大学教員のトホホな日常? このページをアンテナに追加 RSSフィード

アカデミズムに生きるはずだったのに、研究よりも教育、教育よりも雑務に追われる某大学教員のトホホな日常をつづっていく?

2008-03-23

[]コーネル大学式ノート

 初年次教育の授業でも紹介しているコーネル大学式ノート・・・だが、今日、書店の文具コーナーで、製品化されたコーネル大学式ノートを発見した・・・。


 私が見かけたのはリングノートの罫線タイプだったが、上記メーカーサイトには綴じノートや方眼タイプもあるようだ・・・。綴じノートタイプがあれば、買っていたのだが・・・。

杜甫甫杜甫甫 2008/03/24 04:54 杜甫甫です コーネル大学の話がでたのでこの大学の話
コーネル大学はいわゆるupper stateの大学といわれ,NY cityからバスで6時間もかかるどいなか大学です.しかし,ここには一流の学者がそろっています.その理由は,かなり高給をだして先生が気候のよいカリフォルニアなどににげないようにしています.笑
学生もいい学生が集まります.昔はコーネル大学に付属の短大があり,コーネル大学の学生をハントする目的の女子が短大におしかけ,かなり加熱したそうです.しかし,そのせいか短大はなくなりました.この大学でおもしろいのは,この大学を卒業して試験にパスすると医学部(これはNY Cityにある)と獣医学部にいけることです.他にはホテル学部があって研修用のホテルまであるそうです.有名ホテルのオーナの子女はここにかようとか.
杜甫甫はコーネル大学式ノートは知りませんでした.
長くなりますが,コーネル大学のキャンパスには立て看板その他いっさい掲示がありません.すべて禁止のようです.売店のようなものも地下にあり外からは見えないようになっています.きれいなきれいな大学です.こんな大学ですからよく勉強できると思いますが,残念なことに自殺者が多いことです.それもそうキャンパスに滝があるほどですから.滝をみると飛び込みたくなります.笑

いのうえいのうえ 2008/03/24 10:26 学研の製品のようですね。
今年度も初年度教育のところで、紹介してみようかしら。
まぁ、コーネル式は、講義でのノートの取り方そのものというより、講義は聴きっぱなしじゃなくて、復習するものなのだということを分かってほしかったりするのですが・・・

ただ、この学研のはB5だけなんですね。
A4はないのから。
値段もやや高いですよね。
う〜ん、今年もダウンロード版かな・・・

Prof. TProf. T 2008/03/24 21:51 コーネル大学には一度行ったことがあります。緑の芝生が美しいキャンパスですね。キャンパスに入るときに橋を渡っていくのですが、確かに川底までかなりありました。

Prof. TProf. T 2008/03/24 21:56 別に製品版を買わなくても、自分で単に線を引けばいいんですよね。いのうえ先生のおっしゃるように、単にノートを取るというのではなく、きちんと復習して、知識を定着させる、まとめるというのが、コーネル式の主眼ですが、学生はなかなか復習してくれませんね。講義を聞いて、ノートをとるだけ・・・では、勉強にならないのですが・・・、教室外ではなかなか勉強してくれないようです・・・。

NYレターNYレター 2008/08/21 00:28 明日息子はコーネル大学に引っ越しです。自殺の話はこれはウソっぽいです。NY大学のほうが余程多いです。すばらしい環境で息子はしっかりと勉強してくれることを祈っています。でもこのノートはおもしろそうだから、日本からとりよせてみようかしら。

Prof. TProf. T 2008/08/21 19:07 ご子息のコーネル大学へのご進学、おめでとうございます。勉強に専念できる環境ですよね。うらやましい限りです。コーネル大学式ノート、日本では製品化されているわけですが、本家ではないんでしょうかね?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/faculty-member/20080323/1206269026
Connection: close