fenestrae

To mail (get rid of "NOSPAM")

fenestrae's antenna

What's about & Resources



<< 2004/09 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Recent Intems (RSS form)

Recent Items&lt;-clickable

pv=

 | 

2004-09-30

深夜のTV(9月30日)を見て、普通の日記ふうに 08:54 深夜のTV(9月30日)を見て、普通の日記ふうにを含むブックマーク

  • France2をつけると偶然、Campus という文芸番組で、サガン特集。当初の予定では別のテーマになっていたはずだが、サガンの死去で急遽変更したらしい。TVをつけたときちょうどサガンのインタビューの録画を放送中。2002年になされたこのインタビューでの発言の中に、9月26日の日記で書いたときにややこしいので触れなかった、「悲しみよこんにちは」に関する私的な疑問をある程度解決してくれることば。ニューステーマとする日記にはちょっと場違いな問題なので書くのはやめようと思っていたが、このサガンの発言で新事実に触れ軽い興奮があるので、アルコールを抜いてから明日改めて書きます。
  • 続けて見た深夜ニュース(同じくFR2)で、「イギリスブレア首相が心臓の問題で入院」とキャスターが一言だけの報道。Google Newsイギリスニュースサイトなどで見ると、「処置、手当て procedure, treatment」から「手術 operation, surgery」など表現がいろいろ。
  • ブッシュケリーテレビ対決がはじまるころ。リアルタイムで追いかける元気はさすがにない。米国在住者のブログを明朝の楽しみにすることにする。討論についての報道でのブログの役割に触れるこんな記事も発見。

Blogs put real-time spin on debate coverage

News.com September 30, 2004, 4:11 PM PDT

Besides the usual fare of major media commentary, bloggers across the political spectrum will be busy posting their views during Thursday night's debate between President Bush and challenger John Kerry.

バグダッドで自動車爆弾テロ。少なくとも41人が死亡。 20:32 バグダッドで自動車爆弾テロ。少なくとも41人が死亡。を含むブックマーク

DERNIERE MINUTE : 13h03 - Au moins 41 tués dans l'explosion de voitures piégées à Bagdad

3台の車に仕掛けられた爆弾によりバグダッドで41人が死亡、その大半が子供と、ヤルムーク病院の死体安置所の責任者が証言。爆発はアメリカの物資輸送隊の側で発生。

Quarante et une personnes, en majorité des enfants, ont été tuées jeudi dans l'explosion de trois voitures piégées à Bagdad, selon le chef de la morgue de l'hôpital Yarmouk. Les explosions sont intervenues près d'un convoi américain. (AFP)

ル・モンドの臨時ニュース

◆夜に出た続報では、死亡した42人中、37人が子供、ついにラムズフェルト米国防長官も、抵抗活動が活発化している事実を認めると。。「Irak: 37 enfants tués, Rumsfeld admet que les rangs des rebelles s'étoffent BAGDAD (AFP),le 30-09-2004

匿名匿名 2004/10/02 07:24 子どもが犠牲になったバクダッドの事件で気になるニュースを読みました。米軍が子どもを人間の盾にしていたとか… http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=200410020057336

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040930

2004-09-29

大統領選、投票体制の公正さに早くも疑問 米大統領選、投票体制の公正さに早くも疑問を含むブックマーク

米大統領選−−選挙体制は信頼性に欠けるとOSCEが判断。

ELECTIONS AMERICAINES Pour l'OSCE, le mode d'élection ne sera pas fiable

NOUVELOBS.COM | 29.09.04 | 15:08

OSCE(欧州安全保障協力機構)はその報告書の中で、2000年の大統領選挙の際に露呈したアメリカ選挙体制の「欠陥」は11月2日の選挙に向けて完全に是正されていないと発表した。報告は、郵便投票の機密保持や新しい電子投票装置に関する問題は「解決からほど遠い」としている。

L'Organisation pour la sécurité et la coopération en Europe affirme dans un rapport que les "faiblesses" du mode d'élection aux Etats-Unis, mises en évidence lors du scrutin présidentiel de 2000, ne seront pas toutes corrigées pour le vote du 2 novembre. Certains problèmes, comme la confidentialité des votes par correspondance et les nouvelles machines électroniques, "sont loin d'être réglés".

OSCEは通常民主選挙体制が十全に整っていない国へ国際監視団を派遣しており、最近ではカザフスタン選挙結果を監視、その公正さに疑問を投げかけた。今回、アメリカ大統領選挙アメリカ国務省の招きに応じて監視団を派遣するという前代未聞のことになったが、選挙前の調査結果が報告書にまとめられ、上の記事のような指摘がすでに出されている。

同主題で、フロリダの問題に絞ったル・モンドの記事

フロリダのの選挙手続きに依然として異議

Le processus électoral de la Floride demeure l'objet de contestations

LE MONDE | 29.09.04 | 15h06

では

大統領の弟のジェブ・ブッシュ知事のもとのフロリダ当局は、2000年から機能している投票装置の効率を弁護。

L'équipe de Jeb Bush, gouverneur de l'Etat et frère du président républicain, a défendu l'efficacité des machines à voter mises en place depuis 2000.

と。しかし選挙体制の不備については、ジミー・カーター大統領も批判している。

28日づけで発表されたOSCEの報告書は → PDF版でダウンロードできる

これによると、2000年のときに問題になったレバーパンチ式のパンチカードシステムが予算不足のため取り替えられずにほぼ半分の州で使われている。また、新しい電子投票システムについては

概して、新しい投票装置に用いられているソフトウェアは国内の公の独立監査組織に公開されておらず、複数の州が、マニュアル検査や再カウントの機能のない新しい電子装置に財政支出している。

Generally, the software used in the new voting machines has not been made available for domestic independent public scrutiny, and several states have invested in new electronic equipment that does not provide for a manual audit and recount capacity.

またメール投票に関して自由意志によらない投票や、不正プロキシーによる不正投票を許す危険性を指摘。またメールファックス投票に投票の秘密を保証する手続きが確立されておらず、世界人権宣言やOSCEの基準に背馳するとする。他にも問題山積。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040929

2004-09-28

fenestrae2004-09-28

「2人のシモーナ」とイタリアの団結 05:23 「2人のシモーナ」とイタリアの団結を含むブックマーク

イタリアじゅうの称賛の的となった「2人のシモーナ」

Les "deux Simona" ont forcé l'admiration des Italiens

ROME, 28 sept (AFP)

火曜日にバグダッドで解放された2人のイタリア人人質、シモーナ・トレッタさん、シモーナ・パリさんは同胞の称賛の的となり、人々は彼女たちが拉致されている3週間の間二人のために団結を絶やさなかった。

Les otages italiennes Simona Torretta et Simona Pari, libérées mardi à Bagdad, ont forcé l'admiration de leurs concitoyens qui se sont mobilisés pour elles tout au long des trois semaines de leur détention.

2人のシモーナさんの解放を伝える記事の直後に Courrier International に掲載されたローマからのAFPの記事。2人の家族環境の記述まであり少しタブロイド紙的な感じもしないではないが、2人がどういう人かを詳しく、また、拘束中のイタリア人の反応がどうだったかを伝えてくれる。

記事の続き。

すべてのイタリア人にとって、彼女たちは「2人のシモーナ」、「最も恵まれない人々、子供たちを助けるため」困難な状況のもとイラクへ赴いた女性として知られるようになった。街角の庶民からカルロ・アゼリオ・チャンピ大統領までイタリア全体が2人の若い女性の決意と素朴さに心を動かされていた。彼女たちは「恵まれない人々、助けを必要としている人々に対する国境を知らない連帯の精神を」示していると、チャンピ大統領は解放を呼びかける声明の中で語った。数万人の人々がたいまつをかざしてのデモに参加し、2人のシモーナへの関心が薄れていかないよう、連帯のメッセージを送った。

2人とも29歳。輝かしい学歴を持ち、13年前に結成されたイタリアのNGO組織「バグダットへの架け橋」のために働いている。

シモーナ・トレッタさんは、1994年にイラクを初めて訪れて以来この国に魅せられ、その若さにもかかわらずイラクの「ベテラン」と見なされていた。ローマ出身で3人姉妹の長女、父親をすでに亡くしている彼女は、1996年からバグダッドに腰を落ち着け、2003年の戦争の間もそこに留まっていた。ローマの美術大学卒業し、バグダッドでNGOの派遣チームのリーダーとして人道援助活動をしながら、人類学の学業を続けていた。誘拐された9月7日は、学業のため日課の一部を割いていた。担当していたのは現地の図書館の再建事業と学校の復興計画。友人から「非常に決断に満ちた女性」と評され、イラク人の白血病の少女をローマで入院させるために困難を乗り越えて多くの人を動かした。今では14歳になるこのイラク人の少女、ハンヤは、現地で一切の治療薬を欠いていたが、18か月の治療によって治癒し、2002年6月にイラクに戻ることができた。

シモーナ・パリさんは、ボローニャイタリア中部)生まれ。リミニ(アドリア海沿岸)で、学校時代を過ごした。リミニには離婚した両親が現在も住んでいる。彼女は大学に入るためボローニャに戻り、2年前から「バグダッドへの架け橋」のために活動していた。哲学、ジャーナリズムの学位と、開発協力関係学科の修士号を持ち、以前から「イタリア・セイヴ・ザ・チルドレン」のために、シモーナ・トレッタさんと同じように学業のかたわら、子供の人身売買に対し闘って活動していた。彼女はまたアフガニスタン、コソボ、アルバニアモンテネグロに赴いており、それらの任務について新聞にいくつもの記事を書いている。バグダッドには2003年の春に到着。200人の生徒が去年の夏までいた学校にかかわる計画を担当していた。友人たちは彼女を「陽気で、勇気があり、意欲に溢れている」と評する。テレビルポルタージュではまた、頭を覆うためのスカーフに色付きのものを選び、エレガントさを見せていた。

この2人の若い女性は互いに補いあうコンビで、シモーナ・トレッタさんが「情熱的」、シモーナ・パリさんが「理性的」と評されていた。

イラク戦争への反対デモに参加する人もしない人も、イタリア人のすべてが2人の若い女性の情熱と、学校の子供たちと手をつなぐ彼女たちが見せる生きる喜びに感嘆していた。

生きる喜びの発露に人々が感嘆というのがいかにもイタリアからの記事らしい。

イラクの2イタリア人女性人質解放 02:29 イラクの2イタリア人女性人質解放を含むブックマーク

DERNIERE MINUTE : 18h28 - Les deux otages italiennes en Irak ont été libérées

イタリア政府は火曜日、シモーナ・パリ、シモーナ・トレッタさんが解放され、バグダッドイタリア外務省当局に引渡されたことを確認。情報ははじめアルジャジーラによって報じられていた。2人といっしょに拉致されていたイラク人2人も同じく解放された。

Rome a confirmé mardi que Simona Pari et Simona Torretta ont été libérées et remises au chargé d'affaires italien à Bagdad. Cette information avait dans un premier temps été annoncée par la chaîne d'information continue Al-Jazira. Les deux Irakiens enlevés en même temps que les volontaires italiennes ont également été libérés. (AFP)

ル・モンドの臨時ニュース。よかった。

GomadintimeGomadintime 2004/09/29 03:10 おお、本当によかった! BBCでも出てましたよ。この人質事件は気になっていて、http://freeourfriends.blogspot.com/を見たり、ニュースをチェックしていました。身代金を払ったとの情報もありますが。

fenestraefenestrae 2004/09/29 03:54 身の代金>クウェートの新聞が火曜日、解放前に報じたようですね。月曜日に50万ドルすでに支払われていて、解放後にさらに50万ドルの約束と。後からまたいろいろな話が出てくるからもしれませんが、身の代金の話のようなものは秘密あるいは「公然の秘密」として扱われていくと思います。フランスも人質解放に関しては表裏の両面から工作しているようです。アルジャジーラは解放の瞬間を写していたんですね。TVで見るとイタリアはすごい騒ぎ。

temjinustemjinus 2004/09/29 04:33 よかったですね。
残るはフランス人記者二人とその運転手。いや、その他の人質も、とここは言っておこう。首をごしごし押し切られるのは誰だって嫌だし。。。

fenestraefenestrae 2004/09/29 05:33 改めて2人についての記事を読み、イラクの人々のためにもこうした女性たちが救われてよかった思いました。

hinakiukhinakiuk 2004/09/29 05:53 イギリス人も、お願いします。

fenestraefenestrae 2004/09/29 05:56 アイルランド政府も動いているそうですね。母方の故郷ということで。<イギリス人人質。

temjinustemjinus 2004/09/29 06:50 なんか日本のバッシングとはえらい違いですね。

jedisunefleurjedisunefleur 2004/09/29 08:39 自己責任みんなで叫べば怖くない。そんな窮屈理屈などない国があり人がいて、その上救われて、救われました。

2004-09-27

フランス上院議員選挙結果 フランス上院議員選挙結果を含むブックマーク

TV5のサイトにある結果のまとめを引くと

ちょっと女性が増え、与党UMPが少し弱くなった上院

Un Sénat un peu plus féminin, avec un groupe UMP un peu moins dominant

日曜日3分の1の改選が終り、上院では女性議員が増え、右派がなおも優勢。しかし与党UMPは過半数を割り、絶対多数に達するためには右派陣営の他の勢力(中道連合、急進派、無所属)と共闘しなければならなくなった。

PARIS (AFP) - 27/09/2004 18h19 - Au lendemain de son renouvellement triennal, le Sénat apparaît plus féminisé, toujours ancré à droite mais avec un groupe UMP qui devra s'allier avec l'une ou l'autre des composantes de son camp (Union centriste, radicaux et non inscrits) pour atteindre la majorité absolue.

こういうときに用いられる féminin という語は、「女性の、女性らしい」という意味ではなく、男女の勢力均衡において「女性化した」「女性の数が多くなった」という意味である。

上院議員の選挙については金曜日24日の記事で少し触れたが、直接選挙ではなく、州、県などの地方議員、地方自治体の代表などからなる選挙人(今回の選挙では5万人余)の投票によって選出される。選挙は県を単位とする選挙区で争われる。したがって選挙結果は選挙人の構成によって投票前からかなりの程度予測できるので、劇的なことはおこらず、報道は地味であった。今回の1/3の改選というのは全国の選挙区のうち1/3の選挙区で選挙が行われたということであり、全国的にみれば関係ない県が2/3あることになる。

今回の選挙についてポイントをいくつか。

  • 2003年に上院の改革法案が通っているが、それが適用される初の上院議員選挙である。改革の主な点は、任期が9年から6年になったこと、立候補できる最低年齢が35歳から30歳に引き下げられたことである。これに伴い3年ごとの1/3改選の原則は将来的には3年ごとの半数改選となる。過渡的措置で今回選出議員には任期6年の者と9年の者がいる。日本の新聞記事でこの改革を無視して任期9年と書いたものがあったがいまや正確ではない。また議席が321から最終的に2010年までに346に増えた。今回は過渡的措置として全議席を331議席とする選挙となった。このため改選議席118に対し10議席増の128議席が割り当てられている。
  • 政治勢力別の変化は、左派増、右派減。社会党が13議席増の91議席。緑グループが1議席から3議席に。共産党が9議席から11議席に。与党のUMPは8議席減らして154議席になり、新しい絶対過半数166を割ることになった。中道右派の「中道連合」(6議席増やして36議席)は与党UMPに基本的には歩調を合わせ2者で右派グループを形成するので右派勢力は優勢だが、独立色を強める中同連合のUMPに対する政治的要求はキャスティングヴォートを握ったことで強くなることが予想できる。他に数議席クラスの左右の諸派があり、これらが統一会派を作ったり、大会派と合流したりすることになる。
  • 女性議員が34人から56人へと大幅増。これで上院の女性議員の数は全体の11%から19%になり、国民議会(下院)の女性比率12%を抜き、女性議員比率においてはじめて上院が下院を上回った。これは2000年に成立した、政党提出の立候補者リストを男女半々にするという法律が、上院議員選挙ではじめて適応された結果である。この法律によれば地方議会の選挙から国政選挙まで比例代表制の選挙の候補者リストは男女半々でなければならず、しかも女性をかためて名簿の下にすることをふせぐため名簿順はかならず男女交互になるように定めている。市や州レベルではこのため市参事(市会議員)の数はほぼ半分になっている。ただし、上院選では一選挙区からの当選者数が数人のためこの効果は限られている。一方、男女半々の名簿に束縛されて下位になることを嫌った有力候補が母体政党と別にリストを作って立候補した例があいついぎ、これがなければ女性議員の当選数はもっと多くなったと予測されている。
  • 議員当選者としては目立つのは、まずラファラン首相ラファラン首相が上院選に立候補し、これが首相引退の地ならしになるという、観測を伴う情報を最初ル・モンドが7月にスクープしたとき、首相官邸側は上院選立候補の予定そのものを否定したが、結局しばらくしてル・モンド情報の正しさが証明された。一方、上院議員当選が即首相引退ではないというふうに首相側は説明を変え、この説明のとおりにはなった。もう一人重要な当選者は元内務大臣のシャルル・パスクウァ。長いこと保守党の資金繰り、ロビー工作の闇の部分をひきうけていた人物で、現在は別の小会派の党首に収まっている。アンゴラへの武器売却にかかわる不正リベートの授与や自党の不正政治資金に関して起訴されているが、今年の7月まで欧州議会の議員だったため議員特権で逮捕を免れていた。今年の欧州議会選挙に落選し議員でなくなったため、いよいよ本格的に収監取り調べかと思われていたが、今回上院議員となったためまた議員特権で保護されることになる。ただしどの程度の保護があるかどうかはいろいろ解釈がある。紹介するきっかけ失ったが、ル・モンドは日曜の夜、「パスクウァ氏当選」を知らせる臨時ニュースメールを発信した。

女性議員が上院で19%を占めるになったというのは、慶賀すべきことだが、実は個人的には「マズイ」事情がある。というのは、日本の女性議員の比率が衆議院で8%、2004年7月の選挙前までは参議院で15%ほどだった。これをもとに、いままで、女性問題にうるさいフランス人に対して、下院では日本のほうが女性議員は少ない(8%対12%)ものの、上院では15%対11%と日本のほうが多く、女性議員比率後進国同士として日本フランスはいい勝負、日本の女性の国政進出もフランスを上回っている部分があると言っていた。ところが、日本の前回の参院選挙で女性議員の比率は12%になっていたところに、さらに今回のフランスの上院選挙の19%ではるかに差をつけられ、下院、上院ともフランスのほうが "féminin" になっている。政治の女性進出の日仏比べの最後の砦がこうしてあっけなく崩れた。日本の報道では、今回の上院選挙結果に関して、与党過半数割れという報道は大きく出たが、上のTV5のまとめが示すようにフランスでは大きな話題となった女性議員増という情報は伝えなかったところもある。

◆この記事をアップしたときには、Livedoor がメインテナンス中でアクセスできなかったが、media@francophone に選挙前に書かれたル・モンンドの上院選挙のしくみ、上院の問題点についての詳しい記事「Pourquoi le Sénat reste la chambre forte de la droite なぜ元老院では常に右派が強いのか」が翻訳されている

2004-09-26

タマネギの皮の小さな音楽 −− F.サガン悲しみよこんにちは06:58 タマネギの皮の小さな音楽 −− F.サガン「悲しみよこんにちは」を含むブックマーク

第一報から見たニュースに執着する癖があるようで、サガンのことが何かと気になる。土曜日につらつら各紙の追悼文を読み、今日はFrance 5のドキュメント番組「Françoise Sagan une vie de tous les dangers フランソワーズ・サガン 危険に満ちた一生」を見る。France 5の番組は今年4月に作られもので、明らかに彼女の死を予想して追悼番組用にしたてられている。この番組のタイトルに象徴されるように、他の追悼文も含めて、回顧の多くは、id:sujaku さんがF.ベグベデの表現を引いて注意を向けたような「いまだに『ロックンロールな人生を生きている』サガン」の側面を中心に彼女の像を描く。以前この日記で何気につかった「漂白」を、id:Soreda さんがキー概念にまでしてくれたが(id:Soreda:20040920)、今度はこちらがそれに便乗すれば、いわば「漂白」されないサガンが今や神話になる*1

自動車事故麻薬所持、脱税などの大きな事件のほかにも、神話を作るエピソードにはことかかない。68年のパリで学生たちが占拠するオデオンにやって来て、フェラーリで乗り付けたことを批判されると、フェラーリではなくマセラティだと「反論」する。自殺未遂した友人の見舞いに行って、今度やるときは事前に知らせてくれればつきあうからと言い放つ。はちゃめちゃな浪費で文無しになったところで、競馬の大穴で救われてはまた同じ生活をつづける。唯一自分のものにすることのできたノルマンディーの家はドーヴィルのカジノで一晩で当てた金で買ったものだ。


悲しみよこんにちは」は大人になってから読んだ。高校生のときにこの人の第2作めだけは女友達から貸してもらって読んだが、「悲しみよこんにちは」のほうは青春のはしかのように読む機会を逸してしまった。20代のときに何かのひょうしにはじめて英訳で読み、30代になってはじめてフランス語で読んだ。この手の小説は年をいってから読むことで失うものと得るものがある。私のばあいは、みずみずしい感興を失ったが、1954年にこの小説が出たときそれを読んで驚いた当時の大人たちの視点を共有することができた。

読み返すほどの元気はないが、内容を思いだしながら、面白いと思うのは、この作品がまとっている視点の重層性だ。

書き出しから一人称で語る一人の娘がいる。その娘は、これから始まる物語の中の17歳の娘セシルと設定は同一人物であるが完全に同一の存在ではない。物語のおこる夏と物語の冒頭を隔てる大きな事件のもたらす「成長」によってこの2人のセシルは隔てられている。ヴァカンス中のセシルはどうか、一方に、勉強嫌いのしばらく前まで寄宿舎いたわがまま娘がおり、その一方に恋愛の心理のメカニズムに熟知し計算づくで他人を操作する賢しい小娘がいる。耳年増でほんとうの恋愛を知らない子供が、はじめてめばえた恋愛感情によってただのうぶな年相応の少女になろうとする契機がある。

そしてそれらすべての外側に、しかし読み手にとっては不可分のものとして、作者の、フランソワーズ・クオレズ改めフランソワーズ・サガンがいる。反射的に人が見るのは、17歳の体験をもとに小説を書いた18歳の天才少女。セシルの生活特権を享受するブルジョアの娘だ。もっとよく見れば、受験勉強を嫌ってだだをこねるどころか、すでに15歳で20点中17点の成績でバカロレアを通過した「ソルボンヌの女子学生」がいる。その女子学生作家が書くのは、体験をもとにしたミニ成長小説、あるいは感情教育小説なのか、それともラファイエット夫人、ラクロ、ラディゲにつらなる冷徹な心理小説なのか。どちらにも印象を与える危ういバランスの中で、この作家は、小説の中のセシルをステージングしている。そしてさらにセシル=フランソワーズの役割をマスコミから割り当てられながらそれをときに忌むように、ときに楽しむようにステージングする、少女の顔に老成した表情をもつサガンがいる。

それらすべてがタマネギの皮のように「悲しみよこんにちは」という作品と「悲しみよこんにちは」をめぐる社会現象をとりまき、この小説の受容の可能性を多様なものにしている。一人称の物語の主人公から社会的存在としての作者までの複数について、自己とそれぞれの層の、そしてそれぞれの層の間の距離を上手にはかり、どれかにべったり陥らないように、しかしその層がみえみえに分離しないように、その層の間を自在に行き来しながら戯れ、なおかつそれを自然に見せることのできる作家は少ない。特に女性にはむつかしいと思われているのに18歳の娘がそれをやりきったのを、少しでも小説を読む心得のある大人たちは、当時の習慣に従って仮綴じ〆のこの本の頁をナイフで切りながら読み進むごとに発見して驚いたはずだ。その戯れに一貫性を与えているものを、当時の目利きの読み手は文体の「小さな音楽 petite musique」と名づけた。

50年前にこの小説が出たときに起こした道徳的スキャンダルの大部分はもうわれわれには理解できない。離婚が白眼視された時代結婚しないカップルは絶対にちゃんとした食事の席に呼ばれることのない時代。十代の娘が一夏放埓に遊びながら、妊娠という罰を受けないというだけで人が憤激した時代だったと、TV番組のジャーナリストは説明する。しかしまた、そうした皮相なスキャンダルのほかに、もっと深刻な道徳的なスキャンダルを起こすたねがこの小説にはあった。

この小説は、自分の分身たる父親が、社会を象徴する侵入者によって、分別くさい大人になることを、その娘=私が禁止する物語だ。その禁止行為の策略によって犠牲者が出た。犠牲者を生んだ私は、当然おこるべき単純な後悔の感情を、名づけることもできない、甘美な絹のような手触りの何ものかとして享受し、愛撫する。1950年代になお社会に生きていた伝統では、他人の死を呼ぶ行為の自省は宗教的な悔悟によって解決をみなければならない。それがあればカタルシスによる成長さえ許される。さもなければ残された選択肢は因果応報の天罰だ。しかしこの娘は、他人の犠牲によってひこおこされた感情を、宗教的ではなく、哲学的でさえもない、美的・感覚的ななにものかに変化させながら、いつくしむように抱き、禁止行為の成功を享受しながら生き続けることを肯定する。そこに成長があるとすれば、それは改心ではなく、自己肯定による成長だ。

初版の帯にあったという、「肉体の悪魔」をもじった「魂の悪魔」という文句は、そうした毒を売りものにしようとした意図をじゅうぶんにうかがわせる。この小説が初めて読む人にいまだにスキャンダルであり得るとすればこの部分だ。そして、自分の分身に対し、第三者の死のタブーをもって、分別ある大人になることを禁じた魂の小悪魔は、その禁止をやはり自らに引き受けたまま生き続けなければなかったように見える。

まずくて飲めないハリバートン・コーヒー 23:43 まずくて飲めないハリバートン・コーヒーを含むブックマーク

まずくて飲めないハリバートンのコーヒー。イラクの海兵隊はコーヒをインターネットで注文。

Le café d'Halliburton imbuvable, des Marines en Irak commandent sur internet

アメリカの零細卸業者が、数十キロのコーヒーイラク駐留部隊のために寄付。ハリパートン納入のコーヒーがまずすぎて飲めないと苦情をいう海兵隊員たちからの注文に応えたもの。

WASHINGTON (AFP) - 25/09/2004 18h09 - Un petit fournisseur américain a offert gracieusement des dizaines de kilos de café aux troupes stationnées en Irak, répondant aux réclamations de Marines qui se plaignaient que le breuvage livré par Halliburton soit imbuvable.

