Hatena::ブログ(Diary)

studia germanica このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-01

家庭教師−数学[020]

f:id:fauler:20100223164658j:image:w360

僕は現在中学3年生の数学と英語を家庭教師として教えています。そこではどう教えるべきか悩んでいることがいくつかあり、そのひとつが数学の「証明問題?」です。

条件から帰結を導く論法を教えるいい方法はないのでしょうか。これまで、その生徒さんは計算問題や直観的に捉えても対応できる問題はちゃんと答えを出せることがわかりました。ですが、その解答過程を説明してもらうと、うまく言語化?できないことも確認できました。これを「国語の能力不足」として責任を放り投げず、数学の教え方としていい方法を模索しているところです。とりあえずの対策は、普段の簡単に解いている計算問題や図形の問題を、「なぜそのやり方で解けるのか、あるいはなぜその公式が使えるのか」など、逐次説明をしてもらいながら、言語化するトレーニングをさせているところです。

いまのところ、継続的に勉強をする習慣を付けるという目標でやっているので、それは成功しています(宿題も、全ての範囲ではないにしろ、確実に取り組んでいる)。それでも今学校の試験を受けてもいい点数は取れないでしょう。

受験の都合上、入試対策はしなくてもいいのですが、高校に入って授業について行けるだけのものを身につけてもらうには、今の進み方ではまったく不十分です。

僕の場合はパターン学習の成果として学校の成績は取れていましたが、自分で考えたり新しいアイデアを思いつくような勉強はして来ませんでした。生徒さんにはそうなって欲しくないですが、まず必要な知識・テクニックは身につけてもらいだいのです。

どのような指導が好ましいのでしょうか。悩ましいです。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fauler/20120501/1335897916