finalventの日記

2004-12-02

ラスト・リゾートをめぐるふたつの戦い

 田中宇とは違った意味でくらくらしてくるな。

 みなさん、こーゆー刺激がお好き?

BBC EU force starts Bosnian mission

A ceremony in Bosnia-Hercegovina has marked the start of the European Union's largest-ever peacekeeping mission as it takes over from Nato.

 

About 7,000 Eufor troops will be deployed across the country to maintain peace and stability, nine years after the Bosnian war ended.

 ⇒EUに2日指揮権移譲 ボスニア展開でNATO

CNN U.S. senator wants Annan to resign as U.N. leader

WASHINGTON (CNN) -- The U.S. senator leading the investigation into allegations of corruption and mismanagement in the Iraq oil-for-food program is urging U.N. Secretary-General Kofi Annan to resign, saying the "massive scope of this debacle demands nothing less."

16年半ぶりの高値=NY金

 【ニューヨーク1日時事】1日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル安を背景とする買いに上伸、中心限月2月きりは前日終値比2.70ドル高の1オンス=455.90ドルと、約16年半ぶりの高値水準で終了した。ドル安への懸念が広がる中、ドル建て資産の価値の目減りを嫌って、安全資産としての金に投資資金の流入が続いている。  

 安いときにかっておけば…というけど、金(きん)買うやっていなかったよねと思う。世銀がけっこう金もってるけど、まる儲け?

アメリカの結婚事情

 U.S. Census Bureau: America’s Families and Living Arrangements (PDF format)

 ⇒http://www.census.gov/prod/2004pubs/p20-553.pdf

 最近の動向を見たが別にどってことない。っていうか、アメリカ社会における家族っていうのは1980年代から実はそれほど変わっていない、ということがわかる。むしろ、そのほうが、まさか?っていう感じだが。

 っうわけで、ブログのネタにもならん。

田中長野県知事:軽井沢町内に転入へ

 ヤッシーはどうでもいいのだが…

今後は両親が住む軽井沢町内に転入手続きをとる見通し。【森有正

 森先生!

Air(mp3)

Frank Kimbrough

In July of 2003 Frank came out to Maggie's Farm and did kind of a casual solo piano session. "Air" is his own composition.

 さっきのpalmettoだが、↑なんかけっこう私の好み。

有名所だがbetterPropaganda

 うんざりするくらいMP3がありますよ。

 気になるのががんがんiPodに入れて、駄目なのを、がんがん捨てる。それでも、山ほどある。で、そのうち、あ、これはいいかもっていうのがあれば、買う。だいたいが、一回聞けば自分に合うかどうかたいていわかるんので、著作権がどうこうっていうことじゃないと思う。

 ま、こういうのがすべてっていうわけではないけど、それはそれなりに面白い。

スクリプト言語の盛り上がりに期待すること

 プログラミングとスクリプティングは若干違うが…しかし、スクリプトは気軽さがいいのではないか。JScriptもdot.NETだとちょっと使う気にならない(正規表現Perlのようだとよいのだが)。

フリーのMP3 ジャズとかが多いが…

 ⇒Palmetto Records - Download Center

 好みが分かれるかもしれませんが、けっこうよいのでは?

ブログジャーナリズム

 いや、この話題は、もう、なんか、避けたいです。

 自分がこれまで撒いていて、ごめんねごめんねごめんなサイです♪やーまいったごんめんなさい♪状態だが。

 先のエントリで山本が言うに

たかがブログでジャーナリズムを気取って危険なネタを出せば出すほど、個人では受けきれないリスクを抱えることになることを何故指摘しない。

 ま、そういうこと。ま、それに私もそれほど無自覚でもない。

 っていうか、意外にまだネットって、何を言う、じゃなくて、誰が言う、が重要なので、匿名って曝けば価値がある…ってことで、曝かれたのって既存の価値体系へのマッピングでしかないんだけどって言うに負け犬の遠吠えっ…っていうか勝つ気もない。

 話戻して。

 実際危険なネタはあるし、それ以前に危険なキーワードもあるし、さらにそれ以前にめんどくさいキーワードがあるというか、無意味にに論争的なキーワードがあるわけでしてあれとかこれとか。で、結局、ある程度のブログをやっていくっていうことは、そのキーワードで商売するとか(勝Pとか)、でなければ、ある程度、そのキーワードを避けるしかない。っていうか、俺は、もうちょっと避けますよ、ごめんなすって。