マサチューセッツにあるディーンズ・ビーンズ Dean's Beansという中小企業の社長ディーン・サイコン Dean Cycon 氏が言うに「イラクからの注文がどんどん増えてくるのに気がついていた。そしてある日とうとう、ハリバートンの社員がメールコーヒー豆のパックの寄付を要請してきた」とのこと。

このハリバートンの社員とはファルージャの部隊の娯楽室のマネージャー。「ここのコーヒーはひどくまずくて、お宅のコーヒーを皆がほんとに気に入ってます」と、サイコン氏に言ったたという。「ハリバートンはイラク駐留兵士の食料から何十憶ドルももうけている一方で、私のような者が助け船を出さなければいけないなんて可笑しい。でも兵士の士気をほんとうに考えなければね」とサイコン氏は言う。

一方のハリバートンは「うちのコーヒーは軍の指示規定にしたがって作られている」と。

この記事を紹介するTV5のページにはディーンズ・ビーンズ社のコーヒーの袋の写真が載っているが、袋には「ファルージャ・フレンチロースト」の文字が。あれ?追放されたはずのフレンチがこんなところにお目見えとは。サイコン氏、コーヒー業者になる前の職業は左派の弁護士と紹介されているが、わざとかでしょうか...

*1日本での受容における「漂白」については、id:sujaku さんが以下のように指摘する。「サガンの作品は、朝吹登水子に拠る翻訳をつうじて、数々の女流作家に影響を与えた。日本でも「1人称で書く女流作家の3人に1人は、サガンの影響下にあるのではないか」というほどの大人気。ただしサガンを意識した作品は、山田詠美以外は、どれもこれも気の抜けたソーダ水なものばかりなのは、<小説の7不思議>のひとつだった。」id:sujaku:20040911#c

天神茄子天神茄子 2004/09/27 06:48 えー、お邪魔いたします。
お先に失礼して、失礼しました。しかし幾ら頭をひねっても金のなる木は見つかりそうにありません。
で、この金のなる木を見つける話でも書いてみようかと思ってます。作家は転んでもただでは起きないと言う顰にならって。。。

fenestraefenestrae 2004/09/27 07:07 A la recherche d’un arbre lucratif ... あんまり長編にならないうちに早く完成させてください。サガンの小説の長さくらいがちょうどいいかと。

2004-09-25

大統領選世論調査の方法−−調査対象者の支持政党別配分が結果に及ぼすもの 米大統領選世論調査の方法−−調査対象者の支持政党別配分が結果に及ぼすものを含むブックマーク

欧州ニュースでもなく先週の話だがどうしても気になるネタ

先週発表された米大統領選の世論調査で、まちまちの結果が出ていたが、ブッシュ大量リードのギャラップ調査の結果はかなり話題になった。日本ニュースから簡単なまとめを引くと、

米大統領選世論調査、投票に行くと答えた有権者間でブッシュ優勢

ワシントン 17日 ロイター] ギャラップが実施した米大統領選の世論調査によると、投票に行くと答えた有権者のブッシュ大統領支持率は55%となり、民主党ケリー候補の42%に対し13%ポイントリードしている。

 9月13―15日に有権者1022人を対象に実施した調査では、選挙登録している有権者の支持率はブッシュ氏52%に対しケリー氏44%だった。

 誤差の範囲は上下3%ポイントという。

(ロイター) - 9月18日13時3分更新

この調査に関連してギャラップ調査の仕組みについて書いているのがアメリカの次のブログの記事 :

なぜ今朝のギャラップ調査は無視すべきか、そして他のギャラップ調査も同様に Why You Should Ignore The Gallup Poll This Morning - And Maybe Other Gallup Polls As Well

theleftcoaster.com Friday Sep 17, 2004

このブログの著者によると、ギャラップ社に調査方法について問い合わせた結果、調査標本についてメールで次の回答を得たという。

「投票に行くと答えた有権者(Likely Voter)」サンプル

サンプル数 : 767

共和党支持者 : 305 (40%)

民主党支持者 : 253 (33%)

独立     : 208 (28%)

選挙登録している有権者(Registered Voter)」サンプル

サンプル数 : 1022

共和党支持者 : 381 (38%)

民主党支持者 : 336 (33%)

独立     : 298 (30%)

結果は上の記事にあるように、前者がブッシュケリー 55%対42%、後者が52%対44%。

ブログの著者によれば、ギャラップ社は今回の大統領選挙について全期間、全州にわたって同様の調査方法をとっていることを確認したという。そして調査対象そのものに最初から共和党支持者が過多に、民主党支持者が過少にカウントされている以上、こうした調査は信頼できないとして、上のような記事のタイトルとなる。

このブログケリー支持者のもので、ギャラップが送ったというメールの信憑性も確認はできないが、世論調査の標本選びで民主党支持者よりも共和党支持者を多くというのは、過去の大統領選挙の投票行動に照らして、当然のこととして行われているらしい。このブログリンク付きで引用する、別の世論調査機関ゾグビー社のCEOジョンン・ゾグビー John Zogby氏が9月7日にすでにファイナンシャル・タイム紙に書いた「2004: It Is Not An 11 Point Race」記事は、この時期に出たタイム誌とニューズウィーク誌の世論調査結果(それぞれブッシュvsケリー 52% vs. 41%、54% vs. 43%)について触れた際、このサンプリング比の問題をとりあげる。それによると、タイム誌のは不明だが、ニューズウィークのものは、選挙登録有権者サンプルで共和党支持者38%、民主党支持者31%、独立31%」を用いているという。また、今年6月にロサンゼルスタイムズが調査で用いた標本比率では共和党支持者38%、民主党支持者25%だったという。一方、ゾグビー氏自身は、ゾグビー社の調査では共和党39%、民主党35%、独立26%の比率を用いるという。タイム、ニューズウィークと同時期に行われたゾグビー社の調査の結果はブッシュ46%、ケリー44%いうものだ。ここから「11%の差はない」という記事のタイトルが出てくる。

さじ加減の問題もさることながら、こうした層別抽出が行われということ自体が意外だった。改めて考えてみれば、専門家には常識なのかもしれない。たしかにある程度の理屈はあり、過去の結果にもとづく経験則があるのだろう。しかし今回のようなケースはどうなのだろうか。層別抽出は推計の精度を挙げるために行われる。しかし調査すべき項目の選択肢と分類層の相関関係が極めて大きいどころか1に近くなり(ゾグビー氏は今回は10人に9人か8人は支持政党の候補にいれるという)、層の比率があらかじめ不均衡に分配されていれば、調査そのものがトートロジーみたいなものに近くなる。層カテゴリーの分配も、選挙結果についてものである以上、固定したものでなく、投票行為という事象を通じて変化する。こうなると純粋な無作為抽出の結果のほうが知りたくなる。統計調査に詳しい人の意見を聞いてみたい。

またこうした世論調査のアナウンス効果というのも気になる。ブログ氏はその記事の最後で、しかるべきリンク付きでギャラップ社のCEOは共和党への寄付者だと指摘する。

大統領選に関するブログワッチャーは多いので、日本でもすでにあちこちでとりあげている問題なのではないかとも思ったが、検索したかぎり見つからないので、紹介してみた。私は、米大統領選をずっとカバーしているリベラシオンの特派員 Pascal Riché氏ののブログホワイト・ハウスへの道 La course à la Maison Blanche 」経由で知った。このブログは外国人としての外部からの目と、大統領選にずっとつきあっている米国の住民として内部の目の間のバランスがよく取れており、適度な距離感をとりつつ生き生きと書かれているので愛読している。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040925

2004-09-24

フランソワーズ・サガン逝去 03:39 フランソワーズ・サガン逝去を含むブックマーク

フランソワーズ・サガンが金曜日オンフレールの病院で死亡と、近親者が発表。

DERNIERE MINUTE - URGENT : 20h16 - Françoise Sagan est décédée

Françoise Sagan est morte vendredi à l'hôpital de Honfleur, selon son entourage (AFP).

ル・モンドの臨時ニュース

◆「フランソワーズ・サガン」、はてなキーワードにない。
→ 「サガン」でとりあえず簡単に作成。ファンの方に増補求む。

◆TV5が用いているAFPの記事が、伝記的にもよくまとまっているので、以下にほぼ全訳。途中から調べるのが面倒になって作品の邦訳題を省略。

小説家フランソワーズ・サガン氏、金曜日、オンフレールで逝去

La romancière Françoise Sagan est décédée vendredi à Honfleur

PARIS (AFP) - 24/09/2004 20h10

小説家フランソワーズ・サガン氏が9月24日金曜日にオンフレール(カルヴァドス県)の病院で肺塞栓症で死去と近親者の連絡でわかった。享年69歳。

オンフレールの中央病院長のイヴ・ビュザン氏がAFPに答えたところによれば、金曜日19時35分に「心肺代謝不全」で死去。「数日前に」に入院していたという。

作品「悲しみよこんにちは Bonjour tristesse」で知られるサガン氏はこの数年来病がちで、この数か月の間に何度か入院し、オンフレール近くの自宅で隠遁する生活を送っていた。

サガン氏は本名、フランソワーズ・クワレズ。1935年6月21日にカジャルク(ロート県)で裕福な工場経営者の娘として生まれ、1954年に処女作を、プルーストの作品の登場人物から選んだペンネームで発表。少女の愛の目覚めを描くこの第一作「悲しみよこんにちは」で有名になった。

「栄誉と成功とはきわめて早いうちに私を栄誉と成功への夢から解放してくれた」と彼女は後に語っている。度をはずれた成功の味を知ったものの彼女が創作をやめることはなかった。「私は軽薄だ。しかし軽薄さというのは面白いことにかまうことからできている」とも述べている。

自らの馴染んだ裕福で有閑の社交界の中での愛情を基本的には主題とした小説を数多く発表。数多くの成功作の中で「ある微笑 Un ceratin sourire」(1956)、「ブラームスはお好き Aimez-vous Brahms ?」(1959)、「熱い恋 La Chamade」(1965)、「乱れたベッド」(1977)は軽くほろ苦いしかし気取りのない文体を定着させた。

劇作品では「スウェーデンの城 Château en Suède」(1959)、「ヴァランチーノの藤色の服 La robe mauve de Valentine」で成功を収める一方、「ときどきヴァイオリンが Les violons parfois」(1961)、「Il fait beau jour et nuit」(1978)では失敗を味わっている。

1984年には回想録「Avec mon meilleur souvenir」を、その一年後に「De guerre lasse」を発表。さらに「Les Faux-Fuyants」(1992)、「Et toute ma sympathie」(1993), 「Un chagrin de passage」 (1994)を。最後の作品となった1998年の「Derrière l'épaule」では自分のキャリアについての批判的な視線をみせた。作品には他に映画のためのものもある。

サガンスピードとギャンブルを愛し、ドラッグアルコールを溺れていた。1957年には大きな交通事故を起こし、また1985年10月には親密だったミッテラン大統領コロンビアに旅行中、深刻な呼吸器障害を起こしている。

1995年2月にはコカイン使用と譲渡で執行猶予つきの1年の懲役刑を宣告された。2002年2月にはまたエルフ事件に関連して脱税行為で同じく1年の懲役を判決を受けている。

ギー・シェレールGuy Shoeller、アメリカ人のロバート・ウェストホフ Robert Westoffと結婚・離婚しており、後者との間には息子のドニをもうけている。

フランソワーズ・サガンの作品 ....[50タイトルほどの作品リスト。略]

◆今ル・モンドサイトに載っている記事 "Bonjour Sagan" のほうが面白かった。デビュー時のサガンをそれをとりまく文壇のようすについて書いたもの。翻訳するならAFP-TV5よりこちらのほうがよかったかも。今年の7月11日に掲載されたものの採録。逝去が近いことを意識して書かれたというよりも「悲しみよこんにちは」の発表から50年ということで書かれたもの。

9月24日、フランス2の昼のニュース 23:53 9月24日、フランス2の昼のニュースを含むブックマーク

ニュースから離れ気味になってしまったので、他力本願だがTVニュースの一部をそのまま放映順に紹介。

ツール・ド・フランスで10年以上活躍した、リシャール・ヴィランク Richard Virenque が自転車競技から引退を発表。ジダンほどではないにせよフランスで最も人気のあるスポーツ選手の一人だ。オランピア劇場で引退発表会をするとのこと。同時中継でインタビュー。7月のツール・フランスで得意分野の山岳賞(水玉ジャージ)をキープして終えた直後に決意したとのこと。落ち目になってから辞めるのはいやだと言う。

  • ジャンルイ・ボルロー雇用・社会連帯大臣が老人生活介助のために50万の雇用を創出する計画をクリスマス前に提出すると発表。

昨日のFrance 2のインタビュー番組、「100 minutes pour convaincre 納得させるための100分間」での発言。この番組では政治家が一人に対し、100分間にわたって、反対党の政治家や、ジャーナリスト社会活動家などがでてきて質問をする。現在互助組織、ヴォランティア団体などで運営されているヘルパー職は20万人、これを不足と認め、補助金などを増やして新たに50万人増やすような政策をとると。

  • 上院(元老院)の選挙を控えて、改革論議。

上院(Sénat)の議席の3分の1の改選がこんどの日曜日にある。といっても一般有権者には関係がない、上院議員は、地方自治体の長など5万人余の人間によって選ばれる。任期は、今年法律か改正されて6年になる前までは9年あった。こうした組織が立法権力の一部を占めているのはおかしいという声がある。社会党の中から、現在の制度をよいとする上院議員と、こんな制度は「スキャンダルだ。反民主主義的だ」と批判する若手下院議員(アルノ・モントブール)の2人にインタビュー。

死者の数はすでに1500人、行方不明者が1250人。進まない援助、不十分な食料配給について現地からレポート。6日間何も食べてないという子供たち。食料配給に活躍する尼僧の女性の「静謐な宗教者」というよりも力強い「肝っ玉おばさん」ぶりになるほどい思う。

2人の記者拉致は36日めにはいったがニュースはなし。2人のシモーナについても、イギリス人人質についても新情報なし。France3はすでに撤退を発表(特派員は若い女性だった)し、フランスでは大手チャンネルでは France2 だけが取材チームを派遣しているTV局となった。そのFrance 2が、CNNなど、最後に残るジャーナリストの活動状況をレポート。皆非常に慎重になっている。状況が日に日に悪くなるなかでいつまで取材が続けられるか皆自問しているという。ドイツニュースチャンネルN24の女性キャスターにもインタビュー。流暢なフランス語に驚く。このクラスの局だとアラブ語ももちろん流暢なのが派遣されているはずだが、おまけにフランス語までとは。

  • 村を巻き込むカップルの国際的親権問題

南仏ヴァール県のアドレという小さな村のできごと。父親がアメリカ人で母親がフランス人の離婚したカップルで母親がこの村に4歳の娘シャルロットともに住んでいる。親権をめぐる裁判で母親が負け、アメリカ裁判所フランスに判決の執行を要請。母親が娘をどうしても引渡さないので、昨日、警察隊が幼稚園に入り、強制的に連れていこうとするが村人が皆の阻止にあい果たせず。村人たちは当然のように母親の味方をして全員団結している。警察の行為に対し村役場で村長以下、村民が集まって抗議集会。今朝は娘は幼稚園に姿をみせず。村人たちがはかってシャルロットを村の中か、村の外のどこかにかくまってしまった。母親は未成年誘拐の罪で告発されたが、村民の団結に守られてシャルロットはみつからない...

このあたりでだいたい20分。あと尿の匂いで早期ガンを発見する犬の話や、自動車の速度を技術的に130キロまでしか出ないようにするべきだというアイデイァの是非をめぐって交通安全運動団体の代表と元レーサーで自動車評論家の1対1の議論コーナー(この議論コーナーは真っ向から対立する考えの代表者をみつけ毎日やっている)等等とつづく。

オツベルを探して オツベルを探してを含むブックマーク

リンクをたどっていったid:yukattiさんのところで、 「宮澤賢治オツベルと象」は「オツベル」か「オッベル」か」という面白い記事を発見(id:yukatti:20040921)。

これを読む今日の今日までオッペルとばかり思っていた。しかも現在は「オツベル」が有力で、これは自筆資料からも確かめられ、問題はむしろ「オツベル」か「オッベル」かというところにもシフトしているというということを知って驚く。20世紀に学校で覚えた知識はやはり定期的に手入れしないとアブナイと身にしみて感じた。

こうした話題に首をつっこむのはこのブログの趣旨とはちょっとずれるが、はてなで発見した主題だし、他に書く場所もないので、ちょっとした覚え書き。

私のこれまでの固定観念のオッペルからスタートするとして、この人名が西洋語に対応があるという感じはなんとなくするし Opper のような綴りも思いうかぶ。さてこれがオツベルとなるとどうか。

id:yukatti さんとともにこの問題を論じている id:yms-zun さんは、「オッペル」あるいは「オツベル」の外国語との対応について、別のサイトに掲載されている、画家の木村昭平氏(この物語で絵本を出版)の次のような意見を紹介する(id:yms-zun:20040921#opfer2):

木村さんの調べたところではオツベルはどの外国語にもないけれど、オッペルの方はドイツ語のオッフェル(opfer)という語があり意味は「宗教的犠牲者」だ。賢治は充分ドイツ語に詳しかったからオッフェルからオッペルにしたんじゃないだろうか

また、id:yukatti さんも、カナ表記で「ツ」と「ッ(促音)」を区別したはずの賢治が自分のメモに「オツベル」と記しているにもかかわらず、専門家の間でなお「オッベル」の可能性も否定されていない理由の一つとして、

西洋人の人名としても「オッベル」のほうがいかにも自然である

という事情があるのではないかと推測している。

ここで「オツベル」に対応する外国語、とくに人名、そして中でも西洋語の人名はほんとうにないかという問題を改めて提起してみる。

これに対する私の答えは、

「それには複数の可能性が存在し、中でも Otbert というのは有力ではないか」

というものである。

Otbert はドイツ語の古くからの人名としてあり、それがフランス語化して /otbER/ 呼ばれる歴史的人物は実際に存在する*1ファーストネームのため、同名の人物はあちこちにいるが、その中でも有名なのは、1091年から1119年までリエージュの司教だった人物で、ベルギーのブイヨン城 Château Fort de Bouillon を十字軍出発のための資金ぐりに困ったゴッドフロワ・ド・ブイヨン Godefroid de Bouillon 伯から買い取ったことで知られている(日本語での簡単な解説は次の→ ベルギーの古城案内に)。

このフランス語読みされる Otbert をカナ転記するとき、オトベール(例えば上のサイト)をはじめとして、オトベル、オツベール等々など幾通りかが考えられ、1. "t " と「ト」するか「トゥ」とするか「ツ」とするか、2. "ber を「ベル」とするか「ベール」とするかの選択肢を組み合わせれば6通りある中で、オツベルはその中の一つでしかないが、20世紀初頭の日本言語習慣からみると極めて可能性の高いものの一つである。

Otbert という名の語源をみると、「財産をもって輝く」(altsächs. »ôd« (Gut, Besitz) + althochdeutsch »beraht« (glänzend))というような説明が、その辺の名前語源辞典サイトを見ると出てくる(Exvornamenarchiv.de)。宮沢賢治がそうした情報を使ったかの考証は別として、少なくともこれだけでも、「Opfer」よりも、問題の賢治の物語で6台の稲扱き機に加えゾウの所有者となった人物のプロフィールに符合すると言える*2

あとは、上のリエージュの司教に限らず、歴史上存在した Otbert氏で「ゾウをこきつかったあまり、ゾウの仲間にふみつぶされて死んだ」というような逸話のある人物がいればパーフェクトなのだが、残念ながらそんな都合のいい話はなさそうだ。ただし、こうした寓話の元になるような、「人をこきつかったため、仲間の襲来にあってあえない最後をとげた」ような歴史的事実に符合する者は出てくるかもしれない。というのは、Otbert氏に限らず、由緒ある偉そうなファーストネームをもって西洋史に残っている人物の多くが、殿様か地主か司教というような他人を食い物にしている連中なので、身辺をあらえばほこりが必ず出てくるからだ。

リエージュの司教だったOtbertはどうかというと、歴史観光案内サイトには「ブイヨン城を買った金を捻出するため、もともとの自分の司教座(領内)にあった教会や修道院からいろいろ略奪した」というような説明がある。なかなかいい線行っている。ただしそのために下級僧侶や領民の反乱に踏み潰されて死んだとは書いていない。他にざっと手元の事典やネットで調べたかぎりでは、「913年 ストラスブール司教の Otbert、反乱市民によって暗殺」というようなのもある。探せばこの手の Otbert はもっといるに違いない。

さて理想的なケースが見つかったとして、この後のいちばんの問題は、そういうOtbertの逸話が宮沢賢治になんらかの形で読まれたということを証明することだ。リエージュ司教の話くらいなら歴史読み物を通して可能だったかもしれない。それにしても翻訳で読んだと仮定すれば宮沢賢治の同時代の出版物からそれを探し出さなければならないし、なんらかの西洋語で読んだとしたら蔵書調査をしなければならず、どちらにしても大ごとの作業となる。「ゾウに踏まれたOtbert」の話が西洋史でみつかればミッシングリンク探しとして努力のしがいがあるが、はたして「民衆反乱ににやっつけられた Otbert」くらいの話についてこれをやる価値があるかどうか。

ということでオツベルがOtbertというのは今のところ砂上の楼閣でしかなく、また Otbert だけでなくその異綴りの Autbert や別系統の Hautebert だって可能性はあるかもしれない。ただいずれにせよ、少なくともここで言いたかったのは、 「オツベルはどの外国語にもない」と断定するのは早すぎるし、それどころか人名として大いに可能性があるというものだ。実在の人物に限って「オツベル」候補募集をすれば、それぞれの人の言語感覚、歴史的知識に応じて西洋史からだけでも他にもいろいろと集まるかもしれない。

Disclaimer: この Otbert ネタのために人生の貴重な時間をさいたあげく徒労に終った人がいても責任は負わないことをあらかじめ宣言しておきます。もしどんぴしゃりで当たったときは?知的先取権なんてケチなことはいわないのでぜひ論文を一本書いて、論争に決着をつけ、テキスト最終確定者として賢治研究に名を残してください。そのかわり論文で「はてなダイアリー id:fenestrae:20040924」に参照指示してね。

*1歴史上の人物ではないが、またヴィクトル・ユゴー戯曲 Les Burgraves (1842)にも Otbert の名をもつ登場人物がおり、当然これもフランス語風に /OtbER/ と読まれる。

*2:「オツベルと象」の全テキストは→ 青空文庫に収録されている

temjinustemjinus 2004/09/24 15:25 何をやってるかと思ってたら、こんな考証学を楽しんでたんですね。

fenestraefenestrae 2004/09/24 18:08 性(さが)ですね...ISTP占いの「割り当てられた仕事がつまらない、退屈、実際的ではないと思うと、その仕事より自分の関心事を優先させる。自分のやりたいことに熱中するあまり、ほかのやるべきことを−無視したり忘れるわけではないが−二の次にしてしまう。」。ニュースもイラク情勢、ロシア・コーカサス情勢、EU憲法レファレンダムなど扱うべきなのがめじろおしでそれなりにフォローはしていて、スカーフも続きは書き下ろすだけなのですが。つまらないというより、義務感になると急に退屈になってきます。昨日はほんとうはボルロの「100 minutes pour convaincre」の話を書こうかと思っていたのですが、前半の大部分を所用で見損なってしまい、これもやる気がうせてしまいました...

temjinustemjinus 2004/09/25 03:47 サガン>キャー、早!

sujakusujaku 2004/09/25 05:39 サガン、涙。●去年だったか文藝評論家のフレデリック・ベグベデ(ノリのイイ、へんな男)が、本のなかで言っていたこと: サガンはいまだに「ロックンロールな人生を生きていて」、アストン・マーチンで交通事故起こして死にかけて、その上コカイン中毒で、アルコールにもあいかわらず強く、おまけに税金滞納で財産差し押さえられ、おとりまきにも見放され、もはやボロボロ(!)・・・●心配していておりましたが、まさかこんなに早く・・・。享年69歳(?)

