facethemusic RSSフィード

2004-05-09 著作権法改正と輸入CDの規制について 最新記事

前以て書きますが。ラジオの文字起こしもそうですが、今回取り上げる二つの記事の、ここへの転載は実際は良くないと思います(よって早急に内容を終了することがあります)。その点において本当に申し訳なく思っています。ただ…取り上げないとはじまらないと思い、無断で大変申し訳ありませんが転載させて戴きます。というより(責任逃れとか方向転換というのではなく)本当に嬉しいんです。記事の掲載。自分が知る限り音楽誌で初めて!なのですから。

なので、お願いです。ここを読んで興味を持った方は、是非とも掲載内容の書かれた雑誌フリーペーパーを買って手に入れ、皆さんにも購入を勧めてください! 見てもらってください! そして多くの人に問題を提起して何ができるか話し合ってほしいです! 本当に心からお願い致します。

ご意見等につきましては、コチラまでお願い致します。



音楽専門誌、遂に言及開始へ〜bmr6月号より〜

明日10日発売のR&B/Hip-Hop専門誌、「bmr(BLACK MUSIC REVIEW)」の中で、荘治虫氏*1がP137のコーナー"XPLOSIVE!"*2にてこの問題を取り上げています。*3




輸入盤CDが店頭から消える日」



音楽記事ばかりの中で、ある意味、息抜き的存在のXPLOSIVEとしてじゃちょっとヘヴィなネタかもしれないけど、これはジャンルに限らず音楽ファンならば誰しも関係する話だ。本誌読者ならば少なからずお世話になっているだろう輸入盤レコード店から消えるかもしれないというただならぬ事態についてお話ししたい。

そもそもことの始まりは、今国会で審議中の著作権法改正案(「著作権法の一部を改正する法律案」)。書籍雑誌の貸与権についても言及されるものだが、音楽に限って言えば、アジア諸国で安価に売られている邦楽CD(海賊盤ではなく正規盤)の日本国内への還流を防止することを目的とする法案だ。香港や台湾に出掛けた際、日本人アーティストの現地盤CDの激安価格に驚いたことがある人もいるかと思うが、最近ではそうしたアジア盤が日本にいわば逆輸入され、ディスカウント・ストアを中心に格安で販売されていることがある。こうしたアジア盤が広まってゆくと日本盤が売れなくなってしまうかもという危機感から、これを排除しようということになったわけだ。

ところが、この法案にはとんでもない落とし穴がある。それは、本来の目的である邦楽ばかりか、国内盤が発売される洋楽CDについても適用される恐れが出てきたのだ。本誌の関心事としてUS盤やUK盤の輸入という観点から改正案を読むと、日本盤がリリースされているタイトルについて、アメリカ国内やイギリス国内など日本国外向けに販売されることを目的としたもの(つまりUS盤やUK盤などの海外盤)を日本に輸入販売することで、著作権者やレコード会社が利益を損なう場合、著作権もしくは著作隣接権の侵害に当たる、としている。

この法案が審議を通ると、実際に何が起こり得るのか。まず、日本盤が出るCDについては輸入盤が店頭から消えるかもしれない。その結果、タイトルによってはコピーコントロールCDしか選択肢がなくなるものも出てくるだろう。そして、安価輸入盤が姿を消すことで、日本盤の価格が邦楽並に値上がりすることもないとは言えない。価格競争がなくなるわけだからこれは当然と言えば当然。また、日本盤がリリースされないCDも同じく店頭から消える可能性がある。なぜなら、インポーターと呼ばれる輸入業者が撤退を余儀なくされる危険性があるからだ。

通常、ソニー、EMI、BMG、ユニバーサル、ワーナーの五大メジャー輸入盤CDは、それぞれの日本国内にある現地法人・関連会社が直接仕入れを行い、国内盤とともにレコード販売店へ出荷しているが、一方で、インポーターもまた並行輸入という形で同じタイトルを扱っている。タイトルによっては、メジャー輸入盤部門では扱わない各国盤を仕入れるなど小回りがきくのがインポーターの特徴。レコード店ではどのCDがインポーター経由のものなのかなんて表示されてはいないから気が付くことがないだろうが、ある程度の音楽ファンならきっとお世話になっているだろう。そして、忘れてならないのは、インディ作品を輸入しているのも多くはこのインポーターだということだ。

このように洋楽の世界では欠かすことのできないインポーターだが、件の法改正によって、日本盤が出るような売れ線タイトルを扱えなくなることでそのビジネス破綻することにもなりかねない。つまり、この業種全体が廃業に追い込まれるかもしれないのだ。そうなれば、法改正に直接関係しないインディ盤についても結果的に輸入されなくなる(輸入業者がいないのだから!)可能性が出てくる。

以上は最悪のシナリオであって、法改正によって必ずこうなるということではない。とくに価格の引き上げやインポーター云々の下りについてはひとつの推測でしかないことを明記しておきたい。実際、日本レコード協会は、その会員である五大メジャーの関連会社が洋楽CDの海外盤については輸入を阻止する考えはないとする「確認書」なるものを出しているから、その通りにことが運べば、あるべき姿である邦楽CDのみに適用される可能性も充分にある。第一、あるレコード会社が人気アーティスト輸入盤をストップしたとしても、別のレコード会社がそれと競合するような自社の洋楽アーティストの海外盤を輸入すれば、同じアーティストCDではないにしろ市場原理から言って競合に負けることは充分に考えられるわけで、そう単純に輸入盤禁止が現実のものになるとも思えない。しかし、レコード会社の利益の侵害に当たる場合は洋楽CDにも当てはまるという内容の政府(小泉総理大臣名義)の答弁書も出されているわけで、メジャー各社が一様に"心変わり"するとしたら……けっして楽観できる状況ではないのは確かだ。