 で、話散漫だが。

 ブログやっていてある程度英語読めれば(高校生レベルでよろし、かな)、外信関係については、いわゆるジャーナリズムっていうのも通信社の配信だし、最近ではまじでHP解説してURL抜いて記事になっているのもあるし、ま、だから、かなり同じ土俵。それに、外信ものって、ある程度の教養っていうか、歴史・地理の知識があれば背景がわかるわけで、コンテクスト化もしやすい。え? なにが言いたい。つまり、洋ネタはブログにとって楽。そして、世界もグローバル化っつうのになっているので、ますます、そうした重要性は増す。あと、ちとやっかいなのがマクロ経済。なにがやっかい? プロパーなマクロ経済っていうのと特定の国家の施策というのが不気味なクロスオーバーしているので、政策面だと経済学バカ状態にみなされる。でも、日本国家の施策レベルでみるとそのバカが実際のオペレーションなんでなんとも言い難いような変な局面が出てくる。

 で、ようするに、そんなことはどうでもいいのであって、重要なのはほんとの一時情報ってやつだよな。主に、国内の。それが重要だなとは思うな。

 つまらん、オチだが、その重要さっていうのは、まじ、プロのジャーナリストの課題でもあるのだろうが……というのは、プロのジャーナリストっていうのは現代日本では基本的に企業所属なんで鉄砲玉ライターの使い捨てとかになるのでしょう。ぷはぁ。

切隊 どうしてネット上のジャーナリズムを軽々しく語ろうとするのか

 ふーむ。って、山本の言っていることはしごく真っ当なので、読んで頷いて、おはり、でよいのだが…っていうか、このネタ元の「ブログ時評」がよくわからない。いや、よくわからないでは、まるでわからない。批判とかではない。それ以前によくわからない。

 いくつか掲載されているエントリや関連サイトの文章を読むに、わからない。

 端的に言って、まるで感覚的にわからん。

 例えばこれ

ブログ時評」で取り上げたい、第三者が読むに値する議論を推薦して下さい。自薦・他薦は問いません。

 この感覚がまるでわからん。くさしているわけではなく、まるでわからん。例えば、テメーの極東ブログで言うのだが、俺は俺が面白いと思うことを書く。他人が面白ければいいなとは思う。でも、突き詰めるところで自分の「おもしろい」っていう感性だけで書く。それで読まれなければ、それだけのこと。

 …な、の、で、実は、山本がこのネタとの関係で書いている部分はまるで、わからへん。ま、わからんことも控えるが吉ではあるが、このあまりのわからなさが、なんとも。

マーケット統計とマーケット感覚…

 ごく当たり前のことだが、企画書を書くときなど、統計が出ていれば、楽。あるいは統計からある傾向が読み出せると楽。正確にいうと、誰でもわかることは楽だけど、傾向を統計から読み出すのはかなりしんどいことがある。っていうか、無理無理だったりすることがある。

 で、マーケット感覚っていうのはごく私的なもの。客観的な裏付けなんかない。しかし、市場に先行するのはこの感覚であり、この分野(企画屋)の人間はこの感覚で飯食っているようなもの。

 ついでに…。

 「はてな」の中心世代は20代くらいのようで、この世代は、私(47)の世代から見るとはるかに若いというか、息子の世代になるのだが、それでも、10代の世代からはすでに断絶している。

 はてなの注目URL2chで怪傑ゾロリオヤジギャグの話が、対象としての話題になる、という対象性の感覚ですでに、マーケット的には下からみて2つか3つか上の世代に位置づけが終わっており、その世代のなかでは、自分たちもけっこう歳だよねとか言いつつも実態はずっこけた「若さ」のアイランド化している。

 と、書くと批判のようだが…そういう意図ではない。そういうもんだよということ。

 あと、マーケットの感覚はそうした世代だけのものでもないし、今後は、老齢化のほうが潤沢なマーケットになる。ので、そのあたりの感覚がけっこう重要になる。

シーア派が統一名簿合意へ イラク選挙、サドル師派も

 つまり、そういうことなんだよね。

 だから、スンニ派必死。というのにメディアがご都合で食いついている。

アイ’ムホーム 遙かなる家路|NHKドラマ | 連続ドラマ

 華のあるドラマではないけど、個人的にはこいつはものすごい傑作だ。毎回、魂の奥底でうるうるしてしまいます。とくに、時任演じる男と紺野演じる女の再開のシーンは、ああ、思い出すだけでうるうるする。若者は世界の中心で愛を叫んでいてほしいものだが、中年は世界のかたすみで愛を押し殺して生きるのだよ。

