Hatena::ブログ(Diary)

Fedora 19(はてな) このページをアンテナに追加 RSSフィード


Search in WWW Search in hatena/fedora9/

2013-01-24

Arch Linux 2013.01.04インストール

f:id:fedora9:20130125001611p:image:w360:left

Arch Linux 2013.10.01インストール


GNOME3の動作が軽いです。


archlinux-2013.01.04-dual.isoダウンロードして、DVDに焼いて起動します。(最新はこちら







こちらの手順にしたがってセットアップします。参考1参考2

環境に合わせて少し変更(実機:ディスク55G(内訳/ 10G, /var 10G, /boot 100M, /home 35G)、メモリ1G、swapなし)

無線USBアダプタを接続
# iwconfig wlan0 essid 000000000000(ESSID) key 0000000000(PASS)
# loadkeys jp106
# parted
(parted) unit MiB
(parted) mklabel msdos
(parted) mkpart primary 1 10241
(parted) mkpart primary 10241 20481
(parted) mkpart primary 20481 20581
(parted) mkpart extended 20581 55969
(parted) mkpart logical 20582 55969
(parted) quit
# mkfs -t ext4 /dev/sda1
# mkfs -t reiserfs /dev/sda2
# mkfs -t ext2 /dev/sda3
# mkfs -t ext4 /dev/sda5
# mount -t ext4 /dev/sda1 /mnt
# mkdir /mnt/{var,boot,home}
# mount -t reiserfs /dev/sda2 /mnt/var
# mount -t ext2 /dev/sda3 /mnt/boot
# mount -t ext4 /dev/sda5 /mnt/home
# vi /etc/pacman.d/mirrorlist
日本のサーバをリストの一番上に持ってくる
# pacstrap /mnt base base-devel
# pacstrap /mnt grub-bios
# pacstrap /mnt networkmanager wireless_tools
# genfstab -p /mnt >> /mnt/etc/fstab
# arch-chroot /mnt
# vi /etc/hostname
arch-vm
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# vi /etc/locale.conf
LANG="en_US.UTF-8"
LC_COLLATE="C"
LC_TIME="en_DK.UTF-8"
# vi /etc/locale.gen
以下の3行のコメントアウトを解除
en_DK.UTF-8 UTF-8
en_US.UTF-8 UTF-8
ja_JP.UTF-8 UTF-8
# locale-gen
# mkinitcpio -p linux
# mv /boot/grub /boot/grub-legacy
# mkdir /backup
# dd if=/dev/sda of=/backup/mbr-backup bs=512 count=1
# modprobe dm-mod
# grub-install --target=i386-pc --recheck --debug /dev/sda
# mkdir -p /boot/grub/locale
# cp /usr/share/locale/en\@quot/LC_MESSAGES/grub.mo /boot/grub/locale/en.mo
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
# vi /etc/rc.conf
次の行を追加
KEYMAP=jp106
# passwd
rootパスワードを設定
# exit
# umount /mnt/{var,boot,home,}
# reboot

# iwconfig wlan0 essid 000000000000(ESSID) key 0000000000(PASS)  なぜかつながらないので有線で。
# systemctl start NetworkManager.service
# systemctl enable NetworkManager.service
# systemctl enable graphical.target
# pacman -S zsh vim tmux git openssh sudo
# pacman -S dbus
# systemctl enable dbus.service
# pacman -S xorg
# pacman -S gnome
# pacman -S gdm
# systemctl enable gdm.service
# pacman -S xorg-xinit xterm
# pacman -S ttf-droid
# vim /etc/skel/.xinitrc
exec ck-launch-session gnome-session
# useradd -m -g users -s /bin/bash hiroyuki
# passwd hiroyuki
普段使い用ユーザを追加
# visudo
今追加したユーザをsudoerにする
# reboot

