fenestrae

To mail (get rid of "NOSPAM")

fenestrae's antenna

What's about & Resources



<< 2006/03 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Recent Intems (RSS form)

Recent Items&lt;-clickable

pv=

 | 

2006-03-18

#000000

E.モラン、S.ナイル、D.サルナヴ「イスラエルパレスチナ問題という癌」 E.モラン、S.ナイル、D.サルナヴ「イスラエル−パレスチナ問題という癌」を含むブックマーク

2002年6月4日づけのル・モンドエドガール・モラン、サミ・ナイル、ダニエル・サルナヴの3人は連名で「Israël-Palestine : le cancer イスラエルパレスチナ問題という癌」という記事を発表した。この記事を以下に訳出紹介する前に、それが置かれた時代的、社会的文脈を少し確認したい。


2000年7月末の中東和平キャンプ・デイヴィッド首脳会談の失敗、同年9月のアリエルシャロン(当時野党リクード党党首)のアルアクサ・モスク訪問をきっかけに、パレスチナイスラエル間の新たな大規模衝突−−パレスチナ側の抵抗に焦点をあてれば第2次インティファーダ−−がはじまった。紛争は、緊張増加を背景とするイスラエル国内世論の支持を得て翌年首相に選ばれたシャロンの強硬な治安策強化・軍事行動と、それと対になって増加する爆弾テロで休むことなく激化し、 2002年4月のイスラエル軍によるジェニン難民キャンプの大規模襲撃によって頂点に達した。

第2インテイファーダ期のこうした紛争の激化は、フランス世論・言論界にも大きなインパクトを与えた。それまでは潜在的な形で、あるいは一部でのみくすぶっていた、ユダヤ系住民(多くの部分がイスラエルに連帯を示す)とイスラム系住民(多くの部分がパレスチナの人々に連帯を示す)の間の中東問題の評価をめぐる対立が、顕在的に正面衝突するようになった。

言論界ではユダヤ系の知識人と、イスラム系の移民出身の知識人やもともとパレスチナの人々に強い連帯を示していた左翼系の知識人の間での論戦が激しくなり、直接パレスチナ問題に関わりがない問題にも、パレスチナ問題におけるそれぞれの立場による差異、あるいは差異と外部から想定されるものが、影を落とすようになってきた。

陣営にかかわりなく、先鋭化し互いに過激化する対立を理性的な議論にもどそうという冷静な人々のイニシァティヴで、討論やシンポジウムも行われたが、多くが「あちらかこちらか」という二分論による攻撃の中で泥まみれになり、人々は、ある者は一方的攻撃に対する反発・防御反応から極端な者たちの陣営に退却し、ある者は自己の意志とは関係なくあちらかこちらの陣営に分類されていった。また、ホロコースト否定主義の気運が広まり、それに対抗するように一種の言葉狩り的状況が生まれ、それに対してまた、このあと顕在化していく「ショア・ビジネス批判」につながる見解も聞かれるようになってきた。

イスラム系住民とユダヤ系住民の間での相互不信の高まりは、小中学校内でのハラスメント暴力事件、宗教的施設の損壊行為などとして現われるようになってきた。そうした事件をめぐる報道や統計の発表さえもが論争のまとになり、さらに相互不信をつのらせる種となった。


2002年6月に発表された問題のモラン、ナイル、サルナヴの論文は、こうした中で、憎悪の連鎖の元にあるパレスチナ問題を正面から見、現状を確認し、連鎖をいったん断ち切り、対話を取り戻そうという緊急の問題意識から書かれた。エドガール・モランは、紹介するまでもないだろうが、一都市での三面記事的なうわさの裏に潜む反ユダヤ偏見の構造を分析してみせた『オルレアンのうわさ』や近年では複雑系理論の思想的応用で有名な社会学者思想家アルジェリアユダヤ系の家系に生まれている。サミ・ナイルはアルジェリア系の政治学者で1999年から2004年まで欧州議会議員社会党市民運動連合リスト選出)を務め、マグレブ系・アラブ系・イスラム移民の視点から積極的に発言している。ダニエル・サルナヴは作家翻訳家パリ第10大学で教鞭をとるとともにル・モンドの定期的寄稿家である。1998年には自らのパレスチナ体験に基づいた『占領下パレスチナの紀行−ガザ・ヨルダン西岸1997年11月 Carnets de route en Palestine occupée, Gaza-Cisjordanie, novembre 1997』を出版している。