 この物語、中年の女性が見たらどう思うのかわからない。脚本は女性だし、男の心のある全体像を描いているとは思わないが、中年の男の魂はきれいに描いている。

 今からでも遅くない、明日の深夜00:55から今週分のまとめがあるので、見てない人っていうか、40歳過ぎた人に限定だけどね、お薦めしますよ。

勝P 安倍なつみとやら次はもう少し若いゴースト使おうね。

 そういう問題なのか。そういう問題かもしれないな。

切隊 音楽ソフトの売上が前年比14〜16%減少という報道について

 あ、言い尽くされていてとくにない系の典型なのだが…2つほど。

 1 これ

また、最近の風潮としてそれなりのクオリティの楽曲が個人のDTMで手軽に製作できるようになってきたこともあって、音楽を発表してCDを頒布し対価を稼ぐというビジネス的な動機よりも、多くの人に聞いてもらいたいという別の動機のほうが相対的にクローズアップされているようにも思える。あくまで関連のデータとして、音楽をより身近に感じるようになった人は総体で見て増えているというのもある。

 これってブログもね。っていうか、ブログなんかもその潮流でしょ。大筋でいうとビジネスっていうスジだけでもないでしょ、と。ま、金の動かんところに話題性はないが。

 2 iPodでしょ。

 ま、iPodでなくてもなんだが、実際、これはすごいですよ。大抵の「新奇な物」というのは飽きられ捨てられ忘れられたぁ部屋のかたすみぃ(元ネタがわかる人います?)、なんだが、私の生活に定着しちゃいましたよ。呆れますね。身近なものの生態をみても定着している。ってことは、これからみんながiPodをもつ時代になるっていうか、このままの形状ではないだろうけど。学生とか必須アイテムですよ。講義がこの中に全部はいるんだよ、意味わかる?と熱弁を振るいたくなる。

 ほいで、こういうのを山本はどの時点で勘案するのか? 市場に出てから? ちょっと下品ないいかただけど、どっかで感性のズレがおきてへん? というあたりをヲチ。

今朝の新聞各紙…

 国連改革なのだが、端的な話、アナン親子のスキャンダルをほっかむりにして、機構だけの改革ってやってなんの意味があるのだろう。もちろん、機構が重要なので、特定の運用ではないというかもしれない。しかし、実際はそうではないのだから。そしてその背景には、EUフランス)、米国中国ロシアの思惑がある。だったら、正論より、日本の国益から国連を考えるべきだろう。このままだとアナンは屠られる。NHKはほっかむりしくさる。で、それが国益というのなら、やってみ、である。

 自衛隊派遣だが、これは、端的に、国際的にはどうでもいい問題だ。というのは、現実には日本なんかこの問題に存在すらしていないのだ。むしろ、今後、イラク復興にどうやってEU、つまり、独仏を引き込むのか、という問題を日本が主導すべきだろう。このままEUがほっかむりできるわけでもないし、米国って国はまじで牙を剥く。日本としてはEU潰れていいの? ロシアが倒れていいの? いいわけないと思うよ。

 個人的には山梨県教職員組合の問題は気にはなる。でも、誰もが実は知っているようにこれは全国規模の問題。既成左翼はこのまま腐って立ち枯れていくということなのかよくわからない。むしろ問題は創価学会という気もしないではない。

日経社説 UFJ検査逃れの罪は重い

 今さらね、という以外コメントなし。

産経社説 山梨県教組 問われる民主の自浄能力

 これはいいと思うよ。全国規模できちんとできるなら。

毎日社説 国連有識者報告 改革の原点に沿った安保理に

 読売よりややましか。

 実際のところ、打つ手はないのだし。

毎日社説 サマワと日本 人々の善意につけこむな

 論外のだめだめ。

 こいつは今年最悪の社説に推したい。

読売社説 [国連改革報告]「安保理の機能強化につながるか」

 悪くないんだけど、この方向は所詮机上の空論だと思う。米国との関係をどうするかだ。あるいは、EU軍をどう取り込むか、との時、NATOはどうするか。

 問題は国連、というのではなく、国連がすべき仕事なのであって、その仕事を円滑にする組織が重要だ。このままではダルフールを第二のルワンダとして、遺憾の意をみんなで表明して終わるだけになる。

読売社説 [日比FTA]「戦略なき“自由化”の限界が見えた」

 皮肉っぽい言い方だが、最初から限界を作るのが政策なんで、その意味で「うまく」運んでいるのではないのか。

 日本がもっとダメダメになったらなにか変わるでしょう。

朝日社説 イラクの自衛隊――3月までに完全撤収を

 そういう意見があってもいいと思う。私も、白黒つけい!というなら、朝日に賛同する。つまり、どっちかというなら撤退したほうがいいと思う。おめーは、どういう思想なんだと問われるなら、極東ブログにも書いたが、ただかだ600人程度の非軍事的な派遣(米国の民間レベル)でこの国是の騒ぎをする日本はいい世界の恥さらしだ、と。

