ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

とあるMetaTraderの備忘秘録 RSSフィード Twitter

忙しいです。ネタもないし・・・

2011-06-30

止めるまで鳴り続けるアラート。

「まず最初に何物にも煩わされない心を保つことだ。

次に、物事を真正面から見つめ、それが何のためのものなのかを知ることだ」  

マルクス・アウレリウス

Alert() の本質とは何か?それは何のためのものなのか?を考えてみました。


Alert() を呼び出すと、ダイアログを表示すると同時に警告音を発してユーザの注意を喚起します。

たとえ、一瞬PCの画面から目をそらしていたとしても、その警告音が鳴り響くことで気づくことができます。


…でも、音が鳴るのは1回だけです。鳴った瞬間にたまたま離席していたり、他の雑音と重なってしまったら、聞き逃してしまう可能性があります本来の警告音は、火災の非常ベルのようにユーザが気づいて止めるまでは、鳴り続けるべきではないでしょうか。


と言うわけで、表題の「止めるまで鳴り続けるアラート」をこちらに用意しました。AutoHotKeyによる実装なので手抜きです..。^^;

ZIPファイルにはソースコードも含まれていますが、使用するのは MySound.exe だけです。

(1) MySound.exe を鳴らしたいwavファイルと同じ名前にリネームします。

f:id:fai_fx:20110618204943p:image

↑alert.wavを鳴らすので、alert.exe にします。


(2) alert.exe をダブルクリックすると、ボタンを押すまで鳴り続けることがわかります。

f:id:fai_fx:20110618204941p:image


(3) MT4の設定画面から、alert.wav の代わりに alert.exe を指定します。

f:id:fai_fx:20110618204942p:image


これでアラート音を聞き逃す心配は無くなりました。めでたしめでたし。

2011-06-28

自炊(スキャン&PDF化)は大変なのね。

投資関係の本は、「気になるものは全部買っておけ」なんてスタンスで買い漁ってきたので、無駄にたくさんあります。ごく一部の個性的な書籍を除くと、ほとんど書いてあることは類似しているので、処分しようかと思いつつ、それももったいないので電子化しようか?なんて考えてます。


ところが、「スキャン代行業者の実力を比較する(後編)」には

今回の試用はとくに結論ありきで行なったわけではないが、実際に試用をしてみての率直な印象は、「手間を節約するには有用だが、クオリティを求めるレベルにはまるで達していない」ということだ。

とあり、躊躇しちゃいます。いくつかの業者のHPをみてみたけれど、サンプルとなるPDFも無いので本当に選びにくいです。


…で、自分でやったらどうなるのか?試してみました。裁断機や専用スキャナは使わずに、ほんの数ページのスキャン&PDF化なのですが、最初にできあがったのが、これ

これでは字が薄くて読みにくいので、画像処理と余白カットしたのが、これと、これ

字が濃くなって、だいぶマシになったとは思うのだけど、、、う〜ん。全ページをこの画質で読むのはつらい気がする。。^^;;;

(http://wikiwiki.jp/bookjisui/ を参考に、スキャン条件のチューニングやら、スキャナ自体の買換え、OCRの導入などいろいろやれそうなことはあるのですが…道は長い。。


ちなみに、スキャニングのテストに用いた本は、シティバンクの人が書いた東洋経済新報社の「通貨投資戦略」なので、続きが気になる人は買ってください。決して、デイトレーダー向きの内容ではありませんが、通貨を投資対象とするなら読んでおいても良いのではと思います。

2011-06-26

エフエックマ証券の取引ツールがすごい

現役のFX投資家 余弦 氏が代表取締役を勤める 株式会社エフエックマ証券 の取引ツールが話題になっています。

↓ぜひ機能解説の動画で確認してみてください。

D




他に書くことも無いので、気になったブログ記事を紹介しておきます。

以前は、ForexTester2 でシストレの検証をされていた ahaha_fxtrader さんが、MT4用EAの開発に着手されていて、便利 (..かもしれない..) なライブラリを公開しています。