インストール動画(ギアのアイコンで画質をHDにできます)


systemd完全移行? 最新archlinux(official版)

systemdに移行


セットアップが終わって再起動するとGNOME3が起動します。


f:id:fedora9:20130126002517p:image:w360:left

kernel 3.7.5-1

GNOME 3.6.2

Chromium 24.0.1312.57 (178923)


日本語が表示されないのでとりあえずttf-droid をインストールします。

$ sudo pacman -S ttf-droid


右上のユーザー名をクリックして、「システム設定」ー「ユーザーアカウント」で一般ユーザーを追加します。

$ sudo useradd -m -g users -s /bin/bash hiroyuki

$ sudo passwd hiroyuki


f:id:fedora9:20130126001737p:image:w360:left

日本語キーマップの設定

右上のユーザー名をクリックして、「システム設定」ー「キーボード」ー「レイアウトの設定」で日本語にします。

日本語キーマップの設定


f:id:fedora9:20130126001954p:image:w360:left

日本語入力

$ sudo pacman -S ibus ibus-anthy

$ ibus-setup して、日本語Anthyを追加します。

日本語Anthyの設定のキー割り当てで、on_offにShift+Spaceを追加します。

$ leafpad .xprofileして(新規作成)

export GTK_IM_MODULE=ibus

export XMODIFIERS=@im=ibus

export QT_IM_MODULE=ibus

exec ibus-daemon -dx &

再起動すると日本語入力できます。参考

再起動した後は、(tint2の)右下のアイコンからibus再起動すると日本語入力できました。


RabbitVCS yaourt -S rabbitvcs rabbitvcs-nautilus 参考


f:id:fedora9:20130126184035p:image:w360:left

Androidアプリ開発環境構築

Andoid App Dev

PreferencesActivityの基本


sudo を設定します。

aliasを追加

alias

tint2タスクバーを表示)。自動起動

フォルダ名を英語の名前に変更します。($ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update)

wiki

swapを追加

$ sudo pacman -S chromium net-tools wireless_tools leafpad ibus acpid flashplugin cups system-config-printer-gnome system-config-printer nautilus-open-terminal ibus-anthy ttf-droid brasero evince tint2 gnome-screenshot

必要であれば $ sudo pacman -S gimp libreoffice skype bootchart paco xmbc

f:id:fedora9:20130126003229p:image:w360:left

PrtScrnでスクリーンショットを取得するように、右上の「システム設定」ー「キーボード」ー「ショートカット」ー「独自のショートカット」ー「+」で、名前:gnome-screenshot、コマンド:gnome-screenshot -w -e shadow

Yaourt

Mozc

$ yaourt -S packer 参考

$ packer -S ttf-vlgothic 参考

vimカスタマイズ

f:id:fedora9:20130126002210p:image:w360:left

キーのリピートの間隔を少し短かめに。右上の「システム設定」ー「キーボード

インストール済みパッケージ一覧() $ pacman -Qqe | grep -v "$(pacman -Qmq)" > pkglist    参考

外付けUSBHDD(NTFS)に書き込むには、$ sudo pacman -S ntfs-3g します。($ sudo pacman -S fuse)

タイピングモナーで音が出ました。

Samba

HandBakre


EP-804Aに無線で印刷

$ yaourt -S  epson-inkjet-printer-201112j  参考1参考2

$ sudo pacman -S cups system-config-printer-gnome system-config-printer

$ sudo systemctl start cups.service

$ system-config-printer

プリンタの電源を入れて、「追加」ー「ネットワークプリンター」を選択するとプリンタが表示されます。

参考


DistroWatch

2012-10-20

Arch Linux 2012.10.06インストール

f:id:fedora9:20121021213502p:image:w360:left

Arch Linux 2013.10.01インストール


archlinux-2012.10.06-dual.isoダウンロードして、DVDに焼いて起動します。(最新はarchlinux-2012.11.01-dual.iso









インストール動画(ギアのアイコンで画質をHDにできます)