イスラエルパレスチナ問題という癌

エドガール・モラン、サミ・ナイル、ダニエル・サルナヴ

ル・モンド2002年6月4日

Israël-Palestine : le cancer

Par Edgar Morin, Sami Nair et Daniele Sallenave

Article paru dans Le Monde daté du 04.06.02*1


イスラエルパレスチナ問題という癌は領土問題をめぐる病理から生まれた : 一つの同じ地域に二つの国が作られたことである。これが二つの政治的病理の元となった。片方は支配から、もう片方は剥奪から生まれた。この癌は、一方では、過去において迫害された民族歴史的恐怖感と地理的な不安定性、そしてもう一方では、現在において迫害され、そして政治的権利を奪われている民族の不幸によって成長していった。昨日の被抑圧者から明日の抑圧者、とヴィクトル・ユゴーは言った。イスラエルは、ナチによる絶滅の試みにまでいたる数世紀にわたる迫害被害者となったユダヤ人代弁者を名乗る。その誕生において、アラブ諸国からの攻撃を受け、死滅の危機にあった。以来、イスラエルは、アメリカの援助を得て核兵器を備え、地域のスーパーパワーとなった。

しかしシャロンは、イスラエルの存亡のために戦っているのだと主張する。パレスチナの人々を抑圧し窒息させ、学校を文書庫を登記簿を破壊し、家々を壊し、水路をずたずたにし、ジェニンで虐殺を行い、しかもその規模を調査することさえ禁じながら。

生存の危機を根拠にする議論は、イスラエル人の間に1948年の不安を掻き立て、アウシュヴィッツの亡霊を演じさせるために役立つものでしかない。すでに存在しない過去に幻影による現在性を与えながら。こうして新たなインティファーダは不安を掻き立て、その不安が再征服主張者シャロンを権力の座につけた。

が実際のところシャロンは、テロルによってイスラエルの当座の安全を確保しようとしながら、中東におけるイスラエルの存続を危うくしている。シャロン今日の勝利が明日の自殺を準備しているということを知らない。短期的には、ハマスシャロン政治を作りあげているが、中期的には、シャロンハマス政治を作りあげることになる。ある限界を越えないところでは、インティファーダイスラエルを交渉へと無理矢理向かわせたが、限度を越えるとそれは、自殺テロに激昂した犠牲者としての恐怖心を呼びさまし、そして過酷な弾圧が脅威への正当な反撃と思われるようになる。もし外部から止めるものがなければ、シャロンイスラエルは、断片化されたパレスチナ領のバンツースタン化を少なくともめざすことになるだろう。

犠牲者だったという意識がまさにイスラエルパレスチナ人の抑圧者にするのである。ユダヤ人が犠牲になった歴史を特別化して他のそれ(ラーゲリでの、ジプシーの、奴隷黒人の、アメリカインデイァンの)を平凡なものにしょうとする「ショアー」なる語が、パレスチナ人に対する植民地主義、アパルトヘイト、ゲットー化を正当化するものとなる。

この被害者意識は当然、状況と出来事にたいする一面的な物の見方を伴う。

シオニズムの当初から、「民なき土地に土地なき民を」という標語は、そこにそれ以前にパレスチナ人が住んでいるという事実を覆い隠した。ユダヤ人が一つの国を持つ権利が、パレスチナ人が自分たちの国を持つ権利を覆い隠した。

パレスチナ難民の帰還の権利は今日パレスチナに一度も住まなかったユダヤ人の帰還の権利と対称にみなされることはなく、犠牲であると同時にイスラエル人口学的自殺を要求するものだとみなされている。この権利は、交渉可能条件の中での分配であり得たはずなのに。

自殺テロが行っているように、集団責任の原則によって一般市民を殺すというのは恐ろしいことだ。しかしそれは、サブラ・シャティラの、レバノン北部の時代そして今日いたるまで、そして悲しいかなおそらく明日もイスラエルが、一般市民女性子供を爆撃することで、そしてテロ攻撃の犯人家族の家をや畑を破壊することで適応している原則なのである。パレスチナ市民犠牲者は今やイスラエル人の犠牲者の15倍から20倍になっている。いったい慈悲心というのは一方にだけ向けられ、片方には向けらずともいいというものなのだろうか。

イスラエルは、パレスチナ市民に対する自らの国家テロリズムを自己防衛としてしか見ず、パレスチナレジスタンスの中のテロリズムしか見ようとしない。そのユニラテラリズムは、イスラエルパレスチナ自治政府の最終的な交渉の失敗をアラファト一人の責任に押しつけている。そのユニラテラリズムは、オスロ合意以来たえまなく占領地域に入植が進められる事実を覆い隠し、ヨルダン渓谷地域の入植地域とイスラエルによる制圧を温存しながら限定的、断片的な土地返還を「気前のいい提案」と見なそうとする。

交渉の複雑な歴史は、この「気前のいい提案」がオールオアナッシングで拒否されたという一方的な見方、そしてそのいうところのオールオアナッシングの拒否はイスラエルを滅亡させる意志だという解釈によって、かき消される。

ユニラテラリズムは弾圧とテロの−−そして両陣営の極端な集団によって強さを増す−−仮借のない弁証法を覆い隠す。それは、シャロンモスク訪問が仮借のない悪循環を強化し、両陣営の最悪な部分を力づけるものでしかないという事実を覆い隠す。

