finalventの日記

2004-09-30

民工潮

 出稼ぎ目的の農村からの都市への大量の人口移動現象のこと。以前は「盲流」と呼ばれたが、こうした動きを積極的に位置づけようと、民工潮の呼称が定着した。北京上海、広州など沿海の大都市には数百万人の出稼ぎ農民が居住し働いている。

 国家統計局の農村調査チームの調査によると、2003年に出稼ぎをした労働者は1億1390万人に達した。これは農村の労働人口の23.2%に当たる。

そういえばサガン

 ⇒愛と同じくらい孤独

 こういうのを今の30代のいわゆる負け犬さんたちは読むのだろうか?

 もっともそういうラベリング(負け犬)はどうでもいいと言えばいい。

 私は率直に言って、男性と女性は違うのかもしれないが、30代の孤独には耐えられなかった。ちょっとした運命の転機がなければ、ポルトガルの沖で死んでいたかもなと思うことがある。

 そういえば、山本容子、離婚していたのか。ちょっとショック。

 ⇒山本容子さん離婚告白

 ついでに⇒山本容子オフィシャルサイト

2004 US Presidential Election Winner Takes All Market

 ちょっとブッシュ下がる。討論会でブッシュがヘタを打つとまだ逆転する可能性はある。

神浦 もしブッシュ大統領が再選されれば、私にはアメリカという国がわからなくなる。

 これが国連主導の選挙なら、イラク国民はそれほど激しい反米感情をむき出しにしないと思う。もはやどうあがいてもアメリカのイラク統治は失敗している。今はテロとの戦争を掲げてイラクに攻め込んだ、米国の正当性が問われているのである。独裁者フセインは軍事力で追放したが、独裁者金正日はなぜ軍事力で追放しないのか。イラクには石油というお宝があるからである。

 そのようなブッシュ大統領を再びアメリカ人は選択するのだろうか。もしブッシュ大統領が再選されれば、私にはアメリカという国がわからなくなる。

 お忘れなく。

池澤夏樹の父」

 というキーワード検索があった。福永武彦のことではないのだろう。

 こうした情報はネットを検索しても出てこないと思う。

シークヮーサー飲料適正表示へ 台湾産原料大半が「四季橘」

 私は知ってましたよ。こんなてーげーでいいのかなと思っていた。

VOA China's New African Oil Ties Create Concerns

 中国アフリカの石油の話だが、VOAにしてはずいぶんとこってりと書いている。

ゴーログ 「ブロガー新聞」はじめます!:10月からの番組再編

 うんこの意図はないが、これはなんなのだろう。ちょっと言葉に詰まる。

結婚12年目でナンチャンがパパに…来年3月出産予定

 高齢出産の時代だなと思う…男が。ま、これは昔からそうか。

台湾外交部長がシンガポールに「暴言」 蜜月にすきま風

 おやま、という感じだ。

 昨今の台湾を見ていると、随分焦って走り出している印象があるが、なぜなのだろうか。そのあたりの俯瞰ができないのだが。

 しかし、リー・クアンユー氏の長男、リー・シェンロン・シンガポール首相が、副首相からの昇格を控えた今年七月に台湾を訪問し、陳水扁総統などと非公式会談したことに中国が猛反発。シンガポール大使召還を示唆するなど、リー・クアンユー時代にはみせなかった揺さ振りをかけ始めていた。台湾ではシンガポールがそうした「圧力」に耐えかね、外相の国連発言などが飛び出したとして、「中国に媚(こ)びて台湾を罵(ののし)るシンガポール」(自由時報)など厳しい論調が広がった。

 二期目に入った陳政権に中国側の圧力が強まる中だけに、台湾側では東南アジアの拠点だったシンガポールへの対応を見直す動きもあり得る。

 そう単純なものでもないだろう。

切隊 東シナ海のガス田開発からシェルらが撤退?

 という話。

資源問題はまあ普通に国益の問題にほかならないので、さっさとパイプラインを破壊するなり中国バブルが崩壊した段階で接収するなりして欲しいところではあるが、現状でのエネルギー市場はアメリカの庇護のもと市場での調達がメインになっているのでそれほど影響はない、という議論もある。

 前段は洒落として後段のとおり。ということはパックスアメリカーナを人質にネオコン独走?みたいな図だ。これでブッシュ再選だとどうなるのだろうか…。

日経社説 産業再生機構“人気”から何を学ぶか(9/30)

 この社説、よくわからん。

 ようするに会社が潰せなくなった、なんじゃ?ということだけではないのか。

読売社説 [ヤマト提訴]「許されない郵政公社の民業圧迫」

 朝日はもうちょっと歯切れが悪かったが、この問題は内実を知ると、この読売社説のような喇叭ではすまない。とくにかく僻地の場合、宅配は実質郵政に依存している実態がある。

朝日社説 社保庁汚職――損害を弁償させよ

 いずれも入札ではなく、随意契約である。しかも、商品の大半は不要だったか、ずっと安い値段で買えたと批判されている。年金の保険料や税金から出した無駄遣いは億単位にのぼるだろう。

 朝日も内実を知っているらしく、随意契約の問題点をターゲットにはしていない。そこが現実には難しいところだ。ある意味で、随意契約で公的サービスのクオリティが保たれている側面があるように思う。

昨晩は…

 いろいろ思い描いてという理由で寝付かれなかった。自分がどう生きていくか、どう社会に向き合っていくか。自分は、率直にいえば、廃人である。あとは、死ぬのを待つばかりだ、そう思っていた。事実認識からいえば、その通りなのだが、もう少し違った展開もあるのかもしれない。そう思って、胸騒ぎがした。こういう胸騒ぎは人生に何度かあり、このちっぽけな敗北だが人生を変えてきた。私は、ほとんど自分の全てを捨てたことも何度かある。私は孤独だったし不運だった、と、今思えばそう言うに恥ずかしい。しかし、その時点ではそう思う。そういう愚かしい存在であることから免れない。

 極東ブログについてもしばし考えた。本当のところなんのために書いているのだ?なんども自問した。たぶん、その意味は、もう少し未来に開かれているのかもしれない。

 朝、台風一過もあり、空気が澄んで富士山が見えた。不思議な朝に思えた。若いときは、そんな不思議な朝がなんどもやってきたものだったなと少し思い出した。

 私は死ぬ…もちろん、誰もがそうであるようにという以上の意味ではない。20年前が昨日のことのようなら、もしあと20年生きられても人生とは短いだろう。私は自分の老いにはもう屈服した。三島由紀夫のようにも江藤淳のようにもならない。小林秀雄山本七平のようにもなれないだろう、というか、私は彼らではない。

 私は私につながる、恥ずかしい言い方だがあるいは愛していると言ってもいいだろうこの世界の相貌の行く末を見届けることはできない。それはちょうど死んだ父が今の歳の私とその生き様を知ることができなかったようにだ。

 だが、そうした思いは奇妙な夢想を誘う。日本人を含め東洋人が祖先崇拝をするのは、そうした死者たちがじっと今を見届ける愛のような確信あるいは期待だったのだろう。私も、そうした意味での神に近く意識は死によって接近していくかもしれない。

鉄人28号 最終回 罪と罰

 感動した、というと、小泉みたいで浅薄な感じだが、感動した。ある意味では、予想外だった。もっと、ロボットアクションで締めるのかと思った。しかし、これは、自分が思っていたより遙かに深い作品だった。なにより、この作品は、悲劇として成立していることに驚いた。メディアと商業ベースの作品で悲劇を描くことが可能なのかとすら思い描いたことはなかった。

 予想外といえば、村雨の行動とその叙述もだった。なるほど、そうだ。こういうといらぬ誤解を招くが、我々は村雨のように戦後に呪縛されていた。正太郎の言うように、さあ、戦おう、という意志が消えていたわけではない。それこそが鉄人28号のように赤く黒く日本に眠っている。(村雨の蘇りはエピローグの部類だ。生きている必要性はないが、そこで殺せば全体のメッセージのバランスが悪くなる。)

 ビッグファイアーの描き方もよかった。ただの陰謀の悪人ではない。なぜ日本が勝てるのにそうしなかったのか。そしてその勝利性を戦後に持ち込んだのだ。つまり、冷戦の本質そのものである。それこそが、ゆるすまじき、なのだ。

 鉄人28号の死は、両義的だった。彼が最後に意志を持つだろうことは昔のジャイアントロボで想像できた。鉄人28号は最後に明確な意志を持ったのか? つまり、正太郎を殺そうとしたのか? あの表情がすべてだ。その了解では殺意はない。むしろ、憐れみの映像だった。すごいな。あそこで鉄人28号が善なる意志をもって正太郎を守ろうという線にしているのかと思ったのだが、そう読むべきではないだろう。

 完全な作品だった。こんな作品がまだ創作し得ることに、自分の抱えるニヒリズムがちっぽけなものに思える。

追記同日

 あれから3回見たが、鉄人28号の最期は正太郎を守ろうとしていると見てもいいだろうと思った。

SundalandSundaland 2004/09/30 13:32 鉄人のDVD、3巻まで手元に届いているものの、なかなか見る時間がとれません。「悲劇」ですが、日本のアニメ文化は、多くの悲劇を描いてきたように思います。一例、クレヨンしんちゃんの原恵一監督作品には、悲劇が多いです。子供向けのはずなのですが。

finalventfinalvent 2004/09/30 13:34 Sundalandさん、ども。日本のアニメが多く悲劇を描いていたというご指摘はそうかもしれません。ちょっとこのあたり、失念していたようにも思います。

SundalandSundaland 2004/09/30 13:35 この年になって、改めて「死者たちがじっと今を見届ける愛のような確信あるいは期待」を身近に感じます。それは無限の負債であり、気恥ずかしいですが無償の愛でしょうね。

SundalandSundaland 2004/09/30 13:43 もうちょっとだけ。アニメ(そしてマンガも)の悲劇性というのは、手塚治虫氏の放つエロスに端を発する、変な表現ですが出藍の誉れ?でしょう。

finalventfinalvent 2004/09/30 13:59 Sundalandさん、ども。ええ、手塚は大きいかなと思っていたとこです。悲劇とすれば、鉄腕アトムしかりそしてジャングル大帝などもですね。ただ、これららの悲劇は美的であって倫理的ではないようにも思います。そのあたり、彼のエロス性はあるのかも。クレヨンしんちゃんについては見てないのですが、悲劇は倫理的であっても、歴史性(必然性)には及ばないのか…そのあたりが気になります。ガンダムとかエヴァとかあのあたりになるとちょっとなんか自分の分野じゃないかぁみたいな。

finalventfinalvent 2004/09/30 14:01 Sundalandさん、ども。これを言うとまた多く誤解されるかなとも思うのですが、戦死者は無駄死にだったか?という長く考えた問いに、いや彼らは私のなかに生きていると思うようになりました。国家が宗教だというのは同義かもしれません。ただ、それらはイデオロギーや思想で克服できなさそうな気はします。

ひできひでき 2004/09/30 15:35 finalventさん、こんにちわ。Sundalandさん、こんにちわ。
アニメでないですが、手塚治虫の漫画の男女の間のエロスの愛、それも悲劇で終わる物語が集中的に1970年前後に書かれたのだと気づきました。このとき手塚治虫は40から42歳くらいのはずです。厄年などというと「トンデモ」になってしまうかもしれませんが、やはり男性にとって危機的な年齢の到来というのはあるのだなと感じました。そして、それがどこかでエロスにつながらざるをえないのではないのかなという気がします。
http://hidekih.cocolog-nifty.com/hpo/2004/09/when_a_man_love.html

finalventfinalvent 2004/09/30 16:16 ひできさん、ども。ええ、あると思いますよ。ユンクも男性の中年の問題としてアニマ(無意識の女性像)を上げていました。私は47歳で、ちょっとその時期を過ぎていますが、厄年と死の接近はありました。女性については、自分の恋愛とは違った意味で、45歳に人生で思わぬことがありました。

uiuiuiui 2004/09/30 20:55 finalventさん こんばんわ
>鉄人:最終回は同じく感動したのですが、さすがに詰め込み過ぎの感があって、ビデオとかでよく確認しないと、エピソードの意味がまだ頭に入り切りませんw
最後に鉄人(金田博士?)が正太郎に託したかったメッセージとは何だったのでしょうか?
戦争の呪縛から逃れられない登場人物たちと、そうではない戦後生まれの正太郎、両者の相克と葛藤は、そのまま原作者の横山と今期制作の今川D・大月Pとの関係だったのかもしれません。
正太郎の世代は、やがてその後の経済成長期を牽引する「団塊の世代」と呼称されますが、その団塊の世代も、(先日の日記にもありましたが)いまや定年期を迎えて、来年は、戦後60年・・・・。
>昨晩は〜:浅学な自分では思慮の及ぶところではありませんが、昨日の日記も含めて、なんとなくこの↓Flashを思い出しました(汗
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html
仏陀は人の苦悩を「生老病死」の四文字に集約したそうですが、現代に於いて、生きることの苦悩と病気の苦しみについては、万般に論議され、是非はともかくとして、それなりの方策も構築されていると思うのですが、老いる苦しみと死の苦悩について、その苦悩を和らげたり乗り越える力を与えたりする方法については、まだ未開拓というか放置というか、酷くあいまいでとりとめのない所感なのですが、そう思いました。

finalventfinalvent 2004/10/01 06:19 uiuiさん、ども。鉄人28号はよく作り込んだ部分と両義的な部分があるかと思うのです。最終回の村雨の銃乱射などあれでいいのかというのは、あえて描かれているのでしょう。その意味で、解釈はすべて解釈なのですが、一つには、つまり、金田博士の意志は大東亜戦争から冷戦に至る過程で世界に対する勝利を求めることは間違いだ、「憎むべきはビッグファイアー」なのでしょう。反面、自衛戦に対する現代日本人の臆病を越えよ、というのはあるでしょう。▼しかし、今回のテーマではないのですが、ベラネード財団がハリバートンの揶揄、そしてその戦争がイラク戦を暗示していながら、追米の自衛隊の現実は描かれていません。それはしかたないのかもしれません。また、鉄人28号の戦争とは依然日本の戦争です。ここで戦争の加害の面を出すと単純にサヨク文脈になってしまうのですが、そうした日本側の暴走が、ある意味で、ヒロシマと同じレベルの罪と罰、になっている、ようにも見えます。▼と、そういう知的な取り込み解釈はいかようにもできるのでしょう。ただ、それ以前に作品として面白いし、これは4回くらい見ないとわからない仕掛けがいろいろあるようです。▼このFlash、ひできさんからも以前紹介してもらいました。よくできています。ただ、この安堵感は恐らく国家の宗教性なのでしょう、という感じがします。批判ということではないのですが。

uiuiuiui 2004/10/02 00:27 お疲れ様です。コメントありがとうございます。そうですね、金田博士とは別に村雨兄の亡霊(?)を登場させたことで、重層的なメッセージを暗示してるのかもしれませんね。今回の鉄人はとても見応えがあったので。鉄人にに限らず昭和30年代のアニメ作品を、今回みたいな制作方式でリバイバルしてほしいです(宇宙戦隊ロビンとか)

TXJKTXJK 2004/10/02 09:27 こんにちは。一面的な見方になりますが。初〜中期スリルサスペンスあたりの「日本の平和のために鉄人は日本から出て行きさえすればよし、アメリカにあるならかまわない」という言説は「日本から米軍が出て行けば日本は平和になる」「日本の軍備があるからアジアの国から脅威よばわりされる」という言説とパラレルかと思いました。それを「反省」した村雨のその後の言説は日本の平和のための武装を咀嚼嚥下してゆくプロセスだったと思います。最後は鉄人抜き高度成長は日本の軍事予算をアウトソーシングした結果であることを忘れるなとか。

TXJKTXJK 2004/10/02 09:31 皮相な解釈ついでに。宇宙戦艦ヤマトが第二次大戦の再話風でありながら旧同盟国(ドイツ)類似のガミラスと敵対し戦ったのを、日本に対して使われた核兵器を日本が開発していたことを反省する鉄人から連想しました。(太平洋戦争・「ああしておけばよかったのにがストーリーのきっかけ」つながり?)

TXJKTXJK 2004/10/02 09:53 オックスがコントロールを失ったとき、「(古い)記憶で動いている」と言い、鉄人が操縦器を喪失したとき「オックスと同じ」と言い、敷島らの解釈では「だからオックスと同様、モンスターらと戦った破壊衝動のままの荒ぶる異形の神となってしまう」と危惧したわけですが。実際はそれより古い記憶(父親の息子への”愛情”)があった。故に(オックスとは違い、)少年正太郎を守ったというのでよいのではないでしょうか。

finalventfinalvent 2004/10/02 16:49 TXJKさん、ども。面白いです。基本線でその読みに賛成ですね。全体として、ロビーも含めて、つまり、敷島-梅小路-ロビー、金田博士-正太郎、という親子の複雑な思いが鉄人28号にまつわっているあたりの表象もけっこう複雑ですね。

finalventfinalvent 2004/10/02 16:51 uiuiさん、ども。スーパージェッターとか、日立なんとかボーイ?、宇宙少年ソラン……。なんか歴史の範疇ですね。

2004-09-29

はてなQ あなたは「世界の中心」と聞いてどこを思い浮かべますか

http://www.hatena.ne.jp/iwashi?mode=detail&iid=25008

グリニッジ天文台

世界標準時ですね

 おや?

 現在ではGMTではなくUTCだよ。

 しかも、GMTだとしても⇒世界標準時を刻む時計はグリニッジにない

世界の標準時といえばグリニッジ標準時。ですが、現在、グリニッジ標準時は「ロンドンの王立グリニッジ天文台」にありません。

(中略)

その後、イギリスは新設した新型望遠鏡に多くの資金を費やした。その結果耐用年数の20年が経過した原子時計6台を新たに購入することができなかった。そこで、その肩代わりをしたのがフランス。そのとき、もちろん、世界標準時を刻む時計はフランスのパリに設置されました。1986年以降、グリニッジ標準時はパリで刻まれています。

WP Interceptor System Set, But Doubts Remain

But what the administration had hoped would be a triumphant achievement is clouded by doubts, even within the Pentagon, about whether a system that is on its way to costing more than $100 billion will work. Several key components have fallen years behind schedule and will not be available until later. Flight tests, plagued by delays, have yet to advance beyond elementary, highly scripted events.

 ミサイル迎撃システムに対する米国内の動向。成功は疑わしい。ラムズフェルド沈没かも。

NYT With Oil Near $50 a Barrel, Gas Prices Start to Inch Up

HOUSTON, Sept. 28 - As the price of crude oil flirts with $50 a barrel, gasoline prices are heading up again, ending an unusual period in which gasoline prices were falling even as oil prices rose.

 ガソリン価格は下がった。

哲学・思想とか

 に、ふと気が付くとかなり関心を失っている。時折、大森荘蔵を読み返したり、中島義道雑文などをけけけと思って読むくらいか。竹田青嗣のヘーゲル論には最近関心あるか、ま、そのくらい。

 なぜだろう? 単にある時代が自分のなかで終わっているだけか?

 脳と認識の問題については…このあたりは、もしかすると多分に誤解されているかもしれないが、自分はけっこう脳学問寄りだったわけで、だから、かえって安易な疑似認識論みたいのを避けたいのだが、それほど不可知論的ではない。

 なんかすごい杜撰な言い方だが、脳の問題は時間と記憶の問題であり、そのあたりは、基本的にベルクソンの領域に収まっているように思う。そして、疑似解のように最近は言われているようだが、どうも、大森荘蔵の批判はきちんと的を射ているようでもある。

 そして、それは、ごく単純に道元的な問題でもある。つまり、存在論的には有時として、「ただいま」のありかたとして有る。そして、有時を離れる=万法我に有らざる=>無。だが、我々の活動すべて仏道、というか、別に仏はどうでもいいが、生活世界的には生滅という運動はある。

 ふと思ったのだが、運動は、つまりベルクソンのいう持続(デュレ)というのは、道元の有時でもある…どうもそのあたりの道元の意図を自分がまだ掴んでいないか。

 中島が縷説するように、あるいは、ダメットだったか、時間というのは、存在しない。未来と過去はない。それがあるのは、大森のいうように語り存在というか、記憶の問題であり、記憶とはつまり「我」の定義だ。「我」は現在の知覚作用のその現前のように思われるが、記憶を抜かれた無名者にとっての、つまり、一般者の知覚というのは、実はない、のか?