hinakiukhinakiuk 2004/09/25 05:56 あっ、犬の話書こうかどうしようか迷ったんですよね…<犬好き

fenestraefenestrae 2004/09/25 06:37 犬の話>これ面白かったですよね。怪しいサンプルの皿の前にお座りすると主人がほうびの餌をやっていました。怪しいのがあんまりみつからないと餌欲しさに関係ないサンプルのところでお座りして餌をせしめて、オオカミ犬になったりしないのかなと他人事ながら心配しました。

fenestraefenestrae 2004/09/25 06:55 サガン>「悲しみよこんにちは」とあと数作くらいしか読んだことがないのですが(しかもなぜかおおかた英訳)、一時代を画したサガンに敬意を表して、日本が目覚めるころに間に合うようにAFPの詳報を翻訳。作品について succès とあるところ普通は適当にすらっと「傑作」と訳していくことが多いのに、サガンのときだけ、一瞬ポーズをおいて「成功作」という訳語を選択する自分の政治性に気づき、普段ミーハーといわれるサガン愛読者の何倍もミーハーだなぁと自省しながら。

2004-09-23

イラク人質事件 9月22-23日 イラク人質事件 9月22-23日を含むブックマーク

イラク、人質、殺害 などの検索ワードでたどりつく人が多い。人質殺害があるたびにおこる現象で、毎回のことながら中には「映像」というようなキーワードをつけてくる人もいる。その手のサイトへのリンクはここにはない。今朝(日本時間で23日午後)まとめておけば国内記事に少し先んじた情報が掲載できたが、そのあと午後(日本時間24日)になって国内でもほぼ情報がでそろったので、新鮮味がなくなったが、できるだけ+αになるようなまとめを心がけて、印象に残ったかぎりでざっと。

  • フランス人の2記者についての新しい情報なし。
  • 2人のNGOのイタリア人女性(2人のシモーナさん)の殺害を告げる声明が23日早朝に、「ジハド組織」と名乗るるイスラム過激派のインターネットサイトで発表。過去に知られていなかったサイトのため、信憑性を疑う向きが多かった。その数時間後に、Ansar al Zawahir と名乗るサイトにも殺害の声明。このサイトは誘拐後の9月10日に声明を発表をしていたサイト。いずれも信憑性が確かめられないまま懸念が高まる。
  • アル・ザルカウィーの組織に誘拐された英米人3人のうち2人のアメリカ人人質の殺害が発表された(1人はすでに死体が発見)たあと、22日にイギリス人人質ケネス・ビグリー氏の映像がインターネットサイトで公開。犯人グループの要求はイラク人女性囚人の釈放で、映像では人質自身がブレア首相に自ら訴える。イラク人女性囚人の数については当初イギリス政府とアメリカ政府で見解が違っていたが、結局「細菌博士」とよばれるリハブ・タハ氏と、「ミセス炭疽菌」と呼ばれるフダ・サリー・マーディ・アマシュ氏の2人の扱いが焦点に。イラク政府は−−人質事件とは無関係としながら−−タハ氏の保釈を検討中と発表したが、アメリカ政府がすぐさま釈放の決定権はアメリカにあり、釈放の予定はないと発表。これを受けてイラク政府も釈放検討の見解を否定。
  • イギリスでは、政府に人質助命のために2人のイラク科学者の釈放に向けて努力するようにとのビグリー氏の家族の要請に対し、イラクは独立の政府であり、イラク政府の決定を尊重するしかない、またこの要求を呑むことは今後多くのイギリス人を拉致の危機にさらすことになるとして拒否。外相のストロー氏は残念ながら政府にできることは少ないとのコメント。家族は、アメリカは解放を妨害していると非難。さらにブレアに対しても対応が真剣でないと非難。息子や母親、いとこが犯人グループに助命を嘆願する声明を独自に発表。沈黙を守っていたビグリー氏のタイ人の奥さんも声明を発表。イギリスの主要新聞の論調は、家族の行動は理解できるとしながら、今回に関しては政府の対応を支持。ただしイラク戦争の発端さかのぼっての批判によってブレア首相の立場をさらに悪くなる。
  • アメリカではイラクのアラウィ首相が議会で演説し、「わわれはイラクで成功しつつある」と英語で宣言、熱烈な拍手を浴びる。ブッシュ大統領はアラウィ首相と会見し、イラクはよい方向に向かっていると確認、サダム・フセインがいなくなって世界は安全になったと重ねて強調。

/* アラウィ首相の訪米、演説はほとんどブッシュ大統領選挙運動にしか見えない。現在のイラクの状況と激しいコントラストをなすアラウィ−ブッシュの態度は、人質問題で真剣に心配する人々にとっては侮辱にしか写らないだろう。このすさまじいコントランストのよびおこす印象を、インディペンデント紙の記事の次のようなタイトルがよく表している。

Parallel Worlds - On one side of the world, the Iraqi Prime Minister is applauded by US Congress and fêted by George Bush. On the other, a wife waits for the news she dreads

パラレル・ワールド 世界の片側ではイラクの首相が米議会で拍手を浴び、ジョージ・ブッシュから祝福される。もう片方の世界では一人の妻が恐ろしい知らせを待つ。

By Rupert Cornwell in Washington

Independent 24 September 2004


id:hinakiuk さんが、イギリスの世論のようすを伝え、ビグリー氏の映像でのメッセージを全訳で紹介している(id:hinakiuk:20040923#p1)。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040923

2004-09-22

同性カップルの共同親権 06:16 同性カップルの共同親権を含むブックマーク

La première famille homoparentale reconnue en France

フランス初の同性両親家族認知

AP | 22.09.04 | 20:33

フランス第一号。レズビアンのカップルがその5歳、7歳、10歳の3人の娘に対する共同親権を法的に認められ、フランスではじめての同性両親家族となった。この大審裁判所の判決は7月に下りていたが、パリ検事局が上訴しなかったためこのたび確定となった。

PARIS (AP) -- C'est une première en France. Un couple lesbien s'est vu officiellement confié une autorité parentale conjointe sur leurs trois filles âgées de cinq, sept et dix ans, établissant ainsi la première famille homoparentale française.

Le jugement du tribunal de grande instance (TGI) date de juillet, mais le parquet de Paris n'ayant pas fait appel, la décision est désormais définitive.

ちょっと事情が複雑で、いささか説明が必要。実は法的な話になるともっと複雑となる。

もともとはル・モンドの記事、

La justice reconnaît pour la première fois une famille homoparentale

LE MONDE | 22.09.04 | 14h10

が出所で、法的な背景解説、問題点も丁寧に説明しているがややこしいので、概略をまとめた上のAP-NouvelObsの記事で予備知識を仕入れたから読んだほうがわかりやすい。両方をもとに事情をまとめると次のようになる。

女性2人のカップルは、姓は明らかにされていないが、名はカルラ Carla と マリー・ロール Marie-Laure。カルラ46歳、マリー・ロール45歳。学校の同級生同士だった32年前からカップルになりそのまま共同生活をするようになった。子供がどうしても欲しくなり、10年前にマリー・ロールが人工受精で子供をもうける。フランスでは独身の女性への人工受精は認められていないが、外国でおこなったものらしい。同じようにさらに2人産み、カップルは娘3人と暮らしている。このままではマリー・ロールに親権はあるが、カルラと娘3人は法的にはまったく赤の他人。カルラに親としての法的な立場を与えるために2人がとった方法は、カルラがマリー・ロールの娘を養子にすること。養子縁組の手続きが2001年に認められる。こうしてカルラが法的な親権を、マリー・ロールが生物学的母親として実生活上での親の役割を持っていたが、これをさらに正常化するために、2人が共同で法的な親権を行使できるように昨年裁判所に訴える。そしてこの訴えは、子供の利益に適うとして、このたび認められる。ざっとこんなような経緯である。

フランスは同性愛のカップルが養子をとること、カップルの2人に共同親権を与えることを認めていない。実はこれは、象徴的・政治的な意味のほうが強い同性結婚よりも、切実な問題である。というのは実際上、同性のカップルのもとに子供がいるというケースはめずらしくないからだ。ただし今回の件が、判例となってこうしたカップルにとって朗報になるかというと、ル・モンドにコメントする専門家は、今回の場合は特殊ケースを追認したものにすぎないとして、否定的である。まず上の2人の場合、2001年の決定自体が例外的ケースらしい。

さて、理論的あるいは現実として同性愛カップルに子供がいるのには次のようなケースがありうるという。まず、

  • [すでに実子がいた]男性カップルでも女性カップルでも、どちらかに前の異性間関係でできた実の子がいる場合。つまり片方が実子を連れ子としている。これはレアケース。

カップル形成後に子供がほしい場合は、

  • [養子をとる]男性カップルでも女性カップルでも養子をとる場合。同性のカップルへの養子縁組みは認められていないが、1966年以来28歳以上の独身の男女が養子をとることは可能なので、どちらか片方が養子をとる。ただし同性カップルで暮らしていることがわかると裁判所に拒否されるので、虚偽の申告をし、アパートを別に借りるなどして養子縁組みをみとめさせるところまでこぎつける。そのあと実質的な家族生活に入る。
  • [実子をつくる♂♀]男性カップルと女性カップルの2カップルで共同し人工授精による出産の異性カップルを形成し子をもうける。ただし医者が協力するのは禁じられている。
  • [実子をつくる♀]女性カップルで、上のマリー・ロールのケースのように、まったくの他人からの人工授精でどちらか(あるいは両方)が実の子を生む場合。フランスでは独身女性には禁じられているがヨーロッパの他の国で比較的簡単にできる。
  • [実子をつくる♂]男性カップルでは、もっと難しくなるが、人工授精で代理出産をしてもらう母親をみつける場合。これは金と手間はかかるが北米で可能。このあと生物学的父親であることを理由に子供を引き取る。

いずれの場合にしても、共同親権が認められない以上、カップルの片方は法的に親として認められていないわけで、場合によっては学校、病院などで実質的な問題が生じる。その不都合を解消する次善策として代理親権というものをもう片方に認めさせる動きもあるが実際にはこれもなかなか認められていないという。

実のところは個人的には、同性カップルでそこまでして子供を持ちたいという情熱があまり理解できないが、まあ個人的に理解できない感情というのはたくさんあるのでとやかく言う問題でもない。しかしあれこれの事情はあれ、実際に同性カップルのもとで暮らす子供がすでに多数いるとなれば(ル・モンドの記事では「数万家族」とする)、子供の利益を優先させるよう法律が対応すべきではと思う。実をいうと最近友人になった女性カップルに小学生高学年くらいの子供がいる。立ち入って個人史をたずねたこともなく、ママンと呼ばれる女性のほうがかつてつきあっていた男性との間にもうけた子供だろうくらいに勝手に思っていたが、可能性としてはそうばかりとも限らないことを上の記事を読んで気づいた。もっとも質問してみるわけにも、とりたてて知ろうとも思わないが。

韓国イラク派兵 18:20 韓国のイラク派兵を含むブックマーク

韓国は2,800人の兵員をイラクに派遣

La Corée du Sud porte à 2.800 soldats son contingent en Irak

AFP | 22.09.04 | 10h12

韓国イラク駐留部隊に2800人の兵士をすでに派遣しており、さらに11月には800人を加えて、米、英に次ぎ3番めの兵力となることを、韓国国防省は水曜日に発表した。韓国は土木、医療活動に660人をすでに派遣していた。11月には兵員数は3、600人に達し、アメリカの率いる同盟軍の中でイタリアを抜き、3番めの勢力となる。世論の激しい反対にあったこの新たな派兵は8月初め以来秘密のうちに遂行され、韓国政府は、公式には国防上の理由から、完全な情報統制を敷いていた。

La Corée du Sud a porté à 2.800 soldats son contingent en Irak, auquel viendront s'ajouter en novembre 800 autres militaires, faisant d'elle la troisième force dans le pays après le Royaume-Uni et les Etats-Unis, a annoncé mercredi le ministère de la Défense.La Corée du Sud disposait déjà de 660 hommes en Irak, membres du génie civil et du corps médical. Au total, les troupes sud-coréennes atteindront en novembre 3.600 soldats, détrônant ainsi l'Italie à la troisième place des troupes de la coalition dirigée par les Etats-Unis.Le nouveau déploiement, qui a suscité de vives oppositions parmi la population, s'est effectué dans le plus grand secret depuis début août, Séoul imposant un black-out total de l'information, officiellement pour des raisons de sécurité.

訳が間違いなければ上の通りだが、Google News JP でも Yahoo!News JP でもまだ見えない。

ニュースヴァリューの問題

上の内容の速報は英語圏でもガーディアン紙を初めあらゆるところでとりあげられているが、一方日本メディアまた朝鮮日報のサイト(←サイトの第一面になかっただけ)で見当たらない。2800の派兵は周知の既成事実だからあらためてとりあげるまでもないということだろうか。それにしてもこれだけ韓国の国内議論になった問題の結末だから、「派兵作業が完了。11月にさらに追加派兵」というような趣旨の記事になってもよさそうなものだが。情報統制があったとはいっても、上の記事でではすでに国防省が発表となっている。ある国の出来事の流れというのは外国から見ているほうが大筋がわかりやすいこともあるが、流れを読めなくて国内や近い場所ではいわずもがなのピントはずれのニュースが大きくとりあげられることもある。このばあいどちらのケースなのだろう。それにしても、日本メディア韓国関係のニュースとして今話題になっているらしい 「冬ソナ本」がハリーポッターの売り上げを抜いた(@asahi.com)とか、あれこれの有名人に徴兵逃れの疑惑があるとかいうのよりもニュースヴァリューがはるかに低いものとも思えない。

◆朝鮮日報に特集欄あり

http://japanese.chosun.com/site/data/category/i_soldier/i_soldier-0.html
日本時間13時17分の「【フォト】ザイトゥーン部隊、アルビル移動完了/1」 を第一報に複数の続報あり。
現在の記事 「ザイトゥーン部隊、アルビル宿営地に到着」 2004/09/22 18:11

hinakiukhinakiuk 2004/09/22 20:44 共同が「2800人がイラク北部アルビル到着」というのを流してるはずですが、新聞サイトなんかでは取り上げられてないみたいですね〜
現時点ではgoogleに引っかかりませんでした。確かに、これに比べれば冬ソナなんてどうでもいい話です。

しんしん 2004/09/22 21:19 それと似たような話なんですが、CBSの捏造ソースを十分に検証せずにスクープとして報道し、ブロガー達に叩かれまくったのはフランス、特にル・モンドなどではどう報道されてるんでしょうか?
 そちらでスルーされてなければ現状を紹介していただけるとうれしいです。日本ではスルー気味です。

fenestraefenestrae 2004/09/22 21:25 hinakiukさん。共同>見落としてました。Google で朝鮮日報の記事がひっかかるようになりました。遡って特集ページがあるのを発見。この種の「ローカル記事」を全体的な政治的文脈から捉えて記事にする AFP, AP, Reuters なんかのやっている手続きは日本の新聞もやってほしいです。やはり日本は近すぎるのでしょうか。地理的にも立場的にも。

fenestraefenestrae 2004/09/22 22:45 しんさん。20日のル・モンドにわりかし詳しくのっていました。”Rathergate” でGoogle検索すると大手新聞は軒並みとりあげているようです。Libération, Figaro, 共産党機関紙の Humanité (笑)。日本の国内報道を読んでいず比べようがないので、フランスの新聞の態度がスルーぎみかどうかはわかりません。たとえばル・モンドの記事はこんな感じです
http://www.lemonde.fr/web/recherche_articleweb/1,13-0,36-379753,0.html
フランス語が読めなくても分量とか固有名詞とかだけでもだいたい分かってもらえると思います。自動翻訳にかけるといいかも。

しんしん 2004/09/23 00:12 素早い返答ありがとうございました。早速英語に翻訳して読んでみます。
それでは失礼します。

temjinustemjinus 2004/09/23 15:37 朝早くお邪魔します。
上記同性カップル、昨日のフランス3のニュースに出てました。両親も子供も顔はぼかさず。子供の顔をぼかさないというのにはちょっと驚きました。

fenestraefenestrae 2004/09/23 16:20 F3>それは気づきませんでした。ネットで見てみます。ありがとうございます。
そういえばその時間帯Canal+にノエル・マメールが出ていて、ほんの最後のほうしか見ませんでしたが、ベーグルの同性婚について、「破棄院までいけばあと3年はかかる」とやる気満々。勝ち負けというより係争に時間がかかることを楽しむもよう。しかも、「3年かかれば2007(大統領選)になってちょうどいい。2007年に話題になれば候補者はこの問題について意思表示せざるを得なくなる」とうれしそうでした。ドンキホーテ的な挑発を繰り返す裏にしたたかな政治的計算をもつ策士ぶりを垣間みました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040922

2004-09-21

アメリカ人人質2人め殺害か 04:30 アメリカ人人質2人め殺害かを含むブックマーク

イスラム主義組織サイト、2人めのアメリカ人人質殺害を発表

Un site Internet islamiste annonce l'exécution du second otage américain

LE MONDE.FR : URGENT mardi 21 septembre 2004 20:37

イスラム主義組織のインターネットサイトに発表された声明によると、ヨルダン人アブ・ムサド・ザカウィの率いるグループは木曜日バグダッド拉致された2人めのアメリカ人人質を殺害。ジャック・ヘンズレー氏と思われる。

Le groupe du chef jordanien Zarkaoui a annoncé avoir décapité le second otage américain, enlevé jeudi à Bagdad, selon un communiqué diffusé sur un site Internet islamiste. Il s'agirait de Jack Hensley. (AFP)

ル・モンドの臨時ニュース

強盗犯から法学教授弁護士18:28 強盗犯から法学教授、弁護士へを含むブックマーク

元ホールドアップ強盗に裁判所が弁護士開業許可

Un ex-braqueur autorisé par la justice à devenir avocat

AFP | 21.09.04 | 09h30

ニーム(ガール県)の控訴院は火曜日、元強盗犯で現在法学教授になっている男性に対し、その重い前科にもかかわらず、弁護士開業を許可する判決を下した。クリスチャン・ラプランシュ氏(41歳)は7月にニーム弁護士会に登録しようとしたさいその前科を理由に拒否され、拒否を不服として弁護士会を相手に訴えていた。判事は、原告の完全な贖罪を確信する法院検事の意見を採用した。

...

La cour d'appel de Nîmes (Gard) a autorisé, mardi, un ancien braqueur, devenu professeur de droit, à exercer la profession d'avocat, malgré son lourd passé judiciaire.Christian Laplanche, 41 ans, avait saisi la justice après que le conseil de l'ordre des avocats eut refusé, en juillet dernier, son inscription au barreau de Nîmes en raison de sa condamnation.Les juges ont suivi l'avis de l'avocat général, convaincu de l'entière rédemption du plaignant.

...

ラプランシュ氏、1987年に郵便局を仲間と襲って警官に発砲し、強盗と殺人未遂の罪で懲役5年(うち執行猶予2年)を宣告。刑務所の中で学業を再開、最後は法学の博士号を取得し、カイエンヌの法学院で民法教授をしていた。法学博士の保持者には弁護士の開業資格があるため弁護士会に登録しようとしたが、その前科を理由に拒否されたため、今回の訴訟となった。ラプランシュ氏は「私は若げの過ちを犯した。しかし刑期を終え、人生をやり直した。これ以上十字架を背負っていく理由はない」と述べる。一方、ニーム弁護士会は破棄院(最高裁)で争うとしている。

この種の更生出世物語はときどき聞くが、最も有名なのは死刑囚から中世史研究者になったフィリップ・モリスの話だろう。逮捕された兄弟を助けようとして警察と銃撃戦になり警官を射殺。1980年に死刑を宣告されるが、1981年に死刑廃止を公約に当選したミッテラン大統領の恩赦により終身刑に減刑。通信教育で大学入学資格取得から初め、最後は中世史の研究で獄中で博士号を取得。2000年に特別減刑で出所。その体験を語る自伝や博士論文その他の著作が出版されている。

Philippe Maurice, De la haine à la vie, Le Cherche-Midi, 2001
La famille en Gévaudan au XVe siècle, Publications de la Sorbonne, 1998.

後者はともかく前者は日本語に翻訳されても読み物として十分に面白いと思う。改めて調べてみると今はCNRS(国立科学研究所)で活動しているらしい。専門分野での新しい著作もある。彼がTVでしゃべるのを聴いたことがある。81年に刑務所でミッテラン大統領選挙勝利のニュースを聞く瞬間の思い出を語る様子がたんたんとはしていたが生々しかった。大統領選挙の結果は少なからぬフランス人にキャリアの上で大きな影響を及ぼすが、彼にとっては屠殺場への道かそこからの生還かを意味していた。

こうした美しい物語の一方、刑期を終え、あるいは減刑措置を受け出所すると、待っていたかのようにすぐに同じ罪を繰り返す人の事件もある。刑務所での生活の何がその道を分けるのか。

日本の部隊イラク駐留延長へ 16:52 日本の部隊イラク駐留延長へを含むブックマーク

日本はイラクでの軍隊の任務を延長する予定

Le Japon va prolonger la mission de ses troupes en Irak (presse)

AFP | 21.09.04 | 09h22

日本は12月14日に終了予定のイラク駐留部隊の「人道的任務」を1年間延長する予定と、日本メディアが伝えた。日本経済新聞(Nikkei)によると、同国の保守党政府はアメリカにその意を伝えてあるとする。小泉純一郎首相は月曜日にニューヨークイラクのアラウィ首相と会談し、アラウィ首相日本側の任務延長を要請したと公共放送のNHKは述べた。日本は550人ほどの陸軍兵を、比較的平和なイラク南西部のシーア派の都市サマワに、人道支援・復興援助の「非戦闘的」任務に参加させるため目立たぬよう展開させている...

Le Japon va prolonger d'un an la "mission humanitaire" de ses troupes en Irak, censée prendre fin le 14 décembre prochain, affirment mardi les médias nippons.Selon le quotidien Nihon Keizai Shimbun (Nikkei), le gouvernement conservateur japonais a déjà fait part de ses intentions aux Etats-Unis.Le Premier ministre japonais Junichiro Koizumi a rencontré lundi à New York son homologue irakien Iyad Allaoui qui lui a demandé de prolonger la mission nippone, a précisé la télévision publique NHK.Le Japon a discrètement déployé quelque 550 soldats de l'armée de terre à Samawa, cité chiite du sud-est irakien relativement paisible, pour participer à une mission "non combattante" d'assistance humanitaire et de reconstruction.

...

記事の後半で、「中道」「左派」の野党の反対と、憲法9条との関係。政府スポークスマンの見解など。

「人道的任務mission humanitaire」、「非戦闘的non combattante」任務などの語に皮肉っぽくいちいち " "がついている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040921

2004-09-20

ル・モンド、赤字で人員削減。 06:16 ル・モンド、赤字で人員削減。を含むブックマーク

ル・モンドで35の記者ポスト削減

Le Monde: 35 postes de journalistes supprimés

AFP | 20.09.04 | 20h32

ル・モンドの経営部は月曜日に開かれた臨時社内会議で、雇用救済策の一環として、自主退職による90のポストの削減策を提出したと、複数の筋が一致して伝えた。削減のうちわけは、ジャーナリスト35、管理職27、一般職員28。ル・モンドの経営担当副社長(Directeru Générale)ファブリス・ノラ氏はAFPに対し、「今回の会議がメンバーが雇用救済策に関する[労働法]第3編、第4編に基づいて通知を受け意見を求められた最初の社内会議である。この枠内で、いくつかの経済的・付随的特典を伴う自主退職案を提出した。」と述べる。ノラ氏はさらに「これは人員削減ではなく自主退職だ」とし、また「親会社が長い間赤字を続けるわけにはいかない」と繰り返した。

La direction du Monde a présenté lundi au Comité d'entreprise extraordinaire son projet de supprimer 90 emplois, par le biais d'un plan de sauvegarde de l'emploi, sur la base de départs volontaires: 35 journalistes, 27 cadres, 28 employés, a-t-on appris de sources concordantes.Fabrice Nora, directeur général du Monde, a indiqué à l'AFP qu'"il s'agissait de la première réunion du CE où les gens étaient informés et consultés sur le Livre IV et le Livre III d'un plan de sauvegarde de l'emploi. Dans ce cadre, nous avons proposé un plan de départs volontaires qui présente un certain nombre d'avantages fiscaux, des avantages d'accompagnement"."Il ne s'agit pas de suppressions d'emploi, mais de départs volontaires", a affirmé M. Nora."La maison-mère ne peut être durablement déficitaire", a également répété M. Nora.