MT4用EA開発時代 − 共通部品「ahfw」のベータ版リリースのお知らせ

コメントが丁寧なので、他人のソースコードを読んで勉強したい人には参考になると思います。。それ以外の記事もシストレやEA作成に挑戦されている人なら面白いでしょう。


シストレ関係では、Phaiさんの

最適パラメータを選択することは意外に難しい

フォワードテストと再現性指数

が興味深いです。

ちなみに、私は10年も有効な最適パラメータを探すのは挫折していて (才能無いから...orz) 、如何に効率よくパラメータを変更するか?だけを考えてます。究極的には、今日1日だけ有効なパラメータを今朝からのわずかな価格データから確度良く推定するにはどうすればいいの?という問題を解くことになるのですが、これはこれで茨の道だったり...。

2011-06-24

YenSPAと億を稼ぐトレーダーたち

先日発売されたYenSPAには、ニコニコ動画の「オモシロFX生主」列伝 が4ページほど載っていたので買ってみたけれど、まぁ…世の中にはいろんな人が居るんですね。ハルヒさんの写真のインパクトがありすぎ...^^;;;  それ以外の記事では、株スイングトレードで3億稼いだ五月さんの記事しか読むところが無かった…(以下略


併せて買った、「億を稼ぐ卜レーダーたち」はツチヤ先生が推薦されているだけあって、まぁまぁ面白いと思います。

http://vagabond.doorblog.jp/archives/51259785.html ←内容1から10までの概要があります

http://kenzo.enjyuku-blog.com/archives/2011_06_post_632.html ←推薦1

http://kenzo.enjyuku-blog.com/archives/2011_06_post_642.html ←推薦2

ただ、林投資研究所の系統の本なので、FAI投資法やら中源線の話題は直感的についていけない部分があります。それを差し引いても、億を稼ぐトレーダーの生の声は参考になります。


ちなみに、FX関係の記述はかなり少なくて

柳葉 輝

研究や実践の時間をしっかりとることができないのに、FX取引や個別株の日計りなどの厳しい環境でトレードを繰り返している人が多いようです。


成宮宏志

商品であろうがボンドであろうが、あるいは株であろうが、国境を越えて動きますよね。

為替というのは、その時の手続きみたいなものです。為替のトレードは、為替そのものが目的ではないことが多いのです。

だから「いま世の中で何が起こっているのか」という観点、言い換えれば、商取引などの実態を察知しながらトレードに携わることが大切だと思います。「資金が今、何に向かって動いているのか」ということです。


西村正明

私にとって為替相場というのは、究極のトレーディングです。はっきり言って、分かりません。

だから、トレードの対象としての商品相場に対する先行指標みたいなものとして捕らえています。

仮に為替相場ですき間を取っていこうとした場合、情報量で負けてしまうという部分もあります。

(中略)

多くの人は、夢を追いすぎていると思うのです。FXの流行は、多くの人が夢を追いすぎていることを証明するひとつの現象かもしれません。


橋田新作

為替に関しては、大きな時間軸を見るようにしています。細かい動きに注目したチョコチョコとした売買はやらないようにしています。大きな時間軸を考えたうえに「金利差」というファクターを加えてポジションを取ります。

※今は為替はやめているらしい。


杉山晴彦

私の周囲にいるトレーダーたち、つまりロビンス-タイコムカップに出場して知り合った優秀な人たちですね、彼らの中にも否定的な意見があります。「24時間取引の難しさ」とか、「価格が洗練されすぎていて、すき間をみつけにくいのではないか」といったことです。そもそも、上手な人が避けている印象が強くあります。