 知覚は常に認知を孕む、とも言えない。我々の知覚は…

 うーむ。思考に疲れたからストップ。

 道元の言いたいのは、その知覚と、記憶=認識の遮断にあるのだろうが…。

a9を使ってみる

 というか、以前も使ったが、最近、A9からのリファラがあるので試してみた。

 Alexaの情報を見ると極東ブログの閲覧者は、切込隊長宮台真司とオーバーラップしている、らしい。シャレかよ。ま、こっちはマイナーサイトだから、対称性はないだろうが。

 と、ところで、A9はキーワードではないな。

 と、ところで、宮台真司って最近読んでない。面白いのか? 以前、彼が彼の読者が傾倒するがゆえに自殺したというネタの本、を読んで、宮台真司について考えたことがあった。また、彼の結婚と離婚。で? わからん。

 そーいえば、小谷野敦もわからん。大塚英志もわからん。その他…、わからん。ふと気が付くと、日垣隆を除いて、邦文系の論壇?みたいの2年くら読んでないな。で、読んでなくて別になんも困らんなと気が付く。

 うんこみたいな言い方だが、考えてみると、最近、あまり哲学・思想・文学宗教…めいた話題を実生活ではしないな。する相手がないわけでもないが、結論がどうしても先に立って、面白くもない…か?

 ふと気が付くと、自分の吉本隆明小林秀雄などへの傾倒も考えてみるとさして誰かと話すわけでもない。

 どうも、私は最近、ネオコンとか欧米系の知識人に標準を置いてきているようだ。あれ?という感じだが。

ゴーログ 地方自治体は破綻するのか?:がんばれ沖縄!

 困るなぁというのが印象。

 最近のデータを当たっていないが、沖縄は危機的ではない。むしろ、他からうらやましがられている。

倒産の第一号が沖縄県になるのかどうかは、私の知り得るところではありませんが、今後十数年の間に「地方自治体の倒産」というイッシューを真剣に議論しなければならなくなること自体は事実だと思います。

 キムタケの立場で放言かぁ。

英首相、イラク戦争の正当性主張 党大会演説

 ブレアがんばれ。というと、あほかと言われそうだが、彼こそ人間だと思う。情報から最適解が出るのではない。ただ、決断だけが歴史を決める。そして人間は過つ。でも、人間であるために決断しなければならない。

イラクで拉致のイタリア人女性2人が解放される=TV

 よかったとと同時に、いかにこの誘拐が非イスラム的だったかということだ。

日経社説 世界経済に原油高の不安

 原油価格が騰勢を強めている。27日のニューヨーク先物市場の時間外取引で初めて1バレル50ドルを突破した。ナイジェリアロシアなど主要産油国の生産の先行きへの不安から、需給ひっ迫懸念が強まったのが主因だ。投機資金の流入による一時的な動きという見方もあるが、長期化すれば世界経済への悪影響は無視できない。

 原油高に伴って日米の株価が急落するなど、金融・株式市場でも企業業績や個人消費への影響を心配する声が出てきた。今回の原油高の世界経済への影響は、インフレを加速する懸念よりも景気を下押しするリスクのほうが大きいようだ。

 そうなのか? というのはデフレになるか?

 さらに日本にとって心配なのは原油価格上昇の直接の影響より、主要貿易相手国の米国中国の経済が減速するリスクだ。原油高で米国の個人消費が落ち込めば、輸出減少を通じて日本企業への影響も避けられない。経済のグローバル化が進む中で、かつての石油危機の時のように日本だけが省エネ対策などでがんばればすむ、という問題ではなくなってきている。また、中国のエネルギー問題は現地進出した日本企業にとっても重要な課題だ。

 これはそうかもしれない。

産経社説 国旗・国歌 校長命令のどこが問題か

 よくわからないのだが、それがいやなら公教育の教師を辞めたらどうなのだろうか。教育は他の場でもできるし、そのほうがいいと思う。

毎日社説 2007年問題 団塊世代に引退は似合わない

 余談めくがみんなフラットにパートにすればいいのではないか。

 いずれサービス産業しかないのだし。あるいは、製造業でも企画や設計。すでに戦後の終わりも終わっているのだし。

読売新聞 [大京再建]「必然だった産業再生機構の支援」

 これがいまひとつわからない。

 単なる経営の問題としか思えない。

朝日社説 原油50ドル――消費国が動かなくては

 原油の高騰は、石油が普通の商品とは異なる「戦略商品」であることを再認識させた。ロシアは自国の石油会社への締め付けを強め、中国東シナ海での天然ガス田開発に躍起になる。日本もイランでの油田開発やシベリアでの石油パイプライン計画に意欲を示している。

 30年前の混乱や奪い合いを繰り返さない、知恵と冷静さが求められる。

 おまえモナー、という感じ。現状はただの投機。だからこれはバブル。なので、潰れる。それが分かって新規開発はしないというか、ベースの需要と問題となる。たしか、100円になると開発の動きが出てくると聞いた。それと、そのレベルにならないと30年前のパニックはならない。

 先進国より途上国のほうが石油利用に無駄がある(たぶん)のでそのあたりのエコロジーも問題。

 日本がすべきは原発だろう。が、これがむずかしい。

 今はバブル潰れの投機の動きが社会問題を生むか、が問題かも。

ひできひでき 2004/09/29 23:51 finalventさん、こんばんわ。
今、竹田青嗣 さんのホームページへいっていくつか講演録などを読ませていただいてきました。大変感動しております。http://www.phenomenology-japan.com/takeda.htm 名前すら存じ上げなかった自分の無知がはずかしいのですが、教えていただきありがとうございます。ヘーゲルについての著作があればほんとうにすぐにでも読みたい気持ちです。

finalventfinalvent 2004/09/30 10:12 ひできさん、ども。竹田はとても誠実な思索かです。鈍くさいと言ってもいいでしょう。日本人には珍しくと言うのは間違いかもしれませんが、テキストを丁寧に読みます。ヘーゲルについての著作は昨今の雑誌にしか掲載されていません。コジェーブあたりを持ってくることはないだろうとも思うのですが、問題の核心はきちんと突いている気がします。あと、在日の問題も彼は非常に明晰です。と、ちょっと言葉足りずですが、いろいろと学びうる学者です。もちろん、限界はあります、が、それはそういうものでしょう。

2004-09-28

スーダン・ダルフール危機情報wiki - NHKクローズアップ現代「スーダンで何が」

 を見た。

 スカとまで言わないが、薄かった。25分ではしかたないのだろう。むしろ、よくまとまっていたと言うべきか。

 NHK報道姿勢への反省のようなものはなかった。それもしかたないのだろうか。

 イラク報道も事実上はないに等しい。アフガンもだ。

 なんと言っていいのか言葉につまる。単純に、八つ当たりすればいいことでもないのはわかるが。

というわけで郵政民営化になんの意味があるのだろうかagain

 極東ブログに曖昧なことを書いたのだが、ま、わからんものはわからん。ただ、本丸は財務省の采配の権限だろう。このあたり、マクロ経済のようにわからんのだが、市場から調達するといっても、国富には限界がある。

 郵政が民営化されて、国債を引き受けないとすれば、国債は行き場を失いデフォルトを起こす?

 ま、わからんな。折に触れてまた勉強するしかないでしょう。とほほ。

腰痛の患者への理学療法、長期的利益は認められず

英国研究者らが、腰痛患者を対象に、理学療法を年に5回程度受けたグループと、最初に1回だけ理学療法士によるアドバイスを得たグループの12カ月後の改善程度を比較する臨床試験を行った。その結果、効果に有意な差は見いだせなかった。詳細はBritish Medical Journal誌電子版に9月17日に報告された。

SP2を入れた

 設定がいまいちわからないが、まいいか。

はてなQ 20代、30台の既婚者の方に質問。あなたが結婚を決断した最大の理由。

 そうなのだろうか?

 意外にまたーりとしていて流れ込んだのでは?

心臓病を助長する「硬化植物油」をめぐり「マクドナルドが約束を破った」と全面広告=米消費者団体

広告の中で、同団体は、液体の植物油に水素を化合して固体にする硬化食用植物油を揚げ物に使用するのを中止するよう要請している。

 つまり、ショートニング。

日銀が初の国債補完供給オペを実施、個別事情に対応

レポ市場のSC取引(銘柄を特定した取引)では、需給が目立ってひっ迫している様子はない。市場では、「裁定金利を見てもこの銘柄がタイトになっている感じはせず、市場のレート水準からしても(オペの実施に)やや意外感はある。市場全体の動きというよりは、申請した個別の会社の事情によるものだろう」(国内金融機関)との見方が多い。

日銀、国債補完供給オペを初実施

 日銀は28日、日銀が保有する特定銘柄の国債を市場に一定期間供給する「国債補完供給オペ」を初めて実施した。市場からの要望に応えた。補完供給がなければ市場で流動性が損なわれ金利形成が不安定化する可能性が高いと判断した。

 29日まで25億円分の20年債を市場に供給する。同オペは4月に制度化されたが、利用は初めて。 (13:51)

AP Oil-for-food investigators probe French bank program

 先日、極東ブログで奇妙な噛みつきをされたかたがいて、国連疑惑なんかデマだみたく主張されていたが、現状の調査だと、限りなく黒いじゃん。

普天間移設、代案あれば見直しも 知事「辺野古固執せず」

 これがどのくらい重要なニュースなのか、また本土は見落としている。

稲嶺知事が、条件付きながら辺野古移設に固執しない考えを県議会で示したのは初めて。

作家の森村桂さん死去

 64歳。ちと早い。死因はなんだったのだろう。

 34歳も30年たてば64歳だな。

 ありゃ、自殺みたいだ。

 ⇒作家の森村桂さん死去、自殺の可能性

大京 産業再生機構に支援要請

大京は、去年1年間にグループ全体で約9000戸のマンションを販売した業界最大手ですが、バブル期に取得した土地が、その後の地価の下落で大きな負担となったことなどから、おととし5月に主力銀行から計4700億円の金融支援を受けました。しかし、今年3月末時点でも、依然、年間の売り上げを上回る4800億円余りの負債を抱えているため、産業再生機構の支援によって抜本的な経営再建を図ることになり、28日、主力銀行のUFJ銀行とともに、機構に支援を要請する見通しです。

蓮実重彦って?

 論座に「運動の擁護に向けて」という雑文があるのだが、こ、これが。

二十世紀の人類は、自分たちが真の運動を好んでいないことに、薄々とながら気づき始めました。人びとが思考の対象とするのは、運動ではなくその軌跡にすぎないと指摘したアンリベルクソンは、こうした状況を的確に把握していたといえます。

 うぷ。なんだそれ。ベルクソンの運動は持続と延長の関連の話題で、全然文脈が違うぞ。

 蓮実、意図的な冗談なのか。

 しかし、じゃ、これは。

しかし、アジアカップでの決勝戦で、中国サポーターが君が代をブーイングで迎え、場外では暴徒と化して日の丸に火をつけた事件に接し、久方ぶりで胸の高まりを覚えました。スポーツに、いまなお人々の心を騒がせる力がそなわっていたからです。また、この国に、なおサッカーにふさわしい階級が存在していたからでもあります。

 違いますよ。1)あの暴徒は白人ジャーナリストにも危害を加えていたし、2)この暴動は西安反日学生暴動と同じじゃん。

 蓮実って深慮遠謀で論座の朝日を貶めている? わけないよね。

イラク撤退期限の明示要求 英労働党大会で採決へ

 これでけっこう流れが変わるな。もっとも、織り込み済みでもあるのだが。

そういえば今日は中秋である、月見だが、月はない

 その話をたくる極東ブログに書こうかと思ったが、ま、小泉必死だなを先行。最近は二本エントリを書くのはやめた。

Syria Blames Israel for US War With Iraq

 北鮮がただのお笑いとなった今、ウィットはシリアか。

Israel bears an important share of the responsibility for intensifying and worsening the American predicament in Iraq by avoiding the resumption of the peace process despite the hand extended by the Palestinians, Syrians and Lebanese," he said. "Israel's course of action may come back to haunt it because its occupation of Arab lands is a major cause of the rejection of the American policies in the broader Middle East."

 このあたり、サヨクが好きそうなハニーディップだな。

France: Global Iraq Conference Should Discuss US Withdrawal

 このあたり、フランス中東利権を含めて議論すべきなのだが…ちとめんどい。

 ただ、この動き、ケリー危うし必死だな、だろうな。

切隊 ラムちゃん

 あれ? という感じ。なぜあれ? なのかは昨日のこの日記を参照。ま、それはさておき、山本のこの指摘は非常に正しい。ま、そういうことだ。逆にさらに書きづらい感じがするな。

 で、どうもラムちゃんの考え方というのは書物で彼の行動を見る限りでは軍事的プレゼンスよりも軍事的アクセスを重視し、航続距離が伸び近代兵器の影響力が限定的となったいま、インテリジェンスと施設を基地より大事にしようという話のようだ。

 ま、そういうこと。ただ、このあたりは、お笑いにされているけど小川和久や江畑謙介とかもコメントしていた。ただ、全体構図がという問題はあるけど。

 余談だが、むなぐるまさんとこのPVがかなり上がっていると思うが、かなり抑制して書かれているので大丈夫だといいが。

日経社説 鮮明になった郵政民営化シフト(9/28)

 ま、そういうことなのだが、この社説は上滑り。

朝日社説 小泉人事――分からぬ幹事長選び

 この点は山本一郎の指摘がよかったと思う。

 ⇒武部勤

munagurumamunaguruma 2004/09/28 10:20 あ、今のところ大丈夫そうです。この状態が常態になるとTypepadの転送量がやばくなってくるのですが、まあこの辺りがピークでしょうし、問題ありません。それから、他に困ったこともありません。しかし、切込隊長にリンクされてびっくりです。

finalventfinalvent 2004/09/28 10:25 munagurumaさん、ども。しょぼい話ですが、そのあたりにエンジニアリングサイドの運営問題がありますね。圏外さんも指摘していたけど、いつなんぞ、膨大なトラヒックがくるか覚悟しておけ、というか。あと、ごく印象なんですが、山本一郎も米留組なんでそういう親愛感があるような気がします。ま、米留ならすべて同じという意味ではないですが、あの世界を若いときに見ると、いわゆる日本的な知の雰囲気にはなじめなくなるような気がします、と、いう言い方は無防備過ぎますが(単に体験が左右するわけでもないでしょうから)。

kagamikagami 2004/09/28 19:52 こんばんは。現在やっているクローズアップ現代スーダンジェノサイド問題を見ているのですが…。倫理の無力さを感じます…。finalventさんの先見ある倫理的態度には頭が下がります。本日の朝日朝刊国際面において、fニューヨークタイムズのニコラ・クリストフのコラムが掲載されていました。朝日も、こういったところは評価できますね。逆に腹が立つのはフランス・ドイツです。アメリカがジェノサイドに反対するからジェノサイドに賛成するという筆舌に尽くし難い最悪の立ち位置の取り方には両国に対し絶望的な卑劣さを感じます。

nomnom 2004/09/28 20:40 ドイツはフランスの石油政策に完全に依存してるので、なかなか否とはいえないんでしょうね。
WTOなどを見ても、米欧対立はちょっと後引けないところまで来てますね。
日本的にはチャンスなんでしょうけど。

finalventfinalvent 2004/09/28 20:45 kagamiさん、ども。朝日新聞は報道機関としてはやはり人材の層はあついのでそうしたインテリジェンスというか活かしてほしいと思いますね。独仏については、ここでも極東ブログでもちょっとディープ過ぎて触れないのですが、国内事情もあるのかもしれません。特に、フランスは曲がり角でしょう。今回の事態で意外に立派なのは中国です。なんかまとまりませんが、アメリカがもう少し賢ければ世界をなんとか取り仕切れるのではないか…しかし、そこが難しいですね。アメリカが愚かとは思わないのですが、イスラエルと組んだ国益が世界とうまく整合しません。なんかまとまらないですが。話を戻して、ダルフール問題はこれで国内もだいぶ知れ渡ったようで、それに限定すればほっとしています。日本がイラク人質事件で騒いでいたころ、自分は、このダルフールの危機とその報道のなさに愕然としていました。あのころに比べると…という感じです。

finalventfinalvent 2004/09/28 20:47 nomさん、ども。ええ、米国と欧州との対立は根深いです。皮肉みたいですが、この間、仏米を結んだのはハイチ危機のようでもありました。レバノン問題もその印象はあります。ある程度の知的歴史のある国なのでそのあたりでの連携は可能、というのが、やはり先進国たるところでしょう。この数日、以前のイラク戦争を思い出しつつ、あの時代から米仏の対立はあったなと考えなおしていました。

philastsphilasts 2004/09/28 21:11 はじめまして。今の話の流れの中でこんな話は恐縮ですが、
> フランス人やドイツ人は、ブドウを種ごと食べる。
について、山梨県では、巨峰やピオーネを、ご当地の方々は皮ごと口に入れて、舌で潰して皮を剥ぎ、噛まずに丸呑みしています。もちろん種ごと。

ひがひが 2004/09/28 21:41 ようやく、ですね >稲嶺知事

finalventfinalvent 2004/09/29 07:28 philastsさん、ども。山梨もそうだったのですか。とすると、これはトリビアネタにはならないか、あるいは、山梨では…という話でしょうか。ところで最近のブドウは美味しいですね。

finalventfinalvent 2004/09/29 07:30 ひがさん、ども。ええ、ほんとようやくです。この感じが内地に伝わらないなと思います。ただ、稲嶺もどっちかというと追いつめられた感じはありますね。県政レベルでは自公民の結束でしょうか。このままいつものサヨク的な流れでは動きが弱いようにも思います(沖縄のサヨクは本土系列化されているので県外移設が言えない)。

2004-09-27

田中宇 テロ戦争のずさんさの裏にあるもの

 911の当日の展開を見ると、幾重にもわたって防空体制が機能しなかったことが分かるが、これは米当局の中の誰かが意図的に防空体制を混乱させることに成功した結果起きたことだと思える。これは重大な犯罪行為なので、ふつうなら「誰が防空体制を混乱させたか」ということが追及されるべきなのだが、超党派の911調査委員会などもその点はまったく触れていない。これを問題にしているのは権力の外にいる人々だけである。アメリカの上層部全体で、911事件のおかしな点には目をつぶるという暗黙の合意があると感じられる。

 な、なるほど、ザ・ワールド!

田中宇 石油利権とイラク戦争

 原油は、流通や価格形成の構造が分かりにくい商品である。今年に入って原油高が続いているが、多くのアナリストがなぜ原油高が続くのか分からないと表明し、苦しげな説明を繰り返している。原油市場が正体不明なのは、石油利権が植民地支配や傀儡政権の樹立など、国際政治の産物であるからだ。

 あのなぁ…原油市場が正体不明…そ、りゃ、ニコポンスキー? なわけないです。

ラムズフェルドの

 話を極東ブログのほうにちと書こうかと思ってやめた。ネタとしては、イラクの早期撤収関連で、これは、れいの話に呼応しているのか?というあたり。

 しかし、なんというか、この手の話は、またまた無用な批判招くだけだろう。

最近コメディってあるのだろうか?

 昔面白かったコメディドラマ、春の珍客、陽気な逃亡、ああいうのなら見てみたいなと思う。

ドラマ 春の珍客

1979/4/2 〜 1979/4/27 

放送回数 20回 

演出 佐藤隆、松沢健(6)-(10) 

脚本 松木ひろし(6)-(10) 

キャスト 三ツ矢歌子、フランキー堺、入川 保則、吉田次昭、岡田奈々、斉藤恵子、山本麟一、山田隆夫

ドラマ 陽気な逃亡

1980/8/16 〜 1980/11/1 

放送回数 12回 

演出 杉田 成道 

池端 俊策、榊彩 

脚本 池端 俊策、榊彩 

キャスト 石坂浩二、秋吉久美子、山城 新伍、梅宮 辰夫、辺見 マリ、佐藤允、大熊なぎさ、ひし美ゆり子 

北朝鮮の弾道ミサイル発射動き、爆発時点と一致

日本政府関係者によると、日米の偵察衛星電波収集による情報などで確認したところ、今月上旬、北朝鮮東部地域のミサイル基地数カ所で、部隊が集結している動きが把握された。最初は、大規模な動きはなかったが、徐々に部隊の動きが活発化し、約10カ所に広がったという。また、平壌(ピョンヤン)北方の新五里(シンオリ)にある蘆洞ミサイル基地から送信されたものと見られる交信も捕捉された。

 メモ、あとで、読売新聞で確認しておこう。

危険にさらされているのは沖縄県民だけではない 

私がこの記事を読んで最も驚いたのは那覇空港へ離着陸する民間機は米国の軍事空域を避けなければならず、「まるでトンネルのよう」な狭いエリアを飛行することを余儀なくさせられているという事実である。

 それを今まで知らなかったというのは、恥ずかしいことなんですよ。

報勲処、トルコで韓国戦争参戦勇士に韓方治療へ

 意外にトルコではこの死者を日本を守るためとか思っている人もいた。

日、安保理常任理事国になるならば

 ま、毎度の話だが、じゃ、日本が国連に拠出しなければどうなの?

Iraq commander accused of militant links

Two car bombs wounded American and Iraqi troops west of the capital Sunday and a few hours later the U.S. military announced the arrest of a senior Iraqi National Guard commander on suspicion of ties to insurgents, underscoring the challenges to building a strong Iraq security service capable of restoring stability.

