無益ではないのかもしれない、と思い、公開したい。

テクノロジリード原理検出用途評価
454中程度エマルジョン塩基重合を光学検出ゲノムおつかれさまでした
イオントレント中程度エマルジョン塩基重合を電気検出ゲノムおつかれさまでした
イルミナショートリードフローセル塩基重合を光学検出トランスクリプトーム・エピゲノム正確。現役で安定
PacBioロングリード分子塩基重合を光学検出ゲノム現状メインだけど数ヶ月でNanoporeに押されるのかな
Oxford Nanopore (商品名MinION)ロングリード分子孔を通過するDNA高分子の各塩基電気検出ゲノム現在エラーが多いが今後主流になる本命

ひとことで素人目の感想を書くと、これから

静的な全ゲノムならナノポア、発現解析やエピジェネティクス多様性含む動態はイルミナ

となる可能性が高そうだというおおづかみな印象を持っている。

*1:正しくは「超並列配列解読テクノロジー」Massively Parallel Sequencing Technologyとすべきだと思うが、慣例に倣う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20170301

2017-02-23 -(Thursday)- 甘酒ブーム このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

世は甘酒ブームだったらしく、甘酒豊富コンビニで置かれていることは嬉しい。

私は甘酒が好きだ。伊勢初詣すると甘酒をいただくのが小さいときから楽しみだった。

よく見かける甘酒が麹のもので、酒粕を使ったものが少ないように思う。酒粕甘酒のほうが私は好きだ。アルコールに敏感なので甘酒程度のアルコール度数でも酔うが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20170223

2016-10-20 -(Thursday)- 体重計 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

体重計の年齢設定を34歳に変えようと「設定」ボタンを押してみたが、劣化しているのか、何度押しても、連打しても変わらなかった。変わるべき時にまた変わるだろう。

3月末に帰国して92キロだった体重は、5月9日から9月某日まで毎日続けたジョギング10キロ弱減った。就職活動のため、10年前の修士新卒のときにあつらえたスーツをふたたび着ることができるようになった。

きょう、ふと、私はどこへ流されていくのだろう、と思った。この流れはどこにつながっているのだろう。

暑さでやられるような気温でもなく、学会シーズンも過ぎ、論文執筆複数本)と実験をかかえている程度に落ち着いたところで、このテーマをやっていていいのか、なりわいしていていいのか、自省したくなったということだ。

キャンパス内を自転車でゆけば銀杏が降り注いだ。

数ヶ月前、高校時代の恩師が「日本に戻ったらしいじゃないか」と突然電話をかけてきたことがあり、その時に「どこかにもぐりこむしかいねえ」と言われたのを思い出した。

しかに、そこに照準するのは実際的だ。それすら到達できるかどうかすら定かではないとはいえ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20161020

2016-08-21 -(Sunday)- 日記 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

ワラーチを履いてみたいと思ってスポーツ用品店に行った。

作ってみたい気分もあるので考えなおした。

キングダムを読んだ。いいところで終わっていた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20160821

2016-08-20 -(Saturday)- 日記 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

前日の飲み会で喋り倒して声が嗄れた。

寝る前は図を作っていた。

朝起きて走ろうと思ったら雨が降っているような止んでいるようなありさまだった。

あとから考えれば走ってもよかった。

前日に洗濯をして干しておいて正解だった。

結局10時過ぎにシリアルを朝食に食べた。

昼下がりに4キロ走った。

太腿を使うようにするとアキレス腱の張りが非常に軽減された。

雨が止んでいるなと思って家を出て昼飯を食べに出たら飯屋に入る前に土砂降りの夕立になった。

卵かけごはん定食を食べた。

バス池袋に行った。

てもみんでマッサージを受けた。

ジュンク堂をぶらぶらした。

丸亀製麺で夕食を食べた。

バスで帰ってきた。

雨は降っていなかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20160820

2016-02-21 -(Sunday)- 無心の完全燃焼 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

渡航予定が残り40日を切った。

3年半、色々なことがなかったり、あったりした。

書くべきことはその都度書いたこともある。そのひとつアニメの楽しみなので、そのことは既に書いた。

1年間振り返って思うのはSHIROBAKOという作品が、業界の実情を反映しているかどうかとはひとまず無関係に、自分アニメを見ることそれ自体チュートリアルになったということだった。

この半年論文投稿・リビジョンに追われている。こうしたことについては近々詳細が発表できたらと思っている。

率直に言って、この過程の中で、焦りも心乱されることも多々ある。その一方で、4月からのことが不定形であるということもある。いま、そうしたことをつとめて省察しながら、3月末までは無心の完全燃焼を思い浮かべながら精神を整え、気合が緩まないようにしている。

いま、ここでは、この実験をするのだ、と。

客観的に見れば、次、であるとか、あるいは、為替相場なども、自分の次の半年のありようを、まちがいなく大きく左右する。具体的に言うと、預金が円建ての額面にして一時期の70%ぐらいになっているのではないか。だが、それさえも自分にとっては、些事だ。

自分にはここでの命はいしかなく、この実験はここでしかしないのだ、と。

40日、もうひとあばれしてやろうと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/extinx0109y/20160221