子連れでウロウロ… fal::diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-08-25

怒濤の一週間が終了。

8月もあとわずか!明日から夏休み最後のイベントが待っているため、ここ一週間はどたばただったのでダイジェストで記録しておきたいと思います。


夏生さんの通う英話学校のサマースクールが終りました。長いときで1日8時間英語だけの環境で過ごしていましたが、その間一度も日本語を使わずに頑張っていたようです。先生に伝えたいことを手紙にしたがるようになり、読み書きも身に付いてきたようです。英語好き熱が上がっているのは嬉しいことなのですが、私の英語力の無さにも気がつきはじめ、発音や聞き取りの間違いを指摘されるようになってきました。はー、落ち込む。

f:id:fal725:20140825160604j:image


半年ぶりにOrbiに行ってきました。シアター23.4の内容だけが新しくなっているのかと思いきや、半分以上の展示が新しくなっていました。かなり楽しめたのでまた年内に訪れてみたいです。Oebiに行くのは初めてだった、みっちゃん&かりんちゃん親子にも楽しんでもらえたみたいでよかった!

f:id:fal725:20140825155913j:image


みーすけが無事に出産したので娘のひなたちゃんに会いに行ってきました。もうすぐ2ヶ月のひなたちゃん、かわいかったー!生後1,2ヶ月の赤ちゃんを間近で見られるということはなかなかできないので「かわいいい!かわいい!」と連呼しまくって親戚のおばさんばりに写真撮影をしてきました。自分が出産したばかりの時は産後鬱気味だったこともあり、周りの人たちに「かわいい!」と言われてもついネガティブ思考になっていたけど、逆の立場から見ると本当にかわいい!!!「かわいい」という言葉しか思いつかなかった!みーすけ、また会いに行かせてねー。

f:id:fal725:20140825155916j:image


ナイジェリアから一時帰国中のようこさん、アレハンドロ、ベルちゃん親子が学芸大学まで遊びに来てくれました。子連れで会うのは1年半ぶりで、最初のうち子供たちはちょっと緊張気味だったけど、いつの間にかみんなで走り回って大騒ぎでした。ベルちゃんもアレハンドロもおっきくなって、みんなで一緒に遊べるようになって嬉しいです。次の一時帰国の日を首をながーくして待ってるよ!

f:id:fal725:20140825154622j:image


週末、まいちゃん&れんくん親子がサプライズで夏生さんの誕生日のお祝いをしてくれました。おうちにおじゃまして玄関を開けると「ハッピバースデー!なっちゃん!」の声を共に大きなバルーンがおでむかえしてくれて、洋服のプレゼントまでもらってしまいました。サプライズ大好きなのでとっても嬉しかったです。まいちゃん、れんくん、本当にありがとうー!

f:id:fal725:20140825160122j:image


「やらなきゃいけないことを全部済ませたらアジブリに行くぞー!」と決めていたので、日曜日の夜はえりかちゃんを誘って、ずっと気になっていたお店リカーリカで食事をしたあとアジブリに行ってきました。リカーリカでは、オリジナリティ溢れるおいしい食事をいただくことができたし、アジブリではそれぞれ130分のマッサージを堪能したあとにだらだらお茶して、とっても充実したひとときとなりました。身も心もしっかりリフレッシュできたし、残りの夏休みも楽しむぞー!

f:id:fal725:20140825160117j:image

2014-08-24

なんでもやってみたい春生さん。

もうすぐ2歳6ヶ月になる春生さんはとにかくなんでも自分でやってみたい時期なようです。少し前まで自分でやりたい気持ちはあるものの、それが上手い事できずにかんしゃくを起こす事が多かったのですが、できることがどんどん増えて何をするのも楽しそうにしています。


初めて見る物があれば、すかさず寄って来て見よう見まねで試してみます。ここ数日は段ボールバーチャルリアリティが大ブームで、夢中になって覗いています。教えてないのに使い方もよくわかってる!

f:id:fal725:20140823094734j:image


ちょっと目を話している隙に、勝手に新しいことにチャレンジしていることもあります。いつの間にか給茶器のコップホルダーやボタンに手が届くようになっていて、自分でお茶を入れて飲めるようになっていました。「できたー!」「見てー!」という声と共に驚かされることが沢山あります。

f:id:fal725:20140823123158j:image


一時保育ではスイカ割りにも挑戦したようです。残念ながら子供たちの力でスイカは割れなかったようですが、その様子を見て絵を描いてきました。先生が説明を入れてくれなければなんだかよくわからない絵ですが、何を描いたのか説明できたのは初めてだったので嬉しくなりました。スイカがもうカットされている形状に見えるけど、割った後なのだろうか。

f:id:fal725:20140825214427j:image


嫌がるだろうと思い試していなかった美容院のシャンプー台にも進んで座るようになりました。夏生さんが気持ち良さそうにシャンプーされている姿をじっと見ていて興味が湧いたようです。ケープをされてもお湯をかけられてもにっこにこ。なんだか妙におかしかったです。このなんでもやってみたい気持ち、大切にしてあげたいなぁ。

f:id:fal725:20140825155922j:image

2014-08-17

馮さんに自慢のカレーを作ってもらった。

馮さんが「僕の作るカレーは相当うまいです。今度作りに行きますよ。」と自信満々で言うので、お言葉に甘えてわが家で「馮さんのカレーを食べる会」を開催しました。


一緒にスーパーに行き購入したのは、たまねぎ、きのこ、スペアリブなど、非常にシンプルな食材のみでした。まずは大量のスペアリブがジュージュー焼かれていきます。これだけでもおいしそー!