 このあたりのお掃除はけっこう大変でしょうな。

ちょっと陰謀論

 先日、ダルフールでシリア化学兵器が使用されたらしいというニュースがあった。真偽はまだ不明だ。WikiのほうではTSさんというかたから、「スーダン・ダルフール危機情報wiki - 見出しと内容がかけ離れている。>>シリアがダルフールで化学兵器を使用した」、と修正があった。修正はもっともなものなのでそれはそれでいいのだが、"Die Welt"の報道ではやはり使用したらしいというものだったので、ドイツ語原文も引用しておいた。ま、それはそれでいいのだが。

 シリアが化学兵器を持っているとすると、これはイラクからなのではないか。とすると、れいの大量破壊兵器は実は存在してシリアに持ち込まれた説もアリかもと思うのだが、最近聞かれない。陰謀論はここだ。アメリカは大量破壊兵器がシリアにあると知っていて、ないと白を切っているのか? だとするとそのメリットはなにか?

 シリアの動きがどうも胡散臭い。レバノン内政干渉は実際にはどってことないが、きちんと落としどころでアメリカにへーこらして軍を事実上撤退させた。シリアと米国がつるんでいるとしか思えない。

 シリアも通常言われているほどハマスに肩入れしてないようにも見える。

 さーて、ここが陰謀論の考えどころだ。

 …ってな話を、某女史にしたところ、あんたそれ極東ブログに書くのはやめなさいね、と諭される。やっぱ、ダメっすかね。シャレとしておもしろいかな、と、というのはよくないですね。あはは。

CSM In lead-up to debate, candidates hone messages

 大統領選は、いよいよ討論へ。

27歳の誕生日

 というと、私など、20年前だ。27歳の人間に20年前といえば、7歳。その感覚で未来に20年と考えるかもしれない。

 実際に47歳になってみると、まるで違う。7歳から27歳までは心が成長した。世界は激変していった。

 27歳から47歳は、心は成長しないかのようだ。あるいは、「私という意識」は止まったままだ。

 また、奇妙なことを言うようだが、27歳は転機だ。⇒「世の中の仕事ということ」

 ここでは大きな挫折として書いた。挫折でない人もいるだろう。また、男女では違うように思う。

 が、「私というのが性として存在している」という奇妙な得心がこの頃ではないだろうか。意識の成長が止まったあと、性の意識と、ある種の魂の成長というのが始まるように思う。なんか、オカルトみたいだが。が、というのも、このころ、人は人を産み、育てるためのなにかが始まるからだ。

 これはパーソナルにしか言えない。しかし、30代へ向けて、人を産み・育てる(男もだよ)という人生の関わりは、たぶん、人生の意義に関わっている。あるいは、死の乗り越えに関わっている。(もっと言えば、人は子を育てれば死ねる。)

 もちろん、だからそうしろとはいえない。また、そうした言説は近代社会からは捨象された。あるいは、そうして捨象された世界だけを社会とするなら、人はその社会だけで生きているものでもない。

Australia's Howard Pledges to Keep Troops in Iraq

Australian Prime Minister John Howard has launched his campaign for next month's election, promising to keep Australian troops in Iraq as long as necessary and to increase government spending on education.


Mr. Howard's conservative coalition has been in office since 1996. He told supporters in the northern city of Brisbane Sunday that sending troops to Iraq was the most difficult decision his government has faced, but he is convinced it was the right course of action.

 ある意味米大統領選挙よりハワードのポジションが重要かも。

英語リスニング 試行テスト

再来年度の大学入試センター試験から英語のリスニングテストが始まるのを前に、26日、約4万人の高校生が参加して、試行テストが行われました。大学入試センターは、この結果を基に、本試験に向けた準備を進めます。

(09/26 23:05)

 あれ? 今までやってなかったのか。

 アメリカンスタンダードのリスニングなのだろうな。

2年前調査を一部訂正 横田めぐみさんの消息

 めぐみさんは生存しているという情報をなんらで得ているのだろうなと思う。

胡総書記、軍トップの威信確立へ布石…側近2人を昇格

 これは読売

中国の胡錦濤総書記(国家主席)が今月19日の中央軍事委主席就任後、早々と側近の軍幹部を昇格させるなど、軍トップとしての威信確立に向け布石を着々と打っている。軍内に江沢民前主席の影響力が色濃く残る中、胡氏は軍権の完全掌握に全力を挙げる構えだ。

 中国の場合、全体像というのが見えない。

 個々のファクツだけを積み上げていくしかないように思う。

中国共産党、四中総会「決定」全文発表 体制改革見送り

 というわけで、でもないが、中国はまるで変わってないかのように見える。ちなみに、これは産経。

中国筋によると、胡氏は当時、党に権力が集中した制度と指導体制の見直しを目指し、最高決定機関の党大会の改革も、政治局に提起した。しかし「決定」案策定の過程で、党内の強い抵抗を受け、「段階的改革」で妥協したという。

北朝鮮のミサイル活動、基地整備の可能性も=韓国外相

 率直な印象をいうと、韓国の最近のこの手のアナウンスはかない変だ。そして、またうんこが来るのかよという感じもあるが、その韓国のシンパが日本国内にも多いようだ。

 ある種の韓国ナショナリズムだといえばそうだろうし、昔のようにインテリは大衆より優れているみたいな感じの日本社会・大衆への隔離=尊大意識なのかもしれない。ただ、現実的にはそれらは意味をもってはいない。

 というか、日本のある種の右傾化のカウンターバランスなのだろう。

 だからというわけではないが、俺なんぞ、失当だと思うのだが、ありがちな弱いところから責めろか? 俺ってそんなに弱く見られているか。ま、弱いか。とほほ。

NHKスペシャル 「63億人の地図」 第7回 出生率〜女と男・支え合う未来へ〜

 パンの焼き上がりまで暇だったので、ニュースでもと思ったら、たまたまやっていて見て。まず、印象だがすごいウソ臭い番組だった。

 直截に言うと批判されそうだが、日本の場合、確かに、女性や育児の保護をもっと篤くしてもいい。が、どうも潜んでいる問題は、かなりの数の主志向だ。あれだ、ブランドバッグのように、とまでいかないまでも、主婦がブランド化している。三食昼寝付とは古すぎるが、現在は、育児・家事からできるだけ離れて、小洒落た「自己実現」がしたいのだ、主婦は。

 で、それでいいのか?

 別に悪くもない。ただ、少子化の解決とはまるで違うというだけの話だ。

 番組で韓国の例があって、誇張され過ぎの印象は受けたが、就学前に学費をかけるのは呆れた。これに欧州を対応させているのだが、これは、欧州は基本的に階級社会で、大衆は勉強する必要がないから。

 ま、なんというか、シュールな番組だった。

日経社説 補助金削減反対一点張りでは通らない

国と地方の税財政改革(三位一体改革)で、小泉純一郎首相から要請を受けて地方側がまとめた補助負担金削減案は総額で3兆2000億円。義務教育費負担金のうちの中学校教職員の給与分、老人福祉施設や廃棄物処理施設などの整備費補助金、河川改修費などの公共事業費補助金などが廃止対象に含まれている。

 そうとばかりも思えないが。というのは地方で一括できないし。

朝日社説 インドネシア――ユドヨノ氏への期待

 なんだこれ。しかもなぜ今日。

hasenkahasenka 2004/09/27 11:30 人は子を育てれば死ねる。生命の本質、本能でしょうか。複雑な人間社会も根本を抜きにしてはあり得ない。

finalventfinalvent 2004/09/27 12:36 hasenkaさん、ども。たぶん、「根本」なのだろうと思うのですが、これらは、現代の社会では語ると宗教の次元になるように思います。だから、語りづらい感じがします。

ひできひでき 2004/09/27 17:32 finalventさん、こんにちわ。一時期なにを書いても、なにを考えてもいても、「子どもを産む」という話しにつながっていました。実際には自分で「産む」ことはできないのですが、子どもを成すということは、人間としてあまりに普通の行為、あるいは存在の究極なのだと思います。ただ、それがあまりに理念型になってしまったのが現代なのかもしれません。人は生きて、死ぬ。それだけなのですから。

finalventfinalvent 2004/09/27 17:48 ひできさん、ども。ええ、子供を産み育てるというのがなかなか語れない社会になった気がします。もちろん、そんなこともないと言えばそうなのですが。子供をもたない人生というのもあります。いい悪いではないのですが…というあたりで、言葉がつまってきてしまいますね。

SundalandSundaland 2004/09/27 18:43 Evidence Based Medicine(現在の流行)的に、一般的な腰痛の原因は不明です。が、仙腸関節仮説がけっこう有望のように思います。

finalventfinalvent 2004/09/27 19:10 Sundalandさん、ども。そのうち極東ブログのほうで、心身説でもネタに書こうかと思ってました。仙腸関節仮説は民間医療のように思っていました。仙腸関節の機構はけっこう複雑ですね。

アンジェリーナアンジェリーナ 2004/09/27 20:49 腰痛は原因がさまざまで、素人がこれだと判断するのは危険です。やはり整体でも行くのが一番でしょう。ま、整体師もいろいろですが。

finalventfinalvent 2004/09/28 07:01 アンジェリーナさん、ども。整体は人をきちんと見る場合だとけっこういいみたいですね。実際のところ、でもけっこう費用がきついなという印象もあります。

2004-09-26

群衆が中国靴店を襲撃 スペインで摩擦激化

 中国各紙によると、現地時間の16日夜、スペイン南東部の町エルチェで製靴業者や従業員ら数百人が中国人経営の靴店に押し掛け店を破壊したり、奪った靴箱を山積みにして放火した。

 スペインで中国人を対象にした集団暴力事件が起きたのは初めて。損害は100万ユーロ(約1億4000万円)以上とされ、中国外務省の沈国放次官補は23日、北京駐在のスペイン大使を呼び、事件の早急な解明と再発防止を要求した。

 エルチェは欧州有数の靴の産地だが、ここ数年日本円で5、600円程度とスペイン製の半額以下の中国製スポーツシューズなどを売る中国人経営の靴店が増え、地元企業の倒産が急増、失業率も上がっているという。

 これが現実。

イラク戦争批判で紛糾も 英労働党大会が開幕

ブレア首相への不信任案が提出されるとの見方もくすぶっており、イラク問題で大会が混乱すれば、首相が苦しい場面に立たされるのは必至。イラクで起きた英国人人質事件も論議に影を落としそうだ。

 ブレア、苦戦だな。

実験は新型ノドンか 射程3600キロ、核弾頭搭載可能 米政府筋

北朝鮮で発射準備を疑われる弾道ミサイルは、「ノドンB」と呼ばれる新型との情報が二十五日、米国政府筋から明らかにされた。「ノドンB」の射程は従来の「ノドン」より長い最大三千六百キロとされ、核弾頭の搭載や水上艦からの発射も可能とされ、日本や米国にとっての脅威はきわめて大きいという。

 しかし、ノドンBの実際の発射の可能性について、この米国政府筋は「いまのところ発射の見通しを裏付ける証拠はなく、米国や日本への外交戦略上の揺さぶりのために発射を思わせる種々の動きをとっている公算が大きい」と述べた。同筋は北朝鮮が九九年夏にもミサイル発射準備に似た動きをみせ、その動きは二カ月近くも続いたことを指摘し、当時の北朝鮮の目的は米国のテロ支援国家リストから自国を除かせることだったようだ、と語った。

 現実的な脅威ではないが。

Cat Stevens took action in jutice after its repression of the UnitedStates

LEMONDE.FR | 24.09.04

To print | To send by mall | To classify


It affirms not to include/understand why it was placed on a list ofundesirable people.


The singer folk British Cat Stevens converted with Islam under thename of Yusuf Islam, took action in justice after having seen himselfrefusing the entry in the United States this week, denouncing, FridaySeptember 24, "the very serious injustice" it was victim in a State which wants to be "country of freedom".


"I would never have believed that a similar thing can occur with the country of freedom", he writes, referring to the expression used in the American anthem. "After having lived this spectacular expulsion of the United States,it seems me to be on a planet different from that where I was two days ago. The world changed, certainly, and not in the good direction ", it explains.

 ま、ちょっと変な英語だが、読めないものでもない。ルモンドに掲載されたキャット・スティーブンスの記事をフランス語から英語にマシントランスレート。

豪州韓国人

 の人口は約4万。日本は2万。

 韓国人の大半はクリスチャンで模範的な社会貢献をしている。そして、豪州国籍取得に熱心。たしか、8割方。ところが日本は逆に2割ほど。

 客観的に見れば日本のほうが日本本土への愛着が深く、韓国人は半島から逃げたいかのようにも見える。

 どういうことなのか、いま一つわかりづらい。

VOA Thousands Rally in Taipei Against Military Purchases

 つまり、台湾がこれ以上武器をアメリカから買うのを止めろ、と。

 それは一面においては当然。この運動の背景が気になる。端的に、中共の動向、野党の動向だ。

 ところで、シンガポールは賢いので、うまく台湾との連携するだろうか。

 インドネシアが親米国家として繁栄するというストーリーがあるとすると、アジアはどうなのるだろう。

オウム真理教「分派」の信者変死で家宅捜索・警視庁

 この分派は松本智津夫被告麻原彰晃、49)逮捕後の教団の方針に反発して1996年ごろ結成。松本被告の教義に基づく修行を行い、現在は都内で約30人で活動。「教義の原点に返る」との言葉に掛けて信者がカエルのマスコットを所持していることから、通称「ケロヨンクラブ」と呼ばれる。 (12:22)

 ま、これ自体はそれほどどうということはない。というのも、これがそのまま社会的な危険性を持つわけではないからだ。それでも、これが、麻原後継失敗のアノミーの一環ではあるだろうし、それを支える心性が依然顕在なのだという意味はありそうだ。

Haiti storm toll tops 1,500; 900 missing

 概算してハイチでは2400名の死亡となるのだろう。

北朝鮮10基地でミサイル活動、大規模訓練か

 ソースは「複数の日米政府関係者が明らかにした」ということだ。ま、米側ということだ。

 北朝鮮軍の各地での動向は、日米の偵察衛星電波収集による情報に加え、21日から警戒監視のため出動している電子戦データ収集機EP3が収集した情報などで、明らかになった。

 EP3がどのくらいなものだろうか。

中国、メディア統制を強化 党政策への批判を封印

 これはしかたない面がある。胡錦涛たちはよくやっていると思う。

日経社説 NTTは新技術生かし料金見直し急げ(9/26)

 この問題は私は複雑な気持ちだ。

 原則は市場原理であるべきだ。しかし、コモンキャリアとはなにかがどうも社会的に失念されているように思う。

産経社説 放置自転車税 鉄道への課税は筋違いだ

 私も、これは筋違いだとは思う。

課税のための条例施行前に、論議すべき実効ある対応策は数多くある。まずは自転車を放置する利用者に高額の罰金を科して責任を自覚させ、モラルの向上を求めるなど、知恵を出し合うことが重要である。すでに、JR東日本は大塚駅近くに駐輪場用地の提供を明らかにしてもいる。

 しかし、これも外していると思う。あるいは、駐輪の費用をきちんと設定することだ。

産経社説 外国人人質殺害 犯人に屈しない−が鉄則

人質事件の“成功”を許せば、犯人らを増長させ、結局は他人や他国の人々を苦しめる結果になるだけだという教訓を改めて示した。

 実際にそのとおりだ。

 ちょっとうんこでも飛んできそうだが、人質事件を起こすこと自体、すでにテロ側は変質していることを意味している。

毎日社説 インドネシア 民主的な政権交代に意義

 おや、今頃。そして、このスカ。

朝日社説 アンコール遺跡――国際協力で環境対策を

 これも近視眼的にはそうだが、しかし、もっとマクロ的な構造で見ていかないと。

朝日社説 核不拡散――ヤミ開発を抑えるには

 これらの3提案が相乗効果を発揮できれば、闇市場を通じた核拡散への強力な対抗手段となるだろう。

 なんか小利口な高校生みたいで、がっくりくる。朝日なんだから、日本がまずプルトニウムを廃棄せよくらい言えば面白いのに。

SundalandSundaland 2004/09/26 15:21 2chハン板などでは、韓国人の脱出願望はデフォ扱いですね。って、2chは2chですが。

finalventfinalvent 2004/09/26 16:28 Sundalandさん、ども。そうなのかもしれませんね。ただ、豪州だと韓国系は模範移民っぽいです。実際も日本などでも帰化組は模範日本人なのではないかな、実態は、とちょっと思いつつあります。

SundalandSundaland 2004/09/26 18:32 2ch情報を信じるなら、能力や金のある「できる」奴から海外脱出→国籍獲得に走るとか。そりゃ模範移民でしょうね。

nomnom 2004/09/26 19:54 >能力や金のある「できる」奴から海外脱出→国籍獲得に走るとか。そりゃ模範移民でしょうね。

最近の韓国移民は確かにそうですよ。富裕層が子供を、海外で出産し、出生地主義を利用しその国の国籍を取らせ、教育するというのは、かなり当たり前です。それをやらない金持ちを探す方が難しいくらいです。TVショッピングで「移民」が扱われ、かなりの反響を得て、社会問題化されたこともありました。
韓国人の韓国離れは日本人の想像以上に加速しています。

オーストラリア韓国人も後発なのでそんな感じですが、かといって模範移民かといえばそうではない。
他国のコリアンに比べ、模範的移民の比率は高いんですが、問題も多いようです。
オージーは、あの独特な韓国系教会に違和感を持つようですね。

finalventfinalvent 2004/09/27 07:15 nomさん、ども。なるほど。ちょっと自分を省みて、基本的に朝鮮人へのある親和感というか、「なんかこの人たち心配だな」的お節介感があるみたいです。その分、誤解されるのかもと思いますが。ただ、もうちょっと考えると、親和感というより、朝鮮人は日本人とどうやってこの世界に存在したらいいのだろう、なにかモデルはないものかみたいな思いがありますね。

2004-09-25

ところで北朝鮮ミサイル実験報道だが…

 これがまったくと言っていいほど欧米ジャーナリズムのソースがない。

 情報の出所は米軍のようだ。

 韓国側ジャーナリズムもNKZも日本から情報を得ている。

 と、推測するに、米国から外務省にリークしたか。

 大筋で言うのなら、コレが一番すっきりしている⇒「北」のミサイルを巡る言論戦に警戒せよ

 しかし、貶めていうのではないが、このままではほとんど論考になはっていない。

 話を戻すのだが、情報の出所が米国であるのに、なぜ米国ジャーナリズムの動きがないのだろうか。日本の問題だから?