今回の法改正の洋楽への適用可能性については国会議員の中にも懸念する向きもあって、たとえば民主党ホームエンタテイメント議員連盟の発起人である川内博史佐藤謙一郎の両衆議院議員は積極的にこの件に取り組み、佐藤議員のウェブサイト(http://www.satokenichiro.com/)で「洋盤CDが危ない!!」というページを開いている。また、音楽ファンによるサイトには、この件の動向から法案への賛成・反対議員のリストまで掲載されているものもある。本誌の読者のような音楽ファンならば、この件は他人事ではないだろう。

著作権法改正案は、4月21日、参議院を通過し、衆議院に提出されている。


荘治虫著 「bmr」"XPLOSIVE!"(P137)より





フリーペーパーTOKYO HEADLINE、「CD海外盤輸入禁止にNO! "実態を知る"シンポに300人超」(5/10発行号)


これも今日渋谷HMVにフライングで置かれていました。

これがフリーペーパー?っていうくらいニューススポーツ、ショウビズに5/10-16のテレビ欄まで。しかもティム・バートンのインタヴューまで! 本当にお金払わなくていいの?というくらい充実しています。

そのTOKYO HEADLINE、ShowBizコーナーの真ん中に掲載されています。赤枠で囲まれているのでかなり目立つと思います。即効でなくなる可能性がありますので見つけたらすぐにでも手に取ってください。



CD海外盤輸入禁止にNO! "実態を知る"シンポに300人超」


今国会で内閣府より提出された著作権法の改正にともなって海外盤のCDの輸入が規制される可能性が出てきている。この状況をかんがみ、4日、新宿・歌舞伎町のロフトプラスワンにて"選択肢を保護しよう!! 著作権法改正でCDの輸入が規制される? 実態を知るためのシンポジウム"が行われた。ピーター・バラカン氏と音楽評論家高橋健一郎氏*4ら3人が発起人となって行われたシンポに300人以上の聴衆が訪れた。この問題について関心の高さが明白になった。法改正はもともとアジア諸国などで販売されている日本アーティストの正規版が逆輸入され国内版の売り上げを落としているという状況を打破することが狙いだったが、のちに欧米のメーカーも名を連ねた。この改正が成立すると日本盤の出ている海外アーティストは日本盤しか買えなくなったり、海外輸入盤を国内で手に入れることが困難になる。通販などで個人輸入しても税関で差し止められることも考えられる。最悪のケースは全面禁止状態になりうることもありえる。既に法改正案は参院を通過、タイムリミットは国会閉会の6月16日だ。


TOKYO HEADLINE P8より抜粋





坂本龍一氏、「輸入盤規制」にて問題に言及→コチラ


世界の教授です!アーティストで公式見解を示したのは本当に嬉しいです。

しかも、まさか自分の書き起こしが掲載されるとは…

(以下、一部抜粋)

産業の利益を守るためとはいえ、音楽産業自らの手で音楽ファンを葬るようなことをするとは、自分の手で自分の首を絞めているようなものである。業界は規制で閉め出すことばかり考える前に、高いなら高いなりに付加価値をつけることに努力するなり、アジア盤に対抗して値段を安くするなりして、競争力をつけるべきである。


今のメジャー体質へのもっともな批判。本当に今回の件で音楽ファンならみんな思ってることですよね。

これらの意見がもっとアーティストにも音楽ファンにも届いて、真の音楽業界改革ができてほしい、って本当に切に願います。いや、願う前に決起して動かないといけないんです。

*1:今号を最後に編集部を離れるとのことです。7年間お疲れ様&ありがとうございました。

*2:このコーナーは雑誌ライター有志によるフリートークで、普段は1Pで2名のライターなのですが、今回丸々1P使用しています

*3:本来の発売日より早く、渋谷タワレコでフライングリリースされていました

*4名前間違えて掲載されています…

十六夜十六夜 2004/05/09 22:54 引用を行ってください。著作権法上、引用するのに一切の許可は必要ありません。引用元の出典・著作者をキチンと明記し、引用した文章が従となるように本文を作成されれば、何人もそれを止めることは著作権法上不可能となります。

face_urbansoulface_urbansoul 2004/05/09 23:01 十六夜さん、ありがとうございます。その通りさせていただきます。

cabcab 2004/05/10 01:13 TOKYO HEADLINEはWeb上にも同じ記事がありますね。上がAVEXですけど :P

face_urbansoulface_urbansoul 2004/05/10 01:32 今webで気付きました。cabさん、情報ありがとうございます。上がAVEXですか…なるほど。このフリーペーパーっていつもすぐになくなるので人気だと思います。その分音楽好きに浸透してくれればいいですね。

まなぶんまなぶん 2004/05/10 04:54 faceさん。さすがやりますね!教授にリンク貼られるとは。。。