Hatena::ブログ(Diary)

Fedora 19(はてな) このページをアンテナに追加 RSSフィード


Search in WWW Search in hatena/fedora9/

2009-05-27

無線LAN(USBアダプタ)

f:id:fedora9:20090527211002p:image

LinuxAOSSの自動設定は出来ませんが、

AOSSが設定済みのルータと、WLI-UC-Gを使って、無線でネットに接続できました。


Fedora17

USBアダプタを接続すると、右上のアイコンからアクセスポイントを選択できます。接続したいアクセスポイントが表示されなかったので、ネットワークの設定で、追加して、SSIDセキュリティー・キーを設定するとネットに接続できました。

再起動した後は、「非表示無線ネットワークに接続」を選択して、 SSIDを選択すると接続できました)

USBアダプタを接続して起動すると、自動で接続できました。

WHR-HP-G54

WLI-UC-G

スピードテスト


Fedora12

$ sudo yum install kmod-ndiswrapper-2.6.31.5-127.fc12.i686.PAE.i686


RPM Fusionを追加します。

$ sudo yum install ndiswrapperインストールします。

WLI-UC-Gの付属CDにあるドライバーのファイルを(フォルダごと)コピーし、

ドライバダウンロードして、$ lha -x で展開します。参考

driver/U2SG54HP/Win2000 フォルダ内で、

$ sudo ndiswrapper -i netsg54.infインストールします。

$ ndiswrapper -l(エル) で確認して、

$ sudo depmod -a します。

$ sudo ndiswrapper -m します。


こちら の手順を参考にAOSSの設定を確認します。


「システム」ー「設定」ー「Network Connections」ー「Wireless」ー「追加」で、

SSIDにWEP128のSSIDを入力、

Modeは、「Infrastructure」のままに、

Wireless Securityは、「WEP 40/128-bit Key」に、

鍵は、WEP128の暗号化キーの1行目(26文字)を、

認証は、「オープンシステム」のままで、「Apply」します。


USBアダプタを接続して、

$ sudo modprobe ndiswrapper すると接続できました。


再起動した後も自動で接続するように

$ sudo gedit /etc/rc.d/rc.local して

#

# Ndiswrapper 0.8 Config

#

echo "Ndiswrapper 0.8 config..."

/sbin/modprobe ndiswrapper

sleep 2

/sbin/ifup wlan0

sleep 2

を追加します。参考


参考1 参考2