 ま、ゼロではない。

 Japan suspects North Korea missile moves were only an exercise

 Japan: North Korea Missile Activity Likely Just Military Drills

 BBCもあるにはある。

 Concern over N Korea missile test

 どれも使えない。

どうも欧米語間ではマシントランスレーションの精度が上がっているみたいだ

 私はドイツ語フランス語はからっきしだめ。だが、この精度だと、けっこう、使い物になりそうだなという感じがする。

 マシントランスレーションというとつい日本語を想定するが、日本語と欧米語ではやまり難しい。

 日本語と韓国語では文法構造もほぼ同じだし、語彙も類似なので、見た目の違いよりはやりやすそうだ。

 と、残るは中国語北京普通語か。

夕食

 鰺塩焼き。一尾に粗塩小さじ1をまぶしておくこと30分。おもて強火、裏弱火(と行きたいがそこまではできず。

 鯛刺身。最近は、魚屋でけっこうさばいてもらえる。ネタ各種でなければ、発泡スチロールトレイの刺身よりこれが吉。

 レンコン煮物。

 潮汁。

 ま、鯛刺身がうまいのは当然として、鰺の塩焼きが旨いと秋だなと思う。

作家の白石一郎さんが死去

 こちらも哀悼。

 まだまだ書きたかっただろうなと思う。

F・サガンさん死去 仏ベストセラー作家

 ちょっと溜息がでるな。哀悼。

 サガンはれいの初期小説もだが、エッセイがいい。

ロシア政府、京都議定書を近く批准へ

 なるなぁプーチン。なんでも使う。

金正男氏か、そっくりの人物が北京空港に

 そっくりさんならたくさんいそうだが、なんだ、これ。

サン電子、iPodとデザインマッチするFMトランスミッタ

 あ、これいいな。すでに擬似的に実現しているのだけど。問題は電波の力だよな。

産経社説 結核の制圧 蓄積された経験を生かせ

 意図的なのだろうか。それとも泣けるほどオバカなのだろうか。

 厚労省によると、昨年の新規結核登録患者数は三万一千六百三十八人で前年より減っているが、死者は二千三百三十六人と逆に微増だった。減少のペースも再び鈍化傾向だという。新規患者の四割が七十歳以上の高齢者で占められ、大阪東京など大都市部の罹患(りかん)率が高いことも気がかりだ。

 基本的にこれはその年代に特化されているのですよ。なのに…

 患者の早期発見には、発症リスクの高い人が安心して検査や治療を受けられるよう社会的な条件を整えることも必要だ。「結核の制圧」は医療機関だけでは達成できない。まさに「みんなの力で!」である。

 これだものな。

 日本の放射線技師の技能は高いのだから、その方向転換を進めるのが先決だろうが。あのレントゲン車を早く社会的に廃棄すればいいのに。

産経社説 日朝協議 挑発に動じず強い姿勢で

 朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は二十三日、「米国北朝鮮に対して核戦争を起こせば、在日米軍基地は日本の生存を脅かす時限爆弾となり、日本の国土を核戦争の火の海とする導火線になるだろう」と論評した。北は以前、韓国に対しても「ソウルは火の海になる」と脅したことがある。

 小泉純一郎首相は「あまり騒ぎ立てるほどの状況ではないとの報告を受けている」と述べたが、官邸は北に対してもっと厳しい認識を持つべきではないか。政府は官邸に連絡室を設置する一方、防衛庁はイージス艦や早期警戒管制機などを日本海に派遣した。在日米軍とも緊密な連絡を取りながら、引き続き厳重な警戒が必要である。

 北鮮はミサイルに賭けているなという気がする。

 今回、なんというか、日韓米政府側が火消しに必死杉。そして、左翼がそれに大同団結という美景。

 なのに実際にやっていることはけっこう本気。

 ま、北鮮としてはすでにメディア的なインパクトは出せたのだが、内政的に大丈夫なのか。

 北鮮としてはブッシュ継続が利益? 韓国の利益は明瞭。ま、端的によくわからない。

 ただ、わかるのは、北鮮は動けば動くほど変な話になる。

 ところで、旋回の謎の爆破は存在しない系の報道とかって、龍川の件はすでになかったこと、みたいですね。なんだかなぁ。龍川はミサイルでしょう。

日経社説 イランは核疑惑にこたえよ(9/25)

 日本の企業グループがイランとアザデガン油田の開発で合意し、調査を進めている。エネルギーを通じた対イラン関係は重要だが、核開発疑惑の残るうちは開発を進めないというきぜんとした姿勢を現状では示すべきだ。

 まったく。

読売社説 [古賀議員辞職]「有権者を甘く見たツケがきた」

 当然といえば当然。

 それにしても、なんでこんなに醜悪に立ち回ったのだろうか。

朝日社説 ゼロ金利――甘えていては後が大変

 なんか意味不明。毎日の極悪節のほうがわかりやすい。

 問題は官の構造ではなく、産業の全体構造なのだが…そこへの意識がまるで欠落している。

log on 

 ニュース断ち、ブログ断ちものだが、マシンから離れているという必要性はありそうだ。

munagurumamunaguruma 2004/09/26 04:09 NYT のブルックスがダルフールについて書いてます。国連主義への批判ですね。一応情報提供と言うことで。
http://www.nytimes.com/2004/09/25/opinion/25brooks.html

finalventfinalvent 2004/09/26 07:21 munagurumaさん、ども。この記事はちょっとマシンを離れていたこともあり、見落としていました。ちょっと甘えた言い方ですが、munagurumaさんはわかってもらえると思うけれど、国連というのは本当に難しいものですね。私は気弱にであれイラク開戦を支持したのは、国連はダメだという思いが強かったのです。しかし、歴史や軍事というのはすごいしっぺ返しがあります。これが当初から意図的だったというのは、考えられないこともでもないでしょうが、意図的というより、ブレアなど見ると覚悟の上ですね。ブッシュは比較的呑気な人ですが、ネオコンたちも覚悟の上という印象を持ちます。この覚悟を支えるのは、歴史の意識なんだなと思うのです。フクヤマが歴史は終わったとか言って、たしかにヘーゲリアン的にはそうかと思うけど、実際は、そうではないですね。なんか愚痴みたいにだらだらしそうなのですが、この問題が、ざっと見渡した限りネットの言論にも、また、いわゆる論壇にも乏しいように思えます。もちろん、政治・外交のプロパーたちは了解はしているのですが、その言論は、米国のようなインテリ層のいない国家や、失礼ながらフランスのように国家内向的なインテリ層の国家では、うまく通じません。日本では…溜息がでます。

2004-09-24

というわけで、Log out for 24 hours

アフリカ危機、イラク問題の影に隠れている=世銀総裁

 総裁は、「イラクアフガニスタンのほかテロ問題に短期的に専念する必要があるという事実を人々に認識させることが重要だ」と述べた。

 しかし、「貧困や開発など中長期的な問題も見逃すことができない」と述べ、スーダンのダルフール紛争やエイズ問題などの解決も急務との認識を示した。

ワシントン・ポスト紙早版ヘッドライン(24日付)

★米連邦規制当局、連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)<FNM>の現在の経営陣に不正会計などで発覚した同社の諸問題を是正することが可能かは疑問だ、との見解を同社取締役会に伝える。

ブッシュ政権、大型ハリケーン「アイバン」による石油生産および輸出への被害で、戦略石油備蓄を放出する方向に。

はてなQ キリスト教美術(絵画・建築)を鑑賞するうえで

キリスト教美術(絵画・建築)を鑑賞するうえでポイントとなる役に立つ知識は色々あると思うのですが、実際何なのですか?具体的に答えてください。キリスト教美術を鑑賞するうえでどのような所に着目するのが良いのか。そのようなことを答えてください。

 ヨセフスの「ユダヤ古代誌」を嫁、なのだが、なぜそうなのか、説明するにめんどくさいのでパス。

トルコ「姦通罪」削除へ 改正刑法 EU「加盟に障害なし」

トルコ政府が改正刑法に「姦通罪」を盛り込もうとして欧州連合(EU)が懸念を示していた問題で、フェアホイゲン欧州委員(拡大担当)は二十三日、ブリュッセルのEU本部で、トルコのエルドアン首相と会談した。同委員は会談後、「障害はもはやない」と述べ、首相が「姦通罪」の削除に同意したことを示唆した。トルコは二十六日に臨時国会を招集して改正刑法案を採決する。

 一段落。

朝日社説 公安委員長――公設お手伝いさんか

国家公安委員会は、警察庁の上にたって全国の警察行政を監督する。小野氏はその長である。辻元・元議員と佐藤・元自治相の逮捕は、小野氏が監督権限をもつ警察がおこなった。

 こういう、ウラミ節って朝日の笑えるところだ(下品だけどな)。

日経社説 昨日 実質マイナス金利脱す米国

 これは、ま、悪くない。

連邦準備理事会(FRB)が超低金利政策の修正を急いでいる。21日に実施した今年3回目の利上げで、短期金利の指標のフェデラルファンド(FF)金利は1.75%となり、直近の8月の消費者物価上昇率(エネルギーと食品を除く前年同月比)の1.7%を上回り、「実質金利」は3年ぶりにマイナスを脱した。米大統領選前の利上げはFRBの経済の先行きへの自信を示しているものといえそうだ。

 経済的にはケリーの目はない。

産経新聞 胡錦濤体制 物言い合う関係にしたい

 これも無意味な話だ。問題は、中国アジアを威圧するパワーにならないように、また、内部崩壊させないように配慮するしかない。

 中国は兵器と化した鉄人28号なのだから、へたすると世界がふっとぶ。

毎日新聞 プーチン改革 この道はいつか来た道?

 欧米のジャーナリズムでもこのトーンなのだが、少しでもロシア文学をかじった人間にしてみれば、特に不思議もないように思う。また、そもそもがあんな巨大国家が間違いなのだが、それをただす道などない。

2004-09-23

ブログのメンテ

 なんか有益なコメントだけフィルタってできないものかな、と溜息をつく一日であった。

 もちろん、多様な意見があってもいい。しかし、その前段から取り付く島がないというのがある。

 例えば、れいの北朝鮮謎の爆破の報道だが、「キノコ雲がキーワード」というのは、各種の報道のテキスト論としていうのであって、実際にキノコ雲が真偽かは別のこと。その区別のわからんやつから、みそくその区別もなく批判されたり、ウンコ投げられても、なんか、ちょっと前提が違いすぎ。

Troops may be tried for using prostitutes

U.S. troops stationed overseas could face courts-martial for patronizing prostitutes under a new regulation drafted by the Pentagon.

In recent years, "women and girls are being forced into prostitution for a clientele consisting largely of military services members, government contractors and international peacekeepers" in places like South Korea and the Balkans, Rep. Christopher Smith, R-N.J., said Tuesday at a Capitol Hill forum on Pentagon anti-trafficking efforts.

 これは沖縄も例外ではない。

 これはさすがに書けないな。

Lebanon says top al-Qaida operative caught

Lebanon said Wednesday it had arrested the top al-Qaida operative in the country and another man linked to Osama bin Laden's terrorist group who were plotting to blow up foreign embassies in Beirut, assassinate Western diplomats and recruit insurgents to fight U.S.-led forces in Iraq.

 ちと聞き飽きた。

U.S. says Cat Stevens may have terror ties

 キャット・スティーブンスの検索が多いのはこれか。

The singer formerly known as Cat Stevens is forbidden from flying into the United States because of his alleged association with possible terrorists, U.S. officials said Wednesday in explaining why a London-to-Washington flight carrying the peace activist was diverted.

 これはひどいな。

He abandoned his music career in the late 1970s and changed his name after being persuaded by orthodox Muslim teachers that his lifestyle was forbidden by Islamic law.

 これもひどい言い方だ。彼は音楽を離れたわけではない。

鉄人28号 WEB SITE

 スペシャルクイズ。全問正解しちゃいました。

Haiti: Storm Death Toll 'Could Hit 2,000'

Haiti’s official death toll from Tropical Storm Jeanne soared to more than 1,070 and could rise to 2,000, officials announced today.

 やばい。ハイチ、死者1000人を越えた。2000人にまで膨れあがる可能性がある。

散人先生 NHK:小泉国連演説……「短い言葉」はやっぱり英語にならない

しょせん「小泉節」は国内向けということなのだろうか。情けないことにいまの世界では国際語は英語だ。国際語で発信できるスピーチをする自信がなければ、日本語で話した方が、よほどよかったと思う。

 そのとおりなのだが、そして小泉も無自覚だと思うけど、あれは植民地傀儡らしい雰囲気を出す演出なんですよ。とほほ。

北朝鮮がノドン発射準備か、防衛庁がイージス艦派遣

 ま、これのためにイージス艦を常駐させたのが本音だからな。

 日米両政府がノドン発射の兆候をつかんだのは21日午後。関係者によると、北朝鮮東部などの複数のノドン発射基地周辺に北朝鮮軍の車両や軍人、ミサイル技術者などが集結しているという。実際に発射するにしても、「数日後から2週間程度」との見方が強い。

 ノドン発射基地の近くには、ノドンよりも射程が長い弾道ミサイル「テポドン2号」(射程3500―6000キロ超)の地下発射基地もあり、日米両政府はテポドン発射の可能性もあると見て警戒している。

 ノドンは、液体燃料を注入して発射する仕組みで、発射台付きの車両に搭載して移動が可能。沖縄など一部を除き、日本全土を射程に収める。ただ、大部分が地下基地に納められており、液体燃料注入などの兆候は確認されていない。発射台起動の動きもない模様だ。

 これに触れなければ神浦さん、ほんとに…いや、また、人工衛星ということで…。

 追記:言及がありました。無難な解釈でした。北朝鮮によるゆさぶり説。

高齢化の影響、日本が深刻 IMF、移民受け入れ提言

 これだよな。

 国際通貨基金(IMF)は22日、高齢化に伴う労働力人口の比率低下の影響は、少子高齢化が急速に進む日本が長期的に最も厳しく、成長率の低下とともに将来は経常収支が赤字に転落するとの分析を盛り込んだ報告書を発表した。

 これは人口動態が世界経済に与える影響を分析した報告書で、日本には、海外からの移民受け入れが一つの対策になると提言。日本や欧州など先進国の高齢化は国の財政を悪化させ、とりわけ年金制度や医療保険制度の制約となると指摘し、高齢化が進むほど制度改革が困難になるとして、早急な政策対応を促した。

 マクロ経済はこういうのをどう取り込んでモデル化しているのか。もちろん、モデル化とはそういうのを取り込まないことだというのは重々わかる。で、問題は、そうした捨象モデルで中長期的な展望を述べるとしたら倒錯。慎重な学者ならモデルの条件を課す。で、それで、問題は、実際にはなんの意味があるのか?つまり学問的な興味以外で。

 そういうのを抜きにしてこのIMFの報告を支えるモデルはどう理論化されているのだろうか。

鉄人28号 第25話 黒部の危機

 完璧だ。これほどパーフェクトの物語を見たことがないな。

 大筋はわかっていたが、やられたな。

 クロロフォルムのトリックはもうそれほどではないが、そう、黒服の男は、ソ連だった。そう、私は分かっていたじゃないか、この物語は冷戦と核なのだ、と、と、自分につぶやいてそれが信じ切れなかったのだ。

 テクニカルには、黒部のニコポンスキーはソ連スパイだった。そして、それがベラネードの謀略にかかっていたというあたりの解説は、今回のこの程度の切り上げかたで美しい。このプロットあわかる人がわかればいいのだから。あざやかすぎるな。そして、今回、村雨がきちんと査問会のクロロフォルムを敷島だと言っていたわけだ。完璧。ストーリーの漏れはない。梅小路のエピソードもつないだ。しかも無理はない。ロビーの話は、その後のブラックオックスの暴走にきちんとつながっている。

 ブラックオックスの暴走は、連想としてはあの時代の大衆の暴動を連想させる。ま、それは連想というか芸術のイメージの問題だ。

 そして、そして、次回、鉄人が完全になるのだ。最強の鉄人を出すために、これまで弱々の鉄人だったわけだ。これは次回最終回は祭り!!!ロボットアニメの最高エクスタシーだね。

 そして、最後に鉄人を溶鉱炉で溶かすというのは、これは、今川のストーリーではなく作者横山横山光輝のストーリーというか意志だったのだ(ほんとだ、だから横山は鉄人28号の物語の完成を今川に賭けたのだから)。もっともそれを今川はじっと何十年も信じ、ここまで物語をくみ上げたのだろう。すげーよ。サイコーだよ。横山にこれを見せてあげられないというのは、なんて悲しいことなんだ。

 物語として、その対話性を重視するドラマツルギーもすごい。村雨というのはまさに戦前と戦後を繋ぐ意志だ。そしてそれを正太郎がどう受け止めるかというところに、戦後のすべてがかかっている。そして、それが今、明確に意志として物語りとして受け止められるということは、たぶん、それこそが、文学だろう。ただ、文学なんて言っちゃ、この物語を貶めるかのようだ。

毎日新聞 米再利上げ 日本も当たり前の政策を

 おやおや。

 なんか、必死だな、ですね。

 経済を政治と切り離して見るというのは経済側ではクールな見方なのかもしれない。が、現実はそうではない。そうした見解はただ、政治から経済を見る倒錯の緩和にしかならない。

 毎日の必死を見ていると結果的に必死に政治を無視している。財務省と日銀だけで経済がなんとかできると思いたいようだ。

読売社説 [米再々利上げ]「大統領選挙を控えた政策判断」

 昨日google newsでグリンスパンの顔が出ているのでそうかと思ったが、それほど気にはしてなかった。

 ところで読売社説は内容はない。

 利上げは別に不思議でもない、どころか、ここで変更するとそれだけで政治的メッセージになりかねない。そして利上げしおけば次期政権に顔が立ちやすい。

 さて、市場の受け止め方はどうか。

そういえば彼岸の休日

 秋めいてはきているものの、まだまだ暑い。今日は少し残暑が引くらしい。

 中華圏では仲秋節が近くなりそわそわとしていることだろう。華僑も故郷が恋しい季節だ。

SundalandSundaland 2004/09/23 09:30 研究者総覧がありますが、これじゃだめなのかな。

finalventfinalvent 2004/09/23 09:55 Sundalandさん、ども。ええ、そのあたりでしょうか。はてなのQとしては、ちょっと変な感じもしますが。

うらぢうらぢ 2004/09/23 12:03 国連って公用語以外に演説してもいいのですかね。

AristaArista 2004/09/23 12:17 >鉄人
最近友人から聞いて知ったのですが、鉄人の監督って
機動武闘伝Gやミスター味っ子の監督らしいですね。
作風が全然違う・・・・・。

finalventfinalvent 2004/09/23 12:21 うらぢさん、ども。その点については考えたことがありませんでした。大丈夫だとばかり思っていました。

finalventfinalvent 2004/09/23 12:22 Aristaさん、ども。ええ、そうです。ある意味、作風は似ているようでもあるのですが。そして、今回の鉄人はジャイアントロボの延長でもあるのでしょう。作品的には一区切りかもです。

summercontrailsummercontrail 2004/09/23 12:34 finalventさん、こんにちは。以前から触れてらっしゃるのを読んでいると、今回の鉄人28号、とても面白そうですね。まとまって見られるようになってからぜひ見てみたいと思います。忘れないようにメモしておかなければ……。

finalventfinalvent 2004/09/23 13:42 summercontrailさん、ども。鉄人28号については、私はただのヲタですね。それでも、このアニメは本当にすごいと思いました。最終回まで見終わるともう一度頭から見るように謎が整然と仕組まれています。すごいですよ。

munagurumamunaguruma 2004/09/24 00:32 私のところも、この数日アクセス数が急増したせいか、なんだか変なコメントが増えてます。発言内容から突然人間性を疑われたりして。人のこと言えませんが、やっぱり匿名で捨てコメントだと何でも言えちゃうっていうのは感じます。むしろコメントよりも、トラックバックの方が、発言が蓄積していきますから、普段どんなことを言っている人かわかるし、質の低い捨てコメントのような者は簡単には送りにくいと思うんですよね。
 そこでふと思ったのですが、コメント欄を廃止してトラックバックだけ受け付けるような形にしたら、ブログに参入する人が増えて、ブログが普及するんじゃないかと思うんですが。もちろん、ブログまでは…と思っている方々を切り捨てることにはなってしまいますが、そこは読者からのメールで対応するとか。

uiuiuiui 2004/09/24 02:36 こんばんわ
>鉄人:最終回へ期待が高まりますが、このまま、まともに起動せず溶鉱炉へ〜という悲劇展開も、もしかしてアリではないか?と思ったりして(汗。
次回で正太郎少年が出す、最終結論に注目です。

finalventfinalvent 2004/09/24 06:43 munagurumaさん、ども。実は、munagurumaさんとこへのリンクを貼るのをけっこうためらったのです。儀礼的無関心でしたっけ、そういう感じもあるのですが、要らぬトラブルに巻き込むかと。ただ、この点は、あえて推してしまいました。深い思慮があってというより、そういう配慮を捨象してみたいというのと、Googleの潜在性で理論的にはその配慮のオッヅは低いのではないかと思ったのです。それでも心情的には巻き込んだかなという感じはあります。こっそりですが、甘えですが、ごめんなさい、です。

finalventfinalvent 2004/09/24 06:45 uiuiさん、ども。鉄人オタの私としては、最終回に鉄人が正太郎にメッセージを投げると思うのです。あるいは、正太郎=鉄人の意味を明確にする暗喩というか。なんか、こんなに連載ものが待ち遠しいのは子供の時以来です。

munagurumamunaguruma 2004/09/24 09:06  こちらは、トラブルに巻き込まれたという気持ちは全く持っていませんので、どうかご安心を。いやー、finalventさんに紹介して頂けるのは光栄と思っていますので。
 メモ疑惑の記事は2ちゃんであちこちにリンクを貼られてるみたいで、そのせいでアクセス数が増えているみたいです。(2ちゃんねるのせいと言っているわけでもありませんよ、念のため。)アメリカのある人気ブログで、「アクセス数が増えるのに比例してコメントの質が落ちる」という法則があると言っている人がいまして、いろいろと観察してみると似たようなことは結構あちこちで起こっているみたいです。まあ、私のところのはひどくないですし、これからアクセス数も落ち着いてくると思うので、それほど問題にはならないと思います。
 私がコメントしたのは、むしろ、
コメントを書く人にトラックバックを使うことを勧める→日本のブログの普及度が上がる→ブログの影響度が上がる
という好循環を作れないかな、と思ったという、そのアイディアの方なんです。そんなわけで、今日から私のサイトでは、「当ウェブログではトラックバックによるコメントを推奨しています。」という文言を掲げています。将来的にはトラックバックのみという形式に移行するかもしれません。

2004-09-22

【healthクリック】こんなにある口内炎いろいろ

 ちょいと。

 口内炎というのはいろいろあって簡単にはなんとも言えない。

 面白いことに、私の知る範囲だけど、医学的にもまだよくわかってないはずだ。意外にストレスが一番の要因だったりして(ありえる)。

 固い歯ブラシとかで口内に傷ができやすいとかだと、口内炎というより、ガム(歯茎)の問題かとも思う。

 で、ガムの不健康はビタミン不足でおきることもある(なお、これはあまり医学的ではない)。そうなのかもね、か、どうかは、ビタミンC、ビタミンB群、それとお金に余裕があればCoQ10を試しに2週間くらい飲んで、あれ、減ったなぁというのがあれば、めでたしめでたし。2週間くらい試して、特に変わらんというなら、別にこんなサプリメント飲む必要はなし。

