小吉&なめんなよ`s Works

2016-04-24 M32戦車回収車 陸上自衛隊仕様 PART3

戦闘室内部

前回の更新から1年半くらい開いてしましました。

今回は戦闘室内部の工作です。

このキットを製作し始めた当時はまだタスカ(現アスカモデルからM32のキットが出ていませんでしたので、戦闘室や車外の装備品構造物はイタレリのキットを使っています

戦闘室のワイヤー引出口はキットではチョコボールの蓋のような形状ですが、取材した富士学校の車両とは形状が違うので写真を参考にプラ板のて改造しました。

f:id:f86f:20100130221336j:image

ただ惜しいことにその部分のアップ写真撮影し忘れていたので、少々見切れていますが逆さまに写った写真をご覧いただくしかありません。

戦闘室後部のワイヤー引出口も形状が横長なので実車写真マニュアルを参考にしながら作成しています

f:id:f86f:20100130221446j:image

戦闘室内部については「Heavy Wrecker」という米軍のレッカー車輛のみを掲載した資料を参考にプラ板作成しています

f:id:f86f:20100130221402j:image

f:id:f86f:20100130221346j:image

f:id:f86f:20100130221326j:image

組み込んだ後の写真でわかりづらくて申し訳ありません。

今回の製作はイタレリキットを使用しているので全部作り直したり追加していますが、アスカからズバリそのもののキットが出ているのでそちらを製作する場合は最低限の追加工作で済むでしょう。

次回は車体外装工作です。