記事の後半を簡単にまとめると:経営陣は9月8日にすでに、組合側(複数組合の連合)に100のポストの削減が必要と通告してあった。この夏いくつかの自主退職があったため、今回90のポストの削減が必要と判断。6400万ユーロの人件費のうち800万ユーロをこれで減らした意向と経営陣は組合側は伝える。経営側が自主退職の条件の話し合いに入りたいとするのに対し、組合側は交渉はその段階でないと拒否、独立エキスパートによる経営状態の診断を要請。社内総会が火曜日12時に予定。

◆皮肉にもル・モンドサイトのAFP最新ニュース欄で知る。個人的に嬉しくないニュースル・モンドネット版が金曜日の夜に一時アクセス不能。土曜日18日は午後まで更新されず、朝くるべきメールのニューズレターも配信されないという現象があった。日曜、月曜とAFPの最新ニュース欄が更新されなかったりで不穏なものを感じていたが、この問題と関係があるとしたら、非常に嫌な感じ。

◆去年の収支決算で赤字、とくに紙版での赤字がかさむという記事を読んだが、これほどの危機とは思わなかった。ル・モンドサイトで収支決算のまとめがダウンロードできるのでそれをみれば具体的な数字は分かるが見るのが恐ろしい。ペーパー版をやめてネット版一本にしようかと思っていたがこういうニュースを知るとやめづらい。

ル・モンドの企業組織はもともとジャーナリストを主体に作られて、社主は主筆のジャーナリスト、その下に編集長と経営担当副社長がいる(ほんとうはもう少し複雑)。社内株主の持ち株が50%以上、そして社内株主が職種によってそれぞれ組織を作り、かなり独特な形になっている。社外株も購読者組合や関連会社の持ち株でほぼ占められている。その意味では自主管理企業に近く、こういう企業の人員削減というのはなかなか難しいものがあると思う。ル・モンドの企業組織はこの新聞のありかたをみる上で面白いので以前に紹介しようと思っていたが、よくわからない点もあるのでほうっておいてあった。項をあらためてお勉強することになるかも。

アメリカ人人質殺害とインターネットで発表 06:04 アメリカ人人質殺害とインターネットで発表を含むブックマーク

イスラム主義組織のサイトがアメリカ人人質1名の殺害を発表

Un site islamiste annonce l'exécution d'un otage américain

Dernière minute - Urgent lundi 20 septembre 2004 20:57

ヨルダン人アブ・ムサド・ザカウィの率いるグループは9月16日木曜日に拉致された2人のアメリカ人人質のうちの1人を殺害したと、イスラム主義組織のインターネットサイトの1つが発表。この発表では他の2人のアメリカ人、イギリス人人質の安否については触れられていない。

Selon un message diffusé sur un site internet islamiste, le groupe d'activistes du Jordanien Abou Moussab Zarkaoui a assassiné l'un de ses deux otages américains enlevés en Irak jeudi 16 septembre. Le message n'évoque pas le sort des deux autres otages américain et britannique. (Reuters-AP)

ル・モンドの臨時ニュースメール

熱帯低気圧ジャンヌによりハイチで250人以上の死者 01:47 熱帯低気圧ジャンヌによりハイチで250人以上の死者を含むブックマーク

DERNIERE MINUTE : 18h36 - La tempête Jeanne fait au moins 250 morts en Haïti

熱帯低気圧ジャンヌの通過で引き起こされた洪水と土砂崩れによりハイチで少なくとも250人以上が死亡と、国連のスポークスマン、トゥサン・コンゴ=ドゥドゥ氏が発表。

Au moins 250 personnes sont mortes en Haïti dans les inondations et les glissements de terrain provoqués par le passage de la tempête tropicale Jeanne, a déclaré Toussaint Congo-Doudou, un porte-parole des Nations unies. (Reuters)

ル・モンドの臨時ニュース

◆英語圏のニュースではすでに死者数が300人になっている。

日本の報道だと英語読みで熱帯低気圧「ジーン」。もっともハイチではフランス語でジャンヌと呼んでいるはず。ジーン、ジャンヌの違いくらいならどっちでもいいという感じだが、この前の Ivan のときのアイヴァン(フランス語読みではイヴァン)という英語読みそのままの日本ニュースにはかなり違和感があった。イワンというわけにはいかないのか。イワンにジャンヌでないとロシア男のあとフランス女の襲撃という感じがしない。

◆追記(9月21日):死者は600人以上に。

同一車で走行460万キロのタクシー運転手 00:20 同一車で走行460万キロのタクシー運転手を含むブックマーク

タクシー運転手、一台のメルセデスで460万キロを走破

Taxifahrer legt 4,6 Millionen Kilometer im selben Mercedes zurück

Montag 20. September 2004, 16:02 Uhr

月までを6往復。普通はじょうぶな月ロケットでもできるものではない。どうすればこれが自動車で可能か知りたい人はタクシー運転手のグレゴリオス・サキニデス氏に聞いててみるとよい。テサロニキ出身のこのギリシア人、自分のメルセデス・ベンツ 240Dで約30年の間になんと460万キロを運転した。地球115周にあたり、ダイムラー・クライスラー社によれば、メルセデス車での最高記録だという。

Stuttgart (AP) Sechs Mal zum Mond und zurück - das schafft man normalerweise nicht einmal mit einer anständigen Mondrakete. Wer wissen will, wie das mit einem Auto geht, kann sich an den Taxifahrer Gregorios Sachinides wenden. Der Grieche aus der Stadt Thessaloniki fuhr mit seinem Mercedes-Benz 240 D in gut drei Jahrzehnten sage und schreibe 4,6 Millionen Kilometer. Das entspricht 115 Erdumrundungen und ist laut DaimlerChrysler die höchste bekannte Kilometerleistung eines Mercedes.

車好きならニュース発信地のシュトゥットガルトをを見てピンとくると思うが、ダイムラー・クライスラー社がでもとのニュースで宣伝くさい。とはいっても事実は事実のようだ。運転手のサキニデス氏(45歳)、このほどこの車を引退させることをきめ、感謝の印にシュトゥットガルトのベンツ博物館に寄付したそう。「この車はすべてを見た。手放すのは心が傷むが、過ぎ去った年月を思えば無理もない」と語る。

リード文には30年間とあるが事情はもっとすごい。サキニデス氏がタクシー運転手をやるためにドイツでこの車を買ったのが1981年だが、製造年は1976年でこのときすでに走行距離50万キロ。そんな車でタクシー業をはじめようというギリシア人。

テサロニキで仕事に使うほか、バカンスには兄弟の住むベルリンに行ったり、ブルガリアスイスまで足を延ばす。またシュトゥットガルトまで何度も往復。90年代の初めバルカン紛争のときには薬を積んでベオグラードまで往復すること800回。ほとんど軍用車だ。

実のことろはエンジンは3回交換しているそうだが、シャーシはもとのまま。このメルセデスを引退させたあとの新しい車はプジョーだそう。「最近別荘を買ったのでお金がなくて、プジョーが安かったから」とは本人の弁。1981年から2004年までの23年間の日数で(460-50)=410万キロを単純に割ると日曜含めて一日あたり490キロ。車も走ったがサキニデスさんも働いた。別荘くらい買いたいもの。しかし、ダイムラ・クライスラーも、寄付のお返しに新車のメルセデスをプレゼントすればもっと宣伝になったのに...

ドイツザクセン、ブランデンブルクの州議会選挙ニュースをまとめようと思っていたのに横道したらおもしろくてこんな記事にばけました。

記者人質事件:拉致から1か月 22:31 仏記者人質事件:拉致から1か月を含むブックマーク

2人の記者シリア人の運転手が消息を絶ったのが8月20日。その1週間後に犯人グループからの、人質のビデオ付きの声明がアルジャジーラに送られ誘拐事件とわかる。それからすぐに反応した国内外の世論のたかまり、活発な外交戦術の中で生じた解放間近の楽観的見方は10日ほどでしぼみ、政府は関係者、マスコミに慎重な態度で臨むよう訴えている。

現在の状況について、だいたい同内容の2つの記事

Chesnot et Malbrunot pris en otages depuis un mois

NOUVELOBS.COM | 20.09.04 | 14:13

Otages: un mois d'attente et de valse hésitation

lundi 20 septembre 2004 (Liberation - 06:00)

が現在の状況を簡潔にまとめている。

土曜日に犯人グループからのものと目される新しい声明。ロンドンに本拠を置くイスラム主義団体イスラム・オブサーヴァーが「イラク・イスラム軍」から受け取ったメールとして発表したもので、次のような内容(NouvelObsによる要約に基づく)。

イスラム軍は2人のフランスジャーナリストの拘束を停止し、2人は現在、イスラム軍と交わした合意に基づいて職務を遂行している。この合意で、2人のジャーナリストは自ら進んで強迫なしに、一定期間、イスラム軍のために抵抗軍の戦いぶりを取材し撮影することを承諾した。期間については、イラク人の英雄的な抵抗についての2人の撮影内容が公開された後に通知されるだろう。

この声明について、ラファラン首相は信憑性については分からないとしながら、これまでに伝えられた声明文よりも信頼性があるとする。生命の安全について朗報であるとともに、記者たちの置かれている微妙な立場をうかがわせる。

◆もとよりフランス国内では、ジサクジエンとかジゴウジトクのような声は出ようがないが、イスラエルあたりから発信されている過激派シオニストのサイトで事件直後から、パレスチナでの過去の2人の取材態度をパレスチナ寄り、反イスラエルとして批判し、この誘拐についてざまをみろといわんばかりの言辞で触れるものがあった。まともに受け取るものはいないだろうが、こうした中傷に勢いがつくのは明らかだ。

シリア人の運転手については別に判決が下される予定と別の声明は伝えていた。今日のリベラシオンの一面の写真で見ると、パリ市役所の正面にかかげられた2人の写真の真ん中にシリア人運転手の写真が加えられている。

◆上のフランス記者シリア人運転手の人質事件以外に、現在未解決の拉致事件を中心に暴力のエスカレートについて、ル・モンドの記事 「De nouveaux rapts et un ultimatum qui expire pour les deux Américains et le Britannique」が、ざっとまとめている。アメリカ人2人とイギリス人1人、イタリア人女性2人、イラク国家保安隊員18人、トルコ人のトラック運転手約10人がそれぞれ人質に。また日曜日にシーア派聖職者(ウラマー協会のメンバー)がサドル・シティーで日曜日に誘拐暗殺、一方同日曜日に、ファルージャバグダッドアメリカ軍の攻撃により犠牲者。土曜日にはキルクーク国家保安隊の人員募集センターを狙った自動車爆弾で18人が死亡。

hinakiukhinakiuk 2004/09/21 02:27 私も反射的に変換して「イワン」と読んでいました(日本語化された英語は、現地発音ではなく日本語化された発音で表記するのが決まりなので、つい)

fenestraefenestrae 2004/09/21 02:37 西洋古典的教養を大事にするとそうですよね(笑)。日本の新聞の表記だと「アイバン」になっていて、銀行口座の番号かなにかかと。そういえばそちらでシティバンクのネタが出てこないなと思っていました。ご愁傷さま<スリ。でも役所がらみのペーパー群が入っていなくて不幸中の幸ではないですか。

tristanotristano 2004/09/21 16:58 少し前に新聞で、そして今日ネットで「パリの地下に秘密結社」という記事に気付きました。こちらの blog で詳しくでているのではと思い、一週間分ほどまとめて目を通しましたが、目当ての記事は出ていないようです。さてその際思わぬところで昔の名前が飛び込んでき、ご挨拶しなかったこと、申し訳なく感じました。近く再開しますのでまた是非お立ち寄りください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040920

2004-09-19

50歳のマリ・クレー05:49 50歳のマリ・クレールを含むブックマーク

マリ・クレール −−アンガージュマンの半世紀

«Marie Claire», un demi-siècle engagé

男性至上主義に抗し、中絶権に賛成して、女性のあらゆる闘いを担った雑誌

Contre le machisme, pour l'avortement, le magazine a été de toutes les luttes des femmes.

Par Catherine MALLAVAL

vendredi 17 septembre 2004 (Liberation - 06:00)

なにやら威勢のいいタイトルだが、マリ・クレール誌創刊(厳密に言えば戦後の再刊)50周年記念を紹介するリベラシオンの記事。リベラシオンの記事は、なかなかひねりが利いているが、例によってフランスの風俗や現代史についての文脈依存が多い文章。同趣旨だがNouvel Observateur の記事のほうが読みやすい。

マリ・クレール、50歳を祝う

Marie Claire fête ses 50 ans

NOUVELOBS.COM | 18.09.04 | 16:06

デザインを変え、闘いを続け、世界中で25の版を出しながら外国での発展を目指す女性月刊誌

Le mensuel féminin change de format, continue ses combats et mise sur son développement à l'étranger avec 25 éditions dans le monde entier.

いずれも、1960年代の中絶合法化権運動、1977年の女性の同性愛に関する問題提起、最近のドメスティック・ヴァイオレンスやベール問題への関わりなど、フェミニスト雑誌としてのマリクレールの歴史を紹介する。ふだんはファッション雑誌の性格の影に隠れ、また政治の70年代に比べればそれほどでもないが、Elle や Marie Claire といった雑誌は 女性問題について何かことあるごとに参与してきた。最近でもベールの問題でElleが展開した請願は世論に大きな影響力があった。フランスの、特に60年代、70年代のフェミニズムの歴史を追うとき、あれこれの理論家の書くものだけでなく、世論への影響力という言う点では、Elle や Marie Claire といった雑誌の役割にも注目するべきだろう。

50周年を祝う Marie-Claire のサイトは → http://www.marieclaire50ans.fr/

サイトでも読める「編集長のことば」では、54年の創刊以来の女性問題への関わりを思い起こさせたあと、

しかし『マリ・クレール』は時代革命をもたらした戦う女性のマニフェストだけではありません。愛やモードを愛する雑誌でもあるのです。

Mais Marie Claire n'est pas seulement le manifeste de la battante qui a révéolutonné son époque. C'est aussi le journal des femmes qui aiment l'amour, la mode.

わざと直訳したが、日本語にするとまるで『赤旗』か何かの宣伝のよう(笑)。一面を返せば、こうしたディスクールフランスではいまでも商品になるということでもある。

率直な大義か商品化かどうかは別として、フランスの女性雑誌のこうした側面も輸入過程で漂白されることがらの一つだ。フランス文物を輸入するとき、税関ではなく輸入業者が「闘争」と名のつくものをとりはずしているように思える。

50周年にあたる10月号には、妊娠中絶を合法化のために闘い、1975年成立の法律(ヴェイユ法)にその名を残したシモーヌ・ヴェイユ元保健大臣のインタビュー。またこの50年で活躍した50人の女性(存命)にその個性を際立たせるようなファッションをさせたパノラマ写真を一挙に載せる。現代のフランス社会風俗を知る上で面白いので名前を列挙しようかと思ったが、人によっては説明が必要で長くなるので気が向いたら近いうちに。

ル・モンドフーコー特集 02:58 ル・モンド、フーコー特集を含むブックマーク

ル・モンド19日付け(ペーパー版)にフーコー死後20周年を記念して別刷り8ページのフーコー特集。少しお金を払えば無料でPDFダウンロードもできるので、「ファンの方はどうぞ(©id:temjinus)」。

フランス以外でのフーコー受容について2ページほど割いてレポート。全著作が翻訳されている(ほんと?)日本での「比類ない威光 rayonnment exceptionnel」を紹介するフィリップ・ポンスは、死後20年このかたのその受容に関して

その概念の円熟化、消化はフェミニスト社会学、歴史学、哲学の方法論の中に神経を張り巡らしていくが、それに引き換え、刑務所や精神医学に関しては−−1980年代の反精神医学運動をという例外を除けば−−「戦うフーコー」の影響力は消極的なものにとどまった(La Foucault "combattant" aura en revance une influence plus timide)

と。

同じ印象を9月15日の日記で死刑の問題に関連して少し書いた。フーコーに限らずフランス現代思想が輸入されるとき、アカデミックな方法論の問題だけに射程がとどめおかれ、社会問題が関わる領域−−特に自国のアクチュアルな問題との関係づけ−−がみごとに看過される傾向がどうしても目につく。この種のつまみぐい現象は、研究者(輸入業者)の社会的存在の性格に関する社会学的研究の絶好の主題だと思うが、だれかやっていないだろうか?「自己の立場の前提に疑問を投げかける」などというフランスの知識人のキャッチフレーズにそそのかされて。ブルデューあたりが立派な道具だてを用意してくれているが、そのブルデューでさえ輸入過程で上記の漂白傾向を免れていないことを考えるとあまり期待しないほうがいいかもしれない。

temjinustemjinus 2004/09/20 03:23 fenestrae大人、最近は夜型ですね。
フーコーは紹介するつもりで忘れてました。
輸入業者は常に新製品を売らないと食ってけないので現実がどうのこうのというのは関係ないんでしょうね。商売、商売で食ってりゃいいんだから。

fenestraefenestrae 2004/09/20 06:01 朝耕夜書のパターンになってきました。
商売で分かってやってるのだから素人が口を出すのは野暮といったところでしょうか。同じことを繰り返すのもマンネリで飽きてきました。

temjinustemjinus 2004/09/20 06:05 飽きてきました>同感です。

amai_oyatsuamai_oyatsu 2004/09/21 04:54 最近読んだ本の中で「自分が座っている座布団を外すようなもの」という表現がありました.
そんなこと研究したら学界(会)から総スカンを食らうでしょうから,少なくとも大学に籍を置いているような輸入業者にはあまり期待できませんね.本を出してくれるところは,ありそうな気がしますが.

fenestraefenestrae 2004/09/21 06:58 とりあえず職を保証され給料をもらっている人には最低限の条件は整っているはずなのですがね。「社会学者の特権は...自分も分類されることを知り、自分がその分類のなかでだいたいどのあたりにいるかを知ることだ」云々などという、翻訳もされているブルデューの言葉は、それが向けられている人々にはどのように受け取られているか...

2004-09-18

パラリンピック2004、柔道フランス金メダル 00:46 パラリンピック2004、柔道でフランスに金メダルを含むブックマーク

ル・モンドの臨時ニュース

パラリンピック2004、フランス柔道で初の金メダル

DERNIERE MINUTE : 17h26 - Jeux paralympiques-2004 : une première médaille d'or en judo pour la France

アテネパラリンピック大会初日の土曜日、ボルドーの女子柔道家カリマ・ムジュデ選手が48キロ以下級でブラジルのカルラ・カルドソ選手を下しフランスに初の金メダルをもたらした。

La judokate bordelaise Karima Medjeded a remporté la première médaille d'or française aux Jeux paralympiques d'Athènes en s'imposant face à la Brésilienne Karla Cardoso dans la catégorie des moins de 48 kg, samedi, lors de la première journée de compétition. (AFP)

ル・モンドネットサービス更新復旧。この臨時ニュースがはいってきたとき、オリンピックと読み一瞬とまどった。フランス柔道オリンピックのほうで不調だっただけにそのうさを晴らせる朗報。柔道家 le judoka の女性形には男女同形を用いる la juodka と "-te" を付加する la joudokate があるようだ。後者は「ジュドカト」と発音されることになる。

日本プロ野球スト 23:43 日本のプロ野球ストを含むブックマーク

日本の野球史上初のストライキ

Première grève de l'histoire du base-ball japonais

AFP | 18.09.04 | 13h09

日本で最も人気のあるスポーツである野球のプロ選手たちは金曜日の夜、重い負債をかかえる2つのチームの合併に抗議して、その70年の歴史上初めてストを行うことを決定した。

Les joueurs professionnels japonais de base-ball, de loin le sport le plus populaire de l'Archipel, ont décidé vendredi soir de se mettre en grève pour la première fois de leurs 70 ans d'histoire, afin de protester contre la fusion de deux clubs lourdement endettés.

事情の解説は日本ニュースにあるものと同じ。世論はストを残念としながらも69%が支持としているとして、ファンの声を紹介。

イラク人質事件:英米の人質殺害に最後通告 イラク人質事件:英米の人質殺害に最後通告を含むブックマーク

Ultimatum de Zarqaoui à la coalition

アル・ザルカウィ、連合軍へ最後通告

NOUVELOBS.COM | 18.09.04 | 11:04

アル・ジャジーラは土曜日、先週木曜日に拉致されたイギリス人とアメリカ人人質のものと目される映像を放映した。アブ・ムサブ・ザルカウィは、48時間以内にイラクの2個所の刑務所に収容されているすべての女性を解放しないと人質を殺害すると脅した。一方、キルクークでは国家保安隊に自爆テロがあり20人が死亡

Al-Jazira a diffusé samedi des images montrant, selon elle, les otages britannique et américains enlevés jeudi dernier. Abou Moussab Al-Zarqaoui menace de les tuer si les femmes détenues dans deux prisons irakiennes ne sont pas libérées sous 48h. Attentat-suicide contre la Garde nationale à Kirkouk : 20 morts.

イタリア人人質にひきつづき、街中で誘拐されるというケースが出てきている。誘拐の手口も変化してきたことに加え、全軍撤退というような要求でなく世論から見て受け入れやすい「リーズナブル」に見える要求に変更してきた。誘拐を政治手段として今後とも最大限に活用しようという意図の表れに見える。

NouvelObsのニュースから。ル・モンドネット版が昨晩から更新なし、最新版見出し予告メールもこない。この数日動きなにか不調のようす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040918

2004-09-17

fenestrae2004-09-17

ツァー姿のプーチン 17:56 ツァー姿のプーチンを含むブックマーク

77人の現代ロシアの有名人が絵画で一同に

Les 77 principales personnalités russes des dernières années en un tableau

Notre édition du Vendredi, 17/09/2004

過去15年にロシアでもっとも影響力のある人物77人を描いた長さ9メートルの絵がモスクワの現代美術館で木曜日に催された展示会オープニングでお目見えした。が、作者の2人の画家政治的に解釈されることを拒んでいる。セルゲイ・カリーニン氏とファリド・ボグダロフ氏作の「議会審議」と題するこの絵は、100年前ロマノフ王朝時代にイリア・レーピンによって描かれた「1901年5月7日の国務院の厳かな審議」題する作品*1の現代風リメークである。この新版ではいたることろ金箔装飾の当時のロシアの国務院、帝政時代の当時のユニフォームがそのまま描かれ、人物の顔だけが変えられている。...ウラジミールプーチン大統領メダルを胸にかけ、絵中央のもっと目立つツァーの場所を占め、両脇にその忠実な部下、ミハイル・フラドコフ首相、ドゥーマ(下院)のボリス・グリズノフ議長を従えている...

画家の2人は政治とは関係ないと強調しているが、どうみても強烈な皮肉にしか見えない。もっとも絵はずいぶん前から手がけられていたようで、偶然にも今度のプーチンの権力集中政策にばっちりとタイミングのあったものとなった。ドイツTV局ZDFの海外ニュースで長々紹介していたが、ネット版では上のルクセンブルクの新聞の記事しかみつけられなかった。もっと質のいい画像がほしいが、ロシア語のサイトまで遠征しなければだめかもしれない。

北オセチア人質事件:バサエフが犯行を認める声明 17:26 北オセチア人質事件:バサエフが犯行を認める声明を含むブックマーク

チェチェン独立派のバサエフがベスラン人質事件に犯行声明

Le Tchétchène Bassaïev revendique la prise d'otages de Beslan

チェチェン独立過激派武装グループの司令官シャミール・バサエフは北オセチア学校占拠人質事件の犯行を金曜日にインターネットサイトカフカセンター Kavkazcenter に掲載された声明の中で認めた。

この声明の信憑性は確認されていないが、その中でバサエフは、ベスランの「恐ろしい悲劇」はロシア部隊の攻撃の結果によるもので、テロ工作員が学校の中にしかけた爆弾の暴発によるものではないと主張した

...

MOSCOU (AFP) - 17/09/2004 06h55 - Le chef de guerre tchétchène Chamil Bassaïev, leader du mouvement séparatiste radical, a revendiqué la prise d'otages perpétrée dans une école de Beslan (Ossétie du Nord), dans une lettre publiée vendredi par le site internet Kavkazcenter, proche des indépendantistes.

Chamil Bassaïev assure notamment dans cette lettre, dont l'autenthicité n'a pu être vérifiée, que la "terrible tragédie" de Beslan est le résultat d'un assaut lancé par les forces russes, et non de l'explosion accidentelle d'une bombe placée par le commando terroriste dans l'école.

...

8月24日の飛行機同時墜落事件、8月31日の地下鉄駅爆破事件についても自らの勢力グループの犯行を主張。また犯人グループの構成を、チェチェン人が14人(うち女性2人)、イングーシ人9人,ロシア人3人、「アラブ人」3人、オセチア人2人、カバルディノ人1人、グラン人(シベリア少数民族)1人とし、イスラムテロ組織の犯行説はFSBの想像のなせるわざとした。

暴発していないといっても、学校にしかけられた爆弾の映像を見れば、大多数のロシア人にとってはこの手段に対する怒りはおさまらないだろう。政府のマスコミ操作を別としても、ロシアの世論は9.11直後のアメリカに負けず劣らず沸騰しているようだ。シベリア少数民族の Gouran というのはどういうのだろう。ネットで検索したけど不明。

*1:レーピンの作品は、http://invites.maison-russie.com/peinture/type/repin_vie.html で見える。この作品自体が当時の体制への批判的な視点をもって描かれている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040917

2004-09-16

アナン国連事務総長「イラク戦争は違法、選挙は見込み薄」 02:30 アナン国連事務総長「イラク戦争は違法、選挙は見込み薄」を含むブックマーク

「イラク戦争は違法、選挙は見込み薄」とアナン国連事務総長

Guerre "illégale", élections "inprobables": Kofi Annan prend ses distances

PARIS, 16 sept AFP - Courrier Interntional

コフィ・アナン国連事務総長は、初めてイラク戦争を「違法」と呼ぶと同時に、アメリカの和平シナリオの中心である総選挙の実現に強い疑問を投げかけて、イラク戦争にはっきりと距離をとった。

Le secrétaire général de l'Onu, Kofi Annan, a pris clairement ses distances vis-à-vis de la guerre en Irak en la qualifiant pour la première fois d'"illégale" et en émettant de forts doutes sur la tenue d'élections, pièce centrale du scénario américain de stabilisation.