D


あとは、こちらの手順にしたがってセットアップします。参考

インストール途中で # pacstrap networkmanager でインストールします。

再起動した後、

$ systemctl start NetworkManager.service

$ systemctl enable NetworkManager.service

ネットワークを有効にします。参考

$ sudo systemctl enable graphical.target

$ sudo systemctl enable gdm.service

でgdmを有効にします 参考


セットアップが終わって再起動するとGNOME3が起動します。


kernel 3.6.6-1

GNOME 3.6.1

GIMP 2.8

Chromium 23.0.1271.64 (165188)


フォントがいまいちだったのでとりあえずttf-droidをインストール


日本語キーマップの設定


日本語入力

Yaourt

Mozc

$ leafpad .xprofileして(新規作成)

export GTK_IM_MODULE=ibus

export XMODIFIERS=@im=ibus

export QT_IM_MODULE=ibus

再起動すると日本語入力できます。

Shift+spaceで日本語切り替えができなくなったので、こちらを参考に戻しました。

(半角/全角ボタンでは切り替え可能。直接入力時Shift+Spaceで日本語入力可能。日本語入力時Shift+Spaceで直接入力に切り替えできない。ibus 1.4.99.20121006-1)

RabbitVCS yaourt -S rabbitvcs rabbitvcs-nautilus 参考


sudo を設定します。

aliasを追加

alias wiki

swapを追加

$ sudo pacman -S chromium net-tools wireless_tools leafpad ibus acpid flashplugin cups system-config-printer-gnome system-config-printer nautilus-open-terminal ibus-anthy ttf-droid brasero evince tint2

必要であれば $ sudo pacman -S gimp libreoffice skype bootchart paco xmbc

Yaourt

Mozc

$ yaourt -S packer 参考

$ packer -S ttf-vlgothic 参考

vimカスタマイズ

キーのリピートの間隔を少し短かめに。右上の「システム設定」ー「キーボード

GNOMEの動作が軽い。GNOME3

インストール済みパッケージ一覧(193) $ pacman -Qqe | grep -v "$(pacman -Qmq)" > pkglist    参考

外付けUSBHDD(NTFS)に書き込むには、$ sudo pacman -S ntfs-3g します。($ sudo pacman -S fuse)

tint2タスクバーを表示)。自動起動


EP-804Aに無線で印刷

$ yaourt -S  epson-inkjet-printer-201112j  参考1参考2

$ sudo pacman -S cups system-config-printer-gnome system-config-printer

$ sudo systemctl start cups.service

$ system-config-printer

プリンタの電源を入れて、「追加」ー「ネットワークプリンター」を選択するとプリンタが表示されます。

参考


$ startx だと Arch Linux 2012.08.04に比べてなぜか画面描画が遅い。


DistroWatch

2012-08-28

Arch Linux 2012.08.04インストール

f:id:fedora9:20120902235401p:image:w360:left

Arch Linux 2013.10.01インストール


archlinux-2012.08.04-dual.iso ダウンロードして、DVDに焼いて起動します。

あとは、こちらの手順にしたがってセットアップします。

dbus


セットアップが終わって再起動するとGNOME3が起動します。

フォントがいまいちだったのでとりあえずttf-droidをインストール


sudo を設定します。

aliasを追加

swapを追加

$ sudo pacman -S chromium net-tools wireless_tools leafpad ibus acpid flashplugin cups system-config-printer-gnome system-config-printer nautilus-open-terminal ibus-anthy ttf-droid brasero evince

必要であれば $ sudo pacman -S gimp libreoffice skype bootchart paco xmbc

Mozc

vimカスタマイズ

日本語入力 $ ibus-setup。$ sudo pacman -S ibus-anthy。Shift + Spaceで日本語入力できるように設定。

~/.xinitrc にibus-daemon --xim -d & 追加して、ログインしなおす。 参考

Yaourt

$ yaourt -S packer 参考

$ packer -S ttf-vlgothic 参考

キーのリピートの間隔を少し短かめに。右上の「システム設定」ー「キーボード

GNOMEの動作が軽い。GNOME3

インストール済みパッケージ一覧(210) $ pacman -Qqe | grep -v "$(pacman -Qmq)" > pkglist 参考


kernel 3.6.2-1

GNOME 3.4.2

Chromium 22.0.1229.94 (161065)