片方の最悪がもう片方の最悪を次々呼ぶこの恐ろしい悪循環は、イスラエルにおいては国家主義原理主義グループに権力を与え、植民者出身の将校たちをツァハルのトップにつけ、そしてこの占領軍のある部分を略奪や殺人、ときには虐殺(ジェニン)までをもおかす無規律な兵士集団に変えた。そしてそれは、パレスチナ若者たちに対する狂信的宗教運動の威光と影響力を高めた。

もちろん、パレスチナ側の一種のユニラテラリズムというものもある。しかし本質的には、PLOがその憲章でイスラエル存在否定の原則を放棄して以来、パレスチナ自治政府はその占領者に対し主権国家の権利−−後者が前者に対し拒否している権利−−を認めている。シャロンはいまだ「領土とひきかえの平和」の原則を拒否し、オスロ合意を一度も認めず、ラビン裏切り者と見なしている。

西洋では、メディアはひっきりなしにイスラル−パレスチナ戦争について語るが、この語の偽の対称性は手段のアンバランス、死者のアンバランスライフルカラシニコフに対する戦車ヘリコプターミサイル戦争というものを覆い隠す。偽の対称性は力関係の全面的なアンバランスを覆い隠し、この紛争は占領を強める占領者と抵抗を強める被占領者の間の対立だという単純な事実を覆い隠す。

その偽の対称性は権利と正義は抑圧される者の側にあるという事実を覆い隠す。それは二つの陣営を同じ平面におく。戦争をする手段を持たず散発的なレジスタンやテロで抵抗する片方に対して片方が戦争をしかけているにもかかわらず。そしてまた、シャロンアラファトの間にも偽の対称性がある。一方は国連に挑戦し、アメリカの(たしかに手ぬるくはある)非難に挑戦できる力を持っている。もう片方はしだいしだいに力を失っている。アラファトに対し、その行動を不可能にしながら、テロをやめさせるよう要求するのはあきれた茶番である。

追われた者たちの国、人類歴史の中で最も長く迫害され、最悪の辱めと最悪の軽蔑を経験した民族から生まれた国が、2世代の間に「圧迫し慢心した民」となり、賞賛すべき少数者を除いて、他に屈辱を与えることに満足を見出す尊大な民になったということを想像するのは困難なことだ。

メディアは、幾重ものそして絶え間ない軽蔑の発現、身分証検査で、家宅で、通りで経験される幾重ものそして絶え間ない屈辱をうまく伝えない。この軽蔑と屈辱の論理イスラエル人に特有のものではない。それは人間以下の状態におかれた人々を前に征服者が優越意識をいだくというあらゆる占領行為に固有のものだ。そして反抗の兆候や動きが見られるや、支配者は容赦のない姿を見せる。イスラエルフランスに自分たちがアルジェリアで行った植民地主義的抑圧を思い出させるのは正当である。そしてそれは、イスラエルパレスチナ人に対し、少なくとも、フランスアルジェリアに対して行っていることを示しているのだ。ヨルダン西岸を再占領しようとする最近の動きの中で、ツァハルは略奪、無益な破壊殺人、処刑の行為に赴き、そこで優等人種としてふるまう選ばれた民の姿をみせた。戦車や大砲にしか目を向けない者、軽蔑と屈辱に目を向けない者は、パレスチナの悲劇に一方的な見方しか持たない。

テロリズム」という語は、あらゆる占領者、征服者、植民地主義者によって、国民的抵抗を形容するために濫用された。そうした抵抗のいくつかのものはたしかに、ナチヨーロッパを占領していた時代と同じように、テロリスト分子、すなわち主として一般市民を襲うものを含んでいた。しかし、国民的抵抗をテロリストの部分だけに−−たとえそれが大きなものであろうと−−帰着させるのは不当である。そして特に、地下テロリズムと、圧倒的な兵器を持つ国家テロとを同じ尺度で測ることはできない。二つの武力の間にアンバランスがあるように、二つのテロルの間にアンバランスがある。人間爆弾によって虐殺された一般市民犠牲者を前にした恐怖と憤激は、その犠牲者パレスチナ人であり、人間爆弾でない爆弾=非人間爆弾であるときには消えなければならないだろうか。

人間爆弾となった若者、娘たちの問題について問いを投げかけることを恐れてはならない。絶望がたしかに彼らを突き動かした。しかしその要素だけでは十分ではない。そこにはまた非常に強い復讐の動機もある。これは、極めて根深いアルカイックな論理の中で、特に地中海地域において、復讐を罪の張本人だけでなく、それが属する共同体全体にもたらすことを要求するものである。それはまた、絶対的な反抗の行為、父や家族が屈辱を蒙ったのを見た子供が、失われた名誉を回復し、殺人の中で死ぬことで自らの尊厳と自由を取り戻す手段としての反抗の行為でもある。