イラク戦争は違法」というアナン事務総長のBBCへのインタビューでの発言は、「何をいまさら」「それ見たことか」という反応をも引き出しているが、上の記事は、「選挙の実現は望み薄」のほうに重点を置いて、今のタイミングでこうした発言をするアナン事務総長の真意に関して、専門家の分析を紹介している。

「戦略研究財団 Fondation pour la recherche stratégique」のフランソワ・エスブール François Heisbourg 氏によると、

これは、イラクの現在の治安状況では、国連選挙の実施に協力することはできないということをきわめてはっきり知らしめる一つのやりかたである。

C'est une façon très claire de signaler que l'Onu ne sera pas disponible pour faire le travail d'organisation des élections dans les conditions d'insécurité qui règnent actuellement en Irak,

イラクへの国連介入の余地はないとの、「連合軍」への強い意志表示。

同記事には他にアメリカ大統領選挙への影響の別の専門家による分析もあり、外部からの批判はアメリカでのブッシュ支持を強めるだけで、民主党がこれを利用しようとすれば逆効果になるとしている。一方、世論で国連尊重の強いオーストラリアでは政府を批判する野党に力を与え、10月の選挙への影響要因になるとも。

記者人質事件:イラク・イスラム軍サイト(自称)の最後の声明 01:30 仏記者人質事件:イラク・イスラム軍サイト(自称)の最後の声明を含むブックマーク

フランス人人質犯、声明を準備中か?

Les ravisseurs des otages français prépareraient un communiqué

jeudi 16 septembre 2004 (Reuters - 16:22)

イラク・イスラム軍は、そのインターネットサイトを閉鎖する直前に、同グループが拘束していると主張している2人のフランス人人質の処置について「ここ数日のうちに」判決をくだすと確認していたと伝えられている。

PARIS - L'Armée islamique en Irak aurait confirmé, avant de fermer son site internet, qu'elle rendrait "dans les prochains jours" son verdict sur le sort des deux otages français qu'elle dit détenir.

ル・モンドでは次の記事で伝える

イラク・イスラム軍は2人のフランス人記者に「判決」を下すと宣言

L'Armée islamique en Irak veut "juger" les deux journalistes français

LE MONDE | 16.09.04 | 14h52

クリスチャン・シェノとジョルジュ・マルブリュノの拉致犯人は連絡を絶ち、間もなく「判決」を下すと宣言。フランス政府は、アラブ世界の支援を求める努力のあと、緘口令を敷き、慎重な態度を取っている。

Les ravisseurs de Christian Chesnot et de Georges Malbrunot ont coupé les contacts et annoncent qu'ils rendront, sous peu, leur "verdict". Les autorités françaises, après avoir cherché des appuis dans le monde arabe, reviennent à des consignes de prudence et de discrétion

この声明が発表されたサイトは先週の水曜日9月8日に、フランス記者の運転手を務めいっしょに拉致されているシリア人運転手の息子にスパイの嫌疑を表明し、近いうちに判断を下すと予告していたのと同じサイト。また一昨日には、アルジェリア外交や第一次湾岸戦争に遡り、フランスをイラスムの敵として糾弾して話題になっていた。

サイトが本当に犯人グループのものかについての確認はとれていない。フランス政府はサイトの声明について慎重に分析中と答え、他の点についてはノーコメント。専門家のコメントでも、声明は一貫しているとしながら、フランスをイスラムの敵と糾弾した際の歴史的事実への言及に多くの誤りがある点には疑問をなげかけている。また第2の声明のフランスをイスラムの敵とする部分がニュースでは大きくとりあげられたが、AFP-ル・モンドの記事には、同じ声明の中で、ジャーナリストと人道的活動をするものは尊重するという部分がある点について注目した分析があった。この声明が本物としたら、犯人グループが栄光ある撤退を探していると解釈することも可能。

最後の第3の声明は昨日、サイト閉鎖の前に数時間だけアクセスできたらしい。ホスト先はtripod (iaminiraq.tripod.com)、第2の声明が出たときアクセスしてみたが、複数の人質事件の写真を掲載したおどろおどろしい見かけと、tripod の広告コントラストがなんともおかしかった。

長引く拘束、情報の少なさ、フランスをイスラムの敵とする声明などで、人質の生存はほぼ確認されているという政府の発表にかかわらず、世論は懸念を深めている。ル・モンドの今日のネットアンケートの結果では、2人の人質の解放に「楽観的」とするもの25%、「悲観的」とするもの62%。

フランス人人質の解放をめぐってアラブ世界の世論が盛り上がったことが、逆に彼らを貴重な駒にし、拉致に関与しない者たちも含めてあらゆる勢力が様々な方向で政治宣伝に利用している。上の第2の声明の中で、フランスの犯したイスラム世界への犯罪の一つとして、1992年に「アルジェリアでイスラム救国戦線 Front islamique du salut が政権につくのを妨害したこと」というのがあげられている一方、アルジェリアでは、テロ行為で服役中のFIS(イスラム救国戦線)の前指導者が、2人の人質に連帯を表明し解放を訴えてハンガーストライキに入り、1990年ジャーナリストを標的としたテロによって何人も記者を失ったアルジェリアの新聞 El Watan に思いきり揶揄されるというエピソードまで生まれている。

あ 2004/09/17 02:31 最終局面に向かっているのですかねえ。犯人側も人質を長時間拘束しているのも大変でしょうし。
彼らがアル・タイミヤモスクの影響下にあるワッハービストだったら、ムフティ達の出しているファトワによって、人質殺害をしないでしょう。ハラームになりますから。

ただ某フランス研究者からは、犯人側はアラウィ首相の秘密組織がフランスをイラク情勢から孤立させるためにやっているのではという陰謀の指摘もあります。そうすると変な話ですが、人質は危険です。

犯人らがアルカーイダの影響圏にいないのは、確かでしょうね。
もしそうだったら、有無も言わさずフランス人は首切られているでしょう。

最後にイラク情勢ですね。人質移動の経路の確保も、占領当局が協力してくれないでは大変でしょう。

fenestraefenestrae 2004/09/17 18:48 犯人グループがワッワービストではないかというのはル・モンドなどが最初に指摘していましたが、フランス政府もその線を重視していたようで、強力な外交交渉でファトワまで出させることにこぎつけていますから、この線で解放されればフランス外交の勝利ということになります。
フランスの研究者でさすがにマスコミでおおっぴらに陰謀説を唱える人はいないと思いますが、フランス人の人質事件で−−特に人質が殺害されれば−−だれが一番得するかという見方をするとき、米政府=アラウィ首相の名前が「利益者」として各方面からまっさきにあがったのは確かです。フランスの解放努力に米=アラウィが冷淡だった(途中から解放協力宣伝戦術に変更)のもこれで解釈されていますし。解放工作の真っ最中に、誘拐現場のラティフィヤでのゲリラ抵抗掃討作戦を行ったのにも疑問が出されました。交渉仲介者を載せた飛行機の現場着陸をイラク政府・アメリカが拒否したというニュースなども出ていました。
解放されても無事に人質を保護して移動する手だてがないというのは解放の遅れの説明としてあげられていますね。

あ 2004/09/19 16:01 私は今回の声明文は信憑性があると思います。実質彼らは解放されているでしょう。信憑性を裏付けるいくつかの周辺事実があります。内容自体も、かなり具体的なことにも言及しています。恐らく権威あるムフティ達のファトワに参ったのでしょう。さらに1ヶ月という長期拘束などになると必然的に犯人側と被害者側に人間的な共感が生まれます。某フランスメディアが冗談で、二人のジャーナリストは犯人側と”共闘”しはじめているのではと示唆していましたが、本当にそのとおりになっていたようです。この時点から逆にフランス政府は人質事件にはタッチしないほうがよいでしょう。人質二人は犯人側からすればアルジャジーラの最前線の記者と同じような立場にあるはずですから。
フランスの外交についてですが、まあ及第点なのではないでしょうか。いくつかミスをしていると思いますし。メディアもかなり先走った報道もありました。とは言っても、犯人側がイスラムの名の下に脅してきたら、さらに強烈にイスラムの正統性を前面に押し出して犯人側を孤立させるやり方は流石ですね。フランスのイスラム協会の代表をイラクと周辺国に送り、ムフティ達からファトワをもらったり、アルジャジーラで原理主義者と討論させることなどは、非イスラム圏ではフランスぐらいしか出来ない外交芸でしょう。人質外交の方法の良い点も悪い点もわかり個人的には勉強になりました。
残念なのはイタリア人のジャーナリストの人の件です。犯人グループはフィリピンの件を見ていても”話の通じる”グループなのは確かなので、イタリア政府も動いていればジャーナリストとして解放された可能性があると思います。
スパイの話はこういうことだったのかあ、という感じですね。シリア人のことはこれからでないと真相は分かりませんね。

fenestraefenestrae 2004/09/20 22:43 拘束は解かれて、犯人グループとの「約束」で抵抗勢力の様子を取材中という情報が入ってきてきますね。イタリアはまだ2人のNGOの女性のために努力しなければならないはずですが、動きや成果についてはあまり伝わってきません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040916

2004-09-15

スターリン時代でさえ 17:07 スターリン時代でさえを含むブックマーク

スターリン時代の間ででさえ、代表者のすべては形式的には選挙で選ばれてきた。実際の人々が実際の問題について解決することをそれは可能にしていた。これはツァー時代への逆戻りだ。

Even during Stalin's time, even during Soviet times, all deputies were formally elected. It allowed concrete people to solve concrete problems. This is a return to czarist times.

コンタンチン・ザトゥーリン(ロシアの議員)、ウラディミールプーチンの提案する政治体制変革にコメントして。

ニューヨークタイムズのヘッドライン・メールの 今日の引用 Quotation of the Day から。

元記事 :
http://www.nytimes.com/2004/09/15/international/europe/15russia.html?th

NYTは閲覧に登録(無料)が必要だが、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン転載のものは直接に見られる。
http://www.iht.com/articles/538879.html

児童殺害犯の死刑執行 08:21 児童殺害犯の死刑執行を含むブックマーク

日本は子供8人の殺害犯人を処刑

Le Japon exécute l'assassin de huit enfants

AP | 14.09.04 | 05:23

中身は日本で報道されている通り。

1993年に、日本政府は4年間続いた極刑執行猶予措置を解除することを決めた。しかし1998年まで死刑が執行されていることを公に認めることを拒否してきた。

En 1993, le gouvernement japonais a décidé de lever le moratoire vieux de quatre ans concernant les exécutions capitales. Mais jusqu'en 1998, il s'est refusé à reconnaître publiquement les exécutions auxquelles il procédait.

と背景を解説。

欧州評議会で、オブザーヴァーの日本の死刑問題は定期的に問題になり、オブザーヴァー資格の見直しも示唆した勧告も数度出ている。日本で報道されかどうかわからないが、麻原彰晃の死刑判決が出たときも遺憾の意の声明を事務局長名で出した。ただし欧州評議会は日本のオブザーヴァー資格を停止するという措置まではしない。もともと必然性の薄い日本との関係をこの問題ですっぱり断つというききめのないラジカルな措置よりも、関係は残しておきながらそれを資本に勧告などで説得を続けるというのが欧州評議会の今のところの方策だという。チェチェン問題でロシアに対し、またクルド問題でトルコに対しドラスティックな措置をとれなかったのと似たような論理がはたらいている。この戦略はトルコには効いたが、ロシアにはなすすべがなかった。日本の死刑廃止はいつかとヨーロッパ人に聞かれるたびに、アメリカ次第、ヨーロッパからの働きかけの功は極めて少ないといつも答えることにしている。

1981年、フランスで死刑廃止が政治的日程にあがっていた際、フーコーは、国家権力が死刑にしがみつくのは、国家がその構成員に生殺与奪の権力があることを自ら誇示するためだと見通し、死刑廃止論はすべての権力を超越するそうした権力の存在を認めないという論理からなされなければならないと論じた。さらに、世間が死刑の廃止存続で議論しているのを尻目に、この論理から、犯罪者の矯正可能性を追求しない刑のありかた、終身刑にまで、死刑の代替刑として疑問をつきつけていた。しかし、このブログが始まってからでも何件かあったような、受刑者の矯正を信じるあまりにひき起こしてしまった無監視の出所者の凶悪性犯罪を前にして、フーコーは何と言ったろうか。

日本フーコー専門家たちの自国の死刑の問題へ関わりはどうなのだろうか。フーコーの思想の中で、ついでの話どころか、核心的でさえあるこの問題への関与は。検索したが今一つよくわからない。

2004-09-14

アラファト議長をおしまいにしたいと、シャロン首相 00:42 アラファト議長をおしまいにしたいと、シャロン首相を含むブックマーク

アリエル・シャロンはヤセル・アラファトにケリをつける意向

Ariel Sharon veut en finir avec Yasser Arafat

LEMONDE.FR | 14.09.04 | 08h48 • MIS A JOUR LE 14.09.04 | 08h55


パレスチナの最高指導者ヤセル・アラファト議長は、パレスチナの「地域から追放されることになる」と、アリエル・シャロン首相は火曜日、Yediot Aharonot 紙へのインタビューで明言した。

Le dirigeant palestinien, Yasser Arafat, sera "expulsé des territoires" palestiniens, a déclaré le premier ministre israélien, Ariel Sharon, dans une interview publiée mardi par le quotidien "Yediot Aharonot".

「アラファトは地域から追放されることになる」とシャロン氏は ユダヤ教の新年にあわせて水曜日に掲載されることになるYediot Aharonot 紙のインタビューの中で述べていることが今日掲載分の抜粋部分で明らかになった。さらに「われわれはタイミングがいいと思ったときにアハメド・ヤシンそして(アブデラジズ・)ランティッシに対し立ち向かった。アラファトの追放に関しても同じ原則であたることにしている。いいタイミングがくれば実行するだろう」と氏は述べている。

ヤシン師やランティッシ氏(パレスチナハマス創始者とその後継者で3月と4月にガザ地区イスラエルによって暗殺された)とアラファト議長の間に違いがあると考えるかどうかという質問に、シャロン氏は「私には何の違いもない」と答えた。

シャロン氏は、「彼らは皆、殺人の政策を選んだ。われわれはアラファトに対し他の殺人者に対して対したのと同じように行動する」とも述べた。シャロン首相はすでに数回にわたってアラファト議長を追放すると脅し、殺害するとも述べており、パレスチナ人の間に大きな怒りを巻き起こし、アメリカ政府からも含めた国際的抗議を呼んでいた。

前日、シャロン氏の息子の一人オムリ・シャロン氏はアラファト議長の追放に反対を表明していた。「論理とともに行動しなければならない。ヤセル・アラファトの追放は実現可能ではなく、イスラエルの利益にもならない」と、オムリ・シャロン氏は与党(右派)のクリード党の党内会合で述べている。

この会合でオムリ・シャロン氏は、アラファト氏に対し追放はむろんのこと、さらにラジカルな行動をとることに強く反対した。アラファト氏はヨルダン西岸のラマラの居所にイスラエル軍によって軟禁状態にあり、2001年12月以来あらゆる行動の自由を奪われている。オムリ・シャロン氏はそれ以前にアラファト氏と数度にわたり個人的に会見している。

どのくらい本気なのか、シャロン氏をさえ引き摺りおろうそうとする過激な右派、植民者たちへのリップサービスか。シャロン氏自身がマッチ・ポンプを演じながら身動きのとれぬ罠にはまっていくまた一つのステップか。

オムリ・シャロン氏の発言は、中道左派系の Haaretz 紙英語版の記事に詳しく伝えられている。

MK Omri Sharon: Killing Arafat is not an option

Haaretz Last Update: 14/09/2004 12:28

氏によれば、現状の軟禁政策を続けるべきで、殺害は馬鹿げている。そういう作戦は存在しない、と。

軟禁の解除どころか、追放や殺害を止めるのが今や「穏健派」...

バグダッドで自動車爆弾大規模テロ 19:02 バグダッドで自動車爆弾大規模テロを含むブックマーク

ル・モンドからの臨時ニュース

バグダッドで自動車爆弾テロ。35人以上が死亡

Au moins 35 morts dans un attentat à Bagdad

LEMONDE.FR | 14.09.04 | 10h59

バグダッドで14日火曜日、自動車爆弾テロ、少なくとも35人が死亡したと、イラク内務省が発表。このテロは、イラク中心部の抵抗勢力の牙城になっている地域の警察本部を狙ったもの。近くには10軒近い商店や露天商が並ぶ。週末に100人以上の死者を出し、外国人人質で危機的状態にあるところにおきた新たな事件となった。

Au moins trente-cinq personnes ont été tuées à Bagdad, mardi 14 septembre, lors de l'explosion d'une voiture piégée, selon le ministère de l'intérieur irakien.Cet attentat a frappé le quartier général de la police, proche d'une dizaine de magasins et d'échoppes, au sein d'un des fiefs des insurgés dans le centre de la capitale irakienne. Il intervient après un week-end particulièrement meurtrier qui a fait plus d'une centaine de morts et en pleine crise des otages étrangers.

ル・モンドの臨時ニユースメールで9時過ぎに入ってきた第一報では、10人以上が死亡だった。最新報では40人近くが死亡になっている。臨時ニュースでけでもこの手のニュースは何回か紹介している。ほとんど定型文に死者数と日付を入れ替えるだけで機械的に処理できるのが怖い。

やりきれず美女、ぶどう酒、異国珍味 やりきれず美女、ぶどう酒、異国珍味を含むブックマーク

ポストコロニアリズム芸術批評やジェンダー論的芸術批評の名のもとになされる分析を読んでいると、ときに、一昔前の、階級論的芸術批評の再来のような、しかもそれが精緻になったような印象を受けることがある。しかも、時代は進み、精神分析、記号論、物語論、知の考古学、解釈学などからあらゆる手法を貪欲に吸収した精査の体系はジュダーノフの時代とは比べものにならないくらい整備されてくる。今や、方法論として定型化されテクニックとして学校で習うこともできる。

社会にやっと入り込んだ女性たちが手作りの斧やハンマーで、でぶっちょのおじさんたちに勝負を挑んでいるのはケナゲ*1で感動的だったし、ピカピカに磨いたメスで偽善おやじをスパスパ切るのを見るのも気持ちよかったが、自動小銃が普及してくるようになると、見物なんて言ってられなくなってきた。それにNATOのおかげで今や標的外損害(dégât colatéral)になんて誰も同情してくれない。いや標的外なんて呑気なことは言ってられない。自分が自分の顔と思っていたそれなりにスリムな面は仮面で、それがはがれるとその下はいつのまにデブの名誉白人なんて、急に宣告されたりすると、きゃあ...

告発のセンサーが技術として整備されれば検閲のシステムへの応用に紙一重だ(壁が落ちててよかった)。支持する大義を自分なりに共有していても、システムが組み立てられ、作動するのを見ていると、息苦しくなる。センサーの精妙さにはときどきやりきれなくなる。フーコーならどう見たろうか。

やりきれないときは、男が女を縛る小説や征服者が非征服者を虐殺する物語の、そのテクストの美しさに身をゆだね、かつひきこもりにならないように、びくびくしながらもおおっぴらにその美の価値を称揚する元気をつけるために、美女とともにぶどう酒、異国の珍味を−−女性を欲望の対象と見せる広告の規制への要求がだんだん活発になり、70年代の軽薄な90年代のバブル・シックな様相が街角からテレビから消えていこうとするフランスのなごりの中で−−楽しむことにしようか。

ところで、今気づいたが、id:tristanoさんの日記「 Feeling de TRISTANO ou bien un tel profil aérodynamique qu'on renonce à savoir où une ligne va s'arrêter, ayant déjà oublié où elle avait commencé」がなくなっている。私はRéseaux Tristano のメンバーなんだが、レゾーは地下にもぐってしまったのか。おおい!おいてかないでくれ。tristano tristano。レゾーの残党 id:odat断腸氏もid:jedisunefleur一華宮氏も帰省中で静かだ。id:temjinus茄子さんADSL直して早くなんか面白いネタ書いて。

*1:要注意語彙

temjinustemjinus 2004/09/14 23:14 今日はどうにか更新できそうです。

fenestraefenestrae 2004/09/15 00:44 おお、つながりましたね。何よりです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040914

2004-09-13

イラク人質事件:2人のシモーナ 08:51 イラク人質事件:2人のシモーナを含むブックマーク

イタリアはイラクで人質になっている2人のシモーナの消息を不安とともに待つ

L'Italie attend dans l'angoisse des nouvelles des deux Simona détenues en Irak

ROME (AFP), le 12-09-2004

  • 7日火曜日にバグダッドオフィスから誘拐されて以来、消息なし。
  • イタリアのフラッティーニ外務大臣は2人の解放への外交努力のため中東に向けて出発予定。まずはクウェートから。/* クウェートからというのは逆効果になりはしないか...!?
  • これまでに2つの組織がサイトで犯行声明。金曜日にイタリアの24時間以内にすべてのイスラム教徒囚人の釈放せよと要求するグループ。日曜の朝に24時間以内にイタリアイラクから兵力を撤退せよと要求する別グループ。いずれも要求が満たされなければ2人を殺すと強迫。2人の写真などの証拠なし。またこれまで知られていないグループ。/* インターネットサイトというのがくせもので、サイトの信憑性の評価が必要というのは前に書いた。
  • ローマで金曜日に8万人の集会。土曜の午後にはミラノで2万人の集会。

2004-09-12

米政府、北朝鮮の核実験計画を懸念。 米政府、北朝鮮の核実験計画を懸念。を含むブックマーク

北朝鮮の核実験の計画の可能性についてアメリカ政府で議論

Les USA se demandent si la Corée du nord ne prépare pas un essai nucléaire

アメリカ政府の情報機関は、北朝鮮から得られた新しい諸データを同国が初の核実験を計画している兆候と解釈すべきかどうかについて、議論の真っ最中である。アメリカの複数の政府高官がAFPにこう伝えた。

12/09 05:56 Les services de renseignements américains sont en plein débat pour déterminer si de nouvelles données en provenance de Corée du nord doivent être interprétées comme un signe que le pays se prépare à organiser son premier essai nucléaire, ont indiqué samedi à l'AFP de hauts responsables américains.

アメリカ大統領選挙の前に北朝鮮が核実験を実行することになれば、北朝鮮の核開発の意欲を外交手段による囲い込みで封じようとするブッシュ大統領の選択した方針に疑問が投げかけられることになる。

ブッシュ大統領は過去何回か、北朝鮮の隣国とアメリカのを集めた6か国協議が北朝鮮核兵器への野心を有効に封じ込める手段となると言明しているのに対し、民主党の大統領選対立候補のジョン・ケリー氏は北朝鮮政府との直接交渉の開始を主張している。

情報筋の高官らは情報機関での論議を呼び起こしたデータがどのようなものかについてはっきりとした言明を避けたが、「北朝鮮核兵器製造能力についてわれわれが懸念しているといういのは周知のことだ」と、そのうちの一人は述べた。

ニューヨークタイムズ紙は、北朝鮮の人目につかない複数の場所で装備の怪しい動きがあることをアメリカ情報機関がキャッチし、情報分析家たちがこれらが核実験施設になり得ると考えているとういうことを伝える記事を日曜版に掲載することになっている。

しかしながらすべての情報機関がこの動きについて一致する解釈に達せず、地下施設につながる電力線が見つかれば、核実験のはっきりした証拠となるはずであるが、そうしたものは検出されていないと、同紙は伝える。

上の記事の出たタイミングについて若干説明が必要。この記事は、例の木曜日の謎の爆発についてのフランスネットでの第一報が流れる約30分後の時刻になっているが、明らかにこの爆発についてのニュースとは独立のもので、爆発についての情報がない前提で書かれている。また、パウエル国務長官が爆発は核実験のものではないと発表する以前のもの。

北朝鮮の核実験への懸念をもたらしたデータにこの爆発が含まれるかどうかは上の文面から定かではない。

AFPのこの記事は、問題のニューヨークタイムズの記事の簡単なまとめであると同時に、独自に政府高官筋からこの内容について確認をとったという役割をもつものとなる。

ニューヨークタイムズの記事は

Atomic Activity in North Korea Raises Concerns

By DAVID E. SANGER and WILLIAM J. BROAD

Published: September 12, 2004

日本韓国アメリカからこれらのデータの具体的内容についての報告を受けていない。神経質になっている韓国アメリカ政府に爆発について伝え問い合わせたと、記事は伝える。記事から一歩踏み込めば、韓国で独自に今になって爆発の情報が発表されたのは、情報を共有しようとしないアメリカへのこのいらだちからとも考えられる。

北朝鮮の核実験が、韓国日本アメリカと独立に核装備をするべしという国内的な政治圧力を高めることになり、アジア諸国の核政策に大きな変化をもたらす可能性を、アジアにいる米政府の官僚やブッシュ政権の国家安全政策チームは恐れているとも、書かれている。

上の情報を総合すると、アメリカ政府の現在の利益は、大統領選への配慮、核の傘体制を維持のために、北朝鮮の核脅威について事態を小さく見せるほうにあると考えることができる。アメリカ情報を共有せず、過少評価に益を見出す以上、韓国と同じく日本は、アメリカの公式発表に頼らず、独自の情報収集・分析が必要という結論になる。

とりあえず日本国メディアは上のニューヨークタイムズの記事を、分析をまじえながら、じっくりと伝えてほしい。

id:teratsu さんがこの問題を追っている(id:teratsu:20040913)

◆これまで北朝鮮の問題についてこの日記で書いたことがない。その理由は、日本のほうがはるかに情報が豊富で、はてなでも詳しく書いている人が多いだろうし、日本韓国から特派員経由で書かれた二番煎じのヨーロッパの報道を紹介してもしょうがないと思ったからである。ヨーロッパからの目が意義があるとしたらせいぜい、あらゆるデータで北朝鮮脅威をいたずらに扇動する方向に対し、第三者的な冷静な見方を紹介することくらいだと思っていた。ところが、temjinus さんが 今回の爆発のについてニュースを紹介する中、「日本の新聞に情報が少ない」と書いているのを読み(id:temjinus:20040913)驚いた。活字メディアテレビで豊富に補われているのかもしれないが、ネット記事だけでみると確かに日本のほうが情報が薄い。アンダーグラウンド的なネットメディアでのいささか強迫観念的な脅威論は、案外これへの対抗関係にあるのも知れないと気づく。temjinusさんによって新しくなった認識とともに、これについても注意深い観察が必要と痛感。

沖縄で反基地大集会 沖縄で反基地大集会を含むブックマーク

沖縄 −− 米軍基地の閉鎖を求めて3万人が集会

Okinawa : 30.000 manifestants demandent la fermeture d'une base américaine

AFP | 12.09.04 | 14h52

日曜日日本の島、沖縄で普天間のアメリカ軍基地の閉鎖を求めて約3万人が示威行動をおこなった。この基地のヘリコプターが8月13日に3人の負傷者を出すという事故を起こしたのを受けて行われたもの。この示威行動はこの島の基地の存在に対し行われたものとしてここ十年で最大規模のものである。

...