GIMP 2.8.0

LibreOffice 3.5.6.2


VirtualBox   $ sudo modprobe vboxdrv

VirtualBox $ sudo pacman -S qt virtualbox-host-source

paco

banshee

Androidアプリ開発環境構築。 jdk7-openjdk

Galaxy S2 備忘録

BraseroDVDをisoに落とす。k9copyでisoを元に4.7GBに圧縮。isoをDVDに焼く。

$ sudo pacman -S handbrake 参考

libreoffice

dropbox

フォントの見栄えを良くする

最小化・最大化ボタンを表示

グループ一覧 参考

ハードディスクと CPU の温度

Linux技術トレーニング

ABS

$ gnome-tweak-tool でフォントをCantarell Italic 11->10にします。

arch-wiki-docs

pacmanで検索もインストールも早い。起動とシャットダウンが早い。

タイピングもなーやBansheeで音が出ます。

BansheeでGalaxyS2の音楽を参照・再生できます

Fn+F4,F5で画面の明るさを調整できます。

リモートデスクトップ。(サーバー)sudo pacman -S x11vnc($ x11vncでサーバー起動) 。(クライアント)$ sudo pcaman -S tightvnc($ vncviewer IPで接続)。/etc/rc.dのDEAMONSにx11vncを追加。パスワード設定。/etc/conf.d/x11vnc(X11VNC_ARGS="-rfbauth /root/.vnc/passd -forever)参考

ssh。(サーバー)$ sudo pacman -S openssh。/etc/hosts.allow。$ sudo /etc/rc.d/sshd start。(クライアント)$ ssh IPで接続。参考。/etc/rc.dのDEAMONSにsshdを追加。

pacman使い方

Amon2   .bashrcにexport PATH="/usr/bin/site_perl:$PATH"を追加。パスを通す

Dancer

memcahed $ sudo pacman -S memcahed

Redis $ sudo pacman -S redis


無線の設定

$ sudo vi /etc/rc.conf して、DAEMONSの networkの前に!を追加して、@networkmanagerを追加します。参考

!network @networkmanager

(!をつけると無効。@をつけるとバックグラウンドで起動。@networkmanagerはdubsの後ろに。)

再起動して、右上のアイコンからESSIDを選択すると接続できます。

セキュリティはWEB40/12-bitキー。16進。26桁(WEB128)

スピードテスト 無線で25Mbps


# iwconfig wlan0 essid 000000000000(ESSID) key 00000000000000000000000000(パスワード)すると無線で接続できます。 $ man iwconfig(再起動すると# iwconfigが使えませんでした。参考


$ lsusb | grep Wireless (USBアダプタ確認)

$ sudo iwlist scan

USBアダプタを接続して、$dmesg | tail

IPv6: ADDRCONF(NETDEV_UP): wlan0: link is not ready


/etc/rc.dのDAEMONSに networkがある状態で

ネットワークマネージャを有効にすると有線でもつながらなくなる。networkmanager止めてnetworkをリスタートするとつながる

$ sudo /etc/rc.d/networkmanager start 参考

$ sudo /etc/rc.d/networkmanager stop

$ sudo /etc/rc.d/network restart


EP-804Aに無線で印刷

$ yaourt -S epson-inkjet-printer-201112j 参考1参考2

$ sudo pacman -S cups system-config-printer-gnome system-config-printer

$ sudo /etc/rc.d/cupsd start

$ system-config-printer

プリンタの電源を入れて、「追加」ー「ネットワークプリンター」を選択するとプリンタが表示されます。

参考



$ sudo pacman -S cpupower

$ sudo modprobe cpufreq_powersave

$ sudo cpupower frequency-set -g powersave

$ sudo cpupower frequency-info

参考


Yaourt

$ yaourt -S dropbox otf-ipafont


au Wi-Fi SPOTにLinuxから接続できるようにしてみた

Gentoo Linux をインストールする

今日からはじめるawesomeチュートリアル (3.4版)

debian-6.0.5-i386-netinst.iso

オブジェクト指向できていますか?