 ちなみにサプリメントは…ご参考まで。健康指導ということではないので…ビタミンCは一度に200mg。ビタミンB群はB1、2、ナイアシンが10mgぐらい。ファンケルとかがよいと思う。食後。一日2回。

 CoQ10はボトルの指示通り。30mgを3回とるといいかもしれないが、高いし、それほど効いたという実感はないのでは。

 ビタミンCは意外にオレンジジュースなど加工品に少ない(100%でも還元していると少ないようだ)。普通にフルーツや野菜を食っているなら欠乏はあまりない。ビタミンB群については、平均的な日本人はやや足りないような統計がある。

 B群のうち、6と12は、昔の日本人は腸内菌で補っていた、が、どうも現代人は腸内菌が変わってきているようでもある。腸内菌というとヨーグルトとか連想されるが、それほどでもないようだ。

 なんか話がそれたのでおしまい。

ご当地チェック長野人

 ⇒http://whatever.say.jp/program/snap_shot/site/11273006990327/

 まず、長野人って言わない。信州人。

●  田中康夫は好きだ。

⇒これはないでしょ。

● 語尾に「ず」をつける。

⇒これはちょっと違う。人にものを勧めるときに「これ、食べず」というふうに使う。

● 羽田孜が首相だったこと、県外の人憶えてないだろうなあと思うが、自分も他には省エネルック位しか憶えてないので何とも言えない。

⇒これは傑作。そのとおり。

● 腹痛といったら「正露丸」ではなく「百草丸」だ。

⇒正露丸もある。もちろん、百草丸もある。

● 緑茶のお供には漬物が必ず出ている。

⇒間違い、でもないか。「おはづけ」

● 「ずく」を標準語にはできないが、意味は十分知っている。

⇒「ほらぁ、ずく出せ!」

● 横川で釜飯を買う為にダッシュしたことがある。

⇒もう停車しないのでは。

● 小学校で蚕を飼ったことがある。

⇒最後の状態をビードロって言うのだよ。

● 漫画にズラズラしゃべる田舎人が出てくると、使い方が違うといつも頭にくる。

⇒あ、これはそう。

● 子どもの頃のおやつは、おやき野沢菜だった。

長野県では「野沢菜」と言わないよ。

● 観光地の山菜はほとんど中国からの輸入品なのに観光客が有り難がっているのを見ると申し訳なく思う。

山梨県も同。

● 新聞はもちろん信濃毎日新聞を購読している。

⇒あたりまえ。

● 北信の人は南信の人を、南信の人は北信の人を「理屈っぽい」と思うが、お互い自分は違うと思ってる。

⇒これは傑作。そう。

● 浅間山が煙を吐いていると安心する。

⇒そうだそうだ。

● 八十二銀行に口座を持っている。

⇒カレンダーも持っている。

● 味の素マヨネーズが大好き。漬物に味の素は基本である。

⇒これは実は東京もそう。

● ここのタイトルは「信州人チェック!」にして欲しいと思っている。

⇒まったく。

#追加ネタ

●急須にお湯がなくなると、茶を足さず延々とお湯を足す

●冬は女子はトレーナーで通学。

ご当地チェック沖縄人

 これは愉快。

● どこの職場にも、必ず「金城さん」か「大城さん」か「比嘉さん」がいる。

宮城さんを加えるように。

● 6CH(米軍放送)を見てる。

台風のときは…かな。コンディションに注目とか。

● 6月23日は、特別な日である。

⇒休み。

● スクガラスは頭から食べる。

⇒こんなネタ、本土人に通じるか。

● 大晦日には「沖縄そば」を食べる。

⇒これは間違い。大晦日にはすき焼きを食べる。そして年越し蕎麦に沖縄そばを食べる。

● 田芋と紅芋の違いがわかる。

⇒だれか、こんなネタ上げたのは、ふらーぐぁ。

● ポークたまごとタコライスが好物だ。

⇒好物というのではなく…なんというのでしょうね。

● 天然記念物とは知らずに、アマンを釣りのえさに使ったことがある。

⇒え? あれ天然記念物か?

● お餅は「つく」ものではなく「蒸す」ものである。

⇒間違い。むーちーと餅は違う。

● 自転車に乗れない。

⇒泳げないを追加。

● ぜんざいは冷たいもので、夏に食べるものである。

⇒これはなんというか、別のものを呼んでいるというべき。

● どんな料理にもスパムを入れる。

⇒これは誤解。ポークね、ポーク。

#追加ネタ

●海に入るときはTシャツ

●紅茶と言えばアイスレモンティだけ

チューリップといえばポークを連想する

自動車教習所を「じれん」と言う

●にんじんをしりしりする

イラク戦争とブッシュについて

 なんか最近うんこが飛んでいるみたいで、ま、言っても無駄だと思うが…

 私は、イラク戦争に強く賛成ということではない。私は産経系ではないよ。アメリカの戦争を肯定するかというなら、ウィークに肯定する。気弱に肯定するよ。理由は国連がダメ過ぎというのと、日本は米国の市場原理で成立している国だからだ。日本の命運は現状米国に依存している。事実だね。米国が石油市場を守る限り、中国の石油囲い込みは本質的に効かない。

 次に自衛隊派遣についてだが、これはなんども言っているが、シンボリックな意味しかない。こんな議論やめたい。なによりイラクの人民にあまり役に立っていないのが恥ずかしい。それが問題なのにそれが論じられないなんて。

 次にブッシュの再選を支持するか。まず、根本的なところで言えば、余所の国の内政なんか関心ない。どっちを支持するとか言うのは抜本的なナンセンスだ。ま、それでも賭けのように言うなら、私はケリーに賭けていない。じゃ、ブッシュ? それも退屈だなとは思うが。いずれにせよ、その程度。

 イラク戦争で日本が問題だったのは、有志連合のなかに日本が取り込まれるかということだった。ひどい言い方だが、イラク戦争が混沌となったおかげで、今一息ついている。そうでなければ、いずれ、米国の指事のもとに日本人の血を流すことになる。そんなのは嫌だねと思う。

 これもひどい話だが、そういう日本の命運を韓国が先んじていた。単純な話にすれば、韓国は米国のためにその人民の命を差し出せということだ。さすがに韓国もそれは嫌だったのだろう。それはよくわかる。だが、そしてその結果がこのどたばただ。

 今頃になって、私は、サミュエル・ハンチントンが日本を独立文明とした理由がわかる気がする。当初はゴミ箱よろしく日本を選り分けただけかと思った。しかし、日本は一文明なのだ。その存続はすごく難しい問題なのだ。

 あと半世紀せず、中国は世界最大のパワーになるかもしれない。ロシアは露骨に中国と敵対するだろう。EUは、誰も言わないのが不思議だと思うが社会学的にみれば、イスラム圏になる。東南アジアもそうだ。そうなる世界を白人が見逃すとも思えない。

 ちょっと電波のように聞こえるかもしれないが、ま、書いておく。

これは韓国、必死だな、ではすまされないな

 このニュースがどのくらい日本や韓国で報道されるのか、あるいは米国で重視されるのか、よくわからないが、少なくともブッシュ政権の怒りはかなりひどそうだ。

 ケリー陣営のネガティブ情報と見れないことはないが、おそらく、このニュースはまずガセではないのだろう。

 ブッシュが継続すれば、韓国は、たぶん、かなりの報復を喰らう。というか、最近の一連の米政府のやり口をみているとすでにじわじわ真綿で首を絞めるようにやっているな。

 日本の外務省あたりも、チンコ縮み上がっているのだろうな。

Was a S. Korean Spy Involved in Kerry Campaign?

The Associated Press (AP) reported Tuesday that a Korean diplomat working for the National Intelligence Service (NIS) was involved in fund-raising campaigns for Democratic presidential candidate John Kerry, causing concern among U.S. officials that Korea may have tried to exert some influence on the upcoming U.S. presidential election.

 朝鮮紙はAP経由。

 国内報道はないのか?

AP: Kerry fund-raisers, S. Korean spy met

A South Korean embassy official who met with John Kerry fund-raisers to talk about creating a political group for Korean-Americans was in fact a spy for his country, raising concerns among U.S. officials that he or Seoul may have tried to influence the fall presidential election.

 なんだ、これ。

South Korea has been frustrated over the deadlock in talks on North Korea's nuclear activities, while at the same facing the Bush administration's planned withdrawal of thousands of U.S. troops from the tense region. One expert said Chung's actions were consistent with Seoul's concerns with the Bush administration even if he didn't get a direct order.

 つまり、韓国政府はケリーが勝つようにスパイ活動をしていたということ?

 ロビー活動でどってことないのでは?とも思うが。

"But, nonetheless, this sort of intervention certainly provides a faithful reflection of the general attitude of Roh Moo-hyun's administration toward the presidential race," Eberstadt said. "There's an awful lot of people in this (South Korean) government who can't stand the Bush administration and would love to see Bush lose."

 アンチ・ブッシュを韓国は国家的に組織していたのか?

 同記事はガーディアンにて⇒AP: Kerry Fund-Raisers, S. Korean Spy Met

リフレ派の論理が本当の意味で否定されるためには、どのような現象が現実の中で観察されることが必要なのだろうか。

 仮に、構造問題派がそれを日本の潜在成長率と考えている1%台の低い成長を維持するためだけでも2〜3%以上のインフレが顕在化するということになれば、それは、停滞の原因はサプライサイドではなく総需要の不足にあるというリフレ派への明確な反証になる。さらに、木村剛氏をはじめとするハルマゲドン派の論者たちが予見するように、そのインフレが金利高騰、国債暴落、通貨下落を伴うような破滅的過程となるのであれば、リフレ派の見方は根本的に誤っていたということになる。筆者はそのときには、潔く自らの重大な誤りと木村氏の慧眼を認めるつもりである。

 後半のハルマゲドンは政治要因からありえないタメの話なのでどうでもいい。問題は前半をもっと明確にできないものだろうか。すでにこれでも明確ということなのだろうか。

 つまり、反証条件:日本の潜在成長率と考えている1%台の低い成長を維持するためだけでも2〜3%以上のインフレが顕在化する、と。

 このあたり端的によくわからないのだが、これはポパー流の土俵に登っているのだろうか、疑問だ。ポパーの反証性は自然科学の議論だがというのは、ここではさておく。問題はポパーより、リフレ論者の、多分に神学的に見える言説の可視化というだけのことだ。

 全体としては、「デフレ期待」や「インフレ期待」というとき、「期待」の意味がブラックボックス。これはリフレ派の議論ということではないが。

 私自身としては、日本はこれから確実に縮退していくというパラメーターをどう考えるか、かなと思う。そのあたり、森嶋道夫などは考慮していた。

 が、縮退しない? つまり、高齢者が増えることで需要になりうる?

 しかし、そのあたりは、経済学ではなく、社会科学的な行動モデルが必要になると思う。

<創刊39周年・世論調査>「日本嫌いだが見習うべき国」

 自分が日本人だというバイアスはあるのだが、これならまだ韓国は大丈夫だ。

見習うべき国は日本33%、米国14%、中国10%の順であり、経済的に協力すべき国は中国44%、米国29%、日本15%の順だ。

沖縄の負担軽減に努力 米軍再編で大統領明言

 あと一押しなのだが。

 問題は辺野古の利権だけだろう。

Newsweek Japanの今週号のタスカのエッセイが秀逸

 毎回、タスカさん、書きますね。

 「連載コラム ピーター・タスカ ニッポンはどの星の下に生まれた?」

武力行使に関与すればリスクも生まれるが、傍観による代償のほうが大きい。フランスドイツのまねをしようものなら、日米同盟は破綻の危機に追い込まれ、日本は独力で近隣の三つの核保有国に対処せざるをえなくなる。

 また。

ケーガンの見るところ、ヨーロッパが文化などソフトパワーや外交を利用しようとするのは十分な軍事力がないからだ。

日本は歴史的背景も防衛費の扱いも、ヨーロッパに似ている。日本にとっての優先事項は、内政だけでなく、外交でも「直接対決を避けることだ」だ。ハイジャック犯には身代金を払い、自国内で国民が拉致されても見て見ぬふりをしてきた。

 冷戦時代には、それでよかった。安全保障アメリカに任せられたからだ。

なにかが善だという前提が確かであれば方法はどうでもいいというのはテロと同じ

 と思うのだけどね。

 だから、マイケル・ムーアなんて私は全然関心ない。

 ブッシュの軍歴疑惑を追及するのに、どうせ疑惑があるのだから、白黒つけるのに偽文書を持ってきても良いっていうのは、私は、まったくの間違いだと思う。

 我々はなにが正しいか間違っているかはわからないものだ。

 その真偽の方法論だけが唯一の反省のための装置なのに、それを壊してもいいという考えは理解不能。

CBS、疑惑資料の提供者とケリー候補を接触させた疑い=米紙

 米CBSニュースは、ブッシュ米大統領の州兵時代の軍歴疑惑を裏付ける資料の信ぴょう性に問題があったことを20日認めたが、大統領選に民主党から出馬しているジョン・ケリー候補の関係者と、資料提供者を接触させていた疑いが新たに浮上した。

 21日付の米紙USAトゥデーは、退役州兵中佐ビル・バーケット氏が、ケリー陣営との接触を条件にCBSへの資料提供を承諾していたと伝えた。

 日本語でも報道あり。

WP CBS, Sitting Between Fiasco And Fallout

CBS News President Andrew Heyward said Monday that he hopes the panel, which he has not yet named, will report in "weeks, not months" and that he is "open to any recommendations. . . . When mistakes are made, the healthy thing for news organizations to do is to analyze why."

 ま、報道サイドから。

NYT Kerry Camp Describes Contacts With Source of CBS Papers

Mr. Burkett told USA Today in an interview published yesterday that he had agreed to turn over the documents - appearing to be from the personal file of Mr. Bush's squadron commander - if the network would arrange a conversation with the Kerry campaign. CBS officials said they did not believe there was any such deal. But the network said in a statement that it was against its standards "to be associated with any political agenda'' and that the matter would be investigated. It also publicly rebuked the "60 Minutes" producer Mary Mapes for putting Mr. Burkett in touch with Mr. Lockhart.

CBS Says Producer Violated Policy by Putting Source in Touch With Kerry Aide

CBS News said yesterday that the producer of its flawed report about President Bush's National Guard service violated network policy by putting a source in touch with a top aide to Senator John Kerry.

USA Today Rather's producer assured CBS execs on Guard papers

On Tuesday, it was revealed that Mapes arranged for Burkett to talk to a top aide to Democratic presidential candidate John Kerry.


Standard journalistic ethical practices forbid reporters from doing anything that could be perceived as helping a political campaign.

 「今日CBSは死にました」ってか。

切隊 最近、歯ブラシの「やわらかめ」が売ってない

 ふーん。

 豚毛ではダメ?

 口内炎ができやすい…ふーん。

はてなQ 精神医学あるいは臨床心理学の概論、啓蒙書、総論で名著と呼ばれる本を教えて下さい。

 この分野は名著ほど初心者が読まないほうがいいように思う。

 ちょっと質問者の求めからそれるがあえて勧めるなら、これ。

狂気と家族

R.D.レイン

A.エスターソン

笠原 嘉

辻 和子

¥ 3,990

通常2〜3日以内に発送します。

日経社説 民主化進展示すインドネシア大統領選

 読売よりましだが、うーむ、といったシロモノだな。

特筆すべきは、同大統領がゴルカルなど既成政党の大連合に支持されながら大敗したことだ。これは、既成政党の支持者には組織の方針に反してユドヨノ氏に投票した人々がかなりいたことを示唆しており、既成政党の求心力の低下と有権者の政治意識の高まりを物語っている。

 それはちょっと違う。

朝日社説 長野連続殺人――この犯人扱いは異常だ

 この件については朝日が正しい。

 ヤッシーの動向がどうなっているのかが気になる。端的に言えば、行政の問題が大きい。

ブッシュ氏の軍歴疑惑 CBSテレビが謝罪の声明文 独自入手の公文書は偽物

 どうもくだらない誤解を受けているようだが、私はどっちかというとブッシュの軍歴には問題があると見ている。

 さて、と。

米民間研究団体「メディア広報センター」によると、六月から九月初めまでの米三大ネットワークなどの大統領選をめぐる報道内容を調査したところ、「六割以上はケリー氏に肯定的で、反対にブッシュ大統領に否定的な報道は六割以上に上った」という結果が出ている。

 ま、メディア的にはそういうことだ。

「国籍関係なし 人質は処刑対象」 スンニ派長老、仏紙に

 愚かなことをというのが印象だが、これは一種の商売のようなものか。

豪総選挙、野党労働党が支持率で現政権をリード=世論調査

 ああ、そうなるか。

 ハワードもよく耐えたが、ここまでか。

 ここでオーストラリアが転覆するとちょっとしたオクトーバーサプライズになる。

 ところで、この状況下でテロはあるか?

 オーストラリアや米国の場合、テロをしかけてもスペインと逆効果になるだろう。ま、ない、と見ていいか。逆にあるとなんか陰謀臭い。

シリア、レバノン駐留部隊の移動開始

今回の移動は、レバノン駐留のシリア軍1万7000人を撤退させ、レバノンへの干渉をやめさせようとする米主導の国際的圧力を受けたもの。

 国内報道が出たか。

小学生の天動説

 この話題は阿呆臭くてスルーなのだが、ふと思ったのは、こうした漢学知識より、倫理的な人文教養が今の若い人からごっそり落ちているのではないかなということ。こんなことはてなで言うものならウンコ攻撃にあいそうだがって言ちゃったか。ま、はてな世代がそうだということではない。むしろ、はてなの人口的な偏りが面白い。話を戻して、たとえば、正義や愛というものの教養が、たぶんにメディアでしか形成されていない。文学よそこにアレともそれほどは思わない。というのも、どうも、文学もまるで違った読まれかたというか、テキスト化されている。最後は、ようするに、人間の経験というものだ。人の生き様の経験の素地が日本社会から失せているように思う。じゃ、かつてそれがありよかったのか、という回顧でいうとそうでもない。

 うまく言えないのだが。

産経社説 地価動向 魅力ある街作りの努力を

大都市の地価が下げ止まりから一部は上昇に転ずる一方、地方の下落幅が深刻化していることが国土交通省の「平成十六年都道府県地価調査」(基準地価)でわかった。下落幅の拡大を食い止めて経済を活性化するには、地方が自分たちの努力で魅力ある街づくりを実施することだ。

 これは大きく失当、だと思うし、社会学的な説明がありそうなものだが。

毎日社説 裏献金事件 規正法改正で縛るのが筋だ

 正論なのだが、ピンと来ない。なぜだろう。毎日に政治的な意図を感じるからか。

散人先生 フジテレビ:沖縄の海に猛毒クラゲが大量発生!

 これは昔からそうです。記憶ではけっこう米軍のボランティアが活躍しているだが、報道されませんね。あと、ついでにいうと、沖縄本島の珊瑚礁はあらかたすでに死滅しています。

giraudgiraud 2004/09/22 16:39 finalventさん、こんにちは。
>なにかが善だという前提が確かであれば方法はどうでもいいというのはテロと同じ
禿同でございます。右も左もこの姿勢については同じですよね。あと後ろ向きな同義語で「〜の為には仕方が無い」もあると思うのです。
この選択は魅力的らしいんで、一度それを口にしてしまうと、後は一直線に、って方々をよく目にしては悲しくなっております。
私もいつそちら側の人になってしまうか分からないですが、出来るだけ踏んばりたいと思ってます、って若いですかね。

finalventfinalvent 2004/09/22 16:52 giraudさん、ども。ええ、抽象的には誰も同意してくれるのでしょうけど、個別の問題では難しいですね。大統領選というよりイラク問題だと、最初に、イデオロギーありきというのが多いように思えます。別の言い方をするとある疑念の忍耐強いスタンスはそれゆえに攻撃をうけてもしかたないのか? ま、あまり抽象的に言うのもなんですが。どうも、困った噂を振りまかれているような感じがしますね。

hasenkahasenka 2004/09/22 19:54 夜7時のNHKニュースでダルフール問題が映像付きで流れましたね。初めてTVカメラが入ったとか。5万人殺害、140万人が難民と伝えてました。

finalventfinalvent 2004/09/22 20:06 hasenkaさん、ども。映像は見てないのですが、時期的に考えるとアムネスティでしょうか。落胆もしますが、今ならまだ間に合うという感じがします。焦る思いです。なんか感傷的になってしまうけど、スチルではいろいろ見ているので、悲惨というのもですが、反面、人間(黒人)というのは美しいものだとも思います。

SundalandSundaland 2004/09/23 09:27 大外しかもしれませんが、口内炎の組織像からすると、サイトカイン/増殖因子と感染の相互作用=インターフェース問題かなって感じです。

finalventfinalvent 2004/09/23 09:57 Sundalandさん、ども。ええ、まず、感染はあると思うのですよ。ただ、通常は問題を起こさない。となると、それが原因ということはない。サイトカイン/増殖因子側となると、これはどういう合目性があるのかなとも思いますが、わかんないですね。口内炎は重篤の病気の可能性もありますが、たいていの場合はそうではないので、ま、そんなふうに人生は過ぎている…のかな、と。風邪もそうですが、身近な部分でわかんないことは多いですね。わかってどうなるものでもないのでしょうが…。

2004-09-21

VOA Syria Begins Redeploying Troops in Lebanon

Lebanon's national news agency is reporting Syrian Army troops have begun redeploying from forward positions, along the Lebanese coast, to positions near the Lebanese-Syrian border.