集会そのものについては、日本で報道されたニュースとほぼ変わらないのでとりたてて中身を紹介するほどのものではない。1995年に12歳の少女の強姦事件がきっかけで、基地の撤去を求めて8万5千人を集める抗議集会が行われたこと、国土の1%の面積に全国の65%の基地、4万500人のアメリカ軍の兵力が集中していることなどの背景情報も与えている。

事件直後に地元での大衆的抗議活動が割りに地味なことで意外な思いをしたが、こちらが、翌日には大動員での抗議行動というフランスでのスタイルに慣れてしまっていたゆえの思いで、こうしたゆっくりとした流れが日本スタイルなのかもしれない。ほんとうは事件が熱いうちに間髪を入れずというほうが、国際的に知らしめるためには効果的なのだが*1

壁の復活を望むドイツ人たち 壁の復活を望むドイツ人たちを含むブックマーク

ドイツ人の5人に1人がベルリンの壁の復活を望む

Un Allemand sur cinq pour le retour du Mur de Berlin

mercredi 8 septembre 2004, 13h06 AFP-Yahoo!France

ドイツ人の約5人に1人(21%)が、15年近く前に崩壊したベルリンの壁の復活に賛成であるという世論調査の結果が発表され、統合の費用についての東側と西側の世論の違いを浮き彫りにした。

「壁が戻ってくることを望みますか?」という質問に対し、西側住民の4分の1(24%)が「はい」と答え、これに対し東側でそう答えたのははわずか12%だった。調査はドイツの世論調査機関 フォルサ Forsaがシュテルン Stern 誌のために実施したもの。

また東側住民の3分の1(31%)が旧東ドイツに対する国のこれまでの経済援助は「少なすぎる」と思っているのに対し、西側住民の37%が「多すぎる」と思っている。ただし1990年以来行われてきた援助の規模は「ちょうどいい」と思っている人が東側(46%)でも西側(44%)でも最も多い。

他に、東側住民の大部分(57%)が壁の崩壊前に比べて生活がよくなったと言っているのに対し、56%の西側住民がなにも変わらないと答えている。一方、西側の住民の41%が「現在の政治体制」に満足しているとするのに対し、東側のの住民でそう思うのは27%。

タイトルで見るとちょっとショッキングな結果。シュテルンのネットでの元記事は、「West-Ost-Umfrage : Jeder fünfte Deutsche wünscht sich die Mauer zurück 08. September 2004」。内容はほぼ上のAFPのものと同じ。ただし、質問の正確な表現や、生データは、シュテルン誌のサイトにもフォルサのサイトにも見つからない。シュテルンの雑誌版を買えばもっと詳しく出ているかも。1002人を対象に8月31日から9月2日にかけて行われ、誤差は±3%。

*1:この事件に抗議する人で基地の撤去を求める人がほとんどにせよ、墜落事故とその事故処理への抗議と、基地撤去の要求はほんとうならば別もののはず。たとえばドイツ米軍NATO軍)が同種の事故、同種の対応を起した場合を仮定すると、基地の存続を願う人の間からも厳しい抗議の声があがると想像に難くない。そのあたりの切り分けがないと、事故と主権侵害への抗議の側面よりも、これがきっかけで、長いことくすぶっている基地撤去の要求が再び盛り上がったという上のような報道になり、怒りが拡散した印象を与える。逆に問題の根深さを伝えることにはなるのだが。主権侵害という論点でナショナリズムに訴え、安保体制を容認している全国の多数の日本人をも巻き込むというのでなしに、基地の撤去という点で事件後初の大動員が行われたのは、前者の戦略を拒否するという明確なポリシーなのだろうか。それとも既存の政党・組合の伝統的な路線で動員が行われると自然とこうなったということなのだろうか。いずれにせよ抗議デモがAFPのニュースで伝えられるところまでにはなった。

temjinustemjinus 2004/09/13 02:30 北朝鮮の爆発、どう思います?これ核実験じゃないかと思うんですが、間違えてればそれに越したことはないんだけれど。。。

fenestraefenestrae 2004/09/13 03:15 日本での公式報道以外にヨーロッパの報道に分析の鍵があるかどうか探ってみます。

temjinustemjinus 2004/09/13 04:01 でも核実験でないとしたら、ナンなのだろう、という疑問が残ります。
気になるぅ〜〜〜〜。

nobodynobody 2004/09/13 07:03 ミサイルが誤って爆発したのでは、との見方もあるようです。
ref. (The New Zealand Herald -- REUTERS)
  → http://www.nzherald.co.nz/storydisplay.cfm?storyID=3590939&thesection=news&thesubsection=world

fenestraefenestrae 2004/09/13 07:34 ありがとうございます。兵器庫か通常ミサイルの爆発か、いずれにせよ説明してもらわないと不安が払拭できないというところですね。

temjinustemjinus 2004/09/13 14:51 詳しい記事ありがとうございます。昨日夜、そちらから『書いたから』との書き込みをいただいた頃、当方ネットへのアクセスができなくなり、すぐにお礼を言えず失礼しました。
なんでもなければいいんですけれどね。

2004-09-11

The New York Times September 11, 2001 The New York Times September 11, 2001を含むブックマーク

TODAY'S HEADLINES The New York Times on the Web

Tuesday, September 11, 2001

NATIONAL

=========================

Crowd Beats Truck Driver for Killing a 4-Year-Old

The driver of a truck that accidentally struck a boy in Los

Angeles on Saturday was then severely beaten by a crowd of

more than 20 people.

-----

Slaying Suspect Is Suicide

Joseph Ferguson killed himself in a stolen car after leading

officers on a 40-minute running gun battle.

-----

Report Cites Vulnerabilities of Global Navigation System

The Global Positioning System is vulnerable to interference,

the Transportation Department said.

週末にロサンジェルスで4歳の子供を誤ってひき殺したトラック運転手が群集に殴られる。殺人事件容疑者が警察官と銃撃戦を行ったあと盗難車の中で自殺。GPSに干渉トラブルのおきる可能性があると交通局がコメント...2001年9月11日の朝4時に発信されたニューヨークタイムズの朝刊ダイジェスト・メールがこんな国内トップ・ニュースをもって伝える「平和」なアメリカ。国際欄にはイスラエルパレスチナ紛争の激化、アフガニスタンでのタリバン反対派の自爆攻撃、グルジアへのウラニウム密輸疑惑の生臭いニュースがあるが、イラクのイの字も見えない。

一昨年からこの日になると、メール・ボックスに残した2001年9月のN.Y.T のメールニュースを見ながら、9.11以前の世界について思いをはせることにしてる。9月11日の後の数ヶ月の間に起ったことを思い出しながら。

ル・モンドは翌々日づけの紙面に、「Nous sommes tous Américains われわれ皆がアメリカ人」と、J.F.ケネディの"Ich bin ein Berliner 私もまたベルリン市民だ"をもじったタイトルの社説をかかげ、アメリカ人に深い連帯を表明した。そして、この日を境に世界が変わったと、事件からしばらくたってから何度も聞かされた。

世界が変わったのでなく、アメリカが変わり、そのアメリカが世界を変えようとするに違いないと自問したものだ。事件から1週間ほどたったある日フランスの小さな村のお祭りにいった際に、主催者の提唱で9.11の犠牲者に黙祷をささげながら、「アメリカ人にならない権利」もあるのではないかと違和感も覚えたものだ。

個人にとって世界が変わる日は一つではない。CNNが何と言おうと、神戸市民にとって世界が変わった日は別にあり、数日前に息子をトラック運転手に殺された親にとっては世界は9月11日より前に変わっていた。パレスチナの住民の多くが世界の変わった日をそれぞれに持っている。またそれは、恋人と別れた日であったり、ペットが死んだ日でさえある。その痛みを誰もが、飛行機の激突したビルが崩れ落ち、人が窓から落ちていくテレビの映像と、等価に交換できるわけでない。

もし2001年9月11日に世界が変わるとしたら、それは、私たち、世界中の多くの人が自分の痛みすらさしおいて、ある特定の日に「世界が変わった」と安易に思い込み、発言するような状態、感性の外部化・政治化の状態に、巨大な国の巨大なメディアの装置の全面的な作動とともに入っていくことだと、その日に引き続く数ヶ月の間ずっと思っていた。感性のCNN化とそのときは密かに呼んでいたが、今やそのCNNもFOXにとって代わられ、その度合いは別のレベルに達した。

アメリカが物理的に世界を変えることに着手し、ヨーロッパ人の連帯心の貯金をあっというまに全部使い果たした今、アメリカ文化に弱い特定の文化圏を除けば、CNNがFOXにとってかわられたことは一方向への感性の回収の危険を減らしたかもしれない。しかしそれはFOX やアルジャジ−ラやBBCやフランス国営テレビによって回収の行き先が分散しただけかもしれないし、ル・モンドを読むことにさえそういう回収はつきまとう。

時事ニュースの紹介を中心にした日記の書き手が言うのも変だが、私にとっては、今日のニュースからプラグを外し世界のできごとを整理しなおす必要性、感性が安易に外部化・政治化されることへの警戒を、3年前の初心に戻りつらつらと思い出す日だ。来年もたぶんそうする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040911

2004-09-10

契約社員 vs. 正社員(非契約社員?) 契約社員 vs. 正社員(非契約社員?)を含むブックマーク

id:temjinusさんのところで読んだ記事(id:temjinus:20040911)に触発されて、前から思っていたことを少し。あるいは(非)翻訳講座。

日本語の中でちょっとした難翻訳語に「正社員」と「契約社員」というのがある。いや、フランス語での現実の似たような対概念に置き換えるのは難しくない。が、字面の翻訳はほぼ不可能だということだ。

フランス語で使われる対概念は被雇用者の契約期限条件について言う「Contrat à durée indéterminée 無期限契約」と「Contrat à durée déterminée 期限付き契約」だ。長ったらしいので話言葉では CDI(セデイー)とかCDD(セデデー)のように言う。これを使って正社員を salarié (e)(employé(e)) en CDI で契約社員を salarié(e) (employé(e)) en CDD とすればまあ似たような意味になる。

契約形態の分類にはまた 「temps complet (plein) フルタイム」と「temps partiel パートタイム」があり、CDIとCDDとの組み合わせで

  • CDI + temps complet(無期限契約でフルタイム
  • CDI + temps partiel(無期限契約でパートタイム
  • CDD + temps complet(期限付き契約でフルタイム
  • CDD + temps partiel(期限付き契約でパートタイム

と4通りがあることになる。日本語の「正社員」には最初のものが一番近いということになるだろう。

しかし、「契約社員」と「正社員」という不思議な表現の字面は訳せない。「契約社員」という表現の対概念は、ばか正直に考えれば「無契約社員」になるが、まさか salarié sous contrat と salarié sans contrat というわけにはいくまい。これでは「正社員」ならぬ「不法雇用者」になってしまう。今改めて手元の和仏を引くと、「社員」の項目に「正社員」の訳として employé régulier というのが出ているが、そうすると、それ以外の社員は employé irrégulier になるのか、すると今度はこちらが「不法雇用者」になってしまう。

「正社員」と「契約社員」の区別には、日本で両方をやった経験からいうと、「イエの者」と「傭兵」の区別のようなニュアンスが横たわっている。そして「イエの者」以外を正規でない存在とするような意識も見える。契約社員から正社員になるというのは、契約(契約書にある通りいっぺんの労働条件や労働基準法)に関係なく好きなように使える・使われる存在になるということに似ており、そういう意味で、それこそ「無契約」社員になることだ。id:temjinus さんが書いていることの趣旨に近くなるが、「正社員」ではなく「契約社員」や「アルバイト」に留まりたいという若者の多くには、「無契約社員」になることを拒否するという意志が働いているはずだ。ほんとうならば全ての被雇用者が、労働時間や休暇、職務責任の限界などに関して、雇用契約と法にもとづく「契約社員」でなければならないはずであり、それらがきちんと満たされれば、「無期限契約+フルタイム」を選びたいという人は多いに違いない。人は普通、経済的な安定を望む。ただし無法状態の犠牲になることと交換したいかといえばそれは別だ。

CDI(期限なし)とCDD(期限付き)に話をもどせば、フランスでは建前の上では雇用契約の基本は、CDIということになっている。CDDの条件で人をを雇っていいのは、季節労働者、代替要員、過渡期の労働力などが必要でCDIで人を雇う条件が整っていないときに限られる。リストラでCDIの雇用者の首を切ったあとを、すぐにCDDで埋めることは禁じられている。またCDDを更新して雇い続ける最長期限はケースによって18か月から24か月だ。たとえば6か月のCDDを4回更新しようとすると、このポストは常時に労働力が必要な状態と見なされ、雇用契約をCDIに変更しなければならなくなる。ただしこれらは建前で経営者はあの手この手でCDIの雇用者を多くかかえることを回避する抜け穴を考えるが、これはこれで、こうした「保護」が労働市場の硬直化を招き、高失業率を生むという議論とともに、別の話である。

日本から進出している企業の人事部に勤めるあるフランス人が、日本から派遣されてくる管理職の人がどうしてもこのことをよく理解してくれないとぐちをこぼしていた。無条件、無期限に臨時社員を雇えると思っているので、できないということを説明するのに苦労する、分かってくれたと思ったら、2年か3年で転勤になりまた新しい人がくるので、一から説明しなければならない、云々と。

CDD(期限付き)からCDI(期限なし)になっても、「正社員」になるのと違い、労働条件についての保護は同じだ。いや、次の夏にやっと晴れて人並みにバカンスに行けるという保証ですらある。そして首を切られにくくなるだけだから、フランスではだれもがCDIを望む。 不安定な雇用条件に悩んでいる若いカップルの片方が CDDからCDIになったという吉事は、レストランでのささやかなディナーの機会となり、ウエイターにもいつもより大目のチップの余録が回ってくることになる。

temjinustemjinus 2004/09/11 06:42 これはこれは、お元気そうでなにより。過労死ではなくても過労バテかと心配しておりました。フランスの雇用制度についても適切な文章、感謝、感謝です。しかし詳しいですね、素晴らしい。素晴らしいといえば、例のイスラム・ベールも評判がいいので続編を待っている人が多いかと。しかし、カローにはならないように。

fenestraefenestrae 2004/09/11 07:11 最近テロの話ばかり、政治疲れで、日常と離れた話が多いなと思い、労働にまつわる話もちょうど機会がいいので、じっと手を見ながら、書きました(笑)。人質問題もあまり動きそうにないので、イスラムベールにそろそろ行きます。

yskszkyskszk 2004/09/11 12:22 この話、いま日本でちょっと評判になっている『反社会学講座』という本でも触れられていますね。ウェブ版もあるので、よろしければそちらをご参照ください。
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson13.html

fenestraefenestrae 2004/09/11 15:59 前に少年犯罪統計などについて面白く読んで記憶があるのですが、この問題についてのページは気がつきませんでした。<『反社会学講座』。ご教示ありがとうございます。この文体の戦略はなかなか面白いですね。それにしても、だれかが得するようなイデオロギーの垂れ流しを見破るには比較や統計がいちばんというのがわかります。

fenestraefenestrae 2004/09/11 16:00 しかしあらためて思うに、「社員」という語はほんとにいかがわしい。商法上では株主として雇用者に属する存在を指す言葉が、被雇用者、使用人にも使われるというのは、どこに起源があるんだろうか。被雇用者に組織・経営陣との一体感を与え、「正社員」でない被雇用者との間を分断するために、こんな効率のいい言語装置はない。

2004-09-09

イラク人質事件 :現在の状況(8日−9日夜) 06:15 イラク人質事件 :現在の状況(8日−9日夜)を含むブックマーク

  • フランス記者の解放なお足踏み。
    • 8日水曜日に新しいサイトで犯人グループを名乗るものからの声明。
      • 先の掲示板サイトで出ていた身代金など3要求を偽物として否定
      • 人質の処置については近々本部が決定を下すと予告
      • 現在行われている仲介活動を無駄と警告。
      • 2人のジャーナリストシリア人の運転手を捕らえた理由として、シリア人運転手の息子がこアメリカ人のスパイであると示唆する主張。証拠としてアメリカ軍の将校と運転手の息子がいっしょに写っている写真をサイトにアップ。この息子によると写真は友人が冗談に作った合成写真。彼は、この写真を父親の車に残してたと証言。3人が捕まったときこの写真が運悪く犯人たちに見つかったのではないかと。
      • 先週のイスラム教徒代表団の一人が、3人がなかなか解放されない理由として、犯人たちの間に3人をスパイとする説が根強く残って内部で話し合いの決着がつかないためというのを挙げ、アルジェリアの新聞がこれがかなり真相に近い情報としていた。上の写真の話はこれと符合する。少なくともこの声明は前の3条件要求のものより信憑性が高い。
      • この声明が発表されたサイトは例のスイスの掲示板サイトとは別物かどうか文字メディア情報でははっきりしない。URLを公表したものなし。また、掲示板サイトとURLをもう一度出すものもある。どのようなサイトに掲載されたかの情報の重要性が分かっていないもよう。テレビニュースでは、「これまで知られていなかったサイト」と述べたものもあり、画像を見ると、明らかに掲示板サイトとは異なる。また掲示板サイトには問題の写真はみつからない。
    • 政府は閣僚に対し慎重な態度を要求する。
    • アメリカ軍イラク政府のゲリラ掃討作戦が激しくなり、人質解放交渉にはありがたくない状況が進展。
  • NGOのイタリア人女性2人、イラク人2人の人質についての情報はなし。

/* 公共交通機関のストに際して最低限業務(service minimum)の保証を法で義務づける動きがあり、議論が盛んになっているが、この数日来この日記もミニマム・サーヴィス。明日から通常にもどり、「スカーフ問題」の続きも再会予定。

2004-09-08

記者人質事件:新3条件提示声明の「イスラム過激派サイト」(あるいは単なる掲示板) 仏記者人質事件:新3条件提示声明の「イスラム過激派サイト」(あるいは単なる掲示板)を含むブックマーク

TF1が問題のサイトについて少し詳しく紹介していた。ぴんときて、問題のサイトアクセスしてみる。アラビア語は読めないが機能は分かる。単なる掲示板ソースコードをみると PHPBB2 のアラビア語版。投稿者アイコンを使ったり好きな写真をアップしたり。こういうサイトをイスラム過激派サイトとして紹介し、投稿メッセージを犯人グループの声明として扱うほうがどうかしている。フランス語や日本語でよければ私でも声明文が投稿できるはず。

TF1では専門家がサイトのオーナーをスイス在住のチュニジア人と割り出し、電話で接触したと報道していたが、なんのことはないドメイン名をWho is で検索すれば名前、住所、メールアドレスhotmail)、電話番号までばっちり出ている。6日にこの怪しい声明文のニュースが出たときに一度だけアクセスしアラビア語が読めなかったのでろくに見なかったが、もうちょっと仔細に見ていれば単なる PHPBB の掲示板とわかったはず。時間がなかったので不精して Who is もかけなかったは残念だった。手間をおしまず少し自分で追求していれば、相当怪しげな「声明」というのはフランスの大メディアの報道を待たずともすぐに分かったはずだし、アラビア語のわかる友人にサイトを見せて問い合わせればどんなコンテクストか分かり、この日記でその実態をちゃんと紹介できたはず。

それにしても FTPでアップするようなサイトや、せめてブログ程度のパスワードで管理するページと、オープンな掲示板の区別もつけずに「イスラム過激派サイト」として扱う通信社や新聞、TVネットメディアリテラシはどうなっているのか。。ここに出ていてアルカイダ=ビン・ラディンに近い筋の宣言かも知れないと紹介されている他の声明もお里が知れたものだ。どうも「イスラム過激派サイト云々」という報道に惑わされて、ろくでもない情報が一人歩きしているケースが多そうだ。

少しは真に受けて損した。

暇な人のために。こんなようなところ →
www.islamic-minbar.com/forum/viewtopic.php?t=2001

参考までに、これについての日本語の報道(Yahoo!Japan - Reuters)

イラクの仏人記者拘束、武装グループが身代金500万ドル要求

ドバイ 6日 ロイター] イラクで武装グループに拘束された2人のフランスジャーナリストについて、武装グループは、500万ドルの身代金を要求するとともに、48時間の期限を設ける声明をウェブサイトに載せた。

 声明によると、武装グループは当初、2人を解放する計画だったが、数々の攻撃がその妨げになった、としている。

 フランスラファラン首相は、RTLラジオに対し、「この種の情報については常に真剣にとらえている。現在、情報が信頼できるものかどうか確認しているものの、現時点では確認はとれていない」と語った。

(ロイター) - 9月7日7時32分更新

2004-09-07

イラクで新たな人質。イタリア人2人、イラク人2人 05:02 イラクで新たな人質。イタリア人2人、イラク人2人を含むブックマーク

イタリア人女性2人、イラク人2がバグダッドで誘拐。

Deux Italiennes et deux Irakiens enlevés à Bagdad

バグダッドでNGOの活動をしているイタリア人女性2人、イラク人2人が武装グループによって火曜午後、オフィスから誘拐されたと、イラクで活動するNGOグループの統括コーディネーター、ジャン=ドミニク・ビュネル氏がが報道関係者に発表した。

07/09 19:12 Deux Italiennes et deux Irakiens travaillant pour des ONG à Bagdad ont été enlevés dans leur bureau par des hommes armés mardi après-midi, a déclaré à la presse un coordonateur des ONG en Irak Jean-Dominique Bunel.

イタリア人女性は2人は、「Un Ponte Per Baghdad (バグダッドへの架け橋)」というイタリアのNGOグループのメンバーで、文化活動や浄水の仕事をしていた。2人は反グローバリゼーションや反戦運動で経験を積んでいるNGO活動家で、「バグダッドへの架け橋」は第1次湾岸戦争あとから活動しているグループ。イラク人は一人は女性で現地協力者。バグダッドの中心地で誘拐が起ったことに関係者は大きなショックを受けている。イタリアではイラクで人質として捕らえられていたジャーナリストのエンゾ・バルドーニ氏の殺害があっただけに不安が高まる。野党からはフランスのように全面的な外交努力をせよと政府につきあげ。

記者人質事件:現在の情報(6日−7日夜) 04:58 仏記者人質事件:現在の情報(6日−7日夜)を含むブックマーク

ソースリンクなしで、まとめ

  • 身代金など3条件を要求する9月6日のインターネットサイトの声明
    • 実際の犯人のものであるかどうか疑わしい。
      • これまでのように人質のビデオなどの犯行の証拠がない
      • サイトは9月1日から最初の声明がある更新されていない(8日の日記を参照)
      • 内部犯行であることがわかったパリのユダヤ人社会センターの放火の犯行に名乗りをあげていた
      • 身代金の要求について他のコンタクトチャンネルからの接触がない
    • サイトに新たな声明。サラフィー派でビン・ラディンに近いと名乗るが、信頼性についてさらに疑いが深まる。
    • ただしこうした声明が本当の犯人グループにアイディアを与えることが懸念されると、France 2の特派員。
    • フランス外交筋はこれまでの交渉のチャンネルから解放の交渉の前進を確信。
  • イラク政府が人質解放に協力するとフランスに申し出る。フランス政府は申し出に留意すると(prendre note)と回答(ひらたく言えば、「ありがたく承っておきます」というような気のない返事)。

サドル・シティで激しい戦闘 18:01 サドル・シティで激しい戦闘を含むブックマーク

ル・モンドの臨時ニュース

Affrontements meurtriers à Sadr City

DERNIERE MINUTE : 10h40

バグダッドのサドル・シティ地区で起こっているアメリカ軍とシーア派戦闘員の間の衝突で月曜日以来少なくとも40人、火曜日だけでも15人の死者が出ていると、イラク保健省が発表。

Au moins 40 personnes ont été tuées depuis lundi, dont 15 mardi matin, dans des accrochages entre l'armée américaine et des combattants chiites dans le quartier de Sadr City à Bagdad, a annoncé le ministère de la santé irakien. (AFP, AP)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040907

2004-09-06

記者人質事件:イスラム過激派サイトで新条件の提示 00:09 仏記者人質事件:イスラム過激派サイトで新条件の提示を含むブックマーク

フランス人人質−− 誘拐犯が3条件に48時間の猶予

Otages français: les ravisseurs donnent 48h pour répondre à 3 conditions

月曜日、イスラム過激派のサイトに、イラクでのフランス人誘拐犯のものとされる声明が発表。フランス政府に対し、人質と引き換えにフランス政府が、ビンラディン提案の休戦条約の受諾、身代金の支払いなど3条件を受け入れるよう要求。声明が本物かどうかは確認されていない。

DUBAI (AFP - 16:36) - Un site internet islamiste a diffusé lundi un communiqué attribué aux ravisseurs de deux Français en Irak, demandant à Paris de satisfaire trois conditions pour leur libération, dont l'acceptation d'une récente trêve proposée par Oussama ben Laden et le versement d'une rançon. L'authenticité de ce communiqué n'a pas pu être vérifiée.

