大学教員のトホホな日常? このページをアンテナに追加 RSSフィード

アカデミズムに生きるはずだったのに、研究よりも教育、教育よりも雑務に追われる某大学教員のトホホな日常をつづっていく?

2008-03-30

[]起床・・・

 5時間ほど寝て、起床・・・。

 どんよりした灰色の空・・・。今日は青空が広がるだろうか・・・。

 さて、朝食を食べてこよう・・・。

[][]海外ローミング

 逃亡先でTreoに現地のSIMカードを挿すこともあるが、今回はFOMAカードのまま・・・。海外でのローミングが可能なので、国内にいるのと同様に、電話がかかってくる・・・。

 電話がかかってくると、やはり応答してしまうから、「今、いいですか?」と言われても、「いや、(内緒で)逃亡しているので・・・」とか、「ええと、(日本から海外までのローミング料金が)心配だから・・・」、「(帰国してから)かけ直すよ」とは言えず、「ええ、構いません」とか、「うん、いいよ」と答える・・・。

 10年以上前の固定電話では、会話に一瞬だが間が入って、スムーズなやりとりができず、外国に電話していると感覚があった。今のケータイには、それはなく相手はこちらが海外にいるとは気がつかないだろう。音質も国内と変わらないし・・・。


 Treo 750vのToday画面にキャリアの表示がなされるのだが、国内にいるとNTT DOCOMO NTT DOCOMOと同一キャリアが2つ表示される。これが気持ち悪くて、どなたか忘れたがレジストリの値を変えることによって1つにすることを知って、そうしてみた。

 その後、WM6にアップグレードしたら、また2つ表示されるようになったのだが、レジストリのどこを弄るのかメモもしてなかったので、ちょっと検索してみたら、2つ表示されるのは理由があり、SIMカードのキャリアと受信している電波のキャリア、つまり海外ではローミング先のキャリアの2つが表示されるとのこと・・・。

 というわけでレジストリを弄らずにいるので、今も当地のキャリアとドコモの両方が表示されている。国によっては(場合によっては同一都市であっても)ローミング先が頻繁に変化して、これはこれで結構おもしろい・・・。

[][]観察眼と知識・・・

 Treoの設定などでお世話になっているid:mobachikiさんが、戸田覚「多機能ケータイ王国」日本の危機!米国の現状に日本の明日を見た、という記事に怒っている。

 確かにこの記事はひどい。

 たとえばiPhoneに関する記述。

 今回の出張で、米国では、携帯端末のバリエーションが少なく、選ぶ楽しさが失われているように思えた。端末の種類は多いが、キーボード付きか本体サイズくらいしか選びようがないのだ。そこに登場したiPhoneが魅力的に見えるのは当然だろう。

 日本でiPhoneが発売されてもそれは魅力的ではなく、売れないと思っているのだろうか。

今回の目的に、iPhoneを使っている場面を探したかったのだが、4日間チェックをしても、1台たりとも見つけられなかった。確かに話題には事欠かず、売れ行きも順調なようだが、まだ現場にはおりてきていないのだ。

 私はiPhone発売後のアメリカに逃亡したことがあるが、ちゃんと見かけました。そもそもこの人は観察力がないようだ。日本の携帯にワンセグ機能が付加されていることを自慢しながら、次のように述べている。

 日本では、実際にワンセグを視聴しているシーンをあまり見かけないが、米国で普及すれば、多くのユーザーが使いそうだ。

 電車でもファミレスでもカフェでもよく見かけるのですが・・・。この方はどのような場所で携帯を使っている人々を観察しているのだろう・・・。

 加えて携帯の知識も、記事からは、乏しいように思える・・・。自分の持つP905iを自慢したいのはわかるが、「海外でも電源を入れるだけでそのまま使える」のは、P905iW-CDMA端末でドコモが海外キャリアとローミングサービスを契約しているからだ。P905iでなくても、たとえばFOMAカードを入れたTreo 750vでも同じだ・・・。付け加えれば、第2世代のPDC方式は日本だけの仕様で海外で使えなかった。世界のほとんどの国で採用していたGSM方式であれば、ローミングサービスが可能であったが、PDC方式のために海外携帯をレンタルしなければいけなかったのである。

 日本の最新携帯にアメリカ人が驚いたと喜んでいるが、Vodafoneのロゴが入った端末にFOMAカードが入ってドコモの端末として使用でき、おまけに世界大百科事典やらリーダーズ英和辞典を入れられることに驚く日本人がたくさんいることを、この人は知らないようだ・・・。

 日本の端末を「世界一」と誇っているが、その優れた端末がなぜ世界市場に出ないのか、出られないのか、この人は考えたことがあるのだろうか・・・。

 観察眼と知識・・・。この記事には、この2つが欠けている・・・。

[]ホテルにて・・・

 カフェを出て、散策を続行・・・。

 ホテルを出たときにはわずかだった青空がどんどん広がり、日が差してきて、いい天気・・・。書店を徘徊し、ショッピングモールを覗いて、外に出ようとしたら、しかし、雨・・・orz


 日頃の行いが良いから晴れているのだと調子に乗っていたのだが、晴れ続けてくれるほどには良くないらしい・・・。

 傘は携行していたが、とりあえずフードコートで早めかつ簡単な夕食をとったのち、小雨が降る中、傘を差して、先ほどホテルに戻ってきた・・・。

 一休み・・・。

[]カフェにて・・・

 午前中をホテル(のベッドの上で気絶して)過ごしたあと、外に出て、散策・・・。


 とりあえず当地で一番に行きたかったスポットへ向かう・・・。歩くこと10分ほどで目的地へ到着・・・。噂には聞いていたが、確かに小さく、狭い・・・。観光客が多いから余計そう感じるのだろう・・・。おまけにカフェだというのに店内にはテーブルや席はない・・・ということで、コーヒーは注文せず、タンブラーと豆を記念に買う・・・。

 その後、書店を覗いたり、デパートを覗いたりしたあと、カフェ・・・。ここは席も多く、客は少なく、しかし、無線LANが無料で使える・・・。

 サンドイッチを食べて空腹を満たし、コーヒーを飲みながら、のんびり・・・。