finalventの日記

2004-08-22

それと成長ホルモンリリーサーの働きがある

 のだが、これについては……、この分野の研究はどうもドーピングに近いようにも思える。それほど効果もないとも言えるのだが…しかし。

人気はあるが、効果はない!? アミノ酸飲料への大いなる誤解

 残念ながらこの批判はあまりあたっていない。

 スポーツ科学ではきちんとデータが出ている。

はてなQ アミノ酸飲料、また、最近出てきたペプチド飲料が健康に良いという科学的、医学的根拠が知りたいです。

 きちんと答えるだけの気力はないのだが、骨子は以下。

 まず、健康にいいか、というのは検査法による。

 ペプチドによっては吸収のために特化された受容体が存在する。

 あと、既出の回答関連についてのコメントだが、肉などたんぱく質を消化したアミノ酸と単体のアミノ酸では摂取短時間後の血中濃度が異なる。

 また、アミノ酸はそのバラエティによって脳幹への吸収を、それ事態を競合させることで緩和している。ところが、BCAAなどはそれが偏向するので、例えば、セロトニンの短期間のブロックなどが可能になる。同種の傾向は特定の単体アミノ酸にも言えて、それゆえにWHOは単体アミノ酸の摂取を危険している(という資料を紛失している。誰か知っていたら教えてくれるとたすかるが、ま)。

 推測だが、恐らく人間の身体は単体なり特定のアミノ酸群を摂取するようにはできていない。ので、それを特定条件下でコントロールするかのような特定アミノ酸摂取は、潜在的に危険だと、私は思う。

 ペプチドについては、もう少し難しい。なぜ、受容体が存在しているのか? ある種の食による身体コントロールのフィードバック機構なのだろうとは思う。曖昧な言い方だが。

Latest SP2 Flaw Bypasses IE Security Zone

Security researchers have discovered another vulnerability in Windows XP Service Pack 2, but it doesn't appear to be an immediate threat.

 なんかジョークのようだ。

そういえば今日は七夕

 墓掃除だな。

「飛行再開認めない」 四軍調整官に稲嶺知事抗議

稲嶺恵一知事は21日午後、米軍ヘリ沖国大墜落事故に謝罪するため、県庁を訪れた在沖米四軍調整官のロバート・ブラックマン中将と会談。「事故原因の解明も公表もされていない。飛行再開は断じて認めるわけにはいかない」と強く抗議し、あらためて普天間飛行場での全面的な飛行禁止を求めた。

plone.jp portal - plone.jpへようこそ

 このあたり日本ではどうかな。Pythonだしな。

数式処理システム Maxima

 もっと学習者向けなものはないものか…。

はてなQ 虚数がどういうものなのか「中学生でも分かり、虚数を知らない大人がその説明をきいただけで基本問題が解ける」サイトを教えてください。

 これは、通常、我々が「数」と呼んでいるものをどう捕らえるかによる。

 人間にとって自然な数は、洒落みたいだが、自然数であり、これは、カントール的にカウンタブルなものだ。3-2=1というとき、3個から2個取ると考える。この考えだと、2-3=-1というとき、これを借財と見るなら、カウンタブルなイメージとしている。しかし、中学ではこのあたりで、ちょっとインチキに、実はベクターの概念をまぜている。しかも、ベクターだと数の集合としてはカーディナルをこっそり変えて実数になる。

 虚数は数学的にはむしろシンプルな数の概念だが、この各種回答例のように暗黙的に演算の要請とみるのはいかがなものかではある。

 基本的に二元の数の一例なので、i^2=-1というのは、ベクターのイメージでしかない。

 むしろ、できるだけ初期の時点で二元の複素空間のイメージを与えたほうがいいのではないか。ハミルトン数などをすんなりと接合できるような全体像が重要だろうとは思う。

 ふと思ったのだが、虚数は二次式の解xが、グラフで描くとき、x軸と交わらない、つまり交点を持たないわけだが、このあたり、複素平面で交点を示すような3Dグラフィックというのはないのだろうか。

 数学というのは、解析もそうだが、思考しているとき、基本的に、ある種の3Dグラフィックスのようなものを想定している。その基本イメージをどう学習者に与えるかがとても重要だ。

 が、意外に日本の通常の理系というのはそういうイメージの理解ができていない。というか、言われたことを演算しているだけで、演算の意味を理解していない…ように思われる。

ブッシュ陣営、ケリー氏中傷広告への関与を否定

マクレラン大統領報道官は、「われわれは一連の広告に一切関係していない」と明言するとともに、同団体が「ブッシュ陣営の選挙運動の隠れみの」であるとしたケリー氏の批判を一蹴(いっしゅう)。ケリー氏が「冷静さを失っている」と述べ、不快感を示した。

 ケリー側がおかしいと思うね。ケリー軍歴疑惑は突っ込まれてもしかたない。

ゴーログ トラックバックランキング新装開店!?[トラックバックランキング]