身代金の額は500万ドル。もう一つの条件はフランスイラクとの軍事・通商関係を結ばないこと。声明の中では先週末にアメリカイラク政府が行ったラティフィヤ(2人が行方不明になった場所)での掃討作戦に触れ、こうした行動について警告している。

陰謀論的なことは言いたくないが、イラク政府(フランス人人質事件に非難声明を出していない数少ない組織の一つ)とアメリカの喜びそうな展開。フランス政府はコメントを控えているが人質解放が微妙なときのラティフィヤの作戦については、解放交渉を危うくするものとして一部から非難の声が上がっている。同じ頃の別件のニュースで、メディアテロリスト声明の垂れ流しがテロリスト広告塔になっているのではないかといとのメディア内部の批判を伝える。これに関係しているかどうか分からないが、上のニュースフランス語圏で最初に報道したのはベルギーカナダメディア。AFP電で配信されているにもかかわらずフランスメディアは遅れてこのニュースを取り上げている。

北オセチア人質事件:住民参加の独立調査委員会結成の要望 18:56 北オセチア人質事件:住民参加の独立調査委員会結成の要望を含むブックマーク

バスランの住民、非政府独立調査委員会結成を要望

Les habitants de Beslan voudraient créer une commission non-gouvernementale

AFP | 06.09.04 | 10h56

バスランの住民は、少なくとも335人の死者を出した人質事件に関して作られる公的委員会の作業への参加をめざして、独立の調査委員会を作ることを希望していると、危機管理委員会に近い筋が明らかにした。

BESLAN (Russie) - Les habitants de Beslan souhaitent créer une commission indépendante qui pourrait assister aux travaux de la commission d'enquête officielle qui sera mise en place sur la prise d'otages qui a fait au moins 335 morts, a-t-on appris d'une source proche de la cellule de crise.

住民代表参加の委員会は、当局と犯人たちとの交渉状況の録音の記録の閲覧を求めたいとしている。不十分な情報開示による住民の不信感は現地に大きな緊張をもたらしており、独立調査機関の結成はこの緊張を和らげることに役立つと同情報筋は伝える。

仏:公教育での宗教的標章に関する法律をめぐって 仏:公教育での宗教的標章に関する法律をめぐってを含むブックマーク

非宗教のもとの新学期、混乱なしに遂行。

La rentrée, sous le signe de la laïcité, se déroule sans incident

PARIS (AFP - 21:38) - Plus de 12 millions d'élèves ont effectué jeudi une rentrée marquée par l'application de la nouvelle loi loi sur la laïcité, interdisant les signes religieux ostensibles à l'école, sans incidents notables malgré la présence de 240 jeunes filles voilées recensées par le ministère.

1200万人以上の生徒たちは木曜日、学校でのこれみよがしの宗教的標章を禁じる非宗教に関する新法の施行に彩られた新学期に臨んだ。教育相のまとめでは240人のヴェール着用の女子生徒を数えたものの目立った混乱は起こっていない。

日本の新聞などでは「仏でスカーフ禁止法施行 緊張の新学期、大きな混乱なし」 (asahi.com)、「<フランス>スカーフ禁止法施行 緊張の新学期に」(毎日=Yahoo! Japan)のように報じられた、9月2日の新学期についてのフランスでの報道の代表的な例の一つである。この「スカーフ禁止法」と呼ばれるものの内容について、ネットで見かける記事では、「同法は『顕著な宗教的標章の公教育の場での着用禁止法』と呼ばれ、フィヨン教育相も一日、適用対象は「公教育の場」に限定され、家庭など学校以外では着用は自由だと強調。公立校では大型十字架やキパ(ユダヤ教の男子の帽子)も禁止対象となる...」(産経=Yahoo! Japan)というような実際の正しい内容については説明が省かれることが多く、またこの法律成立の背後の理念についての解説はまれである。

◆いわゆる「スカーフ禁止法」

「スカーフ禁止法」として喧伝されているこの法律は、フランスでは、上の報道にあるように、通常は「学校における非宗教に関する法律 Loi sur la laïcté à l’école」と呼ばれる。法案の段階で「公立の小・中・高校における非宗教の原則の適用に関する法案」名づけられていたことに由来する。あるいは条文から、「学校における宗教的標章に関する法律 Loi sur les signes religeux à l'école」とも呼ばれる。

2004年3月15日に、教育法141条5-1として成立 。実施に関する実務的な条項を除けば、内容は次の本文につきる。

「公立の小・中・高校において、生徒がなんらかの宗教に属することをこれみよがしに誇示するような標章あるいは服装を着用することはこれを禁じる

Dans les écoles, les collèges et les lycées publics, le port de signes ou tenues par lesquels les élèves manifestent ostensiblement une appartenance religieuse est interdit.

「これみよがしにostensiblement」という主観的な語にひっかかる向きもあると思うが、そうした表現を含む法律は少なくない。どのようなものが「これみよがし」かは、教育省通達で学校に指示され、髪の毛を全部覆うようなイスラム・ヴェール、キッパと呼ばれるユダヤ人の帽子、大きな十字架などが対象になるとしている。またこの禁止が適用されるのは公立の学校に限られ、私立の学校大学は含まれていない。

内容としてはこのように全ての宗教の標章を対象にしているが、この法律の成立は、学校でのイスラム・ヴェール着用が引き起こした紛争に直接に結びついており、実質的な目的は、公教育の場でヘッド・スカーフ(ヒジャブ、トゥルバンその他)に代表されるイスラム・ヴェールの着用を排除することである。そのためこれがフランスで「ヴェールに関する法 Loi sur le voile」と呼ばれることも多い。ここから英語圏で「ヘッド・スカーフ法 Head Scarf Law」、あるいはさらに「ヘッド・スカーフ禁止法 Head Scarf Ban」と呼ばれ、日本語でももっぱら「スカーフ禁止法」と呼ばれることになる。

◆スカーフ論争のはじまり

フランス学校におけるヘッド・スカーフの着用が社会問題になりはじめたのは1980年代の終りである。これもときどき誤解があるが、今問題になっている「スカーフの禁止」は、伝統的に多くのイスラム教徒の女子生徒がスカーフをしていたのを今ごろになって禁じることになったという性格のものではない。スカーフを学校で着用することを主張するという新しく現れた現象が15年かけて広がってきたことに対するリアクションとして生まれたものである。

エジプトトルコで、大学や知識人社会といったこれまで女性がスカーフをしていなかった領域で、政治・宗教的的主張をこめてスカーフを着用する女性が現れはじめたのは1970年代から1980年代にかけてのことだと言われている。大学や公的職務でのスカーフの着用を法律で禁じているトルコでは着用の権利を求める女性と公的権力の間で紛争が起き、社会的論争となった。禁止していないエジプトのようなところでは一方、スカーフをする女性の増加、スカーフの着用を絶対的義務と説く宗教的者の影響力の増大は、これまでスカーフをしていなかった女性に対し圧力となった。

こうした、スカーフ着用をイスラムの教えの絶対的義務として、教育の現場でも積極的に主張するという動きはフランスにも上陸する。そして1989年の新学期にオワーズ県のある高校で、学校でのスカーフの常時着用を主張する3人の女子高校生と、それを非宗教と女性尊重の観点から認められないとする高校側とが対立、3人が授業から排除されると、メディア、知識人、政治家を巻き込む大論争となった。このとき教育相(当時ジョスパン)から見解を求められた国務院は、宗教勧誘行為などでクラスの秩序を乱したり、圧力によって他人の宗教の自由を冒さないかぎり、自らの宗教的信念を表明するのは生徒の権利であるとした。当時の状況を背景に考えれば相対立する権利をバランスよく検討したといえるこの見解は、しかし、ケースによっては学校長に制裁の余地を残しながら、着用の自由を基本的に保証するもので、あいまいさを含んでいた。この意見書は一種の判例として機能するが、そのあいまいさの故に、非宗教に関する強い信念から着用をやめさせようとする学校長と宗教の自由を主張する生徒の間で散発的に起きる係争の決着のしかたに大きな混乱をもたらした。

◆非宗教・男女平等vs.着用の自由

しかし何故裁判ざたになってまでしてスカーフを禁止しようとする教師や学校長がいるのか。すでに少し触れたようにこれは2つの基本的な価値観に関わっている。

まず一つは、フランスという国、特に公教育における非宗教の原則である。学校における宗教の排除は、公教育へのカトリック教会の介入に対する闘争の成果として1905年に法律で明示的に導入された。そしてその精神は戦後の社会の大幅な世俗化に伴って自明なものとして社会全体から認知されていた。そこに宗教的意味付けを持って持ち込まれるスカーフがこの原則を危うくするものととらえられる。

もう一つがスカーフ着用のもつ性差別的な含意である。女性にだけに適用される宗教的あるいは伝統的な規範は、厳密に言えば、生物学的必要性に立脚していない限り、それだけですでに性差別の契機を含んでいると解釈される。それに加え女性の体を覆うということが、イスラム教の他の規範にみられる男性の優位、女性の服従への連想とあいまって、すぐれて性差別的なシンボルとして認識された。そうしたシンボルの学校での着用を許可することは、本来男女平等を教える場への差別の契機の侵入を認めることであり、阻止すべきものだと考えられた。

しかし着用を禁じることは個人の宗教的信念の表現の自由と対立する。着用を理由に生徒を授業から排除し退学にすれば教育を受ける権利を侵害することになる。非宗教、男女平等の教育の場での確認の必要性と信教の自由・教育を受ける権利という二つの重要な価値がせめぎあう場としてスカーフ問題は常に激しい論争の種になった。そして上で触れたとおりその間にうまくバランスをとろうとした国務院の見解が増大する紛争の解決に役に立たず、新しい紛争があるたびに、論争は周期的に繰り返された。直接スカーフの着用に関係のないイスラム教徒でない者の間でも、どちらかの価値を擁護しようとするその態度が真摯であればあるほど、議論は白熱を究め、取りうる立場の選択は通常の政治的な左右の布陣を横断していた。

◆宗教共同体主義のシンボルとしてのスカーフ

議論の枠組みが、非宗教・男女平等の原則に対する着用の自由を求める個人の権利の衝突というものである最初の間は、多くの知識人の間で価値の重みは後者に傾きがちであった。国務院の見解もその傾向を反映している。しかしスカーフの着用の権利を主張する生徒の存在がフランスのあちらこちらで目立つようになるにつれ、問題は公の理念対個人の権利という枠を越えていることが次第に明らかになってきた。

フランスでは1990年代になって、イスラム系の移民の第二世代の中で、イスラム教にアイデンティティを見出そうする傾向がはっきりしてくる。スカーフ着用の主張もそうした回帰の一部である。このイスラム回帰は、一方では、新しい形の布教組織によって広がり、一方では、社会差別に対するいらだちからくる一般的リアクションとしても生じた。この傾向の中で、イスラム教の規範意識がしだいに地域の空気を支配するようなことも起きてきた。

こうなってくるとスカーフの着用が必ずしも個人の選択といえない事態が生じる。1990年代の半ばにはすでに、イスラム系の女生徒にスカーフを強制するような圧力が、親兄弟だけでなく、学校の中の男子生徒によって加えられている地域の状況が報告された。こうした中で、スカーフをする女生徒の存在は、イスラム系の女子生徒を「よいイスラム教徒」とそうでない存在−−若者たちの表現を借りれば「売春婦」−−に分けるためのモデルとして機能する。2001年の9.11事件のあとの米国の「対テロ」戦争、それと前後して激化した中東紛争の影響の中で、イスラム系とユダヤ系の共同体の対立が激しくなり、そうした中で、スカーフが政治的主張をもって学校に持ち込まれることが生み出す緊張も問題になった。

さらには、イスラム回帰に帰依する人々の学校や公的施設に対して行う権利の要求が増大してくることが懸念されはじめた。食物のタブーの学校の食堂のメニューへの配慮は比較的好意的に理解されたが、ラマダン(断食月)時の自主休学、女性患者の男性医者に診察されることの拒否、公営プールの女性のための時間帯の要求などがすでに問題となっていた。種々の学校活動で男女の隔離を要求したり、バカロレアの面接試験に女子受験生が男性試験官を拒否するケースなどはきわめて極端な例だが、学校でのスカーフ着用の主張が、こうした次第にエスカレートする要求の橋頭堡になるのではないかという警戒が生じてきた。

/* 続く

◆「学校での非宗教法」の成立

◆「学校での非宗教法」へのリアクション

◆2004年9月2日

temjinustemjinus 2004/09/06 19:25 住民参加の独立調査委員>あっ!同じものやった。ま、いいか。そういうこともあると。
jedisunefleurさんは日本へお帰りみたいですね。

fenestraefenestrae 2004/09/06 21:51 やっぱり目を引きましたかこのニュース。こういうイニシャチブの積み重ねしかないでしょうね、長期タームの政治変化。スカーフ問題のまとめ、はじめましたが、今度は軟禁状態になるため、残りのアップはちょっと時間がかかりそう。こちらも暑いが日本も暑そう。

hinakiukhinakiuk 2004/09/07 07:37 たいへんな大作になりそうですが続きを楽しみにしております。

fenestraefenestrae 2004/09/07 16:54 励ましの言葉ありがとうございます。プランも材料もあるのですが、ホモ・エコノミクスモード全開であと1日ほど手がつきそうにありません(泣)。今日は臨時ニュースか一口面白ニュース対応ぐらい...

temjinustemjinus 2004/09/07 17:36 門外漢にも分かり易い解説、とてもいいですね。
脱帽!
続編もがんばって完成させてください。
(過労死に気をつけて!?ああ、生はかろし、なんて。。。)

2004-09-05

北オセチア人質事件:遺体安置所に394遺体 16:49 北オセチア人質事件:遺体安置所に394遺体を含むブックマーク

人質事件:ウラディカフカズ遺体安置所に394体を数える

Prise d'otages: 394 corps recensés à la morgue de Vladikavkaz

AFP | 05.09.04 | 08h01

北オセチアロシアコーカサス地方)のウラディカフカ遺体安置所に収容するベスランの人質事件の犠牲者の遺体数は土曜日夜現在394に達すると、施設関係者が日曜日AFPに証言した。この遺体安置所は北オセチア最大のものであるが唯一の施設ではない。「昨日(土曜日)われわれは394の遺体を数えた」と、職員の一人が匿名を条件に語り、「遺体には損傷がひどすぎて、近親者でさえ確認できないものもある。そのため髪の毛や血液のサンプルを取っている」と明らかにした。現在までのところ公式発表では人質の死者が330人と犯人側の死者26人となっている。

La morgue de Vladikavkaz, principale morgue d'Ossétie du Nord (Caucase russe) mais non la seule, recensait samedi soir 394 corps provenant du carnage de la prise d'otages de Beslan, a annoncé dimanche à l'AFP une collaboratrice de l'établissement."Hier (samedi) nous en recensions 394", a déclaré une employée qui a requis l'anonymat. "Certains corps sont si mutilés que les proches ne peuvent pas les identifier, c'est pourquoi nous prenons des échantillons de cheveux et de sang", a-t-elle précisé.Jusqu'à présent, le bilan officiel de la prise d'otages est de 330 tués, plus 26 ravisseurs.

フランスの去年の猛暑での死者数について最初、3000人あるいは5000人として事態を過少に見せたがる政府と、もっと多いはずだとする医療関係者の間で議論があった際に、「こちらの統計では1万人を超す」と確証を持ってはっきり述べたのは葬儀会社の組合だった。死体の行き着く先にいる人のカウントが結局最も確度が高い。

2004-09-04

キルクークで自動車自爆テロ。少なくとも9人が死亡。 21:54 キルクークで自動車自爆テロ。少なくとも9人が死亡。を含むブックマーク

ル・モンドの臨時ニュース

Au moins 9 morts dans l'explosion d'une voiture piégée à Kirkouk

DERNIERE MINUTE : 14h44

原油生産拠点地キルクーク警察学校の前で爆薬を積んだ自動車による自爆テロ。少なくとも9人が死亡、20人が負傷。

Une voiture piégée conduite par un kamikaze a explosé devant l'académie de police de la ville pétrolière de Kirkouk (nord), a provoqué la mort d'au moins neuf personnes et blessé 20 autres. (AFP-Reuters)

ラジオでは死亡者は15人に。

[]仏記者人質の解放を待ちながら 18:47 仏記者人質の解放を待ちながらを含むブックマーク

解放は時間の問題としながらなかなか具体的な続報が入っていこない。

昨日のホーキンズ嬢のファッションショー・ハプニングのニュースは「海外ボツ ! News」がとりあげたので、結局こちらでやるまでもなかった。しかしどちらにしてもこのニュース、「はてな」ではほとんど人気がないよう。それに引き換え、北オセチア学校占拠事件の人質の半裸の少女(幼女)たちの魅力への言及をちらほら見る。善し悪しの問題でなく、このテイストが正直あまり理解できない。

相変わらず「スカーフ禁止法」での検索語でたどりつく人がいる。id:hinakiuk さんとのやりとりで改めて思ったが、いまだに誤解が多いので、人質の解放を待ちながらこの話をもう一度まとめるつもりにはしているが、すでに別の形で何度か書いているので、また同じことを、しかも前提をさらにさかのぼって解説しなければならないかと思うとめんどうさが先に立つ...

チェチェン報道妨害? ポリトコフスカヤ氏に毒? 08:41 チェチェン報道妨害? ポリトコフスカヤ氏に毒?を含むブックマーク

ロシア人ジャーナリスト襲われる

Des journalistes russes agressés

Figaro 04 septembre 2004

B級映画に似た話だが、現実であり、ロシアのジャーナリズムにとって懸念すべき話だ。チェチェンの紛争を独立の立場で報道しつづけてきた2人の有名なロシアジャーナリストが水曜日、飛行機で北オセチアに向かおうとしたが、目的地にはついにたどり着けなかった。原因はモスクワの不可思議な武力の襲撃によるものである。ジャーナリストの一人はアンナ・ポリトコフスカヤ。彼女はチェチェン戦争に反対するその勇気と言論によってよく知られている。

ポリトコフスカヤ氏は2002年10月のモスクワの人質事件の際には仲介役となった。しかし今回それを果たすことはできなかった。というのも北コーカサスに向かう飛行機の中でお茶を飲んだあと服毒症状を起こしたからである。彼女は重大な体調不良に襲われたあとロストフの病院に収容され、その後モスクワに戻された。医者が中毒症状を明らかにすると彼女の新聞の編集部は警戒した。過去に編集長のシェコーチヒン氏が強力な毒薬によって死亡したという事件がある。

アンドレイ・バビツキー氏の遭遇したことも同じく不可解だ。この自由ラジオジャーナリスト空港で飛行機に乗ろうとした際、警察に制止された。警察犬が彼の荷物から怪しい匂いを嗅ぎつけたというのがその理由である。なおも彼が飛行機に乗ろうとすると2人の人間が彼を襲撃し、そこに私兵が割って入った。そして彼のほうが暴力行為のかどで一時拘留された。昨日裁判所で彼は5日間の拘留の判決を受けた。なぜだろうか?

文体が「暗いニュースリンク」風...

◆上のフィガロの記事のほかに複数のソースのものを見たが、ディテールにやや異同がある。複数の独立系メディアを伝わる際におきる不可避の現象か。

北オセチア、死者200人以上。EUは説明を求める 07:48 北オセチア、死者200人以上。EUは説明を求めるを含むブックマーク

ベスランの事件の結果についてEUはロシアに説明を求める

L'UE demande des explications à Moscou sur le bilan de Beslan

vendredi 03 septembre 2004 (Reuters - 23:50)

EUは金曜日ロシアに対し、悲惨な結末を迎えた北オセチア、ベスランの学校占拠人質事件の大量犠牲についての説明を求めた。

「世界中のすべての国がこうした悲劇を防ぐために協力し合わなければならない。しかしわれわれはまたロシア当局からこのような悲劇がどのようにして起きたのかについて聞きたいと思っている。」と、オランダのベルナルト・ボット外務大臣EU議長国の名で発表された声明の中で述べた。

インターファクス通信社は、北オセチアの保健省の責任者の談話として、人質犯と治安部隊の銃撃戦の結果の死者は200人以上という数字を挙げている。

EUの閣僚はこの事件のロシア政府の対処のしかたについては直接の批判は一切避け、住民とロシア政府への同情の意を表明している。

英国のジャック・ストロー外相は事件の結果は「テロリストたち」の責任に帰されるべきだとし、ロシア当局が救出作戦を尋常でないやりかたで遂行したのではという質問に対しては、回答を避けた。

...

午後に行われた記者会見で、ボット外相は、決定が正しかったかどうかについて遠くから判断を下すことは困難だと強調した。

...

うらぢうらぢ 2004/09/04 08:50 北オセチアの事件ですが
グルジアから入ってきた組織か気になるところですが、
その辺の情報ってありましたでしょうか?

fenestraefenestrae 2004/09/04 09:54 ざっと見たフランスの報道ではグルジアからの組織という情報は見当たりません。。また、グルジア情勢や南オセチアと何らかのかかわりがあるかについても。ロイター電(via Interfax)によれば、FSBの発表で射殺された20人のコマンドのうち10人が「アラブ人」。地元治安当局によれば指揮官はチェチェン人、資金源はアルカイーダ(Reuter via Itar-Tass)。さらに詳しくは、この計画は、ビン・ラディンのチェチェン方面代理人のワハービ派の Abou Omar as Seïf というのが伝えられています。これがロシア当局の宣伝かどうか...他のソースからの確認状況をしばらく観察中で、本文には入れませんでした。

temjinustemjinus 2004/09/04 22:38 キルクーク>キャー早!もう通信社という感じ。

fenestraefenestrae 2004/09/04 22:47 たまたまル・モンド見てたら、アラートがあったもので、そのままコピペ。ニュース見に毎日来てくる人へのサービスという気持ちも。

hinakiukhinakiuk 2004/09/05 00:38 解放された…みたいですか?
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20040904AT2M0402E04092004.html

fenestraefenestrae 2004/09/05 01:08 不思議だ。フランスのニュースではこの情報が見えず。Google News UKでも。AFPもAPもReutersも。Al Arabiyaからの最新情報はトルコ人の人質のもの...引き続き調査します。Thanks.

fenestraefenestrae 2004/09/05 01:22 フランスでの今の報道は、人質は安全だが、セキュリティの問題で解放にはあと数日かかるかもしれないとのもの。解放を待っていたフランスの外相がたった今ヨルダンを離れてパリに戻るというニュースが入ってきたので、たぶん今日の解放はないと思います。Al-Arabiyaの報道はフランスはじめ各国のジャーナリストが最大もらさず観察しているはずなのに、「解放」というのが日経の報道だけどというのはちょっと不思議だ...

hinakiukhinakiuk 2004/09/05 01:47 まさか日経の早とちり!? だったらごめんなさい(私のせいじゃないですけど…(汗))

fenestraefenestrae 2004/09/05 01:54 いやいや興味深いです。情報の森の中で起きること。今か今かと待っているフランスのメディアを日経が悠々と抜いたのならすごいのですが。そのうち事情が分かるのかも。15分ほど前に、パリに帰る前の外務大臣の公式コミュニケが出て、解放への努力をこれからも続けるとあったので、たぶん今日の解放はなし。

hinakiukhinakiuk 2004/09/07 07:36 日曜付の朝刊に載っていたんですが、月曜付朝刊では訂正出てないですね〜(汗) どういうことだろう?>日経

fenestraefenestrae 2004/09/07 16:56 うやむやになってしまうのでしょうね。謎ですが、アル・アラビヤの放送内容なんて日本じゃだれもチェックしないし。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040904

2004-09-03

ミスユニバースファッションショースカートがはらり 17:58 ミスユニバース、ファッションショーでスカートがはらりを含むブックマーク

人質事件といっしょに載せるのも不謹慎な気がするが、AFPの配信では複数件入ってきていたこの大ニュースYahoo-Japan!にもGoogle News Japanにも拾われていないので義憤にかられて。

ミスユニバース、ファッションショーの最中ドレスのスカート部がはらり。

Miss Univers perd le bas de sa robe lors d'un défilé à Sydney

2004年のミス・ユニバースオーストラリア代表のジェニファー・ホーキンズさんがシドニーでのファッションショーの際、ドレススカート部分が落ちるというアクシデントがあり、あられもない格好をはからずも見せることになった。

SYDNEY (AFP) - 03/09/2004 06h20 - L'Australienne Jennifer Hawkins, Miss Univers 2004, s'est retrouvée en petite tenue jeudi soir lors d'un défilé de mode à Sydney en Australie après la chute malencontreuse de la partie basse de sa robe.

