fenestrae

To mail (get rid of "NOSPAM")

fenestrae's antenna

What's about & Resources



<< 2004/08 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Recent Intems (RSS form)

Recent Items&lt;-clickable

pv=

 | 

2004-08-15

敗戦の詔勅、フランス語で読んで。 敗戦の詔勅、フランス語で読んで。を含むブックマーク

下に引用した終戦の詔勅の仏訳は戦史家の ピエール・モンタニョン Pierre Montagnon の La grande histoire de la seconde guerre mondiale (Ed. Pygmalion, 1999)から。この本は全2巻で各千ページほど。歴史読み物と研究書の中間的スタイルで書かれている。が、記述の正確さには格別の努力が払われ資料の扱いはかなり厳密で、第2次大戦の流れや個々の事実を知るのに便利だ。降伏をめぐる日本の8月14日、15日の動きだけでも10ページ以上を割き、14日の詔勅の録音、録音盤をめぐる攻防についても時間刻みで経緯を紹介している。

モンタニョンは、この詔勅を極めて重要な文書として、全文を紹介する。この詔勅によって戦争継続派の動きが完全に抑えられ、レジスタンス、軍や政府の分裂が避けられた見るからである(あきらかにヴィシー政権成立後のフランスの情勢を投影している)。

詔勅の日本語は私の世代には難解で、何やら訳のわからないものという印象があったが、フランス語で先入観なしで読むとがらりと印象が代わり、かなり明快である。日本語の文章で西洋語に訳そうとすると論理構造があまりに違うためわけのわからないものになるものがあるが、この文章はもともと西洋語の論理で書かれたようにさえ見える。原文と対照してもフランス語への訳は無理なく写されている。もともと漢文脈であるせいだろう。

戯れにフランス語からもう一度反訳したら面白いかも知れないと思ったが、時間がないのでやめた。口語訳が原文とともに収められているページがある。。

しかし原文を日本人が聞く場合の心理的距離感は、フランス語をフランス人が聞く場合からは想像できないだろう。これを理解させるのにモンタニョンは次のような説明をつける。「耳から入ってくることばは大衆にとってはまず理解できないものだった。皇帝は天の子だけに許された厳かなことばづかいを用いる。中国語ともいくぶん似通ったこの古いことばは大部分の人に理解できなかった。皇帝のことばを完全に理解するには、翻訳を待たねばならなかった。しかしすでにだいたいの意味は感じ取られていた。人々の顔は青ざめ、涙が流れていた。翻訳が終ると啜りなきが手放しのものとなった...」

フランス語で外国の文書として突き放して読むことで透けてみえやすいこともある。フランス語で Nous になっているのは「私たち」ではなく、王様などが自分を指すときに用いる、威厳のNous(Nous de majeste)というやつで、日本語の「朕」の訳であるが、帝政という日本の当時の体制をうきぼりにさせる。また、モンタニョンが注で指摘するように「他国の主権を侵害する意図は毛頭ない」とか「東アジアの解放」とかいうのは偽善にしか響かない。ヒトラーや冷戦期のソ連、最近のブッシュ政権のレトリックと共通のものである。一方「帝政を守ることができたので私はお前たちの中にある」というくだりの最初の部分はどうも体制変革(レジーム・チェンジ)に対する予防線のようでとってつけたもののように聞こえる。

これ以上戦争が続けば「文明の破壊」云々というくだり、特に「文明」という語彙にははっとさせられる。フランスの政治家は今でもしらっと使うことばだが、左派は別として、今の日本の与党の政治家が使うのを聞いたことがないし、使うところをあまり想像できない。「全ての国の幸福と繁栄」とか「東アジアの解放」いうのは偽善にしかすぎないが、偽善も含めすくなくとも一昔前のソ連、最近のアメリカと同種の語彙やレトリックを共有するくらいのある種のユニヴァーサルな観念が盛り込まれていることに少し驚く。今の日本政府が使うユニヴァーサルな観念の表現は米国のいうことのオウム返しでしかないことを考えると、基本的には共和制の支持者である私としては複雑な気持ちがする。

演説の後半の主眼、敗戦という事実を全国民に受け入れさせ、無用なレジスタンスを避けさせるためのアピールという点ではかなり明確である。敗戦後の国民の士気に対する配慮も簡潔だが欠けてはいない。1940年6月にフランスドイツに降伏した際の、降伏を国民につげるペタン元帥の演説を読むと、降伏停戦しなければならくなった敗戦局の事実を述べる部分は具体的で冷静だが、これからどうすればよいかという後半の部分が、逡巡があり混乱した、正直だが人を途方にくれさせる−−「国には頼らんでくれ、自分を頼れ」とまで言う−−ようなものだった。

En supportant l'insupportable et en tolérant l'intolérable  En supportant l'insupportable et en tolérant l'intolérableを含むブックマーク

A Nos bons et loyaux sujets :

Après avoir mûrement réfléchi à la situation mondiale actuelle et à celle où se trouve aujourd'hui Notre Empire, Nous avons pris la décision de rétablir cette situation en faisant appel à une mesure exceptionnelle. Nous avons donné l'ordre à Notre gouvernement d'informer les gouvernements des Etats-Unis, de la Grande-Bretagne, de la Chine et de l'Union soviétique que Notre Empire accepte les conditions de leur conjointe déclaration.