The Syrian move to withdraw its troops from strategic locations along the Lebanese coast follows weeks of intense discussions between American officials and Damascus.

 これは事実上の撤退であり、なんだかんだと言っても、落としどころってやつかな。

日本が常任理事国に…

 くだらん、ならんでもよい、と思ってきたが、そうでもないのかもしれない。国連をまともに機能させるように日本は努力すべきだ。これでブッシュが再選となると、日本はまた尻追いになる。

 ところでブッシュ再選?

 私は別にブッシュを支持しているわけでもない。沖縄米軍についてケリーが縮小と言っている感じもするので、それがはっきりすなら、ケリーでもいいかなと思う。

 と、思うに、ブッシュ続投というのも退屈な話であるな。

Internet ad revenues jump 40 percent in 2004

Internet advertising revenues jumped 40 percent in the first half of this year, driven largely by the growing popularity of keyword ads tied to search results.


U.S. revenues for the first six months were $4.6 billion, compared with $3.3 billion for the same period in 2003, according to a PricewaterhouseCoopers study conducted for the Interactive Advertising Bureau. Search made up 40 percent of the ad revenues in the second quarter of 2004, compared with 29 percent in the year-ago period.

 ネットがいよいよ本格的な広告媒体となるか。日本はまだ遅れるだろうな。

ボブ・ノヴァック「米軍のイラク早期撤退もありうる」

 おや?という感じ。どっからこの情報を得たのだろう。

沖縄の陸自2300人に増強 850人連隊新設へ

離島侵攻の危険に対処するため、旧ソ連の侵攻を想定した北方重視の防衛態勢を転換し、南西諸島への部隊配置強化を明確にするもので、尖閣諸島の領有権をめぐり対立する中国を刺激する可能性がある。

 在沖の平和運動家は嫌がるだろうが、私はほっとした。いまだに北方警備だったしな。

暑い

 mixiに書いたのだけど、暑さ寒さも彼岸までというけど、暑いなぁ。これでも別に異常気象というのでもないのだろう。栗などはもう十分に実っているので、あっという間に秋ということか。

 今年は菊も見に行きたいなと思う。

 ようやく内地の季節を思い出す。

 それだけ沖縄を忘れつつあるのだろう。

クルーグマン The Last Deception

 率直に言うと、つまんない。

It also means accepting the likelihood that Iraq will not have a strong central government - and that local leaders will end up with a lot of autonomy. This doesn't have to mean creating havens for hostile forces: remember that for a year after Saddam's fall, moderate Shiite clerics effectively governed large areas of Iraq and kept them relatively peaceful. It was the continuing irritant of the U.S. occupation that empowered radicals like Moktada al-Sadr.


The point is that by winding down America's military presence, while promising aid to those who don't harbor anti-American terrorists and retaliation against those who do, the U.S. can probably leave behind an Iraq that isn't an American ally, but isn't a threat either. And that, at this point, is probably the best we can hope for.

 なんか、この平べったい感じの主張は、経済学とかだとすぐれたものに見える。チョムスキーが難しい政治コメントをしても非常識にしか聞こえないと似たずっこけ感がある。なんなのだろ。なにも貶めていうのではないが、なんなのだろうか。

Jeanne: 622 dead in Haiti

 このあたりが最新っぽい。すごい惨事だな。

WP What Is Bush Hiding?

 偉い。そう、ブッシュの軍歴疑惑はそのまま。

ハイチで風水害250人死亡

 これはひどいな。政局にも影響するか。

江沢民氏、台湾問題で武力行使の可能性捨てず

 反日と台湾統合という看板がないと内政が出てしまうしな。

ところで…匿名ということ

 munagurumaさんのコレに禿同。

 匿名でブログをつけるというのは非常にささやかな営みである。私には権威も何もなく、過去に書いた文章しかアイデンティティのよりどころがない。だからこそ、人格攻撃や無責任な放言などはしないように、最低限のマナーは心がけているつもりだ。そんなわけで、ある特定の条件の下に文章を書く訓練としては、非常に勉強になっている。

 私もいちおう匿名にしている。本気で匿名にしてないのは、一部の人におわかりの通り。以前から支持をいただいた少数のかたにも伝えている。ではなぜ匿名?

 ひとつは、はてなポイントなど金銭面での支援もいただけるようになったが、基本的にこれで私は喰ってない。仕事ではない。つまり、社会との利害面での関わりがない。

 もうひとつは、若干のプロテクトだ。finalventさんを暴くことで、finalventさんはものが言いづらくなるのだよ。そうすることが暴きの目的ならしかたない。ただ、私としては、支援してほしかったなとは思うな。

 私は、ちょっと臭いが、ブログはいわゆる仕事ではない。でも、ひそかに人生の課題の一つのようには思っているし、よく考えるとちゃんとこの世で相応に報われてもいるので天国への善行の貯蓄にはならない(言うまでもなくこうした表現は冗談ですよ)、私は期待するのだ、ブログが日本で興隆しないかなと、市民の声が民主国家の力にならないかな、と。もちろん、夢想だ。なぜなら、それは私がいなくてもそうなるときはそうなる。また、そうなることが良いこととも限らない。

 でも、その夢想が私のfuelかなとは思う。お笑くださいな、皮肉家の私のコアはかくも単純だ。

 ああ、finalventには「最低限のマナー」もない? そうかもしれない。けっこう自分は厨房っぽいからな。

How to reinvent the G.O.P.

 ちなみにこれね。共和党についてのNYTの記事。ここではもう有料だけど。

Is 'Rathergate' a Watershed Moment for U.S. Media?

 おお、そうだそうだ!

Internet bloggers have drawn blood and American journalism may never be the same.

 これが日本でおきないかなぁ! 一部のみなさんがお望みの極東ブログ沈没も実現しますよ。俺なんかもう洋梨ってなるのが俺の夢だな。

現実への謙虚さは失いたくないものだ。ジャーナリストでもブロガーでも。

 と、いち早くmunagurumaさんのエントリーがあり。追っていたせいもあるのだろうけ、早いなっと。

CBS: We Were Duped

 おおっと、別件を調べる途中に、めっけ。2ちゃんのいうところの、キター!だな。

The man who gave CBS (search) documents that have fueled a firestorm of controversy over President Bush's Vietnam-era Texas Air National Guard (search) service has admitted that he deliberately misled the television network, CBS said Monday in a statement.

 それにしても、"fueled"は2ちゃんみたいな言い方だな。

ブッシュ氏再選なら来年イラク撤退?

 というわけで、ムナグルマさんの記事。

ノーヴァックは、今夏、「イラクニジェールからウラニウムを買い入れようとしている」という大統領発言を批判したジョセフ・ウィルソン氏の妻がCIAエージェントだとコラムに暴露して、大統領近辺から意図的なリークを受けたのではないかという疑惑の渦中にあった人。どちらにせよ、大統領のインナーサークルに特別のコネクションを持っているといわれている。その人の、この発言はどう読むべきだろうか? 

 というわけで、あ、彼ね、である。

 コラムニストというわけでもないから、文章は、しかたないのか。

Quick exit from Iraq is likely

 via:munaguruma

Inside the Bush administration policymaking apparatus, there is strong feeling that U.S. troops must leave Iraq next year. This determination is not predicated on success in implanting Iraqi democracy and internal stability. Rather, the officials are saying: Ready or not, here we go.


This prospective policy is based on Iraq's national elections in late January, but not predicated on ending the insurgency or reaching a national political settlement. Getting out of Iraq would end the neoconservative dream of building democracy in the Arab world. The United States would be content having saved the world from Saddam Hussein's quest for weapons of mass destruction.

 印象なのだが、記事のフラットさ(ライターの力不足)が感じられる文章なので、その分、説得力がない。ネオコンあたりの法螺にフォーカスしているのものなんだかな(しかし、私も多分にその法螺の影響を受けたが)。

 米国民の期待とは逆にバグダッドはおそらくプチパレスチナ化するだろうし、この混乱は、ザルカウィをとっちめるまでは続くだろう。というか、これはなんとなくだが、一種の自然現象のようにも思う。

 話がそれるのだが、ビンラーディンは生きているのか?

社説インドネシア選がないな

 そーゆーものか。

イラクで殺害の奥、井ノ上氏の遺志継ぐ基金が初の募金

 あれだけ裏金を作った外務省がこれをしない。奥さんという人は本当に外務省に必要な人だった。

使命完遂まで米軍駐留 イラク民主化で大統領

ブッシュ米大統領は20日、米北東部ニューハンプシャー州デリーで選挙演説し、混迷するイラク情勢について「中途半端なシグナルは、敵やイラクの人々らに間違ったメッセージを送る」と強調、イラクの完全民主化まで米軍駐留を続け「使命を完遂する」意向を明確にした。

 これは常識だと思うが。というか、ケリーも同意すると思うがな。ケリーの撤退議論はそのあとのことだ。

 日本は? もちろん、現状撤退してもいい。たいした勢力じゃない。

散人先生 ブッシュに自伝は書けるか……ブログ「小さな目で見る大きな世界」

 テクニカルに言えば、書ける。米国にすごいいいライターがいるし。ま、それはどうでもいいが、ブレアの自伝を読んでみたいものだ。

日経社説 江沢民氏引退を内外政策刷新の弾みに

 他紙でもあつかっているが、現状でこの議論をするのは無駄。

産経社説 ソフト産業 新しい発想で育成を図れ

 日本のソフト制作事業者が比較的小規模なことに加え、国内投資家のソフト産業に対する認識不足もあって資金面での苦労が大きい。また、言葉の壁もさることながら、制作従事者の育成やコンテンツの輸出振興についても欧米では官民挙げての積極的な支援措置がとられているのに対し、日本は取り組みで大きく後れをとっている。

 アニメーターの給料を上げるだけでよい。

毎日社説 税制改正 財政再建の推進力を取り戻せ

 毎度の毎日節。

 政府税調は03年6月の「少子・高齢社会における税制のあり方」のなかで、消費税率を2ケタに引き上げることの是非が、今後の税体系の見直しの基本だとしている。その議論をいっそう深めてもらいたい。

 そんな余裕はないでしょ。

朝日社説 普天間――移設先の白紙再考を

 国外移設が圧倒的な声だが、沖縄を重視する米国の姿勢を考えれば、直ちに見通しは立ちにくい。そうであれば、沖縄の過重な負担を分け合うため、本土への分散移転も検討すべきだろう。

 嘉手納統合案はこれまでも検討された経緯がある。地元から反対の声があがり、米軍側からは空軍と海兵隊が同居した時の管制の問題や両軍間の摩擦の恐れが提起されて、見送られた。だが、沖縄海兵隊の規模の縮小などを絡めていけば、緊急の措置として、こちらも再検討の余地はあるかも知れない。

 これを7年前に言えたら朝日も立派だったが。

munagurumamunaguruma 2004/09/21 08:04 ブッシュ政権内では、再選後に来年イラク撤退というシナリオが書かれている、というコラムが出ましたが…。
http://www.suntimes.com/output/novak/cst-edt-novak20.html
著者は、ジョー・ウィルソン絡みのスキャンダルで問題になったあのボブ・ノーヴァックですので、ちょっと読みにくい情報ではありますが、気になりますね。

finalventfinalvent 2004/09/21 09:16 munagurumaさん、ども。あ、そうですね。ころっと意見を変えるみたいで節操がないですが、その線もありかもしれません。道義的に(ちょうど現在のアフガンに米軍を再投入したように)総選挙まではいると思っていたのですが、甘いかも、というのはありますね。世に言われているほど石油利権はないにせよ、イラクの石油を市場に乗せるか、あるいは乗せないなら乗せないの区切りがつくまでかなりの米軍が駐留するだろうなとも思います。どっちか?と問われると現状私の考えはこっちですが。▼そういえば、れいのブッシュの州兵問題salon読みましたか?もうなんだかわかんないんですが。

shibushibu 2004/09/21 11:55 こんちわ。
ついに「燃料投下!」が伝わりましたか。
支那のサイトも、留学生上がりがもう一捻りしたの書いてもよさそうなんですけどね。
読めないし読む気もないけど、読まなくてもわかる、みたいな。

finalventfinalvent 2004/09/21 12:07 shibuさん、ども。そういえば、江沢民の息子も米留なんですよ。あいつらのエリートはなかなかのもので、それがどう中国国内に向かっていくですね。今回の一連をみていると胡錦涛っていうのはすごいタマだなという感じがします。…とはいえ、日中友好とはいかないでしょうし、友好は国家の建前ですしね。予感では、質の親日家も育っているように思いますが。

munagurumamunaguruma 2004/09/22 00:12 finalventさん、ご紹介ありがとうございます。
ノーヴァックですが、一応コラムニストなんですけどね。現在はテレビの露出も増えてるので(CNN ”Crossfire”の司会など)忙しいのではないかというのと、このコラムについては、リークが主な内容なので、残りはソースを明かさないようにしながら原稿用紙を埋めるような書き方をしているという印象があります。また、この記事の真意ですが、リーク元がネオコンで、こういう情報を流すことにより政権内を引き締めてイラクへのコミットを強固にするのが目的ではないか、という観測が出ています。また、全く逆の視点ですが、私見では、この人は保守系ですが反ネオコンですので、そういう希望的観測があるのかなとも思います。ま、finalventさんのおっしゃる通り、損切りという考え方をしている人が政権内にいてもおかしくないとは思います。
 あ、それから匿名云々というのは、時々コメントなどで、「あんたは匿名だから批判する資格はない」とかいう論旨のものがときどき飛んでくるので、それに対する予防線のつもりです。しかし、日本のブログが影響力を拡大するために一番手っ取り早い方法は、さまざまな分野の専門家が実名で参入することだと思っているので、そういう意味でのフラストレーションはありますが。ま、いろいろ事情がありまして。
 僭越ですが、「極東ブログ」については、ブログ界ではかなりエスタブリッシュされた位置にあると思いますので、匿名・実名にかかわらず、これからブログが増えていく中でもう少し頑張って頂きたいとは思っています。

munagurumamunaguruma 2004/09/22 02:57 ↑このコメントを書いてから少し考えていたのですが、blogが、今のところ、情報発信よりは、大手メディア、ジャーナリストの流す情報に依存しながらその内容をチェックしたり議論するという役割を果たしていることを考えると、過去に書いた文章などによってblogのコミュニティ(英語ではblogosphereなんて言っていますが)の中での評価さえ決まっていれば、ブログの意見交換に十分参加して役割を果たせるのかな、と思ったりします。だから、自分のblogでも書きましたが、匿名でもある程度節度を持って書いていればいいのかな、と。
 あ、それから、日本の言語空間の現状を考えると、英語が読める人がもっとblogに参加して欲しい、というのはありますね。メモ疑惑も、別に私が書く必然性のあるネタではなかったんですが。

finalventfinalvent 2004/09/22 06:29 munagurumaさん、ども。ご示唆、いろいろ考えることがあります。たぶん、ゆっくり考えていく、考え続けていくと思います。中でも、「メモ疑惑も、別に私が書く必然性のあるネタではなかったんですが」というご実感には不思議な共感をしました。実は極東ブログなどは私がする必要はないんだみたいな思いがけっこうあります。ただ、最近は、あーこれはずれた批判だな、というのを受けるとき、それはいいことなんだ、言論を開いて、相対化するプロセスなのだとは思います。ただ、反面、ポピュリズムも感じますね。▼僭越ですが、こうした自覚がどう言論人に起きるのだろうという興味のような期待はあります。

2004-09-20

Bush in the National Guard: A primer

 れいの話。ブッシュの州兵のあれ。

 複雑でよくわからん。

熱帯低気圧「ジーン」、ハイチでの死者は90人に

 これは存外にすごいな。

 ハイチも問題だなと思う。

 ふと、ああ、なんだかんだ言っても左翼になっちまえば楽かもなと思った。なんでも反米でソリューションだからな。

 そういえば、若い頃、アメリカ帰化してもいいやって思っていたこともあった。いつごろだったか、忘れた。反米チョムスキーのいる国アメリカである。

インドネシア大統領選決選投票、ユドヨノ氏勝利の見通し

 これをどう見るか?

 インドネシアはいろいろ複雑で難しい問題がある。隠された歴史も多い。

先日公園で布教しているクリスチャンを見た

 エヴァンジェリックなのだろう。ああいう信仰を持つことが結局自分にはなかった。

 なんだかんだ言って、もっとも宗教に縁遠いに人間になった。なぜだろう。

自分の毒

 と書いてみて、行き詰まる。

 人に毒付くこたぁないじゃないか、と、言われればそうだなと思う。

 なに言っても虚しいなとも思う。そして、実際、この数年は何も言わなかった。

 私は2ちゃん並に左翼が嫌いだが、小林よしのりふうでもない。ま、自分がなんだとか考えるのもめんどくさい。

 吉本隆明の影響はあるだろうな。あれだけ小気味のいいことを言ってみたいと。しかし、そうした思いはもうさしてない。

 と、ふと思ったのだが、自分のコアにはれいの「リストカットをするあなたへ」みたいなものへの憎悪はあるな。中島義道的というか。

 ま、どうでもいいか。

はてなQ ギター初心者です(まったく知りません)

今度、先輩たちとバンドを組むのですが、まったくの初心者のため何から始めればいいか分かりません・・・汗

 わたして貰ったコードを単純なコードに書き換えて貰うといいと思うよ。主要3コードと、マイナーの3つも覚えれば、あとは転調してどうにでもなる。

 転調にはこれ⇒カポタストのぺーじ

サンマのトマトソース煮(夕飯の一品)

 ワタをとり、一口大よりやや大きめにぶつ切り。2匹から3匹(適当)

 汁:白ワインカップ1/2、ホールトマト缶1/2(くずす)、塩小さじ1、砂糖小さじ1、水カップ1/2(適量)

 にんにく1片、オリーブ油適量(大さじ2くらい)

 圧力鍋を開き、スライスしたにんにくをオリーブ油でゆっくりロースト。

 少し冷やしてサンマを並べ上の汁が半分くらいにひたひたする程度にする(水加減をそれで調整)。

 煮ること30分。圧力が来たら、弱火で30分。

 圧力が引いたら、蓋を開け、汁を少し煮詰めても可。

 (残った汁にアサリと黒オリーブ、ケーパーをいれてアクアパッツァにするか。)

 ちなみに、他、一品は鯛のポアレ。最近は、魚屋で三枚におろしてもらうので、なんか、簡単料理になりつつありますな。

古代日本は韓国人の支配下

 パク社長はこの本で、古代日本の支配階層および主流階級は大和民族でなく、韓半島からの渡来人であることを立証すべく力を注いだ。 「日本列島には本来大和民族という先住民が居住し、韓半島の渡来人は日本の文物形成に断片的に寄与しただけだ」とする皇国史観の間違いを、各種文献史料を引用して1つ1つ批判した。 この本には▽日本の国号「ニッポン」は7世紀後半に高句麗(コグリョ)の高僧によって命名された▽645年まで日本の通称だった「倭」は伽耶(カヤ)の別称だった▽日本の建国神話に出てくる韓神は、大己貴尊(おおあなむちのみこと)と少彦名命(すくなひこなのみこと)であり、今でも奈良市神社韓国の神として祭られている−−などと詳細な記録とを根拠に記述している。

 大筋は私もそうだと思うが、各論というか論証が「とんでも本」みたいだな。

 2ちゃんあたりの反発もつよいか。

 しかし、古代史というのは困ったものだな。それをいうなら、中国が主張しているように高句麗は韓人ではない。なにより、朝鮮は統一新羅以降のもの、それ以前の支配の実態は広義にみんな中国人だよ。

 つまり、その古代において、「朝鮮」なる実体はない。

通りすがり曰く

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2004/09/part_1.html#c748123

ついに過去の人になっちゃいましたね。

そろそろ「はてな」を離れた方がいいのでは?

 ただのウンコ?

 ところで、極東ブログの言説において私が過去の人になると、どうして「はてな」、つまり、ここを離れたほうがいいのか?

 すでに回答者としてはほとんど離れているから、この日記を止めろと? なぜ?

