子連れでウロウロ… fal::diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-09-27

自転車に乗れるようになった。

アメリカでお友達の補助輪無しの自転車を貸してもらったのをきっかけに、夏生さんの自転車熱が猛烈にアップして帰国してから一週間でしっかり乗れるようになりました。


練習をしに行ったのは、駒沢公園のチリリンコース衾町公園の児童交通施設杉並児童交通公園です。杉並児童交通公園は今回初めて訪れましたが、かなり敷地が広く、善福寺川沿いを走る事もできます。幼児を乗せられる大人用自転車やゴーカート、三輪車などもあり、家族そろって楽しむ事ができてかなりおすすめです!

f:id:fal725:20140923131307j:image


自転車に乗っている時の夏生さんは真剣そのものです。最初のうちは泣いてばかりで、乗れるようになるには時間がかかるだろうと思っていたけど、走り出しのコツを掴んでからはあっという間に乗れるようになりました。初日の最初の1時間ほどで乗れるようになり、1週間後には親の手伝いが全く必要ないレベルになりました。

f:id:fal725:20140927111436j:image


mikioさんが手順をまとめておいてくれたのでメモ。

1時間ほどの練習で乗れるようになった。手順としては、こんな感じ。


1) バランス感を掴ませるべく、指導者が荷台を持って体重を支えながら本人に運転させる。

2) スピードが乗ってきたらちょっと手を離してみたりもする。こけそうになった場合の足付きの練習もさせる。

3) 走り出しが最も難しいので、そこだけ重点的に教える。

4) 放っておく


走り出しの指導に関してだが、まず左足で立って右足のペダル位置を2時の方向に調整させることを覚えさせるのが重要かな。その状態で、右足を踏み込みつつ左足を蹴ることで、バランスをとりやすい速度に一気に到達させること。そして左足をペダルに乗せて一踏みできれば、もう乗れたも同然。最初の右足の踏み込みの際に荷台をちょっと押してあげると、成功率がかなりあがる。補助なしでの成功率が50%を超えたら、その時点で楽しくなってくるので、あとは放っておけばだいたいOK。


夏生さんのお付き合いで補助輪付自転車に乗っていた春生さんもこの数日間でかなり上手になりました。mikioさんも私も自転車好きなので、いつかみんなでサイクリングに行きたいなー。

f:id:fal725:20140927111229j:image

2014-09-24

無事に帰国しました。

19日(金)の深夜に帰国しました。今回も本当に沢山のみなさまにお世話になりました!何より、おうちに泊まらせてくれたまいちゃん、れんくんありがとうーーーーー。共通のお友達も増えて、次回の楽しみが増えました。


帰りのフライトもれんくんとまいちゃん親子が一緒でした。降りた時に時に友達がいてくれるというだけで心強かったです。風の関係でフライト時間が大幅に長くなり、子連れでは過去最長の11時間10分の空の旅となりましたが、行きと同じように春夏生さんが6時間程は寝てくれてたので助かりました。

f:id:fal725:20140919070603j:image


週末からの飛び石連休は特に何も予定を入れず、のんびり過ごしました。私たちが日本にいなかったたった1ヶ月の間に、学芸大学の商店街にはあれこれ変化があって春夏生さんと盛り上がりました。日本はすっかり秋ですねー。

f:id:fal725:20140920080524j:image


育ち盛りの春夏生さんに旅の疲れはないのか、帰国した初日は深夜3時に寝たのにも関わらず、朝6時にはばっちり目覚めて「朝だよー!遊ぼう!」と大騒ぎでした。睡眠時間3時間でお付き合いした、mikioさんと私はぐったりです。

f:id:fal725:20140920112355j:image


1週間は春夏生さんの時差ぼけに悩まされるのを覚悟していたのですが、今回は4日で普段のリズムに戻りました。夜ご飯を食べながらうとうとしてくれたら、私にとって寝かしつけの手間が無く好都合!と思っていたけど、毎日一緒にぐっすり眠っていました。妙な身体のだるさもだいぶ抜けてきたので、そろそろまたいつもと変わらぬ日常を送れそうです。帰国後に約束していたみなさまに遊んでもらえるのを楽しみにしていまーす!

f:id:fal725:20140920180142j:image

2014-09-16

サンフランシスコベイエリアの旅もあとわずか。

またあっという間に1週間が経ち、サンフランシスコベイエリアの旅もあとわずかとなってしまいました。たまにふと日本が恋しいなと思うことがありつつも、まだまだこちらにいたい気持ちも強くてなんとも複雑な気持ちです。引き続き毎日盛り沢山ですが、1日ごとに書く時間がないのでざざっとダイジェストで記録しておきます。


