ログイン
記事の一覧
4.前を表示|次を表示6.

2004-08-19

大学の自治」−−死語辞典エントリー? 「大学の自治」−−死語辞典エントリー? - fenestrae を含むブックマーク Add Star

8月13日に沖縄国際大学米軍のヘリコプターが落下した事件で、地位協定をたてにとった米軍の現場立ち入り処理に主権侵害の声があがる。私も同じ声をあげたい。しかしニュースをひととおりチェックして見つけられないキーワードがある−−「大学の自治」。

国家の主権」もさることながら、その前に「大学の自治」はどうなっているかと問われないのはなぜか。国家の自治さえ危ういようすではそんな問題設定は絵空事だろうか。

大学構内の暴力的紛争について自国の警察でさえ入れる入れないで大問題になっていた時代がある。さらに時代を遡れば、大学構内に入った警官の手帳を劇団サークルの学生たちが押収したことが合法かどうかで最高裁まで争ったことがある。それを考えるとシュールレアリストな感じがする。日本という同じ国のことだ。学生、教員がピケを張って外国の軍隊の侵入を阻止するというイメージのほうが2004年の日本ではシュールレアリストなのだろうか。無責任に扇動するというつもりはないが、ただそういうイメージが反射的に人々の頭の中に浮かぶ時代の空気が20世紀後半の日本歴史にはあったということは思い返されてもよい。大学人の感想を聞きたい。

手元にある本の第二次琉大事件(1956年)を記述するページにある写真でデモの学生たちが掲げる横断幕には、こんなことばが記されていた −−「沈黙沈黙!この沈黙を破らなければただ滅亡あるのみ 魯迅」。

◆思わず、またまたブログの方針を離れて外国メディア紹介を介さず直接コメントしましたが、この事件関連の英、仏語圏の記事では :

Un hélicoptère militaire américain s'écrase au Japon Swissinfo 13 août 2004 09:58(事件についての短報)

U.S. handling of helicopter crash irks Okinawa 17 Aug 2004 08:46:32 GMT事故処理をめぐる地元の反応について解説)

◆追記(8月25日)琉球大学の学生の方がこの問題を扱う日記をはてなに作っているのを知る

http://d.hatena.ne.jp/porque/
Bravao!


ソヴィエト・ディナール」−−ブッシズム辞典新エントリー 。 「ソヴィエト・ディナール」−−ブッシズム辞典新エントリー 。 - fenestrae を含むブックマーク Add Star

ブッシュは「ソヴィエト・ディナール」について語る

Bush speaks of 'Soviet dinar'

From correspondents in Hudson, Wisconsin

AFP - The Daily Telegraph (Australia) August 19, 2004

アメリカ合衆国のジョージ・W・ブッシュ大統領は今日「ソヴィエト・ディナール」について語った。ロシアのルーブルとイラクのディナールを混同してのものらしい。

ブッシュ大統領が、フセイン政権下で腕を切り落とされた男性と今年の初めにホワイトハウスで会ったことを思い出しながら、宝石商のその男性は通貨の闇両替で処罰されたと語った際の発言。

US President George W, Bush spoke today of "the Soviet dinar," – appearing to mix up the Russian rouble and the Iraqi dinar.

Recalling a White House meeting earlier this year with an Iraqi man who had his arms cut off by the Saddam Hussein regime, Mr Bush said the man, who worked as a jeweller, was accused of illegal currency trading.

この発言を記録する一番確かなニュースソースホワイトハウスサイトから引用してみよう。

August 18, 2004

「ブッシュ大統領に聞く」会における大統領の発言

Remarks by the President at "ask President Bush" Event

Lakefront Park Hudson, Wisconsin 3:28 P.M. CDT

なるページにある。

とにかく、その男たちが入ってきた。私は感情を揺り動かされていた。男たちもそうだ。それで私は言った、どうしてあなたがたが?男が言うには、サダム・ディナールが下落したからだと。彼は商売人、小事業主だった。税制上どんなレヴェルのかは知らないが。とにかく小事業主だった。そしてある時、彼はディナールを別の通貨、ユーロだかドルだかに変えた。ゴールドを買って製品をつくろうと。が、ソヴィエトママ)ディナーの価値が下がっていたので、サダム・フセインはその男を引きずり出して罰した。ほかの6人の商売人たちもそうだ。自国の通貨の下落のために。サダムは簡単にこう言ったそうだ。お前だよ、こっちへ来い。そして男の手を切り落とした。

Anyway, so these guys walk in, you know, and I was emotional, they were emotional. And I said, why you? He said, the Saddam dinar had devalued and -- he was a merchant, a small businessman; I don't know if he was a sub-chapter S corporation or not, but he was a small businessman. And he had sold dinars on a particular day to buy another currency, euros or dollars, so he could buy gold to manufacture his product. And because the Soviet (sic) dinar had devalued, Saddam Hussein plucked this guy out of society to punish him, and six other small merchants, for the devaluation of their currency. He just summarily said, you're it, come here -- and cut his hand off.

「sic(ママ)」というのもホワイトハウスサイトからそのまま。公的・歴史的ドキュメントということで、ホワイトハウスは「ブッシズム」には修正を加えないで掲載するというが、"sic" はブッシズム検索キーワードになるなと今きづく。

AFPフランス語版の記事「ジョージ・ブッシュ、「ソヴィエト・ディナール」を発明 George Bush invente le "dinar soviétique"」では lapsus 「言い間違い」ということばを使うが、これは単独でも「lapsus freudianフロイト的言い間違い」を含意することが多い。悪の帝国、悪の枢軸という言葉を使う彼の思考の体系を垣間見る気がする*1

*1ブッシュはこの演説で、この件のでてくる前の部分で、ソヴィエトの脅威はもうないとして欧州の駐留軍削減の理由を説明するが、この部分の彼の表現も、よく読むと時間概念がむちゃくちゃでブッシズム・エントリーの候補である。 「 the Soviet era is no longer a threat.ソヴィエト時代はもはや脅威ではない。」

▼名前
▼内容
▼画像認証

4.前を表示|次を表示6.
●ウェブ検索●