 私が、理解できたら、やめていいよ。

ビラのHP オウム真理教と北朝鮮の関係

 ちょっとイカもののサイトでもあるが、これらの問題はたしかに未決部分があまりに多い。

韓国産サリン原料、北朝鮮輸出直前に阻止

 まぁ、悪の総合商社の感もある北朝鮮なのでこれもネタとして読み飛ばされるのだが、が、考えてみるとちょっと変だな、と。

 国会・速記録によると、外交通商部(外交部)の潘基文(パン・キムン)長官も今月15日、国会で、同事実を認めている。韓国のD化学企業の子会社、O商社は、昨年2月から今年4月まで4回にわたって、タイの化学製品会社P社にシアン化ナトリウム773トンを輸出した。ところが、4月2日に船積みした142.4トンが北朝鮮に輸出されるとの情報が、5月初め、米国が主導する「大量破壊兵器の拡散防止構想(PSI)」の監視体制によって摘発された。

米国側は、情報機関を通じて即時、この事実を韓国の国家情報院(国情院)に通報した。韓国政府は、タイ政府に再発防止への協力を要請し、シアン化ナトリウムの船積みを阻止する一方、企業側とも話し合い、今年6月、タイに輸出したシアン化ナトリウムすべてを回収した。

 というわけで、この事件、米国がちゃんと見ていた。

 金正男のときもそうだ。

 米国の情報網はダメポみたいに言われるが、これらを見るとスゲー機能しているじゃん。というか、米国ってなにをどこまで知っているのか。

 そういえば、アメリカオウム事件に実はかなり関心を寄せていたふうでもある。で、どう考えてもオウムと北朝鮮との関連の疑惑は否定しづらい。っていうか、米国はなんか知っているのではないか。

はてなQ アナタが好きなまたは偉大と思う歴史上の人物を教えてください。

 回答が愉快。

 ちなみに、日本史では信長か。世界史ではアレクサンドロスか。

 追記:なんかさらに愉快な回答もあり。ま、はてな会員だしな。

「オラクルは高くない」--SMB市場に向けたオラクルのメッセージ

 これはちょっと考えさせられる。背景はIBMだろうと思うが。

日経社説 江沢民氏引退を内外政策刷新の弾みに

 あまり内容はない。

 このために新指導部は「人民のための執政」を旗印に所得格差是正や、経済過熱抑制、善隣友好外交などに努め、内外の支持を集めてきた。しかし既得権益を擁護しようとする江氏を中心とする上海閥の反対にあい、十分な成果を上げていない。

 ま、この構造。

産経社説 江沢民氏辞任 権力闘争の行方に注視を

 こりゃまともだな。

 胡錦濤氏への権力集中は、毛沢東、江沢民時代の弊害を知る中国国民にとって歓迎すべきことではない。しかも江沢民氏は辞任に際して、徐才厚副主席以下、軍事委員会メンバーを子飼いで固める人事を行い、影響力維持への意欲を見せた。それは十五年間の軍事委主席時代に培った強大な軍権を背景に、胡錦濤政権ににらみを利かせ、腹心の曽慶紅政治局常務委員を次期総書記に据える布石との見方を生む。

毎日社説 首相の国連演説 常任理事国入りの支持固めよ

 毎日ってどういうスタンスなのだ。昔からこうか。

読売社説 [イラン核疑惑]「信頼醸成へ決議を受け入れよ」

 核兵器開発の疑惑があるイランに対し、国際原子力機関(IAEA)理事会は、ウラン濃縮活動の全面停止などを求める決議を採択した。国際社会が示した深刻な懸念である。

 そう深刻だな。なにが深刻かはちょっと考慮すべき点は多そうだが。

朝日社説 江氏の引退――より重い後継の役割

だが、もはや政治的にも経済的にも世界の大国となった中国である。名実ともにトップに立つ胡氏には、冷静で大局を見失わないかじ取りを求めたい。

 名実の「実」のほうはまだ怪しいよ。

 それにしても朝日はなぜこんな社説を書くのだろうか。どういう意図があるのか。どういう勢力に荷担しているのか。

うんこコメントだったかな。

 昨日深夜のコレ↓だが、ひさびさに、うんこコメントだったかな。

aqua(2004/09/20 03:26)

自転車に乗るだけで馬鹿呼ばわりですか・・・。そういう学生が好ましいかは別として、ずいぶんえらいんですね。』

 ま、それはそれとして、誤読されるむきがあるのもなんなので補足すると…。

 該当分はコレ。

■ 朝日社説 放置自転車――課税の前に一工夫を

 なにが言いたいのかわからん。

 だいたい今の都市生活者で自転車を必要としている人は半数以下だ。無意味な自転車を規制するか、課税すればいい。

 とくに駅から学校に自転車にのる馬鹿学生をなんとかしろと思う。

 自宅から最寄りの駅に自転車に乗る学生については、私はとくにどうも思わない。その半数は不要だろうと思う。また、自宅から学校まで自転車に乗る学生についても同。

 馬鹿学生だなと思うのは、学校から駅の間に専用の自転車を使う学生のことだ。なぜか。あきらかに不要だから。それは学校に問うてもそういう答えが出てくるはずだ。そんな通学方法をとらなくてはならない学校なんてものはない。いくら不便でもそういう学校に通うなら正規の手段、徒歩、バス、などを使うべきだ。

 と、書いてみて、こういう実態を放置している学校が馬鹿なんだなと思う。その意味で、aquaさんのコメントをそこを諭す意味があったか(そう?)。

shibushibu 2004/09/20 19:06 単なる反抗期でしょ。

NeanNean 2004/09/20 19:18 いやぁ、馬鹿学生は徒歩にだって課税してもいいくらいです(どうやって?)。夏休みが明けて、早稲田通に学生が戻ってきたので、私は本当にうんざりしています。せめて短足くんは2列3列にならないでいただきたい。

uiuiuiui 2004/09/20 19:30 こんばんわ
>通学自転車:関連というか、最近某電車の中と某バス停にて、女子学生の皆様方が、集団で制服のまま床と地面に直接あぐらをかいて、談笑しておられましたが、これって最近の流行なんでしょうか?w。それとも「立っていること」の体力が、減退しつつあるのでしょうか(;´Д`)?

finalventfinalvent 2004/09/20 19:31 shibuさん、ども。反抗期かぁ。そうだなぁ、オヤジっていうのはイヤなヤツにならないといけませんね。

finalventfinalvent 2004/09/20 19:34 Neanさん、uiuiさん、ども。ま、そーゆーの私も見かけるのですが…、なんとなく風景化しつつありますね。そういえば、今日は老人の日とやらだけど、老人のマナーもひでーとか思いますが、これも風景。しかし、「立っていることの体力が、減退しつつあるのでしょうか」は、そうみたいですよ。

ペペロンチーノペペロンチーノ 2004/09/20 19:45 こんばんは。「ただのウンコ?」かもしれない「通りすがり」さんについて。finalventさんはご存知ではないと思いますが、2ちゃんでfinalventさんに対するネガティブ・キャンペーンを展開(笑)している人がいるんですよ。そのひとは私が思うに「はてな」では日記を書いていまして(見当はついています)。おそらくその人もこの日記を見ていると思うので詳細は書きませんが、そのような人がいるということをお伝えします。それと、私はfinalventさんがここで日記を書き続けていただければ、と願っております。それでは失礼します。

aquaaqua 2004/09/20 19:48 うんこでも反抗期でも結構ですが、ご指摘されることは理解していたつもりです。
私は、学校から駅の間に専用の自転車を使う学生も馬鹿呼ばわりしていいとは思いませんでした。
何かにつけて馬鹿だのクソだのと言い放つのはよいこととは思いません。
それと、finalventさんに便乗して他人をけなすのはさらにどうかと思います。
横に広がって歩くことがよいこととは思いませんが、短足と罵倒する必要がどこにありますか?

aquaaqua 2004/09/20 19:53 連続投稿して申し訳ありません。コメントが前後しましたので念のため釈明させていただきます。
私は2ちゃんでキャンペーンなど展開しておりませんし、その日記も読んでおりません。
finalventさんのブログは興味深く読ませていただいています。
そういう方がなぜ日記では簡単に他者をさげすむのかが疑問だったのです。
ただ、私のコメントの仕方にも問題があったようにも思いますので、これで消えます。失礼しました。

finalventfinalvent 2004/09/20 20:18 ペペロンチーノさん、ども。ご指摘の件、ありゃりゃですね。しかたないのかもしれませんね。まいったな。

finalventfinalvent 2004/09/20 20:22 aquaさん、こんにちは。そうですね、極東ブログでは丁寧に対応しているのに、ここでは放言が多いですよね。でも、そういう場として書いています。極東ブログはある程度パブリックを意識した意見です。ここは、基本的に私的なメモ、それと、結果的に懇親的な場です。個別の話、私が高校の教師なら、駅から学校の通学用の自転車を使う生徒を馬鹿とどやしますよ。他者をさげすむからではなく、そんな馬鹿者であってほしくないからです。

SundalandSundaland 2004/09/20 20:44 以前から不思議だったのですが、韓国の方の語る古代史って、各論は「と」なのですが、総論的には概ね正しいように思われるのです。日本人的な古代史とは見事に逆というか。日本側は各論的にはおっしゃるとおりなんですが、総論があれですから。なぜなんでしょ。

SundalandSundaland 2004/09/20 20:46 をっと修正。「日本側は各論的にはおっしゃるとおり」→「日本のは各論的にはそのとおり、なんでしょうが」

finalventfinalvent 2004/09/20 21:13 Sundalandさん、ども。ええ、そう思いますね。基本的に中国史の骨格を持つからなのではないかなと思います。ただ、昨今の韓国の古代史熱を見ると、高句麗の神話に依拠した擬似的な日本神話のようなものから日本古代史みたいなものに変貌しそうな感じはします。▼話かずれますが、最近、日本の歴史っていうのは国家起源的には7世紀くらいかと思うと、すでに同時代的にはイスラムやキリスト教世界のなかにあったのだなと痛感します。変な言い方ですが、そして飛躍みたいですが、日本の古代史を普通に感じられるようになりました。▼とはいえ、あの日本の巨大古墳はなんなのでしょうね。壮大王権ではありそう。もっともあの王権は、商業=呪術で、権力=武力ではないだろうとは思います。

nomnom 2004/09/20 22:06 当事の渡来人と現代朝鮮人をイコールで結ぼうとしてるのがアイタタタ。
大陸人である彼らは、民族史=地域史がそもそも不可能だと思わないんでしょうかね?
この年代は、今だに、日本によっぽどのコンプレックスがあるんでしょうか?
そっちの方が気になる。

bluedayblueday 2004/09/20 22:49 「駅から学校の通学用の自転車」ってのは、卒業後に持ち帰る奴がどれほど居るのかと思うとゲッソリしてきます。そうでなくても放置自転車そのものですし。皆さん先刻承知の事でしょうが、一応確認ついでに書いてみるテスト。

finalventfinalvent 2004/09/21 07:44 nomさん、ども。現実問題として日本へのコンプレックスはあるだろうと思います。そういえば、朝鮮の人はむっとされるでそうし、反感を持たれるでしょう。そして、そうした反感を日本人が引き出すことはあまり益のないことかなとも思います。

finalventfinalvent 2004/09/21 07:46 bluedayさん、ども。あれは確実に放置自転車になりますね。あるいは後輩に嗣いでいるのか。

2004-09-19

1位は「いただきます」 孫の代まで残したい言葉調査

 すでに老人において、日本文化が崩壊しているな。

江沢民氏が完全引退 中国4中総会が閉幕

しかし、江氏は軍に絶大な影響力を保持しており、引退後も故トウ小平氏に倣って一定の影響力を発揮しそうだ。

 なにが完全引退だか。

Blair knows he's wrong

 内容はさておき。

 "Blair knows he's wrong."という英文について。すでに生成文法家から十分な説明はあるのだろうとは思うが…知らないので、ふと疑問に思った。

 Blair knows he's wrong. これを直訳すると「ブレアは彼が間違っていることを知っている。」となる。

 で、この直訳は日本語だろうか?

 ま、日本語だな。というか、近代日本語は英語(欧文)の構文の影響を受けている。それに、普通の教育を受けた日本人の場合は、「ブレアは彼が間違っていることを知っている。」を聞いて、あ、これはへたな翻訳だと了解して「彼」が「ブレア」であると推測する。

 しかし、こうした文章とその了解は、通常の日本語では発生しない。

 生成文法的にいうなら、これはperformanceの問題で、competenceの問題ではないとする。ま、ソーシュールなら云々。

 だが、理想的な日本語の文法において、「ブレアは彼が間違っていることを知っている。」は成立するのだろうか? しないんじゃないか。

 日本語では、「ブレアは自分が間違っていることを知っている。」となるか?

 この場合、ambiguityはある。つまり、この発話者が「自分」にリファーされうる。

 で、疑問はこうだ。日本語の場合、やはり、発話者は、実は、sentenceの見えない項目として暗黙に含まれていて、あるフィルターの仮定で(理想的には)削除されているのではないか?

はてなQ 今日、シルバーのスプーンの凹み面の方に顔を映してみたら…

顔が逆さまに映っていました。どうしてかわかる人、教えてください。とっても不思議なんです。(って、常識だったりして・・・^^;

 常識です。

 ちなみに、車のヘッドライトの中の凹面鏡が二次関数の回転体になっているのを知っている人はどのくらいいるだろうか? また、それはなぜか? (なーんてね、初等数学ですが。)

はてなQ 回答 ギリシャはぼったくりと暴力バーで有名です。

 日本語を話せるおやじのポン引きがいる。

 ギリシア人はよほどのことがないと手を出さない(暴力に訴えない)。

 この暴力バーは有名なんで、そうアコギなことはしない。…って、今でもやっているのか。

はてなQ ずっと立っていると足がだるくなり、土ふまずが重だるくなってきます。

 これが良い。⇒【楽天市場】あいぷらん:オムロン エアーマッサージャー HM250

 探すともうちょっと安い店がある。

 このタイプの安価品もあるが、使ったことがないので、よくわからん。

朝日社説 放置自転車――課税の前に一工夫を

 なにが言いたいのかわからん。

 だいたい今の都市生活者で自転車を必要としている人は半数以下だ。無意味な自転車を規制するか、課税すればいい。

 とくに駅から学校に自転車にのる馬鹿学生をなんとかしろと思う。

ブッシュ氏のリード拡大 米大統領選

 ケリーが戻る目は薄いようにも思う、というか、先日のアレでもそうだが、ケリー側がオクトーバーサプライズをやりかねない。

「リストカット」への反響=小国綾子(夕刊編集部)

 あきらめず、狭く閉じてしまわず、勇気を出して、少しずつ心の叫びを言葉にできればいいね。いつか切る以外の方法で、あなたの行き場のない思いを表現できればいいね。

 それが難しいことは知っている。私自身も高校時代、親友の誰一人にも自傷のことを打ち明けられなかった。今も母が生きていたら、母を傷つけそうで、この記事を書けたかどうか自信がない。

 でも今回、数多くの反響をいただいて、私はもう一度自傷に悩むみんなにこの反響を届けたいと思った。「あなた」ではなく「みんな」に。本当に一人じゃなかったんだよ、って。

 正直に言うと、きもい。さすがに歳なので直にリアクションはしないが、こういうヤツがいたら殴りそう。

 もちろん、こうした見解が悪いわけではない。それで救われる?人がいるならそれもいいだろう。

 「心の叫びを言葉にできたらいいね」それが簡単にはいかない。「あなたの行き場のない思いを表現できればいいね」それがまったく簡単ではない。

毎日社説 温暖化対策 大綱見直しは大胆に行え

 なにが言いたいのかわからん。この間違ったシナリオを進めろと?

読売社説 [浅間山噴火]「備えを再度点検しておこう」

 私の母の実家は小諸である。私も子供の頃よく小諸に行った。噴煙の上がる浅間をよく見た。噴火もよくあった。そういうものだ。

aquaaqua 2004/09/20 03:26 自転車に乗るだけで馬鹿呼ばわりですか・・・。そういう学生が好ましいかは別として、ずいぶんえらいんですね。

finalventfinalvent 2004/09/20 06:58 aquaさん、ども。「自転車に乗るだけで馬鹿呼ばわりですか」との件、いえ、違いますよ。記事をよくお読みください。というわけで、「ずいぶんえらいんですね」の讃を得るに失してしまいましたが。

2004-09-18

はてなQ refined lifeなんてどうですか?

 refined living はあり。

 refined lifeは耐用年数の延長みたいな意味になるのでは。

「両江道爆発説」 コメディーで終わるのか

 問題になった地域は月灘里付近なのに、パウエル長官が言及した地域が月灘里なのか、それとも三手発電所を念頭に置いてのものなのか、分からない。いずれにせよ、500キロメートル以上の上空で、軍事衛星を使って15センチの物まで判読できるという米国が、地域さえ確認されない状態で北朝鮮の説明に同意したことも疑問である。

 しかし、米中でしゃんしゃんとなれば、政治的には問題ではなくなる。

 この問題に沈黙していた日本は賢いというべきか。中国からたれ込みがあったか。

 ただ、それはそれとして、NYTが指摘する核開発疑惑が消えるわけでもない。

 ところで、今回の件はやけに査察だの入るのだが、龍川では爆破物も特定されていない。

口先だけだった「高句麗史」の口頭合意

中国高句麗史の歪曲を進めているプロジェクト「東北工程」の権威者が、ソウルで開かれた国際学術会議において「高句麗は明らかに中国の歴史だ」と強く主張した。彼は、新羅の三国統一を百済と新羅の二国統一だと格下げした。今日の「領土主権」を基準に過去の「歴史主権」を論じる中国政府と学者らのかたくなな「中華意識」、そして政府の方針と路線をオウムのように繰り返す中国知識人らの限界に対し、強い失望と怒りを禁じえない。

 なんか、おかしい。

 とはいえ、韓国では、渤海を高麗史の延長にしている。これもなぁである。そう考えると、中国の言い分も筋が通っているかもしれない。

米、対北朝鮮人権法成立へ 拉致解決まで援助禁止

 なぜその当たり前のことができなかったのか。そしてそれは米国からするまでダメだったのか。

巨額介入「デフレ克服のためだった」…溝口前財務官

 via id:svnseeds:20040918#p1

 読売の記事については、さしてどうとも思わないのだが、この問題に最初に明示的に切り込んだのは極東ブログではなかったかと思う。ちょいと蛮勇すぎてsvnseedsさんにテクニカルな部分ではたしなめられていたが。

3月に介入を停止したのも、「投機が止まり、デフレ脱却の兆しが出たため」で「米国は日本に圧力をかけることで、弱いドル、弱い経済を支えようとしているというのは古い米国観だ」と米国の圧力を否定した。

 このあたり、なんとなくsvnseedsさんには誤解されている(いた)?、ようだが、私は圧力とは読んでいない。まして、米国を支えようというのは結果論だと見ている。

 ただ、このあたりの阿吽の呼吸は、蛮勇をもってして言えば、日本トホホ。(米国のシグナル通りに日本は動いたということ。もっとも、日本の主体性がゼロという意味ではない。)おなじリフレ策をやるなら別の方策もあり、結果的に、ウォルフレンが言うように、日本経済の基本的な構造変革の邪魔になった。つまり、貿易依存の産業部門=日本経済の基本が変化できない。その意味で、未だに、潜在的な危機というか、市民生活への圧力をはらんだものとして「日本経済」が存在している。

 経済学的な論点の全体に言えることだが、というと、アホかと言われそうだが、景気の向上が、民間分門と生産部門とで区分の意味が意識されていないように思う。ま、テクニカルにはきちんとグラフでもあり、前者から後者への相関のようなものはあるのだろう。そしてそれは間違いでもないのだろう、というあたりで、実は、民間部門の消費の主体というのはブラックボックスになる。マクロ経済学はそれを「期待」というブラックボックスに収める。命題論理の命題と、述語論理の命題が違うような錯誤がある、と、思う。

ゴーログ 沖縄にみた報道と真実のギャップ[BLOG of the Week]

 めんどくさいので、一言、ばかやろー、だけ言っておきます。

 いや、もう一言言うべきか。

沖縄県民の米軍と共存せざるを得ない現実と悲劇のジレンマ。

 それこそが、デマ。

 あるいは、共存せざるを得ないようにさせているのが内地。実にむかつくのだが、内地に基地分散もできねーで、なにが「共存せざるを得ない」だ、馬鹿者。

 「共存」はうすら寒いが経済的な依存性は、端的に、経済・産業構造の問題だ。では、その沖縄の経済・産業構造にとって米軍は不可欠なのか。ここで問題の次元が違っていることに気が付かなければ、馬鹿だ。ようは金で一元的に算定できる。単純な話、観光収入とのバランスは算出できる。500万人だ。現状400万人のようだ。実は、もう、米軍依存離陸のラインに沖縄はいるのだ。

 ここで、うちなーんちゅの魂がもう一度立ち上がれば、海兵隊を追い出すことができる。

 私は、在沖米軍すべてが無くなれとはいわない。嘉手納はキモだ。嘉手納に海兵隊の一部を統合できる。その他は、グァムやオーストラリアに移転できる。そして、そのほうが中期的に見て、中国を刺激しないでよい。

 あー、くそ、馬鹿の一言で済むのが長くなっちまった。

日経社説 「文民」統制と「文官」統制とは違う

 ちょっと詳細に考える必要はあるが、直感的にはこの議論は間違っていると思う。

産経社説 香港民主化 この流れは止められまい

 しかし、選挙結果を分析すれば、香港住民の民主化要求の底流の方向には変化がないことが分かる。

 今回の選挙で、公正といえる直接選挙の得票率を見ると、民主派は約61%(前回は約58%)で、親中派は約37%(同29%)に過ぎなかった。民主派が求めるように全議席を直接選挙にすれば、民主派が圧倒するであろうことは、今回でも明らかだった。

 そもそも香港立法会の選挙法は変則的で、半分の三十議席(前回は二十四議席)を直接選挙で選出し、残り三十議席は業界など職能代表から選ぶ。職能代表は選挙人も限られ、親中派に有利になっているとされる。

 また、今度の選挙で第一、二党になった親中派の民主建港聯盟、自由党ですら、条件つきながら将来の普通選挙を公約に掲げており、民主化を求める声は親中派にも及んでいる。

 これはよい分析だな。というか、この手を初めて見るのだが…。

毎日社説 プロ野球スト突入 責任はNPBの怠慢にある

 ま、これは正論というところでしょうか。

読売社説 [プロ野球]「ファン裏切る“億万長者”のスト」

 いろいろ言い分はあるだろうが、億万長者というのはそう。だが、問題は運営の団体だろうな。読売汚いよ。

朝日社説 米大統領選――世界との大きな落差

 ケリー氏とて、イラク戦争そのものを否定しているわけではない。それでも彼にこれだけの期待が集まる。ブッシュ政権の軍事、外交政策の転換を求める声が世界では多数派である証しと言える。

 朝日のイヤミなどどうでもいいのだが、これはちょっと認識が違うと思う。すでにブッシュ政権の軍事は変化しつつある。

Log on

 というわけで、ちと日没に早いが復帰。6時以降ちょっと押しがあるので。

 今回はニュース、ブログは離れていたが、ちょっと別件の作業をパソコンでしていた。本当はマシンを完全にオフにしたいのだが、そうもいかないなぁ。

2004-09-17

ブログ安息日に入ります。

 では、明日の日没後に。

鉄槌!