まいちゃんの引っ越し作業も大詰めなので、子供たち3人と私だけで過ごすことも増えてきました。外出先での大変さはあまり感じないのですが、家の中だとパワーが発散しきれないのかトラブルも起きやすく、どったんばったん大騒ぎで、私が「もう無理!」という時には、YoutubeでPeppa Pigというアニメを観てもらうことにしています。よほど面白いらしく、これを観ている時には一歩も動きません。Peppa Pig様々!

f:id:fal725:20140915092318j:image


サンフランシスコのまいこちゃん、せいやくんに会いに行きました。カルトレインは何度も乗っているけど、カルトレインでサンフランシスコに行くのは今回が初めてでした。MUNI BUSやBARTにも乗れて春夏生さんは大興奮でした。あまりの盛り上がりに疲れたけど、まいこちゃんに色々教えてもらうことができてよかったです。

f:id:fal725:20140912114451j:image


サンフランシスコのダウンタウンは人も目新しいものも沢山!「わー!人が多い!」「すごい大きなビルだね!」と普段東京では驚かないようなことにいちいち反応してしまいました。

f:id:fal725:20140912154431j:image


夏生さんの一番行きたがっていたマウンテンビューのEagle Parkにれんくんと4人で行きました。2週間ほど前にも訪れてはいたものの遊べる時間はなかったので、今回はめーいっぱい6時間も過ごしてきました。

f:id:fal725:20140913145927j:image


途中から、まさこさん親子とシッターさんのみよちゃん、さらに飛び入りでえっちゃん親子が加わって、大人4人と子供8人が集まりとっても賑やかになりました。思い出一杯の場所でまた一緒に過ごすことができて嬉しかったです。

f:id:fal725:20140913165127j:image



パロアルト散策をしました。春夏生さんのテンションが上がりすぎて制御が効かず、後半は大爆発しそうだったけど、お目当てだった場所には全て行く事ができました。特に印象に残ったのは、スタンフォード大学内にあるHoover Towerから見た景色です。スタンフォード大学がびっくりするほど敷地が広いのはわかっていたけど、高い場所から見下ろすと本当に一つの街のようで感動的でした。

f:id:fal725:20140910124316j:image


サウスベイに行くのはこの週末が最後でした。子連れカルトレインは大変なことが多かったけど、今となっては全部良い思い出です。なんだかんだでマウンテンビューのダウンタウンをゆっくりぶらつく時間がなかったので、それだけが心残りだなぁ‥

f:id:fal725:20140914112153j:image


San Mateo Public Libraryで毎週月曜日に行われているストーリータイムに行ってきました。10:30から30分だけと聞いていたので、あまり期待せずに行ってみたところ、絵本の読み聞かせ以外にもダンスや楽器なども楽しむことができました。

f:id:fal725:20140915105544j:image



ほとんどが春夏生さんも知っている歌やお話だったので、すんなり場になじむ事ができてほっとしました。様々な民族の子供たちが一緒にはしゃいでいる姿はなんとも言えず幸せな気分にさせてくれました。

f:id:fal725:20140915105705j:image


お友達と遊ぶ予定は今日が最後でした。もしかして、まだどこかでばったり会える可能性もあるので、それに期待しつつ残りわずかな時間を過ごしたいと思います。旅の終わりと共に、ながーい夏休みももうすぐ終わりです!

f:id:fal725:20140916144723j:image

2014-09-09

サンフランシスコベイエリアの旅も折り返し。

早いもので、サンフランシスコベイエリアの旅も折り返しとなりました。連日イベントが盛り沢山で、あっという間に時間が過ぎています。


毎日春夏生さんのテンションが高すぎるので、有り余るパワーを発散させるためにほぼ毎日公園に行くようにしています。どの公園に行っても日本とは違う珍しい遊具が沢山あるのでとにかく楽しそうです。

f:id:fal725:20140904131213j:image


特に新しい場所を開拓していないのですが、まいちゃんが時間のあるときに色々教えてくれるので助かっています。「毎月第一水曜日は無料だから行こう!」と連れて行ってもらった、Bay Area Discovery Museumはゴールデンゲートブリッジからすぐのとても眺めの良い場所にあり、内容も大充実でした。親子揃って一日遊べておすすめです!