f:id:fal725:20140817121633j:image


ビールを飲みながら余裕の表情で作業を進める馮さん。じゅじんくんも作っているように見えますが、水を入れただけです。

f:id:fal725:20140817121728j:image


馮カレーの一番のポイントはじゃがいとにんじんを入れない事だそうです。入れてしまうと粉っぽさがでてしまうらしい。

f:id:fal725:20140817122019j:image


ルーは市販のものを2種類使っていました。銘柄はなんでもよいそうです。2種類使う事で安定した味になるとのこと。

f:id:fal725:20140817123822j:image


ルーを入れたあとは20分ほどぐつぐつ‥ 家中においしそうな匂いが漂ってきました。出来上がりが待ち遠しい!

f:id:fal725:20140817130112j:image


みんなお腹がぺっこぺこだったので、ちょうど20分経ったところでいただくことにしました!馮さん曰く、「カレーを作るのは上手いけど、盛りつけるのは下手。」だそうです。

f:id:fal725:20140817131040j:image


じゃじゃーん!これが噂の馮カレー!!!数々のおいしいものを食べている馮さんが「うまい」と言うだけあって、ものすごくおいしかったです!雑味がなくて、お肉の味をダイレクトに感じられました。スペアリブは肉厚だけど柔らかくスプーンで切る事ができます。

f:id:fal725:20140817131502j:image


参加した全員がおかわりしてしまうほどおいしい馮カレー。mikioさんの職場の社食のカレーが大好きで、カレーが食べたくなるとそのカレーのことばかり思い浮かべていたけど、今度からは馮さんのカレーも思い出すことになりそうです。またすぐにでも食べたいなー。馮さん、ごちそうさまでした!社交辞令抜きですっごくおいしかったです!!!

f:id:fal725:20140823012914j:image

2014-08-16

帰ってきた夏生さん。

夏生さんが蓼科でのポニーキャンプから帰ってきました。寂しいと思う間もないくらいあっという間の3泊4日でした。


無事に帰ってきた80人の子供たちはとてもいきいきしていて、姿を見ただけでなんだかじーんとしてしまいました。子供たちのお世話をしてくださったカウンセラーのみなさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

f:id:fal725:20140816180908j:image


子供たちが「ただいまー!」と叫んだ後に、保護者が「おかえりー!」と答えたところで、夏生さんは列を抜けてさっと私のところに走ってきました。ずっと我慢していた気持ちが緩んだのか、そのあとは私にしがみついてめそめそ‥ キャンプ中は1度も泣かなかったらしく、頑張っていたようです。いつまでも泣いているので困ってしまったけど、帰り際にはカウンセラーの方たちが一生懸命笑わせてくれて笑顔で解散することができました。

f:id:fal725:20140816182427j:image


泣いたことには驚いてしまいましたが、キャンプは毎日とても楽しかったようです。カウンセラーのみなさんから誕生日のお祝いにもらった色紙を見ながら、馬のお世話をしたこと、うどん作りをしたこと、おばけ屋敷ごっこをしたことなど目をきらきら輝かせながら話してくれました。一番楽しかったのは馬に乗った事だそうです。

f:id:fal725:20140819091531j:image


一通り話したあと、ちょっと言いにくそうに「おかあさん、来年のお誕生日プレゼントもポニーキャンプがいいな‥ 2つのキャンプに続けて申し込めるみたいだから、2つ行きたいな。行かせてくれる?」と言ってきたので、「うーん、なっちゃんがいい子にしてたらね!どうかなー?」とそっけなく答えました。「そんなに喜んでもらえて嬉しいぞー!嬉しいぞー!」というのはここだけの話です。

2014-08-13

夏生さんはポニーキャンプへ、春生さんはしばしの一人っ子生活。

誕生日を迎えた3日後、夏生さんは蓼科ポニー牧場への3泊4日のキャンプに出発しました。


身体の半分以上ある大きなバックパックには荷物がぎっしり。内緒で用意していたピンクのくまのリフレクターを集合場所に向かう途中で付けてあげました。きっと毎晩寂しいと思う間もなく寝てしまうだろうけど、ふと家族を思い出した時にほっこりできるアイテムを持たせてあげたかったのです。

f:id:fal725:20140813084757j:image


集合場所の新宿駅西口に到着。今回のキャンプには、5歳から中学校3年生までの総勢80人が参加でその中で夏生さんは最年少でした。

f:id:fal725:20140813090955j:image


夏生さんはあまりの人の多さに少し戸惑いながらも、ファミリーキャンプに参加した際にお世話になったスタッフの方を見つけると笑顔で駆け寄り、張り切って出発しました。一番楽しみにしていることは馬のお世話だそうです。

f:id:fal725:20140813090129j:image


春生さんはよく状況がわからないまま、しばしの一人っ子生活がスタートしました。夏生さんが電車に行ってどこかに行ったのは理解していたようで、「なっちゃん、いっちゃったよ。でんしゃのったよー。」と見送った後に何度も言っていました。

f:id:fal725:20140813092644j:image


春生さんが寂しがらないか少し心配していたのですが、特に問題なく初日から一人っ子生活を満喫していました。

f:id:fal725:20140813121741j:image


2人でおもいきっきり遊んで、夜はリビングで遊んでいるうちにすやすや‥ 夏生さんが小さな頃を思い出しました。5年ってあっという間だなー。

f:id:fal725:20140813201205j:image