Arch Linux 2011.08.19


wiki

2012-07-01

Arch Linux 2011.08.19

f:id:fedora9:20120701164959p:image:w360:left

Arch Linux 2013.10.01インストール


archlinux-2011.08.19-netinstall-i686.isoダウンロードをして、DVDに焼いてセットアップします。 参考

# km でjp106を選択。コンソールフォントはスキップ。

# /arch/setup


nanoの使い方。Ctrl + o で保存、Ctrl + x で終了。

# nano /etc/rc.conf

LOCALE="ja_JP.utf8"


kernel 3.4.4-2

GNOME 3.4.2

Firefox 13.0.1

Gimp 2.8.0


# pacman -Syu

$ sudo pacman-key --init

別のウィンドウを動かすと完了します。参考


# nano /etc/pacman.conf

SigLevel = TrustAll


Xをインストール

# pacman -S xf86-video-intel

# pacman -S xorg-server xorg-xinit xorg-utils xorg-server-utils xorg-twm xorg-xclock xterm dbus

 # rc.d start dbus

 # startx


GNOME3.4.2をインストール

# pacman -S gnome gdm dbus gamin

/etc/rc.confのDAEMONSにdbusを追加します。


# nano /etc/inittab

「/etc/inittab」のid:3:initdefault:を「id:5:initdefault:」、x:5:respawn:/usr/bin/xdm -nodaemonを「x:5:respawn:/usr/sbin/gdm -nodaemon」に修正します。参考


再起動します。



# pacman -S net-tools wireless_tools firefox firefox-i18n-ja leafpad ibus acpid flashplugin skype paco


Arch Linuxのインストールと設定

Linux&BSD:導入メモArch Linux

Arch Linux の紹介

ArchLinuxについて

2012-04-21

2万件insert

参考

$ sudo yum install perl-CPAN

$ sudo cpan YAML DBD::mysql

$ sudo mysql -u root

mysql> set password for root@localhost=password('rootパスワード');

(mysql> create database test;)

mysql> create table test(num int, name varchar(50));



# DBI モジュールの読みこみ
use DBI;
# データソース
$d = 'DBI:mysql:test';
# ユーザ名
$u = 'root';
# パスワード
$p = 'password';

# データベースへ接続
$dbh = DBI->connect($d, $u, $p);

# データベースの文字コードを設定を忘れずに
# これを忘れるとTEXT型のデータが文字化けする。
my $sth = $dbh->prepare("set character set utf8");
$sth->execute; 

# SQL文を用意

#####################################
my $i = 1;

my $sql = "insert into test (num, name) values (" . $i . ",'テスト')";

for($i=2; $i<=10000; $i++)
{
	#my $sql = "insert into test (num, name) values (" . $i . ",'テスト')";

	$sql = $sql .  ",(" . $i . ",'テスト')";

	print $i . "\n";
}

$sth = $dbh->prepare($sql);

# SQLを実行
$sth->execute;

#####################################
my $i = 10001;

my $sql = "insert into test (num, name) values (" . $i . ",'テスト')";

for($i=10002; $i<=20000; $i++)
{
	#my $sql = "insert into test (num, name) values (" . $i . ",'テスト')";

	$sql = $sql .  ",(" . $i . ",'テスト')";

	print $i . "\n";
}

$sth = $dbh->prepare($sql);

# SQLを実行
$sth->execute;

# ステートメントハンドルオブジェクトを閉じる
$sth->finish;
# データベースハンドルオブジェクトを閉じる
$dbh->disconnect;

password は設定したパスワードに変更。

$ time perl insert.pl

2.662秒。

Momonga7 1.616秒。


パフォーマンス比較