f:id:fal725:20140903115629j:image


今回のお買い物はほどほどにと決めていたのですが、ハロウィンの衣装が安くなっていたので買ってしまいました。夏生さんと「日本に帰るまで着ない」という約束をしたのですが、お客さんが沢山来る日にどうしてもみんなに見せたいというので着させてしまいました。春生さんは気に入りすぎて、何があってもどんなに眠くても脱いでくれず‥ 夜にはコスチュームを着たままぎゃん泣きでシャワーを浴びさせるはめになりました。あとは帰国後まで封印します。

f:id:fal725:20140905115351j:image


相変わらず私の一番の楽しみはお友達との再会です。そこからまた新しい人とのつながりができたりして、早くも次回訪れる時の楽しみが増えました。まいちゃんの沢山のお友達たちが家に遊びに来てくれるのも嬉しいです。

f:id:fal725:20140907170605j:image


二番目の楽しみは、寝かしつけ後の大人の時間!ワインが安すぎるのでほとんど毎日ワイン飲んでいます。スーパーに行けば$4か$5くらいでおいしいワインが買えてしまう環境って危険だ‥ 日本では月に数えるほどしかお酒を飲んでいなかったのですが、少しお酒が強くなった気がします。お腹も少しでてきた気もする。

f:id:fal725:20140908001120j:image


春夏生さんは毎日寝る前に「今日も楽しかったねー!」、「お母さん、す、き、だ、よ!」と言うのが日課になってきました。週末くらいから、私が春夏生さんにドッカーン!と爆発してしまうシーンが増えてきたけれど、それにも懲りずに毎日ポジティブに元気いっぱいで過ごしていています。後半は声を荒げずに過ごしたい!

f:id:fal725:20140910234454j:image

2014-09-02

時差ぼけもなく、あっという間に1週間。

今までは、こちらに来ると最初の1週間は春夏生さんの時差ぼけに悩まされていたのですが、今回は時差ぼけらしい症状がでなかったので、すぐに日本と同じような生活リズムで過ごす事ができています。深夜便のおかげなのでしょうか。


滞在場所がサンフランシスコからサンマテオに移りました。サンマテオではまいちゃん&れんくん親子のおうちで過ごさせてもらっています。春夏生さんの時差ぼけはなかったものの疲れが溜まっていたのか、寝起きに2人揃って嘔吐したり、別の日には夏生さんが発熱したりと心配なこともありました。

f:id:fal725:20140829144244j:image


ひろーいおうちのひろーいキッチンのおかげで、ほとんどの食事は自炊しています。こちらでの生活の一番の悩みは食事だったので、好きな時に好きなものを作って食べられるのはとても嬉しいです。

f:id:fal725:20140829194829j:image


サンフランシスコの滞在はわずかでしたが、一番の目的は果たす事ができました。1年ほど前からこのブログにコメントをくれていた、まいこさんとせいやくん親子に会って一緒にSan Francisco Zooに行きました。ブログを読んでくれている方と海外で会うのは初めてです。最初はちょっと緊張していたけど話は尽きず、あっという間に仲良くなれました。まいこさん、せいやくん、また遊んでね!

f:id:fal725:20140828134559j:image


心地よすぎる気候の中で、お友達に会うのが一番の楽しみです。いつも滞在しているマウンテンビューからサンマテオまでは車で30分ほどかかるのですが、えっちゃん、しゃどうくん、うきよちゃん親子がわざわざ会いに来てくれました。わざわざありがとうー!初めて会ったうきよちゃん、ぷにぷにすべすべでかわいすぎた!!!

f:id:fal725:20140830161700j:image


マウンテンビューなどがあるサウスベイには必ず行きたかったので、カルトレインでおでかけしています。私も春夏生さんもカルトレインが大好きなので乗るたびにうきうきです。もう何度も写真や動画を撮っているのにまた今回も撮りまくっています。

f:id:fal725:20140901104653j:image


車内での春夏生さんはおおはしゃぎです。1時間近い乗車時間の中で「もー!いい加減にしなさい!」と何度も声を荒げそうになってしまうけど、着いたらお友達が待っている!と思うとなんとかかんとか頑張れます。2人が小学生くらいになったらのんびり外の景色も楽しめるかなぁ‥

f:id:fal725:20140901112309j:image


最初はどこの誰だかわからなかった私たちなのに、訪れるたびに沢山の方に温かく迎えていただくことができて本当に嬉しいです。わざわざBBQパーティを開いてくれたり、移動のことまで気にかけてくれたり、感謝の気持ちでいっぱいです。夏生さんは毎日が楽しすぎるらしく、寝る前のおしゃべりが止まりません。

f:id:fal725:20140831175956j:image