そしてまた、自らの生命の犠牲によって民族の解放の大義を増そうとする殉教者への賛美もある。当然、そうした行為の裏には、爆弾と戦略をさずけ、教化によって殉教への意志や良心の呵責の不在を強めようとする政治的・宗教的組識がある。そして人間爆弾の戦略は、イスラエルとのあらゆる妥協、あらゆる和平を−−将来のイスラエル国家の抹消のチャンスを温存しようとして−−挫折させるために極めて効果的である。人間爆弾は、一人の若者のレベルでは究極的な実存的行為であると同時に、過激組識にとっての政治的行為でもある。

そしてここでわれわれは信じがたい逆説を前にする。ゲットーというアパルトヘイトの犠牲者の子孫であるイスラエルユダヤ人パレスチナ人をゲットーに押し込めている。辱めを受け、蔑まれ、迫害されたユダヤ人たちが、パレスチナ人を辱め、蔑み、迫害している。残酷極まりない体制の犠牲になったユダヤ人たちがパレスチナ人たちに残酷極まりない自分たちの体制をパレスチナ人に押し付けている。非人間性の犠牲となったユダヤ人たちが非人間性を示している。あらゆる悪のスケープゴートとなったユダヤ人たちが、アラファトとパレチナ自治政府スケープゴートとし、テロの防止を防止しなかったとし、その責任者とされている。

イスラエルパレスチナ問題という癌から生まれた反ユダヤ主義の新しい波アラブイスラム諸国全体に広がり、マンハッタンのツインタワーの破壊イスラム世界の抑圧を正当化するためのユダヤアメリカ陰謀だとする噂までが世界的に広がる。

その隣人のイスラエル人のほうでは、テロがあるたび「アラブ人に死を」を叫ぶ。ユダヤ世界に反アラブ主義が広がる。西洋各国でユダヤ人の代表と自らを称する「共同体」組識がユダヤ人の世界をイスラエルへの無条件の忠誠の中へひきこもらせようとしている。

お互いを強め合う二つの憎悪弁証法、二つの軽蔑−−植民地化されたアラブ人にたいするイスラエル人支配者の軽蔑、そして伝統的なヨーロッパの反セム主義のあらゆる要素から養分を受ける新しい反ユダヤ軽蔑−−の間の弁証法が輸出されていく。イスラエルパレスチナの状況の悪化とともに、二重の思考麻痺、反ユダヤ的なそれとユダヤ中心的なそれが、ユダヤイスラムの民が共存しているあらゆるところへ広がっていく。イスラエルパレスチナ問題という癌は世界じゅうに転移しつつある。

フランスのケースは多くを語る。アルジェリア戦争とその傷痕、そしてイラク戦争にもかかわらず、イスラエルパレスチナ問題の癌にもかかわらず、ユダヤイスラムの人々はフランスでは平和に共存してきている。

にもかからわずセグレゲーションが始まっている。イスラエルに同一視されるユダヤ人へのひそかな恨みがマグレブ出身の若者の中にくすぶっている。一方で、ユダヤ人共同体のためとされるユダヤ人組識が、フランスの国の中でユダヤ人への例外的扱いと、イスラエルとの無条件の連帯を存在させ続けていく。

シャロンによる仮借のない弾圧が、心の中の反ユダヤ主義を、シナゴーグや墓地への攻撃といった、憎しみの最も激しい行為へと変えていく。しかしそれはリクードの戦略を強化する。すなわち、フランスではユダヤ人の安住の場所はなく、反セム主義が戻ってきたと証明し、彼らがフランスから離れイスラエルへ移住する動機をあたえるというものだ。われわれはこれと反対に、イスラムユダヤの人々の間の連帯を作る力としての市民についてのフランス的な考えを動員するべきではないだろうか。

セム系の人々−−今日40%以上のイスラエル人がアラブ諸国から来ていることを忘れてはならない−−はいつの日か自分たちのアイデンティティが従兄弟の関係にあること、言語が近しいこと、同じ神をいだいていることを認めることができる。自由を求めることで有罪とされている人々にふり下ろされる途方もない懲罰は、やっと、世界に控えめがちな非難以外のリアクションを起こすきっかけとなるだろうか。国連が介入軍を導入することが可能になるだろうか。シャロンは自らの政策を放棄しなければならなく可能性はある。

2001年9月11日には、しかしそれどころかシャロンを元気づけるような電気ショックがあった。アメリカの「テロとの戦争」は、彼がパレスチナレジスタンス西洋に敵対するテロリズムの中に含めることを可能にした。イスラエルパレスチナの直接の対決が、二つの国の間ではなく二つ宗教、二つの文明の対立となるといったぐあいに。そしてシャロンが、原理主義の野蛮に対する大十字軍の一員として登録することを可能にした。