 日本がすべきことは他にある。そして、軍事的にいうなら、インド洋の補給活動のほうが問題だ。このあたり、左翼たち目先の攻撃に目がくらんで世界が見えていなくなっている、と思う。

LeilaLeila 2004/12/02 12:39 弘田三枝子 人形の家♪

finalventfinalvent 2004/12/02 13:31 Leilaさん、ども。恐れ入りました。

KreisKreis 2004/12/02 14:35 肩を持つ訳ではないが
> あ、言い尽くされていてとくにない系の典型なのだが
言い尽くされているどころか産業調査系ではほとんど外に出てきてない議論だと思う
> ほいで、こういうのを山本はどの時点で勘案するのか? 市場に出てから? ちょっと下品ないいかただけど、どっかで感性のズレがおきてへん?
iPODというよりiTUNESの日本サービス開始はまだだし、機器も売上のシェアで40%を超えたというだけで普及台数自体は6%、稼動シェアで10%程度にしかなっていないので、あと7,8年は統計の埒外のはず

finalventfinalvent 2004/12/02 14:53 Kreisさん、ども。当方の書き方が拙い面があるかと思いますが、「言い尽くされていてとくにない」というのは、山本がよく言い尽くしていて当方コメントもないのだが、という意図でした。後段についても、まさに統計のらち外だから感覚の問題になるよ、というコメントの意図でした。

nonekononeko 2004/12/02 18:09 占いも統計だったりするし。それと、気分のいい文体のキレがあればそれでいいかもblog。切隊くんは、たぶん、blogがつまらなくなってきているのかも。私の予測だと、これから秘密結社がおもしろいかなぁ。例えば、finalventさんが極東blogでコラムを公開しなくて、匿名で突如、切隊くんのコント欄や、他のところに、ななしさんではないのだけど、読めば、ははぁ、finalventさんだと推測がついて。blogはニュースとしてはすぐれた働きをするけど、論考って対話が基本だと思う。そんな感じかなぁ。私は、異性と世間話をせっせとしていた方が楽しく、言葉を一人で連ねている現状は、おしゃべり相手を探しているんじ…といいつつ、ここのコメントは美味だよ。へへ。

uiuiuiui 2004/12/02 20:47 finalventさん、こんばんわ。件の中国の暴動は、2ちゃんでも取り上げ始めましたね。
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1101971324/l50
ネタ元は西日本新聞(yahoo経由)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041202-00000012-nnp-int

iPodは確かに革新ですね。しかしながら低スペックなPCでは、扱いづらいのが難点だと思いました。

finalventfinalvent 2004/12/02 21:05 nonekoさん、ども。ゲリラ的なコメントっていうのは面白いかもしれませんね。なんとなく、「山形」さんを連想しますが(本人かどうか杳として知れず)。

finalventfinalvent 2004/12/02 21:30 uiuiさん、ども。Yahooのほうは知ってました。2chは動きは鈍い感じがしますね。また、このスレッドだと背景タレコミ系はないみたい。…と、アナンも読売・産経(紙面)に今朝出てきたので極東ブログのほうが1日早かったかくらいのことだったかも(まさか、極東ブログが背中を押した?)

nonekononeko 2004/12/03 06:41 フリートークをつけたら、ウチ、そちらの方に人がどどっていく。チェっ。できたばかりだから様子をみないと。あと、finalventさんも安部なつみさんみたいな女の子と難しい話をblogですると超キモチイイかも。おしゃべりは、やっぱりネットでは人気があるんだね。そうそう、私はAWKが好き。テキストならたいてはこれで間に合う。

finalventfinalvent 2004/12/03 09:04 nonekoさん、ども。若い子と話すのは苦手ですね。相手が妙に関心もたれても若い人特有の思い込みで聞いているし…ってまこんなオヤジのいうこっちゃないですが。AWKはいいですね。PerlをサポートしているサーバーだとあれUNIXのデフォで入っているからそのまま使えるんですよね。ただ、CGIのインタフェースだと返ってパイプだのリダイレクションは使いづらい…とか思いました、先日。

nonekononeko 2004/12/03 11:53 苦手だからいいのだけどなー。苦手てな人で苦労すると新境地。あはは。勝海舟って、苦手を逆手にとった人だと思う。日本人は、苦手が下手。日本人は、正攻法でやりたがるけど、国際社会は、まず苦手で攻めてくるよね。そうそう、ネットツールだと、PHPの方がAWKに近い感じがした。PHP使うと、ネットを使って、集計とかできるし。