ハイヒールのかかとで長いスカートのすそを踏んでしまったそう。ホーキンズ嬢、あわてずさわがずぐるりと回り舞台裏に引き返していったとか。もっと大きく詳しい写真や動画なんかは英語圏のサイトから探してください。

記者人質事件:解放間近?外務大臣、イスラム教徒代表はヨルダンで待機 17:43 仏記者人質事件:解放間近?外務大臣、イスラム教徒代表はヨルダンで待機を含むブックマーク

バルニエ外務大臣とCFCM代表団、アンマンで人質の解放に備えて待機

M. Barnier et une délégation du CFCM attendent à Amman la libération des otages

AFP | 03.09.04 | 10h20

ミシェル・バルニエ外務大臣とCFCM(フランス・ムスリム評議会)の代表団は金曜日、ヨルダンアンマンフランス人の2人の人質の解放に備え待機していると、関係者筋から明らかになった。外務大臣の補佐官の一人はAFPに対し「われわれは[フランス大使館で]協議中である。外務大臣を中心に解放に備えいつでも動けるチームが組まれ、バグダッドパリと常時コンタクトをとっている」と語ったが、それ以上の詳細は明らかにしていない。木曜日にバグダッドを訪問したCFCMの代表団もアンマンで解放を待っていると、代表団の一人モハメド・ベシャリ氏が明らかにした。

昨日の夜、複数の閣僚から解放間近を示唆する発言があり、首相が緘口令をしいたほど。CFCMのメンバーはもともと「手ぶらでは帰らない」と言っていたが、昨日の発表のスケジュールではバグダッドから即日パリに引き返すことになっていた。これがヨルダンで待機となると、それなりの確信があってのこと。

◆続報 13:50 解放を待ちながら最新ニュース

  • 13h40 Bagdad ウラマー協会が、フランス人人質は「危険を脱した」と言明。/*火曜日には「犯人たちと接触が取れていない」と言っていたことを考えると非常に明るいニュース
  • 13h15 Koufa モクタダ・サドルが人質の解放を呼びかける。/* バスに乗り遅れるな? ←我ながら軽薄なコメント。2人の人質が解放され用意された飛行機に乗るためにはフルージャ付近を数十キロ移動しなければならず、移動中に違うグループに拉致される可能性もあるので予断を許さないとのRFIのチーフディレクターのコメントと併せて考えると、サドルのこの声明は、2人の通行証。

北オセチアの人質は1000人以上との証言 17:19 北オセチアの人質は1000人以上との証言を含むブックマーク

ベスランの人質は300ではなく1000人以上。解放された人質が証言(ロシア紙報道)。

Pas 300, mais plus de 1.000 otages à Beslan, selon des otages libérés (presse)

AFP | 03.09.04 | 08h46

金曜日ロシアの新聞は、木曜日に解放された26人の元人質の複数の証言として、学校の中に監禁されている人間の数は、地元当局が発表する300人少しではなく、約1000人だと伝えた。ガゼタ紙は、解放されたある人質の証言を引用し「私たちは1020人」との見出しを掲げた。「テレビでは人質350人と伝えているが、それは本当ではない。少なくとも1500人が学校の中にはいる」と、3歳の娘とともに解放された女性教師はイズベスチアに証言する。ビジネス紙コメルサントに対し、27歳の女性ザリーナ・ザンダロワ氏は、人質犯のメンバーは人質を体育館の中に集め、「人々は上下におり重なって寝ている」と語る。また、内部には「300人ではなく1500人」が人質になっており、「窓が割られていても息をするのが困難だたった」、気分の悪くなったものは他の人々から離されて更衣室の中に入れられた、と言う。さらにザンダロワ氏の話では、犯人たちは「年長の生徒たちに[体育館近くの]シャワー室から水を運ばせていたが、今では子供も含め全員に水を与えることを拒否している。というのも地元当局の指導者(北オセチアのアレクサル・ザソコフ大統領とイングチのムラト・ジアジコフ大統領)が彼らとの交渉を拒んだからだ」。彼女の確認するところでは、犯人グループのメンバーチェチェン人とイングーシ人であり、「テロリストたちはチェチェンからのロシア軍の撤退を要求している」

...

◆続報 13:30

現地時間の13時10分ごろに爆発音、多くの人質が中から逃げ出す。続いて特殊部隊が突入。現地は混乱し、現場から中継する特派員も、人質の人数、犠牲者数などについてもまったく状況を掴めないという。負傷者数は160人以上という数字も伝えられる。特殊部隊は学校の建物をほぼ制圧。学校の隣りの建物との間で銃撃線が続く。TVの同時中継ニュースでも爆発音が散発的に聞こえる。AFP配信ニュースが断片的に刻々と入ってくる。ル・モンドからも臨時ニュースメール

Les forces spéciales sont passées à l'action
NOUVELOBS.COM | 03.09.04 | 13:18

NouvelObsでは刻々と状況を追っている → Ossetie du Nord : La journée de vendrediheure par heure

temjinustemjinus 2004/09/03 22:25 太り目ですね。

cameracameracameracamera 2004/09/03 23:06 「あられもない格好をはからずも見せる」、語呂がいいですね。メモメモ。
アンケートご協力ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。ってフランス語でなんというのかしら。

fenestraefenestrae 2004/09/04 06:07 太り目>そうかな?このあたりは私は基準が広いようで...

fenestraefenestrae 2004/09/04 06:08 あられもない...>当たらずとも遠からずの超訳風。アンケートいつでも歓迎です。これからも宜しく>前にフランス人相手にそのココロを説明するのに文化論になって30分くらい費やしたことを思い出します。具体的な案件があれば Merci d’avance pour ... とは言えるんですけどね。

cameracameracameracamera 2004/09/04 09:01 なるほど。「これからも宜しく」は確かに曖昧で日本的な言葉ですね。文化の違い、面白いです。

2004-09-02

記者人質事件: フランスのイスラム教徒団体代表のバグダッドでの声明 05:25 仏記者人質事件: フランスのイスラム教徒団体代表のバグダッドでの声明を含むブックマーク

早期解放の可能性についての観測や犯人グループについての分析に関して臨時ニュース的に入ってくる情報を優先させたが、ほんとうは、この事件に関する今日の出来事で政治的に重要な意味があるのは、CFCM(フランス・ムスリム評議会)の代表団3人がイラクに到着し、アラビア語でフランスのイスラム教徒の立場を説明し、犯人たちに解放を訴えたことと、学校の新学期がはじまったがスカーフをめぐる紛争がほとんどなかったこと。まず前者について(後者については id:temjinus:20040903#1094137538 を参照。私のほうでのまとめはたぶん明日)。

代表団の派遣案は3日ほどまえから出て、人選で紆余曲折があったが、パリのモスク代表のアブダラ・ゼクリ Abdallah Zekri氏、UOIF(Union des organisations islamiques de France)の副会長フアド・アラウィ氏、FNMF(Fouad Alaoui、Fédération nationale des musulmans de France) のモハメド・ベシャリMohamed Bechari氏の3人が決まり、外務省との連携のもとに行動することになった。

昨夜遅くに出発し、今朝(9月2日木曜日)早くに一度アンマンに降り、ヨルダンで外交交渉を行っているバルニエ外務大臣と協議した後、午前中にバグダッド着。バグダッドで現地の宗教指導者たちと会談した後、記者会見を行い、アラビア語とフランス語で声明を発表。

声明文の全文を探しているがみつからないので、AFPの記事 イラク−−フランスのイスラム教徒の誘拐犯への呼びかけ Irak: appel aux ravisseurs de la délégation des musulmans françaisその他の報道を元に紹介すると、

アブダラ・ゼルキ氏は、フランス語の部分をもとにすれば、次のように呼びかけている。

あなたがたに厳粛に呼びかける。アラーとコーランの名において、人質を解放するようあなたがたに要求する。

...

わたしたちは彼らといっしょでなければ帰るわけにはいかない。彼らの家族はわたしたちをみつめている。あなたがたもわたしたちと同じくイスラム教徒であることを見せてくれ。人質を返してくれ。

Nous vous lançons un appel solennel. Au nom d'Allah, du Coran nous vous demandons de libérer les otages

...

Nous ne pouvons pas partir d'ici sans eux. Leurs familles nous regardent. Montrez nous que vous êtes des musulmans comme nous. Donnnez-nous les otages

ベカリ氏はフランスの国がイスラム教徒に敵対しているのではないこと、スカーフ禁止法と呼ばれているものがイスラム教徒を抑圧するものではないとについて、政府の公式見解とも言えるものを次のように必死に説明した。ベシャリ氏が代表を務めるFNMFも、この法律については成立した以上は守るという立場だが、法制化にはかたくなではないがもともとは反対したことを考えると皮肉な役回りだ。

フランスはイスラムに対し、イスラム教徒に対し戦争をしかけているのではないと、[フランスのイスラム教徒の]共同体の名においてあなたがたに言いたい。そして非宗教に関する法は特別な法はなく、特定の宗教共同体に対する戦線布告ではない。非宗教は、宗教を信じる者であろうと信じないものであろうと、イスラム教徒であろうとカトリック教徒であろうと皆が共に共存して生きていくための場である。

Au nom de notre communauté on vous dit que la France n'est pas en guerre contre l'Islame et les musulmans et que la loi sur la laïcité, ce n'est pas une loi spécifique et ce n'est pas une déclaration de guerre contre une communauté religeuse spécifique. La laïcité c'est cet espace qui nous permit de cohabiter, de vivre tous ensemble religieux ou non, musulmans, catholiques.

こうした声明が、過激な原理主義的思想のもとに仲間のイスラム教徒をも宗派が違うだけで殺害するような人たちに通じるかどうかはわからないが、3人は少なくとも表情からは何かを確信しているように見えた。バグダッドでもフランスでも彼らの声明には大きな効果があると見ている。犯人たちが廃止を要求している法律について、フランスのイスラム教徒団体の代表者たちの口から、これは反イスラムではないと、しかも組織の名においてはっきり言われれば、理論的には要求の根拠がなくなってしまう。

犯人たちは面子をつぶさないようなうまい引き際を探しているとジャーナリストたちは見ている。そして解放の動きが見えてきた現在、イスラム教徒代表団のこの呼びかけが、犯人たちにもよい口実を与えたのではないかという期待が出てきている。

それにしても内外のイスラム教徒の連帯はおそらくフランス政府が期待した以上のものが得られたのではないだろうか。犯人にたちにとってもこれは計算外だったに違いない。次のようなニュースなどはほとんど海外こぼれ話に近いようなおどろかせるものである。

イラクのフランス人人質 −− パレスチナ人2人が身代わりになることを提案

Otages français en Irak: deux Palestiniens se proposent comme monnaie d'échange

ベツレヘムの38歳と33歳のパレスチナ人。観光局の公務員だそう。パレスチナに「友好的」なフランスへの感謝の印として、人質の身代わりになりに金曜日にはイラクへ行くと言っているが、金曜日には解決してほしいもの。

記者人質事件: 犯人グループの内部事情と解放への希望 03:29 仏記者人質事件: 犯人グループの内部事情と解放への希望を含むブックマーク

TF1のニュースサイトを見ると、犯人グループの「イラク・イスラム軍」に仲介者を使って接触したという Nouvel Observateurの記者のルポが出ている(なぜか NouvelObs のサイトリンク見つからず)。仲介者のモハメドという男の説明によると。

2人のジャーナリスト最初スパイと間違われて拘束された。フランス人であることが分かったのは数日後である。そこでスカーフ規制に関する法律を脅迫の対象にしようというアイディアが芽生えたらしい。それより前に、スンニー派の宗教者の仲介を通じて交渉がまとまりつつあった。現在、グループ中のメンバーの何人か、特にその精神的指導者は、ミスをしたのではないかと自問している。「ほんとうなら全部ストップさせたいのだが。面子を失わないように切り抜ける方法はないか?」とグループの中でも話し合われている。逆に、もっと過激な者たちは、解放どころか交渉という考えに耳を貸さない。「グループの中でだれかが逆上して人質を殺すのが心配だ」と指導者はモハメドに語った...

この状況下で犯人グループに接触を試みる Nouvel Observateur もすごい。解放を念頭に別のグループに移されたいう最新のニュースが正しいとすると、面子を失わないで切り抜ける方法がまとまったということになる。

記者人質事件:人質は別のグループの下に?解放間近? 02:23 仏記者人質事件:人質は別のグループの下に?解放間近?を含むブックマーク

ニュース専門TVチャンネル LCIによれば、2人のジャーナリストは現在「イラク・イスラム軍」の拘束下にはなく、他の誘拐グループの下にあり、このグループが今夜にも解放する可能性があると。

18h40 - Paris LCI affirme que les reporters ne sont plus aux mains de l'Armée islamique d'Irak mais sous le contrôle d'autres ravisseurs qui pourraient les libérer dans la nuit.

記者人質事件:2人の人質は元気 00:42 仏記者人質事件:2人の人質は元気を含むブックマーク

ル・モンドの臨時ニュース

DERNIERE MINUTE : 17h28 - Les otages français sont "en bonne santé"

イラクで人質になっているフランスの2人のジャーナリスト、ジョルジュ・マルブリュノ、クリスチャン・チェノ両氏は、「生存しており、健康で、丁重に扱われている」とバグダッドフランス大使、ベルナール・バジョレ氏が確認。

Les deux journalistes français détenus en Irak, Georges Malbrunot et Christian Chesnot, sont "vivants, en bonne santé et bien traités", a affirmé jeudi soir l'ambassadeur de France à Bagdad, Bernard Bajolet. (AFP.)

公式に確認された。家族はさぞかしほっとしたろう。

記者人質事件:「旧抵抗勢力」もコントロールできない犯行グループ 21:45 仏記者人質事件:「旧抵抗勢力」もコントロールできない犯行グループを含むブックマーク

犯人グループの内部事情について、昨夜のFrance3の特派員のレポート↓の線で、今朝のリベラシオンの記事 Treize jours, deux ultimatums et un espoir が詳しく解説している。2人のジャーナリストが行方不明になった8月23日からアルジャジーラにビデオが送り付けられるまでの間、フランス側と犯人グループとの間に解放交渉があり、情報機関が人質引渡し現場に行くところまで行っていたという。誘拐犯の「イスラム軍」はスンニー派サラフィー主義のグループで、大部分がフセイン時代秘密警察の残党からなっている。ところが、外国での活動歴の長いイラク人がリーダーとしてやってきて、戦術が代わり二人の人質を新たな政治戦略に利用しようとして28日以降の展開になった。地元のサラフィー派の指導者は、自分たちの戦略を混乱させるこのやりかたに、かんかんになって怒り、人質解放のためにプレッシャーをかけているが、成果がない...という事情らしい。

記者人質事件:生存の希望、交渉長期化の予想 18:45 仏記者人質事件:生存の希望、交渉長期化の予想を含むブックマーク

フランス人人質は水曜日夜には生存(フィガロ編集長談)

Les otages français étaient en vie mercredi soir (directeur de la rédaction du Figaro)

AFP | 02.09.04 | 10h24

フランス当局は水曜日の夜には、イラクで人質になっている二人のフランスジャーナリスト、クリチャン・シェノ、ジョルジュ・マルブリュノ両氏が生存しているとほぼ確信している、とフィガロ紙の編集長ジャン・ド・ブロ氏がラジオヨーロッパ1で明らかにした。ド・ブロ氏は水曜日夕、フィガロをはじめ二人のジャーナリストが働いている複数のメディアの編集長を招きジャン=ピエール・ラファラン首相を囲む首相官邸での会合に出席していた。ド・ブロ氏は「メッセンジャーとのあいだに間接的な接触があった」、これは「確実な接触だ」と述べ、「慎重を期しなながら希望がもてる」と同時に「団結して努力を保ちつづけることが必要」だとした。ド・ブロ氏はまた、首相は、用心のため「あまり多くのこと」を伝えるのを避けたい意向であると強調しながら、おそらく「犯人グループの間に2つの方針がある」、「二人は生きているが、現地の情勢は複雑で...これが懸念を与える要素だ」と述べた。AFPの質問に応えて、ド・ブロ氏はヨーロッパ1でのこの発言を再確認すると同時に、首相は二人の解放が間近であると言明しなかったことに注意を喚起した。

テレビ局 France 3 の現地特派員も水曜日夜のニュースで、交渉が間接的ながら存在すること、しかし接触が不安定で難航していることを伝えていた。この特派員報告をまとめると次のようなものである。

犯人たちは交渉を引き伸ばす戦術に出ているようだ。直接の交渉はまだできていない。間接的にもたらされる情報はあいまいだが、それによれば二人は確かに生きているらしい。当局筋によると、先週すでに交渉がまとまりそうだった。しかしアルカイダに近い筋の人間がイラクの外からやってきて指揮を取るようになってふりだしにもどった。イラクの「イスラム軍」はさまざまな傾向の人間から構成されているが、現在のリーダーイラクの近くの国で訓練を受けた極めて過激な原理主義者である。犯人たちはイラク南部、西部を人質とともに絶えず移動し、国内のスンニ派抵抗勢力とは関係がほとんどない。接触が非常に困難なのはそのためである。犯人たちの真の要求が何かは分からない。スカーフ着用に関する法律の廃止はその場で考え出されたもののようだ。要求は金かもしれない、別の政治的要求があるかもしれないが、政府側もこれに関しては秘密を守らざるを得ない。

イラクのスンニー派指導者たちの呼びかけは効を奏さないということになる。フランスの外交努力の成果が、逆に犯人たちの戦術を変化させることになっているとすると、この問題は長引きそうだし、楽観はできない。

hinakiukhinakiuk 2004/09/03 07:01 まさに、落としどころを探る段階ということでしょうか。
それと、日本語のメディアは「スカーフ禁止法」と訳していますが、この名称がそもそも誤解を招いているのではと思います。原語ではどうなのでしょう?

fenestraefenestrae 2004/09/03 07:27 通常は Loi sur la laïcté à l’école 「学校における非宗教に関する法律」と呼ばれています。上で紹介したイスラム教徒団の代表が言っているように簡単に「非宗教に関する法律」と呼ぶこともあります。条文の本文は一行「公立の小・中・高校において、生徒がなんらかの宗教に属することをこれみよがしに誇示するような標章あるいは服装を着用することはこれを禁じる」。「これみよがしにostensiblement」という語で解釈の余地を残す訳ですが、ガイドラインとしては髪の毛を全部覆うようなヴェール、ユダヤ人の帽子、大きな十字架などが対象になるとしています。私は、使えるときには「公立学校での宗教的標章のあからさまな着用を禁止する法律」という呼び名やそれを適当に短くしたもの(ぎりぎりで「宗教的標章禁止法」)をできるだけ使ようにしていますが、スカーフが問題にされるときには、私自身「いわゆる「スカーフ禁止法」」とか「イスラム・ヴェールを規制する(ことになる)法律」のような言い方をすることもあり、確かに誤解が多いようなので、そろそろまとめて解説しようかと思っていたところです。

2004-09-01

ヴァカンス終り、ニュースいっぱい 05:25 ヴァカンス終り、ニュースいっぱいを含むブックマーク

北オセチアの学校占拠人質事件、カトマンズでのモスク焼討ち、イスラエルでのバス爆破事件に続くパレスチナでのイスラエルの軍事行動の他にも、フランスだけでも、一面扱いになる大きなニュースが続く。明日は学校の新学期。ヴァカンスが本格的に終りだ。

政府がフランス・テレコムの保有株を全株式の9.6%分売却することを発表。同社に対する国の株式保有率が50%を割って、40%強に。フランス・テレコム「民営化」として大きく報道される。この売却により50憶ユーロほどが国に入ってくることになる。

ニコラ・サルコジ財務大臣が、与党UMPの党首選挙に立候補することを表明(8月3日に発表予定と聞いていたと思ったが)。午後にシラクサルコジの会談があり、なんらかの妥協が成立したらしい。シラク大統領は7月14日のテレビ会談で、UMPの党首になったものは即座に大臣は辞めてもらうとはっきり言っていた。サルコジ氏が党首選挙に立候補するというのはこの数週間皆が知っていた規定路線だった。どの時点で財務大臣を辞めるのか調整がついていなかったが、ニュースの解説では、11月の党首選挙で正式に党首として選ばれてからということ。内閣改造の中で行われるかもしれないとも。大臣として活躍するのでなく、与党党首として党内で地歩を固めながら2007年の大統領選挙をめざす道を選んだことになる。

今回の人質事件でサルコジ氏はいささか悔しい思いをしているのではないだろうか。前の内閣改造で財務大臣になる前のポストは内務大臣。イスラム教徒団体をまとめCFCMを作らせたのは彼だ(今日のル・モンドの社説にこれを評価するくだりがある)。内務大臣にとどまっていれば、今回の件でイスラム教徒と国との結束を示す場に国の代表として現れ、メディアの大きな注目を集めることができたはず。内務大臣は治安維持のための強圧政治の責任者として憎まれ役になるが、今回のような事件でスターになれる。サルコジは内務大臣としては前者の役回りを貰い、今回の事件での手柄の部分はド・ヴィルパンにさらわれる結果となった。内務大臣にとどまっていて、そして事件が解決した直後に党首への立候補を表明できれば理想的だったかもしれないが、そううまくはいかないもの。一方、財務大臣はうまく手腕を発揮しても、その功績がメディアで派手に注目を集めることはなく、失敗すれば叩かれる損な役回りだ。人は儲けたときは自分の力と思い、損したときは政治のせいと思うもの。それにしても、政府の一員でないことは、こういう時にかやの外に置かれるわけで、そういう状況にありながら、サルコジ氏が2007年まで政界、世論への影響力をどのように維持していくかというのは興味がある。

記者人質事件:犯人の沈黙の中、48時間め−96時間めが経過。 04:13 仏記者人質事件:犯人の沈黙の中、48時間め−96時間めが経過。を含むブックマーク

48時間24時間の猶予期限が過ぎてから、さらに24時間が超過しようとしているが人質の安否に関する情報はない。猶予期限はさらに24時間延びているという情報アラブ連盟などの筋からもたらされているがその根拠は不明。どちらにしてもその期限をこしつつある。裏交渉は確かに行われているとの情報も現地特派員は示唆する。

48時間48時間の期間、最初の24時間で起った図式のまま進行している。

人質解放要求の声明を出した人々ののリストに、リビアのカダフィ大佐ローマ教会のヨハネ・パウロ2世が加わった。今日(9月1日水曜日)午後、バルニエ外務大臣アルジャジーラにインタビューの形で出演、フランスの立場を説明し、解放を訴える。CFCM(フランス・ムスリム評議会)の代表3人が、イラクに向けて出発。フランスのイスラム教徒の立場を代表して訴える予定。国際世論の盛り上がりが逆に、犯人たちが政治的存在をアピールするため事件を長引かせようとする動機を与えることになるとも指摘されている。

TVニュースが「2人のジャーナリスト」ではなく「2人のジャーナリストシリア人の運転手」と必ず言うようになった。

人質の運命がまだ定かでないので結果を論じるのは時期尚早だが、多くの人が、今回の事件に対する内外の対応に希望を見出す。一つには、フランスの外交力の底力とアラブ世界でのフランスに対するシンパシーが、一時危惧されていたよりもずっと強いことが明るみになったこと。もう一つは、「共和国の価値」をわがものとして宣言することに国内のイスラム教徒団体が疑う余地のない明確な強い意志をみせ、それが世論の団結につながっていること。新聞の社説のほとんどがこの点に焦点をあてる。フランスでのイスラム教徒と非イスラム教徒の関係についてこの事件がひとつの転回点になると見る(例えば → Fethi Benslama, "Un tournant pour la communauté musulmane")のは的確だと思う。細かいニュアンスやもう少しうがった見方はあとから補足するとして、この基本的ラインは確認しておきたい。

北オセチア、生徒200人以上が人質に 北オセチア、生徒200人以上が人質にを含むブックマーク

ル・モンドからの臨時ニュース

北オセチアで人質事件

Prise d'otages en Ossétie du Nord

mercredi 1 septembre 2004 9h04

北オセチア自治共和国学校で17人の武装ゲリラが少なくとも200人の生徒を人質に。犯人たちは爆発物を腰に巻き付けている。通信社インターファックス報道。

Au moins 200 écoliers sont pris en otage par un commando de 17 personnes dans une école de la république autonome d'Ossétie du Nord. Les preneurs d'otages sont porteurs de ceintures d'explosifs, selon l'agence Interfax. (AFP)

昨日からテロ関係の臨時ニュースの嵐。

詳報 → Au moins deux cents écoliers pris en otage en Ossétie du Nord

オセチアの紛争については、8月24日づけのル・モンドの記事が media@francophonie で翻訳紹介されている

temjinustemjinus 2004/09/01 20:30 忙しくなってきましたね^_^

fenestraefenestrae 2004/09/02 04:18 意図せずしてまるで小学生のような暦になりました。それにしても監禁のつらさは身につまされます...

temjinustemjinus 2004/09/02 04:54 世論の団結>ヤラセだ、とか、自己責任だ、とか、よくあんなとこに行きますね、外務省の人は苦労しているのに、とかいう声は聞こえませんね。それに対応の素早さ。やはり大統領制はクライシスの処理においては有効に機能するのでしょうか。いずれにせよ、二人の無事の解放を祈ります。

fenestraefenestrae 2004/09/02 05:46 ファビウスが今回の政府の危機管理に ”parfaitement solidaire” と言っていますね。
前に殺されたイタリア人ジャーナリストの父親がイタリア政府に文句を言っているようです。今回のフランスの対応を引き合いに出しながら。確かにどの国に生まれたかによって期待できる国の保護や世論のバックアップの大きさには差があるようです。
ネットで大騒動になった日本の人質事件に対する立場の色分けの色眼鏡で、フランスの状況についての解説を見られるのが嫌なので、明示的に比較めいたことはしていませんが、いろいろ考えさせられるところがあります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20040901
 |