※現在はFXを裁量トレードのみで研究中らしい。

といった感じです。気になるトレーダーの言葉があれば、購入して読んでみて下さい。

2011-06-21

Alpariフメ4の謎

mon 2011/06/20 18:36

こんにちは。

Yhooに投稿されていた、Alpari NZに関しての質問です。

AlpariNZからMT4をダウンロードすると、Alpari フメ4となって特定のEAが稼動できないらしいです。

試しに、AlpariNZで検索、HPからダウンロードすると、確かにMT4ではなくalpariフメ4となります。

ちょっと気になったので専門家に聞いてみたくコメしてみました。

何かご存知でしたら教えてください。

↓実際に試すと確かにフメ4 になりますね。

f:id:fai_fx:20110621153845p:image

↓ところが、ロシア語WindowsXP 上でインストールすると、正しく MT4 に見えます。

f:id:fai_fx:20110621153843p:image


何故だろうといろいろ調べたら、どうもこの「MT」はロシア文字(キリル文字)で書かれていたようです。

↓日本語入力で「えむ」を変換するとロシア字のMとして出てくる文字とほぼ同じです。

f:id:fai_fx:20110621153842p:image

日本人が半角英字と全角英字を間違えて入力するのと同じようなミスだと思いますが、ロシア語OS上では二種類のMがほぼ同じ大きさで表示されるので間違えても気づかないんじゃないかと思います....。


f:id:fai_fx:20110621161207p:image


対策としては、インストール先を手入力で、AlpariMT4に修正してからインストールするとか、本家Alpari(RU)から文字化けしないMT4をダウンロードしてから、config\XXXX.srv ファイルだけ入れ替えたら良いのではと思います。

2011-06-20

シグナル配信は最後に残った道しるべ?

FXに参入して、裁量でも勝てず、シストレ(EA)もダメとなったら、最後に残る道しるべはシグナル配信でしょう。

…という訳で、以前から気になっていたシグナル配信者さんの「FXシグナルプロバイダー”L.O.S.R.”のブログ」を紹介しておきます。

f:id:fai_fx:20110620004307p:image

この人の配信を受けておけば、 もう何も怖くない と断言できるほど勝ち続けてくれるはずという確信があるのではなく、勝ち続けてくれたら、それはとっても嬉しいなって願いを込めての紹介なのですが、実際は「EAの自作に挑戦することのススメ其の弐」を氏のブログに書いてもらいたいのが本音…。^^;


それはさておいても、ブログに書かれている内容は概ね同意です。

モメンタム戦略か平均回帰戦略を取る限り、旬なんてあるわけない と思いますし、某システム販社が旬を強調して次から次へと新作を売り出すのは、こんなの絶対おかしいよ と言いたくなります。

(開発者に 本当の相場と向き合っていますか?と問い詰めたい..。


もちろん、遠い将来、市場の構造が一変して、スプレッド分すら抜けない範囲でしか価格が動かなくなったり、究極のアルゴが登場して、一瞬で適正価格に収束してしまい、個人投資家の入る余地がなくなればFX自体がおしまいですけどね。(そんなの、私が許さない.....と、夢の中で言ってそうな...。



ただ、配信ビジネス自体はもう斜陽というか、下火というか、廃れ気味な気がします。トレメもfx-onもほとんどのシグナルの受信者数が2桁しかありません。奇跡のシグナルも、魔法のシグナルもあるんだよ という配信会社のうたい文句に釣られて、大勢の人が試したけれど、勝てるシグナルはランダムに入れ替わるので継続して勝てないという実態に飽きられているのではと思います。

(参考:すっかり様変わり・・・ZuluTradeシグナルプロバイダーランキング


一投機家としては、そういうビジネスに見切りを付けて、もう誰にも頼らない というスタンスこそが正しいはずのに、今になって配信者を紹介するわたしって、ほんとバカだと思いますが、だからこそ、最後の希望をL.O.S.R.に託しています。(終



…私自身が利用しているシグナルではないというネタ記事ですみません。でもネタだってちゃんと分かってくれる人は、私の、最高の友達。笑。

2011-06-19

AUDNZDの日足はエリオット?

f:id:fai_fx:20110618231737p:image

昨日の記事にツイッターで↑言われたのですが、どうでしょうね...。

AUDNZDの日足をよくみたら、エリオット波動のきれいな形になっていたので記念にキャプチャしておきました。

f:id:fai_fx:20110618231736g:image

↑過去のAUDNZDの日足にこれほど当てはまるのは珍しいので偶然だと思いますが、ちょっとドキドキします。

(これがいわゆる、確証バイアスの一種ですかね。苦笑。



ちなみに、以前の記事(2010/10/25)から見ている御神託システムでは戻り売りを推奨しています。

f:id:fai_fx:20110618231734g:image

日足でそこそこフィットしている移動平均の向きに逆らわないように小利を重ねてゆけば大やけどをすることは少ないはずと信じてます。

2011-06-18

Goertzel browserによるサイクル分析?