実は逆の電気ショックもやってきた。あらゆる国連決議に従って1967年の国境線を回復することを条件に、すべてのアラブ諸国イスラエル存在の最終的に承認するというサウジアラビアの提案である。この提案は国ぐにの間の包括的な平和を可能にするだけでなく、イスラム聖地責任を持つ国から永続的に認められるであろう宗教的な平和を可能にすることになるかもしれない。したがって、国際社会保証を含むある合意に達するための国際会議を開催できる可能性はある。

いずれにせよ、極めて大きな責任を担うアメリカは、イスラエルに対し、援助を凍結するという威嚇によって決定的な圧力を加える力を持っており、また安全保障同盟を結ぶことで決定的な保証を与える力も持っている。

問題は単に中東だけのものではない。中東は、東と西、北と南、富める者と貧しい者、非宗教宗教、複数の宗教どうしが対立する、世界の震源地である。イスラエルパレスチナ問題という癌が地球上に放とうとしているのはこうした対立なのである。問題は、真実正義が解きがたく結びついている紛争というだけのものではない。それは、われわれの世界を蝕み、連鎖的に次々と地球規模の破滅的事件をもたらす問題なのである。


文章が書かれたのは、ジェニンの事件の2か月あとで、事件に際してのイスラエル軍の行動やイスラエル政府のあのときの態度に対する書き手たちの怒り、それに続く言論界における緊張のようすが今読んでもはっきり伝わってくる。

その後さらにさまざまなことがあった。そして、不幸なことに、彼らの描いた憎悪スパイラル、紛争の世界中へのそしてフランスへの転移はそれからさらに進行していった。

イスラエルによる分離壁建設、それとセットになったようなガザからの撤退宣言、アラファト軟禁と死、自治政府の治安機能低下とテロの激発、自らよりもさらに過激な者たちを抑えられなくなってきていたシャロンの−−健康上の問題とあいまった−−政治的生命の終り、ハマスパレスチナ自治区での議会選挙勝利、そして3月15日イスラエル軍によるエリコ刑務所襲撃。その間にフランスではイスラエルパレスチナ問題の転移によるユダヤ系の住民とイスラム系住民の対立、両者のフランス社会に対する不満は深化した。

そしてこの文章の運命そのものが、紛争の転移の中に皮肉にも巻き込まれた。

3人の執筆エドガール・モラン、サミ・ナイル、ダニエル・サルナヴとル・モンドの社主で主筆のジャン=マリー・コロンバニは二つのユダヤ系団体から、この記事が人種差別侮辱にあたるとして告訴された。2004年5月にナンテールの大審院では無罪判決がいったん出たが、翌年6月26日、ヴェルサイユの控訴院で訴えが認められ、逆転敗訴となった*2ペナルティは2つの団体に払う1ユーロの象徴的賠償金とル・モンド紙への有罪判決広告掲載という最低限のものであったが、何よりも人権や差別とたたかっているはずの3人の著者とル・モンドが、人種差別の廉で法的に裁断されるという屈辱をこうむることとなった。モランはすでに1997年9月11日リベラシオンで、2002年の連名記事のと論理の骨子を共有する「イスラエルパレスチナ 二重の視点 Israïl-Palestine : Le double regard」という文章*3を発表しており、2002年の記事の発表は長年の確固たる信念に基づいているものだが、84歳になって人種差別主義者の刻印を捺されたショックは大きく、判決直後のリベラシオン紙のインタビュー6月29日)では、「いかなるときいかなる相手にもレッテルばりを避け、それを信条としてきた自分の一生を否定された」という趣旨の発言をしている。

3人の執筆者とル・モンド社主へのこの判決に対しては、ユダヤ系の知識人を含む多くの人の抗議があったが、抗議運動は言論界をたばねるほどの盛り上げは見せなかった。代りにユダヤ系組識からの攻撃は執拗に続いている。一方、ユダヤ人パレスチナ占領に憤りを感じる人々からは、この文章は、そのイスラエル批判のトーンの強さゆえに好意的に迎えられはしたが、自爆テロ宗教意味づけをして政治的に利用することへの批判の部分が真剣な問いとして受け止められることはなかった。執筆者と新聞が訴えられ有罪とされた事実が、フランスの言論が「シオニスト」に支配されている例証にさえ使われるようになった。その出自を異にする複数の書き手によって和解の糸口をめざして書かれた論文が、皮肉にも、悪循環にすくいとられ、その悪循環をさらに深めるのに貢献する道具してさえ使われることとなった。

すでに裁判判決に先立ち、2002年6月の記事から2年もしない2004年2月18日にモランはルモンドに「反セム主義、反ユダヤ主義、反イスラエル主義 Antisémitisme, antijudaïsme, anti-israélisme」という記事*4を書き、ユダヤ人自身そしてイスラム世界における、これらの概念の混乱、ユダヤ人シオニズムイスラエルの同一視を問題にし、概念の切り分けを行った。イスラエルの行動とこれらの概念の混乱の組み合わせがユダヤ人全体に対する新たな迫害を生み出しつつあることに対する恐れがそれを書かせた。自らが2年前に恐れた事態がはるかに進行している地点で、彼はあらたな対応をせまられることになっていた。記事をモランは次のように結んでいる。


