子連れでウロウロ… fal::diary このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2014-04-04

野菜嫌いになった2歳児との戦い。

2歳1ヶ月になった春生さん、2週間ほど前から野菜嫌いになってしまい少し手を焼いています。


以前は生野菜もばりばり食べていたのに手をつけなくなり、炭水化物とお肉、お魚ばかり食べるようになってしまいました。夏生さんと大げさに「お野菜おいしいねー!」などと言いながら食事タイムを盛り上げるも効果は無く、どうしたものかと思っているうちに一時保育でも「ご飯ばかり食べていて、野菜を食べません。」と注意を受けて、これはまずい!と色々試してみました。

f:id:fal725:20140402171925j:image


一番効果があったのが最初に野菜中心のおかずだけを出して、それを全部食べられるようになったら炭水化物やお肉、お魚などを出すという流れに変えたことです。最初は野菜中心のおかずしかないことが気に入らず怒り狂って泣き叫んでいたけど、最終的には空腹に勝てなかったようでしぶしぶ手をつけるようになりました。フードプロセッサーで小さくしたものや、ひき肉やご飯などに混ぜ込んだもの中心だけど、食べてくれないよりはましです。

f:id:fal725:20140403170359j:image


夏生さんが2歳の頃にもこんなことがあったけど、その時の記憶がほとんど無くなっていて困ったものです。懲りずに野菜を出し続けてるうちに治ったのかなぁ?このまま野菜嫌いになってしまわないように、しばらく野菜中心のご飯作りに力をいれようと思います!

2014-04-03

あっと言う間に春休みが終了。

約2週間の春休みはあっと言う間に終了してしまいました。毎日イベントが盛り沢山で寝かしつけと共にぱたり‥ な日々が続き、自分の時間はそこそこにして春夏生さんとの時間を楽しみました。


一番楽しかったのはお花見!ピクニックが大好きなので、何度もお花見ピクニックをしました。春休みの終了と共に桜のピークも終わってしまいそうでさみしいです。

f:id:fal725:20140331153522j:image


今日から夏生さんは年中さん、すみれぐみになりました。春生さんも同じ園の一時保育を利用できることになり、月に何度かは一緒に登園することになりました。私はちょっと余裕ができるような、さらにどたばたするような‥ どうなるかわかりませんが、新生活が充実するようほどほどに頑張ります!

f:id:fal725:20140403090435j:image

2014-03-23

札幌かに本家がさらに好きになった夏生さん。

夏生さんと2人旅3日目は、ふぁる父を誘って札幌かに本家に行ってきました。


ふぁる父と合流する前に、丸の内〜栄をぶらぶら。私が子供の頃に過ごした場所を夏生さんに説明しながら散歩しました。昔からビルばかりの場所だけど、生まれ育った場所は落ち着くなー。

f:id:fal725:20140323110052j:image


札幌かに本家に行こうと言い出したのは夏生さんで、「名古屋に行ったら何がしたい?」と聞いたところ、「かにが食べたい!」と即答でした。一昨年の秋に訪れたのがきっかけで好きになったようです。訪れたのは、栄中央店です。

f:id:fal725:20140323122414j:image


店内に入るなり、「かにだーーーー!」と叫んで、生簀に駆け寄る夏生さん。そ、そんなにかに好きだったっけ!?

f:id:fal725:20140323123247j:image


レジのすぐ近くにある「地下かに生簀のぞき穴」からは地下にある生簀を見ることができます。「あの生簀はどこにあるんだろう?どうなってるの?」と言いながら、必死に覗き込んでいました。

f:id:fal725:20140323123119j:image


食後、夏生さんのあまりのかに好きっぷりにお店の方が「地下の大きな生け簀をご案内しますよ!」と案内してくれました。案内していただいた地下の洞窟座敷は夏期のビアホール開催中のみしか入れないスペースだそうです。

f:id:fal725:20140323143457j:image


大きな毛蟹を生簀から出してもらいました。好きに触って良いと言われたのですが、はさみが怖くて毛にしか触れられませんでした。普段水槽越しにしか見たことがないので、目の前でにょきにょき動いている毛がにに夏生さんもたじろいでいました。

f:id:fal725:20140323143729j:image


大きなたらばがにも見せてもらいました。はさみがテープで固定されていたので両手で持って記念撮影をさせてもらったりしました。あまりの迫力に顔がひきつっている夏生さん。

f:id:fal725:20140323144152j:image


かに本家を満喫しまくった夏生さんはさらにかに本家好きになったようです。帰りの新幹線でも何度も「かにおいしかったね!楽しかったね!」と言っていました。でも、名古屋に行く一番の楽しみは変わったらしく、「のんちゃんと遊びたい!」になりました。あっという間の3日間だったので、今度はのんびり行きたいです!

