うしとみ

2017-08-13 (日)

夢眠ネムについて、あるいは誰かと夢を見ること

「夢眠ネム」について語らなくてはならない。

no title

f:id:f_iryo1:20170813221806j:image

夢眠ネムとはなにか。夢眠ねむの声をもとにつくられたVOCALOIDライブラリである。

夢眠ねむとは誰か。アイドルグループ「でんぱ組.inc」のメンバーである。いまわたしがいちばん応援しているアーティストのひとりだ。

わたしは夢眠ねむが好きだ。はっきり言わないと伝わらないこともあるので、書いておこう。


「初音ミク」が登場したときの衝撃を覚えている。音声合成の技術の粋としてではなく、愛されるキャラクターとして登場し受容されていったことの、あの驚きと感動をよく覚えている。

VOCALOIDには数多くのライブラリが発表されており、十分な知名度を持った人物が声を提供した製品もそれほど珍しくないようだ。GACKTや「SEKAI NO OWARI」のFukaseなどが有名所だろうか。


正直なところ、わたしにはVOCALOIDごとの音色がよく区別できない。たくさんのライブラリの様々な歌声すべてが1つのおなじ楽器として聞こえている。聴き分けられる人とは、耳や脳の機能が微妙に違うのだろうと思う。たとえるなら、NHK交響楽団とベルリン・フィルハーモニーの違いを聴き分けることが普通の人には難しいようなもの、かもしれない。


だから、夢眠ネムが発表されたときも、コンピレーションアルバムの製作が発表されたときも、わたしはいまいち乗り切れなかった。あまり楽しめないんじゃないかと思っていた。とはいえ、推している人がVOCALOIDになることなど、人生にそうそう起こることではない。ともかく買うしかない。ここで金を使うのがオタクのすすむ道だ。

ついでにMIDIキーボードも安いものを買った。これを機にずっと気になっていたDTMをやってみようかと考えたものの、いまのところ仕事に忙殺されており、とてもそれどころではない。余生に期待したい。


夢眠ネムのコンピレーションアルバムの話をするまえに、夢眠ねむについて確認しておこう。

アイドルにはいくつかのタグが設定される。夢眠ねむのテーマカラーは「ミントグリーン」で、キャッチフレーズは「永遠の魔法少女未満」。彼女がプロデュースしたキャラクター「たぬきゅん」も一部で大ブレイク中だ。でんぱ組.incとしての楽曲においては、その名にちなんで「夢」や「眠い」という歌詞を含むパートをよく担当する。


夢眠ねむとはなにか。それは、「夢眠ねむの中の人」のセルフプロデュースによって生み出された作品である。アイドルであり、アイドルというメディアアートである。このことは「夢眠ねむ」本人が幾度となく語っている*1


アイドル産業にはそもそも歪みがある。若い生身の人間たちが、大勢の他人の感情を動かすために歌い踊るのだから、歪みがあるのは間違いないだろう。

人気のあるアイドルたちはみなどこかで、その歪みを補正したり吸収したりしている。夢眠ねむの補正は「作品」という枠組みによって行われているようにわたしは思う。


『VOCALOID 夢眠ネム』の話をしよう。

このアルバムの楽曲は、すべて夢眠ネムの歌唱による。ただし、最後の曲だけは夢眠ねむ本人の歌唱がメインになっている。全曲を短くつなげたPVがYoutubeで公開されている。

D

初めて視聴したとき、わたしは泣いた。アイドルを応援していると、ときどきとても幸せなことが起きる。


アルバム『VOCALOID 夢眠ネム』に収録された楽曲のほとんどすべては、じつは、誰が歌っても構わない。VOCALOIDの聴き分けが苦手なわたしにとっては、これらの曲を初音ミクが歌っていても違いを感じないかもしれない。夢眠ねむ本人がカバーしたものもいいだろう。ただし、最後の楽曲だけは別だ。

その曲のタイトルは『あるいは夢眠ねむという概念へのサクシード』。制作はMOSAIC.WAV。歌詞を引用する。

たとえわたしが消えてなくなっても/夢眠ねむは生き続ける/ただ、悩み貫いたこの思いが/忘れ去られることがこわいの?/だからいま・・・

夢眠ねむは概念になる

わたしの名前をあげる


わたしたちは身体を持っている。身体に縛られている以上、ひとつの場所にしかいることはできない。同時に複数の場所に遍在することはできない。それが生身の人間の限界だ。しかし。ふたたび『サクシード』から引用する。

癒されるってどういうこと?/心をほどいてくれる誰かがいること/それには技術が必要?/ううん、いるだけでいいの/それじゃあわたしは・・・

あなたのそばにいたい


生身の身体は、いずれ衰え損なわれる。けれど、VOCALOIDに吹き込まれた声は、永遠である。孤独な身体を離れて、現在と未来のあらゆる場所に存在できる。

夢眠ねむは概念になる。概念は遍在する。遍在するならば、いつでも必要な人のそばにいることができる。


「概念になる」ときいてすぐに思い出すのは、『魔法少女まどか☆マギカ』のことだ。この話を始めると絶対に畳めなくなるのでやめておくが、ところで、「永遠の魔法少女未満」という夢眠ねむのキャッチフレーズはどういう意味なのだろうか。

「未満」ということは、つまり魔法少女ではない。魔法少女ではないということは、つまり普通の少女である。「ずっと普通の女の子」だと言うのだ。しかし。

VOCALOID 夢眠ネム

VOCALOID 夢眠ネム

彼女はいま、ひとつの永遠とともにある。

変わらない声を持ち、「わたしの名前をあげ」たキャラクターがいる。夢眠ねむのためにではなく、夢眠ネムのために、いくつもの歌が生まれた。夢眠ネムは歌い続ける。


『サクシード』は、夢眠ネムの音声を(おそらくまったく)調整していない。無調整のVOCALOIDと、オリジナルの人間が出会い直し、永遠になることを夢みる。このことにより「悲しいループ」は解消され、幸福なループとして、わたしたちはアルバムの1曲目『コズミックメロンソーダマジックラブ』の世界へ回帰する。夢眠ネムは、歌い続ける。


■■

アイドル産業が消費者を惹きつける魅力のひとつは、アイドルたち自身が未熟であることだ。努力し挑戦する物語を、わたしたちは消費してもいる。その欲求はけっして褒められたものではないとは思う。しかし、それでもたしかに、他の誰かといっしょに夢を見ることは、素敵なことだとも思うのだ。

わたしたちはみな「魔法少女未満」だ。きっと特別にはなれないわたしたちだから、特別な夢を見せてくれる誰かを憧れ続けている。

*1:「私も大学の専攻がメディアミックスだったんですが、自分に使えるメディアがわからなかったので、メディアに載る側のアイドル「夢眠ねむ」を卒業制作として提出したんです。だから、いまだに卒業制作をやり続けているとも言えるけど。(笑)」(『小説BOC 6』、中央公論新社、2017年、B12頁)

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト

コメントを書くには、なぞなぞ認証に回答する必要があります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/f_iryo1/20170813/1502631060