パレスチナ人が今日辱められ、侮蔑されていることははっきりしており、いかなるイデオロギー的理由をもってしても、彼らに対する共感をわれわれから遠ざけることはできない。たしかにイスラエル侮蔑し辱める側だ。しかし、反ユダヤと化した反イスラエルテロの中には、ユダヤ人存在そのもの対する究極の侮蔑がある。ユダヤ人を男も、女も、子供も関係なくまとめて殺すこと、ユダヤ人すべてを殺すべき獲物とし、せん滅すべきネズミとすること、それはユダヤ人全体を辱め、傷つけ、侮辱することである。シナゴーグを襲撃し、墓を汚すこと、すなわち聖なるものを冒涜すること、それはユダヤ人を不浄のものと扱うことである。ユダヤ人に対する恐ろしい憎悪パレスチナで、そしてイスラム世界で生まれていることは確かだ。その憎悪は、ユダヤ人すべての死をめざしているものであるとしたら、恐るべき辱めである。激しい勢いで広がる反ユダヤ主義はユダヤ人の新たな不幸を用意する。そのようにして、またもやとめどないしかたで、辱め、侮蔑する者が、自ら侮蔑する者であり、再び辱められるものとなるのである。同情や憐れみの情はすでに憎悪と復讐心の氾濫の中に溺れてしまった。この恐ろしい事態の中で次のように言う以外に何かことばがあるだろうか。メーテルリンクの『ペレアスとメリザンド』の中で老王アルケルは悲しくこう言う−−「もし私が神だったら、人々の心に憐みをいだくだろう。」*5

*1:原文は、ル・モンドサイトでは有料領域に入っているが、いくつかのサイト転載されている。例えば http://www.monde-solidaire.org/spip/IMG/pdf/Israel.pdfPDFファイル

*2:上の訳文で17段落目の「追われた者たちの国、人類歴史の中で最も長く迫害され...」以下ののくだりと、22段落めの「ゲットーというアパルトヘイトの犠牲者の子孫であるイスラエルユダヤ人パレスチナ人をゲットーに押し込め...」以下のくだりが問題となった。

*3:再録するサイトのページは : http://nicol.club.fr/ciret/bulletin/b12/b12c13.htm

*4:再録するサイトのページは : http://www.communautarisme.net/Antisemitisme...

*5:第4幕第2場

polpol 2006/03/19 21:20 こんにちは。お久しぶりです。
力作ですね。以前ざっと読んだことがありましたが、こうやって前後の事情の説明を加えてまとまった形で提示してくださったことに感謝です。
一見してパレスチナ問題と関係の無いように見えるところに(知的なmilieu でも、actualitéでも)この問題が影を落としていることがままある、ということに気が付くまでにある程度時間が必要だった者としては、なんでもっとこのエントリーを早く書いてくれなかったんだー、といったところです。
*2で指摘されているような点がよく問題にされるわけですが、パレスチナの大義が国際社会で認められたことに対する対抗軸としてこの「イメージ」を固有のものとして維持し続けたいのでしょうか。
猫屋さんが数日前のコメントで修正主義者だ、と認定された個人的体験について書かれていましたが(ありえそうだなー、とお気の毒になりました)、4、5年前はここまで硬直した状況ではなかったんですか?(漠然とした質問ですが)ではお邪魔しました。

猫屋猫屋 2006/03/19 22:54 猫屋の個人的体験をもう一度書くと。
一ヶ月ほど前のパリでの夕食時に、もう10年近く友人のイスラエル女性たちと食事していてどうしても風刺画の話から(ワイン飲みつつ)地域大局の話に行ってしまったわけだ。シャロンと壁批判(猫屋)に話は流れ、“ムスリム社会構造は遅れていて政治と宗教を分離できない”さすれば“壁を作ってテロリストから自分達を守るのだ”という主張(プロイス)になる。で、最後はホロコーストまで話はおよび“収容所にいたのはユダヤ人だけではなく、ロム・共産主義者・社会主義者・レジスタンス・身体・精神障害者・ホモ等もいた”(猫屋)がホロコースト絶対主義に反対すると“猫屋は歴史修正主義者だ”と弾劾された。そういうことです。この友人、2年ほど前はイスラエル内部での差別について話していたのが、最近はシャロン支持・自己防衛以外の話はしなくなっている。