Oeuvrer à la prospérité et au bonheur de toutes les nations, ainsi qu'à la sécurité et à bien-être de Nos sujets, telle st la tâche sacrée qui Nous a été impartie par nos ancêtres impériaux et qui Nous est chère entre toutes.

Si Nous avons déclaré la guerre aux Etas-Unis et à la Grande Bretagne, c'était dans l'unique désire de maintenir le Japon dans son intégrité et d'assurer la stabilité de l'Est asiatique, mais il était loin de Notre pensée soit d'empiéter sur la souveraineté d'autres nations, soit de nourrir des ambitions territoriales.

La guerre dure maintenant depuis près de quatre ans. En dépit des magnifiques efforts accomplis par tous -- glorieux combats des armées de terre et de mer, diligence et assiduité des serviteurs de l'Etat, dévouement de Nos cent millions de sujets –, la situation militaire n'a pas évolué en faveur du Japon qui a vu le monde se liguer contre lui.

De plus, l'ennemi a utilisé pour la première fois une bombe d'un type particulièrement cruel, d'une puissance dévastatrice incalculable et qui a fait d'innombrables et innocentes victimes. Aurions-Nous continué le combat, il en aurait résulté non seulement l'écroulement final et l'anéantissement de la nation japonaise, mais aussi la totale destruction de la civilisation.

Comment, dans de telles conditions, épargner les vies de Nos millions de sujets et ne pas démériter envers les mânes sacrés de Nos ancêtres impériaux ? Voilà pourquoi Nous avons décidé d'accepter les conditions de la déclaration conjointe des puissances ennemies.

Nous ne pouvons qu'exprimer nos plus regrets à Nos alliés de l'Est asiatique qui n'ont cessé de joindre leurs efforts à ceux de l'Empire dans la libération de l'Est asiatique.

La pensée des officiers, des soldats, des civils tombés sur les champs de bataille, morts à leur poste, ou injustement frappés, et de leur familles endeuillées fait saigner Notre coeur nuit et jour.

Notre pays devra encore endurer de grandes souffrances et épreuves. Nous comprenons et partageons les sentiments de nous Nos sujets. Cependant, étant donné les dures et pénibles conditions que le sort nous impose, Nous avons résolu de frayer la voie à une paix durable pour les générations à venir en supportant l'insupportable et en tolérant l'intolérable.

Etant parvenu à sauvegarder et à maintenir le régime impérial, Nous serons toujours au milieu de vous, nous, Nos bons et loyaux sujets, et Nous comptons sur votre fidélité et votre intégrité.

Gardes-vous de vous laisser aller à des manifestations émotives qui risqueraient d'engendrer d'inutiles complications, des dissensions et des luttes fratricides qui plongeraient le pays dans le désordre, vous isoleraient et disqualifieraient aux yeux du monde.

Que la nation tout entière ne forme qu'une seule et même famille, de génération en génération ; qu'elle garde sa foi en la pérennité de son sol sacré et qu'elle soit consciente du lourd fardeau de responsabilités qui lui incombe et de la longue route qu'elle aura à parcourir.

Unissez toutes vos forces, vouez-les à construire l'avenir. Cultivez la rectitude, la noblesse d'esprit et mettez-vous résolument à l'oeuvre, afin de rehausser encore la gloire de l'Empire et de la maintenir à l'avant du progrès.

Le discours de l'Empéreur Hiro-Hito diffusé le 15 août 1945 à la radio japonaise*1.

