Hatena::ブログ(Diary)

所詮わたしはそういう女

2018-04-26

眠れなかったんだ

今週のお題「カバンの中身」

山口達也
好きだったのになぁ。。。。
本件、何年か前本気で好きだった男とかぶる。

チャラそうに見えるけども実は真面目で男気があって好感度高い、って設定なのに
酒とか女とかが根源の事件を起こす。
やっぱり遊び人だったんじゃねーか、ってね。
NHKの番組で知り合った高校生、こっちは仕事で知り合った客。
手を出したとバレたら問題になる、そしてこの手のはバラされる可能性が低くない、
どうしてバレないと思えるのかわたしにはわからないよ。



どうしてこんな男ばかり好きになるんだろう。
人生はすべて、これまでの選択のうえで成り立っている。
子供の頃から、正しいとされる道を守って歩いてきたのに
間違ったことはしてこなかったのに
どうして幸せになれないんだろう。


心のなかがぐっちゃぐちゃ。
部屋、デスクトップ
バッグのなかも同じ。

2018-03-24

fear

今週のお題お花見


この先の人生
誰からも触れられることがないまま年をとって死んでいく
ということも可能性として充分ありえると
ふと考えついた休日の朝
涙がでた。おそらく、さみしいという意味の。



こんなときに思い出すのは
人生でたったふたりだけ、本気で好きだった男。
振り向いてもらえなかった。気に入ってもらえなかった。
選んでもらえなかった。
もっとイケメンで、もっと背が高くてもっとマッチョで、
もっと稼いでいて、もっと一緒にいる時間があって、もっと優しくて、
そういう人を探せば出会えるのかもしれないけど
そんな人出会わなくていいからその人がいいと思った。
それくらい好きだった。
涙。



恋人を求めてるということは
それ以外の不満が多すぎるんだろうな。危ない危ない。
「一人で大丈夫」センサーが壊れかけてる。



桜は好きだけど
酒も好きだけど
花見は嫌いです、今は。

2017-12-18

大恋愛じゃなくても

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

会いたい。積もる話をしたい。
わたしのことはどういうつもりなのか、聞いておきたい。
もし軽んじられているわけじゃないとわかったら、セックスしたい。
もしわたしのことは大して重要じゃないとわかったら、きちんと受け止めたい。
そのときの心の準備をしたい。

この先の人生
男は彼だけでいい。これが最後でいい。
今年は彼の年になるとは。予想外である。

ものはいらない

今週のお題今年買ってよかったもの

今年買ったもの。全然覚えていない。特に、上半期は。



これにお金かけてよかった、この店おいしかった、ここ行ってよかった
など、
お金を払った「コト」はよく覚えている。

そして今年は
お金を使わない、ものを増やさない、ものを手離す
ことに開眼したのもあって
買わなくてよかった、売れてよかった、捨ててよかった
もわりと覚えてる。

これ買わなきゃよかった、については
とってもよく覚えてる。



買ってよかったものは格安スマホ。
もっと早く始めればよかった。

2017-11-26

わたしのばか

今週のお題「得意料理」


地元に帰ったワガママクソ男から
久々に電話があった。
結婚の話もあったけど破談になった、と、プチ衝撃な話を聞く。
お見合いしたんだけどうまくいかなかったんだって。
親を喜ばせようとして地元の人と結婚しようと思ってたけど
そういう打算的なのはだめだよなやっぱり、とも言っていた。
はぁ。そんなことも、あるのか。
彼は地元の女しか考えてないもんだとばかり思ってたけど
人生どうなるかわからないものだね。






彼氏は?
と聞かれて、他のその他大勢に聞かれたときと同じテンプレを答えてしまった。
恋愛や結婚はしなくても生きていけるけど、仕事はしないと生きていけないから
自分のことをちゃんとしようってほうが強い
って。
それは、彼氏ほしいほしいってそれ目的の活動はしてませんよってことで
いなくてもいいけどいてもいいわけで
彼氏ができること自体は歓迎で
(わたしはあなたがいいんだけど)
ってことだったのに。
その気がまったくないととらえられかねない発言をしてしまった。
なんて、かわいげのない女。


俺の地元に来たいなんて思わないでしょ、って聞かれて
そんなことないよって答えるのでやっとだったけど
ほんとうは、あなたが育った街を見てみたい。


好きだと悟られないように無意識にしてしまうのは、なぜだろう。
ふられるのが怖いから。カッコ悪いから。
もっと若かったら素直になれたのかもしれない。




わたしたちはずっと、腹のうちの探りあい。




酔って寝てしまったときの「付き合う?」は
もはや妄想だったんじゃないかと、なかったんじゃないかと
さえ
思えてくる。



最初は付き合うつもりはさらさらなかった。
彼のことを、酔ってホテルに連れ込むチャラいやつ(体目当て)
と判断したから。
会話を重ねていって、この人はそうでもないかもしれないと思い始めて
たぶん好きなんだと思う、に至る。

彼のテンションはもう高くない。かもしれない。
今さらかもしれない。
それは、彼がそういう、時間を作って話をしてお互いを知って、
という期間をショートカットして
付き合う?と言ってきたから。
わたしには、彼を知る時間も情報も足りなかったから。



お互いに必要と感じるタイミングがずれている。
うまくはいかない。 







また電話する、って
どういうつもりなんだろ。





料理は得意な方だけど
料理なんかより掃除や片付けができるようになりたい。
可及的すみやかに。