プライベートなディナーで、このあとは無難な話で無理に盛り上がらせて終わったんですが、さすが悪酔いした。イス友人は最近テルアビヴから移民してきたわけですが、世界中旅して、食事制限を別とすればシナゴーグに行くタイプでもない地中海型遊び人。ただ、パリではいつも監視され、いつ攻撃されるか心配だと言っている。この友人の反応は、イス国内ではパレスティナ地区に入ったことがないのにパリでは“分離”がないことと、単なるホーム・シック=パリ症候群になってるのが原因だと思いたいです。また、逆の硬化反応は、プロパレ・サイドにも見られるわけですが、2002年の記事が書かれた時点では、まだこの記事に“違和感”は感じられなかった。911から侵食はジワジワと始まり、最近ではこういった日常のレベルでもまず目の前の人のオリジンを想像する、、といった“息がつまる”情況です。

イス・パレ問題に関して言えば、ひとつの領土上にふたつのヴァーチャルな“歴史”と“国家”が存在していて、そのふたつにまったく共通点も交流点もないところまでに行き着いてしまったということだと思います。実際には言語的にも習慣的にも人種的にもまた宗教的にも近しいはずなんですが、、。
また“ユダヤ性”が厳密な意味での宗教でも、言語でも人種でも政治性でもないことは強調していいでしょう。逆説的ですが、ユダヤ性においても政治とある種の“歴史信仰”が未分離です。長くなりましたが、投稿。

ぴこりんぴこりん 2006/03/20 01:53 これだけの(量的というよりは、質と歯ごたえが)文章を翻訳されたことに感謝です。

英国は、新聞社によって明確にどっちよりかに分かれている上に、BBCに至れば社内でも相当割れているのではないか、とときどき思うことがあります。

中東での経験が長い友人は、「20世紀に始まった話ではない」と言っていたので、私はうかつな分析や意見は控えるようにしています。

ぴこりんぴこりん 2006/03/20 02:08 すみません、言葉が足りませんでした。「うかつな」というのは、fenestraeさんや猫屋さんのように、欧州における論理知のバックボーンがあり、現代史の精緻な読み込みをしている方々とは次元の違う、ただの歴史好き素人である私が、軽々しくナイーブな発言を意見としてオンラインという公共の場で請け負う責任を負えない、ということです。
・・・そうなんですね、欧州の社会科学系の古典もほとんど読んでませんから、今起こっていることだけを見て判断する、なんてとてもとても・・・。

猫屋猫屋 2006/03/20 02:23 ぴこりんさん、猫屋はトンデモ歴史オンチですが、なにか?(笑)。いや、本当に困った問題なんだけど、困ったたんびに口をつむぐことも、困った問題の助長になったりするんで、困りますよね。でも時間かけて、信頼できるメディアを見つけて丹念に読んでいるとオボロゲにでも、ですが見えてくる部分というか大枠はあると思います。fenestrae師の実証主義と猫屋の印象主義を比べてはいけないんですが、、。あと、ここではあちら側こちら側現地人の話を直に聞くことができますし。

ご挨拶が遅れたが、pol氏、お久しぶりです。

polpol 2006/03/20 06:44 ぴこりんさんが指摘されていたように、社によってこの問題についての立場がある程度明確な場合と、その時々の出来事による判断や記者ごとの考え方の違いなのか、そう単純でもない媒体もありますね。もちろん単純なレッテル貼りをするよりは、そこを冷静に見極める努力をこちらも続けるべきなのでしょう(しんどいけど)。

猫屋さんお久しぶりです。この問題、やはり身近な人に質問するのは気が引けるんですよね。遠まわしに聞いてみたり。こういう話もできる邦人もいることはいるんですが、この何年かの雰囲気しか実感として知らない人ばかりなのでそれで質問させていただきました。本を読んだり新聞記事で理解できることももちろん大事なのですが、その時々の周囲の雰囲気を容易に想像していいのかどうか、迷うことが多いんです。

> 日常のレベルでもまず目の前の人のオリジンを想像する
わかります。やたら百科事典(Wikiも含めて)で調べものをする回数が増えました。差別や区別をしたくない、と思うと個別的なバックボーンに配慮がいると思うので、行ったことがなくてもやたらいろんな地域の豆知識だけは増えてしまいました。

冷戦体制終了・湾岸戦争・9・11ってくるなかでどんどん硬直化してきたのかと。アラブ世界は国ごとに歴史も立場ももちろん違うし、イスラム原理主義だっていろいろありますし。
なんにしろ、歴史的地理的連続性を日々実感させられてしまうんですよね。