いしかわ じゅん

¥ 660

通常2〜3日以内に発送します。

 裁判については、これを読むべしである。

新手の架空請求 少額訴訟など悪用 「無視」続けると敗訴に

 裁判というのは普通の人は経験ないのでびびるものだが、やられたら腰を据えてやりかえせばいいのだ。

はてなQ 「暮らしの彩り」を英訳するとどうなるか教えてください。直訳すると「colors of life」かと思ったんですが会ってますか?

 それだと、「生命体の各配色」。

 私の回答は、touches of livingとしたいが、personal touches of living でないと意味が通らないかも。

Kurdish exiles pour back into Iraq city

As many as 500 Kurds a day streamed into Kirkuk last month in a land rush that took city officials and U.S. troops by surprise. The influx, which has slowed in September, leaves the nascent city government struggling to cope with dozens of refugee camps on once vacant patches of ground.

 これはなんだ。

 これはすでにイラクの国家分断が進行しているということではないのか。

はてなQ DREAMWEVEVERで更新のしやすい日記のつけ方を教えてください。

 私の回答はContribute3を買え、だが、通じないだろうな。

 酷い言い方だがこのレベルだとDreamweaver MX2004を使うべきではないと思うのだが…。

はてなQ 死にたい。

 無慈悲な言い方だが、これも変な問いだ。

 もうちょっと正確にいうと、ここでの回答は自殺幇助になりかねない。やばいなと思う。

はてなQ 心的外傷を癒すための本を教えて下さい。精神科の本でも結構です。

 なにか抜本的に間違っているようにも思うが、文学とはそういうものでもあるかもしれない。

 個人的には自分にとって、その時代のトラウマ(心的外傷)のようなものは、「羊をめぐる冒険」をひたすら読み返すことがそれであったか。私はなんども「鼠」のために泣いた。

 そうすることができる最後に近い世代でもあった。

 春樹の文学はそうした戦後の内的な清算を終えつつあるのだろう。そして、私も彼の文学への関心を失いつつある。

イラク7月以降

 米国が内戦を予想していたというのは、率直に言えば私は驚きだった。が、少し考えれば、あいつらはどんなシナリオでも立てるし、それに適正なオッヅをつける。そうしてみると、その予想も報告も不思議ではない。

 が、結局のところ、6月の表面的なトンズラは、イラクをパレスチナ化するだけのことだったのかということだ。いや、それは正確ではないか。

 話が飛躍するが、おそらく最大の問題はクルドだ。まだこれでもクルドに火がついていない。クルドに火がつけば本当に内戦になる。

 と、書いてみて、実は現状の混乱はクルドの抑制だったのではないかとも少し思う。ちょっと陰謀論過ぎるが。

ざっと概ね内外にニュースはない

 確かに目立ったニュースはない。ただ世界は止まらない。とぼけた言い方だが、不思議なものだと思う。

 北鮮の爆破については依然わからない。大半の報道、及び、国内の陰謀系?も、核爆弾説は釣りでしょ、ガセでしょという流れになっている。そう流れるのはわかるし、実際ところ私も極東ブログではミサイル誤爆ではないかということで書いたが、核爆発説が否定できないことを重視した。そのあたりが誤解される元でもあるのだろうが、それでも重視する必要はあると思うということに変わりははない。NYTの記事は未だに有効だからだ。ただ、むしろ、今回の爆破地点査察に外国人を入れる流れはよかったかとは思う。査察地点が違うのではないかと思うがそのあたり、NKZ系の情報はまだ十分ではない。

北朝鮮帰還事業で新資料 政府や日赤の積極関与明らかに

 在日朝鮮人9万人余が北朝鮮に渡った帰還事業(59〜84年)に先立ち、日本政府や有力政治家、日本赤十字が55年から赤十字国際委(本部・ジュネーブ)に積極的に働きかけていたことを示す秘密文書が、オーストラリア国立大学のテッサ・モーリス・スズキ教授(日本史)の調査で明らかになった。大量帰還をめざして日本の政治・行政が早い段階から主体的に関与していたことが、文書で裏付けられた。

 それは事実かもしれないが、それによって朝日の罪が免れるものでもあるまい。

シベリア・ガス田導入事業、白紙化の可能性

 ロシアが、総事業費用150億ドル(約17兆ウォン)を超える事業を中止させる動きを見せているのは、エネルギー部門を国有化しようとする動きと関連があると見られている。

 ロシア政府は14日、国営ガス会社のガスプロームと国営石油会社の合併を承認した。また、クレムリンとの対立で経営危機に処した最大民間石油会社ユコスも国有化が有力視されている。

 今後、国営のエネルギー会社を作って、サウジアラビアのようにエネルギー産業を直接コントロールするだろうという見方も出ている。

JR西日本の駅員ら69人“キセル”

JR西日本大阪市)の駅員ら六十九人が昨年十一月から九カ月間にわたり、集積回路(IC)を組み込んだ運賃精算可能な乗車カード「ICOCA(イコカ)」のデータを改ざんし、運賃を払わず乗車していたことが十六日、分かった。

 昔は国鉄員は無料だったしな。

日経社説 原油価格の急騰をいかに抑えるか

 問い方が間違っているように思う。これからは基本的に高値であり急騰を意識せざるをえない。中ロの世界プレゼンスや戦略の問題でもあるのだから。

産経社説 パウエル発言 国家の「脅威」は排除した

米政府はすでに核兵器、生物・化学兵器など大量破壊兵器の備蓄が発見できなかったことは認めている。わずかな量で大量殺戮(さつりく)が可能な化学兵器を、広大な砂漠から発見するのは至難の業である。しかし、フセイン政権下のイラクに大量破壊兵器の施設、人材、技術があったことは実証ずみだ。

 これはどうでもいいのだが…なぜ日本も世界もシリアの化学兵器がダルフールで使用された可能性を問題視しないのか。まさか、本当にシリアに渡っていたのではないか。

朝日社説 佐世保事件――子育てに鳴らした警鐘

 女児は事件後も、被害者の命を奪ったことの重大性や家族の悲しみを実感できないでいる。そうしたことが厳しい処分につながった。

 これは一つの思想と呼ぶべきものなのだろう。あるいは宗教的な顕在というか。あまり大仰に言いたくはないが、ドストエフスキー的な文学なり思想の大きな課題に思える。いや、それはすでにサカキバラ事件ですらその萌芽があった。両者を繋ぐという意味ではない。ただ、大きな課題がここに横たわっているとは思う。現代思想がなんであるか、どうでもいい。だが、現代の思想が課題するものがあるとすればこの意味ではないのか。

toroneitoronei 2004/09/17 13:14 http://www.hatena.ne.jp/user?userid=hinop
フローリングにガムがひっついたという質問を3時間前に出している人が本気でいってるとも思えないような気もしますが、多数の目があるところで危険な返答している人もちょっと怖いです。

finalventfinalvent 2004/09/17 13:45 toroneiさん、ども。自殺衝動というのは案外そういう面もあるかと思いますが、そのあたりのなんらかの交通整理が必要な印象を受けますね。はてなというのは、その自治的な性格とともにどういう様相を見せるのか、どう変わっていくのか興味深いです。実際上はすでにピークを越えている感じですね。

toroneitoronei 2004/09/17 16:11 あーそうかもしれないですね、案外悩んで考えてたら出来ないかも、考えれば考えるほど、そんな気起きなくなった覚えがあるかもしれない(笑)。

2004-09-16

中朝国境に北朝鮮最強部隊 脱北者の取り締まり強化

 中国国営通信新華社発行の週刊紙、中国先駆導報は16日、中朝国境警備の実情を紹介するルポを掲載、北朝鮮が南北軍事境界線(38度線)から最強部隊を配転して国境警備を強化し、北朝鮮人民の中国への越境を取り締まっていると報じた。

 この部隊は北朝鮮の最高軍事指導機関、国防委員会の直接指揮下にある「最強の戦闘能力を備えた海軍陸戦部隊」という。

 そんな強力な部隊が脱北対策のわけもない。

NYT U.S. Intelligence Shows Pessimism on Iraq's Future

WASHINGTON, Sept. 15 - A classified National Intelligence Estimate prepared for President Bush in late July spells out a dark assessment of prospects for Iraq, government officials said Wednesday.

 それを知っても抜け出るしかなかったか。

 国際世論とは惨いものだな。日本の左翼と反米勢力はイラクから米軍が引けばいいとだけ言う。

 問題は各人の趣味ではない。実際のところ日本にチョイスなどなかった。あるのは現実だけである。自衛隊など些細なことでしかなかった。

サンマの煮物 今日の夕飯のオカズ

 ワタをとり、一口大よりやや大きめにぶつ切り。2匹から3匹(適当)

 酒カップ1/2、醤油大さじ3、砂糖大さじ2、酢大さじ2、生姜数片、水カップ1/2(適量)

 圧力鍋にサンマを並べ上の汁が半分くらいにひたひたする程度にする(水加減をそれで調整)。

 煮ること30分。圧力が来たら、弱火で30分。

 圧力が引いたら、蓋を開け、汁を少し煮詰めても可。

 他、蕪の味噌汁、蕪の葉の炒め物。シュウマイ。ワカメと胡瓜の和え物。

リビング・オン・TOKYO・タイム(1987)

 ところで、オカザキさん、最近、どうしているのでしょう?

はてなQ マイナーだけれどこれは面白い!という映画を教えてください。「まぼろしの市街戦」のような変わり種映画が好きです。

 これがすごい面白いよ⇒「リビング・オン・TOKYO・タイム (1987)」

 英語サイトだとhttp://us.imdb.com/title/tt0093429/

 泣きなるほど可笑しくて、爆笑したくなるほど悲しい話です。どっちと言われると、主人公の心に引かれて、泣きたくなりますね。

はてなQ 【!高ポイント!情報により】…

横浜(港の近くでタクシーで1000円以内)でおしゃれな喫茶店でデートをしたいと思っています。

かなり本命な「素敵な年輩の女性」を連れて行きます。(かなりコーヒー好き)そこで、(1)できれば老舗な喫茶店(カフェ)。(2)コーヒーを含めておいしい(彼女は深煎りコーヒー派)。(3)そして何よりもデートに使用する訳でお洒落である事が重要な要素です。優れた情報には高ポイントを送らせていただきます。よろしくお願いいたします

 これもだ。なんか変。

 余談だが、コーヒー好きだからってコーヒーの店へ女性っていうのはなしだと思うよ。「素敵な年輩の女性」だったら、コーヒーよりケーキだよ。しかも、ちゃんとしたパティシエのケーキだよ。

 ちょっとイヤミな言い方だが、日本の男性はケーキを知らなすぎる。

はてなQ ホームページ作成に関して、

プロの方が作成するような、テーブルでサイトを作り、きれいなホームページの作成方法等の記載しているサイトがありましたらお願い致します。

 そんなサイトを作るのはWebデザイナーのプロじゃない。

 そーゆーのはイラストレーターで絵コンテを描いてスライシングしているだけ。

はてなQ あなたの1、性別 2、年齢 3、職業…

 これもなんか変。っていうか、反則臭い。もちろん、現状反則じゃない。

 うんこでいうわけじゃないけど、キーワードの規則がどうたらという議論より、はてなQの最近の変化に対する指針が必要なのではないか。

鉄人28号

 第22話「暴走の果てに…」をまだ整理してなかったので見直すと、公衆電話のシーンで村雨のあとに黒服の男が出てくる、浮いたシーンがあるが、このシーンのポイントは拳銃だな。この拳銃がニコポンスキーにつながる。ということで、ここでは黒服男=ニコポンスキー。

 そして、時間パラレルの敷島重工にいるクロロフォルムだが、これは大塚が「なぜこいつはこんなに詳しい」言う点で、ここでは、クロロフォルム=敷島、だろう。

 第23話「裁かれる鉄人」では法廷のクロロフォルム=敷島だろう。ちょっと前に戻るが、第21話「PX団の陰謀」もそう。

 このあたりのクロロフォルムと黒服の男、ニコポンスキー=敷島の、interchangablityは一連の話の最初からきれいに仕組まれていたのか。

 綾小路のところですでに黒服の男がキーになっているから、鉄人との関連は黒服の男がずっと担っていたに違いない。

 というわけで、クロロフォルムは実体ではないのだろう、が、じゃ、この黒服の男はどのレベルまで物語りの中核にいたのか。

 ちなみに、あと2回のストリーはこう。

第25話 黒部の危機(9/22)

 ビッグファイアは、突如不審な動きをはじめたオックスを再点検するが、不審な点は見当たらない。安心したベラネードは、オックス軍団を操り、鉄人とバギュームを奪い取る計画を立てる。そのころ正太郎たちは、敷島が帰ってきたことを祝し、村雨の部屋ですきやきを囲んでいた。その席で敷島は、自分とニコポンスキー、クロロホルムの関係を明らかにする。そして彼は正太郎に、鉄人は廃棄されるべきだ、と語るのだった。

最終話 罪と罰(9/29)

 黒部ダム建設工事現場で用いられていたオックスたちが、一切の指示を受け付けなくなった。彼らは黒部ダムを破壊すべく、建設中のダムへと向かう。それを知った正太郎は、苦しい決断を迫られる。オックス軍団からダムを守るには、鉄人の体内の太陽爆弾を動かし、鉄人を最強の戦闘兵器にするしかない。だがそれは、鉄人が戦争のために生まれてきたことを認めることになってしまう。そして何より、これまでともに戦ってきた鉄人を、兵器として扱いたくないのだ。日本の電力を支えることとなる黒部ダムと鉄人。正太郎は、どちらを選ぶのか?

 というわけで、戦後=冷戦、というストーリーにまではもっていけなかった。

 そこまでもっていて、今のうざい左翼を木っ端みじんにしてくれると、ガォーだったのだけどだな。

鉄人28号 第24話 「生きていた敷島」

 面白かった。あのちっこいロボットがたくさん出てくるところに感激した。あれだよなぁ。ロボット。ファイアー三世もよかった。なんか自分の脳味噌が当時の鉄人28号を見ている状態になっている。

 今回話は、物語としては、正太郎と偽敷島の対話だろうか。ファオストっぽいな。

 ニコポンスキーの正体はいいとして、クロロフォルムと黒服の男が、そうきたか。たしかにクロロフォルムには伏線があったが、ニコポンスキーでちょっと隠されてしまった。

 あと2回で終了だ。鉄人28号の最後は壊されてしまうのだろうか。最終回の案は今川は生前の横山の案を実現したいとのことだった。つまり、今回のリメークは鉄人の最期を描くためのアニメだったとも言える。

 本当に楽しいアニメって、太陽の子エステバン以降だろうか。べいべべーばあちゃんも面白かったか。

はてなQ シンプルなフランスパンなどにあう赤ワインを紹介してください。

 パンに合うワインというのは聞いたことがないが、パンに合わないワインがあるわけもないので、これは多分にブランドの問題ではなくショップの仕入れの問題。という点で、きちんと説明のできるショップのアドバイザーに手頃なテーブルワインはどれ?と訊くといい。ショップはやまざきがオススメ。⇒ヴィノスやまざきのホームページへようこそ

はてなダイアリー - 「キヨーレオピン」の効果をお伝えする日記

 これは意外に画期的な分野の日記か?

 ところで、キョーレオピンは名前は違うが米人の愛好者も多い。というか、米国のガーリックものでは信頼のブランドといったところか。Agedという熟成タイプが人気だったが、どうか。

阿修羅 ♪ キノコ雲はどこへ行った? ♪ 皆さん、大人だったら落とし前をつけましょう 木田貴常

 読解力なさすぎ。

 というか、適当に切り刻まないで、元エントリをよく読んでよ。⇒極東ブログ: 北朝鮮北部の両江道爆破事件は核実験か

キノコ雲がキーワードである・・・という言説の例

 ジャーナリズムでのこの扱いは「キノコ雲がキーワードである」というふうにジャーナリズムを解析したのであって、それをそのまま扱っているわけじゃないよ。

 それときみたちNYTの記事読んでいる? ⇒Reports May Indicate N.Korea Nuclear Test - NY Times

はてなQ 精神科の医師限定でご回答願います。

 この問い方はありなのか? こーゆーのこそなんらかの条件が必要ではないのか。ま、これに応える医師はないからいいのか。

gooリサーチとjapan.internet.comによる共同企画調査

 ブログ調査。

 ⇒gooリサーチのブログ調査、利用ブログサービスはlivedoor Blogがトップ

 ブログを持つ回答者が利用しているブログサービスは、「livedoor Blog」が22.8%で第1位。第2位は「エキサイトブログ」「goo BLOG」「JUGEM」が同率で10.9%で、以降「はてなダイアリー」8.7%、「Myprofile」7.6%が続く。

 実ははてなはすでに旬を終えて衰退しているな。

 livedoorはエロ参入のしやすさなどもその結果でもあるのだろう。システム的にはlivedoorの作りはMT並に古いの一般的ではない。CSS+HTMLもいじりやすいがこれをいじれる人ならロリポップ+MT3だろう。

 ブログの従来の機能を極東ブログのようにがしがし使うならダイプパッドだろうか。ココログサーバーをさらに強化するといいのだが。

「北の衛星写真、ダムの痕跡見られず」

 つまり、当初報じられた内容とは違い、大規模な爆発事故は存在せず、北朝鮮側の主張通り水力発電所を作るための発破作業、あるいは軍基地のミスによる爆発事故だった可能性が高まっている。

 それはそれで面白いな。

在韓米軍にグローバルホーク配置

イラク戦争に投入された米国の最新鋭無人偵察機が在韓米軍に配置される。 今年末、中高度の無人偵察機プレデターが導入され、06年には高空無人偵察機グローバルホークが配置される。 米海兵の戦闘爆撃機F/A18ホーネットも今年末までに韓国に配置される。 多連装砲など在韓米軍の従来の装備性能も大幅に改善される。

 マッチポンプ

パラリンピック委、夫人の団長取り消し

 これがどの程度の問題なのかわかりづらい。

産経社説 世界人口 去っていない爆発の危機

 国連の予測では、現在六十四億人の世界人口は半世紀後の二〇五〇年に八十九億人になる。日本の少子化とは対照的に、世界全体の人口は依然、増え続けているが、それでも増加率は途上国も含め低下に転じつつあるという。十年前の予測では二〇五〇年の人口は九十八億人だったから、この間に九億人分も予測値が減ったことになる。

 問題性をどう評価するかだな。別にいくら人口が多くてもそれだけで地球が困るということはない。