f:id:fal725:20140323175100j:image

2014-03-22

あやちゃん親子に会いに可児まで行ってきた。

夏生さんと2人旅2日目は、岐阜県可児市に行ってきました。昨年末に引っ越してしまった、あやちゃん、のんさん、さくちゃん親子に会うのが目的です。


名古屋駅からJR中央線に乗って約40分、多治見駅に到着!10年ぶりに来たけど、相変わらず何もなかったです。空が広くていいなー。

f:id:fal725:20140322104508j:image


あやちゃんの運転する車でお迎えに来てもらい、おうちにおじゃましました。4ヶ月ぶりの再会にのんさんと夏生さんは大喜び。プリンセス大好きな2人は早速プリンセスになりきって盛り上がっていました。

f:id:fal725:20140322123635j:image


すっかり幼児になっていた、さくちゃん!相変わらず豪快な食べっぷりで、成長の早さにも納得でした。この笑顔癒されるー。

f:id:fal725:20140322155236j:image



やっと会えたことが嬉しくて、私はずーっとしゃべりっぱなしでした。会えただけで充分なのに、いーっぱいごちそうを作って待っていてくれてびっくり!あやちゃんのおいしいおいしい料理をまた食べられるなんて大満足です。

f:id:fal725:20140322154845j:image


遊び疲れたのんさんと夏生さんは帰りの車の中で爆睡でした。多治見駅に着き、のんさんを起こさずにバイバイしたのですが、夏生さんはホテルに着くまでの1時間ほどの間、「のんちゃんとお別れするのが悲しい‥」と涙をぽろぽろ流して泣き続けていました。仲良しだったお友達がどれだけ遠く離れてしまったのかわかったようです。

f:id:fal725:20140322182256j:image


夏生さんがあまりに泣くので私もどよーんとなりそうでしたが、必死に気持ちを切り替えて次回の妄想しながら帰りました。今度会えるのは夏かな?秋かな?とにかく次回はもっと長ーーーく一緒に過ごせるようにしてあげたいです。あやちゃん、また必ず遊びに行くのでよろしくねー。

f:id:fal725:20140322133358j:image

2014-03-21

夏生さんと愛知→岐阜2人旅。

夏生さんの修了式も終わり、待ちに待った三連休は2人で愛知県と岐阜県のお友達に会いに行ってきました。


1日目は早朝の新幹線で、ゆきちゃん親子に会いに愛知県豊橋市に行きました。夏生さんが訪れたのは初めて、私は20年ぶりです。

f:id:fal725:20140321095753j:image


ゆきちゃん親子と豊橋駅で合流して、お互いずっと気になっていたこども未来館 ここにこで遊びました。乳幼児の遊び場だと思っていたのですが、イベントスペースや貸スタジオなどもあり、年齢を問わず幅広い層の方が利用できる憩いの場でした。

f:id:fal725:20140321104615j:image


年末に生まれた、ゆきちゃんの第二子 そうくん。生後数ヶ月の赤ちゃんを見ることなんてほとんどなくなってしまったので、かわいくてかわいくて、何度も抱っこさせてもらいました。赤ちゃんいいなー。

f:id:fal725:20140321120342j:image


お兄ちゃんのひーくんはすっかり幼児らしくなっていて、夏生さんの良い遊び相手になってくれました。ゆきちゃんは二児連れで終始大変そうだったけど、ほんの少しでも会って遊んだりご飯を食べたりできてよかったです。いつかみんなでディズニーランドに行きたいね!

f:id:fal725:20140321124500j:image


夜は名古屋に向かい、夏生さんと別々の夜を過ごしました。2人でホテルに泊まるつもりでいたのですが、園のお泊まり保育に憧れている夏生さんが、「じいじの家にお泊まりしたい!」と言い出し、ふぁる父の家に一晩お世話になりました。

f:id:fal725:20140321193506j:image


私は呼び出し覚悟でドキドキしながら、友達と食事をしに行ってきました。しかし、日付が変わっても電話が鳴ることはなく、2次会まで楽しませてもらいました。一人でお泊まりできるようになったことに感謝です!

f:id:fal725:20140321204454j:image