ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

とあるMetaTraderの備忘秘録 RSSフィード Twitter

忙しいです。ネタもないし・・・

2009-12-24

SMMA= 2*EMA -1

超カンタン アメリカ最強のFX理論

本屋に行ったら、ロブ・ブッカーさんの 怪しい 本が売られていたので、つい買ってしまいました。

内容は、トレード手法の紹介(2trendy,NYボックス,アリゾナルールの10手法)と、トレードに対する心構えを簡単にまとめたモノなので、読み手によってはかなりつまらない読み物になってしまいますが、手法に地名にちなんだ名前をつけている発想がアメリカ人らしくて面白かったです。心構えについては、このへんを読むと雰囲気は掴めます。




ちなみに、トレード手法を紹介するタイプの本を読むときは、

・市場の大多数のトレーダーがこの戦略を取った場合、相場はどう動くことになるの?

・その場合、彼らと同じ戦略を取るのが良いのか、あるいは、彼らを出し抜く戦略を取った方が良い?

・そもそも、この戦略が通じない相場変動パターンはあるのかどうか?

みたいな、ボードゲームの一手先のさらに先を予測するようなことを考えると、何かの役に立つかもしれません...。

(そもそも、FXのような市場では、大多数のトレーダーが同一の戦略を取る..という仮定自体がナンセンスだ!という見方も正しいような気もしますけどね..。どちらにしても、それを確かめる術はありません。



閑話休題。

さて、表題の SMMA= 2*EMA -1 ですが、これは MetaTrader で、移動平均の種別にSmoothed ( SMMA ) を愛用している人だけが覚えておくと幸せになれる等式?です。

読み方は、『SMMA は、EMAの期間を2倍して1を引く』で、使い方は、その言葉通りです。


例えば、10期間のSMMA を使っている場合は、 2*10-1 = 19 となるので、19期間のEMA を設定するのと同じになります。これで、他社のチャートでも簡単に、MT4 の SMMA が設定できますので、是非お試しください。