finalventfinalvent 2004/12/03 14:43 nonekoさん、ども。なるほど、苦手がいい、というのはあるかもしれません(冷や汗が出そう)。PHPは最近いじってないのだけど、ネットまわりやDBまわりだいぶライブラリーみたいなのが強くなって以前のような気軽さはない感じしますね。最初からHTMLの規格の延長みたいだったらよかったのでしょうね。

nonekononeko 2004/12/03 22:18 切隊くんとブログ時評をつらつらながめていたけど、ふたりこそ、匿名でやりあってもいいかも。俳句の句会は、俳号をふせて、参加者全員に選ばせる。なので、匿名のゲーム。私は小さな句会を主宰していたことがあるので、匿名でありつつ、匿名のままでなく、選んで見て結果を出すことで学ぶことが大きかった。句作りの実力ではないんだな。論文コンテストしないのかなぁ?

PHPも肥大化したよね、なので、誰かがAWKのスクリプトを動かせるようにするマニアが現れないかしら? あと不思議なのは、「はてな」でもいいから、日記の機能に簡単なスクリプトを組み込ませて、ユーザーがプログラミングできてもよさそうな。ログインスクリプトとか、アンケートとかつくれて…、それぞれで交換しあうような。それこそ、「はてな」でAWKが動かないかしら?

たぶん、世界中から日本は苦手なことから都合よく逃げていると思われているかも。とくに、日本のオエライさんはプライベートでも苦手なことから逃げるのが上手いんだ。自分で料理がまるでできないことを恥じるわけでなく、「料理なんて得意なものがすればいいんだ。」と言った、オエライさんがいた。しばらく絶望した。その人みたいな人ばかりでないはずと言い聞かせても…

nonekononeko 2004/12/03 23:02 ちぇっ、ブログ時評が逃げた。きっと苦手なんだろうな〜。とほほ。

finalventfinalvent 2004/12/04 12:38 nonekoさん、ども。AWK関係のわかる気がします。なんか処理できたらいいかなと。ログは現状XMLなのでXMLプロセッサーみたいなもの…あ、思い出した、当日内のエントリはXMLでタグされてないんですよ。だから、駄目かも。話が逸れました、すみません。ブログ時評?って、なんか、お仲間うちの頷きクラブなんでしょうね。って、このコメント欄もそうかもなので、それはそれでいいんだけど、時評とかジャーナリズムとか言わなくてもねぇ、みたいな感じ。

giraudgiraud 2004/12/06 16:54 finalventさん、こんにちは。少し風化したようなのでカキコします。
切込隊長は、私の見た感じでは、年齢的なものなのか、揺れているなあ、といった風です。そこまでは私と差のないわけですが、彼はそうした揺れている自分を客観的に見てしまう上、どうすればいいのか、どう振舞えばいいのかも精度高く分かってしまっている所が私との圧倒的な違いだと感じます。自分を引き合いに出すのもおこがましい限りですが。端的にいえば、頭良すぎて先が見え過ぎて大変だな、というか凄腕占い師が自分を未来視している喜劇というか。ここらへんに留めておきます。失礼しました。

finalventfinalvent 2004/12/06 17:41 giraudさん、ども。そうですね、ちょっと話がずれるみたいですが、ある程度切れる人間の30代前半というのは一つの無頼の美学というのができてくるのだろうと思います。ただ、その先、自分だの世間の経験だの見ていると、30代後半の山の登り方はまた別のものがある…端的に言えば、女とてめーの子供という問題が出てくるわけで、そのなかで、ある種、築いた美学に反して自分の死に所を定める覚悟みたいなのがあると思いますよ。もちろん、そういう一般化はできないのですが。ちょっと臭い言い方すると、女(対性)っていうのはそれ相応に現れてきて、のっぴきならなぬ(究極のところで命を奪う)存在となるものだと思います(女にとって男がそういう存在なのかよくわかんないですが、金だと面だのぐだぐだ言う女は女として成熟してないんじゃなねーかとは思う)。そういうなんつうか、人生後半戦への山をどう越えるか…っていうのが案外思想だのなんだのに関わってくるようにも思います。ま、あまり言えたふうではないのですが。ま、若いときの恋愛とは違ったなにかのように思うのですが…。ブログとか日記を読んでいて、30代後半からになると、色気とは違ってなんっていうのか、いわゆるキンタマっていうのじゃなくて男ならチンコぶらさげて書いているのかぁなみたいな。女で言うと…ま、お下品なんで控えますが、そういう何かがあるように思います。

最新コメント一覧