Hatena::ブログ(Diary)

京都の古本屋 Fabulous

2017-09-10

アメリカを見よ

復活!!!

今日のおすすめ本。

2017年9月10日はこちらです。


f:id:fabulous69:20170910143012j:image

アメリカ合州国

本多勝一著 朝日新聞社


 ハーレムの町は、外観を写真で見る限り、けっこう立派に見える。

とくに日本では、コンクリートやレンガの建築なら何でも木造よりは

立派だろうと考えがちだ。しかし、この種の建築がスラム化すると、

木造よりも手におえないものである。ハーレムの町の汚さは、

中にはいって見れば一見してわかる。エスキモーの「冬の家」の中と

大差がない。ベッドの敷布だけが、周囲と不釣り合いに清潔だ。

同宿者たちは、もちろん黒人ばかりである。真夏の太陽が

スラム化したビルを照らすとき、室内は絶えがたい暑さとなって、

すべての人々を外へ追い出してしまう。

 私がここに泊まることを知って、ある友人が同じ勤め先の友人として

紹介してくれた黒人のブラウン君(十九)は、

「夜眠るときは片目開いているほうがいいよ」

 と言った。ここには彼に泊ったことがあるが、騒音がひどいし、

空き巣泥棒も多いという。

(中略)

 夜。九階にある私の部屋の窓から見おろすハーレムは、午前零時になっても

人通りや自動車の音が衰えない。パトカーや消防車が、実にしばしば

サイレンを鳴らして走って行く。窓から見える二、三軒のバーから、

わめき声や歌う声が絶え間なく聞こえてくる。約束していたブラウン君が

現れたので、深夜のハーレムを案内してもらうことにしよう。

「ゴー・ゴー・バーに行こうじゃないか」

(「ハーレム素描」本文より)


こちらは初版本で現在絶版ととなっております。

通信販売もさせていただきますので、

お気軽にお問い合わせください。

69fabulous@gmail.com


日々のおすすめ本から、

お気にいりの一冊が見つかりますように。

今日も明日も明後日も。

ごきげんよくお過ごしください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fabulous69/20170910/1505023306