私自身は、相場の周期的な変動に基づくサイクル分析や日柄分析に興味が無くて、むしろ「相場に周期性は無い」という前提でシステムを組んでいます。…しかし、日々のチャートを眺めていると、そこに周期性を感じない訳ではありません。

人間の生活サイクルや社会活動が共通の時刻制度に従っている以上、相場に周期性があっても不思議ではないと考えています。

(特定の時間足トレーダーのエントリーが特定の時刻に集中する感じです。

また、「トレーダーの心理が周期を作り出す」傾向もあると思います。

例えば、5日間で相場が上昇し、次の5日で下落したとします。山が1つできた状態です。次の山がどんな周期になるのか?を大勢のトレーダーに予測させたら、かなりの人が同じ周期の山を期待するような気がするでしょう?

心理よりも投機資金が市場で移動するのに掛かる時間がだいたい同じなので資金の往復時間が周期性を作り出すのかもしれません。

(資金が振り子のように動くイメージ..。


一方で、相場に一定の周期を確認できたら、それを出し抜こうとするトレーダーが居るのは確実で、相場の周期に先んじて売買しようとした結果、相場の周期性を歪めてしまいます。また、ランダムに発生するニュースイベントは周期性を無視して相場を動かします。

そんな風に見ているので、相場では周期性が生成したり消滅しているのでは?と思っているのです。

(...だから、そんなものは当てにしないほうがいい。。^^;


ただ、逆に考えたら、短期間であれば周期性が成立する機会が多々ある訳で、それを利用しないのはもったいない..とも思えます。

エリオット波動論による推定は裁量の余地が大きいし、一目均衡表は日足以外での汎用性が無い気がするし、その他のテクニカル指標もパラメータ依存で擬似的な周期が決まる怪しさがあって、もっと定量的な指標は無いのか?と探して見つけたのが Goertzel browser です。


f:id:fai_fx:20110618105438g:image

Goertzel browser は、Goertzel algorithmに従って、限られた範囲の周波数成分を検索し、上位2つの周波数での余弦波の合成波を描きます。

↑USDJPYの1分足で、チャートからは分かりにくいですが、周期の天底がなんとなく一致しているのが分かります。

f:id:fai_fx:20110618105436g:image

↑AUDNZDの日足では、周期性を強く感じますね...^^;;;



この指標は、バーが増えるたびに解析結果がリペイントされるのと、どんなチャートにもそれっぽい波形を描いてしまうので要注意ですが、サイクル分析の手段としては合理的かなと思ってます。

2011-06-17

気になるコンテストの行方。他、いろいろ。

1つ目。

インヴァスト証券の24グランプリ ( http://www.invast.jp/24gp/ ) が始まって、そろそろ期間も半分になるのだけど、気になるのはサポーターの成績。。

チームワカバヤシFX氏とキヨヒサ氏の両氏だけが、堅実な成績を出しているように見えるのだけど、どっちが勝つかな…?



2つ目。

以前の記事に書いたヴォイスコムが、MT4のカバー先をFXCMからKVB Kunlun Limitedに変更しています。ここを見ると、取引プラットフォームによってカバー先が異なるみたい..。KVBのHPを見ると、本社はニュージーランドにあるもの、中国系の企業のような雰囲気があります。取引可能通貨ペアをみると中国元(CNYJPY,AUDCNY,NZDCNY)が含まれているので研究用途には面白いかも..。


3つ目。

FXの法人化について調べてみつけたのが「FX投資会社設立節税対策支援センター」。FX税制がどうなるのか分からないけれど、将来、必要になるかもなのでメモ。


4つ目。

アルパリジャパン http://www.alpari.jp/ はいつオープンするのかな。。