8月15日いまむかしあれこれ 8月15日いまむかしあれこれを含むブックマーク

  • 1945年8月15日 フランスではヴィシー政権の首班ペタン元帥に反逆罪で死刑判決。判決は同時に、「高齢のため死刑は執行せず」と付け加え、第一次大戦の国民的英雄は終身刑のまま1951年に死去。
  • ロイター電 「日本 −− 大臣3人が異論の多い神殿に参拝 Japon-Trois ministres se rendent dans un sanctuaire controversé Reuters | 15.08.04 | 07h02」 首相は今回はこれを避けたことなども含め解説は詳しい。

エアバスの補助金問題をめぐるボーイングの闘いにブッシュ参戦 エアバスの補助金問題をめぐるボーイングの闘いにブッシュ参戦を含むブックマーク

補助金をめぐるエアバスとボーイングの闘いが本格化

La querelle entre Airbus et Boeing sur les subventions s'intensifie

le 14-08-2004 PARIS (AFP),

エアバスが受けている補助金をめぐるボーイングとエアバスの二大航空メーカーの議論は、ブッシュ大統領がヴァカンス明けにはWTOに提訴すると警告したのを受けて、一段と激しいものになった。

La dispute entre les deux géants de l'aéronautique Boeing et Airbus au sujet des subventions dont bénéficie le groupe européen est montée d'un cran avec la menace du président George Bush de saisir l'Organisation Mondiale du Commerce (OMC) à partir de la rentrée.

7月3日の記事ボーイング社長のインタビューを紹介した。ついにホワイトハウスが本格的参戦。

米大統領、欧州アジアの兵力削減を発表へ 米大統領、欧州とアジアの兵力削減を発表へを含むブックマーク

7万から10万の兵力を欧州アジアから引き揚げると月曜日にブッシュが発表する予定。3分の2は欧州(大部分はドイツ)から。韓国からも。

別件を検索中にはいってきたニュースワシントンポストがホワイトハウス筋の情報として。

U.S. to Cut Forces in Europe, Asia

By Mike Allen and Thomas E. Ricks

Washington Post Staff Writers

Saturday, August 14, 2004; Page A01

President Bush will announce Monday that he plans to pull 70,000 to 100,000 troops out of Europe and Asia in the first major reconfiguration of overseas military deployments by the United States since the Cold War ended, White House officials said yesterday.

Bush, who will reveal his plan in a speech to the annual convention of the 2.6 million-member Veterans of Foreign Wars in Cincinnati, plans to say that the change is necessary to adapt the nation's military to the demands of the global war on terrorism and to take advantage of new technologies, said a senior aide involved in developing the plan.

Two-thirds of the reduction will come from Europe, most of them Army soldiers in Germany, and most of the troops will be reassigned to bases in the United States, the aide said. Officials said exact details of the moves have not been finalized, but some of the troops from Germany and South Korea will be moved to expansion countries of the North Atlantic Treaty Organization in Eastern Europe.

これをソースとするAFPの記事では、

韓国日本に駐留する兵員もこの再配備の対象になる旨、この新聞[ワシントンポスト]の同ソースは述べ、ただし移動の具体的な人員はまだ最終的に確定してないとする。

Des troupes actuellement déployées en Corée du Sud et au Japon devraient être aussi affectées par cette restructuration, ont précisé les mêmes sources au journal en affirmant que les chiffres exacts de ces mouvements n'avaient pas encore été définitivement arrêtés.

としているが、ワシントンポストの記事に、日本からの撤退に明確に触れる部分は見つからない。ただし次の記述はある。

The plan is the latest iteration of a discussion that has been going on for several years between the Pentagon and the White House about reconfiguring troops abroad now that the Soviet Union is extinct and the United States is the world's lone superpower. Administration officials have talked for more than two years about their intention to move 60,000 troops out of Europe, mostly from Germany, and 30,000 from East Asia, mostly from Japan and South Korea.

*1:Traduction tirée de Pierre Montagnon, La grande histoire de la seconde guerre mondiale, tome. 2, (Ed. Pygmalion, 1999), p. 686 - 687

tristanotristano 2004/08/16 07:04 「堪へ難キヲ堪へ忍ヒ難キヲ忍ヒ」。仏訳でも直ぐに終戦の詔だと分かりますね、この一節は。こんなのがあるんだ。今日仏訳全文を堪能しようと思います。

fenestraefenestrae 2004/08/16 13:13 原文をのっけるときに、日本語の自分の文章もつけようと思ったのですが、時間がとれず、読後記を今つけました。tristanoさんの読後感なども教えてもらえれば幸です。

hinakiukhinakiuk 2004/08/16 18:14 フランス語はさっぱり読めないのですが(何せMontagnon氏というイギリス人に会った時も思い切り「モンタグノン」と読んでしまったほどなので)、En supportant l’insupportable et en tolerant l’intolerableはきっと「耐え難きを耐え忍び難きを忍び」という部分…ですかね? つづりから察するに。…と思ったらもうコメントで触れられていた(笑)

fenestraefenestrae 2004/08/16 19:33 モンタグノン>プランス・シャルルとレディー・ディアナ、レオナール・ドゥヴァンシががデフォルトの国の人ですから気にしないでしょう。To bear the unbearable、 英語版をさがしましたがなかなかまともなのが出てきません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040815
 |