猫屋猫屋 2006/03/20 07:09 10年前のエルサレムは誰でも観光に出かけられる都市でした。さすがにパレスティナ地区に入ろうとするフランス人に同行するイスラエル人はいませんでしたが、、。10年ひと昔ではなく10年大昔の観が確かにありますね。ロシアからの移民も同時に始まりましたし。

fenestraefenestrae 2006/03/21 08:07 polさん、猫屋さん、ぴこりんさん
また別に何か書くと思いますが、ここでは適当に思い付くまま。
空気が変わっていったのを私が感じたのはやはり2000年夏のキャンプ・デイヴィッド合意の失敗→シャロンのモスク訪問→第2次インテイファーダのときからですね。
95年のラビン暗殺は一つの予兆であそこから何かが変わっていたけど、少なくとも2000年夏までは希望があった。クリントンが沖縄サミットへの出席を一日遅らせてギリギリまでねばったあのときが世界が、何かこれからよくなるかもしれないと思った最後の日のような気がします。
猫屋さんが言うようにエルサレム観光というのは普通で、私もラビンが殺されたまさにその日に、直前にエルサレム観光から戻った友人と話をしていて、おみやげをもらったり、写真をみせてもらっているところでした。
そして2000年の夏のあと、ブッシュが最終的に法廷争いで勝ったあのおかしな大統領選挙、9.11が続く。
そしてフランスの空気が完全におかしくなったと思ったのは、2002年のジェニンの直後。
ちょうどそのころユダヤ人とも「アラブ人」ともかなり密接に日々接していたのでなおさらでした。
あのあとから日常会話でもかなり気を使うようになった。
イラク戦争のときのフランスの議論でも、知識人の立場のとりかたに、この問題がきり離せないことが多い(そういって、親米よりだった一定のグループの知識人の名前をを列挙するだけで、もうポリティカリ・アンコレクトの領域に入ってくるわけですが)。
そしてバンリュウ騒動問題への評価にも影を落としている。フィンケルクロートなんかのディスクールの変化をここ10年たどっていくと一つの典型が見えるのではないかと思います。
そしてこのプロ・パレスチナ−プロ・イスラエルの軸ができると同時に、この軸に直角に、反コミュノタリズム(一なる共和国派)という軸がはっきり突き刺さってきた。
パレスチナ−イスラエルをアラブ−米、第三世界−欧米、非西洋−西洋、植民地−帝国というように際限なく投射して一次元上の二元論で割り切る人たちにどうしてもわかってもらえないのは、フランスにおけるこのもう一つの軸の重要さ。

polpol 2006/03/25 23:43 猫屋さん、fenestraeさん、個人的な体験をまじえてのコメント、興味深く読ませていただきました。
この問題が共和主義、植民地問題、ヨーロッパ内部でのユダヤ人の歴史etc...と様々な問題と絡み合っていて、途方に暮れることもしばしばです。
このような不幸な判決が下されたにも関わらず、そして、場面場面で誰の名前を出すか出さないかについての息苦しい判断を強いられるという困難な状況にも関わらず、新聞・雑誌・書籍・ドキュメンタリー映画等、様々な媒体が常にこの問題を取り上げ続けている努力は大したものだな、と思います(脱線しますが、日本と比べてフランスではサイードの影が薄いな、と。もちろん翻訳もありますし、一定のネームバリューはあると思いますが、他に参照すべき専門家の書籍が多数存在するからかなー、と)。ではお邪魔しました。

猫屋猫屋 2006/03/26 13:48 ども、polさん。も少し続けてみますね。
『オリエンタリズム』の仏訳は、今はどうだか分かりませんが、在庫なし状態で英語ペーパバックスを買い、それから日本の文庫版購入しました。(けれど完読はまだ)私自身の興味はこの本のテーマにではなく、かえって扱われているトックヴィルなりルナンなりへの批判部にあって、テーマ自体はフランス全体の知識人にとは言わないまでも、ある部分の知識人や一般人にはすでに『オリエンタリズム内部で』内在化されているではないかと、私は感じているわけです。それが明確な形で認識されているのか、あるいはフランス国民が移民を『同化』してきた過程で薄らいでいったのか、あるいは『民俗学』批判等を通じた自己批判的な形で行われたのかは私には明確には見えてないのですが。また、サイードが米国に拠点を置くイングリッシュ・スクールの一員だということもフランスでサイードがレフェランスとして語られることはあっても、メイン・ストリームになることはない原因のひとつかと思います。アメリカ-イス・パレとフランス-イス・パレの物理的距離の違い、と一言で言いたい気分にもなる。まあ、アプローチの違いでもいいんですが。

あともうひとつ。イナルコ出で仕事上近・中近東に通った経験もあるし、パレスティナ領土にも出かけていった人間が、世界中のジャーナリストがイス・パレに集まりすぎだと憤慨していました。奴に言わせると、政治的重要性はわかるがもっとひどいところは世界中に五万とあるというわけです。そしてジャーナリストの集中は、双方陣営テロのエスカレートを助長する、という。ふむ、こういった見方もあるんだな、と思ったわけです。(これは7年ぐらい前の会話だったか、、)

polpol 2006/07/14 06:36 この有罪判決、昨日Cour de cassationで破棄されましたね。
大家さんがお休み中だし、随分前のエントリーですが、気になったので一言コメント。

polpol 2006/07/14 06:38 すいません、上のコメントに日付を入れ忘れました。2006年7月12日です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/fenestrae/20060318
 |