また、「週刊!木村剛」が掲げているひとつの重要なポリシーは、ブログスターを世に送り出すということですから、そういう意味で、ブロガーたちを紹介するという試みとしては、秀逸なブログを選び出す「BLOG of the Week」だけでだけでは正直足りないと思うんですね。いかに優れていると思っても同じ人ばかりを頻繁に選ぶわけにもいきませんし。そこで、私自身は、何かブロガー自身を前面に出すコーナーを持ちたいと考えているわけです。 

 ふーん。

日経社説 エネルギー戦略の再-構築が必要だ

 まじめくさっているが何が言いたいのかわからん。

 日本の場合、石油の精製技術を高めておけばいいのではないか。国は縮退するし、石油の需要が上がるわけもない。原油の価格は市場原理に従うので、フランスやソ連がイラク戦前にやった、また中国が今やりつつあるルール違反がなければ、品質に従って適正な価格で循環する。

 だから、日本は粗野なのを精錬して慎ましく使っていればいいじゃんか。そんだけ。

毎日社説 農政改革 バラマキ復活の道を閉ざせ

 新しい直接支払い制度の具体的な姿はまだ見えない。しかし論点整理では「国民の理解と納得を得ていく必要がある」としている。農業支援の財源は税金と国の借金だ。その使い方には、これまでとは比較にならない厳しい国民の目があることを自覚して政策を具体化しなければ、農業団体や族議員は国民の中で孤立するだろう。

 そうかな。

読売社説 [『核』防護対策]「原子力施設の守りを確立せよ

 読売も産経みたいな喇叭を吹くようになったな。

朝日社説 熱い都市――水を打ちつつ考える

焼け石に水、などと笑うことなかれ。地球や都市の未来を考えながら水を打ってみるのも一興ではないか。

 一興というだけね。あほくさ。

 水撒いているより、植物を植えろ。それも地に影を落とす植物を。影ができれば水が保てる。

 それと、エアコンの買い換えに施策的な圧力をかけろよ。

giraudgiraud 2004/08/22 23:35 以前某牛乳屋で聞いた話なんですが、今のアミノ酸飲料の先駆けともいえるV○○○はちゃんとダイエットにも効果があるようでした。続けて効果のある人と無い人に別れると聞いた時は苦笑いしつつさもありなん、と思いましたが。食後すぐに体の暖かくなるタイプの人に効果的だそうです。褐色脂肪細胞の代謝の問題だったと思います。

finalventfinalvent 2004/08/23 05:55 giraudさん、ども。V○○はアレ、蜂のなんとかでしょうか。アレだとすると面白いシロモノですね。話はそれますが、基礎代謝の個人差は不思議なものですね。おそらく、少ない方が長生きするようには思いますが(酸化ストレスが少ない)。

あ 2004/08/23 09:28 ハミルトン数は4次元だし、2次式のグラフを複素数に拡張すると4次元になってしまう。だから図形的にとらえるには何らかの射影(情報の切り捨て)を考えないといけないわけで。情報の切り捨てを行わずに統一的に扱うとなると群論になってしまうのだが・・・・・・。

finalventfinalvent 2004/08/23 15:30 あ、さん、ども。群論、そうですね。このあたり、なんか視覚的なイメージなにならいか、と。ただ、数学というのは、学の本質としては視覚的ではない。でも、思考というのはどこかしら視覚的なものだなという感じがしています。

giraudgiraud 2004/08/23 16:12 ハチのなんとかです。こちらに詳細が。
http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/patent/1999/no11/
基礎代謝の少ない人が長生き、そんな気がします。じゃあ自然治癒力とかはどうなっているのかな、とつい考えてしまいます。まあ酸化ストレスは酸素呼吸を採用した時以来の業みたいなものですが。

finalventfinalvent 2004/08/23 17:32 giraudさん、ども。この資料読んだことあります。率直なところ胡麻臭いというか疑似科学の印象を受けるのですよ。単にそう頭ごなしに決めつけるというものではないのですが、なんとも。ただ、これって、アミノ酸の作用なんでしょうかね。オクタコサノールとか?

giraudgiraud 2004/08/23 19:02 BCAA(分岐鎖アミノ酸)の補給が有酸素運動下のエクササイズに有効だとの報告もありますね。代謝に足りない成分を補給してやることで全体を動かしてやる、といったイメージでしょうか。V○○○の組成がベストだということではないようです。オクタコサノールはよく分からないですが、別の作用機序だと思います。

あ 2004/08/24 02:27 図示によって直感的に理解できる情報量はたかだか三次元。
思考というものがどこかしら視覚的ならば、
現代数学は人間の思考から相当乖離したものになっているということですなぁ。
まあ、先人たちの積み重ねの結果、
無理のないところはほとんど食い尽くされたということなんでしょうが。

finalventfinalvent 2004/08/24 06:25 あさん、ども。そのご指摘は当たっているようにも思います。別件で、藤原正彦「遙かなるケンブリッジ」を読みかえしていて、ベイカーのくだりでそう思いました。ただ、視覚=図示できる、というのを視覚性は越えているようにも思います。バッハなど意図的な面もありますが、視覚的というかグラフィカルな印象を受けます。均衡と美の関係のようなものは、思考の背景というか基底にあるのだろうと。ま、ねじれますが、純数学は違うのかもという感じはします。

最新コメント一覧